カテゴリー「1:小美味しい」の1000件の記事

2021.02.21

中華 萬福食堂

萬福食堂

新潟市の「中華 萬福食堂」です。
国道116号線小新ICから大堀幹線の先、左側にあります。
まだ食べたことのないお店で食べようとお邪魔しました。
お店は、入口の奥に厨房、右側にテーブル席、左側に座敷があります。白い壁がお洒落で、中華より洋食の方が似合うような店内です。午後1時30分過ぎに着きました。座敷は空いてるようですが、テーブル席は満席に近い賑わいです。
メニューは、麺、ご飯、焼きそば、餃子を中心とするサイドメニューがあります。麺は、五目あんかけそば、海老あんかけそば(塩味)、萬福特製クルミ担々麺(辛)、海老ワンタン麺(塩味)、酸辣湯麺(辛)、中華そばがあります。定食メニューがあります。四川麻婆豆腐(白飯)、海老ワンタン麺(もやしXO醤炒め添え、お好みでミニ高菜丼付)、萬福クルミ担々麺(お好みでミニ高菜丼付)、四川麻婆麺(お好みでミニ高菜丼付)があります。四川麻婆麺にしました。お好みのミニ高菜丼は食べきれなさそうで遠慮しました。
賑わってはますがさすが、早めに出来上がってきました。

萬福食堂 定食四川麻婆麺

お盆に、四川麻婆麺、小鉢、香の物、充実のセットです。

萬福食堂 四川麻婆麺

四川麻婆麺は、白い器に醤油色の麻婆豆腐が美味しそう。
麺は、やや細の縮れ。普通そうで結構食感の良い麺です。
スープは、醤油味で、麻婆と混じって結構辛く痺れます。
トッピングは、麻婆豆腐と万能ねぎです。麻婆豆腐は、絹ごし豆腐、挽肉、タケノコが具材でしょうか?小さな食感のある野菜の食感が混じります。醤油味で塩気や甘味、トロミなどは控え気味ですが、辛さと痺れはしっかりしています。
しっかりした辛さと痺れの麻婆麺は、麺も食べ易くなかなか楽しめました。全くの好みとも違いましたが好きな方です。
小鉢は、さつまいものサラダですが、もしかしてデザートかな?不思議な食べものでした。香の物は、ザーサイでした。
お好みミニ高菜丼を食べなかったのもありますが、980円、ランチにしてはちょっとお高いような印象が残りました。

| | コメント (0)

2021.02.19

鶏そば 縁道

縁道 和出汁中華そば

新潟市の「鶏そば 縁道」です。
東地区の中野山にあります。県道290号線石山駅交差点の角地、「麺や 鯛あたり」→「ラーメン 一輝」の跡です。
鶏白湯がおすすめで人気のお店です。前回、鶏白湯の鶏そばを食べましたが、鶏清湯も美味しそうでお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前右側に壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。カウンター席は、右側の壁に逆コの字形です。落ち着いた雰囲気のお店です。午後12時30分過ぎに着きました。2人の待ちです。用紙に名前と人数を書いて店内手前の待ちスペースの椅子に座って待ちます。
席は空いていますが厨房とフロアの2人のスタッフ、片付けが追い付いていないだけのようです。作りのタイミングもあったのようです。少し待って席へと案内されました。
メニューは、鶏そば、鶏そばちゃーしゅう、和出汁中華そば、ちゃーしゅう中華そばがあります。鶏つけそばは現在提供されていません。トッピング追加は、レアちゃーしゅう、紫玉ねぎ、味玉があります。サイドメニューは、ご飯、ダイブ飯、ちゃーしゅう丼があります。残りスープに入れるダイブ飯って名前が面白いです。和出汁中華そばにしました。
賑わいもあって?ちょっと待って出来上がってきました。
白い器に澄んだ醤油色のスープがとても美味しそうです。
麺は、やや細の弱い縮れ。モチモチ、食感の良い麺です。
スープは、醤油味のあっさりしたもの。出汁の旨味と心地良い甘味があります。油もあってまろやかな仕上がりです。
トッピングは、レアチャーシュー、味玉半個、紫玉ねぎ、カイワレなど、シンプルでもなかなか上品な仕上がりです。
期待通りの醤油味があっさり・まろやかなスープの中華そばでした。麺も鶏そばと違って細くバランスが取れています。鶏そばの鶏白湯よりも和出汁中華そばの鶏清湯の方が好みのスープで、麺も和出汁中華そばの方が細めで合っています。鶏そばと同じトッピングで780円、100円もお手頃でした。

| | コメント (2)

2021.02.16

鶏そば 縁道

縁道

新潟市の「鶏そば 縁道」です。
東地区の中野山にあります。県道290号線石山駅交差点の角地、「麺や 鯛あたり」→「ラーメン 一輝」の跡です。
まだ食べていない「ラーメン 一輝」が営業していないかと通っているうちに、お店が「鶏そば 縁道」になっていました。そろそろ、食べてみようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前右側に壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。カウンター席は、右側の壁に逆コの字形です。落ち着いた雰囲気のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。5人程の待ち、用紙に名前と人数を書いて外での待ちになります。列びが進み、店内手前の待ちスペースの椅子に座って待ち、少し待って席へと案内されました。
メニューは、鶏そば、鶏そばちゃーしゅう、和出汁中華そば、ちゃーしゅう中華そばがあります。鶏つけそばは現在提供されていません。トッピング追加は、レアちゃーしゅう、紫玉ねぎ、味玉があります。サイドメニューは、ご飯、ダイブ飯、ちゃーしゅう丼があります。残ったスープに入れるダイブ飯って名前が面白いです。基本の鶏そばにしました。
カウンター席でビデオカメラを回している人がいます。テレビ局の取材かと思いましたが、知っている局名のシールは貼られていません。よく見たらフーちゃん、新潟TVでした。
手間がかかるようで、少し待って出来上がってきました。

縁道 鶏そば

白い器にラーメン類には見えない仕上がりのスープです。
麺は、角の立ったやや太麺のストレート、モチモチです。
スープは、白くに泡立てられ器の表面を覆っています。その下には醤油味の鶏白湯スープ、意外とあっさりしています。
トッピングは、レアチャーシュー、味玉半個、紫玉ねぎ、カイワレなど、シンプルでもなかなか上品な仕上がりです。
ここまで白いラーメンは初めてでしょうか?心配した食べ易さは問題なく、目でも楽しむことができました。麺はちょっと好みと違いました。880円とお高く、デート向けかな?
鶏そばちゃーしゅうを食べているお客さんも多く、万人家のような花びら盛りです。なかなか見映えのするものでした。

| | コメント (0)

2021.02.15

らーめん 麺華

麺華 ピリ辛五目麺+チャーシュー2枚

新潟市の「らーめん 麺華」です。“めんはな”と読みます。
東地区の粟山、賑やかな通りにあります。「ハンバーグ・カレー ばるむ食堂」近く、「麺屋 だした」の並びです。
五目うま煮らーめん、海老うま煮らーめん、冷やし中華と食べていますが、新しくうま辛麺も追加されたようで新潟情報に掲載されていました。食べてみようとお邪魔しました。
お店前に3台分の駐車スペースがあります。満車のことが多い駐車スペースですが、今日は1台分の空きがありました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、その手前にテーブル席、さらに手前に小上がりがあります。明るく綺麗なラーメン屋らしい雰囲気のお店です。午後12時30分過ぎに着きました。3人の待ち、用紙に名前と人数を書いて待ちます。15分程待ったでしょうか?席に案内されました。
メニューは、五目うま煮らーめん、海老うま煮らーめん、肉もやしらーめん(辛味が少し入る)、中華そば、チャーシューめんなどがあり、トッピング追加やサイドメニューも揃っています。他に麻婆麺、ピリ辛五目麺、にら玉湯麺があります。麻婆麺も惹かれますが、ピリ辛五目麺にしました。
待ちのお客さんも多く、少し待ち出来上がってきました。
黒い器に辛そうな五目のあんかけ、辛さが気になります。
麺は、普通太の縮れ。中華系らしい食感が特徴の麺です。
スープは、まろやかな醤油味っぽいもの、結構辛いです。
トッピングは、ピリ辛の五目うま煮です。海老、豚肉、鶉の玉子、青梗菜、白菜、人参、たけのこ、キクラゲ、椎茸、しめじ、袋茸などの具材が使われ、しょっぱさや甘さ、トロミもいい感じですが、少し辛味を控えてくれたら好みです。
新潟情報のサービス券でチャーシュー2枚が付きました。
旨味も感じられる辛さですが、もう少し控えめな方が好みです。麺がもう少し細ければかなりの好みになります。今日も良い汗をかかせていただきました。860円も納得です。

| | コメント (0)

2021.02.11

らぁ麺・酒菜 義澤

義澤

新潟市(旧豊栄市)の「らぁ麺・酒菜 義澤」です。
県道3号線の競馬場ICや新潟北警察署の近く、尾山交差点の新発田寄りにあります。「麺食亭 ゆたか家」の跡です。
昨日、BSN水曜見ナイトのラーメン特集で紹介されました。混んでいなければ良いが?と思いながらお邪魔しました。
お店は、中央奥に壁で仕切られて厨房があるようで、その手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。ラーメン屋さんと食堂の中間の雰囲気です。午後12時40分過ぎに着きました。満席に近い賑わいです。
カウンター席は1席飛びに、テーブル席は対角線でミニオンのぬいぐるみが座っています。ソーシャルディスタンス!
メニューは、煮干しらぁ麺と地鶏らぁ麺のふたつのスープがメインのようです。煮干しらぁ麺は、煮干し醤油、煮干し塩、それらのチャーシュー麺があります。地鶏らぁ麺は、とり醤油、とり塩、それらのチャーシュー麺があります。他にも醤油つけ麺、塩つけ麺、辛醤油つけ麺、辛塩つけ麺、まぜそばなどもあります。いずれも金額的にかなり高級なラーメンだと思ったら、トッピングの異なる🉐シリーズもあります。煮干し醤油、煮干し塩、とり醤油、とり塩があります。トッピングやサイドメニュー、お得なセットもあります。このお店でもっともスタンダードだろうとり醤油にしました。
混みもありますが、長めに待って出来上がってきました。

義澤 とり醤油

白い器に醤油色のスープ、チャーシューが見映えします。
麺は、やや細の弱い縮れ。普通そうで食感の良い麺です。
スープは、鶏ダシの醤油味、最初に動物の香りがします。
トッピングは、鶏チャーシュー、豚チャーシュー、鶏団子、三つ葉、ねぎなどです。ダブルチャーシューは豪華です。
無化調や素材などにこだわりの強いラーメンのようですが、普通にいい感じのラーメンでした。トッピングの肉系が豪華ですが870円とかなり高価、ギリギリの納得の線です。

| | コメント (0)

2021.02.10

中華そばふじの 東中野山店

ふじの東中野山店 味噌担々そば

新潟市の「中華そばふじの 東中野山店」です。
新新バイパス竹尾インターから県道4号線新潟横越線を横越方面へ、中野山地区の住宅が切れそうな辺りにあります。
今日も新潟情報にサービ券があったのでお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に向い合せのカウンター席、手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。木の質感と高い天井が古民家風な感じのお店です。風除室には混雑時に待てるよう3人分の椅子があります。午後12時30分過ぎに着きました。今日は待ちもなくそのままお店の中へ、8割~9割ぐらいのお客さんの入り、小上がりに案内されました。入口近くにあるセルフサービスのおしぼりを持って席へ移動します。
メニューは、中華そば、ちゃーしゅー、味噌らーめん、味噌ちゃーしゅー、味噌担々そば、味噌担々ちゃーしゅー、つけそば、野菜つけそばがあります。つけそばの盛りは、中盛320g、大盛370g、特盛480gも対応可能、冷盛り・熱盛りができます。平日のランチタイム限定で、ライス、半ライス、チャーシュー丼が50円で提供されています。1枚もののメニューで白山味噌らーめんと辛つけ(旨辛・激辛)、きりざいまぜそば(追い飯付き)があります。新潟情報に紹介されていた味噌担々そば+チャーシュー丼にしました。
お客さんで混んでますが、早めに出来上がってきました。
茶色渋めの器に、器と一体化したかのような担々麺です。
麺は、普通かやや細の縮れ。適度なモチモチ感の麺です。
スープは、濃厚な味噌味と担々麺の濃厚な胡麻風味のもの、表面にはラー油が注がれていて、絶妙な辛さがあります。
トッピングは、挽肉の芝麻醤炒め、青梗菜、糸唐辛子、たっぷりのねぎなどです。挽肉炒めから花椒の痺れがきます。
味噌ラーメンと担々麺をいっしょに食べたような感じです。普通の人でも食べれそうな辛さと痺れ、麺との絡みも良く、バランス良く楽しめました。通常850円ですが、サービス券で150円引きで700円、とてもお手頃に楽しめました。

ふじの東中野山店 チャーシュー丼

チャーシュー丼は、普通のご飯茶碗1杯分のボリュームで、しっかり味付けされたチャーシューがゴロゴロ、ねぎもたっぷり入っていて、マヨネーズで味付けされています。これで50円は食べなきゃ損…的な存在です。ありがたい事です。

| | コメント (0)

2021.02.08

麺や たぶきん 赤道店

たぶきん赤道店 正油らーめん

新潟市の「麺や たぶきん 赤道店」です。
赤道沿いにあります。笹出線~馬越跨線橋からの市道との交差点の角です。「らーめん 大雷神」だった建物です。
シルプルな醤油ラーメンを食べようかとお邪魔しました。
お店は、右奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、左側に奥にテーブル席、中央に向かい合わせのカウンター席、手前にも小上がりがあります。シンプルな感じのお店です。午後12時30分過ぎに着きました。お客さんの入りは、2割~3割ほど、空いています。お店に入ってすぐ左側にそれぞれのお店毎、食券販売機が2台あります。
メニューは、きんしゃい亭がラーメン、チャーシューメン、野菜ラーメン、メンマラーメン、鶏竜田ラーメン、ネギラーメン、胡麻醤メン、豚骨野菜味噌ラーメン、塩豚骨ラーメン、岩海苔塩ラーメン、冷し中華、スパイス豚骨味噌ラーメンなどで、たぶきんが正油油そば、味噌油そば、ジャージャー麺、えび塩麺、味噌らーめん、野菜味噌らーめん、えびダシ濃厚味噌らーめん、マーボーめん、激辛坦々めん、ニラもやし麺、正油らーめん、チャーシューめん、岩のりらーめん、野菜タップリらーめん、極みしいたけ麺、冷し中華などです。トッピングの追加やサイドメニューも豊富にあり、半チャーハンのセットもあります。食べていないものもありますが、予定のたぶきんから、正油らーめんにしました。
お客さんが少なく、かなり早めに出来上がってきました。
白い器に醤油色のスープ、結構シンプルなラーメンです。
麺は、細麺の細かな縮れ。とても噛み心地の良い麺です。
スープは、醤油味が控えめでまろやか、優しいものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎになります。
細縮れ麺に優しいスープの醤油ラーメンでした。もう少し何かトッピングに品数と彩りがあればといいのにと思います。650円と今ならまあまあ妥当な線でしょうか?

| | コメント (0)

2021.02.05

中国上海台所 三宝茶楼 河渡店

三宝茶楼河渡店 五目うま煮麺

新潟市の「中国上海台所 三宝茶楼 河渡店」です。
コメリが核テナントのマーケットシティ河渡にあります。
コメリでの買物、近くまで行くのならとお邪魔しました。
お店は、カウンター席、テーブル席、小上がり、個室があります。中華とかとんかつなどの和食でも良いようなちょっと高級感のある雰囲気です。午後12時30分過ぎに着きました。8割程のお客さんの入り、すんなり席に案内されました。
2人の待ちになっていて用紙に記入して待ちます。その後次々とお客さんが来ます。5分程待って席に案内されました。
メニューは、三宝亭らしい中華メニューが豊富にあります。麺類やセットもいろいろあります。冬のご馳走フェアの1枚もののメニューもあります。渡り蟹・牡蠣などの食材を使用したもの、石焼き・鍋焼きなどの冬らしい調理方法のものなどがあります。渡り蟹の鍋焼き味噌らーめん、鍋焼き四川麻婆麺ともに食べています。五目うま煮麺にしました。
さすが!仕込みが良くて?早めに出来上がってきました。
醤油色のあんかけがとても美味しそうです。ちょっと彩りが寂しいのですが、器の模様が可愛らしく見栄え良いです。
麺は、やや細めの弱い縮れのものです。そんな美味しい麺とも思わないのですが、あんかけとの相性が結構良いです。
スープは、醤油味の中華風でまろやかなもの、良い甘さがあります。あんかけの味を邪魔しない癖のないスープです。
トッピングあんかけのみ、白菜、人参、筍、青梗菜、椎茸、きくらげ、豚肉、海老、イカ、鶉の玉子など豊富な具材のあんかけです。見た目通りの醤油味で、醤油の旨さがしっかりしています。程好いしょっぱさと自然な甘さがあります。今回の白菜は、分厚い根に近い部分だらけ、勘弁してくれ!
麺、スープ、あんかけのバランがとても良く、楽しい昼食になるはずでしたが、白菜の硬い部分が多くてちょっと残念でした。780円+税で858円。高くもないけど安くもないか?

| | コメント (0)

2021.02.04

ラーメン いっとうや

いっとうや 醤油

新潟市の「ラーメン いっとうや」です。
駅南は旧市民病院の近く、セブンイレブン奥にあります。
いっとうやで食べようかと最近何度かお邪魔していますが、駐車場が満車でさらに待ちの車もいるため諦めていました。今日は、タイミングなのか?数台分の空きがありました。
お店は、右側に厨房、中央に衝立のある向かい合わせのカウンター席、手前にテーブル席、奥と左側に小上がり、入口を入ったすぐ右側手前には座れる待ちのスペースがあります。落ち着いたラーメン屋さんらしい雰囲気です。お店に入った待ちのスペースには名前を書く用紙もあります。駐車場の混みからある程度の待ちも覚悟していましたが、待ちのお客さんもなく、そのまま手前のテーブル席に案内されました。
メニューは、開店当時から変わらず、醤油、かさね醤油とそれらにめんまやちゃーしゅうを加えたもの、つけめん、辛つけめんがあります。追加トッピングやサイドメニューも充実しています。期間限定も見つからず、醤油にしました。
混んではいますが、めちゃ早めに出来上がってきました。
白いゴツゴツ感のある器になかなか感じの仕上がりです。
麺は、細ストレートでモチモチ感と噛み切れが良いです。
スープは、醤油味がしっかりしながらもまろやかで、ちょっと甘みがあり、魚介系の風味と動物系の旨味があります。
トッピングは、大きな炙りチャーシュー、超極太のメンマ、半熟玉子半個、ほうれん草、海苔、ねぎなどと豪華です。
スープと麺との相性が良く、充実を越えるトッピング、好みのラーメンです。今まで感じていたしょっぱ過ぎは感じませんでした。750円とお高くても納得できる一杯でした。

| | コメント (0)

2021.02.01

燕三条らーめん 潤 中山店

潤中山店 ホルモン辛味噌

新潟市の「燕三条らーめん 潤 中山店」です。
東地区、笹出線を東へ向かいます。栗の木バイパス、馬越跨線橋を越え「ラーメン万人家 中山店」並び少し先です。
食べていないメニューを食べてみようとお邪魔しました。
午後12時30分過ぎに着きました。外にまでおよぶ列びはなかったのですが、風除室までの待ち、少し外で待ちます。
数分間待って風除室に入ります。食券販売機があります。
メニューは、岩のり中華、肉中華、中華そば、背脂塩タンメン、鬼のスタミナラーメン、ホルモン辛味噌、味噌ラーメンがあります。背脂入りは、背脂の量をちょい・普通・中脂・大脂・鬼脂から選べます。鬼脂は有料です。鬼のスタミナラーメンは、やや辛・普通・辛い・鬼MAXから選べます。鬼MAXは有料です。追加トッピングやサイドメニューも揃っています。ランチセットとディナーセットがあります。ランチセットは中華そば+モツ丼orチャーシューエッグ丼、ディナーセットは中華そば+半ライス+モツ皿or餃子3ケです。前回は、中華そば+モツ丼のランチセットにしました。今回は、前回から気になっていたホルモン辛味噌にしました。
お店は、奥に厨房、手前と左側に厨房向きカウンター席、さらに手前に小上がり、さらに左側にテーブル席があります。今風の新しいお店は新築、とても綺麗で清潔感があります。入口付近に丸椅子が6脚の待ちスペース、もう少しです。
風も強く外の待ちは辛かったのですが、店内に入ってからは順調に進み、それ程待った感もなく席に案内されました。
席までは順調、少し長めの待って出来上がってきました。
黒い器にたっぷりの味噌味らしいスープ、手強そうです。
麺は、太麺のほぼストレート。見た目より食べ易いです。
スープは、味噌味がかなり濃厚で多めの油が浮いています。ニンニクの香りがして、そのままでも少し辛みがあります。途中から辛味を溶かします。なかなかの辛味になります。
トッピングは、モツ煮、メンマ、キャベツ・もやし・ニラ・玉ねぎの炒め物、玉ねぎ、辛味などです。モツ煮は、味噌味のスープに合います。モツ丼よりも相性が良いようです。
ちょい細うどんのような麺にコッテリ感の強い濃厚辛味噌スープ、そんなスープと軟らかなモツ煮の相性は良く、なかなか楽しめました。単品で1000円とお高いランチでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧