« 喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店 | トップページ | こまどり »

2019.11.12

創作中華料理 香町

Photo_20191117211701

新潟市の「創作中華料理 香町」です。❝ほんちょう❞と読みます。
古町エリア、本町通りと東堀通りの中間、6番町の小原小路沿いにあります。「めん処 くら田」の東堀通り寄り斜め向かいにある創作中華料理店です。
かなりの賑わいが続いて遠慮していましたが、久しぶりにお邪魔しました。
お店は、左奥に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左手前に手前窓向きのカウンター席があります。席数も少なく、庶民的な雰囲気の中華居酒屋です。午後12時10分過ぎに着きました。1階は賑わっていて2階に上がらせてもらいました。右側に階段があり、靴を脱いで上がります。2階には広いスペースがあって、ゆったりと卓が5卓配置されています。4卓にはすでにお客さんが座っていて、ギリギリセーフみたいな感じで席に着くことができました。
メニューは、ランチの1枚ものがあります。肉ランチ、魚ランチ、肉・魚両方のせのWランチがあります。肉ランチや魚ランチの内容は日替わりで変わっています。今日の肉ランチは牛肉と木の子の中華たまり正油炒め、魚ランチはハタの岩のりあんかけです。麺ランチは、広東麺、担々麺、海老塩あんかけ麺、いつもの3種類があります。最初に食べたものと同じで広東麺にしました。
出来上がり待ちのお客さんも多く、そこそこ待って出来上がってきました。
青い模様入りの中華っぽい器に、醤油味がかなり濃そうな色の広東麺です。
麺は、やや細の弱い縮れです。中華麺らしくあんを上手く絡めてくれます。
スープは、あんと混じって判り難いのですが、醤油味で生姜が効いています。心配した醤油味の濃さは、見た目に反してやや薄味ぐらいな仕上がりです。
トッピングは、海老、いか、鶏肉、きくらけ、白菜、チンゲン菜、筍、パプリカなどの醤油味のあんかけで、こちらも見た色に反して良い加減の味です。
テーブルの上に調味料があります。半分ぐらい食べたところで辣油やお酢を加え、辛味や酸味の加わった広東麺を楽しみました。どちらも結構いけます。
醤油味が好みの広東麺で、今回も味の変化も楽しみました。最初税込800円が税別800円になり、今回は、税込880円でしたじわりじわりかな。

|

« 喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店 | トップページ | こまどり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店 | トップページ | こまどり »