« 縁 China | トップページ | 麺屋 仁 »

2020.04.02

小嶋屋総本店 亀田インター店

Photo_20200406012201

新潟市の「小嶋屋総本店 亀田インター店」です。
新潟駅南口からの弁天橋線沿い、ムサシの手前にあります。
春の山菜も出てきたのでは?とお邪魔しました。
お店は、大きな蕎麦屋さんで、暖簾で仕切られ個室風なテーブル席や小上がりの多い、和食レストランといった雰囲気です。午後12時40分過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りで、テーブル席・小上がりても好きな席をどうぞってことで、テーブル席で食べることにしました。
メニューは、へぎそばなど、冷たいお蕎麦と温かいお蕎麦、天ぷら、お寿司、丼物、はじめとする一品料理、それらを組み合わせたお膳など豊富に揃っています。春の味覚まつりと題した1枚もののメニューがあります。たけのこ御飯膳、春彩天へぎ、春のかき揚げ丼膳、ご馳走ちらし膳、レディース膳などがあり、桜海老やほたるいかなど春の食材を使った一品料理を加えることもできます。他にもう逸品、山菜天へぎがあります。この時期ならの葉物系山菜とはまだ早く、あまり使われません。他のメニューは食べているものが多く、山菜天ざるの得盛り+大根おろし+とろろにしました。
空いているためでしょうか?早めに出来上がってきました。
山菜天ぷらとせいろに手振りで綺麗に盛り付けらています。
お蕎麦は、普通の太さ、布乃利(海草)が繋ぎの十日町や小千谷など中越地区独特のものです。とてもツルツルした触感と強いコシによる噛み応えを楽しるお蕎麦です。
そばつゆは、鰹節の風味と昆布の旨味、醤油味とまろやかさが楽しめもの、安心できる一般的なバランスのものです。
山菜の天ぷらは、ふきのとう、こごみ、タラの芽、うるい、ウド、たけのこの天ぷらです。藻塩か抹茶塩で食べて欲しいとのことで、天つゆや大根おろしは付きません。天つゆで食べられないのはちょっと残念です。藻塩や抹茶塩で楽しんだ後、おろしそばも楽しめるように注文した大根おろしをそばつゆに入れ、そのおろしをのせ天ぷらも楽しみます。
お蕎麦をそばのみ、つゆのみ、山葵+ねぎ、大根おろし、とろろ、味の変化を楽しみ、残ったそばつゆにそば湯を入れて飲みます。ゆす辛子を入れるのが楽しみになっています。
山菜天へぎの得盛りが1738円、大根おろし・とろろが各110円ということで、ほぼ2千円の豪華お昼でした。

|

« 縁 China | トップページ | 麺屋 仁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 縁 China | トップページ | 麺屋 仁 »