カテゴリー「2:中美味しい」の1587件の記事

2018.12.07

青島食堂 駅前店

長岡市の「青島食堂 駅前店」です。
青島食堂創業のお店で、宮内駅前店だと思っていましたが、駅前店でした。
信越本線・上越線宮内駅正面(東)の駅前のロータリーに面してあります。
出張者に長岡生姜醤油ラーメンを食べてもらおうかと青島本店にしました。

青島駅前店 駐車場案内

この前は宮内駅の駅前ロータリーが工事中で、広い道に路駐して食べました。今回、工事は終わってますが、前のように駐車できるスペースはありません。お店に駐車場の案内が貼られていて、お店近くの駐車場に駐車できました。
お店は、間口が広く、奥に厨房、手前と右側に厨房向きカウンター席だけの昔ながらのラーメン専門店といった雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。3割程のお客さん入りです。ちょっと青島のお店としては、発祥の地として寂しい状況です。入口の脇にタッチパネル式の食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピングの追加しかありません。青島のお店はどこのお店も、好きな1種類のスープで勝負しているお店です。価格も共通で大盛りが50円増しが特にありがたいです。お腹が空いています。マイスタンダードのラーメン(大盛)にしました。
今回も女性スタッフ2人での営業、なんとなくですが、長岡のおふくろの味って感じです。慣れた手際の良さがあります。早めに出来上がってきました。

青島駅前店 ラーメン(大)

食べ慣れた青島食堂の味です。黒胡椒を挽きながらちょっと多くかけます。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ、これといった特徴はありませんが、ツルツル感、プリプリ感、モチモチ感、それらのバランスの良さを楽しめる麺です。
スープは、醤油の濃い色の見た目通り、醤油のしっかりした旨みがあります。醤油の旨みにダシの旨みが加わり、生姜と胡椒が味を引き締めてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、ねぎです。チャーシューは、味付け、歯応え、弾力、切り方などお手本かのようです。
とても好きなラーメンですが、ラーメン800円、大盛で50円増し、かなりお高い昼食でした。それでもこの味、また食べたい高級ラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.04

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 ワンタンメン(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
信吉屋が比較的空いている火曜日、ちょい早めの昼食、行くしかないです。
お店は、間口が広くあまり奥行きがありません。奥に厨房があり、手前にカウンター8席分だけの小さなお店です。昭和を感じさせる懐かしい雰囲気です。正午過ぎに着きました。賑わってはいますが、1席だけ空きがありました。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタンがあります。麺量は、普通、中盛、大盛があります。ワンタンメン(中盛)にしました。実際、おばさんに『いつものね?』と聞かれ『はい!』と答えるだけ、これだけで注文が完了しました。
待ちのお客さんの作りに間に合わせてもらえ、早く出来上がってきました。
艶のある渋い黒い器に澄んだスープが品良く、ボリュームがありそうです。
麺は、かなり細めの弱い縮れ。あまりラーメンぽくない麦が優しい印象です。シコシコした歯応えと適度なモチモチ感が特徴の食べていて楽しい麺です。
スープは、塩で味付けしたすまし汁のような透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。これが支那そばでしょう。
トッピングは、脂身のない弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、肉団子に近い大きさの挽肉を包んだ軟らかなワンタン、メンマ、季節の野菜、鳴門、ねぎなどです。季節の野菜は、きぬさやなどのときもありますが、この時期はほうれん草です。ねぎは輪切りです。スープと絡まり香りと味わいを楽しめます。
歯切れの良い麺とお吸い物かのようなスープ、もう和食の領域の麺料理です。溶ろけるようなワンタンはボリュームもあります。800円、お手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.03

青島ラーメン司菜 ときめき

青島司菜ときめき チャーシューメン(大盛)+ほうれん草50円増し+刻みねぎ50円増し

新潟市のときめきラーメン万代島の「青島ラーメン司菜 ときめき」です。
新潟万代島エリア、佐渡汽船の手前、朱鷺メッセ向かいの広場にあります。
三吉屋のラーメンが食べたくなり信濃町店に行こうとしたんですが、車に乗った瞬間に青島のラーメンが食べたくなり、駐車し易いときめきにしました。
イベントなどの時には並ぶ駐車場ですが、1時間無料なのでラーメンを食べるには十分です。D駐車場に車を入れます。かなりの余裕で停められました。
長屋のような建物に8店舗分のスペースがあり、開設時には賑わってました。現在は「青島ラーメン司菜 ときめき」、「中華 丸美」、「新潟元祖鯛らーめん 大漁」の3店舗の営業です。青島は万代橋寄りの端っこにありますが、芝生の広場だった場所も駐車場になり、青島に近い位置に駐車できました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。落ち着いた雰囲気のお店です。午後12時20分過ぎに着きました。他にお客さんは3人です。入った左脇に食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、その大盛りの好きな1スープ勝負のお店です。麺、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔が増量できます。割高にはなりますが、好みにトッピングを加えたラーメンが楽しめます。お腹が空いたので豪華に食べます。青島司菜ときめき チャーシューメン(大盛)+ほうれん草50円増し+刻みねぎ50円増しにしました。
後客もなく、大きな鍋を1.5玉の麺がいきいきと泳ぎ回っています。お湯を替えた後でしょうか?とても綺麗なお湯です。湯切りをした麺がスープが張られた器に、次々とトッピングが盛り付けられ早めに出来上がってきました。
鮮やかな鳳凰模様が入った白い器、濃い醤油色のスープが美味しそうです。
黒胡椒を挽きながらかけます。黒胡椒のいい香りと生姜の香りが絶妙です。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ、これといった特徴はありませんが、ツルツル感、プリプリ感、モチモチ感、それらのバランスの良さを楽しめる麺です。
スープは、醤油の濃い色の見た目通り、醤油のしっかりした旨みがあります。醤油の旨みにダシの旨みが加わり、生姜と胡椒が味を引き締めてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草、ねぎです。追加のほうれん草とねぎで健康的になった気分になれるのだから単純です。
青島は、どのお店でもある程度の品質なので安心して食べることができます。普通そうで高品質の麺、醤油と生姜でしっかり&爽やかに仕上がったスープ、黒胡椒を挽いて香りも加えて楽しめます。標準的なラーメンで800円です。かなりお高いものになりますが、プチチャーシューメンと考えれば納得です。大盛りが50円UP、チャーシューメンが100円UP、追加のトッピングが100円分、1050円と初の1000円越えの青島の豪華なお昼でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.29

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
白菜の値段が下がってきたので、もしかして!と思いつつお邪魔しました。
お店は、右側に厨房があり、その中央寄りと手前に厨房向きのL字型のカウンター席が、左側にはラーメン丼2個がちょうど並ぶ小さな2席のテーブルが2卓あります。少し歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時10分過ぎ、カウンター席は手前が狭く1席だけ空きがあり、テーブルはガラガラです。
メニューは、ラーメンとうま煮そば、大盛りの対応もなく、サイドメニューもトッピングの追加も用意されてません。ラーメンかうま煮そばのいずれかを注文するしかないです。と言ってもうま煮そばが人気のお店。ほとんどのお客さんがうま煮そばが目的です。ラーメンを食べる人とは年に1回遭遇するか?どうか?って感じでしょうか。席に着かずにそのまま『うま煮そば!』と注文を言いなから左奥にある冷水機までセルフサービスの水を取りに行きます。
いつも通りで親父さんとおばさんの2人。親父さんがうま煮を作り、おばさんがそのうま煮でうま煮そばを作ります。親父さんだけ!のときもあります。
うま煮そばのうま煮は、大きな中華鍋で10人前程度の量を一度に作ります。最近は、うま煮がなくなる前に作り始めるので待つことがなくなりましたが、大勢のお客さんが一機に来るとうま煮の出来上がりを待つこともあります。
今日は、中華鍋に7割程のうま煮が残っていて、何も動きのない状態です。
すぐに作り始め、ラーメンと思えないような早さで出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、かなり細めの縮れで、シコシコした歯応えが楽しめる好みの麺です。
スープは、うま煮と混じり判り難いですが、魚介系のあっさりしたものです。うま煮と混じり合うことで適度にまろやかに、旨味も増すようになります。
トッピングは、キャベツ・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉などのうま煮のみで、ニンニクも少し効いています。野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。出来上がって程ほどの時間が経っていて、程ほどに馴染んだうま煮でした。
細縮れで食感のいい麺とあっさりしたスープ、うま煮がとても良く絡みます。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。ワンコイン500円、本当にいいの?って感じのありがたいお手頃感です。
今日の目的は、キャベツから白菜に戻っているのでは?と思ってきましたが、まだ早かったようです。しばらくしたら楽しみに食べに来ようと思います。
後からのお客さんがなく、食べ終わる頃には結構寂しい状態になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.11.20

らーめん 丸木屋

丸木屋 らーめん(大盛)

新潟市の「らーめん 丸木屋」です。
西地区、大堀幹線沿いにあります。坂井東交差点から少し西側になります。
西地区での昼食、どこで食べようかと考えていたら、丸木屋がありました。
ログハウス風の小さなお店で、お店前には4台分の駐車スペースがあります。午後12時40分過ぎに着きました。いつものように、想定通りの満車です。これもまたいつも通り、隣のホームセンターに停めさせて貰いましょう。帰りに自動販売機の缶コーヒーを買って、駐車場代替わりにさせてもらいます。
お店は、左側に厨房、中央厨房向きと右側手前窓向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。外観のログハウスに相応しい雰囲気の店内です。木の質感で気分が明るくなります。混んではいますがテーブル席に座れました。
メニューは、らーめん、ちゃーしゅーめん、うま辛めん、胡麻ともやしらーめんがあります。サイドメニューでライス、チャーシューごはん、天然ダシのとろろごはんなどもあります。岩船産コシヒカリです。お腹が空いています。いつもはとろろごはんを加えますが、今日はらーめん(大盛)にしました。
水とレンゲが運ばれきます。レンゲ置きに置かれるのはかなり珍しいです。
年配女性一人というお客さん多く、麺の小盛りもかなり注文されています。
細麺でゆで上がりが早いのでしょう。とても早めに出来上がってきました。
赤い線の入った白い器に白濁スープ、美味しそうには見えないのですが…。
麺は、極細の縮れ、その細さのため、スープの中を泳いでいるかのようです。細さと縮れが良い口当たりを、シコシコした歯応えを楽しませてくれます。
スープは、塩味のような色合いに仕上がっていて、それほど美味しそうに…。醤油と塩の中間の味わいに動物・魚介・野菜の天然ダシの旨味が加わります。まろやかさとあっさりの両方を一度に楽しめるなかなか絶妙なバランスです。身体にとても優しいご馳走的なスープです。年配の人に人気がある訳です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎなどシンプルです。醤油中心で優しく味付けされたチャーシュー、今日は軟らか過ぎないです。
極細麺と旨味があり優しいスープ、好みのトッピングと好きなラーメンです。普通盛りでも程よい量はですが、大盛りもスーッとお腹に吸い込まれました。らーめん普通盛りが650円で大盛りが750円、今ではお得に感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.16

居酒家 すいとんや

すいとんや 正油らーめんとミニチャーシュー丼のランチ

新潟市の「居酒家 すいとんや」です。
古町エリアの坂内小路沿いにあります。西堀通と古町通との間の西堀通寄り、イタリア軒近く「ラーメン・餃子 天龍」の西堀通寄りの並びになります。
あまり一緒に食べる機会のないお腹の空かせた同僚も一緒の昼食。落ち着いた雰囲気でボリュームもあるお店で食べようとすいとんやにお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前に椅子に座るカウンター席の小さな居酒屋です。本当に居酒屋の雰囲気そのもので、靴を脱いで上がるのもまた居酒屋風です。午後12時15分過ぎに着きました。他にお客さん1人、カウンター席にも座れますが占領してしまいます。後から単独のお客さんもあるでしょうから2階の方が…、2階に案内されました。いかにも居酒屋の2階って感じのする広間です。小宴会やグループの飲みなど合いそうな広間で、卓が並んでいます。
メニューは、正油らーめん、塩らーめん、野菜らーめん、チャーシューめん、冷し中華(5月~9月)があります。また、正油らーめん・塩らーめん・野菜らーめんのいずれかにミニチャーシュー丼・ミニカレーライス・ごはんと生卵のいずれかをセット、小鉢付のランチもあります。他にも600円の定食、とん汁定食、野菜炒め定食、豚しょうが焼定食、ライスカレーなどがあります。二順目に入り、正油らーめんミニチャーシュー丼ランチにしました。
みんなバラバラに注文、時間がかかりそうで普通に出来上がってきました。
小さめのお盆に所狭しと器がのってきました。ラーメンからいただきます。
青いラインの白い器にほうれん草の緑、醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、やや細の縮れ。適度なモチモチ感や旨味のある食べ易い好みの麺です
スープは、淡い醤油色の見た目通りの醤油味のあっさり、甘さ控えめです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎなどです。
居酒家すいとんやの昼ラーメンは、しっかりした新潟あっさりラーメンです。和風な優しい仕上がりで、今では600円とお手頃にさえ思える一杯です。
ミニチャーシュー丼のランチは、ミニチャーシュー丼の他に、目玉焼き、鰹の刺身、大根と人参の金平風煮物、お新香、最後にみかん半個も出てきました。チャーシュー丼もいい量、この組み合わせで200円増しはお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.14

本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ

せっぺ 越の鶏あんかけらーめん

新潟市の「本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ」です。
新潟駅前エリア、旧東急イン脇の道を万代シティ方面へ、信号機のある交差点を越えた先にあります。第四銀行新潟駅前支店の裏の通り沿いになります。
新潟駅前での昼食。気になっているラーメンを食べようとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、左側と手前に厨房向きカウンター席が合わせて10席の小さなお店です。庶民的な雰囲気のお店です。午前11時30分過ぎ、開店直後に着きました。他にお客さんはなく、何分間かだろう貸し切り状態です。
メニューは、Lunch Menuです。夜は別なんでしょう。柚子香る 鶏清湯 潮ラーメン、生姜香る 四段重ね 醤油ラーメン、麹香る 合わせ 味噌ラーメンです。トッピングは、越の鶏ちゃーしゅーがモモとムネ、穂先メンマ、もやしがあります。ミニ丼ぶりは、鶏天丼、鶏そぼろ丼、キーマカレー、高菜炒め丼があります。ラーメン類はいずれも750円とお高いですが、ミニ丼ぶり類はいずれも150円とお手頃です。貼紙でチキングリーンカレーラーメン、焼きチーズ味噌ラーメンが追加されてます。食べていないので食べたい気持ちはありますが、もうひとつ越の鶏あんかけラーメンがあります。HAPPY PASSとのコラボらしいメニューでHAPPY PASSのチラシが表に貼られたにしました。が、ちらしには、越の鶏親子汁なしらーめんと書かれています。越の鶏あんかけラーメンは850円、越の鶏親子汁なしらーめんは860円、どちらでも良いのですが、お店の中の表示を優先させてもらい越の鶏あんかけラーメンにしました。
空いてはいますが手間のかかるラーメンで、普通に出来上がってきました。
メタル丼です。玉子スープかのような優しそうなあんかけのラーメンです。
麺は、極細の縮れで口の中の当たりが気持ち良く、モチモチ感が強めです。
スープは、やはり“汁なし”のようです。あんかけを絡めていただきます。
トッピングは、越の鶏親子あんかけ、鳴門、三つ葉です。いい雰囲気です。
越の鶏親子あんかけは、鶏肉、玉ねぎ、舞茸、椎茸、しめじ、えのきなどきのこが多くご機嫌に好みの内容で、味付けもとても優しく仕上げてあります。
あんかけがとても熱々なので、最後までフーフーしながらいただきました。
汁なしでどうかなと思いましたが、一般的な汁なしと違いとても優しく食べられてホットしました。850円と安くはありますんが、納得のものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.04

らーめん 麺や真玄 弁天橋通店

真玄弁天橋通店 昭和中華そば(大盛)

新潟市の「らーめん 麺や真玄 弁天橋通店」です。
弁天橋通り沿いにあります。「らーめん 麺や来味 弁天橋通店」の跡です。
1階には屋外と建物下の駐車場とアプローチがあり、建物の北寄りに階段があります。階段を登った2階にお店があります。2階お店の入口を入ってすぐ右側にまあまあ広さで待ちスペースがあり、用紙に名前を書いて待つようになっています。午後2時10分過ぎに着きました。待ちのお客さんはいません。
お店は、奥行きがあり、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に大きな窓から弁天橋通りを見下ろせるテーブル席があります。今風のラーメンダイニングとでも言った方が良さそうな雰囲気の明るいラーメン屋さんです。6割~7割ほどのお客さんの入り、テーブル席の奥の方に案内されました。
メニューは、数ページのもので、最初にらぁ麺各種があります。麺の量は、基本が180gで、大盛り1.5玉(無料)、特大盛り2玉(無料)とあります。極み煮干しらぁ麺、濃淡京醤油らぁ麺、濃淡塩らぁ麺、煮干し背脂らぁ麺(太麺)、背脂みそらぁ麺(太麺)、濃厚海老みそらぁ麺(太麺)、フォルマッジョ塩(チーズダブル+150円)、担々麺、お子様らぁ麺などがあります。次の頁に和え麺各種があります。基本が180gで、大盛り1.5玉(無料)、特大盛り2玉(無料)、追い飯・追い麺(無料)とあります。油そば(太麺・シンプル盛)、油そば和え麺(太麺・豪華盛)、汁なし担々麺などがあります。最後につけ麺9種があります。基本180gで並盛り1玉、大盛り1.5玉、特大盛り2玉、追い飯・追い麺・卓上ポット割スープの全てが無料とあります。麺の温盛りできます。煮干しつけ麺(太麺)、辛い煮干しつけ麺(太麺)、塩つけ麺(太麺)、ジンジャー醤油つけ麺(太麺)、濃厚魚介豚骨つけ麺(太麺)、濃厚海老つけ麺(太麺)、トマトチーズつけ麺(太麺)追加チーズ可、冷し細つけ麺(細麺)、冷し辛細つけ麺(細麺)などがあります。トッピングやサイドメニューも豊富です。別に1枚ものでメニューで昭和中華そばがあります。並盛り150g、大盛り225g、特盛り300gの全てが無料とあります。昭和中華そば(大盛)にしました。
席がそれほど混んでいないこともあってか?普通に出来上がってきました。
真っ白な器に盛られてきました。醤油色の澄んだスープが美味しそうです。
麺は、細いストレート。モチモチ感が強く、結構楽しく食べられる麺です。
スープは、醤油味のあっさりで煮干しのシンプルなうま味がいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉、鳴門、ねぎとなかなかです。
縮れの方が好みですがなかなか良く出来た麺、昔ながらのシンプルな煮干し醤油スープ、歯応えのあるチャーシューをはじめ充実のトッピング、さらに大盛りや特大盛りまでもが麺増量無料です。これで680円、かなりお得です。

真玄弁天橋通店 極み煮干しらぁ麺

相方の食べた極み煮干しらぁ麺です。680円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.02

創作中華料理 香町

香町 海老塩あんかけ麺

新潟市の「創作中華料理 香町」です。“ほんちょう”と読みます。
古町エリア、本町通りと東堀通りの中間、6番町の小原小路沿いにあります。「めん処 くら田」の東堀通り寄り斜め向かいにある創作中華料理店です。
この前食べて、かなり気に入りました。他も食べようかとお邪魔しました。
お店は、左奥に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左手前に手前窓向きのカウンター席があります。席数も少なく、常連さんの庶民的な居酒屋の雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きましたが、満席に近い混みです。右側に階段があり、靴を脱ぎ、2階に案内されました。2階には広いスペースがあり、卓が5卓もあります。今回は2階も混んでいます。10人程のグループと2人組1組、前回よりさらに女性専用中華料理店の雰囲気が強くなっています。
メニューは、ランチの1枚ものがあります。肉ランチ、魚ランチ、肉・魚両方のせのWランチがあらます。肉ランチや魚ランチの内容は変わっていますが、麺ランチは今のところ変わっていません。広東麺、担々麺、海老塩あんかけ麺の3品が提供されています。今回は麺から海老塩あんかけ麺にしました。
どこまで仕込んでいるのか、まあまあ普通の待ちで出来上がってきました。
真っ黒な渋い器に海老など食材の色がとても綺麗あんかけがのっています。
麺は、やや細の弱い縮れ。プリプリと食感が良く、あんを上手く絡めます。
スープは、ラーメンの塩味らしいものですが、中華らしい旨味があります。
トッピングは、海老、きくらけ、白菜、チンゲン菜、筍、パプリカなどです。塩味の単純な味かと思いましたが、野菜の甘さがいい感じに絡んでいます。
あんかけは醤油!と思ってしましたが、中華はやっぱ凄いです。中華のお店って塩などの使い方が見事です。800円と今ではお手頃かも知れないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.10.31

本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ

せっぺ 生姜香る 四段重ね 醤油ラーメン

新潟市の「本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ」です。
新潟駅前エリア、旧東急イン脇の道を万代シティ方面へ、信号機のある交差点を越えた先にあります。第四銀行新潟駅前支店の裏の通り沿いになります。
新潟駅前での昼食。久々に好みのラーメンが食べたくなりお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、左側と手前に厨房向きカウンター席が合わせて10席の小さなお店です。庶民的な雰囲気のお店です。午後12時20分過ぎに着きました。他に7人のお客さん。お店が知られたよう以前より賑わっています。
メニューは、Lunch Menuです。夜は別なんでしょう。柚子香る 鶏清湯 潮ラーメン、生姜香る 四段重ね 醤油ラーメン、麹香る 合わせ 味噌ラーメンです。トッピングは、越の鶏ちゃーしゅーがモモとムネ、穂先メンマ、もやしがあります。ミニ丼ぶりは、鶏天丼、鶏そぼろ丼、キーマカレー、高菜炒め丼があります。ラーメン類はいずれも750円とお高いですが、ミニ丼ぶり類はいずれも150円とお手頃です。貼紙でチキングリーンカレーラーメン、焼きチーズ味噌ラーメンが追加されてます。食べていないので食べたい気持ちはありますが、繰り返し食べたくなる生姜香る 四段重ね 醤油ラーメンにしました。
メニューに“4種の醤油を重ね合わせ、醤油のかどをとるようにゆっくり炊きました。生姜の香り、醤油の心地よい酸味・風味を感じてください。”とあります。かどがとれた醤油の心地よい酸味と風味を楽しまさせてもらいます。
お客さんが多くなり、今までようではなく、普通に出来上がってきました。
久々のメタル丼。醤油と生姜のいい香りのするスープに期待が高まります。
麺は、極細の縮れで口の中の当たりが気持ち良く、モチモチ感が強めです。
スープは、醤油味がしっかりなのにたまり醤油にも似て角がありません。生姜が適度に効いてます。強い生姜味も面白いですが、これぐらいが良いです。
トッピングは、鶏チャーシュー、穂先メンマ、味玉半個、鳴門、チンゲン菜を細くしたような青物、もやし、ねぎなど追加なしでも結構充実しています。
好みの麺とちょっとおとなしいスープ、充実のトッピング。もう少し醤油味がはっきりした方が好みのような気がします。今では750円も納得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧