« 荒川らーめん魂 あしら | トップページ | 中華 白寿 »

2019.12.19

ラーメン いち井

Photo_20191222212301

長岡市の「ラーメン いち井」です。
宮内地区ラーメン激戦区の北東寄り曙町にあります。長岡駅東口方面へ向かう道沿い、上越新幹線の高架近くにあります。
何年振りになるのでしょう。遅めのお昼なので昔のお昼みたいな長時間の待ちはないだろうと期待してお邪魔しました。
駐車場は6割ぐらいの駐車と想定以上に空いています。
お店へのアプローチは座って待てるように椅子が並んでいて、手前には説明の書かれたメニューがあります。混んだ時にはそれを見て多少の時間は潰せそうです。今日は待ちの並びもなく、そのまますんなりとお店に入れました。
お店は、左側に厨房、その中央寄りに厨房向きのカウンター席、奥に窓向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。黒っぽい印象の落ち着いた雰囲気です。洋食系でも良さそうです。席は、席は8割ぐらいが埋まっているでしょうか。食入口を入ってすぐ正面に小さい食券販売機があります。
メニューは、塩のみ、追加の具材ってことで、海老わんたん、焼き海苔と味玉、味玉、岩海苔、大盛りととてもシンプルです。最後に食べた時には、醤油、塩、とんこつの3つのスープが用意されていたのですが、人気だった塩ラーメンの専門店になってしまいました。塩と海老わんたんにしました。
お店の入口にあったメニューに書かれていた説明です。
塩・・・創業二十一周年。いち井の「焼きあご塩」は、新潟県佐渡産の焼きあご(飛魚)をつかった。やわらかく、あまみのあるスープに、豚骨を炊き出し寝かせた白湯をあわせています。麺は北海道帯広産の超強力小麦、「ゆめちから」を百%使用しています。具材には自家製のメンマと肩ロースの焼豚、鉄鍋で炒った桜海老、白髪葱や水菜を添えました。まろやかな「塩」をおたのしみください。
海老わんたん・・・国産豚ひき肉と海老の剥き身を餡にいたしました。茹でたてをラーメンにのせてまいります。
焼き海苔と味玉・・・新潟県内産の赤卵を店頭で半熟に茹であげ、自家製のタレでじっくり漬け込みました。大きな国産焼き海苔を添えています。
味玉・・・
岩海苔・・・愛媛県瀬戸内産の岩海苔でございます。軽い食感と磯の風味が特徴です。
大盛り・・・普通盛り百五十グラムから一.五倍の量でご用意いたします。
女性スタッフ4人、おかあちゃん食堂の雰囲気もあります。
賑わってはいますが、かなり早めに出来上がってきました。
白系ゴツゴツデコボコの趣向ある器にいろんなトッピングが所狭しと盛り付けられています。隙間から見える褐色のスープがなんともお店の宣伝文句のように美味しそうに見えます。
麺は、やや細の縮れ。モチモチした食感の美味しい麺です。
スープは、塩味のまろやかなものです。塩味にあるエグミのようなものはなく、白だしのようなまろやかで癖のない仕上がりです。焼きあごダシが控えめで、美味しいスープを塩で仕上げたと言った方が良さそうな美味しいスープです。
トッピングは、歯応えの良いチャーシュー、メンマ、水菜、きくらげ、桜海老を揚げたもの、白髪ねぎなどがのっています。追加トッピングのわんたんは、海老のプリプリ感が良く、皮が好みの軟らかなものです。ひとつひとつも大きいのですが数もそれなりにあり、想定以上のボリューム感を楽しめます。
いち井の塩は見事です。今回も美味しくいただきました。オープン当時600円だった塩を、750円、800円で食べて、今回は900円でした。次回食べる時には1000円かな。わんたんが200円で1100円のお昼でした。美味しいけど超お高いラーメンです。何年かしたらまた食べに来ます。
時間の遅さもありますが昔ほどの混みなくなったと思ったのですが、たまたまタイミングが良かっただけのようです。食べている最中には外にまでの待ちが出来ていました。

|

« 荒川らーめん魂 あしら | トップページ | 中華 白寿 »

コメント

 最近、あまりラーメンを食べなくなった私ですが、興味ある店です。でも実は一度も行っていません。行列は何度も見たことがありますが、どうも好みではないような気もしてしまい、並ぶのも嫌だし、という訳です。
 長岡へ行くと、安福だの、めんきちだの、そちらが多いかな。今回更新の記事の中でもオーモリだの松茶屋のが好きで、あごすけは行きませんし。
 どうも冒険をしなくなったのは年齢のせいかもしれません。

投稿: 亀井 | 2019.12.23 09:40

>亀井さん

ありがとうございます。

味の趣向は同じような気がしますが、まだ冒険心は少しだけ残っています。
いち井の塩は、是非一度は食べておいて欲しいです。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2019.12.29 11:41

ありがとうございます
いち井、今年の近い時期にきっと行ってみましょう。
もうできてずいぶん経つのに人気を維持する新潟県の名店だとは思いますので。
今年も楽しい、美味しい記事を期待しております。適度の運動のお話も。

投稿: 亀井 | 2020.01.04 08:50

>亀井さん

ありがとうございます。

運藤不足で困っています。
来月当たり、秋田の雪搔きが良い運動になるかな。
山に入りたいです。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2020.01.06 02:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荒川らーめん魂 あしら | トップページ | 中華 白寿 »