カテゴリー「1:小美味しい」の1000件の記事

2020.01.17

こまどり

Photo_20200119211501

新潟市(旧巻町)の「こまどり」です。
県道新潟寺泊線の竹野町交差点から稲島方向へ曲がってすぐ右側にあります。お店前に農協の建物が出来て、道路から直接見えなくなってしまいました。
旧巻町のお昼は、古潭が閉店して、八珍亭は少し遠くて、こまどりがほとんどになっています。メニューも多く、制覇するまでは飽きないかなとお邪魔しました。
午後12時40分過ぎに着きました。平日だからでしょうか?駐車場はそれほど混んでいません。お店の外の列びもありません。風除室に2人の待ちとこまどりのお昼にしては空いています。少し待ってお店の中へ。
お店は、左側にある入口を入ると風除室があり、右に折れるように進みます。入ってすぐ左側にテーブルの個室、先に進むと右側に広い厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に広間を長くしたような小上がりがあり、奥に小上がり風に使っている部屋があります。かなり大きめの、古さもいい感じのお店です。前に列んでいたお客さんと相席でテーブル席に案内されました。
メニューは、味噌ラーメンをはじめ、特製味噌ラーメン、味噌五目ラーメン、味噌チャーシューメン、バター味噌ラーメン、たんたん味噌ラーメン、ごまだれ味噌ラーメン、ねぎ味噌ラーメン、野菜とんこつ味噌ラーメン、とんこつ味噌ねぎチャーシューメン、野菜ラーメン、ねぎチャーシューメン、わかめラーメン、塩バターラーメン、ソース焼そばと豊富に揃っています。麺は、太麺、平麺、細麺の3種類が使われていて、各メニュー毎に決まっていますが、変更もできます。食べていないつもりの味噌五目ラーメンにしました。
オーダもかなり溜まっています。厨房の紐には、12枚もの伝票が下がっています。スタッフも少ない日とかでしょうか?時間がかかって出来上がってきました。
水色の牡丹の絵が可愛い器に、普通なラーメンです。
麺は、平打ちやや太めの縮れ、食べ易く、スープとの絡みも良く、麺そのものが美味しく感じられます。
スープは、赤味噌の味で通常の味噌ラーメン同様に甘さや油は控えめですが、味噌味やしょっぱさまで控えめです。こまどりらしくない上品な仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー、ゆで玉子半個、もやしと筍と豚肉の炒め物、わかめ、ねぎなどです。メンマも欲しいと思いましたが、筍がありました。
しょっぱい味噌ラーメンも好きですが、普通っぽいようでバランスの良い味噌ラーメンでした。五目と言う言葉が似合うかどうかはありますが、なかなか楽しめました。800円は良いような、ちょっとお高いような。

| | コメント (0)

2020.01.15

らーめん だいじ

Photo_20200116021101

上越市の「らーめん だいじ」です。漢字は“大慈”っぼいです。
上越大通り沿いにある上越地方卸売市場の場内にあります。
かなり前になりますが、テレビ番組で紹介されていました。上越に居てもなかなか思い出せず、初めてお邪魔しました。
お店は、左奥に厨房、左側手前と中央に厨房向きのカウンター席、右側に待ち用の椅子が並べられています。結構古そうな市場ですが、お店の中はそんな古さを感じさせません。お店の中には「麵処 暁」の暖簾が掛けられています。午後12時50分過ぎに着きました。かなり遅い時間のつもりでしたが半分ぐらいのお客さんの入りで、後からも来ます。右側に食券販売機があります。小さく可愛らしい食券販売機です。

Photo_20200116021102

メニューは、ちゃーしゅーめん、特ちゃーしゅーめん、しお豚骨ちゃーしゅーめん、魚介豚骨ちゃーしゅーめん、らーめん、しお豚骨、魚介豚骨があります。大盛り、追加トッピング、ライスなどがあります。限定で、みそらーめん、辛みそらーめんもあります。この食券販売機だと最初はちゃーしゅーめんにするしかないでしょう。ちゃーしゅーめんにしました。
待ちのお客さんも多く、少し待って出来上がってきました。

Photo_20200116021103

ワンポイント模様の白い器から落ちそうなチャーシューです。
麺は、やや太の強い縮れ、硬めでモチモチ感も強く苦手な麺ですが、食べているうちに徐々に食べ易くなってきます。
スープは、豚骨醤油で油が多く、しょっぱさは控え気味です。動物っぽい香りもありますが、徐々に慣れてきます。
トッピングは、大きく厚みもあるレアな感じのチャーシューが花盛りに盛られています。太めなメンマ、ほうれん草、きくらげの細切り、海苔、白髪ねぎ、青ねぎなど充実しています。
麺もスープも苦手な感じですが、なんか時間が解決してくれました。と言うか?麺の延びと香りの慣れでしょう。食べ終わる時には、なかなか良さそげな印象が残ります。不思議なようなずるいラーメンです。半麺ぐらいのボリュームのレアちゃーしゅーを食べての950円、いい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0)

2020.01.13

らぁめん 創

Photo_20200115024201

新潟市の「らぁめん 創」です。
女池~新和町の中間辺り、上越新幹線の高架下にあります。
今までこの地にあった「麺や 力 ぷらす」が「源七 くろとり食堂」とコラボし、デッキー401フードコートへ「麺屋 ほんず」として出店しました。その跡地にまたラーメン店が出来たらしいとの情報をもらいお邪魔しました。
実は、昨日も食べようかとしましたが、目の前で男子高校生10人ぐらいの団体が一気に入るのを見て諦めました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、左側にも厨房向きのカウンター席があります。以前小上がりだった左側のスペースですが、靴を脱いで上がるカウンター席です。小さめで和定食でも似合いそうな綺麗なお店です。午後230分過ぎに着きました。他にお客さんが4人と空いています。

Photo_20200115024202

メニューは、背脂担々麺(太麺)、背脂味噌らぁめん(太麺)、背脂らぁめん(中太)、背脂マー油らぁめん(中太)、つけ麺(太麺)があります。大盛り、特盛りができます。麺の太さの変更ができます。背脂担々麺が一番のおすすめでしょうが、できれば背脂は避けたいと思っていました。ここまで背脂メニューだらけとは…。てんないを見回すと、他に貼紙で醤油白湯麺、辛し味噌白湯麺(1月限定)、野菜タンメンがあります。これは幸いと1月限定の辛し味噌白湯麺にしました。
お客さんが少ないこともあり、早めに出来上がってきました。

Photo_20200115024203

黒い器に盛られてきました。野菜炒めたっぷりかなと思っていましたが、好きな普通のラーメンっぽい仕上がりです。
麺は、平打ちやや太の強い縮れです。やや硬めでモチモチ感も強めで最初ちょっと苦手な麺かと思いましたが、徐々に軟らかく慣れもあって食べ易くなってきます。
スープは、適度な味噌味の濃さでサラサラしています。しょっぱさや甘さ、こってり感などバランスが取れています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、あおさ海苔、辛味噌、ねぎなどです。味噌味でもこの組み合わせが良いです。
前半はそのままでいただき、後半は辛味噌を混ぜていただきます。辛味も控え気味で優しい辛さです。
なかなか充実の味噌ラーメンでした。辛し味噌白湯麺は、850円です。味編も楽しめたんでいい線でしょうか。

Photo_20200115024204

相方の食べた醤油白湯麺です。750円です。

| | コメント (0)

2020.01.12

中華料理 東華楼 新和店

Photo_20200115023301

新潟市の「中華料理 東華楼 新和店」です。
笹出線沿い、新和ショッピングセンター内にあります。
駅前店は昼食で良く食べましたが、新和店は移転前に一度食べたぐらいで、現在のお店は初かも知れないです。食べたことのないお店で食べようかとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、奥に小上がり、手前に向かい合わせのカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側奥に丸テーブルの席もあります。落ち着きのある中華レストランの雰囲気です。午後1時30分過ぎに着きました。6割~7割程のお客さんの入り、遅い時間のつもりが結構賑わっています。
メニューは、中華料理店らしくコースから飲茶まで豊富に揃っています。麺類は、ラーメン、チャーシュー麺、広東麺、野菜タンメン、辛々野菜タンメン、海老タンメン、冷やし中華(季節限定)、上海焼きそば、揚げそば、野菜味噌ラーメン、マーボー麺、もやし麺、四川麺、あさり湯麺、カキ湯麺(季節限定)、東坡麺、酸辣湯麺、激辛石焼きマーボー麺、セットなどもあります。季節限定のカキ湯麺にしました。
さすが中華料理店、結構早めに出来上がってきました。
あんかけに多い内側に模様の入った器に盛られたきました。
麺は、普通の太さの縮れ。ちょっと硬めでモチモチ感が強めです。食べ終わる頃には食べ易くなりました。
スープは、タンメンらしい塩味で、野菜とカキの旨みが溶け出しています。とてもまろやかに仕上がっています。
トッピングは、大粒な牡蠣4個、白菜、青梗菜?、玉ねぎ、人参、筍、しめじなどスープでゆでられたもの、その上に、ねぎ、レモンがのります。結構ボリュームがあります。
牡蠣の旨みがとても感じられる一杯でした。冬もなかなか楽しいものです。850円といい線でしょう。

Photo_20200115023302

相方の食べた酸辣湯麺です。900円です。

| | コメント (1)

2020.01.02

中国料理 張園 南店

Photo_20200106023301

新潟市の「中国料理 張園 南店」です。
弁天橋通沿い、新潟亀田インターの新潟駅寄りにあります。
首都圏のお店を紹介したテレビ番組ですが、刀削麺を見ました。確か張園でも食べれたような気がしてお邪魔しました。
お店は、ちょっと複雑な造りというか?回転寿司の造りです。午後2時10分過ぎに着きました。2割~3割のお客さんの入りと空いています。テーブル席に案内され、席に着くとiPadが渡され、回転寿司のようにメニューを探して注文します。
メニューは、中華のファミレスのような感じで、とても豊富に揃っています。麺類も豊富で、広東麺、マーボー麺、担担麺、天津麺、醤油らーめん、上海焼きそば、海鮮麺、野菜麺、キムチ入り海鮮焼きそば、半らーめん、ねぎらーめん、豚角煮らーめん、酸辣湯麺、味噌ラーメン、ワンタン麺、ジャージャー麺、牛肉麺などがあり、セットも豊富です。前回は、広東麺にしました。いろいろ操作したつもりですが、刀削麺を見つけられません。今回は、らーめん・中華丼セットにしました。
水やおしぼり、お茶、麦茶、コーヒーなどがセルフサービスになっています。水とおしぼりを用意して待つと、普通の待ち時間でゴロゴロとローラーが回る音がして、回転寿司のようにらーめん・中華丼のセットを乗せた台車が走ってきました。
らーめん、中華丼、ザーサイ、杏仁豆腐のセットです。
らーめんは、龍と双喜文の昔ながらの器に盛られてきました。醤油色の透き通ったスープのシンプルなラーメンです。
麺は、普通かやや細の縮れ、中華らしい印象の麺です。
スープは、醤油味のあっさりした癖のないものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、小松菜のような青菜、ねぎなど、シンプルですが、ホッとします。
油も少ないあっさりした昔ながらの醤油ラーメンでした。
中華丼は、対照的な黒い器に盛り付けられています。
海老、イカ、鶉の卵、白菜、キャベツ、チンゲン菜、人参、筍、きくらげ、椎茸、マッシュルームなどの醤油味あんかけです。
小さめですが、なかなかしっかりしたボリュームがあります。
しっかりした味の中華丼に、控えめなスープのらーめんが味噌汁代わりのセットでした。税抜き880円もいい線でしょう。

| | コメント (0)

2019.12.26

本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ

Photo_20191229112501

新潟市の「本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ」です。
新潟駅前、旧東急イン脇の道を万代シティ方面へ、信号機のある交差点の先、第四銀行の裏の通り沿いにあります。
新潟駅前での昼食です。まだ食べいないメニューがあり、食べてみようかとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、左側と手前に厨房向きカウンター席が合わせて10席の小さなお店です。庶民的な雰囲気のお店です。正午過ぎに着きました。まだ早かったようで、他にお客さんが3人と空いています。
メニューは、柚子香る潮、生姜香る醤油、麹香る味噌、鶏パーコー、焼きチーズ味噌、チキングリーンカレー、サバ味噌カレー、辛味噌野菜、ごま味噌タンタン、鶏ギョーザなどがあります。サイドメニューがあります。ほとんどお客さんが注文するミニ丼で、鷄天、とりそぼろ、めんたい高菜、チキンキーマカレーの4種類があり、いずれもプラス50円と破格です。トッピングは、鶏モモチャーシュー、鶏ムネチャーシュー、岩のり、穂先メンマ、チーズ、もやしがあります。食べていないごま味噌タンタンと鶏天にしました。
お客さんが少ない時の注文で早めに出来上がってきました。
メタル丼です。担々麺らしいスープが美味しそうです。
麺は、細い縮れ。プリプリモチモチ気持ち良い麺です。
スープは、胡麻の風味がとてもまろやかな味噌味です。
トッピングは、挽肉の芝麻醤炒め、鳴門、もやし、ほうれん草、柚子皮、おろし生姜、ねぎなどです。
久々に胡麻風味の豊かな担々麺を楽しみました。ごま味噌タンタンは850円と少しお高いですが、満足の一杯です。
鶏天は、鶏天も美味しいのですが、つゆのかかったごはんがまた美味しく、50円で食べれるのがありがたいです。
合わせて900円のランチ、お腹もいい感じです。

| | コメント (0)

2019.12.25

長浜らーめん 福麺亭

Photo_20191229112101

上越市の「長浜らーめん 福麺亭」です。
直江津地区です。国道8号線と信越線の間、関川右岸の市道?沿いにあります。
食べたことのない「濃厚豚骨らーめん 玉家」で食べようかと思いお邪魔しました。しかし、お店は「長浜らーめん 福麺亭」に変わっていました。同じ豚骨なんで名前を変えたのではと思いつつ食べてみることにしました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房方向壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。厨房と食堂がしっかり壁で仕切られて別になっています。昔からのラーメン屋さんの雰囲気です。午後1時20分過ぎに着きました。4人のグループと単独が2人、半分ぐらいのお客さんの入りです。
スタッフは、たぶん男性だろう1人です。厨房と食堂が離れていることやスタッフが1人のためでしょう?テーブルなど各所にファミレスのような呼出用のスイッチがあります。
スタッフをたぶん男性と言ったのは、覆面プロレスラーのようなマスクをしているからです。ちょっと異様な空気です。もしかして福麺亭の福麺と覆面を掛けていたりして…。
メニューは、長浜豚骨、長浜豚骨 黒(マー油)、長浜豚骨 赤(辛味噌)、替え玉、黒替え玉、赤替え玉、らーめん(豚骨)、ブラックラーメン、つけ麺などがあります。長浜ラーメン系は、麺の硬さが、やわやわ、ちょいやわ、やわ、普通、硬め、やや硬、バリ硬辛選べるように紹介されています。らーめんは中太麺で茹で時間3分、ブラックラーメンは手打太麺で茹で時間5分、つけ麺も手打太麺ですが茹で時間10分のなど説明があります。トッピングの追加やサイドメニューもいろいろ揃っています。長浜豚骨にしました。麺の硬さは普通で!
麺の茹で時間は短い筈ですが、替え玉などの対応もあって、普通の待ち時間で出来上がってきました。

Photo_20191229112102

白い器に、豚骨らしい白濁色ではなく、普通一般的なスープをちょっとグレーっぽくしたものです。
麺は、細いストレート。長浜ラーメンらしい心地良い麺です。
スープは、豚骨を絞り切ったような濃厚なもの、油っこさがなくて救われますが濃いです。最後に骨粉が残ります。
トッピングは、チャーシュー、きくらげ、青ねぎなどです。テーブル上には、紅生姜や辛子高菜漬け、すりごま、おろしにんにくなどがあり、味の変化を楽しめるようになっています。
ちょっと好みと違う濃いスープでしたが、好きな辛子高菜漬けを食べれて嬉しくなりました。長浜豚骨が700円、替え玉100円、+消費税のお昼でした。ちょっとお高いかな?

| | コメント (0)

2019.12.22

極上蔵出し味噌ラーメン そこがミソ

Photo_20191229110601

新潟市の「極上蔵出し味噌ラーメン そこがミソ」です。
女池インターの近く、紫鳥線沿いのショッピングセンターラグーナ女池の駐車場の一角にあります。「らーめん大雷神 ラグーナ女池店」→「きんしゃい亭&麺やたぶきん ラグーナ女池店」だった建物がそのまま使われています。
新潟一番サンデープラスで紹介されました。きんしゃい亭グループの味噌ラーメンの新店、早速お邪魔しました。
午後1時40分過ぎに着きました。普段ならば空いている時間でしょうが、放送の直後の賑わいでお店の外にまでの列びになっています。風除室に3~4人、外に7人ぐらいの列びです。記入する用紙もなさそうなのでそのまま待ちます。
15分ぐらい待ったでしょうか?ようやく風除室に入れました。風邪室にきんしゃい亭同様の食券販売機があります。
メニューは、特選スパイス味噌、特選白味噌、特選赤味噌、極上えび味噌、極旨えび塩などがあります。特選スパイス味噌と特選赤味噌は、辛味増しや辛味増し増しがサービスになっています。追加トッピングが豊富で、サイドメニューもあります。たぶん食べたことのない種類の特選スパイス味噌にしました。食券を購入して5分ぐらいで店内に案内されました。
お店は、右側に厨房、中央に向い合わせのカウンター席、その前後にテーブル席、左側に小上がりがあります。落ち着いた感じのまあまあ綺麗なお店です。小上がりに案内されました。
混んではいますが、普通の待ちで出来上がってきました。

Photo_20191229110602

黒い器にトマトソースかのような赤く辛そうなスープです。
麺は、やや太の縮れ。かなりモチモチプリプリしています。
スープは、、、を味噌味なことは味噌味なんですが、スパイスの香りがなんか癖のような?薬膳のような?カレーのような?中間的というか、不思議な味に仕上がっています。
トッピングは、メンマ、ゆでもやし・キャベツ、キクラゲ、青ねぎなどです。肉っ気がなく健康的です。
麺はなかなか食感を楽しめて良かったのですが、スパイシーなスープがちょっと好みと違いました。それでも特選スパイス味噌は690円、ちょっと驚きのお手頃感です。

Photo_20191229110603

相方の食べた特選白味噌です。こちらも690円です。

| | コメント (0)

2019.12.15

担々麺 SUN

Photo_20191222191701

新潟市(旧亀田町)の「担々麺 SUN」です。
国道49号線(亀田バイパス)鵜ノ子インターから亀田駅方向へ、新潟南警察署の先、すぐ左側にあります。
同僚からSUNはどうだったと聞かれることが多く、どうせなら食べておこうかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。カウンター席は、余程混んだ時だけ使用しているようです。洋風居酒屋のような感じでしょうか?なんかあまり落ち着かない雰囲気の内装です。午後1時過ぎに着きました。カウンター席は空いていますが、テーブル席は満席、食べ終わったお客さんが帰り、片付けを待って座れました。
メニューは、担々麺、ベジポタ担々麺、担々まぜ麺があり、それらにはよくばりというトッピングを充実させたものもあります。醤油ラーメンもあります。エビ抜きや辛さ控えめの対応もできます。追加トッピングやサイドメニューも揃っています。麺ご注文でライス(または半ライス)か手作りピクルスのいずれか一つが無料です。担々麺とピクルスにしました。
お客さんは多いのですが食べているお客さんが殆ど、すぐにつくって貰えたようで早めに出来上がってきました。

Photo_20191222191702

白い器の表面をまるでナポリタンのような色が覆っています。
麺は、普通かやや細の縮れ、やや硬めぐらいのゆで加減です。
スープは、標準的な担々麺のスープですが、かなり辛いです。
トッピングは、挽肉の芝麻醤炒め、ほうれん草、きくらげの細切り、ねぎなどです。最近の担々麺にしてはシンプルです。
結構辛い担々麺でした。バランスも良かったと思いますが、じじ&ばばの担々麺に慣れ過ぎたのかなんか物足りない感じがします。850円はちょっとお高いんじゃないでしょうか?

| | コメント (0)

2019.12.13

本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ

Photo_20191216014401

新潟市の「本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ」です。
新潟駅前、旧東急イン脇の道を万代シティ方面へ、信号機のある交差点の先、第四銀行の裏の通り沿いにあります。
新潟駅前での昼食、前回お邪魔した時に限定っぽいメニューがありましたが、食べなかったのでまたお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、左側と手前に厨房向きカウンター席が合わせて10席の小さなお店です。庶民的な雰囲気のお店です。午後12時20分過ぎに着きました。お昼も真っ最中の時間ですが、他にお客さんが2人と空いています。
メニューは、以前のLunch Menuからお昼だけかどうか不明な普通の1枚もののメニューに変わっています。柚子香る潮、生姜香る醤油、麹香る味噌、鶏パーコー、焼きチーズ味噌、チキングリーンカレー、サバ味噌カレー、辛味噌野菜、ごま味噌タンタン、鶏ギョーザがあります。サイドメニューがあります。ほとんどお客さんが注文するミニ丼で、鷄天、とりそぼろ、めんたい高菜、チキンキーマカレーの4種類があり、いずれもプラス50円と破格です。トッピングは、鶏モモチャーシュー、鶏ムネチャーシュー、岩のり、穂先メンマ、チーズ、もやしがあります。辛味噌野菜、ごま味噌タンタン、トッピングの岩のりとチーズが追加されています。メニューの記載方法ですが、らーめんとか丼の言葉が省略されました。この前に期間限定かと思った辛味噌野菜らーめんと胡麻みそ担々麺が通常メニューになりました。食べていないごま味噌タンタンの予定でしたが、味噌が食べたくなりました。予定を変更して辛味噌野菜とめんたい高菜にしました。
お客さんの出足が遅かっただけのようです。その後に3組のお客さんがやってきて、小さなお店はかなりの賑わいになりました。
お客さんが少ない時の注文で早めに出来上がってきました。
メタル丼に野菜の山が、味噌味のスープが美味しそうです。
麺は、やや細の縮れ。プリプリモチモチ気持ち良い麺です。
スープは、しっかりしたバランスの赤白合わせ味噌味です。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・玉ねぎ・きくらげ・ニラ・細切り大根の炒め物、おろし生姜、辛味、白胡麻です。
やや細の麺と味噌味のスープが食べ易く、おろし生姜や辛味で味の変化を楽しめました。トッピングでボリューム感もあります。これだけ楽しめて850円、なかなかお手頃です。
めんたい高菜は、ご飯の上をたっぷりの高菜漬が覆い、中心に明太子があります。ちゃんとしたボリュームもあって+50円と嬉しいお手頃感です。合計900円は割安です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧