« 新橋 纏 | トップページ | 味の横綱 »

2018.12.10

松阪牛すき焼きと近江牛味噌仕立て

松阪牛すき焼きと近江牛味噌仕立て パッケージ

松阪牛すき焼きと近江牛味噌仕立て

午後の会議も終え、ラッシュ前の移動になりました。普通にお腹が空きます。いつものように?中毒的に!東京駅改札内の「駅弁屋 祭 グランスタ店」を覗いてみます。実演コーナー、特集コーナー、魚介系、肉系、幕の内系と順番に見ていきます。それほど混んでません。ほとんどの駅弁が揃っていそうです。魚介系の駅弁を食べようと探すと金目鯛の駅弁が何種類もあります。ただ、どの駅弁を食べたか判らない程です。リストでも作った方が良さそうです。金目鯛は次回にしましょう。肉系に雰囲気で食べたくなる駅弁があります。滋賀県草津市(株)南洋軒の“松阪牛すき焼きと近江牛味噌仕立て”にしました。
早速、新幹線に乗り込みいただきます。ホームに着いたら、もう新幹線はドアは開いています。ときの10両編成、でもラッシュ前、A席に座れました。
クリームシチュー弁当なんかでも良さそうな色の厚紙には“Wブランドの贅沢弁当”とサブタイトルされ、“鹿深味噌使用”とあります。“鹿深(かふか)味噌は、滋賀県甲賀特定大豆と米をじっくりねかせてつくった風味豊かな手づくり味噌です。”との説明書きも添えられています。とてもシンプルです。
お品書きはなく、原材料名は、米(国産米)、牛肉(三重県産、滋賀県産)、たまご焼、椎茸、玉葱、糸蒟蒻、牛蒡、赤かぶら、人参、青葱、白ごまなどの記載になっています。見た目に反して意外とシンプルな原材料の構成です。
はじめに松阪牛すき焼きを食べ、次に近江牛味噌仕立てを食べました。松阪牛すき焼きは思ったよりもかなり薄味ですが、すき焼きの品の良い旨味がしっかりしています。近江牛味噌仕立ては、お味噌について説明のあるのが理解できるほど味噌味がしっかり近江牛の旨味を引き出したものです。食べる順序も重要かも知れません。とても楽しい駅弁でした。1450円はいい線かな。

|

« 新橋 纏 | トップページ | 味の横綱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松阪牛すき焼きと近江牛味噌仕立て:

« 新橋 纏 | トップページ | 味の横綱 »