« 中華そば とみ屋 | トップページ | 青島ラーメン司菜 ときめき »

2021.09.26

旬彩和膳 一翔 女池インター店

一翔女池インター店 海鮮・たれかつ丼膳+おかわりせいろ

新潟市の「旬彩和膳 一翔 女池インター店」です。
新潟バイパス女池インターの南側、すぐ近くにあります。
良く判らないお蕎麦のお店かと思っていましたが、小嶋屋総本店系列のお店と判り、食べてみようとお邪魔しました。
午後12時40分過ぎに着きました。お店前にそこそこ広めの駐車場があり、賑わってはいますが普通に駐車できました。
お店の外にまでの20人程の待ちになっています。用紙に名前を書き、お店の外で待ち、15分程で席に案内されました。
お店は、入口で靴を脱いで上がるスタイルです。古民家風の古さも良い感じの大きな和風レストランか大きな居酒屋のようで、カウンター席やテーブル席、個室もありそうです。
メニューは、へぎそばをメインに冷たいお蕎麦と温かいお蕎麦、天ぷら・たれかつ丼・玉子とじ丼・お寿司や海鮮などを組み合わせた御膳、一品料理まで豊富に揃っています。季節メニューもあります。旬彩天ぷらにも惹かれますが、どうも内容が好みと違います。小嶋屋総本店と同じようなメニューです。海鮮・たれかつ丼膳とおかわりせいろにしました。
賑わってはいますが、結構早めに出来上がってきました。
お蕎麦、たれかつ丼、刺身、サラダ、お新香と豪華な組み合わせになります。海鮮丼かと思っていましたが、海鮮丼ではなくお刺身でした。丼が2鉢ってやっぱりなかったです。
お蕎麦は、普通の太さ、布乃利(海草)が繋ぎの十日町や小千谷など中越地区独特のもの。ツルツルした触感と程良いコシ、噛み応えを楽しるもの、小嶋屋総本店のおそばです。
蕎麦つゆは、一般的な蕎麦つゆです。山葵とねぎを加えて、後半はさらにゆず七味を入れて柚子の香りも楽しみます。
残った蕎麦つゆにそば湯を入れて飲みます。こちらにもゆず七味で柚子の香りを加え、これが楽しみになっています。
たれかつ丼は、たれかつが2枚、大きさ・軟らかさ・タレの味などしっかりしたもので、ボリュームも良い感じです。
お刺身は、鮪・サーモン・鰤の3点盛り、切身が小さく小鉢のような雰囲気とボリューム感、ちょっと期待外れです。
海鮮がもうひとつでした。海鮮・たれかつ丼膳が1408円、おかわりせいろが220円、合計で1628円のランチでした。小嶋屋総本店と同じようなものが小嶋屋総本店よりも少しお手頃、そういうコンセプトのお店なのでしょう。たぶん。

|

« 中華そば とみ屋 | トップページ | 青島ラーメン司菜 ときめき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中華そば とみ屋 | トップページ | 青島ラーメン司菜 ときめき »