« 麺屋 愛心 河渡本店 | トップページ | 柳麺 竜胆 »

2020.08.05

石焼らーめん火山 弁天橋通店

火山弁天橋通店 ホルモンらーめん(並辛)

新潟市の「石焼らーめん火山 弁天橋通店」です。
新潟駅南口からの弁天橋通り沿い、弁天橋先の右側です。
栃木県を中心に展開するチェーン店です。県内は新潟市の松崎店が閉店したため、この弁天橋通店だけになりました。
熱々の石焼ラーメンを提供してくれるお店ですが、しっかり夏メニューもあります。食べてみようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前と左右にテーブル席、1卓だけですが小上がりもあります。ファミレスのような雰囲気のお店です。午後12時30分頃に着きました。3割~4割ぐらいのお客さんの入りと空いています。
メニューは、完熟味噌らーめん、白味噌らーめん、雷味噌らーめん、担々麺、焦がし焼豚麺、醤油ら、塩らーめん、とんこつらーめん、醤油つけ麺、味噌つけ麺、三代目濃厚つけ麺などの石焼きのらーめん・つけ麺があります。東風雷麺、みそらーめん、しょうゆらーめん、ちゃーしゅーめん、おこさまらーめんなどの一般的などんぶりらーめんもあります。サイドメニューや追加トッピング、平日限定のランチもあります。今年もアツい夏がやってきた!で始まる1枚もののメニューがあります。石焼灼熱炎の旨辛 ホルモンらーめんです。並辛・激辛・猛辛の3段階の辛さが用意されています。スタッフに冷やし系メニューの確認をしましたが、今年は提供がないとのことでした。テイクアウトの提供で大変なのでましょう。ホルモンらーめん(並辛)にしました。
石焼らーめんの食べ方を書いた紙(A3大)が来ました。それからホルモンラーメンが来ました。出来てきましたといつもは言っていますが、これは来てから出来るのでちょっと普通のラーメンとは違います。焼いた石鍋(ビビンバと同じもののようです)に麺と具を入れたもの、スープ、タレ、卵黄、ガーリックオイル、茶碗とレンゲがお盆で登場しました。
沸騰したスープが自分の方に飛ばないようさっきの紙で壁を作ります。スタッフが石鍋にスープを入れるとたちまちスープが沸騰します。そこにタレを入れ、タジン鍋のような蓋をし、2分の砂時計をセットし、スタッフが戻ります。
砂時計の2分間待ったら蓋を取り、茶碗に取って食べます。
麺は、普通の太さの縮れ。ぷりぷり感の歯ごたえがあり、かなり食感の良い麺です。石焼用の器で一般的なものよりも高温で茹でられるためしょう。今日は焦げがありません。
スープは、味噌味のような?担々味のような?具材の旨みが出ているのでしょう旨味があります。結構辛いです。
トッピングは、モツ・もやし・人参・玉ねぎ・ニンニクの芽などで、野菜が食べ易くなっています。卵黄をのせます。
熱々に辛味、汗を拭き拭きいただきました。石焼らーめんは麺がとにかく好みのです。夏でも頑張って食べられました。結構楽しめましたが税別で900円、ちょっとお高いです。

|

« 麺屋 愛心 河渡本店 | トップページ | 柳麺 竜胆 »

コメント

ここの冷やし担々麺が凄く美味しくて、今年はあるかなぁと思い連絡したら、今年は冷やし担々麺はしないそうです(T.T)
東横もしないそうです。
やはりコロナの影響なんでしょうか・・。残念です。

投稿: まろん | 2020.08.08 19:30

>まろんさん

ありがとうございます。

スタッフにちょっと余裕がないとできないんでしょう。テイクアウトで労力を浪費してしまうんじゃないでしょうか。ラーメン店より食堂の方がありそうです。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2020.08.09 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麺屋 愛心 河渡本店 | トップページ | 柳麺 竜胆 »