« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018.12.31

麺のご馳走 花うさぎ

花うさぎ 丸鶏旨味中華そば

秋田県仙北市(旧角館町)「麺のご馳走 花うさぎ」です。
角館バイパスじゃない昔からの国道46号線沿いにあります。桜の名所で知られる桧木内川沿い桜堤の北端近くです。武家屋敷からも遠くない場所です。
花うさぎの食べていないラーメンを食べてみようと久々にお邪魔しました。
お店は、右に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に奥に壁向きのカウンター席、その手前に待ちの椅子があります。その左側にガラス窓で中が見える製麺室があります。カウンター席だけの小さめ、最近風の明るくお洒落なお店です。午後1時10分過ぎに着きました。遅めのつもりでしたが5人の待ちです。入った左側に食券販売機があります。先に食券を購入して待ちます。
メニューは、魚介鶏だしらあめん、丸鶏旨味中華そば、魚介豚骨らあめん、こくまろ豚骨らあめん、濃厚豚骨つけめん(ゆずorマー油)、和風醤油つけめんとそれらに味玉や特製のトッピングを加えたもの、和風香味あえそばと味玉を加えたものがあります。今まで魚介鶏だしらあめん、魚介豚骨らあめん、冷やし煮干を食べました。食べてないものから丸鶏旨味中華そばにしました。
それほど待たずに厨房前のカウンター席中央辺りが空き、案内されました。
待ちのお客さんも多かったのですが、普通の待ちで出来上がってきました。
白い器に透き通った醤油色のスープ、品の良い盛り付け、美味しそうです。
麺は、普通の太さの弱い縮れ、ツルツルの食感でやや硬めの仕上がりです。
スープは、醤油の味のあっさり、醤油の旨味と鶏ダシの旨味がいい感じです
トッピングは、チャーシュー、メンマ、わかめ、かいわれ、海苔、ねぎです。チャーシューは、結構歯応えのあるレアチャーシューが2枚も入ってます。
丸鶏らしい優しい仕上がりのラーメンでした。なかなかしっかりしたものでした。650円と価格的には今時のラーメン店の普通かなって線でしょう。
相方も丸鶏旨味中華そばを食べました。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.30

早磯ドライブイン

早磯ドライブイン 海鮮丼

早磯ドライブイン 海鮮丼 アップ

山形県鶴岡市の「道の駅あつみ」内にある「早磯ドライブイン」です。
国道7号線沿いにある道の駅で、山形県から新潟県に入る手前にあります。
帰省の移動中です。酒田・とびしまでお昼をと考えましたが時間が遅く、鮮魚センター併設のため混んでそうです。特に駐車場が駐車できるかどうかって感じでしょう。よく利用する道の駅あつみにレストランぼい食べ物屋さんがあって、そこそこお客さんが入っています。食べてみようかとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房があり、その奥に厨房との仕切り壁向きにカウンター席、中央にテーブル席、奥に小上がりがあります。午前11時45分頃に着きました。お客さんは半分程度の入りとそれほどではありませんが、子連れのお客さんが多く小上がりが混みあっています。空いているテーブル席に座ります。
メニューは、定食から、しゃりん定食、海老フライ定食、刺身定食、ヒレカツ定食、焼肉定食(庄内豚)、魚フライ定食、もつ煮込み定食、焼魚定食、煮魚定食、焼肉どんぶり(お味噌汁付き)、お子様ランチ、チャーハン(スープ付き)、カレーライス、カツカレー、ハンバーグカレーがあり、一品料理、麺類がラーメン(醤油味)、中華膳(女性向け)などがあります。貼紙で1日限定20食の海鮮丼とチャーシューメンがあります。限定の海鮮丼にしました。
それほどの混みでもなかったためか、かなり早めに出来上がってきました。
海鮮丼と雑端汁、お新香がお盆にのってきました。海鮮丼は寿司の器です。
道の駅内なんで交通系に多いちょっとがっかりするタイプか心配しましたが、なかなかしっかりした海鮮が楽しめるもので、ご飯の量もちゃんとあります。これで1100円、なかなかです。地元に密着したドライブインでした。
相方も同じ海鮮丼を食べました。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.29

がっつり食堂 ドカメン

ドカメン(新潟)

新潟市の「がっつり食堂 ドカメン」です。
万代~県庁線沿いにあります。「鶏と煮干しの中華そば 市松」の跡です。
潤グループ18店目で、ドカメンとしては柏崎市に続く2店目になります。
二郎インスパイア系らしいのですが、久々に挑戦しようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、右側に壁面にテーブル席があります。通路などが広めで、新しくちょっと派手な感じの店内です。午後1時30分過ぎに着きました。遅かったためか?3割程のお客さんの入りです。やや左側の入口ん入るとすぐ右側に食券販売機があります。

ドカメン(新潟) メニュー

メニューは、小豚らぁめん、黒小豚らぁめん、辛辛豚らぁめんがあり、それぞれチャーシューを増やしたダブル・トリプル、トッピング全体を充実させたスペシャルがあります。その他に、中華そば、中華そば、のりらぁめん、チャーシューめん、のりチャーシューめん、濃厚つけめんなどがあります。トッピングは、煮玉子、のり、豚2枚、メンマ、野菜、玉ねぎ、辛辛玉があります。二郎インスパイア系を目指しているかと思いましたが、そうでもなさそうです。サイドメニューは、ぎょうざ、からあげ、もつ煮が中心となり、セットや定食など豊富にあります。小豚らぁめんにしました。背脂少なめにしたいです。
購入した食券を持ち店内に進むと『お好きな席へ!』ってことでテーブル席に座ります。スタッフに食券を渡して待ちます。背脂少なめをお願いしますが、あまり日本語が得意ではなさそうで、中油と大油から選んでください的な説明です。少なめで再度お願いしますが、さてどういう出来になるのでしょう。
お客さんが少ないこともあるのでしょうか。早めに出来上がってきました。

ドカメン(新潟) 子豚らぁめん(小油)

双喜文と緑龍が描かれた小さめ昔ながらの器に、山盛りのトッピングです。
麺は、太麺の縮れです。モチモチした二郎インスパイア系らしいものです。
スープは、瞬見は味噌のような色、醤油豚骨でいい感じの旨味があります。
トッピングは、チャーシュー、きくらげ、キャベツ・もやしのゆで野菜、玉ねぎ、にんにくなどです。標準でも山盛り、かなりのボリュームになります。
想定通りボリュームのあるらぁめんでした。美味しいスープですが、麺がスープと絡まないようで麺を食べるときは薄味に感じます。らぁめんのたれをかけながら麺を食べました。期待した少なめの背脂は、背脂抜きになってしまったようです。760円とお高くて仕上がりが調整できないのは残念でした。

ドカメン(新潟) 中華そば

相方の食べた中華そばです。こちらも760円。煮干しの香りが良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.28

東横 駅南店

東横駅南店 特製野菜みそラーメン(大盛)+煮玉子

新潟市の「東横 駅南店」です。
新潟駅南口からドンキホーテを過ぎた交差点を左に曲がった先にあります。
最近、味噌の濃いラーメンを食べていないような気がしてお邪魔しました。
新潟駅の近くなのにある程度の台数が停められる駐車場があり、助かります。正午過ぎに着きました。いつもと違ってお店前の駐車場が、空いています。
お店は、右側に厨房、厨房に向かってカウンター席、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。そこそこ歴史のありそうな庶民的で大きなラーメン店です。3割~4割ほどのお客さんの入り、中央のテーブル席に座れました。
メニューは、みそ・醤油・塩の各ラーメンとそれらに野菜やチャーシューを加えたもの、つけめんやみそつけめん、その他に定食まで幅広く揃っています。野菜みそラーメンは、麺の量を×0.5、×1、×1.5、×2、×2.5、×3、×4と選べます。野菜みそラーメンを楽しみたい少食な人から大喰らいの人まで対応できるようになっています。サービス券があり、麺の大盛り、半ライス、煮玉子のいずれかのサービスを受けることが出来ます。ラーメンを食べるともらえて、以後見せるだけでサービスを受けられます。今日は奮発します。特製野菜みそラーメンにしました。サービスは、煮玉子にしました。
その後は一気にお客さんが…。早くの注文で早めに出来上がってきました。
すり鉢の器です。すり鉢風の器は良く見かけますが、しっかり溝があります。中央にドーンと大きなチャーシューがあり、その下に緑と白の綺麗なキャベツともやしがあります。その周囲には濃厚そうな味噌味のスープがあります。
麺は、極太の大きな縮れ、やや細のうどんです。濃いスープに良く合います。モチモチ感が強いけど、噛み切れ具合も良くて、可愛く思えてくる麺です。
スープは、割りスープが付くほど味噌味が濃厚でしょっぱめ、それでもバランスの良い田舎味噌のような感じの味噌とそれに合う自然な甘みが好きです。
トッピングは、大きく脂身の少ないチャーシュー、たっぷりの程良く火が通ったキャベツともやしの野り、黄身が透き通るようなサービスの味玉などです。キャベツともやしは、濃いみそのスープと良く絡みいい味わいになります。
麺や野菜炒めを食べ終わったら、濃いめのスープを直接飲んで楽しんみます。次に薄め用のスープを入れて、少し薄味になるくらいに薄めて楽しみます。
東横の味噌は、好きというよりも癖、中毒になっているようなものでしょう。増量された野菜、サービスの煮玉子を楽しんだらお腹いっぱいになりました。特製野菜みそラーメンは960円。お腹がいっぱいになるのも納得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.27

三吉屋 信濃町店

三吉屋信濃町店 ラーメン(大盛)

新潟市の「三吉屋 信濃町店」です。
西大通り信濃町交差点の近く、ビルの階段を数段下りた半地下にあります。
新潟らしいあっさりしたラーメンが食べたくなり、久々にお邪魔しました。
三吉屋は、古町、駅南、信濃町と3店舗ありますが、いずれも駐車場を持っていません。車で移動しているときは、近くにスーパーがあって値段もお手頃な信濃町店で食べる機会が多くなってます。帰りにスーパーで“お~い!お茶”なんかの買い物でもして駐車代の代わりと勝手に勘弁してもらっています。
お店は、奥行きがあり、右に厨房、左側にカウンター席、左側手前に1卓テー
ブル席があります。和食屋さんのような雰囲気、古そうなビルに似合う落ち着きのあるお店です。午後12時30分過ぎに着きました。早い時間は満席に近い混みのことが多いのですが、他にお客さんが5人と珍しく空いています。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、タンメンがあります。炒飯や餃子もあります。組み合わせも楽しそうですがラーメン(大盛)にしました。
いつもは親父さんと女性スタッフ2人ですが、今日は親父さんと女性スタッフが1人です。混まない曜日!とかなんでしょうか。親父さんが作っています。急ぐ様子もありませんが、すぐに作り始め、早めに出来上がってきました。
二本の青い線の入った白い器に昔ながらの中華そばスープが優しい色です。
麺は、極細の縮れ。ラーメンの麺というよりも小麦粉を使用した春雨のよう。シコシコの歯応えが楽しく、麺と絡まったスープとのバランスが最高です。
スープは、あっさりした醤油味で、旨みと自然な甘さを感じさせてくれます。新潟あっさりを代表するに相応しいバランスの良さを楽しませてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎなどとてもシンプルです。脂の少ないチャーシュー、浅漬かりメンマなど昔ながらの懐かしい味です。
新潟あっさり系を代表する味に感心させられます。美味しくいただきました。ラーメン・チャーシューメンは550円・650円、大盛りも50円UPとお手頃です。とってもお手頃。ラーメン一杯で幸せな気分にさせてくれます。
後からもお客さんが来ますが、半分程度と不思議なぐらい空いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.26

新コンパクトデジカメ

SONY DSC-WX350

ほとんどラーメンの写真しか撮らないコンパクトデジカメですが、現在使用のものは5年前にその安さに衝動買いしたものです。機能は絞られますが、操作方法やボタンの設定などいろいろ俺流に使えるものでした。5千円以下…。
別に壊れた訳ではありませんが、どうも明るくない場所に弱く、買い換えを考えていました。感度が良く、手振れにも強い機種を見つけましたが、ラーメンの写真用にしてはお値段がちょっと高く、待っていました。新機種の発売とかでもあるのでしょうか。一気にお手頃になり、思わず買ってしまいました。
なかなかマニアックな操作性のようです。使い易いか不安でもあり、楽しみでもあり、明るくないお店でもラーメンの写真が綺麗に撮れるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸 県庁前店

大江戸県庁前店 醤油ラーメン

新潟市の「大江戸 県庁前店」です。
県庁近く、国道116号線と県道51号笹出線の間の市道沿いにあります。
夏のねば玉冷やしを食べてから久々、大江戸を食べようとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と左側に厨房向きのカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。広々・明るく、綺麗な和食堂のような雰囲気です。午後12時30分過ぎに着きました。駐車場も賑わっていましたが、お店の中は7~8人の列びとさらに賑わっています。相席もしてそうなほどぎっしりとお客さんが座っています。それでも席数の多いお店、それほど待つこともないでしょう。座っているお客さんを見たら…、知り合いがいました。っていうのは別にいいんですが、食べているお客さんは僅か、出来上がりを待っているお客さんがほとんどです。別のお店にしようかとも思いましたが、今日は時間もあり、順調に出来上がっているようなのでもう少し待ってみます。結局、お店に着いてから20分ほど待って、左側手前のテーブル席に案内されました。
メニューは、醤油と味噌それぞれの味のラーメンとチャーシューメン、塩と味噌それぞれの味のタンメン、焼きそば、冷やし中華などがあります。全ての麺類が大盛りや特盛りも選べます。曜日毎の日替りミニ丼やミニチャーハンもあります。お店の中も多くのお客さんが食べている状態になりましたが、焼きそばは時間がかかるとのことで醤油ラーメンミニチャーハンにしました。
良く見るといつもよりスタッフが少ないような気もします。それでもまあまあ順調に出来上がり、普通よりちょっと長めの待ちで出来上がってきました。
店名の入りの白い器に濃いめの醤油色のスープがしょっぱそうに見えます。
麺は、極細の縮れなのにモチモチ感とコシがあります。カップ麺の麺の美味しさが逆に普通のラーメンに採用されたかのような麺です。普通のラーメン店ではなかなか出会えない珍しい食感です。ちょっと食べ難い長さがあります。
スープは、濃い醤油色のとおりに醤油味がしっかりしたものですが、しょっぱ過ぎることもなく、適度なまろやかさとバランスの取れた旨味があります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎ、辛味などです。
極細縮れ麺とバランスの良い醤油味スープ、並で650円、辛味も楽しめて普通にボリュームもありました。この値段も今では得した気分になります。

大江戸県庁前店 ミニチャーハン

ミニチャーハンは、量は少なめですが、なかなか食べやすい好みの味です。
これで200円ですからこちらも得した感じ、合計850円も嬉しい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.25

侍ラーメン

侍 トロラーメン

三条市の「侍ラーメン」です。
国道8号線沿い、道路情報でよく混雑する須頃地区の新潟寄りにあります。
三条燕系背脂ラーメンの老舗の味と新味を楽しめるお気に入りのお店です。
局や番組名までは覚えていませんが、長いもをトッピングしたラーメンがテレビ番組で紹介されてました。どんなものか食べてみたくてお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側手前に大きな相席用テーブル席の部屋、左側に小上がりがあります。レトロな感じです。飾り棚や柱の上に仮面ライダーやウルトラマンを始めとする懐かしいフィギアやキャラクターグッズなどが所狭しと飾られてます。正午過ぎに着きましたが数組のお客さんだけ、こんなに空いたお昼は初めて、カウンター席の座りました。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、メンマラーメン、チャーシューメンマラーメン、ネギラーメン、浜茶屋ラーメン(細麺あっさりスープ)、にんにく醤油ラーメン、油そば ノーマル味(スープ付)、油そば バターしょうゆ味(スープ付き)、玉ねぎラーメン、たまごタンタンメン、トロラーメン、ちびっこラーメン、ちびっこラーメン大人味(背あぶら入り)があります。背あぶらの量の注文は、なし、少なめ、ふつう、白、ダブル白、トリプル白とご指定できます。トッピングも豊富に用意されています。テレビ番組で紹介されていたトロラーメンにしました。背あぶらの量は最近標準的な少なめです。
メニューのトロラーメンの欄の横に、味つけ長いもの千切りが乗っています。背あぶらのラーメンに良く合います。との説明書きも添えられていました。
お客さんが少なめなこともあるのでしょう。早めに出来上がってきました。
ちょっとカラフルな模様の器に2種メンマのせラーメンといった感じです。
麺は、やや太のゆるい縮れ。モチモチ感触でちょっと硬めに仕上がりです。
スープは、醤油味のしっかりしたもので、色も醤油らしい濃い色をしてます。魚介系の風味も控えめで、背脂がまろやかなバランスの取れたスープです。
トッピングは、歯応えの良いチャーシュー、短めのメンマ、ねぎなどですが、そこに山いもの千切りがのります。太めのメンマほどの太さで噛むと山いも独特のとろみがいい感じです。味付けとありますが良くわかりませんでした。
山いもは、好きなんでとても良かったのですが、ラーメンに合うかどうかがもうひとつ判りませんでした。背あぶらのラーメンに合うってことらしいので、背あぶらを少なめにしたのが良くなかったのかも知れません。でも、なかなか楽しめました。普通のラーメンが620円で、トロラーメンが770円、それに税が加わって830円を越えます。ちょっとお高いような感じもします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.24

リンガーハット 新潟河渡店

リンガーハット新潟河渡店 かきちゃんぽん

新潟市の「リンガーハット 新潟河渡店」です。
東地区にある河渡マーケットシティの一角にあります。こびきやの跡です。
年末の掃除をしていたら昼過ぎ、近くのリンガーハットにお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に仕切りのある向い合わせのカウンター席、右側や奥にテーブル席、左側手前に個室があります。セルフうどん店の雰囲気のままです。フードコートのようにカウンターでオーダーするようになっています。午後1時20分頃に着きました。10人越のお客さんの待ちになってます。
席に空きができると注文を受けるようなシステム、15分程の待ちました。
メニューは、長崎ちゃんぽん類と長崎皿うどん類があります。長崎ちゃんぼん類は、長崎ちゃんぼん、スナックちゃんぼん、ピリカラちゃんぼん、野菜たっぷりちゃんぼん、ミドルちゃんぼん、野菜たっぷりミドルちゃんぼん、減塩、などがあります。セットメニューもあります。長崎ちゃんぽんは、麺の量が通常では200gで、1.5倍(300g)や2倍(400g)に増量できます。野菜の量が225gで、野菜たっぷりちゃんぽんは480gです。長崎皿うどんは、長崎皿うどん、スナック皿うどん、野菜たっぷり皿うどん、減塩皿うどんがあります。牛・がっつりまぜめんというのもあります。限定っぽい扱いで広島産の黄金かきを使用したかきちゃんぽんとそのスモールがあります。かきちゃんぽんにしました。
ポケベルみたいな受信機を渡されます。長く待って出来上がってきました。
白基調で大きな模様の八角形の器にたっぷり具材が盛り付けられています。
麺は、普通の太さのストレート。ちゃんぽんらしい歯応えの楽しい麺です。
スープは、北海道味噌の味噌味の旨味も加わりますが、少し飽きがきます。
トッピングは、かきが5個、キャベツ、もやし、人参、玉ねぎ、グリーンピース、コーン、さつま揚げ、紅白蒲鉾、豚肉、海老の炒め物がたっぷりです。
かきって美味しいです。濃い味噌味は、少し飽きがきました。オリジナルの方が具材から溶けだした旨味が味わえるような気がします。この内容で850円も税込みだと918円、ちょっとお高いか、妥当な線かって感じでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.23

ハンバーグ・カレー ばるむ食堂

ばるむ食堂 国産牛ハンバーグとカットステーキ

新潟市の「ハンバーグ・カレー ばるむ食堂」です。
東地区の粟山「中華そば・焼めし 勝鬨屋 粟山店」の向かいにあります。
「らー麺 ばすきや」が粟山に移転し、ハンバーグとカレーのお店として開店しました。後に移転前のお店で人気だったカレーラーメンが復活しました。
大掃除で働いてくれた子供達のリクエストでばるむ食堂にお邪魔しました。
お店は、左側奥に厨房、その中央にカウンター席、右側と手前にテーブル席の落ち着いた洋食屋さん雰囲気、割りと大きめのお店です。午後6時に予約をしてお邪魔しました。夕方の開店と同時に他にも3組のお客さんが入ります。
メニューは、国産牛ハンバーグが中心でステーキなどもあります。ちょっと欲張って両方が食べられる国産牛ハンバーグとカットステーキにしました。
お魚が好きですが、やっぱ肉も美味しいや!と思わせるものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華そば 石黒

石黒 味噌にぼ

新潟市の「中華そば 石黒」です。
国道113号線空港通り沿い、赤道との交差点から少し市内寄りにあります。いろいろなお店などが雑居している3階建ての建物の1階右側になります。
東区歴史浪漫スタンプラリーのトッピングサービスもありお邪魔しました。
お店は、入口を入ると右側にある通路を奥に進むような造りになっています。通路の左が厨房、その奥の左側にはカウンター席のようにも使える6人掛けの大きなテーブル席が1卓、右側が小上がりで複数の座卓があります。和の雰囲気がたっぷりのお店です。午後2時過ぎ着きました。かなり遅めのつもりでしたが、半分を越えるぐらいのお客さんの入りと、まだ賑わっています。手前に食券販売機があります。
メニューは、極にぼ、中華そば、あっさり中華、味噌にぼの4種類とそれらにチャーシュー増量の肉にぼ、肉そば、肉あっさり、肉味噌があります。つけめんは、濃厚太めんの極づけとあっさり細めんのあさづけの2種類があります。盛りは、並盛1玉160g、中盛1.5玉240g(+0円)、大盛2玉320g(+100円)から選べます。限定やコラボを期待しましたがありません。味噌にぼにしました。
お店の中へと進みます。小上がりに案内されました。食券を渡します。東区歴史浪漫スタンプラリーのトッピングサービスで味玉をお願いしました。出来上がり待ちのお客さんも多く、普通よりも長く待って出来上がってきました。
和食が似合うちょっと渋い茶色の器に、品良くかつ豪快に盛られています。
麺は、平打ちっぽい普通太さの縮れ、適度なモチモチ感と旨味があります。
スープは、煮干し出汁と味噌の旨味が優しい、とろみがあり麺に絡みます。
トッピングは、チャーシュー、もやし、玉ねぎ、ヤングコーン、キクラゲ、水
菜、味玉半個、唐辛子などです。チャーシューは軟らかめでボリューミー。
東区歴史浪漫スタンプラリートッピングサービスの味玉は別皿提供でした。
濃厚煮干しと味噌の組み合わせたスープと旨味を感じる麺はバランスが良く、優しくまろやかな仕上がり、充実のトッピングなど楽しませてもらいました。味噌にぼ830円とちょっとお高めですが、納得の領域だとも思えます。

石黒 あっさりそば

相方の食べたあっさりそばです。700円です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.12.22

中国上海台所 三宝茶楼 河渡店

三宝茶楼河渡店 石焼牡蠣あんかけ炒飯&担々麺セット

新潟市の「中国上海台所 三宝茶楼 河渡店」です。
東地区です。コメリが核テナントのマーケットシティ河渡の中にあります。
三宝グループチラシのサービス券をもう少し活用しようとお邪魔しました。
お店は、中華かとんかつなどの和食でも良いようなちょっと高級感のある雰囲気です。個室もあり、パーティーもできそうです。午後12時50分過ぎに着きました。お店の入口には10人ぐらいのお客さんが待っています。スタッフに名前と人数を告げて待ちます。お店が大きいこともあって、次々と名前が呼ばれます。それほど待たずに名前が呼ばれ、テーブル席に案内されました。
メニューは、たぶん三宝亭の中華系の麺類やセットなど豊富にあるのでしょうが、1枚ものの冬のご馳走フェアのメニューがあります。同じグループで新発田の清水苑で見た冬のご馳走フェアとな内容が違います。お店毎のフェアのようです。渡り蟹の鍋焼き味噌らーめん、鍋焼き四川麻婆麺、石焼牡蠣あんかけ炒飯&ラーメンセットがあります。石焼牡蠣あんかけ炒飯&ラーメンセットのラーメンは、醤油らーめんと担々麺から選べるようです。どれも美味しそうでかなり悩みましたが、石焼牡蠣あんかけ炒飯&担々麺セットにしました。
さすが!どこまで仕込んでいるのか、かなり早めに出来上がってきました。
石焼炒飯と担々麺、取り分け用の器と先付けなどがお盆にのってきました。

三宝茶楼河渡店 石焼牡蠣あんかけ炒飯&担々麺セット 担々麺

担々麺は、中華らしい真っ白な器に橙色のスープが美味しそうに見えます。
麺は、やや細の弱い縮れ、ツルツル感とプリプリ感、食感の楽しい麺です。
スープは、胡麻のクリーミーさと辛味と痺れなどバランスの良いものです。
トッピングは、痺れる挽肉の芝麻醤炒、白髪ねぎ、青ねぎ、シンプルです。
麺が美味しく、スープやトッピングも担々麺らしいなかなかのものでした。

三宝茶楼河渡店 石焼牡蠣あんかけ炒飯&担々麺セット 石焼牡蠣あんかけ炒飯

石焼牡蠣あんかけ炒飯は、牡蠣がいい感じですが、あんかけがごちゃごちゃして好みと違いました。カボチャが入っていました。冬至だからでしょうか。
いろいろ食べれたランチは、1274円とまあまあお得かも知れないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.21

麺縁 ジョウモン

ジョウモン

長岡市の「麺縁 ジョウモン」です。
川西地区、長生橋線の大島本町5交差点から南に入った先の右側にあります。「けんちゃんらーめん」だった跡です。多くの幟があり、すぐに判ります。
たまには食べたことのないお店のラーメンをたべようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、その手前にテーブル席、さらに手前に手前外向きのカウンター席、左側に小上がりがあります。白っぽい印象が残る清潔感のあるお店です。午後12時30分過ぎに着きました。女性客が2組と空いています。お店に入ったすぐ左側に食券販売機があります。
メニューは、豚しお、味玉豚しお、Wのり豚しお、チャーシュー豚しお、辛味豚しお、味玉辛味豚しお、マー油豚しお、味玉マー油豚しお、濃厚豚みそ、味玉濃厚豚みそ、限定で濃厚みそ担々、和風豚しおがあります。限定もかなり気になりますが、まずは基本の線でいただきましょう。豚しおにしました。
待ちのお客さんもいて2順目になりました。普通に出来上がってきました。

ジョウモン 豚しお

真っ白な器に白いスープ、ホワイトアウトしちまったラーメンのようです。
麺は、やや細の自然なウェーブがかったもの、モチモチ感が楽しい麺です。
スープは、豚骨塩のとてもクリーミーなもの、豚っぽい臭みもありません。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし、海苔、青ねぎになります。
圧力寸胴で抽出した豚骨の臭みのない旨味と塩の見事なスープです。塩との相性も良かったのですが、醤油の旨味と組み合わせた豚骨醤油でも食べてみたくなります。730円とちょっぴりお高め、長岡のラーメン物価が高いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.20

荒川らーめん魂 あしら

あしら チーズタッカルビ麺(大盛)

村上市(旧荒川町)「荒川らーめん魂 あしら」です。
国道7号線沿い、国道113号線との十文字交差点の胎内寄りにあります。
下越地区を移動中です。お昼も過ぎて空いているだろうとお邪魔しました。
今まで、味噌らーめん、味噌ちゃーしゅーめん、手打ちらーめん(醤油)、全粒粉つけめん(味噌・辛味噌・魚介醤油)、味噌野菜らーめん、味噌マーボーめん、特製博多らーめん、期間限定メニュー(村上新茶塩らーめん・村上せいろ、穴子の柳川鍋麺、自家製豆腐と夏野菜の冷製味噌麺、冷やし中華、鴨南蛮手打麺と食べています。お手頃でメニューも豊富、大盛無料、期間限定など面白みもあり、好みのものが多いように感じます。なにかしらあるでしょう。
お店は、見た目はそんなに大きくないのですが、奥行きがあり、席数も結構あります。中央に厨房、左側に厨房向きのカウンター席、右側に小上がり、手前にテーブル席があります。どさん子を少し落ち着きのある内装にしたような感じです。午後12時30分過ぎに着きました。駐車場もかなり混んでいます。お店の中は満席のようでしたが、テーブル席に空きがあり案内されました。
メニューは、味噌らーめん・辛味噌らーめんとそれらにトッピングを加えたものやセット、味噌マーボーめん、全粒粉つけめん、うどん粉で作った麺を使用したさぬき手打ちらーめんなどとトッピングを加えたものやセットなどがあります。全粒粉つけめんは、味噌・辛味噌・魚介醤油のつけダレも選ぶことができ、並(200g)・中(300g)・大盛(400g)、特盛(500g、+100円)と麺の量も選べるようになっています。ほとんどのメニューが大盛りが無料となっています。午後3時からは、博多とんこつらーめんとトッピングを加えたものが提供され、最初の替玉がサービスです。限定麺は“チーズタッカルビ麺”です。お店の外には幟が、店内は1枚もののメニューがあります。麺大盛無料、追い飯付き、土鍋熱々、トッピングの肉増し・追加チーズなどが書かれています。せっかくなので食べてみます。チーズタッカルビ麺(大盛)にしました。
手間のかかりそうなメニューと思いましたが普通に出来上がってきました。
ラーメンとご飯が運ばれてくるだろうと思ったら、お盆にのって、小分け用の丼まで付いてきました。本体は、艶のある黒い土鍋に盛られています。蓋を取るチーズが目に飛び込んできます。その下の野菜もボリュームありそうです。唐揚げが美味しそうです。鍋か、イタリアンか、韓国料理か、判りません。
これぐらいの熱いものなら普通に平気なので、土鍋から直接いただきます。

あしら チーズタッカルビ麺(大盛)アップ

麺は、平打ち太麺のほぼストレート。かなりモチモチして旨味があります。
スープは、凄く少なめ。豚骨醤油のような見た目と味、癖のないものです。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・玉ねぎなどの野菜、食べ易い大きさに切られた鶏の唐揚げ、そこにチーズがのり、バーナーで焦がされています。土鍋なので熱々が続きます。チーズのトローリとした感じも長持ちします。
残った少ないスープに半膳ほどのご飯を入れます。ちょうどおじやのようになります。いろいろ楽しんで、大盛りで950円、ちょっとお高いような…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.19

お食事処 むらい

むらい ロースかつ丼(ソース)

福島県会津若松市の「お食事処 むらい」です。
駅前辺りから芦ノ牧温泉方面へ、会津若松城を越えた先の右側にあります。
出張者との昼食、会津若松ならソースかつ丼だろうと探してもらいました。
大きな一戸建ての建物でお店前に駐車場があります。満車なので待ちを覚悟しましたが、向かいにある月極め駐車場も使えるようです。空いていました。
お店は、右側から入り左側に進みます。奥に厨房、手前にテーブル席、入口の壁向きにカウンター席があります。席数が多いので、ちょっと詰め込んだ感じもありますが、とても綺麗な和食のお店です。午後12時40分過ぎに着きました。テーブル席は満席、ガラガラのカウンター席で食べることにします。
メニューは、ロースかつ丼、ひれかつ丼、えび・ひれ丼、えび丼があります。いずれもソースとにこみがあります。にこみは、玉子綴じとのことです。ジャンボえびひれは、入荷待ちのためお休みと書かれたシールが貼られています。ロースかつは、出来上がるまで15~20分ほどかかります。との記載もあります。裏面もあります。カレーライス、ロースかつカレー、ひれかつカレー、えびフライカレー、ライスセット(ごはん・漬物・味噌汁)、ライスのみ、ライス大盛、飲み物、持ち帰り用の容器があります。どれにして良いのか難しいので、スタッフに聞いた一番人気のロースかつ丼(ソース)にしました。
ロースかつは15~20分ほどかかるとのことです。お店の混み具合もあって最悪30分越の待ちを覚悟しましたが、18分後に出来上がってきました。
かつ丼、味噌汁、沢庵の一般的な組み合わせを想定していましたが、小鉢も付いていてちょっと嬉しくなります。などと全体を先に見てしまいましたが、次の瞬間、ロースかつの大きさに驚きます。盛り付けも協力です。さらに見て、ロースかつの肉厚に驚かされます。1円玉を置いて、比較するように写真を撮りたくなるほどの厚さです。30㎜ぐらいあるでしょうか?仕上がりで!?

むらい ロースかつ丼(ソース)アップ

ロースかつ丼は、かつの肉厚で硬さが心配になりますが、適度な歯応えがありながら肉厚からは想定外に軟らかです。パクパク食べれますが、1寸角の角材を食べているような感じでしょうか。さらりとしたソースに通したのでしょうか、ソース味が薄めです。あとは好みでって感じなのでしょう。カウンターの上にソースの入ったやや大きめの瓶があります。とんかつ定食とかがありませんから、とんかつ用ソースの佇まいですがかつ丼用のソースなんでしょう。遠慮なく使わせてもらいます。とんかつ用のとても美味しい、果物かのような爽やかだけど濃厚なソースです。ご飯も美味しいです。鉄腕DASHの影響か。福島のお米は美味しい先入観がありますが、あっさり期待以上、裏切りません。
小鉢はおでん風の煮物です。あっさりしていて箸休めにちょうどいいです。
迫力のかつ丼でした。通常の4~5倍ぐらいの重量感でした。参りました。
持ち帰り用容器の意味が判りました。お願いしているお客さんもいました。
1550円ととても高額なランチでしたが、それ以上の満足なものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.18

中華麺食堂 かなみ屋 女池上山店

かなみ屋女池上山店 四川担々麺(味噌ベース)

新潟市の「中華麺食堂 かなみ屋 女池上山店」です。
千歳線、女池から新幹線高架下を潜ってすぐに左折すると右側にあります。
周囲に風邪ひきが増え、予防できそうなものを食べようとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。まだまだ新しく、中華に似合わない窓が大きく明るく、広々して、とても綺麗なお店です。午後12時50分過ぎに着きました。7割~8割程度のお客さんの入りでカウンター席は1席おきに座っています。間にもなんか座り難い雰囲気になっています。ちょうど食べ終わって帰ろうと立ち上がったお客さんがいて、後の片付けをしてもらってから座りました。
メニューは、ランチメニューに変わっています。四川担々麺(味噌ベース、醤油ベース)、四川麻婆麺、四川麻婆担々麺、肉もやし担々麺、汁なし四川麻婆麺、黒ゴマ四川担々麺、酢辣湯麺、汁なし坦々麺、五目うま煮ラーメン、肉もやしラーメン、中華そばなどがあります。サイドメニューもあります。おかわりのできるライスがランチサービスで、セルフサービスで提供されています。食べてない人気No.1メニューの四川担々麺(味噌ベース)にしました。
エビチリチーズの坦々麺、ねぎチャーシュー坦々麺、大エビチリの坦々麺などがランチメニューから消えています。エビチリチーズの坦々麺に興味があり、会計時に聞いたら作れる場合もあるのでご相談くださいとのことでした。
手間のかかるメニューと混みもありますが、普通に出来上がってきました。
中華らしいカラフルな模様の器に、なんだろう不思議な感じのスープです。
麺は、太く弱い縮れ、モチモチ感が強く、少し硬め、存在感のある麺です。
スープは、海老と味噌の旨味が濃厚で、辛味とトロミも結構強めのものです。表面をゴマのペーストを最近多い泡立てたような泡と辣油が覆っています。
トッピングは、挽肉の芝麻醤炒め、ザーサイの微塵切り、ほうれん草などで、挽肉の芝麻醤炒めとザーサイの微塵切りは花椒が効いていてとても痺れます。ザーサイは、初め何か判りませんでした。辛くない大根のような食感です。
太麺と濃厚なスープ、薬膳の香り、痺れ、なかなか楽しい四川担々麺でした。風邪も吹っ飛びそうな麺料理でしたが、950円と懐に風が吹き込みます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.12.17

らーめん 太陽

太陽 らーめん・半チャーハンセット らーめん

新潟市の「らーめん 太陽」です。
大堀幹線沿い、亀貝ICからの坂井東交差点の少し東青山寄りにあります。
新潟西地区を移動中の昼食、ラーチャンが食べたくなってお邪魔しました。
お店の前に5台程の駐車スペースと近くの駐車場に3台の駐車場があります。午後12時10分過ぎに着きました。なんとかお店の前に駐車できました。
お店は、右側に厨房、その手前から中央に厨房向きのカウンター席、左側に小
上がりがあります。壁が白、カウンターが白木、家具類が黒と好みのセンス、
まだ新しいこともあり綺麗です。7割~8割ぐらいのお客さんの入りです。
店主と奥さん?男女2人のスタッフでやってます。ラーチャンの注文が多く、店主が中華鍋を振ってチャーハンを作り、女性スタッフがラーメンを作っています。忙しそうで片付けが追い付いていません。片付けを待って座ります。
チャーハンの出来上がりに合わせ、というか先行してラーメンを作ります。
メニューは、らーめんとその大盛り、チャーハンとその大盛り、らーめん・半チャーハンセットとそのらーめん大盛りがあります。オープン当時の3種類から6種類に増え、味玉とチャーシューのトッピングも数量限定ですが提供されるようになりました。基本のらーめん・半チャーハンセットにしました。
待ちのお客さんが多く、それも偶然か2人組、2食ずつのらーめんとチャーハンの作りです。2順程見て3順目、ちょっと待って出来上がってきました。
小さめの器になみなみのスープ。セット用なのかシンプルな仕上がりです。
麺は、細めの緩い縮れ、オープン当時と違う食感の良い麺になっています。
スープは、淡い醤油色の通りあっさり、煮干しダシが香る上品なものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、刻みねぎなどとてもシンプルです。
煮干し香るシンプルであっさりなラーメン、単体で580円とお手頃です。

太陽 らーめん・半チャーハンセット 半チャーハン

ラーメンを食べ始め2~3箸の頃、半チャーハンが出来上がってきました。
いい感じの味付けで、オープン当時のような変な硬さもなくなっています。
半チャーハンでもしっかりボリュームがあって250円増しとお手頃です。
以前はスープだけが好みかなって感じのラーチャンで、暫く遠慮してました。麺もチャーハンも進化し、これならまた食べてもいいかな!って思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.12.16

和風れすとらん 清水苑

清水苑 鮭とイクラの蒸籠ご飯&そば御膳

新発田市の「和風れすとらん 清水苑」です。
国道7号線新発田インターを市内へ、旧道を豊栄方面に向かった右側です。
三宝グループのチラシがお手頃かつ美味しそうだったのでお邪魔しました。
お店は、和風レストランとある通り個室風の小上がりが中心で、お座敷やカウンター席もありそうです。和風のお店ですが、気軽に入れそうな雰囲気です。午後1時30分過ぎに着きました。お店の入口には10人ぐらいのお客さんが待っています。スタッフに名前と人数を告げて待ちます。お店が大きいこともあって次々と名前が呼ばれます。待ちきれず帰ったお客さんも多く、呼ばれてもいないお客さんが結構います。掘りごたつの小上がりに案内されました。
メニューは、定食、そば、寿司、洋食などに分類され、それぞれ多くの品があります。冬のご馳走フェア、牡蠣フェアなどもやっています。ランチメニューもあります。16品もあって、土日祝も提供されています。かなりお手頃ですが、冬のご馳走フェアから鮭とイクラの蒸籠ご飯&そば御膳にしました。
どこまで仕込んでいるのか不明ですが、結構早めに出来上がってきました。
蒸飯に取り椀?とお新香、おそばにそば猪口と薬味、天ぷらに天つゆ、小鉢がひとつ、主役3点+αですが、御膳らしく器が多いだけで嬉しくなります。

清水苑 鮭とイクラの蒸籠ご飯&そば御膳 そば

おそばは、やや細めでちょうどいい感じの硬さとコシ、食べ易いものです。
つゆは、昆布のまろやかさと醤油味、鰹節の香り、なかなかいい感じです。

清水苑 鮭とイクラの蒸籠ご飯&そば御膳 天ぷら

天ぷらは、海老、舞茸、ピーマンとそれほど種類も多くないのですが、舞茸が食べ易い大きさを越えています。サクサクした食感で楽しくいただけます。
天つゆに大根おらしと生姜の全てを入れて食べましたが、そばつゆに大根おろしを入れて食べたかったようなちょっと残念な思いが残ってしまいました。

清水苑 鮭とイクラの蒸籠ご飯&そば御膳 鮭とイクラの蒸籠ご飯

鮭とイクラの蒸籠ご飯は、モチモチしたご飯に鮭、イクラは生のままです。
小鉢は得意じゃない蓮根の煮物、お新香は胡瓜と白菜の漬物2種類でした。
充実の昼食でした。小鉢いらないから茶碗蒸しが欲しかった。通常1480円がチラシのサービス券で1280円でいただくことができました。お手頃に食べれて良かったですが、そのためか家族連れが多く、なかなか賑やかです。

清水苑 ヒレカツ鍋セット

相方の食べたヒレカツ鍋セットです。1030円は830円になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.15

はま寿司 新潟宝町店

新潟市の「はま寿司 新潟宝町店」です。
赤道~港トンネル線と空港通りの交差する平和町交差点の角地にあります。
寿司ランチをと思い、食べた記憶のあまりないはま寿司にお邪魔しました。
お店は、回転寿司チェーン店そのものの造り、右側の壁の向こうで作ってそうです。お寿司のお皿がベルトに乗って運ばれるようになっていて、その両側にテーブル席があります。手前にカウンター席もあります。午後1時過ぎに着きました。3割~4割程度のお客さんの入り、ちょっと寂しく空いています。
お店に入ってすぐにタブレット端末を持ったPepperがあります。人数と席の希望をタッチするとテーブル番号を印刷した紙が出て、その席に移動します。
移動中に廻りを見ますが、味噌汁の無料サービスなどは無さそうです。まずはお茶を入れます。抹茶風の粉末のお茶を入れます。捻る蛇口です。醤油用の小皿が見つかりません。醤油を直接かけていただくようです。醤油は、濃い口、昆布、刺身、ポン酢などの種類があります。小さな山葵もあります。提供される寿司はサビ抜きなんでしょうか。ガリを取る皿も見つかりませんでした。
一方通行のベルトでお寿司が運ばれてくるようで、普通に流れてはいません。タッチパネル式の端末からの注文ですが、画面の構成や遷移がもう一つです。品揃えはまあまあですが、全国チェーンで共通なもののようです。炙りなどの新しそうなものはありますが、ばい貝やこの時期の楽しみ寒ブリなどは新潟らしいものはありません。税別100円のものがほとんどでまれに高いものもあります。平日は税別90円で食べれるようです。タッチパネルですが、優しいタッチは苦手なようです。反応が悪いです。食べた寿司の写真になります。
山葵抜きでした。派手さはありませんが、相方と2人で2376円でした。

はま寿司新潟宝町店 ①

はま寿司新潟宝町店 ②

はま寿司新潟宝町店 ③

はま寿司新潟宝町店 ④

はま寿司新潟宝町店 ⑤

はま寿司新潟宝町店 ⑥

はま寿司新潟宝町店 ⑦

はま寿司新潟宝町店 ⑧

はま寿司新潟宝町店 ⑨

はま寿司新潟宝町店 ⑩

はま寿司新潟宝町店 ⑪

はま寿司新潟宝町店 ⑫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.14

蓬来軒

蓬来軒 麻婆つけめん

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路のやや東寄り、新潟市役所(上大川前庁舎)の向かいにあります…。もしかすると?たぶん?市役所庁舎ってNEXT21に移ったかも知れないです。
食感の良い麺が食べたくなり最初に頭に浮かんだ蓬来軒にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央と厨房手前に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。なんか落ち着く古さのある庶民的な中華料理屋さんです。午後12時20分頃に着きました。半分ぐらいのお客さんの入りでしょうか。カウンター席は結構混んで、テーブル席は1テーブルのみ使われています。
メニューは、カラー写真が並ぶ1枚もの、判り易いメニューです。らーめん、めんまらーめん、ちゃーしゅーめん、潮らーめん、たんめん、味噌たんめん、四川たんめん、きくらげたんめん、特製たんめん、焼きそば、揚げそば、広東めん、麻婆めん、天津めん、わんたんめん(秋~春)、冷やし中華(夏)などがあります。他にも、潮つけめん、四川つけめん、麻婆つけめんもあります。ご飯ものや一品料理なども豊富です。麻婆つけめん(大盛)にしました。
中華鍋を使うメニューの注文が多いときには、時間のかかることがあります。女将さんと息子さんの2人で中華鍋をあおり、わりと早めに出来上がります。今日は待ちのお客さんが普通にいて、中華鍋を使う注文も普通に入っているようです。いつもより少し長めに待ったかなって頃に出来上がってきました。
真っ白な器に麺、綺麗な鳳凰の模様が入った器につけ汁が盛られています。
麺は、極細の弱い縮れ。シコシコした歯応えが冷つけめんでも楽しめます。
つけ汁は、淡く透き通ったスープの中央に多めの麻婆豆腐が盛られています。ちょっとしょっぱめぐらいのラーメンのスープに薄味の麻婆豆腐が合います。豆腐と挽肉のシンプルな麻婆豆腐は、淡い色ですが、良い辛みがあります。
トッピングは、麻婆豆腐をつけ汁に書いたため、白髪ねぎのみになります。
好きな極細麺は、つけめんでも変わらぬ食感でとても美味しく楽しめました。麺で温度の下がった麻婆豆腐を麺が掬い上げるため、熱々の状態が続きます。麺を食べ終わり、残ったつけ汁を食べます。それほどしょっぱく感じません。割りスープの必要がなく、そのままの麻婆豆腐を最後1滴まで楽しみました。以前食べた時は普通盛で830円でしたが、今回は900円+大盛100円増しの1000円。ラーメン店から中華料理店の値段になっちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.13

塚田そば店

塚田そば店 大盛天玉そば

上越市の「塚田そば店」です。
直江津地区関川左岸の道路沿いにあります。新潟労災病院の河口寄りです。
つかそばの愛称で地元に親しまれている立ち喰いそば屋のようなお店です。
つかそばの中かは食べていますが、おそばをたべようかとお邪魔しました。
正午過ぎに着きました。まだ早いようで30台程の駐車場は空いています。
お店は、右側に厨房、奥に窓向きのカウンター席、中央にテーブル席、左側に
小上がりがあります。社員食堂っぽい雰囲気です。入ってすぐ右側に食券販売
機があります。購入した食券を厨房前のカウンターに出して作ってもらうよう
になっています。高速道路PA/SAにある軽食コーナーと同じようなシステ
ムです。今まででもかなり少ないお客さんの入りです。3割程でしょうか。
メニューは、かけ、玉子、天ぷら、天玉、わかめ、山菜、芽かぶなどそば/うどんのようにトッピングと麺を組み合わせるものですが、麺がそば/うどんの他に中かを選べるようになっています。中華ではなく中かと書かれています。わかめと山菜は、追加トッピングで単独で加えられるようにもなっています。大盛りもあります。今回もかなりお腹が空いています。いつもは大盛天玉中かを食べています。比較し易いように同じ感じの大盛天玉そばにしました。
食券を出して作る様子を見ながら、冷水機からセルフサービスの水を用意して待ちます。そばをゆで、器に移し、温かいつゆをかけます。上に生玉子、天ぷら、わかめ、ねぎをのせて完成です。かなり早めに出来上がってきました。
立ち食いらしい縁が茶色で黒い器にかき揚げと生たまご、美味しそうです。
そばは、普通の太さの軟らかくコシのない、立ち食いそばらしいそばです。
つゆは、関東系醤油味のものですが、昔のようなしょっぱさはありません。
トッピングは、かき揚げと生玉子、ねぎです。オリジナルを楽しみ、生たまごの甘い優しい味を絡ませて楽しみ、つゆを吸わせたかき揚げを楽しみ、最後にねぎの風味とかき揚げの欠片が沈んだそばつゆをゴクリゴクリと飲みます。
お腹いっぱい。並盛りが310円、大盛りが430円。お手頃な昼食です。
食べ終わる頃には、お店も満席に近いかなりの混み具合になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.12

手仕事らぁめん 八 新潟駅前店

八新潟駅前店 濃厚つけめん(中)

新潟市の「手仕事らぁめん 八 新潟駅前店」です。
新潟駅前のバスターミナル前を西へ、一方通行と逆に歩くと左側にあります。夜は、「なにわ塩焼肉 にく舞台」として営業している二毛作のお店です。
旭川ラーメン「らーめん ののや」の姉妹店です。「手仕事らぁめん 八」としては、駅南笹出線沿い、旧吉田町国道116号線沿いに続く3店目です。
新潟駅前での昼食、お腹も空いたので「八」で食べようとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きカウンター席、右側にテーブル席、奥の左右に小上がりがあります。焼肉屋さんでもラーメン屋さんでも良い雰囲気のお店です。午後12時30分過ぎに着きました。7割~8割ぐらいのお客さんの入りです。今までのお昼は空いているお店って印象がぶっ飛んでしまいました。カウンター席も2席のみの空き、一方の間に挟まるように座れました。
メニューは、煮干し中華と煮干しつけめんで、それぞれトッピングを充実させた特製と濃厚の組み合わせが用意されています。煮干しつけめんと特製煮干しつけめんの麺の量は、並200g、中260g、大320g、特400gで、濃厚煮干しつけめんと特製濃厚煮干しつけめんは、並240g、中320g、大400g、特480gです。並と中は同じ値段で、大と特は50円ずつUPです。お腹も空いたので、良く食べる煮干しつけめん(中)にしようとしましたが、煮干しつけめんは売り切れ、濃厚煮干しつけめんはできるとのこと、濃厚つけめん(中)にしました。
平日と土曜日のランチタイムは小ごはんがサービスです。お願いしました。
どのメニューの麺もそうなのか判りませんが、濃厚煮干しつけめんの麺は冷凍のようです。カチンコチンの麺です。そのまま熱湯に入れてゆでています。
待ちのお客さんがそこそこいて、一度にそんなに多くを作りません。のんびりとした感じで3順~4順目ぐらいと時間がかかって出来上がってきました。
大きな模様の白い麺の器と濃い紺色に縁取られたつけ汁の器が対照的です。
麺は、太麺のゆったりした縮れ。モチモチ感の強いつけめんらしい麺です。
つけ汁は、煮干し出汁がこれでもかというほど濃厚で、トロミもあります。
トッピングは、細切りチャーシュー、メンマ、海苔、ねぎ、魚粉などです。
つけめんらしい硬めの太麺、濃厚なつけ汁は魚粉で香りを付け、期待通りの煮
干しの濃厚な味と香りを楽しめました。小ごはんもあってお腹いっぱいです。
800円と安くはありませんが、このボリュームなら妥当な線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.11

味の横綱

味の横綱 昼にぼし

柏崎市の「味の横綱」です。
柏崎市の山寄り、県道522号線沿い、新潟工科大学入口近くにあります。
柏崎です。食べていないものの多い味の横綱で食べようとお邪魔しました。
お店は、奥にオープンな感じの厨房があり、厨房の左側と手前に厨房向きのカウンター席、その手前左側と中央にテーブル席、右側に小上がりがあります。ラーメンや定食など似合いそうなお店です。回りが窓で周囲が田んぼ、明るく大きめのお店です。正午過ぎに着きました。半分程度のお客さんの入りです。一人昼食、いつもの左側カウンター席に案内されました。今日は中程です。
メニューは、白醤油を使ったサッパリの白、黒醤油を使ったしょっぱめの黒、黒醤油ベースに生姜たっぷりのしょうが、ミネラルたっぷり笹川流れの塩を使用した塩の各味があります。いずれの味もそれらラーメンの他、チャーシューとスーパーチャーシューがあります。炒めた野菜たっぷりの野菜は、白・黒・しょうが・塩・みそ・辛みそからスープの味を選べます。こちらはみそや辛みそもあります。ラーメン、チャーシュー、スーパーチャーシューがあります。てんこもりと銘打った全食材投入型ラーメンもあります。横綱オールスターズと横綱スーパースターズです。こちらも白・黒・しょうが・塩・みそ・辛みそからスープの味を選べます。背脂を加えることもできるようです。他にも塩麺を大人に…塩麺REDがあります。想定していなかった冬期限定のメニューもあります。“ごま”と“みそ”2つの味力が魅力の神髄、ごまみそずいと肉ごまみそずい、カレーラーメンとカレーチャーシューメン、それらのREDがあります。夜間限定の煮干麺もあります。夜にぼしと夜にぼしチャーシューがあります。曜日替わりでサービスがあります。火…気まぐれサービスデー、水…水玉の日(煮玉子¥10)、木…大盛サービス(大盛¥10)、金…黄金の稲穂(ライス¥10)、土…餃子サービス(餃子¥100引)、日…チビッ子の日(お菓子プレゼント)となります。今日は火曜日、気まぐれサービスはなんでしょう。スタッフから紹介がありました。夜の煮干麺がお昼に提供とのことで、昼にぼしと昼にぼしチャーシューになります。昼にぼしにしました。
ちょうど混み始めのようで、作りも3順目と待って出来上がってきました。
過去に“にぼしめん”が提供されたことがありますが違いはどうでしょう。
水色の器に盛られてきました。煮干しがかなり濃そうに見えていますが…。
次の瞬間、煮干しの強い風味が香ります。魚粉と違う雑味のない香りです。
麺は、細めの縮れ。中華そば風で食感や歯応えなどバランスの良い麺です。
スープは、醤油味の薄味のあっさりですが、煮干しだしはかなり濃厚です。
スープは、醤油味のあっさりで、煮干しの優しい旨味を楽しめるものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、ねぎです。魚の水煮缶のような味付けと軟らかさのチャーシューが好きになれません。
好みの昔ながらの食堂っぽい麺。煮干しが濃厚だけど醤油味は薄味のスープ。魚粉を一切使用しない味・香りとも正統派の煮干しラーメンを楽しみました。以前のにぼしめんは控えめなものでしたが、夜提供のものは濃いものでした。750円とちょっとお高いような気もしますが、これぐらいしちゃうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.10

松阪牛すき焼きと近江牛味噌仕立て

松阪牛すき焼きと近江牛味噌仕立て パッケージ

松阪牛すき焼きと近江牛味噌仕立て

午後の会議も終え、ラッシュ前の移動になりました。普通にお腹が空きます。いつものように?中毒的に!東京駅改札内の「駅弁屋 祭 グランスタ店」を覗いてみます。実演コーナー、特集コーナー、魚介系、肉系、幕の内系と順番に見ていきます。それほど混んでません。ほとんどの駅弁が揃っていそうです。魚介系の駅弁を食べようと探すと金目鯛の駅弁が何種類もあります。ただ、どの駅弁を食べたか判らない程です。リストでも作った方が良さそうです。金目鯛は次回にしましょう。肉系に雰囲気で食べたくなる駅弁があります。滋賀県草津市(株)南洋軒の“松阪牛すき焼きと近江牛味噌仕立て”にしました。
早速、新幹線に乗り込みいただきます。ホームに着いたら、もう新幹線はドアは開いています。ときの10両編成、でもラッシュ前、A席に座れました。
クリームシチュー弁当なんかでも良さそうな色の厚紙には“Wブランドの贅沢弁当”とサブタイトルされ、“鹿深味噌使用”とあります。“鹿深(かふか)味噌は、滋賀県甲賀特定大豆と米をじっくりねかせてつくった風味豊かな手づくり味噌です。”との説明書きも添えられています。とてもシンプルです。
お品書きはなく、原材料名は、米(国産米)、牛肉(三重県産、滋賀県産)、たまご焼、椎茸、玉葱、糸蒟蒻、牛蒡、赤かぶら、人参、青葱、白ごまなどの記載になっています。見た目に反して意外とシンプルな原材料の構成です。
はじめに松阪牛すき焼きを食べ、次に近江牛味噌仕立てを食べました。松阪牛すき焼きは思ったよりもかなり薄味ですが、すき焼きの品の良い旨味がしっかりしています。近江牛味噌仕立ては、お味噌について説明のあるのが理解できるほど味噌味がしっかり近江牛の旨味を引き出したものです。食べる順序も重要かも知れません。とても楽しい駅弁でした。1450円はいい線かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新橋 纏

纏 烏賊干鶏白湯醤油そば

東京都港区の「新橋 纏」です。
JR新橋駅烏森口から西へ、居酒屋等の繁華街の中にひっそりとあります。
以前に一度食べていて、他のメニューも食べてみたくなりお邪魔しました。
建設中のビルとの間に狭い通路があり、通路の先に奥まってお店があります。以前基礎工事中だったビルは、ほぼ出来上がって足場も外れている状況です。通路入口に看板があって判りますが、看板がなかったら判らないでしょう。
お店は、入口を入った正面に食券販売機があり、右側に開けます。奥に厨房、手前から右側奥にLの字形の厨房向きのカウンター席があります。狭い小料理屋さんのような感じです。午後12時20分過ぎ、列びなどはありません。
メニューは、平子煮干しそば、特製平子煮干しそば、烏賊干鶏白湯醤油そば、特製烏賊干鶏白湯醤油そば、濃厚鶏つけ麺があります。トッピングの追加やサイドもニューもいろいろ用意されています。前回は、基本的な線でと思い平子煮干しそばを食べています。今回は、烏賊干鶏白湯醤油そばにしました。
食券を購入している間に水が用意されてました。他に空席は1席だけです。
スタッフに食券を渡し、水が置かれた席に座ります。お邪魔したときが空いていただけでしょうか?後に5人ぐらいまでの列びができたりしていました。
板前さんのような格好の男性スタッフ2人こなしてします。大きな寸胴から小さな寸胴まで、個別にスープを温める鍋まで、いろんな鍋類が並んでいます。混んではいますが食べてるお客さんも多く、早めに出来上がってきました。
白くて深い器に盛られてきました。醤油色が濃いめのスープが刺激的です。
麺は、やや細のストレート、ツルツルモチモチして少し硬い仕上がりです。
スープは、醤油味がしっかりしてますが、まろやかで深い旨味があります。
トッピングは、鶏チャーシュー、穂先メンマ、海苔、香草、ねぎなどです。
イカ足の先も入っていました。するめだったのかのような硬い足先でした。
醤油の旨味と烏賊煮干しの旨味、自然な甘味、深みのあるスープです。麺が最初は硬めですが、後からは食べ易くなってきます。850円…お高いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村上牛しぐれ弁当

村上牛しぐれ弁当 パッケージ

村上牛しぐれ弁当

今日は、いつもより少し早い時間の新幹線移動です。避けたかった月曜日と金曜日の混雑する日です。それでもいつも通り駅弁を食べながら移動します。
新幹線移動での駅弁購入は、東口改札脇か万代口改札前、新幹線ホームの3ヶ所に駅弁屋があります。在来線から新幹線への改札前のお店は、なくなったようです。種類・数量ともに揃っている東口改札脇の駅弁屋を覗いてみます。
駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真があり、どの駅弁も美味しそうです。種類も多く、数もそれなりにありますが、新商品はありません。肉にしましょう。新潟三新軒の村上牛しぐれ弁当にしました。7食目です。
好きな駅弁のひとつ、飽きのこない定番の味です。早速、新幹線に乗っていただくことにします。駅のコンコースはいつも通りの人で安心していましたが、新幹線が混んでいます。やはり月曜日なんでしょうか。A列とE列は埋まり、C列とD列も埋まりそうです。A列に空きがあって座ることはできました。
パッケージには、新潟の味覚、にいがた黒毛和牛の言葉が添えられてます。
お弁当の記載におしながきのようなものはなく、原材料名の記載になります。米(新潟県産コシヒカリ)、牛肉しぐれ煮(村上牛)、牛そぼろ煮、玉子焼、茎わかめ、ごぼう、生姜、白ごま、などです。牛そぼろ煮ですが、当初はそぼろ煮(県産和牛)でしたが、その後にかっこ内が国産牛肉、国産和牛となり、今回は牛そぼろ煮だけの記載になりました。もう国内産ではないのでしょう。お米は、新潟県産コシヒカリです。駅弁じゃ当たり前のことと思ってました。しかし、実際に多くの駅弁を食べて判りました。なかなか使われていません。冷たくなるとモチモチ感が強すぎるからでしょうか。それでも美味しいです。村上和牛のしぐれ煮と国産の取れた牛そぼろ煮で、全く判り難くなってます。村上和牛のしぐれ煮の方が大きいでしょうから、そんなに量はなさそうです。大部分が牛そぼろ煮のようです。そのつゆが染みたご飯が美味しいです。牛蒡煮物、玉子焼き、茎わかめと少しですが、おかずがあると嬉しくなります。
味付けは、米沢の松川弁当店が出してる米沢牛のお弁当の方が少し好みです。三新軒グループも好みの味のお弁当になるよう楽しみにして食べていきます。高級なお肉なんでしょう。村上牛しぐれ弁当は、1200円と少し高価です。そぼろ煮を県産和牛に戻し、新潟の駅弁、地元食材を増やして欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.09

中国料理 張園 南店

張園南店 広東麺

新潟市の「中国料理 張園 南店」です。
日本海東北道新潟亀田インターの近く、ムサシの新潟駅寄り地にあります。
新潟情報に割引券が何店かあり、その中から初めて張園にお邪魔しました。
お店は、ちょっと複雑な造りというか?回転寿司そのものの造りのようです。午後2時20分過ぎに着きました。2割~3割のお客さんと空いています。
席に着くとiPadが渡され、回転寿司のようにメニューを探して注文します。
メニューは、中華のファミレスのような感じで、とても豊富に揃っています。麺類も豊富で、広東麺、マーボー麺、担担麺、天津麺、醤油らーめん、上海焼きそば、海鮮麺、野菜麺、キムチ入り海鮮焼きそば、半らーめん、ねぎらーめん、豚角煮らーめん、酸辣湯麺、味噌ラーメン、ワンタン麺、ねぎ冷し中華、野菜たっぷり冷し中華、エビ入り野菜たっぷり冷し中華、ジャージャー麺、牛肉麺などがあります。セットも豊富です。割引の効く広東麺にしました。
水やおしぼり、お茶、麦茶、コーヒーなどがセルフサービスになっています。水とおしぼりを用意して待つと、普通の待ち時間で出来上がってきました。
青い花の模様の白い器に、美味しそうな彩りの五目あんかけの広東麺です。
麺は、普通かやや細めの縮れ、中華風な表面がザラザラした感じの麺です。
スープは、醤油味のあっさりしたもの。癖のない中華に良く合うものです。
トッピングは、五目あんかけのみです。内容は、海老、イカ、鶉の卵、白菜、キャベツ、チンゲン菜、人参、筍、きくらげ、椎茸、マッシュルームなどで、醤油で味付けされています。脂も多そうでちょっとこってり感があります。
さすが中華系らしいしっかりしたものでした。通常819円が、割引で719円でした。お手頃にいただけました。マーボー麺も食べたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.08

絶品!海鮮まつり

新潟市の新潟ふるさと村で開催の「絶品!海鮮まつり」に行ってきました。
12月8日(土)~25日(水)まで毎日開催されていて、バザール館の1階中央広場が会場になります。開催期間中は、にいがた総おどりのステージがあります。土日祝日にはマグロの解体ショーも催されています。バザール館の中央広場には、ステージ、海鮮の販売ブース等、テーブル席などがあります。
午後12時50分過ぎに着きました。ちょうどマグロの解体ショーが始まるところです。ちょっと上手くいかなかったようで、中落ちがたっぷりです。
さあ!食べましょう。メニューは、
1500円 まぐろ全部のせ丼
 900円 海鮮3種丼、いくら丼、あん肝ステーキ丼、のど黒炙り丼、
      まぐろ丼
 600円 雲丹いくら丼、アヴォカドサーモン丼、メカジキ照り焼き丼、
      トロサーモン丼、牡蠣蒲鉾丼、まぐろトロ握り(2貫)、
      まぐろ赤身握り(3貫)、寒ブリ握り(3貫)、
      寒ブリ照り焼き丼、まぐろステーキ丼
 300円 牡蠣フライ、まぐろフライ、海鮮ユッケ丼、牡蠣汁、
      海鮮皿うどん、海鮮ちらし
などがあります。
食べようと思っていたまぐろ全部のせ丼は売り切れになっています。

絶品!海鮮まつり 海鮮3種丼

海鮮3種丼を食べました。900円です。相方も同じものにしました。

絶品!海鮮まつり 牡蠣汁

牡蠣汁です。300円です。

絶品!海鮮まつり 寒ブリ握り+まぐろ赤身握り

寒ブリ握り(3貫)は4貫になっていました。600円は変わりません。
まぐろ赤身握り(3貫)も食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.07

青島食堂 駅前店

長岡市の「青島食堂 駅前店」です。
青島食堂創業のお店で、宮内駅前店だと思っていましたが、駅前店でした。
信越本線・上越線宮内駅正面(東)の駅前のロータリーに面してあります。
出張者に長岡生姜醤油ラーメンを食べてもらおうかと青島本店にしました。

青島駅前店 駐車場案内

この前は宮内駅の駅前ロータリーが工事中で、広い道に路駐して食べました。今回、工事は終わってますが、前のように駐車できるスペースはありません。お店に駐車場の案内が貼られていて、お店近くの駐車場に駐車できました。
お店は、間口が広く、奥に厨房、手前と右側に厨房向きカウンター席だけの昔ながらのラーメン専門店といった雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。3割程のお客さん入りです。ちょっと青島のお店としては、発祥の地として寂しい状況です。入口の脇にタッチパネル式の食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピングの追加しかありません。青島のお店はどこのお店も、好きな1種類のスープで勝負しているお店です。価格も共通で大盛りが50円増しが特にありがたいです。お腹が空いています。マイスタンダードのラーメン(大盛)にしました。
今回も女性スタッフ2人での営業、なんとなくですが、長岡のおふくろの味って感じです。慣れた手際の良さがあります。早めに出来上がってきました。

青島駅前店 ラーメン(大)

食べ慣れた青島食堂の味です。黒胡椒を挽きながらちょっと多くかけます。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ、これといった特徴はありませんが、ツルツル感、プリプリ感、モチモチ感、それらのバランスの良さを楽しめる麺です。
スープは、醤油の濃い色の見た目通り、醤油のしっかりした旨みがあります。醤油の旨みにダシの旨みが加わり、生姜と胡椒が味を引き締めてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、ねぎです。チャーシューは、味付け、歯応え、弾力、切り方などお手本かのようです。
とても好きなラーメンですが、ラーメン800円、大盛で50円増し、かなりお高い昼食でした。それでもこの味、また食べたい高級ラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.06

手打ち そば・うどん 竹田家

竹田家

柏崎市の「手打ち そば・うどん 竹田家」です。
国道8号線長浜交差点から東へ、看板に従い進むとやがて右側に現れます。
仕事仲間との昼食、仲間がネットで探してくれた竹田家にお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央にテーブル席、奥と右側にいい感じに仕切られた小上がりがあります。広々したお蕎麦屋さんらしい和の雰囲気が良いお店です。午後12時20分過ぎに着きました。6割~7割程のお客さんの入りです。
メニューは、
 10割そば
  10割そば                      970円
  10割そば天ぷら付                 1370円
 せいろそば
  せいろそば                      870円
  大せいろ                      1290円
  鴨南せいろ                     1250円
  ライスセット                     970円
  おにぎりセット                    970円
 温かいせいろそば
  月見そば                       950円
  きつねそば                      970円
  カレー南蛮そば                    970円
  鴨南そば                      1250円
  天ぷらそば                     1020円
  たぬきそば                      870円
 田舎そば
  田舎そば                       870円
  田舎大せいろ                    1290円
  鴨南田舎                      1250円
  田舎ライスセット                   970円
  田舎おにぎりセット                  970円
 温かい田舎そば
  月見そば                       950円
  きつねそば                      970円
  カレー南蛮そば                    970円
  鴨南そば                      1250円
  天ぷらそば                     1020円
  たぬきそば                      870円
 うどん
  ざるうどん                      650円
  天ざるうどん                    1080円
  つけ鴨うどん                    1030円
  うどんライスセット                  970円
  うどんおにぎりセット                 970円
 温かいうどん
  釜あげうどん                     760円
  釜あげ天ぷらうどん                 1190円
  鴨南うどん                     1030円
  特製鍋焼きうどん                  1080円
  カレー南蛮うどん                   970円
  月見うどん                      850円
  きつねうどん                     870円
  天ぷらうどん                    1020円
  たぬきうどん                     760円
 サービス品・単品
  天ぷら定食                      870円
  ライス                        230円
  おにぎり                       280円
 限定品(冬季限定、要予約、2名様以上)
  鴨すきうどん1人前                 2160円
などがあります。基本的な線で10割そば天ぷら付(大盛)にしました。
メニューにいろいろ説明が書かれています。『挽きたて』『打ち立て』『ゆでたて』を提供してくれてます。信州八ヶ岳産のそばということなんで、茅野から蓼科辺りのそばなんでしょう。全自動の石臼で挽いているとのことです。
天ぷらがあることもあってでしょうか普通の待ちで出来上がってきました。

竹田家 10割そば天ぷら付(大盛)

おそばと天ぷらがお盆にのって、おそばはせいろに盛り付けられています。

竹田家 10割そば天ぷら付(大盛)アップ

おそばは、平打ちで変な硬さのない食べ易いものです。ちょっと短めです。
つゆは、醤油味、しょっぱさ、甘さ、鰹と昆布ダシのバランスが絶妙です。
薬味は、ねぎ、山葵の他にも大根おろしが…、おろしそばも美味しいです。
天ぷらは、天つゆと大根おろしと生姜付き、ちゃんと天ぷらを楽しめます。
つゆは結構美味しかったけど、ちょっとおそばが短かったような気がします。十割そばが970円とかなりお高めで、大盛りの200円増しや天ぷら付きの420円がお安めでも、合計1590円とかなりお高いお昼になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.05

塚田そば店

塚田そば店 大盛天玉中か+わかめ

上越市の「塚田そば店」です。
直江津地区関川左岸の道路沿いにあります。新潟労災病院の河口寄りです。
つかそばの愛称で地元に親しまれている立ち喰いそば屋のようなお店です。
越善で食べる機会が多く、久々につかそばを食べようかとお邪魔しました。
午後12時40分頃の到着。30台程の駐車場に数台分の空きがあります。
お店は、右側に厨房、奥に窓向きのカウンター席、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。社員食堂っぽい雰囲気です。入ってすぐ右側に食券販売機があります。購入した食券を厨房前のカウンターに出して作ってもらうようになっています。高速道路PA/SAにある軽食コーナーと同じようなシステムです。満席かのようなお客さんの入りですが、帰るお客さん多くいます。
メニューは、かけ、玉子、天ぷら、天玉、わかめ、山菜、芽かぶなどそば/うどんのようにトッピングと麺を組み合わせるものですが、麺がそば/うどんの他に中かを選べるようになっています。中華ではなく中かと書かれています。わかめと山菜は、追加トッピングで単独で加えられるようにもなっています。大盛りもあります。お腹もかなり空いています。いつもは大盛天玉中かを食べていますが、今回はわかめを加えて、大盛天玉中か+わかめにしました。
食券を出して作る様子を見ながら、冷水機からセルフサービスの水を用意して待ちます。麺をゆで器に移し、温かいつゆをかけます。その上に生玉子、天ぷら、わかめ、ねぎをのせて完成です。かなり早めに出来上がってきました。
立喰らしい縁が茶で黒い器に、わかめのあまり見映えしない色があります。
わかめや岩海苔など海草類ってかなり好きですが、見た目が良くないです。
麺は、やや細めの縮れ、ややコシの弱いものですが、大曲や中仙地区で良く食べた“うー麺”に似ています。なんか懐かしいような感じで食べれてます。
スープは、っていうより普通のおそばのつゆそのものです。関東風で、それらしい色をしていますが、しょっぱさは結構控え気味です。ラーメンのスープのバリエーションを考えるとありかなと思います。麺との相性はとっても良いのですが、ラーメンよりもおそばを食べているって感じの方が勝っています。
トッピングは、かき揚げと生玉子、わかめ、ねぎなどとてもシンプルです。
最初におそばのみを楽しみ、生玉子の甘く優しい味を絡ませ楽しみ、そこにわかめもいっしょに絡めて楽しみ、最後にスープを吸っかき揚げを楽しみます。残ったスープにねぎの風味が立ちます。たっぷり楽しむことができました。
越善よりもつかそばの方が、一般的なラーメンに近い麺のように感じました。天玉の並盛りが310円で大盛りが430円、わかめが50円増しです。これだけいろいろやって楽しんでもワンコインでおつり、お手頃な昼食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.04

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 ワンタンメン(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
信吉屋が比較的空いている火曜日、ちょい早めの昼食、行くしかないです。
お店は、間口が広くあまり奥行きがありません。奥に厨房があり、手前にカウンター8席分だけの小さなお店です。昭和を感じさせる懐かしい雰囲気です。正午過ぎに着きました。賑わってはいますが、1席だけ空きがありました。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタンがあります。麺量は、普通、中盛、大盛があります。ワンタンメン(中盛)にしました。実際、おばさんに『いつものね?』と聞かれ『はい!』と答えるだけ、これだけで注文が完了しました。
待ちのお客さんの作りに間に合わせてもらえ、早く出来上がってきました。
艶のある渋い黒い器に澄んだスープが品良く、ボリュームがありそうです。
麺は、かなり細めの弱い縮れ。あまりラーメンぽくない麦が優しい印象です。シコシコした歯応えと適度なモチモチ感が特徴の食べていて楽しい麺です。
スープは、塩で味付けしたすまし汁のような透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。これが支那そばでしょう。
トッピングは、脂身のない弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、肉団子に近い大きさの挽肉を包んだ軟らかなワンタン、メンマ、季節の野菜、鳴門、ねぎなどです。季節の野菜は、きぬさやなどのときもありますが、この時期はほうれん草です。ねぎは輪切りです。スープと絡まり香りと味わいを楽しめます。
歯切れの良い麺とお吸い物かのようなスープ、もう和食の領域の麺料理です。溶ろけるようなワンタンはボリュームもあります。800円、お手頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.12.03

青島ラーメン司菜 ときめき

青島司菜ときめき チャーシューメン(大盛)+ほうれん草50円増し+刻みねぎ50円増し

新潟市のときめきラーメン万代島の「青島ラーメン司菜 ときめき」です。
新潟万代島エリア、佐渡汽船の手前、朱鷺メッセ向かいの広場にあります。
三吉屋のラーメンが食べたくなり信濃町店に行こうとしたんですが、車に乗った瞬間に青島のラーメンが食べたくなり、駐車し易いときめきにしました。
イベントなどの時には並ぶ駐車場ですが、1時間無料なのでラーメンを食べるには十分です。D駐車場に車を入れます。かなりの余裕で停められました。
長屋のような建物に8店舗分のスペースがあり、開設時には賑わってました。現在は「青島ラーメン司菜 ときめき」、「中華 丸美」、「新潟元祖鯛らーめん 大漁」の3店舗の営業です。青島は万代橋寄りの端っこにありますが、芝生の広場だった場所も駐車場になり、青島に近い位置に駐車できました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。落ち着いた雰囲気のお店です。午後12時20分過ぎに着きました。他にお客さんは3人です。入った左脇に食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、その大盛りの好きな1スープ勝負のお店です。麺、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔が増量できます。割高にはなりますが、好みにトッピングを加えたラーメンが楽しめます。お腹が空いたので豪華に食べます。青島司菜ときめき チャーシューメン(大盛)+ほうれん草50円増し+刻みねぎ50円増しにしました。
後客もなく、大きな鍋を1.5玉の麺がいきいきと泳ぎ回っています。お湯を替えた後でしょうか?とても綺麗なお湯です。湯切りをした麺がスープが張られた器に、次々とトッピングが盛り付けられ早めに出来上がってきました。
鮮やかな鳳凰模様が入った白い器、濃い醤油色のスープが美味しそうです。
黒胡椒を挽きながらかけます。黒胡椒のいい香りと生姜の香りが絶妙です。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ、これといった特徴はありませんが、ツルツル感、プリプリ感、モチモチ感、それらのバランスの良さを楽しめる麺です。
スープは、醤油の濃い色の見た目通り、醤油のしっかりした旨みがあります。醤油の旨みにダシの旨みが加わり、生姜と胡椒が味を引き締めてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草、ねぎです。追加のほうれん草とねぎで健康的になった気分になれるのだから単純です。
青島は、どのお店でもある程度の品質なので安心して食べることができます。普通そうで高品質の麺、醤油と生姜でしっかり&爽やかに仕上がったスープ、黒胡椒を挽いて香りも加えて楽しめます。標準的なラーメンで800円です。かなりお高いものになりますが、プチチャーシューメンと考えれば納得です。大盛りが50円UP、チャーシューメンが100円UP、追加のトッピングが100円分、1050円と初の1000円越えの青島の豪華なお昼でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.02

ラーメン万人家 中山店

万人家中山店 特製らーめん(背脂少なめ)

新潟市の「ラーメン万人家 中山店」です。
笹出線を東へ、栗の木バイパス・馬越跨線橋を越えた先の右側にあります。
最近食べていないような気がします。久々に食べようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、左側にテーブル席、中央に大きなテーブル風のカウンター席、右側に軽くしきられた小上がり席のスペースがあります。木を基調としたラーメン店に多い雰囲気のお店です。午後1時50分過ぎに着きました。駐車場の車も多く、お店の中も賑わっています。小上がりに空きがありました。
メニューは、らーめん、メンマらーめん、特製らーめん、ちゃーしゅうめん、G麺、がっつりG麺があります。G麺は、極太麺(Gokufutomen)のG、ガッツリ(Gattsuri)のG、ニンニク(Garlic)のG、三つGからG麺と名付けられたものです。チャーシュー3枚・メンマ・味玉を加えたのががっつりG麺です。ちょっと豪華にいきます。特製らーめん(背脂少なめ)にしました。また、東区歴史浪漫スタンプラリーの特典の玉寿し(2個)もお願いしました。
先に玉寿し(2個)がきました。味玉半個の軍艦巻き、マヨが欲しいです。
混みもあり心配していましたが、普通の待ち時間で出来上がってきました。
白い器に充実したトッピングが盛り付けられたかなり豪華なラーメンです。
麺は、普通の太さの縮れ、とてもツルツルプリプリした食感の良い麺です。
スープは、程よい背脂の下に、醤油とダシの旨味とバランスを楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、もやし、青海苔など、通常のらーめんだとここまでですが、メンマ、味玉、岩海苔、糸唐辛子が加わり、かなり豪華です。
麺のプリプリ感とツルツルした食感、スープの旨味など好きだったところが以前ほど感じられなくなりました。背脂の量は少なめがちょうど良かったです。らーめんが600円で特製らーめんが800円、外税は手頃感も薄れます。

万人家中山店 特製らーめん(背脂少なめ)

相方の食べたらーめん(背脂少なめ)です。600円外税です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.01

丸亀製麺 新潟河渡店

丸亀製麺新潟河渡店 釜揚げうどん特

新潟市の「丸亀製麺 新潟河渡店」です。
東地区の河渡マーケットシティ前の大きな道沿いにあります。向かいです。
毎月1日は釜揚げうどん半額の日、うどんを食べようかとお邪魔しました。
午後1時30分過ぎに着きました。この時間なら駐車場も空きがあります。
お店は、セルフのヴュッフェスタイルの和風スタイル、カウンター席、大小のテーブル席、小上がりがあります。和風のようですが、とてもシンプルな雰囲気です。さすが釜揚げうどん半額の日、外にまでの列びになっていました。
メニューは、釜揚げうどん、ぶっかけうどん、かけうどんに大きく大別されています。予めトッピングを加えられたものがあり、さらにトッピングを加えることもできます。天ぷらが豊富で天丼用ライスもあります。季節限定メニューは、牡蠣づくし玉子あんかけです。予定通り釜揚げうどんにします。釜揚げ家族うどん(並6玉)にしようかと思っていましたが、毎月1日は釜揚げうどん半額の日の対象ではないとのこと、釜揚げうどん(得・2玉)にしました。
うどんの渡す場所がありますが、列ぶ程の混みなのに急ぐような雰囲気が全然ありません。お店の席の混雑状況を見ながら調整して出しているようです。
清算して、別の器にたっぷりの青ねぎとおろし生姜を入れ、席に移動します。木桶にはゆで汁に入ったうどん、温かいつゆ、おろし生姜とねぎを入れます。七味唐辛子を少し加え、得・2玉にした筈が、すんなりお腹に収まりました。通常490円が讃岐うどんらしい240円。半額だと現地並みの値段です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »