« しばた あやめまつり | トップページ | 大江戸 県庁前店 »

2019.06.12

麺屋 一本気

Photo_885

新潟市(旧亀田町)の「麺屋 一本気」です。
イオン新潟南の近く、工業団地の西側にある古い集落にまみれてあります。
高速の移動です。その前に食べようかと、久々に一本気にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席、お店に入ったところに2席の待ち席があります。ベージュよりちょっと濃い色の壁や天井、木の質感が今までにない落ち着きのある雰囲気です。テーブル席に空きがあります。その前に…、風除室に食券販売機があります。
メニューは、意外とシンプルで、ラーメン、チャーシュウメン、こってりラーメン、こってりチャーシュウ、味噌ラーメン、味噌チャーシュウ、辛味噌ラーメン、辛味噌チャーシュウ、つけめん、辛つけめん、味噌つけめんがなどあります。つけめん類は大盛りが無料です。味噌つけめん(大盛)にしました。
ちょうど午後1時ですが、8割~9割程のお客さんの入りと賑わっています。同僚もいっしょなので(勝手に)予定していたテーブルに案内されました。
つけ麺は時間がかかると書かれてましたが、普通に出来上がってきました。
青がとても鮮やかな器に麺が、白い和風な器につけ汁が盛られてきました。
麺は、平打ちやや太の弱い縮れ、つけ麺にとてもちょうどの好みの麺です。
つけ汁は、味噌味ですが、元々しょっぱさであまり強い味噌味は感じません。甘さが、好みよりちょっと強めです。最初はいいのですが、飽きがきます。
トッピングは、大きめのチャーシュー、メンマ、味玉半個、ねぎなどです。
その後、割スープをお願いしました。器ごと厨房に持って行き、割スープを入れて帰ってくるスープ割の方法でした。と思ったのですが、隣のつけ麺を食べている男性客2人がスープ割をお願いしたら、つけ汁と同じような器に入った割スープを持ってきました。1個だけ。不思議な光景です。割スープで割ったスープは魚介系の良い香りと熱々感のスープ割を楽しむことができました。
麺が好みですが、つけ汁の甘さはちょっと…、でもスープ割は良い感じ、トッピングも程好く楽しめました。780円と大盛りならお得かも知れません。

|

« しばた あやめまつり | トップページ | 大江戸 県庁前店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しばた あやめまつり | トップページ | 大江戸 県庁前店 »