« 喰いどうらく 味の店 くらよし | トップページ | こまどり »

2019.12.10

三吉屋 信濃町店

Photo_20191216012801

新潟市の「三吉屋 信濃町店」です。
新潟島の西側、西大通り信濃町交差点の近くにあります。ビルの階段をほんの数段下りた半地下にあります。
午後も早々に動かなくてはいけないのでフライング気味のお昼、空いていればと三吉屋信濃町店にお邪魔しました。
三吉屋は、古町、駅南、信濃町と3店舗ありますが、いずれも駐車場を持っていません。車で移動しているときは、近くにスーパーがあって値段もお手頃な信濃町店で食べる機会が多くなってます。帰りにスーパーで“お~い!お茶”なんか買い物をして駐車代の代わり、と勝手に勘弁してもらっています。
お店は、奥行きがあり、右に厨房、左側にカウンター席、左側手前にテーブル席1卓があります。和食屋さんのような落ち着いた雰囲気、古そうなビルですがまあまあ綺麗なお店です。午前11時25分頃に着きました。他にお客さんがいません。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、タンメンとそれらの大盛り、炒飯や餃子もあります。組み合わせも楽しめますが、半炒飯とかラーチャンがないのが残念です。お腹が空いたので、チャーシューメン(大盛)にしました。
ほんの少ししてお客さんがやって来ました。次から次へとって感じで、すぐに7割〜8割くらいの席が埋まりました。すぐに作り始めもらえ、とても早く出来上がってきました。
淡い青の模様の器ですが、その内側は白地に二本の青い線とシンプルです。表面は昔ながらの中華そばで、美味しいそうなチャーシューが並び、隙間から優しそうなスープが覗きます。
麺は、極細の縮れ。ラーメンの麺というよりも小麦粉を使用した春雨のようです。シコシコの歯応えと適度なモチモチ感が楽しく、麺と絡まったスープとのバランスが絶妙です。
スープは、あっさりした醤油味で、旨みと自然な甘さを自然に感じさせてくれます。新潟あっさりを代表するに相応しいバランスの良さを楽しませてくれるスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎなどとてもシンプルです。脂の少ないチャーシュー、浅漬かりメンマなどトッピングも昔ながらの懐かしい味を感じさせてくれます。
新潟あっさり系を代表する味に感心させられます。美味しくいただきました。ラーメンが600円でチャーシューメンが700円、どちらも大盛りは50円UP、チャーシューメンの大盛りでも750円、何気に見ると普通にお手頃な値段です。たった一杯で幸せな気分にしてくれるラーメンです。

|

« 喰いどうらく 味の店 くらよし | トップページ | こまどり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喰いどうらく 味の店 くらよし | トップページ | こまどり »