« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019.01.31

お食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
羽越線岩船町駅近く、風情のあるJA倉庫が目印、その向かいにあります。
村上でのお昼になり、久々に好きなに定食をたべようかとお邪魔しました。
正午ちょうどに着きました。お昼時間通りのお客さんが多く、まだ空いているでしょう。店前と横の駐車場は6割~7割程の駐車とまだ空いていました。
腰掛けられるようになっていて、待ちの場所の風除室に待ちはありません。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質を基調とした落ち着いた雰囲気で、とても綺麗な中規模のお店です。お店の中も半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、ラーメン、チャーシュー麺、味噌ラーメン、五目ラーメン、野菜タンメン、担々麺、五目焼きそば、ラーメン定食、中華丼、チャーハン、ライス、半ラーメン、半チャーハンなどがあります。組み合わせても楽しめます。他もいろいろ食べてみたいのですが、いつものラーメン定食にしました。
出来上がりを待っているお客さんが多く、ある程度の待ちは覚悟しましたが、すぐにある程度のラーメンが出来上がってきました。左隣はチャーシュー麺、右隣は五目ラーメンです。お客さんも次々とやってきます。チャーシュー麺やラーメン定食が人気です。麺類+半ライスっていうお客さんも結構います。
心配は要りませんでした。いつもと変わらず早めに出来上がってきました。
ラーメンの他にご飯と小皿が3品付きます。豪華な昼食が嬉しくなります。
麺は、細めの縮れで、食べていると平打ちっぽく感じます。ツルツルした食感と適度なモチモチ感、普通のようで懐かしく、食べて嬉しくなってきます。
スープは、中華風の透き通った淡い醤油色で、煮干しの強めの香りがします。あっさりしていながら深みのある旨味と優しい自然な甘さがいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草がのります。あっさりラーメンに似合うトッピングです。チャーシューは軟らかめです。
定食は、ご飯とおかずとお新香になります。おかずは、コロッケ、焼売、揚げ出し豆腐です。少量ずつですが3種類です。ブロッコリー、レタス、キャベツの千切り、胡瓜の薄切りなどそのメニューにあった野菜が添えられています。お新香は、大根の柴漬け、沢庵、蕪と茎までの漬け物、しっかり3種類です。いつもながら定食+ラーメンのような充実した内容には関心させられます。
懐かしく出来の良い麺、銘品とも言えそうなスープ、おとなしめなトッピングで、バランスの良いラーメンに仕上がっています。ラーメンは582円と結構お手頃ですが、ラーメン定食は810円とお手頃さがさらに充実します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.30

らーめんや 煌

煌

新発田市の「らーめんや 煌」です。“きら”と読みます。
舟入町コモタウンと新栄町の間、らーめん梟の南、同じ市道沿いにあります。昼はラーメン店、夜は『幻の焼肉店 煌』との焼肉店、二毛作のお店です。
新発田市での昼食。食べたことのないお店で食べようかとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央寄りにカウンター席、奥に個室風な仕切りのある小上がり、手前にボックスのテーブル席があります。昼はラーメン店で夜は焼肉店ですが、ちょっと大きめの焼肉店の雰囲気そのものです。午後1時20分過ぎに着きました。見通しが良くなく、2組のお客さんがいそうな感じです。
メニューは、なかなか個性的で、中華、とりしお、みそ、つけ麺、石焼きつけ麺、辛つけ麺、石焼き辛つけ麺、辛口みそ、ヤキブタチャー(肉九枚)、ヤキブタチャーハーフ(肉六枚)、煌カレーラーメン(ミニライス付き)、限定の焼肉ヌードル(ミニライス付き)、お子様ラーメンなどがあります。辛系のメニューは、1辛:ピリ辛、2辛:辛い、3辛:ヤバイから辛さを選べるようになっています。こってり(背油)お好みで可ともあります。ランチタイムは、ライス、大盛り、特盛りがサービスになっています。ライス付きメニューは、大盛りまでです。他に1枚もののメニューで、寒い日は、みそ煮込み麺と書かれたものがあります。この時期ですから、そのみそ煮込み麺にしました。
手間がかかるようで、空いていますが普通の待ちで出来上がってきました。

煌 みそ煮込み麺

石焼ビビンバなんかの器で、中のスープがとても勢い良く沸騰しています。
麺は、やや太平打ちのストレート、モチモチ感が強く、メッチャ硬めです。
スープは、知らなきゃ味噌味と気が付かない程薄く、あっさりしています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、温泉玉子、もやし、玉ねぎとねぎのかき揚げ、揚げにんにく、ねぎなどです。温泉玉子と生玉子は選択できます。
最後まで熱々で楽しめました。麺を食べ終わってスープを飲むと、沢山の挽肉が入っていました。トッピングではなく、スープの中に入っていたようです。味噌味の薄く、麺が手強いラーメンでした。880円といい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.29

中華 めんきち

めんきち チャーシューメン

長岡市の「中華 めんきち」です。
長岡造形大学近く、住宅地西側の端っこにあります。向かいは田んぼです。
長岡でのお昼、久々に「中華 めんきち」で食べようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、その手前にテーブル席、さらに手前に小上がりがあり、左側の手前に座敷もあります。和定食のお店でも良さそうな落ち着いた雰囲気のお店です。午前11時20分過ぎに着きました。早めのつもりでしたが、6割~7割のお客さんの入りでしょうか。カウンター席はほぼ満席、テーブル席も全卓使用、小上がりは空きの賑わいです。
メニューは、小中華そば、中華そば、チャーシューメン、味噌中華そば、つけめんがあります。他にもめんきち定食(小中華そば+半ライス&漬物+ギョーザ(3ヶ))、野菜炒め定食、チャーハン、ライス&漬物、半ライス&漬物、ギョーザ(3ヶ、5ヶ)などもあります。チャーシューメンにしました。
麺のゆで時間がかかるとのこと、少し長めに待って出来上がってきました。
雷文と青線の中華そばらしい控えな器にチャーシューがいっぱいあります。
麺は、平打ちの太めの縮れ、表面が軟らかめで中がモッチモチしています。
スープは、背脂が表面を覆い、その下に煮干ダシが優しく香るあっさりした醤油味のスープがあります。こってり感とあっさり感、絶妙なバランスです。
トッピングは、薄味でいい歯応えのチャーシューが5枚、メンマとねぎです。ねぎは、青ねぎの部分まで使ってます。輪切りで結構多めにのっています。
太麺の背脂中華ですが、スープがあっさりでバランスの良く、好みの中華そばです。それにチャーシューたっぷりのチャーシューメン、中華そばの150円増しで850円。少しお高いような気もしますが、お気に入りの一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.28

めん処 くら田

くら田 カレーラーメン

新潟市の「めん処 くら田」です。
古町エリアです。本町通りと東堀通りの間、6番町の小原小路にあります。
寒い季節、そろっと食べていないラーメンを食べようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前右側に壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。使い込んだ黒く光る木の感じが落ち着く小さな下町のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。5人程のお客さんと珍しく空いています。
メニューは、
  ラーメン        600円
  チャーシューメン    850円
  ワンタンスープ     600円
  ワンタンメン      850円
  スペシャル      1000円
  塩ラーメン       600円
  塩チャーシューメン   850円
  塩ワンタンスープ    600円
  塩ワンタンメン     850円
  塩スペシャル     1000円
  カレーラーメン     700円
  カレーチャーシューメン 900円
  冷し中華(夏季)    850円
  ゆで卵          50円
  中盛(1.25玉)     無料
  大盛(1.5玉)      無料
  ビフォー(1.75玉) 100円増し
  ダブル(2玉)     100円増し
別の貼紙になりますが、麺の量の記載もあります。並(160g)、中盛(200g)、大盛(240g)、ビフォー(280g)、ダブル(320g)から選べます。変わっていません。細麺の他に平麺もありましたが、休止になっていました。復活しているのではと期待しましたがありません。食べていないカレーラーメンにしました。
親父さんが作っておばさん2人で配膳と会計をやっています。相変わらずの丁寧さと手際の良さ、お客さんが少なく普通の待ちで出来上がってきました。
注文したものが運ばれて来た時に会計をする代金引換が継続されています。
青い線の白い器の表面をしっかり濃そうなカレー、カレーの強い香りが…。
麺は、細い縮れでツルツル感が良く、カレーととてもいい感じに絡みます。
スープは、あっさりした醤油味の薄味で、癖のない優しい旨味があります。
トッピングは、チャーシューとカレーで、カレーはレトルトの味ですが…。
煮干しがほのかに香るラーメンのお店でしたが、カレーラーメンは香りから違いました。あっさりスープに濃いカレー、なかなか楽しく、これも有りかと思いながらいただきました。ラーメンが600円でカレーラーメンが700円、100円増しでカレーラーメンなら歓迎です。同じ値段で大盛りまで可。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.27

ラーメンショップ Aji-Q 角館店

Aji-Q角館店 ねぎ味噌ラーメン

秋田県仙北市(旧角館町)の「ラーメンショップ Aji-Q 角館店」です。
国道105号線沿いです。角館駅南側の郊外型のお店が並ぶ中の1軒です。
実家の雪下ろしを終えたら午後2時30分、普通のラーメン店がやってそうな時間を過ぎてしまいました。でも、遅いお昼でもやってそうで、まあまあ好みで、食べてないメニューが多いお店が、そのAji-Qにお邪魔しました。
お店は、間口が広く、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に大きなテーブルのテーブル席とその前後には小上がりがあります。明るいチェーン店ぽい雰囲気のお店です。午後2時50分頃に着きました。3割~4割程のお客さんの入り、テーブル席の奥に案内されました。
メニューは、Aji-Q定番メニューのとんこつラーメン、とんこつチャーシュー、味噌ラーメン、南蛮ラーメン、チャーシュー南蛮、ねぎ味噌ラーメン、ねぎ味噌チャーシュー、冷し中華(夏季限定)、冷し南蛮(夏季限定)があり、角館店オリジナルメニューのコク旨とんこつ、コク旨チャーシュー、支那そば、支那チャーシュー、支那ねぎ、ねぎ味噌肉野菜ラーメン、塩ラーメン、塩チャーシュー、塩南蛮バター、肉野菜ラーメン(味噌・塩・醤油)、南蛮肉野菜ラーメン、みそコーンラーメン、みそバターコーンラーメン、みそキムチ、とんこつキムチ、白いラーメン、担々麺、つけめん、温つけめん、冷しキムチ(夏季限定)があります。Aji-Qセットがあります。Aセットは好きなラーメンに半チャーハンとお新香、jセットは好きなラーメンとミニカレーとお新香、iセットは好きなラーメンにピリ辛チャーシュー丼ミニとお新香、Qセットは好きなラーメンにご飯物(半チャーハン・ミニカレー・ピリ辛チャーシュー丼ミニのいずれか)とギョーザとお新香を加えたものです。
ギョーザ・半ライス・お新香がセットの定食もあります。支那そば定食、味噌ラーメン定食、南蛮ラーメン定食、ねぎ味噌ラーメン定食、肉野菜ラーメン定食があります。ご飯物も豊富で、さらにギョーザをセットしたものもあります。今まで、支那そば+Aji-Qセットのiセット、とんこつラーメン+Aji-QセットのAセットを食べました。冬らしく味噌にしたいと思います。味噌もいろいろありますが、定番メニューからねぎ味噌ラーメンにしました。
遅い時間は、空いていることもあってかなり早めに出来上がってきました。
ワンポイント模様入りの白い器に、白髪ねぎを想定しましたが辛ねぎです。
麺は、細麺の縮れ。ツルツルした触感がとても良い食べ易い好みの麺です。
スープは、白味噌寄りの合わせ味噌のようです。味噌味が濃く、甘めです。
トッピングは、刻みチャーシュー、メンマ、もやし、辛味和えねぎなどです。刻まれてはいますがチャーシュー、メンマが入っているのは嬉しくなります。表面全体が茶色っぽいのが気になります。もう少し違う彩りも欲しいです。
麺、スープとも好みの味噌ラーメンで、チャーシューやメンマもあって、ねぎ
の辛味が混じる頃は辛味噌っぽく味の変化を楽しみ、途中からにんにくを加え
たりもして、見た目はそれほどでもありませんが楽しめました。味噌ラーメン
が740円で、ねぎ味噌ラーメンは840円。なかなかいい線でしょう。

Aji-Q角館店 肉野菜ラーメン(味噌)

相方の食べた肉野菜ラーメン(味噌)です。770円です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.26

匠居酒屋 一心

一心

村上市の「匠居酒屋 一心」です。
村上駅からまあまあ近い位置、北東方向です。みそ膳からの路地を入った先にあります。カラオケマイムと同じ敷地内にあって、入口が並んであります。
ネットの写真の海鮮丼が美味しそうで、食べてみたくなりお邪魔しました。
午前11時30分前に着きました。午前11時30分から営業しますの看板。ちょうど午前11時30分に暖簾が下げられ、看板が片付けられました。
お店は、右側に厨房、左側に通路があり、その両側に個室があります。居酒屋と割烹の中間のような雰囲気です。まだ、他にお客さんは入っていません。
メニューは、一枚ものでランチメニューがあります。寿司定食、天ぷら定食、ミックスフライ定食、焼魚定食、焼肉定食、唐揚げ定食、お子様プレートなどお手頃なメニューが並びますが、良く見ると平日限定、外しておけよ!と思います。通常メニューは、自慢のお造り盛り合わせ、本日のおまかせ料理、板前の特選握り・海鮮どんぶり、お食事・お子様料理に別れています。海鮮丼は、普通の海鮮丼の他にも海鮮20種の城下町殿様海鮮丼、海鮮15種の海鮮丼特上など豪華なものもあります。まずはって感じで普通の海鮮丼にしました。
開店直後は待たされることが多いのですが、普通に出来上がってきました。

一心 海鮮丼

一心 海鮮丼 アップ

塗りの椀に入ってきました。結構豪華です。あら汁と茶碗蒸しも付きます。
何種類の海鮮でしょうか。魚卵が2種、貝が3種、全部で10種は越えてそうです。海鮮は、食べ易さを保ちながらも食べ応えを楽しめる大きさになっていて、全体だと結構いいボリュームになります。ご飯は酢飯を使っています。
あら汁もちゃんとした量があり、メニューには小鉢とありましたが、好きな茶碗蒸しです。小鉢とあっても好きなものかどうか影響が大きいと思います。
税別1500円とお高い海鮮丼ですが、お手軽にも思えるクオリティです。
相方も同じ海鮮丼を楽しみました。女性には十分過ぎるボリュームとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.25

はな禅

はな禅 イノシシ

上越市の「はな禅」です。
高田地区です。南高田駅から高田商業高校方向へ、手前住宅地にあります。
お洒落な雰囲気と何が食べれるか?が楽しみです。久々にお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央にカウンター席、右側にテーブル席があり、白い壁や窓からイタリアンなどが食べれても良さそうな明るくお洒落な雰囲気です。午後12時30分過ぎに着きました。他にお客さんは2人と空いています。
何度かお邪魔し、はんなり、わびさび、classic、Vintage~2015新古゚~(醤油)、風土、海物語 淡麗 真鱈(塩)、豚さんと食べていますが…。
メニューは、はんなり(醤油)、わびさび(塩)、一期一会と銘打った日替わりがあります。一期一会は、お店に入ってそのまま正面の黒板に書かれています。イノシシです。BSNの水曜見ナイトのラーメン特集で、上越地域のラーメン店で酒粕を使ったラーメンの提供を始めたとの紹介があり、はな禅もその中にあったような気がします。スタッフに確認すると、2月2日(土)からの提供開始とのことでした。食べことのない日替わりですし、ジビエも子供の頃には良く食べていましたが、実家を離れてからは食べる機会もなくなってしまいました。珍しいジビエラーメンを食べてみます。イノシシにしました。
先のお客さんのが出来上がり次の作り、結構早めに出来上がってきました。
蔦の模様の黒い器に豚骨?スープ、シンプルなトッピングがのっています。
麺は、普通の太さの縮れ。モチモチしてやや硬め、好みと少し違いました。
スープは、塩豚骨でしょうか。コッテリ感もなくバランスが取れています。
トッピングは、猪肉、青ねぎ、白ねぎ、玉ねぎなどです。猪肉は、小さな焼鳥を串から外したかのような大きさと量で、脂身がなく軟らかな歯応えです。
スープに猪肉が使われているかなど不明な点も多く、麺とスープがそれほど好みのものでもないのですが、たぶん初めてのジビエラーメンを頂戴しました。900円とお高いラーメンですが、ジビエ料理ならそんなもんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.24

らーめん 古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+納豆

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅正面の道を進み一時停止を左へ、神社が並ぶ向かいにあります。
巻地区でのお昼です。やっぱり古潭の味噌が食べたくなりお邪魔しました。
駐車場がないので路線バスの支障とならないようお店前の道路に路駐します。午前11時30分頃に着きました。路駐車が少なく普通に停められました。
お店は、車庫のような屋根があるスペースがあり、その奥に入口があります。さらに奥行きのある建物です。右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、その手前にテーブル席1卓、左奥に小さな隠し部屋のような座敷があります。ちょっと古く、照明も押さえられ、落ち着いた隠れ家的な雰囲気のお店です。早めのお客さんもいるだろうと思いましたが、開店直後のような状態です。
メニューは、醤油・味噌・塩の各ラーメンとそれらの野菜ラーメン、その他に納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。追加トッピングは、チャーシュー、メンマ、バター、コーン、わかめ、たまごがあり、さらに大盛りまで50円増しとお手頃です。好きな組み合わせ野菜味噌ラーメン+納豆にしました。
注文を伝えながらカウンター奥にある冷水機で水を用意して席に座ります。
今日も店主と奥さんの二人、店主が作り、奥さんがトッピングと配膳をしています。せっかちなぐらい注文を聞くのが早いですが出来上がりも早いです。
黒く渋い器に白味噌仕立てのスープ、ゆで野菜の淡い緑がとても綺麗です。
麺は、細い縮れの普通に見えてバランスが整っています。少し硬ゆでです。
スープは、まろやかな白味噌仕立て、味噌の旨味がいい優しいスープです。
トッピングは、予めゆでてあったキャベツともやし、挽き割り納豆などです。キャベツは、ゆで加減が良くレタスかのような食感で楽しむことが出来ます。初めて緑色の濃いものが混じりました。最初はほうれん草かと思いました。
麺やスープ、野菜に納豆の旨みを加えます。直接絡めたり・スープに溶け出した納豆を絡めたりします。普通で美味しいそれらに納豆の旨味が加わります。
細い縮れ麺と優しくバランスの良いスープ、キャベツの食感を楽しみました。納豆でさらに旨味を楽しみ800円。今ではちょっとお得にさえ感じます。
帰る頃には、お客さんで6~7割の席が埋まるぐらいに賑わってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.23

創作中華料理 香町

香町 担々麺

新潟市の「創作中華料理 香町」です。“ほんちょう”と読みます。
古町エリア、本町通りと東堀通りの中間、6番町の小原小路沿いにあります。「めん処 くら田」の東堀通り寄り斜め向かいにある創作中華料理店です。
最近お気に入りの店、食べていない担々麺を食べようかとお邪魔しました。
お店は、左奥に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左手前に手前窓向きのカウンター席があります。席数も少なく、庶民的な雰囲気の中華居酒屋です。午後12時10分過ぎに着きました。以前は満席で入れないことが多かったのですが、値上がりしてからは入れてます。1階のカウンター席にも空きはありますが、同僚と一緒なので2階に案内されます。右側に階段があり、靴を脱いで上がります。2階には広いスペースがあって、ゆったりと卓が5卓が配置されています。3卓にお客さんが…、今回も女性のお客さんの多いようです。
メニューは、ランチの1枚ものがあります。肉ランチ、魚ランチ、肉・魚両方のせのWランチがあります。肉ランチや魚ランチの内容は日替わりで変わっているようです。麺ランチは、広東麺、担々麺、海老塩あんかけ麺の3種類があります。広東麺と海老塩あんかけ麺は食べているので担々麺にしました。
待ちのお客さんも多かったのですが、普通の待ちで出来上がってきました。
真っ黒な渋い器の表面を担々麺らしいトッピングとスープが覆っています。
麺は、やや細の弱い縮れ。ツルツル感もプリプリ感もとても好みの麺です。
スープは、胡麻のまろやかさと風味で味噌かのような深い味わいがあります。オレンジ色のラー油が綺麗で、なかなかバランスの取れた辛味があります。
トッピングは、豚挽肉の芝麻醤炒、水菜、微塵切りのねぎとシンプルです。
いつにも増して麺の美味しさが感じられる担々麺でした。スープも胡麻をしっかり感じて、トッピングはオーソドックスなタイプで、痺れはほとんどなし、800円に税で864円。ちょっとお高いでもそれ以上に楽しめました。
以前書き忘れたかも知れませんが、ランチにはミニ杏仁豆腐が付きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.22

安福亭 千手店

安福亭千手店 排骨麺

長岡市の「安福亭 千手店」です。
長岡駅と旧市役所の中間辺りにあります。前のお店の少し長岡駅寄りです。
ねぎたっぷりのラーメンを食べようと思い久々に安福亭にお邪魔しました。
午後1時過ぎに着きました。遅い時間なんで大丈夫だろうと思ってましたが、お店脇の駐車場は満車です。以前のお店方向に並びの駐車場に停めました。
お店は、混んだ時に待ちのスペースにもなりそうな風除室から左に進みます。奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。広々・まだまだ新しく綺麗な雰囲気が続いてるお店です。遅い時間のつもりでしたが、6割~7割のお客さんの入りと賑わっています。風除室にあった?食券販売機が、お店に入ってすぐの場所に移動してます。
メニューは、老麺(ラーメン)、叉焼麺、排骨麺(パイクウメン)、支那筍麺とその大盛があります。サイドメニューは、もうひとつのお店の顔的ぎょうざなどがあります。以前に提供されていた味噌老麺、味噌叉焼麺、生馬麺(サンマーメン)などはなくなっています。安福亭を楽しむには老麺がベストだと思いますが、ちょっと贅沢をさせてもらい、食べていない排骨麺にしました。
購入した食券をスタッフに渡し、案内されたカウンター席中ほどに座ります。水がセルフサービスでした。厨房寄りの冷水機から用意し、席に戻ります。
さて、きょうもたっぷりのねぎをいただこうかと近くの容器を確認しようとしますが、近くにありません。カウンター席を見回してもありません。テーブル席にも、小上がりにもありません。縦切りと輪切りのねぎがそれぞれステンレスの容器に入れられ、2席に1組ぐらいの間隔で置かれていたのですがありません。他のお客さんを見ても特に困った様子もなく、廃止されたようです。
お客さんが少なめですが、麺のゆで時間か、普通に出来上がってきました。
青いラインの白い器ギリギリ盛られています。背油が優しそうに見えます。
麺は、平打ちやや太の自然なウェーブ、結構噛み応えを楽しめちゃいます。
スープは、背脂が浮いていて、その下には煮干し風味豊かな、醤油の味とだしの旨みを楽しめるものです。前回はかなり薄味でしたが、今回は普通です。
トッピングは、塩味の角煮?のような骨付き豚肉、メンマ、ねぎなどです。
背脂系まあまあ好みのラーメンをいただきました。塩味の肉の脂と背脂でかなりのこってり感です。増量のねぎなしにはきつめでした。ねぎを食べたいときの安福亭でしたが残念です。値上がりしていないのは嬉しかったのですが、逆に値上がりしてもねぎの食べ放題は残して欲しかったような気がします。ねぎ増量不可の1050円。ちょっとお高い感は、どうしても感じちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.21

ラーメン ちくに

ちくに 中華そば

村上市の「ラーメン ちくに」です。
村上市役所近くにあります。城下町らしい住宅地の中、解り難い場所です。
営業時間が、午前11時30分~午後12時45分、午後4時00分~午後6時00分とちょっと早めに食事をするのに良さそうになっているお店です。
村上市でのお昼。久々にちくにで食べれる時間、楽しみにお邪魔しました。
午後12時20分過ぎに着きました。お店の並びにある駐車場は、半分程度の駐車です。いつもの混雑が嘘かのよう、雪混じりの天気のためでしょうか?
お店は、左奥に厨房があり、食堂には所狭しと4人掛けのテーブルが7卓も置かれています。昭和の食堂って馴染みやすい雰囲気です。いつもは少し待ってから空いた席に相席するのですが、今日は1卓に1人~2人、こちらもいつもの半分程度と空いています。空きの卓があり、珍しくなんなく座れました。
メニューは、中華そば600円と中華大盛700円、肉そば900円ととてもシンプルです。好きなワンスープのお店です。この前は肉そばがなかったのですが、今日はあります。チャーシューの出来かな。中華そばにしました。
おじちゃんとおばちゃんの2人で切り盛りしているお店です。年輩の夫婦が1スープでやっているラーメン屋さん、微笑ましくリピートしたくなります。
セルフサービスの水を準備して待ちます。早く出来上がってきましました。
青いラインの白い器に、中華そばって雰囲気でスープが波々の盛り付けです。煮干しの香りがします。最近の煮干しダシのお店と違い少し癖があります。
麺は、細めの弱い縮れで軟らかめにゆでられています。軟らかい麺に多い延びた麺は好きではありませんが、ワンタンの皮のような軟らかさは好きです。
スープは、煮干しダシの効いたもので、香りも強めです。透き通った飴色で、醤油味を前に出さずに、塩できりりとバランス良く締めています。あっさりしていそうですが、油も適度にあり、まろやかさな仕上がりになっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎなどシンプルです。チャーシューは、豚の脂の旨みと適度な歯応えの両方を楽しめるものです。
最初に気になる匂いは胡椒で和らげます。煮干しダシが懐かしく楽しめます。それに合わせるのは、軟らかめの麺とシンプルながら充実のトッピング。バランスのいい中華そばが600円です。最近の状況からはお手頃に思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.20

和らぎ亭 しまや

しまや 豪華バラちらし

しまや 豪華バラちらし アップ

新潟市の「和らぎ亭 しまや」です。
駅南、笹出線沿いにあります。東跨線橋と交差する笹口交差点の近くです。
いろんな定食がなかなか美味しそうで、食べてみたくなりお邪魔しました。
隣のパチンコ店の屋上階に提携した駐車スペースがあり、空いていました。
お店は、左側に厨房、右側に小上がり、右側手前に囲炉裏風な大きなテーブルを囲う席もあります。左側手前に2階に上がる階段があります。2階に宴会が出来るような座敷でもあるのでしょう。午後1過ぎに着きました。ほぼ満席に近い混みです。囲炉裏を囲む大きなテーブルの席に相席で案内されました。
メニューは、土・日・祝日の限定ランチになっています。特上親子丼、豪華バラちらし、にぎり寿司(八貫、巻物)、大海老天ぷら御膳、特上天丼、特上牛御膳(牛すじ煮、メンチカツ、しゃぶしゃぶ)があります。もう少し追加して楽しめるようサイドメニューも用意されています。親子丼がお薦めのようでメニューに説明が書かれていますが、予定した豪華バラちらしにしました。
風除室なしの入口近くのためか、階段からか、足元がちょっと寒い状態です。時間がかかりそうなメニューですが、普通の待ちで出来上がってきました。
お盆にのって、ちらし、味噌汁、小鉢、お新香、醤油皿がのってきました。
ほとんどの具材がサイコロ状になっていますが、甘海老などはそのままです。軟らかなものが多いのですが、時々、バイ貝など食感の異なる物もあります。ボリュームもなかなかしっかりとあって、新潟の海鮮を存分に楽しめました。豪華バラちらしは1200円。なかなかいい線のランチかなと思いました、

しまや 特上親子丼

相方は、特上親子丼でした。900円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.19

麺や 鯛あたり

鯛あたり 麦みそ

新潟市の「麺や 鯛あたり」です。
東地区の中野山にあります。県道290号線石山駅交差点の角になります。
新潟情報の冬は味噌ラーメンが食べたい!って記事を見てお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前右側に壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。カウンター席は、右側の壁に逆コの字形で、一段高い中央にはアメリカンタイプのバイクの模型が飾られています。落ち着いた雰囲気のお店です。午後12時50分過ぎに着きましたが、ちょうど満席で、手前の待ちスペースの椅子に座って待ちます。少し待ってテーブル席が空き、案内されました。
メニューは、オープン当時から少し変わっています。しょうゆ、しお、みそ、麦みそがあり、いずれもチャーシューらぁ麺にできます。大盛やトッピングの追加ができます。数量限定の鯛めしなどサイドメニューもあります。新潟情報に紹介されていた麦みそにしました。数量限定の鯛めしは売り切れでした。
出来上がり待ちのお客さんが多く、時間がかかって出来上がってきました。
渋い赤の器に賑やかに盛り付けられ、隙間から味噌っぽくないスープが…。
麺は、やや太めの縮れ。今時多い硬めではなく、普通の食べ易い硬さます。
スープは、味噌の濃厚なタイプではありませんが、麦味噌の優しい甘さがあります。油からでしょうか?ちょっと好み以上のこってりかんが感じられます。トッピングの辛味を溶かすと…、辛い、きりりと締まったものになります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、キャベツともやしの炒め物、辛味噌風の辛味の塊、白髪ねぎなど、味噌ラーメンらしくないほど充実しています。
麦みその優しさが感じられましたが、ちょっとこってり感が気になりました。辛味塊の見た目以上の辛さには少し驚きました。辛味噌ラーメンの830円はちょっとお高いような感じですが、新潟情報で130円引きで700円に。

鯛あたり しお

相方の食べたしおです。680円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.18

ラーメン そばよし

そばよし チャーシューメン

柏崎市の「ラーメン そばよし」です。
柏崎駅前にあります。駅からまっすぐの道沿い、200m程先の左側です。
柏崎でのお昼、久々にそばよしのラーメンが食べたくなりお邪魔しました。
隣にはやや狭くて駐車し難いのですが、何台か停められる駐車場があります。午後12時40分過ぎに着きました。心配していましたが駐車できました。
お店は、奥行きがあり、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。雁木のある古そうな商店街に溶け込んだお店ですが、左駐車場側に窓が多く、明るい店内です。5人程度のお客さんの入りです。
メニューは、ラーメン店と中華料理店の中間のようなメニューが揃ってます。ラーメン、もやしラーメン、みそラーメン、みそバター、五目ラーメン、焼ソバ、チャーシューメン、タンメン、つけめん、タンタンメン(辛い)、バターラーメン、岩のりラーメン、ワンタン、ワンタンメンなどがあります。食べていないメニューも結構ありますが、人気のチャーシューメンにしました。
時間が遅めで空いていることもありますが、早めに出来上がってきました。
かなり浅めの器、チャーシューの花が咲いたように盛り付けられています。
麺は、やや細の縮れ。昔ながらの中華そば風ですが、かなりのプリプリです。焼きそばの人気が、麺の食感が良さからだろうと判るほどプリプリの麺です
スープは、これも昔ながらの中華そば風で、醤油味のあっさりしたものです。醤油とダシの旨み、自然な甘さを塩できりりとバランス良く仕上げてます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎなどシンプルです。品数ではシンプルですが、大きなチャーシューが器を覆う光景は豪快です。
昔懐かしいラーメンに表面を覆い尽くすチャーシュー、存分に楽しめました。麺、スープ、トッピング、値段、なかなかお目にかかれないバランスの良さ、たっぷりのチャーシューを楽しんでの780円です。かなりお得でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.17

創作中華料理 香町

香町 海老塩あんかけ麺

新潟市の「創作中華料理 香町」です。“ほんちょう”と読みます。
古町エリア、本町通りと東堀通りの中間、6番町の小原小路沿いにあります。「めん処 くら田」の東堀通り寄り斜め向かいにある創作中華料理店です。
この前の海老塩あんかけ麺が気に入り、また食べようかとお邪魔しました。
お店は、左奥に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左手前に手前窓向きのカウンター席があります。席数も少なく、常連さんの庶民的な居酒屋の雰囲気です。午後12時20分頃に着きました。お昼いつも満席に近いお店ですが、1階のカウンター席にも空きがありますが、同僚も一緒だったので2階に案内されます。右側に階段があり、靴を脱ぎ、上がります。2階には広いスペースがあり、卓が5卓もあります。2階もいつもより空いています。2卓にお客さんが座っているだけで、今回も女性のお客さんの多い専用中華料理店です。
メニューは、ランチの1枚ものがあります。肉ランチ、魚ランチ、肉・魚両方のせのWランチがあらます。肉ランチや魚ランチの内容は変わっていますが、麺ランチは今のところ変わっていません。広東麺、担々麺、海老塩あんかけ麺の3品が提供されています。広東麺と海老塩あんかけ麺は食べていて、担々麺をまだ食べていないのですが、予定通りの海老塩あんかけ麺にしました。
混んでいても普通に出来上がるお店ですが、2階の他のお客さんは出来上がりを待っているお客さんのみ、普通より長めに待って出来上がってきました。
黒く渋い器に海老など食材の色がとても綺麗なあんかけがのっています。
麺は、やや細の弱い縮れの硬め。ツルツ感が良く角がしっかりしています。
スープは、ラーメンらしい塩味ですが、中華料理の塩味の旨味があります。
トッピングは、海老、きくらけ、白菜、チンゲン菜、筍、パプリカなどのあんかけです。単純な塩味のようで、野菜の甘さと旨味がいい感じに絡みます。
あんかけは醤油!って考えですが、この塩味は好きです。中華のお店って塩味の使い方も見事です。以前は800円の内税でしたが、今年から値段変わらずの外税になりました。864円と8%の値上げ、手頃感がなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.16

ら~めん 二葉

二葉 紅卵ラーメン

新潟市の「ら~めん 二葉」です。
古町エリア、東横イン新潟古町の向かいの路地を入ったところにあります。
1月になりました。月替わりらーめんを食べようかと思いお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席のちょっと小さめのお店ですが、フロアが全体が吹き抜けになっていて広々しています。左側に階段があり、ロフトにも席があります。新しさと古さとが融合した、落ち着いた雰囲気のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。他にお客さんが6人と空いています。入口近くのテーブル席に座れました。
メニューは、味噌らーめん、紅味噌らーめん、味噌タンメン、醤油らーめん、塩らーめんがあり、追加のトッピングやサイドメニューもあります。貼り紙で月替りらーめんが紹介されています。1月~2月は、紅卵らーめんです。過去にも食べていて新しいものではありませんが、紅卵らーめんにしました。
出来上がり待ちのお客さんが少ないためか、早めに出来上がってきました。
四角いお盆に黒い器です。味噌ラーメンのような担々麺のような感じです。
麺は、普通かやや太の縮れでかなりの硬め、好みを大きく越える硬さです。
スープは、胡麻の風味と辛さが担々麺のようでもあり、卵スープのようなまろやかさもあり、最後の方は白味噌ラーメンのスープのようでもありました。
トッピングは、もやし、青ねぎ、糸唐辛子などです。ちょっと少ないです。
スープが好みのものでしたが、もう少し細い麺で食べてみたいと思いました。トッピングがもう少し欲しいです。800円てスープにお金がかかっているのかとも思いますが、トッピングがちょっと物足りないのでお高く感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.15

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 支那そば(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
比較的空いているという火曜日です。ワンタンメンを求めお邪魔しました。
お店は、間口が広くあまり奥行きがありません。奥に厨房があり、手前にカウンター8席分だけの小さなお店です。昭和を感じさせる懐かしい雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。おばさんに『ワンタン売り切れたけどいい?』とのこと、仕方ないです。良く見ると中央の冷蔵庫に“ワンタン売り切れ”の貼り紙がありました。ちょうど満席で5分ほどの待ちになりました。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタンがあります。麺量は、普通、中盛、大盛があります。ワンタンが売り切れということでチャーシュウメンかメンマラーメンなんかも考えましたが、コスパの良い支那そば(中盛)にしました。
座るまでちょっと待ちましたが、いつも通り早めに出来上がってきました。
黒く渋もの器に澄んだスープが上品です。結構ボリュームがありそうです。
麺は、極細に近い弱い縮れで、シコシコした歯応えが楽しい好みの麺です。
スープは、塩で味付けしたすまし汁のような透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。これが支那そばでしょう。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎになります。歯応えのあるチャーシュー、輪切りねぎの香りがスープとよく絡まります。
お吸い物かのようなスープのとってもヘルシーな支那そばをいただきました。支那そば(中盛)は、好みの味でボリュームもありながら700円とお手頃。信吉屋で一番コストパフォーマンスが良い一品です。御馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.14

中華そばふじの 東中野山店

ふじの東中野山店 漢麻婆+味玉

新潟市の「中華そばふじの 東中野山店」です。
新新バイパス竹尾インターから県道4号線新潟横越線を横越方面へ、中野山地区の住宅が切れそうなやや手前の左側、大きな赤い看板が目印になります。
新潟情報の冬は味噌ラーメンが食べたい!って記事を見てお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に向い合せのカウンター席、手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。木の質感と高い天井がちょっと古民家風な感じです。右側の入口を入ると風除室で待てるようになっています。午後2時前に着きました。この時間でも3人の待ちです。その後も結構お客さんがやって来ます。3人はテーブル席か小上がりの待ちか?、カウンター席に案内されました。
入口近くにセルフサービスのおしぼりがあり、持ってから席に移動します。
メニューは、中華そば、ちゃーしゅー、味噌らーめん、味噌ちゃーしゅー、味噌担々そば、つけそば、野菜つけそばがあります。つけそば系の盛りは、中盛が320g50円、大盛が370g100円、特盛が400g150円となっており、冷盛り・熱盛りができます。貼り紙で漢麻婆と下町塩タンメンがあります。期間限定でしょうか。いつもの流れなら下町塩タンメンを注文するところですが、新潟情報の記事を見て頭の中は、味噌ラーメンモードになっています。新潟情報に取り上げられていた漢麻婆にしました。おとこマーボーとかな書きがあります。
かなり賑わってはいたのですが、普通の待ち時間で出来上がってきました。
茶色の渋い器にたっぷりの麻婆、なかなか複雑な味がしそうな見た目です。
麺は、普通かやや細ぐらいの縮れ、ツルツル感が心地良い食べ易い麺です。
スープは、麻婆と多少混じってはいますが、味噌の濃厚さが感じられます。
トッピングは、麻婆豆腐と焦がしねぎとねぎなどです。麻婆豆腐は絹ごしの大きめ切られたもの、きくらげが入っています。なかなかバランスが良く、しっかり痺れます。マー油とラー油もありますが、マー油のない方が好みです。
麻婆麺らしい漢麻婆でしたが、焦がし系がなければもっと好みのものでした。焦がしが好みじゃないので、880円はちょっとお高いような気がします。

ふじの東中野山店 中華そば+味玉

相方の食べた中華そばです。680円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.13

牛カツ専門店 新潟牛華堂

新潟牛華堂 牛カツ(130g)

新潟市の「牛カツ専門店 新潟牛華堂」です。
紫鳥線沿いにあります。弁天橋との交差点の近く、ガスト紫竹山店の隣です。「ラーメン亭 鶏和っ賛。」→「らぁめん武士屋」の跡、建物になります。
牛カツを食べれるお店も少ないだろうから食べておこうとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前左側に向い合わせのカウンター席、右側にテーブル席、中央に小上がりがあります。席の間に胸高ぐらいの仕切りがあります。白い壁と濃いめの木の質感が落ち着いた店内です。午後3過ぎに着きました。2割~3割のお客さんの入りで、左側奥のカウンター席に案内されました。
メニューは、牛カツ麦めし御膳、牛カツ麦めしとろろ御膳、牛カツそば御膳、牛カツとろろそば御膳、牛カツうどん御膳、牛カツとろろうどん御膳、牛タレカツ丼などがあります。御膳の牛カツは、130gと260gの2種類があり、値段がそれなりに違います。写真を見ると、260gは130gの牛カツが2枚のようです。牛カツとろろそば御膳(130g)にしましたが、途中でとろろが消えました。
時間がかかりそうなメニューですが、普通の待ちで出来上がってきました。
牛カツには山のようなキャベツとポテトサラダ、山葵が添えられています。

新潟牛華堂 牛カツ 焼中

レアな感じの牛カツを溶岩板のような板の上で焼いて食べるスタイルです。
とんかつ店のようなお店オリジナルのソースを期待しましたがなさそうです。だし醤油、抹茶塩、デミグラスソースの3味で楽しめるようになっています。説明書きがあって、最初は山葵とだし醤油で食べるようにと書かれています。牛カツは、かなり小さめで醍醐味みたいなものはなく、高級に思えてきます。とても軟らかで食べ易いカツですが、豚カツの大きさに慣れると小さいです。その後、抹茶塩やデミグラスソースも試してみますが、好みとは違いました。豚カツや焼肉のようなお肉を食べてるって感じがなく、ちょっと残念です。

新潟牛華堂 そば

おそばは普通に食べれましたが、蕎麦湯は想定した通り付きませんでした。
牛カツそば御膳は1480円。なかなかいい線かなと思いました、
相方は、牛カツ麦めし御膳1280円を食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.12

回転寿司 スシロー 新潟赤道店

スシロー新潟赤道店 まぐろと牛塩のマリアージュ~アボカドにチーズソースとナッツを添えて~

新潟市の「回転寿司 スシロー 新潟赤道店」です。
赤道沿い、藤見町交差点の近くにあるパチンコ店駐車場の一角にあります。
テレビ番組でスシローが紹介されました。AIを活用して選んだ食材を組み合わせたお寿司の提供です。どんなものか食べてみようかとお邪魔しました。
お店は回転寿司そのものです。テーブル席が多く、カウンター席もあります。午後1時頃に着きました。20人ぐらいの待ちになっています。タッチパネル式の端末で人数と席の希望を入力、プリントされた用紙を持って待ちます。
しばらくの待ちだろうと思ったら、テーブル席を希望するお客さんが多かったようで、それほど待たずにカウンター席の厨房よりの席に案内されました。
タッチパネルでお寿司を注文する方法です。出来上がったお寿司は、一般のお寿司が廻っているレーンを少し高い台にのって廻ってきます。まずは、目的のまぐろと牛塩のマリアージュ~アボカドにチーズソースとナッツを添えて~を注文します。山葵が廻っています。お寿司はさび抜きでの提供のようです。
まぐろ・牛肉・アボカド・チーズソース・ナッツの組み合わせは、別に変なお寿司でもないようですが、特にまた食べたいと思うこともないお寿司でした。組み合わせとして悪くはありませんが、お寿司として好みとは違いました。
その他にいろいろ食べました。相方と二人で2808円、お手頃ですが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019.01.11

ラーメン焼肉居酒屋 にくまる

にくまる

長岡市の「ラーメン焼肉居酒屋 にくまる」です。
信越線長岡駅と北長岡駅の東側、商店の多い通り沿いにあります。長岡駅と北長岡駅の中間、「ラーメンしみず」の北、「ステーキさるーん」の隣です。
食べたことのないお店で食べてみようかと「にくまる」にお邪魔しました。
北長岡駅前にある「らーめん みずさわ」の2号店「らーめん みずさわ 吉田店」が燕市(旧吉田町)に展開、燕市の背脂ラーメンで培った腕を活かし、「ラーメン居酒屋 いちまる」を従えて、舞い戻ったとのことのようです。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側奥に小上がりがあり、右側にお座敷がありそうです。ラーメン焼肉居酒屋らしい庶民的な雰囲気のお店です。午後12時20分過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。お店に入ってすぐに食券販売機があります。
メニューは、越後長岡生姜醤油のラーメン、あっさり味噌の味噌ラーメン、豚骨白湯のとんこつラーメンとそれらのチャーシューメン、野菜たっぷりの濃厚野菜味噌ラーメン、豚骨背脂の燕ホワイト、背脂味噌味の燕味噌ラーメンがあり、いずれも大盛りがあります。トッピングもいろいろあり、餃子や炒飯などサイドメニューもあります。越後長岡生姜醤油のラーメンにしました。
お昼の最中もお客さんが少ないこともあり、早めに出来上がってきました。

にくまる ラーメン

パステル色の綺麗な鳳凰が描かれた白い器に、長岡生姜醤油ラーメンらしい濃い醤油色のスープが美味しそうです。具沢山な盛り付けも嬉しくなります。
麺は、普通かやや細ぐらいの縮れ、モチモチ感ツルツル感が良く硬めです。
スープは、醤油の旨みとダシの旨み、生姜の爽やかさがしっかりしてます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、鳴門、ねぎです。長岡生姜醤油ラーメンらしいと言ってもいいのか?荒っぼい盛り付けです。
麺、スープ、トッピングともに長岡生姜醤油ラーメンらしいラーメンでした。それぞれの主張が強いため、ちょっと粗削りなような感じのするものでした。ラーメン普通盛り750円、大盛り100円増し、チャーシューメン150円増しです。ラーメンは青島より50円安いですが、大盛りやチャーシューメンは50円割高です。チャーシューメン(大盛)なら50円増しになってしまいます。長岡生姜醤油ラーメンは、ちょっと高級過ぎるものになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.10

三吉屋 信濃町店

三吉屋信濃町店 ラーメン(大盛)

新潟市の「三吉屋 信濃町店」です。
西大通り信濃町交差点の近く、ビルの階段を数段下りた半地下にあります。
出張者にお手頃で美味しいラーメンを食べてもらおうかとお邪魔しました。
三吉屋は、古町、駅南、信濃町と3店舗ありますが、いずれも駐車場を持っていません。車で移動しているときは、近くにスーパーがあって値段もお手頃な信濃町店で食べる機会が多くなってます。帰りにスーパーで“ジョージア”なんかの買い物でもして駐車代の代わりと勝手に勘弁してもらっています。
お店は、奥行きがあり、右に厨房、左側にカウンター席、左側手前に1卓テーブル席があります。和食屋さんのような雰囲気、古そうなビルに似合う落ち着きのあるお店です。正午前に着きました。早い時間は満席に近い混みのことが多く、やばいかなと思いましたが、他にお客さんが3人と空いていました。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、タンメンがあります。炒飯や餃子もあります。組み合わせも楽しそうですがラーメン(大盛)にしました。
いつもは親父さんと女性スタッフ2人ですが、今日も親父さんと女性スタッフが1人です。混まない曜日!とかなんでしょうか。親父さんが作っています。急ぐ様子もありませんが、すぐに作り始め、早めに出来上がってきました。
二本の青い線の入った白い器に昔ながらの中華そばスープが優しい色です。
麺は、極細の縮れ。ラーメンの麺というよりも小麦粉を使用した春雨のよう。シコシコの歯応えが楽しく、麺と絡まったスープとのバランスが最高です。
スープは、あっさりした醤油味で、旨みと自然な甘さを感じさせてくれます。新潟あっさりを代表するに相応しいバランスの良さを楽しませてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎなどとてもシンプルです。脂の少ないチャーシュー、浅漬かりメンマなど昔ながらの懐かしい味です。
新潟あっさり系を代表する味に感心させられます。美味しくいただきました。ラーメン・チャーシューメンは550円・650円、大盛りも50円UPとお手頃です。とってもお手頃。ラーメン一杯で幸せな気分にさせてくれます。
その後お客さんがきて、帰る頃には、7割~8割程の賑わいになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019.01.09

長岡市の「小嶋屋総本店 長岡喜多町店」です。

小嶋屋総本店長岡喜多町店 冬の味覚天ざる

長岡市の「小嶋屋総本店 長岡喜多町店」です。
国道8号線沿い、長岡IC~長岡大橋の間の喜多東交差点の角にあります。
まとまった人数での昼食、いろいろ無難な小島屋総本店にお邪魔しました。
お店は、大きな蕎麦屋さんで、暖簾で仕切られ個室風なテーブル席や小上がりの多い、和食レストランといった雰囲気です。正午過ぎに着きました。すでに賑わってはいますが、先発隊が席を確保してくれていたので助かりました。
メニューは、へぎそばなど、冷たいお蕎麦と温かいお蕎麦、天ぷら、お寿司、丼物、はじめとする一品料理、それらを組み合わせたお膳など豊富に揃っています。冬の味覚祭りもやっていてブリカツ丼が美味しいそうです。あれやこれや食べたいものがあります。冬の味覚祭りから冬の味覚天ざるにしました。
そば茶を飲んでいると、そこそこ早めにわさびとねぎが運ばれてきました。
まとまった人数でも次々と、へぎそばも含め早めに出来上がってきました。
黒塗りのせいろに手振りで綺麗に盛り付けられています。半人前2枚です。
布乃利(海草)を繋ぎに使った十日町や小千谷など中越地区独特の蕎麦です。ツルツルした触感とちょうどのコシ、噛み応えを楽しむ好みのお蕎麦です。
天ぷらは、天然えび、助宗たら、いか、まいたけ、さつまいもで、大根おろしが有料で別になっています。普通に付けると食べない人もいるのでしょう。
残ったそばつゆにそば湯を入れて飲みます。これが楽しみになっています。
冬の味覚天ざるは、税込み1490円でした。天ぷらは高級な料理です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.08

日本料理 松扇

松扇

新潟市の「日本料理 松扇」です。
万代エリア新ランドマーク、新潟日報メディアシップの19階にあります。
夜の急な予定が入り、1時間程度前の予約ですが、対応してもらえました。
お店は、ビルの中ですが瓦屋根の入口を入るとテーブル席と個室があります。なかなか高級そうな雰囲気で、他にお客さんもなくとてもとても静かです。

松扇 メニュー(夜)

メニューは、夜の献立で、桜会席、桔梗会席、稲穂会席、山茶花会席、椿会席があります。山茶花会席と椿会席は、前日までの予約が必要となっています。飲み物もいろいろとありますが、日本酒は、0.5合と1合の量が用意されています。1合か2合ってお店ばっかり行ってましたが、なんとも違う世界のようです。お手頃な桜会席にしました。日本酒はいろいろ随時のオーダです。
睦月の献立です。
 先付   海鼠霙和え
 前菜   落花生豆腐
      芹白和え
      南京柿見立て
      松笠慈姑
      干し柿博多
      蛤磯香焼き
      合鴨ロース煮
 お吸い物 丸豆腐
      髢葱 木の芽
 御造り  旬の盛り合わせ
      芽物 山葵
 煮物   鰤大根奉書巻粕味噌煮
      粟麩 人参 黒七味
 焼物   金目鯛焼き浸し
      蕪鬼卸し パプリカ 舞茸
 御食事  孫四郎蕎麦
      薬味
 デザート 季節物
ってな具合でした。
とても上品な肴で日本酒を美味しくいただきました。
桜会席は、6000円+奉仕料10%+税でした。

松扇 海鼠霙和え

松扇 前菜

松扇 お吸い物

松扇 御造り

松扇 煮物

松扇 焼物

松扇 孫四郎蕎麦

松扇 孫四郎蕎麦 アップ

松扇 デザート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 奥右衛門

奥右衛門

南魚沼市(旧六日町)の「麺屋 奥右衛門」です。
国道17号線沿いにあります。旧六日町の中心市街地からやや小出寄りです。「麺処 清水」よりさらに小出寄り、美佐島と高速高架下の中間辺りです。
六日町のお昼は、清水がいろいろ提供してくれるので食べる機会が多かったのですが、食べたことがないお店で食べようかと奥右衛門にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席と小上がりがあります。まだ新しいようで綺麗な最近のラーメン屋さんです。正午過ぎに着きました。そこそこ広さのある駐車場が満車に近く、店内も満席に近い賑わいになっています。お店に入ってすぐに食券販売機があります。

奥右衛門 メニュー

メニューは、丸鶏スープと白湯スープに大別されています。丸鶏スープは、鶏塩麺、醤油麺とそれらの大盛りがあります。白湯スープは、塩白湯麺、醤油白湯麺、辣塩白湯麺、蝦白湯麺、漆黒白湯麺とその大盛りがありますが、蝦白湯麺と漆黒白湯麺は夜だけの提供になっています。醤油白湯麺にしました。
混みもあって暫くの待ちかと思いましたが、早めに出来上がってきました。

奥右衛門 醤油白湯麺

白い器にセンスの良い盛り付け、醤油色のスープが美味しそうに見えます。
麺は、やや細のストレート。好みの麺とは違いますが、旨味のある麺です。
スープは、醤油味がしっかりしていながらあっさりした好みのスープです。
トッピングは、炙りチャーシュー、メンマ、青梗菜、茶髪ねぎ、ねぎ、海苔など充実しています。白髪ねぎを焦がすと茶髪ねぎになります。独特の香りが強く、好きな人には良いかも知れませんが、ちょっと好みと違う香りでした。
なかなか良い仕上がりのラーメンでした。750円。ちょっとお高いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.07

和食処 旬彩亭

旬彩亭 寿ランチ

新潟市の「和食処 旬彩亭」です。
黒埼インター近く、平成大橋の西詰、ホテルディアモント1階にあります。
仕事始めも休みボケで…、旬彩亭のランチを食べようかとお邪魔しました。
午前11時30分の開店時間少し前に着きました。ホテルのロビーには他に女性客が1組、開店をお店に入りましたが、女性客は別のお店のようでした。
お店は、カウンター席、テーブル席、小上がり、座敷があります。白木と白っ
ぽい壁、和風の雰囲気がなんとも心地いい落ち着いた店内になっています。
メニューは、寿ランチ(20食限定)、松花堂弁当、船盛り刺身定食、天ぷら定食、焼き魚定食、海老・カキフライ定食、四つ葉ポークカツ定食、県産豚生姜焼き定食、越の鶏唐揚げ定食、天ざるそば、天ざるうどん、海鮮重、ステーキ重、天重、新潟タレかつ丼、国産牛サーロインステーキ膳、のどぐろ塩焼き膳などいろいろとあります。前回松花堂弁当だったので寿ランチにしました。
その後、さっきとは違う女性グループの来店、恐れていた煩さがあります。
限定メニューは仕込みもしっかりでしょうか?早く出来上がってきました。
たくさんの器に盛られてきました。器の多さだけでも嬉しくなってきます。
お刺身が魚の種類毎に違う器に盛られているのは、たぶん初めてのことです。かなり楽しんでの1300円も税込み1404円、それでも満足×満足!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.06

小さな中華屋さん 薫

薫

新潟市の「小さな中華屋さん 薫」です。
西大通り(旧国道116号線)沿いにあります。小針駅のやや西になります。ばすきや→つか乃間がやっていた場所・建物で、そのまま使われています。
お手頃に中華を食べられそうなお店です。どうかなと思いお邪魔しました。
午後12時20分過ぎに着きました。心配していた店前4台分の駐車場は1台だけの駐車で、やや狭めの駐車場ですが、車を駐車しお店の中に入ります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がりがあります。以前から新しい感じの綺麗なお店で、そのままのようです。他に女性の2人組がいます。お店に入ってすぐの左側に食券販売機があります。スタッフから食券販売機のボタンに割り付けられていないメニューが壁に貼り出されているので、同じ値段の食券を購入してくれれば対応します。と説明がありました。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、野菜醤油ラーメン、野菜塩ラーメン、野菜みそラーメン、担々麺、黒 担々麺、エビチリ担々麺、五目あんかけ麺、エビあんかけ麺、マーボー麺、天津麺、スーラータンメン、ジャージャーメン、激辛もやしラーメン、塩ヤキソバ、エビヤキソバ、五目ヤキソバ、マーボーヤキソバなどがあります。大盛り無料です。マーボー麺にしました。
その後、年配夫婦2組来店で賑わいますが、早めに出来上がってきました。

薫 マーボー麺

白い器に麻婆らしい醤油色と艶のあんかけ、とても美味しそうに見えます。
麺は、細めの縮れです。ツルツルした食感で適度なモチモチ感もあります。
スープは、麻婆に紛れて判り難いのですが、薄味のあっさりしたものです。
トッピングは、麻婆豆腐のみ、トロミの強く辛さと痺れが強く、しょっぱさと甘さが控えめです。豆腐は木綿越しを使用しているようで重みがあります。
好みより薄味の麻婆ですが、なかなかいい感じに痺れました。ただ、この内容で700円ですからお得感はあります。ラーメン500円も興味あります。

薫 五目あんかけ麺

相方の食べた五目あんかけ麺です。800円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.05

麺食房 わたなべ

わたなべ(新潟)

新潟市(旧新津市)の「麺食房 わたなべ」です。
国道403号線新津バイパスから荻川駅方面へ、荻川小学校近くにあります。「博多・長浜麺 碇や」だった場所で、建物も外観はそのままのようです。
まだ食べていないお店のラーメンを食べてみようかと思いお邪魔しました。
午後1時過ぎ、お店前・横の7台の駐車場は満車、待って駐車できました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。綺麗なラーメン屋さんらしいお店です。左側にある入口から入った風除室に待ちのお客さんがいますが、人数が多く小上がりが空くのを待っているとのこと。店内に進むとすぐに食券販売機があります。

わたなべ(新潟) メニュー

メニューは、鶏煮干し醤油らーめん、鶏煮干し塩らーめん、濃厚味噌(中太麺)、濃厚辛味噌(中太麺)とそれらに味玉、チャーシューを組み合わせたもの、五目旨煮麺、半炒飯&らーめん(醤油・塩)などがあります。サイドメニューやトッピングも充実しています。鶏煮干し醤油らーめんにしました。
賑わってます。満席だろうと思っていたらテーブル席に空きがあり案内されました。2人掛けでラーメン+餃子がちょうどのような小さなテーブルです。
食券を渡すと大盛りかを聞かれます。大盛無料ですが、普通盛りにします。
殆どのお客さんが食べている状況です。とても早く出来上がってきました。

わたなべ(新潟) 鶏煮干し醤油らーめん

真っ白な器に醤油色の美味しそうなスープ、チャーシューが迫力あります。
麺は、やや細めのストレート、モチモチ感がちょっと強め、食べ易いです。
スープは、動物系旨味と魚介系風味、たまり醤油のような深みがあります。
トッピングは、レアチャーシュー、穂先メンマ、三つ葉、ねぎになります。
麺が食べ易く、スープが美味しく、トッピングも大きなチャーシューが2枚と充実のラーメンですが、最安で700円とちょっとお高いように感じます。

相方も鶏煮干し醤油らーめんにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.04

中国料理 四川飯店

四川飯店 野沢菜と豚肉入りスープそば

新潟市の「中国料理 四川飯店」です。
万代エリア、新潟日報メディアシップの2階、奥の萬代橋寄りにあります。
最初はピア万代で食べる予定でしたが、混雑が激しくて諦めました。ならばとメディアシップに移動しましたが、19階の廻船問屋日本海はお休み、他のお店もお休みや貸切り、念のためと2階を見たら、なんと柳麺竜胆と四川飯店が営業していました。柳麺竜胆は食べたばかり、四川飯店にお邪魔しました。
お店は、入口から通路が真っ直ぐに延び、左窓側がテーブル席、右壁側が個室風なテーブル席になっています。通路の先にも纏まった人数でも食事ができる大きな部屋などがあるのではと思います。午後1時過ぎに着きましたが、ほぼ満席かのよう、結構賑わっています。左側のテーブル席に案内されました。
メニューは、ランチと麺類、ご飯類、点心、ドリンクなどがあります。ランチは、メインの料理を選ぶスタイルのもの、エビの卵入りチリソース炒め煮・豚肉と木くらげ入り卵の炒め・麻婆豆腐・陳麻婆豆腐と魅力的なものになっています。麺類は、五目入りあんかけスープそば、えび入りあんかけスープそば、ザーサイと豚肉入りスープそば、タンタン麺、ジャージャーメン、五目入りあんかけやきそば、えび入りあんかけやきそばなどの他、月替わりの野沢菜と豚肉入りスープそばがあります。野沢菜と豚肉入りスープそばにしました。
新潟で名前の知れた中華料理店らしく、とても早く出来上がってきました。
白く深い器に盛られてきました。青椒肉絲がのってるかのように見えます。
麺は、細麺の縮れです。中華料理店では珍しくツルツルした食感の麺です。
スープは、目立つものはありませんが、醤油味のバランスのいいものです。
トッピングは、豚肉の細切、筍、しめじ、野沢菜、ねぎなどの炒めものです。筍の中に繊維質の強いものがあります。野沢菜の茎の細切かも知れません。
中華料理店の麺は変な硬さもなく、スープも味の片寄りもなく、具沢山なトッピング、なかなか楽しめるものでした。910円、いい線でしょうか。

四川飯店 えび入りあんかけやきそば

相方の食べたえび入りあんかけやきそばです。880円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.03

ぜんてい 越後の台所 亀田店

ぜんてい亀田店 ぜんていの贅沢海鮮丼御膳

新潟市(旧亀田町)の「ぜんてい 越後の台所 亀田店」です。
国道49号線(亀田バイパス)鵜の子ICから亀田駅への途中にあります。
イオンモール新潟南店の買い物はレストラン街での昼食を予定していました。しかし、あまりにもの混み、イオンモールから出て食べることにしました。
新潟らしいものを食べたいと子供リクエストでぜんていにお邪魔しました。
午後12時30分頃に着きました。駐車場が満車に近い混みになってます。
お店は、中に入ると古民家風な感じですが、仕切られた個室が中心の居酒屋の造りです。ほんの少しですが待たされ、入口近くの個室に案内されました。
メニューは、冬のランチ、御膳、寿司セット、お刺身セット、麺セット、ミニセット、丼御膳などに別れてます。ぜんていの贅沢海鮮丼御膳にしました。
相当な混みで待ちも覚悟しましたが、かなり早めに出来上がってきました。
お盆にのってます。海鮮丼、冷たいミニそば、小鉢、お新香のセットです。
まずは早めに食べたいお蕎麦からいただきます。ミニのざる蕎麦ですが、まあまあお蕎麦を食べたって感じに十分な量があります。細めでコシのあるお蕎麦です。つゆも鰹と昆布のだしで醤油味もいい感じのバランスを楽しめます。
海鮮丼は、花びら盛りのチャーシューメンを真似たかのような盛り付けです。今流行りの盛り付けかも知れませんが、普通に盛り付けた方が…と思います。甘エビ、鰤、などなかなか新潟らしい魚介が楽しめるものになっています。
小鉢は油揚げとほうれん草の煮浸しのようでした。お新香は白菜漬でした。
蕎麦湯は、お願いすれば持って来てくれたかも知れませんが、なしでした。
お蕎麦と海鮮丼、2食を一度に楽しめたような御膳でした。1480円+税、ほぼ1600円ですから、値段も2食分、もう少し割安感が欲しいですね。

ぜんてい亀田店 ちらし寿司とミニ温かいうどんランチ

相方の食べたちらし寿司とミニそばランチ、温かいうどんに変更。950円
子供達は、タレカツ丼御膳1058円を食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.02

中華麺食堂 かなみ屋 松崎店

かなみ屋 松崎店

新潟市の「中華麺食堂 かなみ屋 松崎店」です。
松崎のお店で賑わう通りから新潟空港方面へ、新潟西港~ゴザレア橋線との交差点を越えた先の右側にあります。「中華飯店 永楽 松崎店」の跡です。
1月2日の昼食、営業しているお店が少なく、やっていてもメチャ混みだったりして、ようなくちょうど良さそうなお店、かなみ屋にたどり着きました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席、右側の手前に小上がりがあります。まだ新しく綺麗で明るい中規模のお店です。午後1時30分過ぎに着きました。お昼の賑わいも一段落の遅い時間ですが、ほぼ満席の賑わいになっています。入ってすぐに、食券販売機があります。
メニューは、四川担々麺(味噌ベース、醤油ベース)、四川麻婆麺、四川麻婆担々麺、肉もやし担々麺、、エビチリチーズの担々麺黒ゴマ四川担々麺、汁なし坦々麺、汁なし四川麻婆麺、酢辣湯麺、五目四川麺、五目うま煮ラーメン、肉もやしラーメン、岩のり中華そば、中華そばなどがあります。女池上山店でメニューから消え、作れることもあるので相談してくれと言われたものがこの松崎店にあります。それにします。エビチリチーズの担々麺にしました。
手間のかかるメニューと混みもありますが、普通に出来上がってきました。

かなみ屋松崎店 エビチリチーズの担々麺

中華らしくない黒い器とエビチリらしい橙色の対比が面白い仕上がりです。
麺は、普通太の縮れ、モチモチ感が強く、少し硬め、存在感のある麺です。
スープは、エビチリソースが強めで判り難いですが、味噌っぽく感じます。
トッピングは、小さな海老のエビチリ、チーズ、水菜などとシンプルです。
担々麺らしい胡麻の風味がないのか?エビチリに負けてるのか?感じません。辛味と痺れはなかなかのものでした。エビチリと麺も、チーズも味の組み合わせを面白くいただきました。1180円と小さな海老では高過ぎるでしょ。

かなみ屋松崎店 中華そば

相方の食べた中華そば、750円です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019.01.01

お食事処 土鍋屋

土鍋屋 きりたんぽ鍋+半ライス

秋田県仙北市(旧角館町)の「お食事処 土鍋屋」です。
国道46号線沿いにあります。バイパスが出来て旧道扱いになるでしょうか。安藤醸造北浦本館(味噌と醤油、漬物、関連商品販売)の大きな建物です。
角館の武家屋敷から少し離れた商人町に安藤醸造の古くからのお店があり、テレビの旅番組などでは、昔からの古い建物を使用したお店と調度品などが武家屋敷と共に紹介されています。北浦本館は、車が入り易く、土鍋屋で食事が出来るので便利です。お店で販売している商品を使用した食事も楽しめます。
北浦本館は、工場と店舗からなり、中には「安藤極撰の味 安藤本店」、「豚まん・鶏まん・ちまき処 せいろ亭」、「お食事処 土鍋屋」があります。
元旦からお昼を食べさせてくれそうなお店かな?と思ってお邪魔しました。
いつもは満車に近い状態のお店前駐車スペースが、今日は全然空いています。観光客の多い角館で、お土産販売の施設ですから、やっぱりやってました。
土鍋亭は、左側の緩やかなスロープを登った中二階のような場所にあります。厨房の前の廊下を通るとその先に広いスペースに落ち着いた雰囲気のテーブル席とカウンター席があります。午後12時30分前に着きました。厨房前の廊下からスロープにかけてベンチ風の椅子で待てるようになっています。この時間、いつもならそれ相応な待ちなんですが、7割~8割ぐらいのお客さんの入りでしょうか。ちょうど中ほどのテーブル席に空きがあり案内されました。
メニューは、土鍋ビビンバ、期間限定の土鍋白いタンメン、土鍋ラーメン(醤油・旨辛みそ)、きりたんぽ鍋、御狩場焼定食、土鍋ごはん/味噌豚などがあります。冬メニューになってます。きりたんぽ鍋+半ライスにしました。
フロアの入口近くに“がっこ(漬物)バー”というものがあります。ドリンクバーやサラダバーは見ますが、がっこバーはここぐらいでしょうか。5種類の漬物があります。お店で販売している漬物試食コーナーのようなものです。
漬物を楽しんでいるためでしょう。思いのほか早めに出来上がってきます。
小さく渋い土鍋に、1人前のきりたんぽ鍋がみごとに出来上がっています。
三つ葉、ねぎ、牛蒡、舞茸、桃豚などの具材がたっぷり入ったきりたんぽ鍋です。特に舞茸と桃豚がたっぷり入っています。きりたんぽも結構多めですが、きりたんぽ自体お米から出来ているので、米をおかずに米を食べるというか、おかずになりません。きりたんぽをメインにお鍋を食べます。卵があればおじやにしたいのですが、残った具とスープをご飯にかけてお茶漬け風にいただきました。どちらかというと食べているときは薄味に感じる味噌スープですが、直接飲むとしょっぱ過ぎない普通の味噌の旨味が、香りが高くて驚きます。
土鍋は、深みのある分厚い土鍋です。見た目以上のボリュームとかなりの保温性能があります。石焼の器よりもなんか風情があっていい器かと思います。
安藤醸造の味噌の香りを楽しみました。きりたんぽ鍋はライス付き864円、いい線かなと思います。桃豚もいいが、比内地鶏ダシで食べてみたいです。

土鍋屋 白いタンメン


相方が食べた白いタンメンです。756円です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

朝日

あけましておめでとうございます。
昨年は、ありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。
今年もラーメン、山、写真などなど日記に残していこうと思っています。
2018年に食べたラーメンの数は、以下のとおりです。(集計中)
食べたラーメン 〇〇〇杯
 そのうち県外  〇〇杯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »