« 中華 白寿 | トップページ | 手打ちらーめん まるとく »

2020.01.15

らーめん だいじ

Photo_20200116021101

上越市の「らーめん だいじ」です。漢字は“大慈”っぼいです。
上越大通り沿いにある上越地方卸売市場の場内にあります。
かなり前になりますが、テレビ番組で紹介されていました。上越に居てもなかなか思い出せず、初めてお邪魔しました。
お店は、左奥に厨房、左側手前と中央に厨房向きのカウンター席、右側に待ち用の椅子が並べられています。結構古そうな市場ですが、お店の中はそんな古さを感じさせません。お店の中には「麵処 暁」の暖簾が掛けられています。午後12時50分過ぎに着きました。かなり遅い時間のつもりでしたが半分ぐらいのお客さんの入りで、後からも来ます。右側に食券販売機があります。小さく可愛らしい食券販売機です。

Photo_20200116021102

メニューは、ちゃーしゅーめん、特ちゃーしゅーめん、しお豚骨ちゃーしゅーめん、魚介豚骨ちゃーしゅーめん、らーめん、しお豚骨、魚介豚骨があります。大盛り、追加トッピング、ライスなどがあります。限定で、みそらーめん、辛みそらーめんもあります。この食券販売機だと最初はちゃーしゅーめんにするしかないでしょう。ちゃーしゅーめんにしました。
待ちのお客さんも多く、少し待って出来上がってきました。

Photo_20200116021103

ワンポイント模様の白い器から落ちそうなチャーシューです。
麺は、やや太の強い縮れ、硬めでモチモチ感も強く苦手な麺ですが、食べているうちに徐々に食べ易くなってきます。
スープは、豚骨醤油で油が多く、しょっぱさは控え気味です。動物っぽい香りもありますが、徐々に慣れてきます。
トッピングは、大きく厚みもあるレアな感じのチャーシューが花盛りに盛られています。太めなメンマ、ほうれん草、きくらげの細切り、海苔、白髪ねぎ、青ねぎなど充実しています。
麺もスープも苦手な感じですが、なんか時間が解決してくれました。と言うか?麺の延びと香りの慣れでしょう。食べ終わる時には、なかなか良さそげな印象が残ります。不思議なようなずるいラーメンです。半麺ぐらいのボリュームのレアちゃーしゅーを食べての950円、いい線じゃないでしょうか。

|

« 中華 白寿 | トップページ | 手打ちらーめん まるとく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中華 白寿 | トップページ | 手打ちらーめん まるとく »