« 安福亭 千手店 | トップページ | らーめん 古潭 »

2019.01.23

創作中華料理 香町

香町 担々麺

新潟市の「創作中華料理 香町」です。“ほんちょう”と読みます。
古町エリア、本町通りと東堀通りの中間、6番町の小原小路沿いにあります。「めん処 くら田」の東堀通り寄り斜め向かいにある創作中華料理店です。
最近お気に入りの店、食べていない担々麺を食べようかとお邪魔しました。
お店は、左奥に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左手前に手前窓向きのカウンター席があります。席数も少なく、庶民的な雰囲気の中華居酒屋です。午後12時10分過ぎに着きました。以前は満席で入れないことが多かったのですが、値上がりしてからは入れてます。1階のカウンター席にも空きはありますが、同僚と一緒なので2階に案内されます。右側に階段があり、靴を脱いで上がります。2階には広いスペースがあって、ゆったりと卓が5卓が配置されています。3卓にお客さんが…、今回も女性のお客さんの多いようです。
メニューは、ランチの1枚ものがあります。肉ランチ、魚ランチ、肉・魚両方のせのWランチがあります。肉ランチや魚ランチの内容は日替わりで変わっているようです。麺ランチは、広東麺、担々麺、海老塩あんかけ麺の3種類があります。広東麺と海老塩あんかけ麺は食べているので担々麺にしました。
待ちのお客さんも多かったのですが、普通の待ちで出来上がってきました。
真っ黒な渋い器の表面を担々麺らしいトッピングとスープが覆っています。
麺は、やや細の弱い縮れ。ツルツル感もプリプリ感もとても好みの麺です。
スープは、胡麻のまろやかさと風味で味噌かのような深い味わいがあります。オレンジ色のラー油が綺麗で、なかなかバランスの取れた辛味があります。
トッピングは、豚挽肉の芝麻醤炒、水菜、微塵切りのねぎとシンプルです。
いつにも増して麺の美味しさが感じられる担々麺でした。スープも胡麻をしっかり感じて、トッピングはオーソドックスなタイプで、痺れはほとんどなし、800円に税で864円。ちょっとお高いでもそれ以上に楽しめました。
以前書き忘れたかも知れませんが、ランチにはミニ杏仁豆腐が付きます。

|

« 安福亭 千手店 | トップページ | らーめん 古潭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 創作中華料理 香町:

« 安福亭 千手店 | トップページ | らーめん 古潭 »