« ら~めん 二葉 | トップページ | 乾通りと大嘗宮 »

2019.12.04

あがの姫牛と焼き鮭弁当

Photo_20191207205001

Photo_20191207205002

今日は、いつもと同じ午前中の新幹線移動ですが、師走に入っての移動、月曜日・金曜日の移動は避けられましたが、かなり混んでいそうで心配です。さてさて、どうなることやら…。
新幹線移動での駅弁購入は、東口改札脇か万代口改札前、新幹くなります。種類、数ともそこそこあります。この前見つけた小川屋の越の甘粕漬弁当を食べようかと思っていたのですが、のり弁当も含め小川屋の駅弁はありません。駅弁屋の販売員に聞いたら、10時30分頃に入荷だそうです。いつもの駅弁が並んでいます。駅弁の近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。2種の味を楽しめる神尾商事のあがの姫牛と焼き鮭弁当にしました。
新幹線に乗り込みいただきましょう。ドアが開く前に着きました。座れないことはなさそうですがかなりの列びです。いつものA席に座れました。その後、ほぼ満席になりました。
とてもシンプルなパッケージです。駅弁の名前の他には、あがの姫牛の前に新潟県産とか、ハンコを真似た新潟県産コシヒカリの宣伝文句ぐらいのしか見つかりません。
お品書きはなく、原材料の表示だけです。白飯(新潟県産コシヒカリ米使用)、牛肉煮(あがの姫牛(新潟県産)、玉ねぎ、糸こんにゃく、ごぼう、生姜)、塩焼鮭、赤かぶ漬、錦糸たまご、キャラブキ、ごまなどです。前回に食べた時とほぼ同じですが、表記方法や順番などが少し変わっています。
牛肉の味付けが良く、薄塩の焼鮭で食べるお弁当も懐かしくて良いです。あがの姫牛と焼鮭弁当は1200円、2種類の駅弁を味わえるのですから、ちょっとだけお手頃にも思えます。

|

« ら~めん 二葉 | トップページ | 乾通りと大嘗宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ら~めん 二葉 | トップページ | 乾通りと大嘗宮 »