« ラーメン わらふく | トップページ | 新潟産コシヒカリと海鮮のうまいもん寿司 »

2019.05.26

らーめん 三咲屋

Photo_848

新潟市の「らーめん 三咲屋」です。
旧国道7号線沿い、イオン新潟東近く、新発田寄り交差点の先にあります。
新潟情報でつけ麺特集があり、割引券があったので久々にお邪魔しました。
お店は、右側中央に厨房、中央と右側手前に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。古びた造りが落ち着いた雰囲気です。午後2時過ぎに着きました。遅めの時間ですが数組のお客さんがいました。
メニューは、しおらーめん(細麺)、野菜らーめん(細麺・塩味)、みそらーめん(太麺)、こってりらーめん(太麺)、醤油らーめん(細麺)、鴨だしつけ麺(細麺)とそれらにトッピングを加えたもの、半チャーハンとのセットなどがあります。以前に貼紙で紹介されていた鴨だしつけ麺がメニューに入りました。三咲屋のメニューの中では新入りだろう鴨だしつけ麺にしました。
お客さんが少ないこともあるでしょう、とても早く出来上がってきました。
麺・つけ汁ともあまり飾り気のないシンプルな器で、お盆にのっています。
麺の器にトッピングがのっています。その下の麺は、細い縮れです。まるしんよりもひと回り細い麺です。熱盛り可能かは不明で、何も指定いていないので冷盛りです。適度なモチモチ感のある、つけめんでもかなり好みの麺です。
つけ汁は、鴨だしで想像していた醤油ベースの鴨鍋の汁に近いものです。背脂ようなものが浮いています。見た目は背脂のようですが、挽肉ような確かな触感があります。鴨の脂の微塵切りにしたものだったりしたら嬉しいですが。
トッピングは、麺の上に盛り付けられています。チャーシュー、メンマ、たまご、海苔、ねぎなど、麺の器が小さめで麺が見えない状態になっています。
麺やトッピングを食べ終わって、スープ割りを楽しみます。つけ汁の温度が上がったためか鴨の風味豊かなスープを楽しめます。鴨鍋の〆のように、さらにうどんかご飯を入れたくなる旨さです。800円と値段もいい線でしょう。
会計して帰りましたが、レシート見たら新潟情報割引が適用忘れされて…。

|

« ラーメン わらふく | トップページ | 新潟産コシヒカリと海鮮のうまいもん寿司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラーメン わらふく | トップページ | 新潟産コシヒカリと海鮮のうまいもん寿司 »