« 昼食抜き | トップページ | 麺屋 いし川 »

2019.04.02

新潟産コシヒカリと海鮮のうまいもん寿司

新潟産コシヒカリと海鮮のうまいもん寿司 パッケージ

新潟産コシヒカリと海鮮のうまいもん寿司

いつもの午前中の新幹線移動です。月曜日と金曜日の混雑は避けられました。それほどの混みもないでしょう。いつも通り駅弁を食べながら移動します。
新幹線移動での駅弁購入は、東口改札脇か万代口改札前、新幹線ホームの3ヶ所に駅弁屋があります。在来線から新幹線への改札前のお店は、なくなったようです。種類・数量ともに揃っている東口改札脇の駅弁屋を覗いてみます。
駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。写真を見ているとどの駅弁も美味しそうで、いろいろ食べてみたくなります。種類、数ともそこそこあります。食べたことのない新商品の駅弁があります。その新潟三新軒の新潟産コシヒカリと海鮮のうまいもん寿司にしました。
箱には“新潟産コシヒカリと海鮮うまいもん寿司”と駅弁の名前と寿司ねたが書かれています。いくら醤油漬け、味付け蒸しうに、本ズワイ蟹のむき身、えび、たらこ、鮭ほぐし、にしんとなっています。原材料の方が判り易いものもあります。米(酢飯・新潟県産コシヒカリ)、にしん甘酢、味付けたらこ、鮭ほぐし身、蒸しうに、ずわいがにのむき身、海老甘酢漬けいくら醤油漬、とろろ昆布などとなかなかの充実です。特定の食材やおかずを中心とした駅弁でもないし、バラエティな幕の内でもない、海鮮という新潟らしい駅弁でした。
最初に鯖と思った魚はニシンでした。鮭といくら、蟹、海老、うになど好みの海鮮をいろいろ味わえました。酢飯、具材ともなかなか酢の効いたものです。酸っぱいものが好きなので美味しく食べれましたが、酸っぱいものが好きじゃないときついかも知れないです。高級食材で1280円。いい線かな。

|

« 昼食抜き | トップページ | 麺屋 いし川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昼食抜き | トップページ | 麺屋 いし川 »