« 2020年1月 | トップページ

2020年2月

2020.02.24

麺屋 ゆゆ多

Photo_20200227035501

新潟市の「麺屋 ゆゆ多」です。
県道3号線沿いにあります。新新バイパス海老ヶ瀬インターの新潟駅より、「喫茶店 楓」だった建物です。
新しいラーメン店がオープンしていたのでお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席1卓、待ち用の椅子4脚、食券販売機があります。喫茶店だったらしいいい雰囲気の小さなお店です。午後1時20分過ぎに着きました。満席で待ち、先に食券を購入します。
メニューは、鶏とハマグリの醤油らーめん、担々麺の2味で、黒烏龍ちゃーはんセット、ちゃーはん&ギョーザセットなどがあります。トッピングの追加や大盛りも出来るようになっています。ご飯がないのか?セットは売り切れになっています。鶏とハマグリの醤油らーめんにしました。
その後もお客さんが2人来て、ハマグリの醤油らーめんと担々麺の食券を購入しています。カウンター席が空き、カウンター席に案内されました。その後もお客さんが来て食券を購入しようとしましたが、担々麺が売り切れだったようです。
若い感じの男性店主がひとりでやっています。手際も良く、思っていたより早めに出来上がってきました。

Photo_20200227035601

白に金色っぽい雷文と鳳凰の模様の入った器にトッピングがいい感じに盛り付けられたラーメンらしいラーメンです。
麺は、長浜ラーメンかのような極細のストレート、食感も良く博多でラーメンを食べているかのような麺です。
スープは、醤油味ですが醤油がそれほど前に出ず、鶏とハマグリの旨味がとても優しく感じられるスープです。
トッピングは、炙りチャーシュー2枚、メンマ、ハマグリ2個、味玉半個、海苔、ねぎなど充実しています。
麺、スープともいい感じで、トッピングも充実しています。750円と安くはありませんが、充分に納得の一杯でした。

| | コメント (0)

2020.02.23

ラーメンショップ チャイナタウン

Photo_20200227034701

秋田県秋田市の「ラーメンショップ チャイナタウン」です。
国道13号線茨島交差点の近く、先月お寿司を食べた「市場のおすしやさん」のある秋田まるごと市場の隣りです。
先月、お寿司を食べた時に隣りにラーメンショップがあるのは気が付きましたが、後で佐々木希がテレビの企画で帰省して味噌ちゃんぽんを食べていたお店だったことを思い出しました。ちょっと特徴のあるチャンポンだったので食べてみたいと思っていました。ちょっと回り道してお邪魔しました。
お店は、1階が駐車場で階段を登った2階がお店になります。左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。ちょっと洋っぽく昔ながらのチャンポン屋さんといった雰囲気でしょうか。奥の壁一面が鏡張りで、最初はとても奥行きのあるお店かと勘違いしてしまいます。午後1時40分過ぎに着きました。お店の入口付近に10人ぐらいの待ちです。お店を入った右側に食券販売機があります。
待ちの記入用紙などもなく、列に並んで進み、食券販売機の前まで進んだら食券を購入するとのことです。
メニューは、味噌チャンポン、醤油チャンポン、塩チャンポン、チャンポンつけ麺、ラーメンなどがあります。ミニや大盛もできます。トッピングの追加やサイドメニューもあります。餃子が肉餃子、イカ餃子、ミックス餃子と3種類もあります。味噌チャンポンとミックス餃子にしました。
途中でスタッフが食券を集めに来たので渡し、もう少し待ってカウンター席の奥まった席に案内されました。

Photo_20200227034702

先に餃子がきました。肉とイカの具がミックスの餃子かと思っていましたが、肉餃子とイカ餃子のミックスでした。どちらも想定以上美味しく、370円も納得、楽しめました。
少し待って味噌チャンポンが出来上がってきました。

Photo_20200227034703

白い器に味噌のスープが溢れそうで心配な状態です。
麺は、太めの自然なウェーブがかったもの、一般的なチャンポンの麺よりも重量感があり、モチモチ感も強めです。
スープは、白味噌寄りの合わせ味噌でしょうか、味噌味、しょっぱさ、甘さのバランスが良く、結構トロミもあります。このトロミがあったから波々でも運べたのでしょう。
トッピングは、キャベツ・白菜・人参・きくらげ・豚肉・イカ・海老のどの炒め物です。ボリュームがあります。
やや太麺で、味噌の味が馴染んだ味噌チャンポンでした。880円と安くはありませんが、納得の一杯でした。

| | コメント (0)

2020.02.22

週末そば 蕎麦のやません

Photo_20200227033801

村上市(旧神林村)の「週末そば 蕎麦のやません」です。
金曜日(予約のみ)、土曜日、日曜日、月曜日(祝日のみ)の営業と珍しい営業をしているお店です。
荒川右岸の河口にあります。塩谷地区になります。かつて北前船の寄港地として栄えた面影の残る町並みの先です。
村上市のグルメをネットで探していたら週末だけ営業のおそば屋さんが見つかり、食べてみようとお邪魔しました。
お幕場森林公園方面から入りましたが、道沿いに時々、“そば”と矢印の看板あります。最後にお店と駐車場と案内看板があります。普通に走って迷わずに到着できました。
駐車場は、お店の駐車場っぽいスペースもありますが集落の広めのスペースに駐車出来ますって感じになっています。
お店は、古い町並みに馴染んだ民家風の建物です。入口を入ると民家のような玄関で“どうぞお入り下さい”とあります。部屋に入るとフローリングの部屋と続く畳の部屋の2部屋に座卓が配されていて、別にもうひと部屋あります。午後12時30分過ぎに着きました。他にお客さんはいません。卓の上にクリアファイルに入ったメニューがあります。
メニューは、最初に“そば粉100% 吟番十割そば”と書かれていて、次のページに店主ひとりでやっているためのセルフサービスのお願い事項が書かれています。次のページからメニューが始まります。ざるそば、野菜天ざる、海老天ざる、天ざる、魚介天ざる、おかわり(そばのみ)、魚介天ぷら、夏季限定のぶっかけネバネバそば、冬季限定の鴨汁そばと野菜天鴨汁そばがあります。魚介天ざるにしました。
店主ひとりでやっているため、いろいろとお願いがあります。注文は、右側にある厨房との間に会計窓口(小窓)があり、会計窓口から厨房にいる店主に伝えます。メニューに出来上がりまで20分ぐらいと書かれてありましたが、店主からも『20分ほどお待ち下さい』とのことでした。
セルフサービスのお茶とおしばりを用意して待ちます。
そば打ち道場もやっています。その案内を見ながら待ちます。イベントのそば打ち体験と違い結構お金がかかります。
20分の待ちを覚悟していましたが、10分超で出来上がってきました。配膳だけは、セルフサービスではありません。

Photo_20200227033901

大きなお盆にのってきました。蕎麦、そばつゆ入りの蕎麦猪口、薬味、小鉢、もう一品、漬物、塩皿などです。

Photo_20200227033902

そばは、細め、好みのそばです。一般的なそばより透き通った感じで、その細さに反しモチモチ感の強いそばです。
塩ですが山北「ミネラル工房」の日本海の塩、白いダイヤが使われています。最初の一口はお塩で如何ですか!と書かれています。何もなし、塩、そばつゆの順でいただきました。
つゆは、鰹節と昆布のバランスが良く、癖のないものです。

Photo_20200227033903

天ぷらは、海老や鱚など魚介の天ぷら4種と野菜天ぷら4種、笹川流れの塩でいただきます。天ぷらに合う塩です。
小鉢は根菜のおでん風煮物、もう一品は玉子焼きです。
なかなか充実の内容でした。
ざるそばが800円、野菜天ざる1000円、海老天ざる1300円、天ざる1300円、魚介天ざる1600円、おかわり(そばのみ)550円です。魚介天ざるの1600円は、魚介の天ぷらを楽しめるものでしたがいい値段です。野菜天ざるか天ざるの方がコストパフォーマンスが良いような気がします。

Photo_20200227033904

Photo_20200227033905

相方の食べた天ざるです。1300円です。

| | コメント (0)

2020.02.21

中華 白寿

20200221

新潟市の「中華 白寿」です。
古町エリア、西堀通と古町通の間にあります。新潟三越の西側西堀通にある交差点の向かい、路地の先の右側です。
お財布にも優しく、定期的に食べたくなる白寿のうま煮そばです。そろっと食べたくなってお邪魔しました。
お店は、右側に厨房があり、その中央寄りと手前に厨房向きのL字型カウンター席が、左側にはラーメン丼2個がちょうどの小さな2席のテーブルが2卓あります。少し歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時20分過ぎに着きました。カウンター席が1席の空き、テーブル席は1人ずつ座っています。
メニューは、ラーメンとうま煮そば、大盛りの対応もなく、サイドメニューもトッピングの追加もありません。ラーメンかうま煮そばのいずれかを注文するしかないです。と言ってもうま煮そばが人気のお店。ほとんどのお客さんがうま煮そばが目的です。ラーメンを食べる人とは年に1回遭遇するか?どうかって感じです。『うま煮そば!』と注文を言いなから左側奥にある冷水機までセルフサービスの水を取りに行きます。
いつも通りで親父さんとおばさんの2人。親父さんがうま煮を作り、おばさんがそのうま煮でうま煮そばを作ります。
うま煮そばのうま煮は、大きな中華鍋で10人前程度の量を一度に作ります。最近は、うま煮がなくなる前に作り始めるので待つことがなくなりましたが、大勢のお客さんが一機に来るとうま煮の出来上がりを待つこともあります。
今日は、中華鍋に7割程度のうま煮が残っています。そろそろ次のうま煮も準備しようかって感じです。
ご飯用の羽釜で麺をゆでます。木蓋に麺をのせ、温めながらほぐします。その麺を鍋に入れ、ゆでの合間に器を用意、タレを入れ、スープを張ります。短い時間ですが、そのスープの準備が整う頃には麺も茹で上がります。麺を湯切りし、器に入れ整え、中華鍋のうま煮をかければ出来上がります。
前のお客さんもいて、良いタイミングでお店に入りました。すぐに作ってもらえ、かなり早めに出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器の表面をいつもと変わらない飴色の美味しそうなうま煮が覆っています。
麺は、かなり細めのしっかりした縮れ。口の中に当たりが良く、シコシコした歯応えも楽しいです。
スープは、うま煮と混じり判り難いのですが、魚介系の香りのあっさりしたもの。混じるとまろやかです。
トッピングは、キャベツ・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉などのうま煮のみで、ニンニクも少し効いています。野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。出来上がって程ほどの時間が経っていて、程ほどに馴染んだうま煮です。
細縮れで食感のいい麺とあっさりしたスープ、うま煮がとても良く絡みます。今日は、中華鍋の中で程良く馴染んだ、ヘルシーなうま煮をいただきました。ワンコイン500円、本当にいいの?って感じのありがたいお手頃感です。

| | コメント (0)

2020.02.20

喜びラーメン 小太喜屋

Photo_20200222024001

村上市の「喜びラーメン 小太喜屋」です。
県道3号線沿いにある村上消防署の前方、住宅地の中にあります。県道3号線の西側を平行する市道に面しています。
村上市での昼食になりました。ご無沙汰気味の小太喜屋のラーメンを食べようかとお邪魔しました。
午後12時30分過ぎに着きました。お店脇の路地の先に駐車場があります。そこそこの台数が駐車可能な駐車場ですが、なんとか止められるような状態、賑わっていそうです。
お店は、通り正面の入口から入って、脇の出口から出るようになっています。入口を入った左側に厨房、中央と厨房の手前に厨房向きのカウンター席、右側に待ちの椅子席があります。食べる席としてはカウンター席のみ13席、ちょっと渋め、綺麗な今風のラーメン屋さんです。車の多さから多いだろうと想定した列びも4人とそれ程の待ちでもありません。入口を入った右側に可愛い食券販売機があります。
メニューは、あっさり、コッテリ、しお、それらのチャーシューがあります。いずれも大盛りが普通盛りと同じ値段で提供され、有料になりますが特盛りも可能です。しお系はコッテリも対応してもらえるとのことで4味ということになります。トッピングの追加は、太メンマ、ローストチャーシュー、ばらチャーシュー、あじたま、ネギまし、岩のりなど、好みに合わせられるようになっています。サイドメニューは、こためし(チャーシューとラーメン醤油たれの炊き込みご飯、ワサビ付き)があります。今回はさらに季節限定で淡口味噌と淡口味噌チャーシューがあり、こちらも大盛りが普通盛りと同じ値段で提供されています。私的基本線はあっさりの大盛りですが、今回は淡口味噌(大盛)にしました。
右側の待ち席の椅子に並んで座り待ちます。
それほど待たずに中央の中程の席に案内されました。
大きな寸胴鍋で作られたスープを小さな鍋に1人前ずつ移して温めています。温めた器にタレ、スープ、油などを入れ、麺を入れ、トッピングを乗せます。テレビの料理番組に出る料理人のような丁寧な仕事姿で仕上げていきます。
店主一人での仕事ですが安心して見ていられます。席に座ってからは普通に出来上がってきました。
縁の青が鮮やかな器に美味しそうなスープの色、トッピングが品良く、彩り良く盛り付けられてます。
麺は、やや細の縮れ、普通のようでプリプリの歯応えがとても楽しい麺です。2種類の小麦粉を使用した麺です。いろんな自家製麺がありますが、このような自家製麺は歓迎です。
スープは、味噌味なのに煮干し風味がしっかりしたものです。白味噌寄りっぽい味噌味、しょっぱさ、甘さのバランスが良く、背脂でまろやかに仕上がっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、ねぎ、カイワレ、胡麻などです。普通のラーメンのようでもワンランク上のように仕上がったトッピングは嬉しくなります。
煮干しの香る味噌ラーメンを楽しませていただきました。麺、スープ、トッピングとも好み、大盛りが実質無料、800円はコストパフォーマンスもなかなかかなと思います。

| | コメント (0)

2020.02.19

今日の夕日

Photo_20200221025001

久々に海に沈む夕日を見られました。

| | コメント (0)

荒川らーめん魂 あしら

Photo_20200221024601

村上市(旧荒川町)「荒川らーめん魂 あしら」です。
国道7号線沿いにあります。国道113号線と交差する十文字交差点からほんの少し胎内寄りにあります。
もう春?新しい限定メニューを楽しみにお邪魔しました。
今まで、味噌らーめん、味噌ちゃーしゅーめん、手打ちらーめん(醤油)、全粒粉つけめん(味噌・辛味噌・魚介醤油)、味噌野菜らーめん、味噌マーボーめん、特製博多らーめん、期間限定メニュー(村上新茶塩らーめん・村上せいろ、穴子の柳川鍋麺、自家製豆腐と夏野菜の冷製味噌麺、冷やし中華、鴨南蛮手打麺、チーズタッカルビ麺、鴨塩ラーメン、冷やし味噌らーめん、村上牛炙り味噌ラーメン)と食べてきました。季節毎に新たな期間限定メニューの提供をしており、今回も新たなものを期待していますが、早いかな?
午後12時40分過ぎに着きました。いつもならなんとか駐車出来るかなって広めの駐車場ですが、空いています。
お店は、見た目はそんなに大きくないのですが、奥行きがあり、席数も結構あります。中央に厨房、左側に厨房向きのカウンター席、右側に小上がり、手前にテーブル席があります。どさん子を少し落ち着きのある内装にした感じです。6割ぐらいのお客さんの入りでしょうか?カウンター席の空いている席へどうぞとのこと、中央付近に座りました。
メニューは、味噌らーめん・辛味噌らーめんとそれらにトッピングを加えたものやセット、味噌マーボーめん、全粒粉つけめん、うどん粉で作った麺を使用したさぬき手打ちらーめんなどとトッピングを加えたものやセットなどがあります。全粒粉つけめんは、味噌・辛味噌・魚介醤油のつけダレも選ぶことができ、並(200g)・中(300g)・大盛(400g)、特盛(500g、+100円)と麺の量も選べるようになっています。ほとんどのメニューが大盛りが無料となっています。午後3時からは、博多とんこつらーめんとトッピングを加えたものが提供され、最初の替玉がサービスになります。他に1枚もので限定メニューがありますが、前回と変わらず冬季限定の村上牛炙り味噌ラーメンです。新潟県産をメインに五種類の味噌と背脂を独自にブレンド、味噌の濃厚さとキレを最大限に引き出したスープに、和牛日本一を獲得した村上牛を贅沢にトッピングした村上牛の旨味をプラスした新潟味噌ラーメンです。との説明があります。大つけ麺博2019出店ラーメンとも書いてあります。トッピングの追加も特製、村上牛増し、ねぎ増しもできます。大盛り無料で、特盛りもできます。前回食べていますが、好みなんでまた食べます。ちょっとアクセントを加え、村上牛炙り味噌ラーメン(大盛)+ねぎ増しにしました。
混んでいても出来上がりの早いお店です。今日もいつものように、早めに出来上がってきました。
味噌ラーメンらしい黒い器にたっぷりの野菜とお肉、濃厚そうな味噌味のスープです。こってりもしてそうです。
麺は、太い縮れでモチモチ感が強く硬めにゆでられています。
スープは、合わせ味噌で味噌味がしっかりし、甘みもいい感じです。それほど油っこいこってりはありませんが、背脂のようなものが浮いてそうです。器の内側周囲には、みぞれ煮(大根おろし)でしょうか?なんかそれっぽいものが浮いています。
トッピングは、村上牛の炙り、メンマ、もやし、おろし生姜、柚子皮、青ねぎなどです。村上牛の炙りは、米沢の松川弁当店の駅弁にも似た好みの味付けです。筋っぽい肉ですが、牛すじ煮みたいで、こらはこらでなかなか美味しくいただけます。
濃厚な味噌ラーメンに村上牛の牛筋煮込みをトッピングしたラーメン、おろし生姜と柚子皮、増量したねぎでとても爽やかにいただけました。村上牛炙り味噌ラーメン900円+ねぎ増し100円、合計1000円と高価なラーメンですが、牛筋煮込みとねぎがたっぶりでお手頃にさえ思える一杯でした。

| | コメント (0)

2020.02.18

大江戸

Photo_20200221023901

新潟市の「大江戸」です。
柾谷小路の先、新潟小学校と中央警察署の間の市立美術館方向への道沿いにあります。
信吉屋のワンタンメンを食べようとお邪魔しましたが臨時休業、最近食べていない近くの大江戸で食べようとお邪魔しました。
お店が見えてきました。店前に3台分の駐車場がありますが、軽トラックが1台だけの駐車、もしかして大江戸も臨時休業なのではと心配しましたが、営業していました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。定食が似合いそうな食堂といった雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りと空いています。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメンとそれらのチャーシューメン、塩と味噌のタンメン、焼きそば、冷やし中華、冷やし中華チャーシューなどがあります。全ての麺類が大盛りや特盛りも選べます。だいぶお腹も空いています。味噌ラーメンにしました。
食べ終わって帰るお客さんにスタッフが謝罪っぽいあいさつをしています。結構待ってもらったりしたようです。普段はあんちゃんとおばさん3人ですが、今日はおばさん2人です。こりゃしばらく待ちかなと思っていましたが、普通に出来上がってきました。
パステルカラーの鳳凰が綺麗な白い器にいろいろとたっぷりなトッピングがのってます。
麺は、細く弱い縮れ。その細さからくる優しい食感が心地良い麺です。食べ易い麺ですが、長い麺です。普通のラーメンのように食べると口の中に収まりません。
スープは、味噌味がしっかりしていながら油が少なくあっさりしてます。細麺と良く合います。半分ぐらい食べたところで辛味を溶かして味変を楽しみます。このスープのための辛味かと思わせるほど良く合います。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし、ほうれん草、ねぎなど。シンプルそうで見た目の通りのボリューム感です。
普通だったらちょっと物足りなく感じるスープかも知れませんが、細麺と相性が良く、さらに辛味を加えてと、味の変化を楽しくいただけました。トッピングもなかなかボリュームがあって、食べ終わる頃には普通盛りにして良かったと実感しました。味噌ラーメンは750円、今ではお手頃な印象です。

| | コメント (0)

2020.02.17

立喰そば 越善

Photo_20200219024301

上越市の「立喰そば 越善」です。
旧国道18号線沿い、北陸新幹線上越妙高駅の近くです。
上越での遅いお昼、お手頃に済まそうとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、手前に壁向きのカウンター席、中央や左側にテーブル席があります。カウンター席の場所が奥から手前に変わっています。社員食堂っぽい質素な雰囲気です。午後1時50分過ぎに着きました。ほんの数名のお客さんがいるだけですが、帰るまで途切れずに同じようにお客さんがいる状態が続きました。入ってすぐに食券販売機があります。
メニューは、かけ、玉子、山菜、天ぷら、ジャンボきつね、天玉、カレー、天ぷら卵とじ、冷しなどのそば/うどん/中華の麺を組み合わせたもの、和風中華(並・大)があります。半玉(麺)と大盛(1玉)のボタンもあり、麺の増量もできます。天玉丼、カレー丼、ミニカレー丼などの丼ものもあります。トッピングは、生玉子、きつね、もみのり、天ぷら、とろろ、チャーシューがあります。ライスセット(生玉子・漬物付)、おにぎり、ジャンボいなりなどもあります。天玉中華(+半玉)+チャーシューにしました。
食券を厨房前のカウンターに出して作ってもらいます。高速道路PA/SAの軽食コーナーと同じ注文方法です。
慣れた無駄のない動き、早めに出来上がってきました。
立喰らしい縁が茶で黒い器に天玉まではおそばのようですが、そこにチャーシューが加わりいつもと違う雰囲気です。
麺は、やや細の縮れ。プリプリ感のとても楽しい麺です。
スープは、関東風そばつゆです。鰹節の香りが爽やかです。
トッピングは、野菜かき揚げの天ぷら、生玉子、ねぎの天玉そばにチャーシューが加わります。何か複雑な感じです。
天玉そばの中華麺版です。うどん/そばのつゆで食べる中華麺もなかなかものです。チャーシュートッピングでラーメンぽくなるかと思いましたが、ラーメンに近づける必要もなかったような気もしてきます。和出汁のつゆで中華麺1.5玉、ちょうどいい量でした。かけ250円、天玉340円、半麺増60円、チャーシュー100円、ワンコインの昼食になりました。

| | コメント (0)

2020.02.16

SHINASOBA 颯々樹

Photo_20200219023801

新潟市の「SHINASOBA 颯々樹」です。
イオン新潟東から空港方向へ、賑やかな松崎にあります。
お昼も遅くなりやってそうな颯々樹にお邪魔しました。
お店の前、脇、後ろに駐車スペースがありますが狭めでいつも混んでいます。今日も前の駐車場は出し入れする車で混んでいましたが後ろの駐車場は空いていました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、手前にテーブル席、左側に個室風の小上がりがあります。綺麗な建物ですが、ちょっとカジュアルっぽい雰囲気もあります。午後2時20分過ぎに着きました。7割~8割ぐらいのお客さんの入り、カウンター席なら直ぐでもと案内されました。
メニューは、琥珀重ね醤油そば、琥珀重ね醤油めんま、琥珀重ね醤油あじたま、琥珀重ね醤油ちゃあしゅう、おこさま醤油そば、銀淡麗塩そば、銀淡麗塩めんま、銀淡麗塩あじたま、銀淡麗塩ちゃあしゅう、芳醇合わせ味噌、芳醇合わせ味噌ちゃあしゅう、中華そばなどがあります。期間限定とかコラボらしきメニューもありません。中華そばにしました。
メニューに説明がありました。アニマルフリースープ、鰹節をベースに鯖節、ウルメ干しを調合。スープには一切動物系の素材を使わず、乾物系のみで出汁を採り、当店自慢の『重ね醤油ダレ』で合わせた一杯。妥協を許さないシンプル&奥深さをお楽しみください。とのことです。
適度な賑わい、適度な待ちでで出来上がってきました。
黒い器で見え難い醤油色のスープですが期待できそうです。
麺は、細い縮れ、食感と噛み切れ具合が楽しい麺です。
スープは、醤油味があっさりのお吸い物のようです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎ、カイワレ、柚子皮などとてもシンプルですが、何か納得しちゃいます。
醤油味が前に出過ぎず、魚介系も出過ぎず、とても品の良い、和風を感じさせる中華そばでした。なかなか気に入っていただきました。680円とコスパもいい線でしょう。

| | コメント (0)

2020.02.15

中華食堂 よした屋

Photo_20200219022601

新潟市の「中華食堂 よした屋」です。
県道4号線赤道沿いのフレスポ赤道内にあります。「なおじ」→「麺や 吉風」があった建物になります。
FM PORTで美味しそうと紹介がありお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。間口は狭めですが、奥行きがあり、見た目以上に席数があります。白壁と木質調の深い色が対照的な落ち着いた雰囲気のお店です。午後2時過ぎに着きました。6割~7割程のお客さんの入りです。入口を入ると直ぐに食券販売機があります。
メニューは、中華食堂らしく中華系の定食や麺類、丼物までいろいろあります。麺類は、煮干し醤油らーめん、からし味噌らーめん、マーボー麺、旨煮そば、つけ麺、セットなどがあります。とても美味しそうなマーボー麺にしました。
混みもなく、普通の待ち時間で出来上がってきました。

Photo_20200219022602

黒く艶のある器に濃そうな麻婆が印象的な仕上がりです。
麺は、平打ちのストレートでモチモチ感の強い麺です。
スープは、麻婆と混じって判り難いのですが、醤油味のまろやかなもので、麻婆と混じっても香りは負けてません。
トッピングは、麻婆豆腐と青ねぎ、花椒が振り掛けられています。麻婆豆腐は、絹越し豆腐でしょっぱさ甘さはそれ程の濃さは感じませんが、全体的にかなり濃厚な仕上がりです。
煮干しの香りの強さと麻婆の味の濃さで食べ終わる前に飽きてきちゃいました。820円も今ならいい線でしょうか。

Photo_20200219023101

相方の食べた煮干し醤油らーめんです。650円です。

| | コメント (0)

2020.02.14

ラーメン のろし 本店

Photo_20200219021401

新潟市の「ラーメン のろし 本店」です。
県道16号線青山内野線沿いにあります。新潟西郵便局の斜め向かいの位置、「らーめん 侍元」だった建物です。
新潟市の中心地から西方へ移動中のお昼、最近の野菜不足を解消できればと思いのろしにお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に左側からから右側へ、向かい合わせのカウンター席、テーブル席、小上がりとなっています。使い込んだ木をイメージした雰囲気です。午後12時40分過ぎに着きましたが、他にお客さんが1人と何とも寂しい状況です。入口を入った先に食券販売機があります。
メニューは、ラーメン、みそラーメン、辛味噌ラーメン、塩ラーメン、汁なし、塩汁なしの各ラーメンがあり、それぞれ肉の枚数を1~3枚まで選べるようになっています。肉5枚のチャーシューメン、バターコーンラーメンがあります。他にも台湾まぜそば、激辛台湾ラーメン、担々麺などもあります。追加トッピング、サイドメニュー、セットも豊富です。基本的な線でいきます。ラーメン(肉1枚)+玉ねぎにしました。
お客さんも少ないのですが麺のゆで時間がかかっているようで、普通の待ち時間で出来上がってきました。

1

龍、双喜文、雷文の模様の昔ながらのラーメンのような器に、二郎系インスパイアらしい見た目です。
麺は、太い縮れの苦手な硬いゆで、先に野菜を食べて麺が軟らかくなるのを待って食べるといい感じです。
スープは、醤油味でラーメン二郎に似た豚の旨味を感じるもの。最初に野菜を浸して食べますが薄味です。しょっぱさが足りないと思いながら麺を食べ進めると、徐々に普通のしょっぱさに感じてきます。背脂は癖がなくまろやかです。
トッピングは、ゆで野菜とチャーシュー、玉ねぎです。ゆで野菜が山盛りは、ほとんどもやしでほんの少しキャベツが混じります。また、玉ねぎで背脂のこってり感が和らぎます。
ラーメン二郎インスパイア系のラーメンを久々にいただきました。背脂のこってり感もありめすが、野菜が多いのが嬉しく、ボリュームもあってお腹いっぱい楽しめました。ラーメン(肉1枚)が700円で、玉ねぎ100円、800円のお昼でした。安くはないけどいい線かなと思います。

| | コメント (0)

2020.02.13

麺や ようか

Photo_20200219020801

小千谷市の「麺や ようか」です。
国道117号線沿いにあります。小千谷IC近くの桜町上交差点から十日町方面に向かって割りと直ぐの左側にです。
鶏白湯と塩味を中心に新潟県にあまりない味のものも含めて提供してくれているお店です。食べていないラーメンも多いのですが、久々に食べてみようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前と右側に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。綺麗な洋食が出てきも良さそうな雰囲気のお店です。午後1時20分過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。入口を入った風除湿に食券販売機があります。
メニューは、特製塩そば、塩そば、鶏塩白湯ちゃーしゅう麺、鶏塩白湯麺、特製醤油そば、醤油そば、鶏醤油白湯ちゃーしゅう麺、鶏醤油白湯麺、味噌ちゃーしゅう麺、味噌らーめん、鶏味噌白湯ちゃーしゅう麺、鶏味噌白湯麺、特製うめ塩そば、うめ塩そば、煮干し中華、煮干しそば、旨辛醤麺、油そば、塩つけそば、塩もりそば、うめ塩つけそば、うめ塩もりそば、醤油つけそば、醤油もりそば、鶏塩白湯つけ麺、鶏醤油白湯つけ麺、鶏味噌白湯つけ麺、平日限定のよう二郎、本日の限定のジンジャーまぜそばなどがあります。追加トッピングやサイドメニューも豊富に用意されています。食券販売機の上には写真入りでトッピング、使っている麺の太さなど説明のあるパネルが貼られています。麺は、あっさり系に細麺、細麺と太麺から選べるものもありますが、太麺を使ったものが多くなっています。一度食べていますが煮干し中華にしました。
お店に入り、カウンター席の中央付近に陣取りました。
出来上がりの早いお店ですが、太麺のゆで時間でしょうか?ちょっと時間がかかって出来上がってきました。
白い器に醤油の美味しそうなスープ、その表面にはいい感じに背脂が浮き、彩りの綺麗な仕上がりのラーメンです。
麺は、平打ち中太の縮れが細かいものです。触感と噛み応えを楽しる麺です。なかなかモチモチ感の強い麺です。
スープは、煮干しのダシの旨味と風味の効いた醤油味で、適量の背脂がまろやかに仕上げてくれています。です。
トッピングは、ちゃーしゅう、メンマ、半味玉、ねぎ、カイワレ、紫玉ねぎなどで、彩りもなかなか見事です。
燕背脂系中華そばの新潟あっさり系中華そば寄りのような、とてもバランスの良い、好みのラーメンでした。麺の食べ易さ、スープの飲み易さ、充実したトッピング、ボリュームもありました。でも900円はちょっとお高い!でしょう。

| | コメント (0)

2020.02.12

中華麺食房三宝亭 四ヶ所店

Photo_20200219020101

上越市の「中華麺食房三宝亭 四ヶ所店」です。
国道18号線四ヶ所インターから三和方向へ向かった先の右側にあります。S e r i aと一緒の敷地、駐車場も共同です。
上越市での出張者との昼食、時間は適当にあり、出張者のしっかり食べたさそうな希望もあって三宝亭にしました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前と左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。ファミレスのような雰囲気です。午後12時50分に着きました。入口付近に4人のお客さんが待っている状態です。スタッフがお客さんの名前と人数を聞いてメモって案内するって方法らしいです。10分程待ってカウンター席に案内されました。
メニューは、とんこつ、しょうゆ、味噌、中華そば、中華系などを中心に豊富なバリエーションがあります。大勢で押し掛けても何かしらお気に入りがありそうな品揃えです。1枚もののメニューも何枚かあります。何度も食べていますが、冬の間に食べたい熱々の五目うま煮麺にしました。ランチタイムのサービスの半ライスもお願いしました。
待ちのお客さんが多く、少し待って出来上がってきました。
醤油色のあんかけがとても美味しそうです。ちょっと彩りが寂しいのですが、器の青いラインがさわやかです。
麺は、普通の太さの縮れの弱いものです。みんなが好きそうな無難な麺ですが、結構モチモチ感が強めです。
スープは、醤油味の中華風なまろやかなものです。あんかけなど他の味を邪魔しない癖のないスープです。
トッピングのあんかけは、白菜、人参、筍、青梗菜、椎茸、きくらげ、豚肉、海老、イカ、鶉の玉子など豊富な具材が入っています。見た目通りの醤油味で、醤油の旨さがしっかりしています。程好いしょっぱさと自然な甘さがあります。
麺のモチモチ感が強いので先にライスをいただきます。あんかけがいいおかずになります。麺、スープ、あんかけのバランがとても良く、楽しい昼食になりました。780円+税で858円。安そうに見えてそうでもないって感じです。

| | コメント (0)

2020.02.11

第28回 にいがた 冬 食の陣 当日座 partⅡ

28_10

新潟市で開催の「第28回 にいがた 冬 食の陣 当日座」に行ってきました。古町、万代シティ、新潟ふるさと村の3ヶ所が会場になります。一般的には2月8日~9日の2日間の開催ですが、新潟ふるさと村会場だけは11日までの4日間開催です。港グルメを食べようとお邪魔しました。
新潟港開港150周年記念で華麗なる開港5港の名物グルメが集結です。古町会場、万代シティ会場で食べられなかった長崎の名物グルメを食べます。バザール館の1階が会場で空いています。メニューは、長崎ちゃんぽんとトルコライス、長崎ちゃんぽんを食べようと思ってきました。500円か600円ぐらいだろうと思ってきたのですが、長崎ちゃんぽんは800円です。味的には良かったのですが、具の種類や量、麺も少なく、ちょっとがっかり。

| | コメント (0)

2020.02.10

ラーメン 山岡家 新潟新和店

Photo_20200211211901

新潟市の「ラーメン 山岡家 新潟新和店」です。
笹出線沿いにあります。新幹線高架下の西です。
本日オープンということで早速お邪魔しました。
お店の横にお店の建物と比べても広めの駐車場があります。賑わっていますが、すんなり駐車できました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、右側手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。新築で綺麗な店内です。午後1時過ぎに着きました。オープン日でスタッフも多く賑わっています。お店の中に6人程、風除室に2人の列び、記入用紙もないようなのでそのまま待ちます。
待ちの列びが進み、お店の中に入ると左側にタッチパネル式の食券販売機が2台あります。
メニューは、醤油ラーメン、特製味噌ラーメン、辛味噌ラーメンとそれらにネギやチャーシューを組み合わせたもの、プレミアム塩とんこつラーメン、ピリ辛ネギラーメン(醤油・味噌・塩)、つけ麺(醤油・味噌)、辛味噌つけ麺、ウルトラ激辛ラーメン、トッピングの追加やサイドメニューも揃っています。麺の硬さ、脂な量、味の濃さが調整でます。味玉1個かチャーシュー2枚というJAF会員の特典もあります。醤油ラーメンにしました。調整は普通、JAF会員特典は味玉にしました。
しばらく待ってカウンター席に案内されました。スタッフに食券を渡し、セルフサービスの水を持って席に座ります。
オープンでスタッフも大勢いますが、ゆで担当はひとり、ちょっと時間がかかって出来上がってきました。

Photo_20200211211902

水色の器にいかにも家系!って感じの仕上がりです。
麺は、やや太の縮れ、ちよっと元気が良過ぎて苦手です。
スープは、家系らしい豚骨が濃厚なもの、動物臭さも全然なくて、普通量の脂でもややこってり程度でしょうか。
トッピングは、チャーシュー、ほうれん草、海苔3枚、ねぎ、味玉などです。海苔3枚が中央にドーンとあります。
カウンターの上には、ニンニクや辛味などはありますが、擦り下ろした行者ニンニクはありません。途中から胡椒を入れてみました。味変より香変になってしまいました。
封印しようかと思っていた家系ラーメンですが、なかなか食べ易いものでした。臭みといやらしいこってり感がないのが良かったです。12日までオープン記念の100円引き、JAF会員特典あり、通常670円のところ570円でした。
餃子無料券とテッシュ1箱ももらっちゃいました。

| | コメント (0)

2020.02.09

吟醸味噌らーめん まごごろ亭

Photo_20200211203401

新潟市の「吟醸味噌らーめん まごごろ亭」です。
新潟駅南からの弁天橋通り沿いにあります。弁天橋の北詰すぐです。越後茶屋だった場所です。
あしらやしゃがらなどを展開する角中グループの味噌らーめん専門店。なかなかの人気店です。
帰省した子供が昼食に味噌ラーメンを希望、まごころ亭の味噌を食べさせようかとお邪魔しました。
午後1時20分過ぎに着きました。イベントなどもあり、待ちがないか、あってもそれほどの待ちはないだろうと思ってお邪魔しましたのですが、お店の外にまでおよぶ待ちになっています。店内、風除室、外と合わせて20人前後の待ちになっています。記入用紙などはなく、ただ列ぶようになっています。列んでいるとメニューが回ってきました。
メニューは、以下通りです。いろいろ悩むほど豊富な品揃えになっています。値上がりしたものもあります。
吟醸味噌らーめん
 特製吟醸味噌らーめん
 吟醸味噌らーめん
 吟醸味噌らーめん 味玉入り
 吟醸味噌らーめん ネギ肉入り
 吟醸味噌らーめん 野菜入り
 吟醸味噌らーめん かしら増し
 吟醸味噌らーめん 直火焼チャーシュー入り
海老辛味噌らーめん
 特製海老辛味噌らーめん
 海老辛味噌らーめん
 海老辛味噌らーめん 味玉入り
 海老辛味噌らーめん 直火焼チャーシュー入り
霜降り味噌らーめん
 特製霜降り味噌らーめん
 霜降り味噌らーめん
 霜降り味噌らーめん 味玉入り
 霜降り味噌らーめん ネギ肉入り
 霜降り味噌らーめん 野菜入り
 霜降り味噌らーめん かしら増し
 霜降り味噌らーめん 直火焼チャーシュー入り
胡麻香る濃厚担担麺
 特製担々麺
 担々麺
 担々麺 味玉入り
あっさり清湯旨味(古式熟成醤油)
 特製古式醤油らーめん
 古式醤油らーめん
 古式醤油らーめん 味玉入り
 古式醤油らーめん 直火焼チャーシュー入り
吟醸味噌つけ麺
 特製吟醸味噌つけ麺
 吟醸味噌つけ麺
 特製吟醸味噌霜降りつけ麺
 吟醸味噌霜降りつけ麺
 大盛無料
 トッピング無料(ゆず・おろし生姜)
トッピング
 味玉
 ネギ肉
 辛ネギ肉
 野菜増し
 直火焼チャーシュー
 からし増し
サイドメニュー
 唐揚げ
 旨辛唐揚げ 自家製辛口チリソース
 油淋鶏風唐揚げ
 旨辛焼き餃子
 チャーハン
お得なセット
 半チャーハンセット(Aセット)
 麻婆丼セット(Bセット)
 直火焼チャーシュー丼セット(Cセット)
 特製餃子5個セット(Dセット)
 唐揚げ3個セット(Eセット)
吟醸味噌らーめんのお店ですが、まだ食べたことのないものの中から古式醤油らーめんにしました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。ちょっと大きめでラーメン店らしい雰囲気、明るく綺麗なお店です。左端の6人は座れそうなテーブル席に案内されました。
待ちの間に注文できたので早めに出来上がってきました。
青の華やかな器に醤油色の濃いスープが美味しそうです。
麺は、やや太の縮れ。硬めでモチモチ感の強い麺です。
スープは、たまり醤油っぽい醤油味がしっかりしたものです。なかなかいい感じですが、油が多い最近ぽいものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、海苔、ねぎなどシンプルそうで充実してます。
麺はちょっと苦手なものでしたが、スープやトッピングはまあまあ好みのものでした。740円と醤油ラーメンとしてはかなりお高いですが、のんとなく納得してしまいます。

| | コメント (0)

2020.02.08

第28回 にいがた 冬 食の陣 当日座

28

新潟市で開催の「第28回 にいがた 冬 食の陣 当日座」に行ってきました。古町、万代シティ、新潟ふるさと村の3ヶ所が会場になります。2月8日~9日の2日間の開催、今年もバスでの会場入り、不便ながらも古町会場からお邪魔しました。
今年は、古町会場→万代シティ会場と梯子し楽しみます。
新潟港開港150周年記念で華麗なる開港5港の名物グルメが集結します。人気の高い、函館、横浜、神戸、長崎の名物グルメがやってきます。
古町会場は5番町~6番町のアーケードの下のみです。今年は区役所の工事もあって7番町では行われません。

28_02

最初は、万代島鮮魚センターからカキのがんがん焼き(3個入)と殻付ホタテ焼(3個入)、いずれも500円です。小振りながらお手頃です。

28_03

次に、開港5港の名物の函館港から「めん処 はなぶさ」です。函館産真こんぶ使用の函館塩ラーメンとにいがた食の陣限定メニューの北海道産岩のり塩ラーメンがあり、函館塩ラーメンを食べました。500円です。スープが美味しい。

28_04

とりかんです。半身から揚げと串からの2種の提供で、どちらもまだあります。串からを食べました。1本400円です。

28_05

今年も尾花沢ユキ食品の山形牛すじ煮を食べます。500円です。モチモチの牛筋で、とてもいい味が出ています。

28_06

もうひとつ開港5港の名物、神戸港から神戸牛プレミアムコロッケです。400円、お高いコロッケです。

万代シティ会場に移ります。バスセンター2階が会場でテントを連結させた広いスペース、風が当たらず助かります。

28_07

日本バーテンダー協会新潟支部の日本酒ベースのカクテルをいただきます。2020年のカクテルは“花雫”です。うららかな日差しの中、岸辺を彩る桜並木。色鮮やかなチューリップ。賑やかな花模様を水面に移し、春抱く信濃川。春のやすらぎ堤をカクテルで。越後鶴亀「純米吟醸 ワイン酵母仕込み」使用。スッキリとした味わい。と説明があります。使用材料は、日本酒、柚子リキュール、桜リキュール、グレープフルーツ・ジュース、グレナデン・シロップです。500円です。

28_08

いつもはあまり食べないパンは、フルーツサンドです。売り切れているものも多く、熊本さんのアンデスメロンのサンドです。550円とかなり奮発しました。

28_09

最後も開港5港の名物、横浜港から横濱ナポリタンです。横浜名物・清水屋有機ケチャップ使用とあります。600円です。昔ながらの懐かしい味のナポリタンです。

お腹もいっぱいなので帰ります。

| | コメント (0)

2020.02.07

本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ

Photo_20200209123101

新潟市の「本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ」です。
新潟駅前、旧東急イン脇の道を万代シティ方面へ、信号機のある交差点の先、第四銀行の裏の通り沿いにあります。
新潟駅前での昼食、せっぺなら新しいメニューがあるかも知れないし、新しいメニューがなくても最近テレビで取り上げられているチーズを使ったメニューもあります。どちらになってもいいかなと思いお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、左側と手前に厨房向きカウンター席が合わせて10席の小さなお店です。庶民的な雰囲気のお店です。午後12時20分過ぎに着きました。8人のお客さんですが、感覚が狭く窮屈ながら座れました。
メニューは、柚子香る潮、生姜香る醤油、麹香る味噌、鶏パーコー、焼きチーズ味噌、チキングリーンカレー、サバ味噌カレー、辛味噌野菜、ゴマ味噌タンタン、鶏ぎょーざなどがあります。サイドメニューがあります。ほとんどお客さんが注文するミニ丼で、めんたい高菜、鶏そぼろ、鷄天、チキンキーマカレーの4種類があり、いずれもプラス50円と破格です。トッピングは、鶏モモチャーシュー、鶏ムネチャーシュー、岩のり、穂先メンマ、チーズ、もやしがあります。ちょっと期待した新たなメニューはありませんが、予定の焼きチーズ味噌と鶏天にしました。
お客さんが多く、今までような早さはありませんが、普通の待ちで出来上がってきました。
メタル丼に盛り付けられてます。焼けたチーズと味噌味がしっかりしてそうなスープ、美味しそうです。
麺は、細い縮れです。プリプリ感がなかなか気持ち良く、モチモチ感もなかなか強めの仕上がりです。
スープは、白味噌寄りの合わせ味噌。味噌味が濃厚なものですが、適度な甘みに優しさがあります。
トッピングは、鶏チャーシュー、メンマ、チーズ、もやし、ほうれん草、ミニトマト、ねぎなど充実しています。チーズをトッピングしてからバーナーで焼いてます。焼けたチーズがスープの熱でも溶け出し良く麺に絡まります。
細麺のプリプリした食感と味噌味が濃厚なスープ、そこにチーズが絡みます。充実を越えたトッピングで850円、納得の焼きチーズ味噌ラーメンです。
とり天丼は、とり天に天丼のタレが合います。量もあり50円はお得です。合計で900円。味も好みでお腹もいっぱいになって、かなりお手頃なお昼です。

| | コメント (0)

2020.02.06

一味ラーメン

Photo_20200209122701

新潟市の「新潟三越」で開催されている『大九州物産展』、今日のお昼はイートインの九州ラーメンです。
バスの中でラーメンの写真が載った広告が、伊勢丹か三越っぽく、もしやってなくても三彩で中華でも食べればと思いながら三越にお邪魔しました。なかなか食べられない九州ラーメンが食べられるのですから、楽しみにお邪魔しました。
会場は7階の催事場ですが、とても空いています。
イートインは、半分ぐらいのお客さんの入りです。
今回の出展は福岡県久留米市の「一味ラーメン」です。
メニューは、味玉入りラーメン、ラーメン、のり・ネギラーメン、チャーシューメン、全部入りラーメン、替玉があります。おすすめだろう味玉入りラーメン+替玉にしました。
テーブル席に座ると水が運ばれてきて食券の半券が回収されます。替玉は後で、ラーメンのみをお願いします。麺の硬さ(バリやわ~バリかた)と薬味(うまみ:薬味なし~3倍)の調整を聞かれます。どちらも普通のままにしました。
九州ラーメンですが、普通の待ちで出来上がってきました。
赤いワンポイントの白い器に盛られてきました。濃厚な豚骨ではなく、かなりあっさりしてそうな豚骨です。
麺は、極細のストレートか、噛み応えの楽しい麺です。
スープは、豚骨のあっさりでかなりの薄味に感じます。
トッピングは、チャーシュー、きくらげ、味玉半個、青ねぎ、薬味(うまみ)などです。きくらげと青ねぎはたっぷりです。薬味は最初はなしで食べ、替玉は全量をスープに溶かしていただきました。薬味の説明もありますが唐辛子中心の辛味で、豚骨との相性もなかなか良いものでした。
好きなあっさりの豚骨ラーメンですが、かなりしょうぱさを控えたスープでした。薬味も豚骨には珍しく楽しめました。お店で食べると600円のラーメンがここでは742円。味玉入りラーメンは891円、味玉半個が150円もします。替玉は142円。合計1032円、高(たか)!

| | コメント (0)

2020.02.05

らーめん 六綵亭

Photo_20200209122201

新潟市の「らーめん 六綵亭」です。
古町エリアは東堀前6番町、アパホテル向かいの路地を入った気付き難い所にあります。
久々に六綵亭のお手頃な醤油味のラーメンを食べようかと思いお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席が5席、左側にテーブル席2卓があります。小さめで木の質感が良く、小料理屋でも良さそうな雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。6割~7割のお客さんの入りでしょうか。カウンター席1席とテーブル席1卓が空いています。同僚との昼食、混んでいたら他店へと思いながらお邪魔しましたが、テーブル席に座ることができました。
メニューは、みそラーメン、野菜みそラーメン(野菜がみその倍)、タンメン、麻婆味噌ラーメン、ラーメン、冷し中華(夏季限定)があります。麺の量は、普通150g、中盛200g、大盛280gで、中盛が50円増し、大盛が150円増しです。トッピングは、チャーシュー、メンマ、バター、コーンがあります。厨房前の垂れ壁に“みそラーメンつけ麺風はいかがですか?”と貼紙があります。みそラーメンも美味しそうですが、ラーメン(中盛)にしました。
店主1人でこなしているお店です。手際は良いと思いますが、待ちのお客さんが多い時はどうしても時間がかかってしまいます。今日は、待ちのお客さんが少なく2巡目でしょうか。普通の待ちで出来上がってきました。
白い器にあっさりしてそうな中華そば風のスープ、ほうれん草が彩りを添えてます。
麺は、やや細の縮れ、ツルツル感が心地よく、モチモチ感がちょっと強めの麺です。
スープは、醤油と塩の中間のような見た目通りの味で、あっさりで旨味もあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、玉ねぎと充実してます。
食感の良い麺とあっさりスープ、シンプルだけど品と量のあるトッピング、整った一杯でした。通常のラーメンが500円で値上がりなし、中盛りのいい感じの量で550円。新潟市中心地と思えないお手頃感です。

| | コメント (0)

2020.02.04

中華 白寿

20200204

新潟市の「中華 白寿」です。
古町エリア、西堀通と古町通の間にあります。新潟三越の西側西堀通にある交差点の向かい、路地の先の右側です。
今日こそ信吉屋で食べようと思います。比較的空いているはずの火曜日、正午ちょっと前に着きました。しかし、暖簾が外され、中で2人~3人ほど待っている状況です。
それならコスパの良い白寿で食べようとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房があり、その中央寄りと手前に厨房向きのL字型のカウンター席が、左側にはラーメン丼2個がちょうど並ぶ小さな2席のテーブルが2卓あります。少し歴史を感じさせる小さなお店です。正午過ぎに着きました。カウンター席が1席の空き、テーブル席は全然空いています。
メニューは、ラーメンとうま煮そば、大盛りの対応もなく、サイドメニューもトッピングの追加もありません。ラーメンかうま煮そばのいずれかを注文するしかないです。と言ってもうま煮そばが人気のお店。ほとんどのお客さんがうま煮そばが目的です。ラーメンを食べる人とは年に1回遭遇するか?どうかって感じです。『うま煮そば!』と注文を言いなから左側奥にある冷水機までセルフサービスの水を取りに行きます。
いつも通りで親父さんとおばさんの2人。親父さんがうま煮を作り、おばさんがそのうま煮でうま煮そばを作ります。
うま煮そばのうま煮は、大きな中華鍋で10人前程度の量を一度に作ります。最近は、うま煮がなくなる前に作り始めるので待つことがなくなりましたが、大勢のお客さんが一機に来るとうま煮の出来上がりを待つこともあります。
今日は中華鍋に半分程度のうま煮があり、次のうま煮を作っている真っ最中って感じです。
ご飯用の羽釜で麺をゆでます。木蓋に麺をのせ、温めながらほぐしています。その麺を鍋に入れ、茹での合間に器を用意、タレを入れ、スープを張ります。短い時間ですが、そのスープの準備が整う頃には麺も茹で上がります。麺を湯切りし、器に入れ整え、中華鍋のうま煮をかければ出来上がります。
待ちのお客さんも少なくなくもう作りかけに見えましたが、間に合ったようでとても早く出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器の表面をいつもと変わらない飴色の美味しそうなうま煮が覆っています。
麺は、かなり細めのしっかりした縮れ。口の中に当たりが良く、シコシコした歯応えも楽しいです。
スープは、うま煮と混じり判り難いのですが、魚介系の香りのあっさりしたもの。混じるとまろやかです。
トッピングは、キャベツ・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉などのうま煮のみで、ニンニクも少し効いています。野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。出来上がって程ほどの時間が経っていて、程ほどに馴染んだうま煮です。
細縮れで食感のいい麺とあっさりしたスープ、うま煮がとても良く絡みます。今日は、中華鍋の中で程良く馴染んだ、ヘルシーなうま煮をいただきました。ワンコイン500円、本当にいいの?って感じのありがたいお手頃感です。
お店に入った時に半分くらい食べ終わっている年配女性の2人組がいたのですが、お会計の時にお店のおばさんが『どちらも500円!』と言ったら、ラーメンを食べただろう1人の年配女性が『うま煮そばも500円!』と驚いた様子、ラーメンを食べたようです。

| | コメント (0)

2020.02.03

中華麺食房三宝亭 四ヶ所店

Photo_20200209112101

上越市の「中華麺食房三宝亭 四ヶ所店」です。
国道18号線四ヶ所インターから三和方向へ向かった先の右側にあります。Seriaの駐車場内です。
上越での昼食ですが、時間的余裕もなく、出来上がり時間の確かな三宝亭で食べようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前と左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。ファミレスのような雰囲気です。午後12時30分に着きました。7割~8割程のお客さんの入り、カウンター席に案内されました。
メニューは、とんこつ、中華系、しょうゆ、味噌、中華そばを中心に豊富なバリエーションがあります。大勢で押し掛けても何かしらお気に入りがありそうな感じです。1枚もののメニューも何枚かあります。その中にもありますが、お店の外の幟にもあった三宝セットの復活が気になります。ラーメンとチャーハンのセットです。メニューには、ラーメンと中華飯をセットにした三宝中華飯セットもあります。あまり欲張らず三宝セットにしました。
説明があります。三宝亭自慢の究極の炒飯と、セット専用に仕立てたあっさり和風の醤油らーめん。この黄金コンビをぜひご賞味ください! とのことです。
混みもなく、想定通り早めに出来上がってきました。
ラーメンとチャーハンのシンプルなセットです。
パステル色の鳳凰の白い器にシンプルな盛り付けです。
麺は、細い縮れ、食感が良く、モチモチ感もあります。
スープは、魚介系の香りが優しい醤油味。あっさりそうですが少しの背油でまろやかな仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、小松菜、ねぎです。
細麺がいいですね。背脂なしのあっさりの方が好みのような気もしますが、このまろやか仕上りも悪くないです。
チャーハンは、いい感じに味がついていて、お米も変な硬さがなく、具はちょっと多めでしょうか。
シンプルなラーメンと仕上がりの良いチャーハンの組み合わせはなかなかのものでした。790円+税でちょっとお高いセットになりましたが、レベルは高いとおもいます。

| | コメント (0)

2020.02.02

ラーメン まっくうしゃ

Neo

新潟市の「ラーメン まっくうしゃ」です。漢字表記では“真喰者”です。
上近江、笹出線のジーンズショップアメリカ屋の裏です。
「いっとうや」の新コンセプト店で、新味を楽しめます。
こちらもBSN水曜見ナイトで紹介されました。食べたことのない新メニューを食べようかとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席と大きめのテーブル、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。木を基調とした真新しい雰囲気のお店です。午後1時10分過ぎに着きました。風除室に10人ぐらいの待ち、入口に番号の書かれたカードがあり、1枚のカードを取って待ちます。
風除室で待っている間にスタッフがメニューを持ってきてくれ、少し時間をおいて注文を取りにきます。
メニューは、醤油(アジ×煮干)、塩(えび×鯛)とそれらにめんまやちゃーしゅうを加えたもの、つけめん、辛つけめん、塩つけめんがあります。つけめんは大盛り無料です。ミニ丼類やライスを始めとする飯類などのサイドメニューも充実しています。通常のメニューの他に1枚もので期間限定メニューがあります。NEOブラックです。関ヶ原×ブラックペッパーと書かれています。大盛と半ライス付も用意されています。予定していたNEOブラック(半ライス付)にしました。
そこそこ待った後、カウンター席に案内されました。
混みもありますが、早めに出来上がってきました。
赤いラインの白い器に醤油色の濃いスープが特徴的です。
麺は、細麺で弱く細かなウェープはありますがストレートでしょうか。細いのにしっかりしたモチモチ感があります。
スープは、醤油味が濃厚でしょっぱめですが、ブラックラーメンにしては優しく、甘みや旨みが楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、極太メンマ、レタス、紫玉ねぎ、ねぎなどです。そして全体にたっぷりの粗挽黒胡椒が振り掛けられています。黒胡椒の香りが覆っています。
食べ易い麺、関ヶ原たまり醤油の旨さと胡椒の香り、濃厚な醤油味を存分に楽しめるラーメンでした。880円と安くはありませんが、お気に入りのラーメンです。半ライス付が900円と是非いっしょに食べて欲しいのが判り易いです。

| | コメント (0)

2020.02.01

新潟市岩室観光施設 いわむろや

Photo_20200203003501

新潟市(旧岩室村)の「新潟市岩室観光施設 いわむろや」です。
岩室温泉の東側(巻寄り)、旧新潟市から新潟寺泊線で入りました。岩室温泉の手前で右折するとその先にあります。
BSN水曜見ナイトで紹介されました。あまり食べたことのないようなラーメンでした。食べようかとお邪魔しました。
お土産や特産品の販売、農産物等直売、食堂、観光案内、展示スペース、足湯などからなる大きな観光施設です。足湯は繋がってはいますが、別棟になっています。お土産や特産品の販売と農産物等直売所の近くに食堂があります。食堂は、広い畳のスペースに座卓が整然と並んでいます。休憩スペースに置かれたテーブル席でも食べられるようです。午後2時20分過ぎに着きました。午後2時30分までの営業なのでスタッフに聞くとまだ大丈夫とのことです。数組のお客さんがいる程度です。販売等と共有のレジで先に注文するようです。
メニューは、ラーメン、塩ラーメン、もやし味噌ラーメン(本日休み)、磯のりラーメン、とんこつラーメン(本日休み)、黒いラーメン、カレーライス、カツカレー、おにぎり定食、もつ煮定食(本日休み)、タレカツ丼(本日休み)があります。別の貼紙で、ごはん類終了いたしました。っていうのもあります。予定の黒いラーメンにしました。
代金を支払うと番号の書かれたマグネットが渡されます。セルフサービスの水を用意して空いた席に移動します。
混みもなく、そこそこ早めに出来上がってきました。

Photo_20200203003502

綺麗な鳳凰の模様が入った白い器に普通のラーメンといった感じ、ほんのちょっと背脂が浮いています。

Photo_20200203003601

麺は、取り出してビックリ、テレビでは見ていたものの本当に黒い麺です。普通の太さの縮れでツルツルしています。ラーメン店のような変な硬さもなく食べ易い麺です。竹炭+企業秘密で黒色らしいのですが…、イカ墨かな?
スープは、醤油味ですが醤油味を前面に出さず、出汁の旨さで食べさせたくれるタイプのもの。あっさりのようなまろやかなような、背脂の優しさが楽しめるスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、わかめ、海苔、ねぎなどです。たっぷりのスープに隠れています。
麺の色が普通の麺の色だったらいいラーメンでした。って終われそうです。目隠しとかしたら普通のラーメンだと思うでしょう。750円で楽しめましたからいい線でしょう。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ