カテゴリー「2:中美味しい」の1515件の記事

2018.02.16

ラーメン ちくに

ちくに 中華大盛

村上市の「ラーメン ちくに」です。
村上市役所近くにあります。城下町らしい住宅地の中、解り難い場所です。
営業時間が、午前11時30分~午後12時45分、午後4時00分~午後6時00分とちょっと早めに食事をするのに良さそうになっているお店です。
村上市でのお昼。久々にちくにで食べれる時間、楽しみにお邪魔しました。
正午をちょっと回った頃に着きました。駐車場が混んでいます。満車です。すぐに帰るお客さんと入れ代わりで駐車できました。かなり狭い駐車場です。
お店は、左奥に厨房があり、食堂には所狭しと4人掛けのテーブルが7卓も置かれています。昭和の食堂って馴染みやすい雰囲気です。満席で5人ほどの待ち、こちらも帰るお客さんと入れ代わりで、すぐに相席ですが座れました。
メニューは、中華そば600円と中華大盛700円、肉そば900円ととてもシンプルです。好きなワンスープのお店です。この前は肉そばがなかったのですが、今日はあります。チャーシューの出来かな。中華大盛にしました。
おじちゃんとおばちゃんの2人で切り盛りしているお店です。年輩の夫婦が1スープでやっているラーメン屋さん、微笑ましくリピートしたくなります。
セルフサービスの水を用意、今日はさすがに時間がかかってしまいました。
パステル色の鳳凰が綺麗な白い器に、中華そばって雰囲気でスープが波々の盛り付けです。煮干しの香りがします。最近のお店と違い少し癖があります。
麺は、細めの弱い縮れで軟らかめにゆでられています。軟らかい麺に多い延びた麺は好きではありませんが、ワンタンの皮のような軟らかさは好きです。
スープは、煮干しダシの効いたもので、香りも強めです。透き通った飴色で、醤油味を前に出さずに、塩できりりとバランス良く締めています。あっさりしていそうですが、油も適度にあり、まろやかさな仕上がりになっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎなどシンプルです。チャーシューは、豚の脂の旨みと適度な歯応えの両方を楽しめるものです。
最初に気になる匂いは胡椒で和らげます。煮干しダシが懐かしく楽しめます。それに合わせるのは、軟らかめの麺とシンプルながら充実のトッピング。バランスのいい中華そばの大盛りが700円です。今ではお手頃にも思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.09

らーめん 丸木屋

丸木屋 らーめん

新潟市の「らーめん 丸木屋」です。
西地区、大堀幹線沿いにあります。坂井東交差点から少し西側になります。
優しいラーメンが食べたくなり、こんなときの丸木屋にお邪魔しました。
ログハウス風の小さなお店で、お店前には4台分の駐車スペースがあります。ちょっと遅めのお昼で午後12時50分過ぎに着きました。まだ満車です。隣のホームセンターの駐車場に停めさせて貰いましょう。いつも通り、帰りに自動販売機の缶コーヒーを購入して、駐車場代替わりにさせてもらってます。
お店は、左側に厨房、中央厨房向きと右側手前窓向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。外観のログハウスに相応しい雰囲気の店内です。木の質感で気分が明るくなります。6割から7割ぐらいのお客さんの入りでしょうか。カウンター席が結構空いていて、入口に近いカウンター席に座りました。
メニューは、らーめん、ちゃーしゅーめん、うま辛めん、胡麻ともやしらーめんがあります。サイドメニューでライス、チャーシューごはん、天然ダシのとろろごはんなどもあります。岩船産コシヒカリです。今日もガッツリ食べたくなっちゃいました。らーめん天然ダシのとろろごはん(並)にしました。
年配のお客さんが多く、小盛りの注文もよくありますが、薄味での注文するお客さんがいました。麺のゆで時間が短くとても早く出来上がってきました。
真っ白い器に白濁したスープ、あまり美味しそうには見えないのですが…。
麺は、極細の縮れ、その細さのため、スープの中を泳いでいるかのようです。細さと縮れが良い口当たりを、シコシコした歯応えを楽しませてくれます。
スープは、塩味のような色合いに仕上がっていて、それほど美味しそうに…。醤油と塩の中間の味わいに動物・魚介・野菜の天然ダシの旨味が加わります。まろやかさとあっさりの両方を一度に楽しめるなかなか絶妙なバランスです。身体にとても優しいご馳走的なスープです。年配の人に人気がある訳です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎなどシンプルです。醤油中心の優しく味付けされたチャーシューですが、かなり軟らかめです。
極細麺と旨味があり優しいスープ、好みのトッピングと好きなラーメンです。らーめん普通盛り600円。今ではお得にさえ感じさせてくれる一杯です。

丸木屋 天然ダシのとろろごはん(並)

天然ダシのとろろごはん(並)です。小盛りの1.5倍ほどはありそうです。かなり美味しいです。大根と胡瓜の漬物、おろし山葵など添えられています。400円です。合わせて1000円ですがそれ以上に楽しめたお昼でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.03

サッポロラーメン 稲よし

稲よし

新潟市の「サッポロラーメン 稲よし」です。
西港の近く、山の下地区にあります。商店街の広い道沿いの西、港寄りです。好みとは違う味のお店でしたが『麺商 うだつや』だった建物になります。
稲よしが移転したとのこと、久々に食べてみようかと思いお邪魔しました。
お店前に3台分の駐車スペースがあります。午後1時30分頃に着きました。ちょうど1台分空いていますが、雪の山もあり、ちょっと停め難い位置です。なんとか停められました。道も交通量のわりに広いので路駐の人もいます。
お店は、黒い柱に白い壁とシックな外観です。お店の中は、中央の厨房を囲うよう左右と手前ににカウンター席があります。白い壁と黒いカウンターが外観と同様、なかなかシックな感じです。うだつがオープン時に感じた厨房内のステンレスの輝きは、ちょっと霞んでます。半分程度のお客さんの入りです。

稲よし メニュー

メニューは、みそラーメン、みそ肉ラーメン、みそバターラーメン、みそコーンラーメン、みそチャーシュー、カレーラーメン、タンメン、塩バターラーメン、醤油ラーメン、塩ラーメン、焼きそば、チャーハン、野菜炒めライス、餃子ライスなどがあります。移転前からこれまでに、みそラーメン、みそチャーシューを食べました。今回は、食べていないみそ肉ラーメンにしました。
おばちゃん3人でやっているお店。おふくろの味的なラーメンが食べれます。すぐに作り始め、普通の待ち時間でみそラーメンが出来上がってきました。

稲よし みそ肉ラーメン

パステルっぽい鳳凰模様の白い器、肉野菜炒めののったみそラーメンです。
麺は、太く口の中で丸みを感じれウェーブがかったものです。ゆで加減は普通ですが、なかなかモチモチ感があります。チャンポン麺みたいな感じです。
スープは、白味噌仕立てかなと思える色です。味噌味らしい美味しさがガンガン伝わってきます。自然な甘さで、油も適度にありますが、あっさりした印象です。麺との相性が抜群です。麺を美味しく食べさせてくれるスープです。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・玉葱・豚バラの炒め物です。炒め物がスープと良く絡んで絶妙です。豚バラの量も肉だけにしっかり多めです。
古潭や喜八と同様に優しいスープがとても好みの味噌ラーメンでした。みそ肉ラーメンは850円。いい線かと思います。他のラーメンも楽しみです。

稲よし みそラーメン

相方の食べたみそラーメンです。750円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.02

らーめん 古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+納豆

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅正面の道を進み一時停止を左へ、神社が並ぶ向かいにあります。
巻地区でのお昼です。やっぱり古潭の味噌が食べたくなりお邪魔しました。
駐車場がないので路線バスの支障とならないようお店前の道路に路駐します。午後12時30分過ぎに着きました道端の雪を心配していましたが、駐車に影響のない程度に雪が消えてます。路駐の車が少なく普通に停められました。
お店は、車庫のような屋根があるスペースがあり、その奥に入口があります。さらに奥行きのある建物です。右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、その手前にテーブル席1卓、左奥に小さな隠し部屋のような座敷があります。ちょっと古く、照明も押さえられ、落ち着いた隠れ家的な雰囲気のお店です。遅い時間なのに7割~8割ぐらいのお客さんの入り、その後も結構来ます。
メニューは、醤油・味噌・塩の各ラーメンとそれらの野菜ラーメン、その他に納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。追加トッピングは、チャーシュー、メンマ、バター、コーン、わかめ、たまごがあり、さらに大盛りまで50円増しとお手頃です。好きな組み合わせ野菜味噌ラーメン+納豆にしました。
注文を伝えながらカウンター奥にある冷水機で水を用意して席に座ります。
今日も店主と奥さんの二人で、注文を聞くのが早いですが出来も早いです。
黒く渋い器に白味噌仕立てのスープ、ゆで野菜の淡い緑がとても綺麗です。
麺は、細い縮れの普通に見えてバランスが整っています。少し硬ゆでです。
スープは、まろやかな白味噌仕立て、味噌の旨味がいい優しいスープです。
トッピングは、予めゆでてあったキャベツともやし、挽き割り納豆などです。キャベツはゆで加減が良くレタスかのような食感で楽しむことが出来ます。
それらに納豆の旨みが加わります。スープに加わった旨味で麺や野菜がさらに旨味のあるものになります。納豆の旨味を楽しめる野菜味噌ラーメンです。
座った席の前にちょうど調味料があり、七味唐辛子もあります。普段は使いませんが、味噌味には合う筈でかけてみます。こちらもかなり好みの味です。
細い縮れ麺と優しくバランスの良いスープ、キャベツの食感を楽しみました。納豆でさらに旨味を楽しみ800円。今ではちょっとお得にさえ感じます。
今日は、醤油ラーメンや塩ラーメンを食べるお客さんがなぜか多かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.29

三吉屋 信濃町店

三吉屋信濃町店 ラーメン(大盛)

新潟市の「三吉屋 信濃町店」です。
西大通り信濃町交差点の近く、ビルの階段を数段下りた半地下にあります。
新潟らしいあっさりしたラーメンが食べたくなり、久々にお邪魔しました。
三吉屋は、古町、駅南、信濃町と3店舗ありますが、いずれも駐車場を持っていません。車で移動しているときは、近くにスーパーがあって値段もお手頃な信濃町店で食べることが多いです。帰りにスーパーで“お~い!お茶”なんかの買い物でもして駐車代の代わりと勝手に勘弁してもらっています。
お店は、奥行きがあり、右に厨房、左側にカウンター席、左側手前に1卓テーブル席があります。和食屋さんのような雰囲気、古そうなビルに似合う落ち着きのあるお店です。午後12時20分前に着きました。どちらかと言うと年配のお客さんを中心に混んでいます。カウンター席に数席空きがありました。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、タンメンがあります。ラーメン・チャーシューメンは550円・650円、大盛りも50円UPとお手頃です。炒飯や餃子もあります。信濃町店の定番的ラーメン(大盛)にしました。
すぐに作り…?、次の回でしたが、それでも早めに出来上がってきました。
二本の青い線の入った白い器に昔ながらの中華そばスープが優しい色です。
麺は、極細の縮れ。ラーメンの麺というよりも小麦粉を使用した春雨のよう。シコシコの歯応えが楽しく、麺と絡まったスープとのバランスが最高です。
スープは、あっさりした醤油味で、旨みと自然な甘さを感じさせてくれます。今まであまり感じませんでしたが、古町のお店よりも醤油が強く感じました。新潟あっさりを代表するに相応しいバランスの良さを楽しませてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎなどとてもシンプルです。脂の少ないチャーシュー、浅漬かりメンマなど昔ながらの懐かしい味です。
新潟あっさり系を代表する味に感心させられます。美味しくいただきました。しかも550円+50とお手頃。ラーメン一杯で幸せな気分になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.01.16

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
お手頃な白寿のうま煮そばにはお世話になります。てな感じで今年初です。
お店は、右側に厨房があり、その中央寄りと手前に厨房向きのL字型のカウンター席が、左側にはラーメン丼2個がちょうど並ぶ小さな2席のテーブルが2卓あります。少し歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時10分過ぎに着きました。カウンター席は満席ですが、テーブル席が空いてる状態です。
メニューは、ラーメンとうま煮そば、大盛りの対応もなく、サイドメニューもトッピングの追加も用意されてません。ラーメンかうま煮そばのいずれかを注文するしかないです。と言ってもうま煮そばが人気のお店。ほとんどのお客さんがうま煮そばが目的です。ラーメンを食べる人とは年に1回遭遇するか?どうか?って感じでしょうか。席に着かずにそのまま『うま煮そば!』と注文を言いなから左側の奥にある冷水機までセルフサービスの水を取りに行きます。
その間に3人ものお客さんが会計をして帰り、カウンター席に座れました。
いつも通りで、親父さんとおばさんの2人、おばさんが作ってくれてます。
うま煮は、大きい中華鍋で一度に10人前程でしょうか?たくさん作ります。最近は、うま煮がなくなる前に作り始めるので待つことがなくなりましたが、多くのお客さんが一機に来ると、うま煮の出来上がりを待つこともあります。今日はうま煮の残りが僅か、次のうま煮を作り始めています。今回もうま煮を作るところが見られます。大きな中華鍋でたっぷりのうま煮を作ります。野菜をいっぱい入れ、かさが減ると野菜を足し、3度程繰り返し、最後に卵を入れて仕上げます。今日もメインは、キャベツのようです。しばらく無理かな。
うま煮は親父さんが作り、女将さんがそのうま煮でうま煮そばを作ります。
ご飯用の羽釜で麺をゆでます。木蓋に麺をのせ解します。温めてもいるようにも見えます。麺を鍋に入れ、ゆでている間に器を用意、タレを入れ、スープを張り終わる頃に麺もゆで上がります。ゆで時間の短い麺のようです。麺を湯切りし、器に入れ、整えます。中華鍋からうま煮をかければ出来上がります。
うま煮の作りを見ていたためか、それほど待たずに出来上がってきました。
と、思ったら鍋のお湯を替えてます。綺麗なお湯でゆでた麺の方が良かったかなと今までは思っていましたが、この前のテレビで、麺をゆでたお湯でスープを作っているお店があり、なかなか評判のお店なのもあったので一概に…。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、かなり細めの縮れで、シコシコした歯応えが楽しめる好みの麺です。
スープは、うま煮と混じる前のものが縁にありました。レンゲで掬って飲むと中華そば風の割りとパンチのあるもの、ラーメンも食べてみたくなります。
トッピングは、キャベツ・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉などのうま煮のみで、ニンニクも少し効いています。野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。中華鍋の最後の方だったからか、野菜がトロトロの優しい感じがしました。
今日は、中華鍋の中で程よく馴染んだ、ヘルシーなうま煮をいただきました。細縮れで食感のいい麺とあっさりしたスープで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。本当にありがたいお手頃感です。キャベツから白菜に戻る日を楽しみしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.11

三吉屋

三吉屋 中華そば(大盛)

新潟市の「三吉屋」です。
西堀通り沿いにあります。三越から100mほど白山神社方向の並びです。
昨日のお昼がお高かったので白寿のうま煮そばを食べようと思ったのですがお休み。雪で移動もあまりしたくないので、近くの三吉屋にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に混んだ時にしか使われないカウンター席、その手前に4卓のテーブルがあります。小さなテーブルですが、中華そばの器なら4人が食べるのにちょうどの大きさです。小さな昔ながらの中華そば屋さんです。午後12時15分過ぎに着きました。他にお客さんが3組4人、昔の相席があたり前だった賑わいが嘘のようです。空きのテーブルに単独で座れました。
メニューは、中華そば、叉焼麺とそれらの大盛り、ワンタンがあります。夏季の冷し中華とその大盛りも提供されています。中華そば(大盛)にしました。
青の模様が綺麗な器に、派手さのないホッとする仕上がりの中華そばです。
麺は、極細の縮れ。口に入れた時、舌にあたる麺の縮れが気持ち良いです。
スープは、淡く薄く綺麗な醤油色です。醤油味を強調させ過ぎることもなく、ダシがいい具合に効いて、野菜から出ているだろう優しい甘さがあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎととてもシンプルです。
極細麺とあっさり醤油のスープ、新潟あっさりラーメンを代表する一品です。昔懐かしさを感じさせてくれるスープ、バランスの良い仕上がりが見事です。
中華そば600円+大盛100円です。最近は、お手頃に思えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.09

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 ワンタンメン(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
今年最初の信吉屋。ワンタンメンを食べたいのですが、ワンタンの売り切れが早く食べれていません。今日も売り切れる頃かと思いつつお邪魔しました。
午後12時10分過ぎに着きました。いつもは遠くからでも列んでいるお客さんが見えて判りますが、この季節は店内で待つので混み具合が判りません。
お店は、間口が広くあまり奥行きのない造りで、奥に厨房があり、その手前にカウンター席があるだけの小さなお店です。あまり綺麗とは言えませんが、昭和を感じさせてくれるような、懐かしく庶民的な雰囲気が大好きなお店です。満席でカウンター席の後ろに2人のお客さんが待っています。『ワンタンメンの中ね?』と聞かれるのを予定していたのですか聞かれません。でも、冷蔵庫にワンタン売り切れの貼紙もありません。久々に食べれそるのでしょうか。
食べ終わって帰りそうなお客さんが何人かいて、注文の確認になりました。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタン、冷し中華(夏季)などがあります。麺の量は、普通、中盛、大盛があります。ワンタンメン(中盛)にしました。
その後に来たお客さんも3人程いて、次のお客さんでワンタンが売り切れになりました。もう2人で麺が売り切れになりました。すぐ暖簾が外されます。
おじさんとおばさんで切り盛りしています。出来上がり待ちのお客さんも多いのですが、明るいおばさんの声を聞いていると待ち時間も苦になりません。
次の作り始めに間に合わせてもらえ、かなり早めに出来上がってきました。
艶のある渋い黒い器に澄んだスープが品良く、ボリュームがありそうです。
麺は、かなり細めの弱い縮れ。あまりラーメンぽくない麦が優しい印象です。シコシコした歯応えと適度なモチモチ感が特徴の食べていて楽しい麺です。
スープは、塩で味付けしたすまし汁のような透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。これが支那そばでしょう。
トッピングは、脂身のない弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、肉団子に近い大きさの挽肉を包んだ軟らかなワンタン、メンマ、小松菜かな、鳴門、ねぎなどです。ねぎは輪切りのもので、スープと絡まり香りと味わいを楽めます。
歯切れの良い麺とお吸い物かのようなスープ、もう和食の領域の麺料理です。溶ろけるようなワンタンはボリュームもあります。800円、お手頃です。

ワンタン売り切れの貼紙が貼られる前、その下には1月14日臨時休業のような貼紙があったような気がします。記憶が曖昧なので各自でご確認を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.07

中華そば さぶろう

さぶろう 中華そば(並)

新潟市の「中華そば さぶろう」です。
国道7号線(新新バイパス)竹尾インターから県道4号線(新潟横越線)を横越方面へ。新潟卸売市場入口の先、信号機のある丸山交差点角にあります。
煮干しの効いたラーメンが食べたくなり、開店以来久々にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前と右側奥にテーブル席があります。まあまあ新しめ、中規模のお店です。午後2時過ぎに着きました。風除室に待ちはありませんがお店の中に2人の待ち、念のため用紙に名前と人数を書き、お店の中に入った正面の食券販売機で食券を購入して待ちます。
メニューは、中華そば、肉中華そば、濃厚煮干しそば、濃厚肉煮干しそばがあります。麺の量は、並が140g、中が190g、大が250gから選べます。女性向け、男性向け、大盛りって感じです。50円増し/100円増しとなっています。食券販売機には、オープン当初なかった鬼煮干しがありますが、提供されてない?売り切れ?×ランプが点いています。中華そば盛りにしました。
食券購入が終わるのを待っているかのようにテーブル席に案内されました。
混んでいて時間がかかるかと思いましたが、早めに出来上がってきました。
青赤黄の雷文模様がレトロな器に澄んだ醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、平打ちの細い縮れ、麦の旨さが感じられ、食感の良さが楽しいです。
スープは、煮干しだしの旨味がかなり強めで、醤油の旨味ととても合います。
煮干しの出汁が強く効いていますが、油が多めで香りは抑えられています。
トッピングは、チャーシュー2枚、メンマ、鳴門、海苔、白ねぎなどです。
あっさりで煮干しだし強めの中華そばでした。麺がとても好みのものでした。並盛りが麺140gと少なめですが、650円と今ではお手頃に感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.03

麺や真玄 弁天橋通店

真玄弁天橋通店

新潟市の「麺や真玄 弁天橋通店?」です。
弁天橋通り沿いにあります。「らーめん 麺や来味 弁天橋通店」だった建物がそのまま使われています。来味から系列店の真玄にお店が変わりました。
1階は駐車場とアプローチがあり、北寄りの階段を登ってお店前に進みます。午後1時30分過ぎに着きました。入口を入ってすぐ右側に待ちのスペースがあり、20人弱のお客さんの待ちになっています。用紙に名前を書きます。
お店は、奥行きがあり、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に大きな窓から弁天橋通りを見下ろせるテーブル席、右側手前に待ちスペースがあります。ラーメンダイニングとでも言った方がいいかような雰囲気です。
それほど大きくないお店、30分程待ってカウンター席に案内されました。
メニューは、最初に麺の量が書かれています。ありがたいです。基本180gで、大盛り1.5玉無料、特大盛り2玉無料とあります。次にらぁ麺各種があります。極み煮干しらぁ麺、煮干し背脂(こってり太麺)、濃淡京醤油らぁ麺、濃淡塩らぁ麺、フォルマッジョ塩、担々麺になります。その次につけ麺・和え麺各種があります。煮干しつけ麺(太麺)、辛い煮干しつけ麺(太麺)、濃厚魚介豚骨つけ麺(太麺)、油そば(太麺・シンプル盛)、油そば和え麺(太麺・豪華盛)、汁なし担々麺になります。好きだろう極み煮干しらぁ麺にしました。
お店は混んでいますが、料理も結構時間がかかって出来上がってきました。

真玄弁天橋通店 極み煮干しらぁ麺

白く深い器に盛られてきました。醤油色の澄んだスープが美味しそうです。
麺は、細いストレート。モチモチ感が強く、結構楽しく食べられる麺です。
スープは、醤油味のあっさりで、煮干しのうま味と風味とがいい感じです。
トッピングは、大きなチャーシュー、太いメンマ、味玉半個、海苔、ねぎなどです。大きく分厚いチャーシューは、苦手な塩での味付け、ちょっと残念。
縮れの方が好みですがなかなか良く出来た麺、品良く仕上げられた煮干し醤油スープ、苦手な味付けのチャーシューですが充実のトッピング、さらに大盛りや特大盛りまでもが麺増量無料です。これで680円、食べなきゃ!です。

真玄弁天橋通店 濃淡京醤油らぁ麺

相方が食べた濃淡京醤油らぁ麺です。680円です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧