« 七福食堂 | トップページ | 昭和洋食 開陽亭 »

2019.06.19

のどぐろ天麩羅と海老づくし弁当

Photo_20190707221501

Photo_20190707221502

昨日の夜は揺れましたね。大したことないかな!と思ったら大きい揺れが…。けがをされた方もおりましたか、命に関わるようなことがなく何よりです。
今朝、外に出たらヘリコプターの音が何重にも聞こえていました。2機同時に飛んでいることなんかもないのどかな新潟ですが、今日の空は賑やかです。
そんな中、新潟に居なくて大丈夫だろうかと思いつつも、いつもと同じ午前中の新幹線で移動します。月曜日・金曜日を外しているので大丈夫でしょう。
新幹線での移動で駅弁を購入しようとすると、東口改札手前、万代口改札前、新幹線ホームの3ヶ所に駅弁屋があり、そこからの購入になります。いつでも種類・数量ともに揃っている東口改札手前の駅弁屋を最初に覗いてみます。
いつもと変わらず、まあまあの種類と量の駅弁があります。駅弁の近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。写真を見ているとどの駅弁も美味しそうで食べたくなります。新商品扱いの駅弁が2種類で、食べたことのない駅弁が…、のどぐろ天麩羅と海老づくし弁当にしました。
新幹線に乗り込みいただきます。今日は早めに移動したのでドアが開く前に着きました。大きな列びもなく、すんなり座れ、その後に混雑もありません。
シンプルなパッケージで、他に新潟県産ぐらいの言葉しか見つかりません。
神尾商事ののどぐろ天麩羅と海老づくし弁当という名前の駅弁になります。
お品書きっぽいものがあります。雪国新潟の海の幸という言葉で始まります。のどくろ天婦羅、甘えび煮、えびそぼろ煮、えび新丈の4品が書かれてます。原材料名からも判ることがあるので記載します。こんぶ茶入ご飯(新潟県産コシヒカリ米使用)、あかむつ(のどぐろ)天婦羅、海老しんじょう揚げ、赤海老煮、えび刻み煮、甘酢生姜漬け等となっています。以外とシンプルです。
のどぐろの天婦羅は、塩をかけて食べたかのような味付けがされていました。いろんな海老も楽しめました。1380円とちょっとお高い駅弁になります。小さなのどぐろではちょっと役不足のような気もしました。もうちょっと…

|

« 七福食堂 | トップページ | 昭和洋食 開陽亭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七福食堂 | トップページ | 昭和洋食 開陽亭 »