« 元祖支那そば 信吉屋 | トップページ | ごはん酒場 大福家 »

2020.03.18

チャーハン亭 佐咲

Photo_20200320023701

新潟市の「チャーハン亭 佐咲」です。
県道290号線沿いにあります。東新潟駅前地域、第四銀行の隣です。「中華料理 佐敦」→「SAKASA-FUKU」→「らーめん亭 にしやま」の建物が、ほぼそのまま使われています。
チャーハンがメインのお店ですが、ネット情報を見る限り、麺類も頑張っていそうで食べたくなってお邪魔しました。
お店の前に3台分と右横の駐車場に5台分の駐車スペースが確保されています。午後1時過ぎに着きました。にしやまのときのような混みもなく、すんなり駐車できました。
お店は、奥に厨房、手前に配膳スペース、その手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、右側にテーブル席があります。その手前に待ちのスペースがあります。洋食も似合いそうな華麗なお店です。6割~7割のお客さんの入りです。お店に入ってすぐの左側に食券販売機があります。
前に家族連れのお客さんがいて、選ぶのにかなり時間がかかっています。買い終わってようやくお店の中に入ります。
メニューは、炒飯、五目あんかけ炒飯、ガーリック肉炒飯、海老炒飯、ほうれん草としらすと桜海老の炒飯、キムチ炒飯、五目中華飯、牛すじ飯温玉のせ、五目あんかけらーめん、海老あんかけらーめん、らーめん(正油・塩)、らーめんハーフ(正油・塩)、餃子(6ケ、3ケ)などがあります。シンプルに…炒飯+らーめんハーフ(醤油)にしました。
食券を購入すると空いてるカウンター席に案内されました。
前々のお客さん、次に家族連れのお客さんの作りとなってます。そこそこの時間がかかって出来上がってきました。

Photo_20200320023702

お盆にのって一緒に運ばれてきました。炒飯、炒飯のスープ、らーめんハーフ(醤油)、炒飯はスープ付きでした。
炒飯は、白く中央部のみが深めの掬い易い器に盛られてきました。パラパラしていい味付けですが、お米の美味しさがどうも好みと違います。家庭的な炒飯の方が好きです。
炒飯のスープは、醤油味のあっさりした好みのスープです。
らーめんは、ハーフらしい白い器に盛られてきました。
麺は、細く弱い縮れ。あっさりに合いそうな好みの麺です。
スープは、豚骨が濃厚でこってり感のあるもの、ちょっと動物っぽい感じの苦手なスープです。胡椒多めでいただきます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎなどです。ハーフですがまあまあしっかりしています。
麺は好みでしたが、スープだけが好みと違いました。炒飯用のスープって感じで注文したのですが、肝心なスープが好みと違うのはかなり残念でした。らーめん通常盛りが690円で、ハーフサイズは390円、まあまあいい値段でしょうか。
炒飯が590円とお手頃で、ハーフのらーめんを加えて980円、あっ!やっばり少しお高いような気がしてきました。

|

« 元祖支那そば 信吉屋 | トップページ | ごはん酒場 大福家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元祖支那そば 信吉屋 | トップページ | ごはん酒場 大福家 »