« らーめん 麺華 | トップページ | らーめん 丸木屋 »

2021.05.15

回転寿司 スシロー 新潟赤道店

スシロー新潟赤道店 魚介に超惚れこんだ塩ラーメン

新潟市の「回転寿司 スシロー 新潟赤道店」です。
赤道の藤見町交差点角、パチンコ店の敷地内にあります。
テレビ番組でスシロー創業祭「超すし祭」第一弾 さかなや渾身が紹介されていました。また、新宿の超人気ラーメン店の「麺屋 海神」とのコラボ、魚介に超惚れこんだ塩ラーメンが提供されています。食べてみようとお邪魔しました。
午後2時20分過ぎに着きました。パチンコ店との共有の広い駐車場は、スシローの近くに空きはありませんが、パチンコ店からも遠い辺りはガラガラ、すんなり駐車できました。
お店は回転寿司そのもの、家族連れが利用し易いようにテーブル席が多く、カウンター席もあります。待ちのスペースにお客さんはいません。お店に入ってすぐのタッチパネル式端末に人数と席の希望を入力します。そのまま席の番号が書かれた紙がプリントされました。指定の席へと移動します。
テーブル席に移動すると超すし祭のメニューがありました。その前に味噌汁代わりのラーメンを注文しましょう。東京・新宿の超人気塩ラーメン専門店「麺屋 海神」とのコラボ、魚介に超惚れこんだ塩ラーメンです。スープが主役の至福の一杯。こだわりのおだし、鯛・はまち・まぐろ・昆布・国産塩。毎日仕入れる新鮮なさかなのアラを火で炙り、丹念に炊き上げて取るだしには、魚介の風味がギュッと凝縮。日ごとに変わるスープが特徴の塩ラーメンが抜群の美味しさです。鯛・ハマチ・まぐろのアラを丁寧に煮出した炊き出しスープ。こだわりの魚介ラーメンスープを味わう至福の一杯。などの説明の言葉が並んでいます。どんなものでしょう?
次にテレビでも紹介されていたメインの注文です。超すし祭から八洲水産のまぐろ、天然本鮪と天然インド鮪食べ比べ、各々の大トロ, 中トロ, 赤身です。本鮪は単品での提供がないのでこの食べ比べを注文するしか…。策略にハマります。
タブレット端末で注文します。使い易い構成でページ遷移も容易です。注文したものは一般のお寿司と同じレーンで運ばれます。お寿司はさび抜きで、セルフで山葵を加えて食べます。山葵たっぷりも可です。お寿司はあまりというかほとんど回っていません。食べたいお寿司も適当に注文します。
席毎に色名前があり、その色が書かれた台にのって注文した品物が流れてきます。タブレット端末からも注文した品物が近くまでくるとアナウンスが流れるようになっています。
ラーメンが出来上がるまでお寿司を食べながら待ちます。
混みもあり少し待ってラーメンが出来上がってきました。
黒い器に油の多く浮いたすまし汁のような仕上がりです。
麺は、乾麺っぽいやや太めのストレート。モチモチです。
スープは、鯛と昆布の旨味の強い、塩が自然なものです。
トッピングは、魚チャーシュー?、ねぎ、糸唐辛子です。
ボルュームは、ハーフより気持ち多めかなって量でした。
麺は相変わらずの苦手な麺、スープは絶品と言えるとても美味しいものでした。418円と少しお高いすまし汁でした。

スシロー新潟赤道店 天然本鮪と天然インド鮪食べ比べ

天然本鮪と天然インド鮪食べ比べです。天然本鮪と天然インド鮪各々の大トロ, 中トロ, 赤身です。本鮪美味しいです。回転寿司で出てくるようなものじゃないです。インド鮪は脂ののりが良く、赤身でも中トロのようです。1078円と回転寿司ではお高いお寿司になりますが、それでもお得です。
軍艦巻きなどお寿司を食べて2156円のランチでした。

|

« らーめん 麺華 | トップページ | らーめん 丸木屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« らーめん 麺華 | トップページ | らーめん 丸木屋 »