« 中国料理 大南楼 | トップページ | 大江戸 県庁前店 »

2021.07.24

水産食堂

水産食堂 まぐろ丼

水産食堂 まぐろ丼 アップ

新潟市の「水産食堂」です。
国道7号線(新新バイパス)竹尾ICから県道4号線を横越方面へ、左側の新潟市中央卸売市場の中央棟の2階にあります。
連休の最中、激しい混みはないだろうとお邪魔しました。
午前11時40分過ぎに着きました。新潟市の中央卸売市場は、水産・青果・花きを扱う大きな市場でもお昼近い時間は業務も終わり、とんでもなく広々した駐車場はガラガラです。
お店は、中央棟2階、事務所って感じの廊下の先にあります。大小テーブル席のみのブッフェスタイルです。入口を入ってすぐ左側にある食券販売機で食券を購入し、右側の給茶器でお茶や水を用意、お盆を持ってカウンターで食券と引き換えに品物をもらい、テーブル席へと移動する方法になります。社員食堂風でピア万代の「地魚食道 瓢」に似ています。
メニューは、 A定食、B 定食、C定食、丼ぶり、刺身定食、ローストビーフ丼、カルビ丼(木曜日限定)、うなぎ丼、海鮮丼、特選海鮮丼、まぐろ丼(土曜日限定)があります。ライス大盛の食券もあります。特選海鮮丼だけ売り切れです。他はあります。土曜日限定、予定のまぐろ丼にしました。
お客さんの入りは4割~5割程度てしょうか?余裕です。
カウンターに食券を出すとすぐに作り始めます。小皿にお新香が数種類あり、好きなものを選びます。出来上がったまぐろ丼と醤油皿をお盆にのせ進みます。具の入った椀に味噌汁を注ぎ、好きな席へ移動します。吹き抜け寄りにします。
艶のある黒い器にまぐろが並んでいます。切身が大きで厚みもあります。まぐろは、赤身と中トロがあり、なかなかのボリュームになります。ご飯は酢飯ではなく普通のご飯です。大葉・パセリと生姜の甘酢漬けとが添えられていました。
味噌汁は海老の風味のもの、お新香は搾菜?にしました。
このボリュームで1180円?かなりお手頃に感じました。

|

« 中国料理 大南楼 | トップページ | 大江戸 県庁前店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国料理 大南楼 | トップページ | 大江戸 県庁前店 »