« 牛乳屋食堂 | トップページ | 本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ »

2019.12.25

長浜らーめん 福麺亭

Photo_20191229112101

上越市の「長浜らーめん 福麺亭」です。
直江津地区です。国道8号線と信越線の間、関川右岸の市道?沿いにあります。
食べたことのない「濃厚豚骨らーめん 玉家」で食べようかと思いお邪魔しました。しかし、お店は「長浜らーめん 福麺亭」に変わっていました。同じ豚骨なんで名前を変えたのではと思いつつ食べてみることにしました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房方向壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。厨房と食堂がしっかり壁で仕切られて別になっています。昔からのラーメン屋さんの雰囲気です。午後1時20分過ぎに着きました。4人のグループと単独が2人、半分ぐらいのお客さんの入りです。
スタッフは、たぶん男性だろう1人です。厨房と食堂が離れていることやスタッフが1人のためでしょう?テーブルなど各所にファミレスのような呼出用のスイッチがあります。
スタッフをたぶん男性と言ったのは、覆面プロレスラーのようなマスクをしているからです。ちょっと異様な空気です。もしかして福麺亭の福麺と覆面を掛けていたりして…。
メニューは、長浜豚骨、長浜豚骨 黒(マー油)、長浜豚骨 赤(辛味噌)、替え玉、黒替え玉、赤替え玉、らーめん(豚骨)、ブラックラーメン、つけ麺などがあります。長浜ラーメン系は、麺の硬さが、やわやわ、ちょいやわ、やわ、普通、硬め、やや硬、バリ硬辛選べるように紹介されています。らーめんは中太麺で茹で時間3分、ブラックラーメンは手打太麺で茹で時間5分、つけ麺も手打太麺ですが茹で時間10分のなど説明があります。トッピングの追加やサイドメニューもいろいろ揃っています。長浜豚骨にしました。麺の硬さは普通で!
麺の茹で時間は短い筈ですが、替え玉などの対応もあって、普通の待ち時間で出来上がってきました。

Photo_20191229112102

白い器に、豚骨らしい白濁色ではなく、普通一般的なスープをちょっとグレーっぽくしたものです。
麺は、細いストレート。長浜ラーメンらしい心地良い麺です。
スープは、豚骨を絞り切ったような濃厚なもの、油っこさがなくて救われますが濃いです。最後に骨粉が残ります。
トッピングは、チャーシュー、きくらげ、青ねぎなどです。テーブル上には、紅生姜や辛子高菜漬け、すりごま、おろしにんにくなどがあり、味の変化を楽しめるようになっています。
ちょっと好みと違う濃いスープでしたが、好きな辛子高菜漬けを食べれて嬉しくなりました。長浜豚骨が700円、替え玉100円、+消費税のお昼でした。ちょっとお高いかな?

|

« 牛乳屋食堂 | トップページ | 本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牛乳屋食堂 | トップページ | 本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ »