« 麺屋 ばやし 燕三条店 | トップページ | 秋田の山菜 »

2019.04.27

ラーメン ちくに

Photo_784

村上市の「ラーメン ちくに」です。
村上市役所近くにあります。城下町らしい住宅地の中、解り難い場所です。
営業時間ですが、お昼は午前11時30分~午後12時45分と短く、夕方は午後4時00分~午後6時00分と早め、ちょっと注意が必要なお店です。
村上市でのお昼です。「喜びラーメン 小太喜屋」で食べようとしましたが、駐車場には、駐車場が空くのを待っている車もいるような状態です。そんなに時間をなく、待つのも避けたいし、系列の「村上ラーメン にぼしまじん」に移動する時間ももったいないし…。今週一度食べていますが、週2回でも食べたいちくに間に合います。週2回目のちくにを楽しもうとお邪魔しました。
午後12時30分過ぎに着きました。駐車場は満車ですが、ちょうど出る車があり駐車できました。お店前に3人の待ち、少し待ってお店に入れました。
お店は、左奥に厨房があり、食堂には所狭しと4人掛けのテーブルが7卓も置かれています。昭和の食堂って馴染みやすい雰囲気です。いつもは少し待って空いた席に相席させてもらうのですが、家族連れ客が多く卓が空きました。
メニューは、中華そば600円と中華大盛700円、肉そば900円ととてもンプルです。好きなワンスープのお店です。今日は、中華そばにしました。
おじちゃんとおばちゃん2人で切り盛りしているお店です。年輩の夫婦がワンスープでやっているラーメン屋さん、微笑ましくリピートしたくなります。
セルフサービスの水を用意し、おばちゃんに注文を伝えて自席で待ちます。
一度にある程度まとまった量の中華そばを作ります。ちょうど作ろうとしたところに間に合いました。牛丼店かのような早さで出来上がってきました。
青いラインの白い器に、中華そばって雰囲気でスープが波々の盛り付けです。煮干しの香りがします。最近の煮干しダシのお店と違い少し癖があります。
麺は、細めの弱い縮れで軟らかめにゆでられています。軟らかい麺に多い延びた麺は好きではありませんが、ワンタンの皮のような軟らかさは好きです。
スープは、煮干しダシの効いたもので、香りも強めです。透き通った飴色で、醤油味を前に出さずに、塩できりりとバランス良く締めています。あっさりしていそうですが、油も適度にあり、まろやかさな仕上がりになっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎなどシンプルです。チャーシューは、豚の脂の旨みと適度な歯応えの両方を楽しめるものです。
最初に気になる匂いは胡椒で和らげます。煮干しダシが懐かしく楽しめます。それに合わせるのは、軟らかめの麺とシンプルながら充実のトッピング。バランスのいい中華そばが600円です。最近の状況からはお手頃に思えます。

|

« 麺屋 ばやし 燕三条店 | トップページ | 秋田の山菜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麺屋 ばやし 燕三条店 | トップページ | 秋田の山菜 »