« 極濃湯麺 フタツメ 白根大通店 | トップページ | チャーハン亭 佐咲 »

2020.03.17

元祖支那そば 信吉屋

20200317

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町にあります。古くからの市場風なお店や新しいお洒落なお店が並ぶ人情横丁の建物の東堀通寄りにあります。
信吉屋のワンタンメンが食べたかったのですが、タイミングが合わなくて4連敗中です。麺切れ、臨時休業、麺切れ、ワンタン切れです。それでも前回は、支那そばが食べれたので救われました。今回も先に昼食を食べてから移動した方が良さそうなので、ちょっと早めにお邪魔しました。
前回は水曜日の午前11時30分過ぎでワンタン切れ、今回は比較的空いていると言われる火曜日の午前11時30分前です。
お店が見える場所まで来ました。比較的空いている火曜日、お店の外にまでおよぶような待ちの列びは見えません。
お店は、間口が広くあまり奥行きのない造りで、奥に厨房、手前にカウンター席が8席だけの小さなお店です。昭和を感じさせる、懐かしい、レトロな雰囲気が好きなお店です。
ワンタンがなくなると厨房の中央にある冷蔵庫に貼り出される“ワンタン売り切れ”の貼紙ですが、今日はまだ貼り出されていません。時間が早かったこともあり大丈夫そうです。
心配した混みも半分程度のお客さんの入りと空いています。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタンがあります。ワンタンメンが人気です。夏季限定で冷し中華があります。こちらもワンタンメン同様の人気です。麺の量は、普通、中盛、大盛があり、普段はお得感のある中盛にしています。予定通りのワンタンメンの中盛りにしました。実際は、おばさんに『今日はワンタンあるよ!ワンタンメンの中ね?』と聞かれて『はい!』と返事をするだけです。
食べていないお客さんが1人で、そのお客さんのを作り始めていました。次に作ってもらえるだろうと思っていましたが、間に合ったようでとても早く出来上がってきました。
艶のある渋い黒い器に澄んだスープが品良く盛られてます。
麺は、細麺の弱い縮れ。ラーメンぽくない麦が優しい印象の、シコシコした歯応えと適度なモチモチ感の楽しい麺です。
スープは、塩味のすまし汁のよう、透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。
トッピングは、弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、肉団子に近い大きな挽肉を包んだ軟らかなワンタン、メンマ、季節の野菜、鳴門、ねぎなどです。季節の野菜は、きぬさやなどのときもありますが、この時期は小松菜です。ねぎは輪切りで、スープと絡まり香りと味わいを楽しめます。
歯切れの良い麺とお吸い物かのようなスープ、もう和食の領域の麺料理です。溶ろけるようなワンタンはボリュームもあります。ワンタンメンの中盛り、これで800円はお手頃です。
その後、お客さんがぱったりと来なくなり、しばらくして3人ほど来てワンタンメンを注文、それでもワンタンはまだあります。日によってまちまちのようです。

|

« 極濃湯麺 フタツメ 白根大通店 | トップページ | チャーハン亭 佐咲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 極濃湯麺 フタツメ 白根大通店 | トップページ | チャーハン亭 佐咲 »