カテゴリー「1:小美味しい」の1511件の記事

2017.12.09

郷土ラーメン 雪っこ

雪っこ

関川村の「郷土ラーメン 雪っこ」です。
国道113号線沿いにあります、胎内からの道と交差する近くになります。
先日、テレビで放送され、美味しそうでした。食べようとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、手前にテーブル席、中央に奥向きのカウンター席、奥に小上がりがあります。さらに奥にも座敷がありそうです。白壁と木の自然な感じのする和食屋さんのような雰囲気のお店です。午後1時過ぎに着きました。小上がりの左側、片方向からだけ座れる卓だけが空いている混み具合です。
店内には、Teny新潟一番・ラーメンの旅が訪問した際の手拭いがあります。
メニューは、お店のおすすめらーめんに、スタミナ雪っこらーめん、郷土五目らーめん、辣椒野菜、雪っこらーめんが表紙にあります。他にもしょうゆらーめん、塩らーめん、みそらーめん、たんめん、野菜らーめん、ねぎらーめん、チャーシューめん、辣椒らーめん、お子さまらーめんがあり、丼物やチャーハン、サイドメニューなどもあります。スタミナ雪っこらーめんにしました。
メニューに説明があります。スタミナ雪っこらーめんは、自家製発酵にんにくみそで、炒め野菜とニラ、肉の素材が生きるピリ辛みそ味と書かれています。
手間がかかるのでしょうか、少し遅いかなって頃に出来上がってきました。

雪っこ スタミナ雪っこらーめん

すり鉢のような器に盛られてきました。野菜たっぷりの味噌ラーメンです。
麺は、細めの縮れ。中華そばや醤油ラーメンにちょうど良さそうな麺ですが、味噌味のスープとも相性と言うかバランスが良く、食べて楽しくなります。
スープは、味噌味がしっかりしながらあっさりな感じ、にんにくの風味と旨味が味噌味に良く合います。もう少し甘みがあった方が好みの味になります。
トッピングは、たっぷりの豚バラ・玉ねぎ・ニラ・きくらげの炒め物、ねぎ、鷹の爪などです。玉ねぎの甘みがスープの甘みを補い、いい仕上がりです。
途中からおろしにんにくを加えます。増したにんにくの旨味を楽しみます。
たっぷりの豚バラ、にんにくやニラなどスタミナを充電させてもらいました。麺、スープ、トッピングのそれぞれの楽しみもありますが、合わさったバランスの良さを楽しむラーメンでした。説明にあったピリ辛は全然気になりませんでした。830円とちょっとお高い感じですが、今では妥当な線でしょう。

雪っこ 郷土五目らーめん

相方が食べた郷土五目らーめん、こちらはそこそこ辛めです。870円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.06

ら~めん 二葉

二葉 紅麻婆麺

新潟市の「ら~めん 二葉」です。
古町エリア、東横イン新潟古町の向かいの路地を入ったところにあります。
前会、11月の限定メニューを食べ、12月も食べようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席のちょっと小さめのお店です。フロアが全体が吹き抜けになっていて広々しています。左側に階段がありロフトになっています。お客さんが入れるスペースになっていました。新しさと古さとが融合した落ち着いた雰囲気のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。6割~7割程のお客さんの入りです。
メニューは、味噌らーめん、紅味噌らーめん、味噌タンメン、醤油らーめん、塩らーめんがあり、追加のトッピングやサイドメニューも用意されています。壁に貼紙で紅麻婆麺があります。12月の限定メニューらしいのですが、限定を表す記載はありません。前に食べたことがあります。必ず新しいものという訳でもなさそうです。数量も限定だったりしないか心配しましたが、大丈夫そうです。紅麻婆麺にしました。肉味噌小丼も食べてみることにしました。
中華鍋を使うので時間がかかりそうですが、普通に出来上がってきました。
四角いお盆に黒い器です。ボリュームがありそうな麻婆、美味しそうです。

二葉 肉味噌小丼

肉味噌小丼も一緒に運ばれてきました。麺が硬めな感じなので、先に肉味噌小丼を食べます。肉味噌小丼は、挽肉を味噌味のそぼろ煮風にしたもので万能ねぎも添えられています。いい味付けでご飯が進みます。そぼろたっぷりで食べていたら、計算したかのようにご飯が半分ほど残りました。ラーメンの器から麻婆豆腐を取り出し、ご飯にかけます。麻婆飯の完成です。麻婆飯で食べるには、麻婆豆腐が薄味なような気がします。ボリュームがしっかりあります。
麺は、普通かやや太の縮れ。時間が経って多少は食べ易くはなりましたが、それでもまだモチモチ感が強めです。少し手こずりましたが、食べれました。
スープは、麻婆と混じり適度な辛さで、味噌味かのようなまろやかさです。
トッピングは、麻婆豆腐、白髪ねぎ、青ねぎ、糸唐辛子です。麻婆豆腐は、挽肉の印象がなく、優しい辛さと味、絹ごし豆腐の滑らかさが気持ち良いです。先日の盛来軒同様、豆腐の表面は熱々ですが、中心部はそれほどの熱々ではありません。口に入れてすぐに噛むといい感じで、火傷の心配がなさそうです。しょっぱさや甘さ、辛さもいい具合、スープが絡んだ麺だと良く合います。
とても優しい麻婆麺でした。四川風のちょっと刺激的な面も欲しくなります。結構お高い感じの二葉ですが、この800円はいい線かも知れないです!
麻婆飯まで遊べた肉味噌小丼は100円。今回は、かなりお得に感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.05

盛来軒

盛来軒 マーボーメン

柏崎市の「盛来軒」です。
柏崎駅の駅前から駅前通の先、西本町交差点の手前、右側の角にあります。
柏崎での遅めの昼食、遅い時間でもやっていそうな盛来軒お邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。ラーメン屋さんぽい並びですが、厨房はオープンな感じはなく、壁にある原色のアクセントが中華屋さんらしい雰囲気を残しています。お店を入ったところにお会計用のスペースがあり、そこのレジで食券を購入するようになってます。昔の駅で駅員が切符を取り出して売っていた切符を入れる常備券箱と同じような箱がまだ使われています。なんか、ホッとしました。
メニューは、麺類、飯・丼物、一品料理などが中華系を中心に揃っています。麺類は、中華そば、チャーシューメン、岩のりラーメン、魚粉入りラーメン、ワンタン、ワンタンメン、角煮ラーメン、もやしラーメン、五目ラーメン(塩・醤油)、五目ワンタン・ワンタンメン、マーボーメン、味噌ラーメン、白味噌ラーメン、ゴマ味噌ラーメン、揚げそば、焼きそば、タンタンつけめん、つけめん(夏期)、冷やし中華(夏期)、ごま冷やし中華(夏期)などがあります。前に中華そばは食べています。今回は、マーボーメンにしました。
食券の半券を持ってカウンター席に座りました。午後2時30分を過ぎでは、さすがにお客さんは疎らです。そろっと午後休みの時間かなとも思います。
マーボーは、中華鍋を使うのでそこそこ時間はかかるだろうと思っていましたが、普通のラーメンと変わらないような待ち時間で出来上がってきました。
金色の雷文と鳳凰が描かれた白い器に盛られてきました。豪華に見えます。
麺は、普通の太さの平打ち縮れ麺です。移転後に縮れが強くなったように感じていましたが、旧の縮れは弱めです。好きな平打ちですが、結構硬めです。
スープは、マーボーで判り難いのですが、中華そば同様に旨味があります。
トッピングは、麻婆豆腐のみ。豆腐、挽肉、椎茸、ニラなどが入っています。椎茸は乾燥椎茸の戻し、強い旨味があります。豆腐は絹ごし、表面は熱々ですが中心部は温めです。口に入れてすぐに噛むといい感じですが、徐々にあんの熱で中まで熱々になってきます。しょっぱさや甘さ、辛さもいい具合です。
最後、スープの底に生姜の微塵切りが結構残っています。生姜麻婆なんて言えそうなくらいです。麻婆豆腐の中に入っていたのでしょうか?爽やかです。
ちんたらと麺を伸ばしながら食べた方が、好みの麻婆麺のような気がします。普通の中華そばが680円です。改装直後から50円値上がりしていました。マーボーメンは780円。なんかお手頃のような気がしちゃいませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.04

うどん居酒屋 こなや

こなや チャーシューワンタン麺

新潟市の「うどん居酒屋 こなや」です。
新潟市の古町エリア、上大川前通沿いにあります。旧第一勧銀の近くです。
同僚と一緒の昼食です。二葉の12月限定メニューを食べようと目指したのですが、すでに混み混みの状態です。二葉から近いこなやにお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側と奥にテーブル席があります。酒類ボトルの並びが和食ダイニングのような雰囲気のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。8割~9割程のお客さんの入りです。
メニューは、こなやという店名、うどん居酒屋ってことでうどんでしょうが、通常のメニューがあるのかは不明です。その代わりと言っていいのか、ランチはいろいろ揃っています。今日のランチは、マーボ豆腐、銀鮭焼、塩さば焼、揚げたてトンカツ、いずれも小鉢、おしんこ、サラダ、みそ汁など付きます。さらに、手打ちチャーシューワンタン麺があります。銀鮭焼や塩さば焼などの定食もかなり魅力的ですが、手打ちチャーシューワンタン麺にしました。
定食は仕込みがされて早めですが、麺は少し待って出来上がってきました。
小さめの器に盛られてきました。澄んだ醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、平打ちのストレート、きしめんを細くしたような麺です。かんすいを使用していないのか、中華麺ぽくない麺、ラーメンとも違いますが好みです。
スープは、見た通りの醤油のあっさりですが、適度な油で旨味があります。
トッピングは、チャーシュー、ワンタン、ほうれん草かな?、ねぎなどです。チャーシューは、ばら肉で脂の混じり具合、歯応え、味付けが良いものです。ワンタンは、具が小さな皮を楽しむもの。好みですが塊があって残念です。
麺が食べ易く、ワンタンと合わさり、スープが相まって飲み物のように食べれました。900円とちょっとお高いですが、また食べたくなる一杯でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017.11.29

ラーメン そばよし

そばよし みそバター

柏崎市の「ラーメン そばよし」です。
柏崎駅前にあります。駅からまっすぐの道沿い、200m程先の左側です。
柏崎でのお昼です。まだ食べていないメニューの多いお店です。そんな頻繁に来れないのですが、食欲に任せると自然な流れでチャーシューメンを食べてしまっています。今回も食べていないメニューを食べようとお邪魔しました。
前回の駐車場の混みもあって心配しながら正午過ぎに着きました。お店の隣の駐車場から出る車があり、停められそうです。実際、他も空いていました。
お店は、奥行きがあり、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。雁木のある古そうな商店街に溶け込んだお店ですが、左駐車場側に窓が多く、明るい店内です。9割程度のお客さんの入りです。
メニューは、ラーメン店と中華料理店の中間のようなメニューが揃ってます。ラーメン、もやしラーメン、みそラーメン、みそバター、五目ラーメン、焼ソバ、チャーシューメン、タンメン、つけめん、タンタンメン(辛い)、バターラーメン、岩のりラーメン、ワンタン、ワンタンメンなどがあります。食べたことのないメニューが結構あります。その中からみそラーメンにしようと思っていたのですが、バターの甘い香りも好きなのでみそバターにしました。
さて、どのようなみそバターでしょう。麺は、太麺ではなく、通常のラーメンの麺を使っていることを望みます。スープは、味噌がしっかり濃厚なものを望みますが、たぶんあっさりしたものでしょう。トッピングはどうでしょう。
その後もお客さんが次々とやってきます。何人かが並ぶ状態が続いています。チャーシューメンや焼ソバが人気、多くのお客さんから注文されています。
賑わっていて時間がかかりそうですが、とても早く出来上がってきました。
龍と雷文の模様入りの白い器に味噌らしいスープ、バターの香りがします。
麺は、細麺の縮れ。昔ながらの中華そば風、望んでいたラーメンの麺です。
スープは、想定通りの味噌のあっさりしたもの。でも、麺に良く合います。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参の炒めもの・鳴門、ねぎ、バターなどです。キャベツは、小さな切りで多めです。バターの甘い香りが好きです。
想定通りの優しいみそラーメンとバターの香りを楽しみました。チャーシュー多めのラーメンが580円。みそラーメンが710円。ちょっとお高いような気がしますが、みそバターは760円です。ちょっとお手頃感が戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.28

俺たちのらー麺屋 ちょび吉

ちょび吉

新潟市の「俺たちのらー麺屋 ちょび吉」です。
新潟駅前エリア西側、新潟駅のすぐ西側の踏切に入る交差点の角にあります。「医食同源 漢×2」だった建物の白壁が見事なまでに黒くなっています。
ちょび吉が移転とのことで、新しいお店も食べてみようとお邪魔しました。
駐車場がないので車の時は面倒ですが、今日は歩きなので面倒がないです。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席などが奥まってあり、手前右側に壁向きのカウンター席もあります。まあまあ落ち着いた雰囲気のお店です。以前は、靴を脱いで上がる居酒屋風でしたので全然違うお店になっています。午後12時30分過ぎに着きました。6割~7割程のお客さんの入りです。入口を入ってすぐの右側に食券販売機があります。
メニューは、ド生姜醤油ラーメン、ド生姜醤油チャーシューメン、スーパージンジャーヘブン、スーパージンジャー29、えびロック!、いずれも並と大があります。食券販売機に限定のボタンがいくつかありますが、すべて売り切れになっています。今は提供がないようです。スーパージンジャーヘブンにしました。平日ランチはお手頃なランチライスもあります。食べましょう。
待ちのお客さんも多かったのですが、普通の待ちで出来上がってきました。

ちょび吉 スーパージンジャーヘブン

タイスキ模様の器に盛られてきました。長岡生姜醤油にも似たトッピングですが、スープの色が長岡生姜醤油の醤油色と全然違い、塩かと想像できます。
麺は、普通太の細かく弱い縮れ、ツルツル感モチモチ感がとても強いです。
スープは、醤油の薄味かのように見えますが、完全に塩味です。生姜の味と香りがとても強く、普通の塩味のような旨味が物足りない感じはありません。
トッピングは、多めのチャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、かなり小さめに刻んだねぎなどです。長岡生姜醤油とほとんどが同じトッピングです。
醤油とはひと味違う生姜味のラーメンを楽しみました。塩には醤油のような旨味がないため生姜味がかなり強めに感じられます。700円といい線です。

ちょび吉 ランチライス

平日ランチタイムに提供されるランチライスです。お手軽な10円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.20

荒川らーめん魂 あしら

あしら 鴨南蛮手打麺(大盛)

村上市(旧荒川町)「荒川らーめん魂 あしら」です。
国道7号線沿い、国道113号線との十文字交差点の胎内寄りにあります。
下越地区を移動中です。お昼も過ぎて空いているだろうとお邪魔しました。
今まで、味噌らーめん、味噌ちゃーしゅーめん、手打ちらーめん(醤油)、全粒粉つけめん(味噌・辛味噌・魚介醤油)、味噌野菜らーめん、味噌マーボーめん、特製博多らーめん、期間限定メニュー(村上新茶塩らーめん・村上せいろ、穴子の柳川鍋麺、自家製豆腐と夏野菜の冷製味噌麺、冷やし中華と食べてきました。お手頃でメニューも豊富、大盛無料、期間限定もそこそこ面白みもあり、好みのものが多いように感じます。なにかしらきっとあるでしょう。
お店は、見た目はそんなに大きくないのですが、奥行きがあり、席数も結構あります。中央に厨房、左側に厨房向きのカウンター席、右側に小上がり、手前にテーブル席があります。どさん子を少し落ち着きのある内装にしたような感じです。午後2時過ぎに着きました。駐車場もそこそこ混んでいます。お店の中は満席に近い状態、1人ですがテーブル席に空きがあり案内されました。
メニューは、表紙にあしらのこだわりということで、4種の自家製麺を使い分けていること、醤油・塩・味噌各タレの紹介、アルカリイオン化軟水の使用、餃子の紹介があります。メニューを開けると、味噌らーめん、辛味噌らーめんとそれらにトッピングを加えたものやセットなどあります。味噌マーボーめんもあります。全粒粉つけめんもあります。味噌・辛味噌・魚介醤油のつけダレも選ぶことができ、並(200g)・中(300g)・大盛(400g)、特盛(500g、+100円)と麺の量も選べるようになっています。うどん粉で作った麺を使用したさぬき手打ちらーめんなどとトッピングを加えたものやセットもあります。大盛りが無料となっています。15時からの提供される博多とんこつらーめんとトッピングを加えたものがあります。最初の替玉がサービスです。醤油と味噌があり、麺のかたさも粉落としからやわらかめまで調整可能です。期間限定と書かれた1枚もののメニューがあります。鴨南蛮手打麺です。自家製の鴨ローストと鴨出汁の旨味あふれる贅沢スープを極上手打麺と合わせました。説明が書かれています。鴨南蛮手打麺(大盛)にしました。
混んでいても早めに出来上がるのですが、今日は少し時間がかかりました。
真っ白い器に、大胆に、美味しそうに、綺麗にトッピングがされています。
麺は、やや細の縮れ、ツルツル感が心地良く、結構モチモチ感もあります。
スープは、醤油とも塩とかではなく、鴨出汁の旨味があり、油も多めです。
トッピングは、鴨のロースト、メンマ、焼きねぎ、三つ葉、セリ、柚子皮などです。鴨のローストがいい食感です。柚子皮の香りがちょっと控えめです。
新しい味を楽しくいただきました。850円とちょっとお高いような気も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.19

ら~めん 二葉

二葉 二葉風うま煮麺

新潟市の「ら~めん 二葉」です。
古町エリア、東横イン新潟古町の向かいの路地を入ったところにあります。
同僚から二葉の11月限定メニューは“うま煮”だよと教えてもらいました。相方が、うま煮ラーメン類が好きなので食べてもらおうとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席のちょっと小さめのお店です。フロアが全体が吹き抜けになっていて広々しています。左側に階段がありロフトになっています。お客さんが入れるスペースになっていました。新しさと古さとが融合した落ち着いた雰囲気のお店です。午後2時10分頃に着きました。他にお客さんが2人だけ、空いています。
メニューは、味噌らーめん、紅味噌らーめん、味噌タンメン、醤油らーめん、塩らーめんがあり、追加のトッピングやサイドメニューも用意されています。壁の貼紙で11月の限定メニューがあります。二葉風うま煮麺です。数量も限定だったりしないか心配しましたが大丈夫。二葉風うま煮麺にしました。
貼紙には時間がかかると書かれてましたが、普通に出来上がってきました。
四角いお盆に黒い器の組み合わせ。複雑な色で濁りのあんかけがのります。
麺は、普通かやや太の緩い縮れ、ちゃんぽんみたいな触感と噛み応えです。
スープは、ちゃんぽんのように具材から溶け出しただろう旨みがあります。
トッピングは、白菜・キャベツ・人参・きくらげ・海老・イカ・あさりなどのあんかけ、青ねぎです。こちらもスープと同じような味付けになってます。
タンメン風に具材を炒めてスープを入れ、そのスープ部分を器に張り、残ったスープと具材に水溶き片栗粉をあんかけに、器にゆでた麺、あんかけと盛り付けたのではないかなと思われます。作るところが見れなかったので想像です。麺もそうですが、チャンポンの具があんかけになっているような印象です。
ちゃんぽんのあんかけを楽しみました。800円といい線じゃないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.15

長崎ちゃんぽん

長崎ちゃんぽん 味噌ちゃんぽん

新潟市の「長崎ちゃんぽん」です。
新潟駅前エリア、流作場五差路から沼垂方向に入った先の左側にあります。
テレビで佐々木希が秋田のお店で食べていた味噌チャンポンが美味しそうで、この前、「リンガーハット 新潟河渡店」で食べようとしたのですが提供されていませんでした。「長崎ちゃんぽん」ならあるだろうとお邪魔しました。
お店は奥行きがあります。左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。ちょっと昭和を感じさせる、長崎チャンポンに似合う雰囲気のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。お昼も早い方だろうと思っていたのですが、6割~7割のお客さんの入りと賑わっています。
メニューは、ちゃんぽん、月見ちゃんぽん、味噌ちゃんぽん、カニ玉風ちゃんぽん、辛い!ねぎ味噌ちゃんぽん、皿うどん、焼きうどん、中華丼、野菜炒めライス、餃子ライスなどです。予定していた味噌ちゃんぽんにしました。
前のお客さんのが出来上がりすぐの作り始めました。早い出来上がりです。
深い青色の模様が入った浅い器にたっぷりの野菜などが山になっています。
麺は、丸くてやや太のストレート。モチモチしたチャンポンらしい麺です。
スープは、具の旨みが溶け出した味噌の優しい、あっさりした味付けです。
トッピングは、もやし、キャベツ、きくらげ、イカ、海老、蒲鉾などの炒めものです。具の切り方が良く、統一感のある歯応えがとても気持ちいいです。
チャンポンらしい麺と味噌の優しさや野菜の旨味がいっぱいのスープ、麺は普通の量ですが、全体的にはなかなかのボリュームになります。800円と安くはありませんが、お腹いっぱいになりました。いい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.14

米山サービスエリア(上り)

米山サービスエリア(上り) 浜のり塩ラーメンセット

柏崎市の北陸自動車道「米山サービスエリア(上り)」です。
北陸自動車道上り線を移動中のお昼です。米山サービスエリアの手前で正午になりました。高速のSA/PAは値段差が大きく、米山サービスエリアはどうだったか?確かお高かったような気もします。と思いつつお邪魔しました。
お店は、フードコート風で、休憩でも利用できるようになっています。お昼ということで、ほぼ満席の賑わいです。食券販売機が並んでいます。食券販売機の上に写真入りでメニューを紹介したパネルもあります。あ!高い方です。
レストランもあります。名前は「洋膳屋」、念のため除いてみると、あれれ!もっと高いです。1500円前後の昼食になります。もっとも安いものは海老天が2本のった天ぷらそば、980円+税と食べたい値段ではありません。
スナックコーナーに戻りましょう。良く見るとスナックコーナーの引き渡しカウンター3ヶ所には、名前がつけられています。「麺屋 おやじの海」、「丼食堂 かしわざき」、「ロイヤル カレーパン」です。食券販売機のボタンもお店毎に別れています。安いのはうどんやそばでかけが350円とちょっとお高い程度ですが、かき揚げがのると580円もします。お手頃な上越の塚田そば店なら天玉そばが310円ですから、倍ぐらいの値段になっちゃいます。
ラーメン類もあります。こちらはちょっと高いかな?って程度です。浜のり塩ラーメン780円と醤油ラーメン680円があり、ミニ丼とのセットもあります。どんなものか食べてみましょう。浜のり塩ラーメンセットにしました。
食券を引き渡しカウンターに出すと、半券とポケベルのような無線機が渡されます。時間がかかるかと思ったら、以外とあっさり出来上がってきました。
お盆に浜のり塩ラーメンとミニ丼がのっています。なかなかいい感じです。
浜のり塩ラーメンは、水色の器に麺が見えない程のトッピングがのります。
麺は、やや細の縮れ、あまり特徴はありますんが、安心して食べられます。
スープは、あっさりした塩味なのに醤油のような自然な旨みを味わえます。
トッピングは、適度な歯応えのチャーシュー2枚、太いメンマ、たっぷりの浜のり?、ねぎなどです。海草類が好きなので、磯の香りがたまらないです。
普通の麺ですが不可もなく、スープもなかなか、充実のトッピング。想像以上にしっかりしたラーメンです。780円はいい線か?少しお高いか?かな。
セットのミニ丼は、明太子と高菜漬けのご飯でした。200円増しはいい線かと思いますが、合計で980円は、ちょっと割安感が感じられませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧