カテゴリー「2:中美味しい」の1427件の記事

2017.02.24

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
定期的に食べたくなる白寿のうま煮そば。…ってなことでお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、左側にラーメン丼2個がちょうど小さなのテーブルが2卓あります。歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時10分過ぎに着きました。6割~7割ぐらいのお客さんの入りです。前回は空いていましたが、今日はいつもの賑わいです。
メニューは、ラーメンとうま煮そばの2品だけ、大盛りの対応はありません。サイドメニューもありません。本当にラーメンとうま煮そばのいずれかを注文するしかないお店です。とはいってもうま煮そばが人気のお店。ラーメンを食べる人とは年に1回遭遇するか?どうか?です。『うま煮そば!』と注文しながら左側の奥にある冷水機までセルフサービスの水を用意しに行きます。
いつも通りです。親父さんとおばさんの2人、おばさんが作ってくれます。
うま煮は、中華鍋で一度に多くを作るので、うま煮の有無で待ち時間が大きく左右されます。最近は、うま煮がなくなる前に次のうま煮出来上がり、それほどの待ちがありません。今日は残りが半分ぐらいで、次の仕込みの始めようとしていました。食べているお客さんが多く、すぐに作って貰えてます。
ゆで用の鍋の木の蓋に麺をのせて解します。温めてもいるようにも見えます。麺を鍋に入れ器を用意、タレを入れ、スープを張る頃に麺がゆで上がります。麺を湯切りし、器に移し、うま煮をかけます。目の前に運ばれてきました。
タイミングですが、ファーストフード並みの早さで出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、極細に近いシコシコした歯応えで、強い縮れにうま煮が絡まります。
スープは、うま煮と混じって判り難いのですが、魚介風味のあっさりです。
トッピングは、うま煮だけです。白菜・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけで、ニンニクも少し効いた野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。
その後もお客さんがそこそこやってきて、良い賑わった状態が続きました。
細縮れの麺とあっさりスープ、ヘルシーなあんかけで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。なんともありがたいことです。他のお店も見習って欲しいお手頃感でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.22

村上ラーメン にぼしまじん

にぼしまじん しょうゆわかめ(大盛)

村上市の「村上ラーメン にぼしまじん」です。
国道7号線沿いの村上プラザ(イオン村上東店)フードコートにあります。
「喜びラーメン 小太喜屋」のプロデュース店です。なかなか本格的です。
村上を移動中の昼食。入り易く時間もかからないにぼしまじんにしました。
お店は、ショッピングセンターのフードコート内ですから広々としています。午後12時10分前に着きました。いい時間ですがまあまあ空いています。
メニューは、しょうゆ、背油、みそ、辛みそ、塩、ゴマ、酸の各味があり、それらにネギやチャーシューを加えたもの、トッピングを充実させた“まじん”があります。また、各味によりますが、わかめ、岩のり、コーンなどを加えたものもあります。いずれも大盛りが無料になってます。今回、酸が追加されています。スッパ辛味との説明で、中辛・大辛が無料、激辛が20円増しになっています。カウンターでの注文、しょうゆわかめ(大盛)にしました。
お店のカウンターで注文を伝え、お金を支払うと番号の書かれた木製の札を渡されます。今日は16番。フードコートのセルフの水を用意して待ちます。
お客さんが少なめなのにスタッフは多めで、早めに出来上がってきました。
お盆にお箸とレンゲがセットされていて、ラーメンがのって出来上がりです。醤油と同じ白い器に醤油色のスープが美味しそう、わかめが健康そうです。
麺は、やや細の縮れ、歯切れが良く、スープと良く馴染み旨みがあります。
スープは、煮干しダシが濃厚な醤油味、今時の味の濃さを楽しめるものです。和の控えめな煮干しダシが好きですが、この濃厚な煮干しダシも好きです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、白ねぎ、わかめ、コーンなどです。
普通のしょうゆよりもチャーシューの種類や味玉など少なくなってるものもありますが、620円としょうゆと同じ値段での提供はありがたいです。しかも大盛無料。それがイオンの火曜市で500円でした。大盛で!いいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.21

中華のカトウ

カトウ チャシュー

新潟市の「中華のカトウ」です。
東堀通りと古町通りの間、柾谷小路から上手(西側)通り沿いにあります。
ずっと食べたいと思って前を通っていましたが、“売り切れ”なことが多く、今日、なんとか早めにお邪魔できました。久々にカトウの暖簾をみました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。小さな昔からの中華そば屋さんの雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。他にお客さんは3人だけ、カトウにとっての閉店間際です。
メニューは、中華そば、チャシュー、それらの大盛りです。好きな1つのスープで勝負しているお店です。チャシューができそうなのでお願いしました。
すぐに作ってもらえてます。麺のゆでも短く早めに出来上がってきました。
赤い模様の器に、見ただけであっさりした感じの昔ながらの中華そばです。
麺は、普通の太さのかなりの平打ち、弱いウェーブで軟らかめのゆでです。
スープは、新潟らしいあっさりで、癖のない醤油の旨味としょっぱさです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、きねさや、玉ねぎなどです。
新潟のあっさりした中華そばです。やや軟らかめ平打ち麺とあっさりした醤油のスープ、麺が特徴的な中華そばです。中華そばが470円ワンコイン未満、チャシューが570円、なんともありがたいお昼をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.17

らーめん いちのじ食堂

いちのじ らーめん+たまねぎ

新潟市(旧岩室村)の「らーめん いちのじ食堂」です。
県道374号線(旧国道116号線)沿い、和納の田んぼの中にあります。
巻地区でのお昼です。八珍亭、こってり、古潭などありますが、たまには違うものを…。まだ食べていないものの多い、いちのじ食堂にお邪魔しました。
お店は、右側奥に厨房、手前にカウンター席、2人掛のテーブル席も1卓、左側に小上がりがあります。2人掛2卓、4人掛2卓と小上がり中心のちょっと新しそうな良い意味普通のラーメン店です。正午頃に着きました。7割~8割程のお客さんの入り、何もないような田舎の場所にしては賑わっています。
メニューは、醤油、味噌、塩の各味があります。醤油は、らーめん(中油、大油、油まみれ)、チャーシューやもやしを加えた組み合わせ、辛ネギ中華、特選和風醤油らーめん、ジンジャー麺(1日20食限定)があります。味噌は、味噌らーめんとそれにネギやニラを加えたもの、さらにチャーシューを加えたもの、辛味噌らーめん、辛味噌らーめん〈大辛〉があります。塩は、背脂塩があります。らーめん(中油)、特選和風醤油らーめんを食べました。そろそろ味噌らーめんかも知れませんが、ラーメン(中油)+たまねぎにしました。
お客さんは多めですが食べている人が多く、早めに出来上がってきました。
喜文、雷文、龍の昔ながらの器の表面を玉ねぎと背油の白が覆っています。
麺は、普通の太さのストレート、ちょっとパスタっぽい食感のする麺です。
スープは、醤油味がしっかりしながらあっさりしています。ちょうどいい感じで、その上に背油もなかなかの量が浮いています。まろやかな味わいです。
トッピングは、やや多いチャーシュー、メンマ、玉ねぎ、海苔、鳴門です。
背油入りの食べ易いラーメンでした。麺が太くないのが特徴でしょうか。玉ねぎでこってりも気にせず最後まで食べれました。らーめんが650円で、玉ねぎのトッピングが100円。計750円はお得なような気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.16

新潟ラーメン 第一旭

新潟ラーメン 第一旭

新潟市の「新潟ラーメン 第一旭」です。
浜浦橋からずっと西へ向かう市道沿いにあります。浦咲のさらに西、寺尾駅から海方向の辺り。ローソン新潟上新栄町店→和(なごみ)だった建物です。
同僚から薦められ『まだ、食べてないの!』ってな状態でお邪魔しました。
関西にあるラーメン店の暖簾分けとのこと、ダシの旨さを味わえそうです。
お店は、左奥に厨房、奥中央に配膳スペース、配膳スペースの手前、右側にL字型のカウンター席、さらに手前に障子風な仕切りのテーブル席、右側に和個室があります。白木、若苗色の壁、障子など目一杯和を感じさせるお店です。午後12時10分頃に着きました。すでに7人の待ちになっています。入口を入ってすぐ左側に食券販売機あります。食券を購入して待つようです。
メニューは、基本が4種、ラーメン、旭ラーメン(大盛)、特製ラーメン(大盛・肉増し)、肉なしラーメンで半熟煮玉子入りやランチセットがあります。肉増しラーメンもあります。最初なので普通のラーメンにしました。
タイミングが良かったようで、少し待ってカウンター席に案内されました。
出来上がりを待っているお客さんも少なく、早めに出来上がってきました。

第一旭 ラーメン

黒い器に透き通った醤油色のスープ、チャーシューがたっぷり入ってます。
麺は、新潟あっさりのような細い縮れで、結構モチモチ感が強めの麺です。
スープは、醤油味のあっさりしたもの。おとなしい癖のない仕上がりです。
トッピングは、たっぷりのチャーシュー、もやし、ねぎなどシンプルです。
新潟ラーメンのあっさりとは少しちがう、もっと旨みを静かにしたものです。醤油をそれほど前面に出してはいませんが、醤油の美味しさが感じられます。たっぷりのチャーシューも嬉しかったのですが、メンマもあって欲しかった。最近では珍しい食べ易いラーメンでした。650円もいい線かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.14

中華そば 龍華亭

龍華亭 たまねぎ中華

三条市の「中華そば 龍華亭」です。
燕三条駅・三条燕IC周辺エリア、地場産センター駐車場の近くにあります。
背脂ラーメンの元祖、三条の「福来亭」が名前を変えて移転したお店です。
ラーメンに詳しい出張者とのお昼、歴史も知っての希望でお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらの手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。オープンして結構経ちましたが、新しく清潔感があります。正午過ぎに着きました。6~7割ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、中華そば(大油・中油)、たまねぎ中華、タンメン、ミソラーメン、醤油タンメン、焼きそば、メンマ焼きそば、チャーシューメン、メンマ中華、チャーシューメンマ、月見中華、岩のり中華そば、醤油五目中華、ミソ五目中華、五目中華、エビ醤油タンメン、エビミソラーメン、エビ塩タンメン、エビ醤油五目中華、エビ塩五目中華、エビミソ五目中華、コーンラーメン、超大盛り中華とた~くさんあります。チャーハン、エビチャーハン、ライス、餃子などもあります。いろいろ食べてみたいのですが、たまにしか来れないエリアです。いつもと同じになりますが、大好きなたまねぎ中華にしました。
麺のゆで時間がかかるのでしょう、ちょっと待って出来上がってきました。
緑の龍が鮮やかな白い器に醤油色のスープと玉ねぎの優しい白が映えます。
麺は、平打ち太い縮れで、とても食感が良く、食べるのが楽しくなります。
スープは、玉ねぎと少し背脂が浮いていて、その下にはその白に反して濃い醤油味のスープ。これもまたその色に反して煮干しダシの優しいスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ザク切りの玉ねぎです。玉ねぎはまあまあ大きめの切り方で歯応えがあります。この中華そばには良く合います。
好みで楽しい平打ち麺と醤油を強く優しく感じるスープ、背脂にシャキシャキ玉ねぎの美味しい中華そばです。750円といい線いっていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.13

三吉屋

三吉屋 中華そば(大盛)

新潟市の「三吉屋」です。
西堀通り沿いにあります。三越から100mほど白山神社方向の並びです。
今日は、あっさりしたラーメンが食べたくてなり三吉屋にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にあまり使われないカウンター席、その手前に4卓のテーブル席があります。小さなテーブルですが、中華そばの器なら4人座っても食べられます。狭く小さな昔ながらの中華そばやさんです。午後12時30分過ぎに着きました。6割程度のお客さんの入りでしょうか。いつも通り相席を覚悟していましたが、その通り相席でテーブル席に座れました。
メニューは、中華そば、叉焼麺とそれらの大盛り、ワンタンがあります。夏季は、冷し中華とその大盛りも提供されますが、メニューの冷し中華には上に赤で×印が付いています。予定通りいつもの中華そば(大盛)にしました。
普通でも早いのに、今日は牛丼屋さん並みの早さで出来上がってきました。
青の模様が綺麗な器に、派手さのないホッとする仕上がりの中華そばです。
麺は、極細の縮れ。口に入れた時、舌にあたる麺の縮れが気持ち良いです。
スープは、淡く薄く綺麗な醤油色です。醤油味を強調させ過ぎることもなく、ダシがいい具合に効いて、野菜から出ているだろう優しい甘さがあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎととてもシンプルです。
極細麺とあっさり醤油のスープ、新潟あっさりラーメンを代表する一品です。昔懐かしさを感じさせてくれるスープ、バランスの良い仕上がりが見事です。中華そば600円+100円です。最近は、お手頃にさえ思えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.10

らーめん 古潭

古潭 野菜味噌ラーメン

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅正面の道を進み一時停止を左へ、神社が並ぶ向かいにあります。
出張者と一緒のお昼、この地区が初めての人もいて古潭にお邪魔しました。
駐車場がないので路線バスの支障とならないよう前の道路に路駐となります。午後12時過ぎ、路駐の車が多く、少し待って入れ替りで止められました。
お店は、車庫の奥に入口があるような感じで、さらに奥行きのある店内です。右側に厨房、中央に厨房向きカウンター席、手前にテーブル席、左奥に小さな座敷があります。ちょっと古く、照明も押さえられ、落ち着いた雰囲気です。カウンター席は賑わっていますが、手前テーブル席が空いています。人数もいて奥の座敷になりました。隠れ家的スペースです。注文してから入ります。
メニューは、醤油・味噌・塩の各ラーメンとそれらの野菜ラーメン、その他に納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。追加トッピングは、チャーシュー、メンマ、バター、コーン、わかめ、たまごがあり、さらに大盛りまでも50円増しとお手頃です。今日はシンプルに野菜味噌ラーメンにしました。注文を伝えながらカウンター奥にある冷水機で水を用意して席に座ります。
今日も店主と奥さんの二人で、注文を聞くのが早いですが出来も早いです。
黒く渋い器に白味噌仕立てのスープ、ゆで野菜の淡い緑がとても綺麗です。
麺は、細い縮れの普通に見えてバランスが整っています。少し硬ゆでです。
スープは、白味噌仕立てで適度な油もあります。まろやかなのにあっさりしていて、味噌の旨味と甘さ、しょっぱさのバランスが良い優しいスープです。
トッピングは、ゆでたキャベツともやしです。キャベツは、ゆで加減が良くレタスのような食感です。味噌の優しいスープと相まって温野菜のようです。
細い縮れ麺と優しくバランスの良いスープ、キャベツの食感を楽しみました。野菜味噌ラーメンで700円、今ではちょっとお得にさえ感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.08

蓬来軒

蓬来軒 らーめん

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路のやや東寄り、新潟市役所(上大川前庁舎)の向かいにあります。
食感の良い麺を楽しもうとお邪魔しました。冷やし中華を食べて以来です。
お店は、右側に厨房、中央と厨房手前に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。なんか落ち着く古さのある庶民的な中華料理屋さんです。午後12時30分過ぎに着きました。お客さんの入りが7~8割程度です。
メニューは、カラー写真と説明入りで判り易くなっています。麺類を中心にご飯ものもあり、麺類は中華系を中心に豊富で、ラーメンも美味しいのですが、焼きそばも人気があります。素直に麺を楽しみます。らーめんにしました。
中華鍋を使うメニューが多く、なかなか人気もあります。いつも女将さんと息子さんの2人が中華鍋をあおっています。らーめん類で中華鍋を使わないようなメニューでも、ほぼ順番に作るのでそこそこの待ちになることもあります。今日は待ちのお客さんが普通にいて、中華鍋を使う注文も普通に入っているようです。いつもより少し長めに待ったかなって頃に出来上がってきました。
パステルカラーの綺麗な鳳凰の模様が入った白い器です。大盛りは龍でした。飴色の懐かしさを感じさせるスープ、ちょっと彩りがおとなし過ぎ?です。
麺は、極細の緩い縮れですが、ストレートでもいいでしょう。少し硬め、歯応えと噛み切れ具合が長浜ラーメンを食べているかのような気持ち良さです。
スープは、淡い醤油色の透き通ったもので、その見た目通り、懐かしいを感じさせる醤油味のあっさりですが、優しい旨みと深みを感じさせてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎなどです。彩りが欲しいです。
蓬来軒の麺は本当に好みの麺です。らーめんでシンプルに麺を楽しみました。途中から黒胡椒をかけ、あっさり+αを楽しみました。彩りはちょっと寂しいもののらーめんが550円とてもお手頃に楽しむことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.06

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 ワンタンメン(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
やっぱりあっさりしたラーメンが食べたくなります。今年初の信吉屋です。
午後12時20分前に着きました。普段は外で待ちですが、冬のこの時期はお店の中のカウンター席の後ろで待ちます。1人のお客さんが待っています。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの間口の広い造りで、あまり綺麗とは言えませんが、それが逆に懐かしさを感じさせてくれる市場の小さな支那そば屋さんです。夏は冷房がないのできついのですが、冬は結構快適です。
女性客が増えているような気がします。明るいおばさんと静かなおじさんのお店ですから、一度入ると気兼ねなく入れるお店だというのが判るのでしょう。タイミングが良く食べ終わるお客さんが多め、すぐに席が空き座れました。
メニューは、支那そば、ワンタン、支那そばとメンマ・チャーシュウ・ワンタンの組み合わせになります。夏の冷し中華が人気です。盛りは、普通、中盛、大盛があります。春秋冬の定番的なワンタンメン(中盛)にしました。
次の作り始めに間に合わせてもらえ、かなり早めに出来上がってきました。
黒っぽい、渋い器に澄んだスープが上品です。ボリュームがありそうです。
麺は、かなり細めの弱い縮れ。シコシコした歯応えが楽しい好みの麺です。
スープは、塩で味付けしたすまし汁のような透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。これが支那そばでしょう。
トッピングは、脂身のない弾力と歯応えを楽しめるチャーシュー、肉団子近い大きさはあろうかという挽肉を包んだワンタン、メンマ、ほうれん草、鳴門、スープと絡まって香りと味わいを楽しませてくれる輪切りのねぎなどです。
歯切れの良い麺とお吸い物のようなスープのとってもヘルシーな昼食でした。溶ろけるようなワンタンはボリュームもあります。750円とお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧