カテゴリー「2:中美味しい」の1000件の記事

2020.04.04

安喜楽ラーメン

Photo_20200406013601

聖籠町の「安喜楽ラーメン」です。
新新バイパス聖籠I.C.から聖籠町役場への途中にあります。
以前から食べたいと思って何度か訪れていたお店です。時間がずれることが多く、準備中で諦めていました。今回は、お昼時間中に着きそうで、期待してお邪魔しました。
お店の外に出前らーめんAKIRAと書かれたトラックがあります。一般的にはバスということになっているようです。
午後12時50分に着きましたが、今日も準備中です。お店の中に電気が点いており、念のためお店に入って聞いてみると食べられるとのことです。ようやく食べることがてきます。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、右側手前に小上がりがあります。ラーメン店というより、近所の常連が集まる夜のお店の雰囲気で、他にお客さんはいません。
メニューは、厨房との間の下り壁にメニューが貼り出されています。担担麺、アキラ麺、タン麺、みそバターコーン、しおバターコーン、とんこつ麺、みそ麺、チャーシュー麺、もやし麺、コーン麺、ラーメン、わかめ麺があります。普通のラーメンの予定でしたが、お店の名前のアキラ麺にしました。
すぐに作り始めてもらえ、早めに出来上がってきました。

Photo_20200406013602

鳳凰模様の白い器にとんこつラーメンのようなスープです。
麺は、細い縮れ。久々に食感の楽しい、心地の良い麺です。
スープは、トリガラらしいのですが、サラサラしていて香りもさわやか、動物っぽさが全くありません。コーンスープかクラムチャウダーのような爽やかなスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし、コーン、わかめ、鳴門、ねぎなど特製のような豪華さです。
麺、スープ、トッピングともになかなか好みで充実のラーメンでした。この内容で650円は、かなりお得です。

| | コメント (0)

2020.03.28

麺食堂 まる七

Photo_20200330004101

新発田市の「麺食堂 まる七」です。
国道7号線沿いにあります。五十野公園方面への交差点のほんの少し中条寄り、一軒家のラーメン店です。
食べたことのないラーメンを食べようかとお邪魔しました。
お店は、左側奥に厨房、左側手前と中央寄りに厨房向きのカウンター席、左側さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木をふんだんに使った明るい感じがロッヂのような雰囲気のお店です。午後1時過ぎに着きました。遅めの時間なので駐車場もすんなり駐車でき、お店の中も6割~7割程度のお客さんの入り、小上がりに案内されました。
メニューは、中華、坦々、塩味、背脂、味噌、つけ、担つけに大別されています。中華は、中華そば、チャーシューメン、まるとく中華そば、メンマラーメンが…、坦々は、担々麺、坦々チャーシュー麺、まるとく担々麺、激辛ラーメンが…、塩味は、タンメン、チャーシュータンメン、まるとくタンメン、塩バターコーンが…、背脂は、背脂ラーメン、背脂チャーシューメン、まるとく背脂ラーメン、岩のりラーメンが…、味噌は、味噌ラーメン、味噌チャーシューメン、まるとく味噌ラーメン、味噌メンマラーメン、味噌バターコーン、ネギ味噌ラーメン、ネギ味噌チャーシューメン、辛味噌ラーメンが…、つけは、つけ麺、チャーシューつけ麺、まるとくつけ麺、岩のりつけ麺が…、坦つけは、坦々つけ麺、坦々チャーシューつけ麺、まるとく坦々つけ麺、激辛つけ麺があります。サイドメニューやセットメニューも充実しています。中華そば・背脂ラーメン・つけめん・坦々つけめんの4種のいずれかの麺とたれカツ丼・玉子とじカツ丼・カツカレー丼・豚そぼろ丼・ネギチャーシュー丼・鳥からあげ丼の6種のいずれかのミニ丼を組み合わせたセット、麺とライスと餃子を組み合わせた定食が3種、中華そば・背脂ラーメンと玉子かけご飯を組み合わせたかけセットがあります。別頁に汁なし麻婆麺があります。チャーハン、半チャーハン、中華そばや背脂ラーメンと半チャーハンとのセットもあります。1枚もののメニューで桜エビ・春野菜と卵のふわふわ塩ラーメンがあります。その桜エビ・春野菜と卵のふわふわ塩ラーメンにしました。
待ちのお客さんが少なく、早めに出来上がってきました。
青が鮮やかな器の表面を大きな玉子焼きが覆っています。
麺は、やや細の縮れ。心地よい食感とコシ、旨い麺です。
スープは、塩味のあっさり、癖がなく、優しい旨味です。
トッピングは、ふわとろ玉子焼き、春野菜とタケノコです。ふわとろ玉子焼きは桜エビがとても香ばしい仕上がりです。
天津麺の春バージョンのようなラーメンでした。食べ終わってから飲むスープの美味しいこと、飲み干しました。900円と安くはありませんが、とても充実の一杯でした。

| | コメント (0)

2020.03.17

元祖支那そば 信吉屋

20200317

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町にあります。古くからの市場風なお店や新しいお洒落なお店が並ぶ人情横丁の建物の東堀通寄りにあります。
信吉屋のワンタンメンが食べたかったのですが、タイミングが合わなくて4連敗中です。麺切れ、臨時休業、麺切れ、ワンタン切れです。それでも前回は、支那そばが食べれたので救われました。今回も先に昼食を食べてから移動した方が良さそうなので、ちょっと早めにお邪魔しました。
前回は水曜日の午前11時30分過ぎでワンタン切れ、今回は比較的空いていると言われる火曜日の午前11時30分前です。
お店が見える場所まで来ました。比較的空いている火曜日、お店の外にまでおよぶような待ちの列びは見えません。
お店は、間口が広くあまり奥行きのない造りで、奥に厨房、手前にカウンター席が8席だけの小さなお店です。昭和を感じさせる、懐かしい、レトロな雰囲気が好きなお店です。
ワンタンがなくなると厨房の中央にある冷蔵庫に貼り出される“ワンタン売り切れ”の貼紙ですが、今日はまだ貼り出されていません。時間が早かったこともあり大丈夫そうです。
心配した混みも半分程度のお客さんの入りと空いています。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタンがあります。ワンタンメンが人気です。夏季限定で冷し中華があります。こちらもワンタンメン同様の人気です。麺の量は、普通、中盛、大盛があり、普段はお得感のある中盛にしています。予定通りのワンタンメンの中盛りにしました。実際は、おばさんに『今日はワンタンあるよ!ワンタンメンの中ね?』と聞かれて『はい!』と返事をするだけです。
食べていないお客さんが1人で、そのお客さんのを作り始めていました。次に作ってもらえるだろうと思っていましたが、間に合ったようでとても早く出来上がってきました。
艶のある渋い黒い器に澄んだスープが品良く盛られてます。
麺は、細麺の弱い縮れ。ラーメンぽくない麦が優しい印象の、シコシコした歯応えと適度なモチモチ感の楽しい麺です。
スープは、塩味のすまし汁のよう、透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。
トッピングは、弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、肉団子に近い大きな挽肉を包んだ軟らかなワンタン、メンマ、季節の野菜、鳴門、ねぎなどです。季節の野菜は、きぬさやなどのときもありますが、この時期は小松菜です。ねぎは輪切りで、スープと絡まり香りと味わいを楽しめます。
歯切れの良い麺とお吸い物かのようなスープ、もう和食の領域の麺料理です。溶ろけるようなワンタンはボリュームもあります。ワンタンメンの中盛り、これで800円はお手頃です。
その後、お客さんがぱったりと来なくなり、しばらくして3人ほど来てワンタンメンを注文、それでもワンタンはまだあります。日によってまちまちのようです。

| | コメント (0)

2020.03.14

鶏そば 直右

Photo_20200316032201

新潟市の「鶏そば 直右」です。
国道113号線空港通り沿い、赤道との交差点から少し山の下寄りにあります。3階建ての雑居ビルの1階、右側のお店になります。「中華そば 石黒」だったところです。
石黒跡に新しい店がオープンしたので早速お邪魔しました。
お店は、入口を入ると右側にある通路を奥に進むような造りになっています。通路の左が厨房、その奥の左側にはカウンター席のようにも使える6人掛けの大きなテーブル席が1卓、右側が小上がりで複数の座卓があります。和の雰囲気がたっぷりのお店です。午後1時10分過ぎ着きました。5割~6割ぐらいのお客さんの入り、混んでいるかと思いましたが空いています。入口を入ってすぐに食券販売機があります。

Photo_20200316032202

メニューは、鶏そば、味玉鶏そば、メンマ鶏そば、のり鶏そば、鶏そば肉増し、塩鶏そば、味玉塩鶏そば、メンマ塩鶏そば、のり塩鶏そば、塩鶏そば肉増し、バター醤油鶏そば(金土日夜限定)などがあります。追加トッピングやサイドメニューもあります。ちょっと期待を込め塩鶏そばにしました。
お客さんが少ないこともあり早めに出来上がってきました。

Photo_20200316032203

白い器に透明でいかにも塩らしいスープが美味しそうです。
麺は、細麺のストレート。九州にも似た心地よい食感です。
スープは、塩味のあっさり、品良く控えめな仕上がりです。
トッピングは、鶏チャーシュー(ムネ・モモ)、メンマ、海苔、塩昆布などです。ほんの少しの塩昆布ですが、塩分と旨味が倍増し、控えめな味を味変させて楽しむことができます。
麺・スープ・トッピングともに好みの品の良いものですが、最初は物足りなく感じます。慣れてきた頃に塩昆布で味変を楽しみました。とても楽しいラーメンでした。700円とちょっとお高いラーメンかと思いましたが、これだけ楽しむとむしろお手頃なラーメンにさえ思えてきました。

Photo_20200316032204

相方の食べた鶏そばです。こちらも700円です。スープを飲ませてもらいましたが、醤油の旨味がとても心地良いです。

| | コメント (0)

2020.03.13

お食事処 一平

Photo_20200316031101

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
神林支所近く、風情のあるJA倉庫向かいにあります。
定食好きの出張者とのお昼になりました。ラーメンも食べられる定食なら一平かなってことでお邪魔しました。
正午過ぎに着きました。店前と横の駐車場は半分ぐらい駐車と空いています。腰掛けて待てる風除室には待ちがありません。なかなか珍しいぐらいに空いています。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質を基調とした落ち着いた雰囲気で、とても綺麗なお店です。お客さんの入りも半分ぐらいです。
メニューは、ラーメン、チャーシュー麺、味噌ラーメン、五目ラーメン、野菜タンメン、担担麺、五目焼きそば、ラーメン定食、中華丼、チャーハン、ライス、半ラーメン、半チャーハンなどがあり、組み合わせも楽しめます。いろいろありますが、いつものラーメン定食にしました。
その後少しして、お客さんが次々とやってきます。席がいっぱいになり、風除室に列びができているようです。
早めに注文していたので早めに出来上がってきました。
ラーメンの他にご飯と小皿が3品付くの豪華な昼食です。
麺は、細めの縮れ。食べていると平打ちっぽく感じます。ツルツルした食感と適度なモチモチ感の懐かしい麺です。
スープは、透き通った淡い醤油色で煮干しの香りが強く、あっさりしていながら旨味と自然な甘さがいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草などです。あっさりラーメンに似合っています。
定食は、ご飯とおかずとお新香になります。おかずは、メンチカツ、鮪刺身、あんかけ玉子焼きです。少量ずつの3品です。そのメニューにあった季節の生野菜が添えられています。お新香も3種類が楽しめます。
懐かしさを感じさせる麺、銘品的なスープ、おとなしめなトッピングなどバランス良いラーメンに仕上がっています。ラーメンは620円とお手頃ですが、ラーメン定食は結構食べれて850円。お手頃さがさらに充実しています。

| | コメント (0)

2020.03.12

麺や ようか

Photo_20200316030601

小千谷市の「麺や ようか」です。
国道117号線沿いにあります。小千谷IC近くの桜町上交差点から十日町方面に向かって割りと直ぐの左側にです。
鶏白湯と塩味を中心に新潟県にあまりない味も含めて提供してくれているお店です。食べていないラーメンが多く、まだ食べていないラーメンが食べられればとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前と右側に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。綺麗な洋食が出てきても良さそうな雰囲気のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。5割~6割のお客さんの入りです。入口を入った風除室に食券販売機があります。
メニューは、特製塩そば、塩そば、鶏塩白湯ちゃーしゅう麺、鶏塩白湯麺、特製醤油そば、醤油そば、鶏醤油白湯ちゃーしゅう麺、鶏醤油白湯麺、味噌ちゃーしゅう麺、味噌らーめん、鶏味噌白湯ちゃーしゅう麺、鶏味噌白湯麺、特製うめ塩そば、うめ塩そば、煮干し中華、煮干しそば、旨辛醤麺、油そば、塩つけそば、塩もりそば、うめ塩つけそば、うめ塩もりそば、醤油つけそば、醤油もりそば、鶏塩白湯つけ麺、鶏醤油白湯つけ麺、鶏味噌白湯つけ麺、平日限定のよう二郎、本日の限定のジンジャーまぜそばなどがあります。追加トッピングやサイドメニューも豊富に用意されています。食券販売機の上には写真入りでトッピングや使っている麺の太さなどの説明がしたパネルが貼られています。麺は、あっさり系には細麺、こってり系には太麺が使用されていますが、変更できます。うめ塩そばにしました。
お店に入ると、カウンター席のやや手前に案内されました。
今日もいつもと変わらず、早めに出来上がってきました。
白い器にあっさりしていそうなラーメンです。
麺は、細く弱い縮れ。プリプリ噛み応えを楽しめる麺です。
スープは、あっさりしながらもまろやかさも感じられる塩味です。梅の爽やかな香りに酸味も加わり、食欲が増します。
トッピングは、豚チャーシュー、鶏チャーシュー、味玉半個、小松菜、油揚げ、刻み梅、ねぎなど充実しています。
塩味のバランスの良いラーメンにバランスが良いまま梅の爽やかな香りと酸味が加わりました。どちらかと言えば安くはないお店、800円とやっぱお高めですが、何か満足です。

| | コメント (0)

2020.03.09

らーめん家 和ト

Photo_20200316024701

新潟市(旧豊栄市)の「らーめん家 和ト」です。
新新バイパス豊栄ICと豊栄駅の中間辺り、市道鳥屋交差点の角にあります。目印のない何とも説明の難しい場所です。
一度しかお邪魔してないお店です。食べていないメニューも多く、他のメニューも食べようかとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側奥にテーブル席、手前に小上がりがあります。今風な綺麗なお店です。午後1時20分過ぎに着きました。他にポツリポツリと数名のお客さんがいるだけ、寂しく空いています。
メニューは、しょうゆ、みそ、しおに別れています。しょうゆは、らーめん、ちゃーしゅーめん、飛魚らーめんがあります。油、多め、少なめができます。みそは、みそらーめん、みそちゃーしゅーめんがあります。からみそを加えられます。細麺に変更できます。しおは、ばりしおらーめんのみです。他に1枚もののメニューでとろろ味噌らーめんがあります。まだ食べていない基本的なしょうゆ味のらーめんにしようと思っていたのですが、とろろ味噌らーめんにしました。
メニューに、すりおろした山芋の入ったとろろ味噌らーめんとあり、聖籠町藤井農園、ボカシ肥料を使用した美味しい野菜と書かたシールが貼られています。地産地消のお店です。
その後、お客さんが次々とやってきて半分ぐらいの席が埋まるほどの賑わいになりました。賑わう前に注文できていて良かったです。かなり早めに出来上がってきました。
黒と茶色の混じる渋めの器の表面が…なんとも賑やかです。
麺は、普通の太さの縮れ、バランスの良い食べ易い麺です。
スープは、味噌味の濃厚タイプ、程良くコッテリしてます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし・キャベツ・人参などの野菜炒め、青ねぎ、胡麻、とろろなどです。
食べ易い麺と良く絡むしっかり味噌味のスープ、チャーシューメンかのようなチャーシューにメンマ、とろろが味噌味スープの絡んだ麺にさらに絡まります。味的にもトッピングも楽しめるラーメンでした。920円とかなりお高いものでしたが、それ以上に楽しめました。お手頃にさえ思えます。

| | コメント (0)

2020.03.05

食堂 衆楽

Photo_20200309022801

新潟市の「食堂 衆楽」です。
沼垂地区、沼垂テラスの栗の木バイパス寄りにあります。
ラーチャン発祥店のラーチャンを食べようとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。昭和を感じさせるレトロな雰囲気です。午後12時50分頃に着きました。7割~8割のお客さんの入りです。
メニューは、セットメニュー、麺類、御飯もの、定食、一品料理、飲物と別れています。麺類は、ラーメン、チャーシュー麺、もやしラーメン、タンメン、みそラーメン、マーボー麺、冷やし中華、ソース焼きそば、あんかけ焼きそば、あんかけ揚げそばがあります。セットは、ラーチャン(元祖ラーメン・チャーハンセット)、カレーセット、カツ丼セットがあります。元祖のラーチャンにしました。
チャーハンが含まれるセットなんで時間がかかるだろうと思っていましたが、ごくごく普通に出来上がってきました。
シンプルなラーメンと半チャーハンがお盆にのっています。
ラーメンは、水色の器にシンプル、レトロな仕上がりです。
麺は、細麺の縮れ、久々に好きな心地よい食感のものです。
スープは、醤油味と塩味の中間の昔懐かしいあっさりです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎ、海苔など新潟あっさりラーメンらしいものがのせられています。
麺、スープ、トッピングのすべてが新潟あっさりラーメンらしいもので、とてもバランスが取れています。単品でも500円です。ワンコイン、かなりお手頃なラーメンです。
チャーハンは、結構パラパラした一般的に美味しいとされるチャーハンです。作り置きをしているようで、熱々でなかったのが残念です。セットで700円はお手頃です。

| | コメント (0)

2020.02.27

大江戸 県庁前店

Photo_20200309013601

新潟市の「大江戸 県庁前店」です。
県庁近く、国道116号線と県道51号笹出線の間、市道沿いにあります。ダイソー出来島店と駐車場を共有しています。
まだまだ寒い日が続いていますが冷し中華が食べたくなり、まいつでも冷し中華が食べられる大江戸にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と左側に厨房向きのカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。広々・明るく、綺麗な和食堂のような雰囲気です。午前11時50分過ぎに着きました。ダイソー出来島店との共同駐車場は空いていて、お店の中も4割~5割程度のお客さんの入りてす。どちらにでもどうぞってことで、テーブル席のテレビが見易い席に座りました。
メニューは、醤油味と味噌味のラーメンとチャーシューメン、塩味と味噌味のタンメン、焼きそば、冷やし中華などがあります。全ての麺類が大盛りや特盛りも選べます。サイドメニューもライス(小・並・大)、おにぎり(梅・鮭・天かす)、ミニ自家製カレー、ミニチャーシュー丼があります。以前、曜日毎の日替りミニ丼がありましたが確認できません。見逃しただけかも知れません。平日限定の日替小丼は、ねぎメンマチャーシュー丼とのことです。冷やし中華(並)と日替小丼(ねぎメンマチャーシュー丼)にしました。
混んでなかったこともあり、早めに出来上がってきました。
白い器に濃い醤油色のつゆ、麺を隠すほどのトッピングです。
麺は、極細の弱い縮れです。冷やし中華の冷たさで一層コシが強く感じられ、大江戸の麺の特徴である長さに遊ばれます。
つゆは、見た目の醤油色の濃さに反して普通のしょっぱさ、程良い甘みと控えめな酸味があります。半分ほど食べて辛味を加えて、ひと味大人風に味変した冷し中華を楽しみます。
トッピングは、チャーシュー、胡瓜、メンマ、錦糸玉子、もやし、刻み海苔、紅生姜などです。少し太めに切られ、食べ易くはありませんが素材の旨味と歯応えを楽しめます。
大江戸の極細麺はつゆに良く絡みます。辛味での味の変化を楽しめるのも好きです。多めの辛味はなかなかきりりとした美味しさに変化を加えてくれますが汗が…。冷し中華(並)は850円です。温かいものと比べると結構割高になりますが、手間やトッピングを考えるといい線かも知れません。

Photo_20200309013602

日替小丼のねぎメンマチャーシュー丼、ねき、メンマ、チャーシューと品数もあり、それらのバランスも良く、ボリュームも適度にあります。これで200円はありがたいです。

| | コメント (0)

2020.02.26

元祖支那そば 信吉屋

Photo_20200309012901

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町にあります。古くからの市場風なお店や新しいお洒落なお店が並ぶ人情横丁の建物の東堀通寄りにあります。
信吉屋のワンタンメンが食べたかったのですが、タイミングが合わなくて3連敗中です。今日は、先に昼食を食べてから移動がしたくて、ちょっと早めにお邪魔しました。
午前11時30分過ぎ、お店が見える場所まできましたが、お店の外にまでおよぶような待ちの列びは見えません。
お店は、間口が広くあまり奥行きのない造りで、奥に厨房、手前にカウンター席が8席だけの小さなお店です。昭和を感じさせる、懐かしい、レトロな雰囲気が好きなお店です。
ワンタンがなくなると中央の冷蔵庫に貼り出される“ワンタン売り切れ”の貼紙ですが、今日はかなり早いつもりでしたが、お店に着いた時にはもうしっかり貼り出されています。
先に2人のお客さんの待ち、タイミングが悪くそこそこ待ちになり、その後カウンター席中央付近に案内されました。
お店に入るとすぐ、おばさんに『ワンタン売り切れたけどいい?』って言われます。仕方のないことでしょう。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタンがあります。ワンタンメンが人気です。夏季限定は、冷し中華があります。こちらもワンタンメンと同様の人気です。麺の量は、普通、中盛、大盛があり、普段はお得感のある中盛にしています。ワンタンメン中盛りの予定でしたが、まあ麺があっただけもうけもん、支那そばの中盛りにしました。
座るまで待ちましたが、いつも通り出来上がってきました。
艶のある渋い黒い器に澄んだスープが品良く盛られてます。
麺は、細麺の弱い縮れ。ラーメンぽくない麦が優しい印象の、シコシコした歯応えと適度なモチモチ感の楽しい麺です。
スープは、塩味のすまし汁のよう、透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、小松菜、鳴門、ねぎなどです。輪切りねぎの香りがスープととても良く絡みます。
歯切れの良い麺とお吸い物かのようなスープ、とてもヘルシーな支那そばをいただきました。支那そば(中盛)は、好みの味でボリュームもありながら700円とお手頃。信吉屋で一番コストパフォーマンスが良い一品です。御馳走様でした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧