カテゴリー「4:新潟市」の1000件の記事

2019.09.13

青島ラーメン司菜 ときめき

Photo_20190914031401

新潟市のときめきラーメン万代島の「青島ラーメン司菜 ときめき」です。
新潟万代島エリア、佐渡汽船の手前の右側、朱鷺メッセ向かいにあります。
初めてお昼を一緒する出張者に青島から食べてもらおうとお邪魔しました。
イベントなどの時には並ぶ駐車場ですが、1時間無料なのでラーメンを食べるには十分です。D駐車場に車を入れます。かなりの余裕で停められました。
長屋のような建物に8店舗分のスペースがあり、開設時には賑わってました。青島近くのスペースに車を駐車、お店の前まで移動します。なんかのイベントでしょう。お揃いのTシャツを着た5人ほどのグループが先に入りました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。落ち着いた雰囲気のお店です。しかし、今日は少し様子が違います。テーブルが1卓のみになり、ガランとしています。いつもは2人のスタッフが1人しかいません。そのために席数を減らしていたようです。正午過ぎに着きました。前に入ったお揃いのTシャツを着たグループで満席です。お店に入った左脇に食券販売機があります。先に食券を購入して待ちます。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、その大盛りの好きな1スープ勝負のお店です。麺、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔が増量できます。割高になりますが、トッピングを加えて好きなラーメンに仕上げて楽しめます。お腹も程よく空きました。青島ラーメン(大盛)にしました。
ガランとしたスペースに椅子があり、座って待ちます。10分ほど待ってカウンター席のやや奥が空きました。そこからは早めに出来上がってきました。
綺麗な鳳凰の模様が入った白い器、濃い醤油色のスープが美味しそうです。
黒胡椒を挽きながらかけます。黒胡椒のいい香りと生姜の香りが絶妙です。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ、これといった特徴はありませんが、ツルツル感、プリプリ感、モチモチ感、それらのバランスの良さを楽しめる麺です。
スープは、醤油の濃い色の見た目通り、醤油のしっかりした旨みがあります。醤油の旨みにダシの旨みが加わり、生姜と胡椒が味を引き締めてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草、ねぎです。トッピング追加も楽しいけど、基本だけでもかなり充実した感じがします。
青島は、どのお店でもある程度の品質なので安心して食べることができます。普通そうで高品質の麺、醤油と生姜でしっかり&爽やかに仕上がったスープ、黒胡椒を挽いて香りも加えて楽しめます。標準的なラーメンで800円です。かなりお高いものになりますが、プチチャーシューメンと考えれば納得です。大盛りが850円で少しお高いです、それでも食べたくなるラーメンです。

| | コメント (0)

2019.09.11

居酒家 すいとんや

Photo_20190914030001

新潟市の「居酒家 すいとんや」です。
古町エリアの坂内小路沿いにあります。西堀通と古町通との間の西堀通寄り、イタリア軒近く「ラーメン・餃子 天龍」の西堀通寄りの並びになります。
程良くお腹も空き、お手頃でボリューミーなすいとんやにお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前に椅子に座るカウンター席の小さな居酒屋です。本当に居酒屋の雰囲気そのもので、靴を脱いで上がるのもまた居酒屋風です。午後12時20分過ぎに着きました。1階がほぼ満席に近い状態で、2階に案内されました。いかにも居酒屋の2階って感じの座敷があります。小宴会やグループの飲み会などに良さそうな座敷で、卓が並んでいます。他にも2人組のお客さんがいました。2階で他のお客さんと居るのは初めてで驚きました。
メニューは、正油らーめん、塩らーめん、野菜らーめん、チャーシューめん、冷し中華(5月~9月)があります。また、正油らーめん・塩らーめん・野菜らーめんのいずれかにミニチャーシュー丼・ミニカレーライス・ごはんと生卵のいずれかをセット、小鉢付のランチもあります。他にも600円の定食、とん汁定食、野菜炒め定食、豚しょうが焼定食、ライスカレーなどがあります。基本的な線で、正油らーめんとミニチャーシュー丼のランチにしました。
今までにない混みもあってちょっと時間がかかって出来上がってきました。
小さめのお盆に所狭しと器がのってきました。ラーメンからいただきます。
青いラインの白い器にほうれん草の緑、醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、やや細の縮れ。適度なモチモチ感や旨味のある食べ易い好みの麺です
スープは、淡い醤油色の見た目通りの醤油味のあっさり、甘さ控えめです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎなどです。
居酒家すいとんやの昼ラーメンは、しっかりした新潟あっさりラーメンです。麺の量も多く、チャーシューも厚みがあり、鳴門の厚みは新潟でたぶん一番。和風な優しい仕上がりで、今では600円とお手頃にさえ思える一杯です。
ミニチャーシュー丼のランチは、ミニチャーシュー丼の他に、玉子焼き、タコ
の和え物、里芋と蓮根と人参の煮物、お新香、最後に梨も出てきました。
チャーシュー丼もいい量で、この組み合わせが200円増しはお手頃です。

| | コメント (0)

2019.09.10

本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ

Photo_20190911022801

新潟市の「本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ」です。
新潟駅前エリア、旧東急イン脇の道を万代シティ方面へ、信号機のある交差点を越えた先にあります。第四銀行新潟駅前支店の裏の通り沿いになります。
暑いです。新潟駅前での昼食、夏メニューは終わっているかも知れませんが、何を食べても好みの味で提供してくれているので安心してお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、左側と手前に厨房向きカウンター席が合わせて10席の小さなお店です。庶民的な雰囲気のお店です。午後12時20分頃に着きました。お客さんが4人と空いていますが、飛び飛びなんで賑わって見えます。
メニューは、Lunch Menuです。柚子香る潮らーめん、生姜香る醤油らーめん、麹香る味噌らーめん、焼きチーズ味噌らーめん、チキングリーンカレーらーめん、サバ味噌カレーらーめん、鶏パーコーらーめん、鶏ギョーザがあります。サイドメニューがあります。ほとんどお客さんが注文するミニ丼です。ミニ丼は、とり天丼、とりそぼろ丼、明太高菜丼、チキンキーマカレーの4種類があり、いずれもプラス50円と破格です。トッピングは、越の鶏ちゃーしゅーがモモとムネ、穂先メンマ、もやしがありましたが、メニューが書き変わってから確認できていませんでした。確認しました。裏面に、鶏モモチャーシュー、鶏ムネチャーシュー、ほさきメンマ、もやしとしっかり書かれてました。夏季限定メニューのひやし鶏塩は終了してるようで、何の表示も見つかりません。このお店一番人気だろう線で、柚子香る潮らーめんととり天丼にしました。
お客さんが少ないこともあるのでしょうか、早めに出来上がってきました。
変わらずのメタル丼です。細麺と淡く透き通ったスープが美味しそうです。
麺は、細麺の縮れで、口の中の当たりが気持ち良く、噛み切れも良いです。
スープは、塩味があっさり優しい旨味、えぐみのない絶妙な仕上がりです。
トッピングは、鶏チャーシュー、穂先メンマ、味玉半個、鳴門、チンゲン菜を細くしたような青物、もやし、柚子皮、ねぎ、揚げねぎなど充実しています。揚げねぎの香りが強く、柚子の香りがもうひとつ伝わらないのが残念です。
好みの細麺と旨味がしっかりして優しいスープ、充実のトッピング、それぞれも良いのですが、全体のバランスがとても良いです。750円も納得です。

Photo_20190911022802

とり天丼は、とり天に天丼のタレが合います。量もあり50円はお得です。
合計で800円。味も好みでお腹もいっぱいになって、かなりお手頃です。

| | コメント (0)

2019.09.09

ダルマ食堂 小新店

Photo_20190911022001

新潟市の「ダルマ食堂 小新店」です。
新潟西バイパス小新インターの角にあります。小新方面から入り易いです。
好きだったちゃんタンメンが値上がりして、どうも足が遠退いていましたが、もしかして値下がりしていたり、新メニューがある…?とお邪魔しました。
お店は、右側に厨房があり、中央に向かい合わせのカウンター席、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。中規模ちょっとレトロっぽい雰囲気です。午後12時30分過ぎに着きました。列びはありませんがほぼ満席に近い状況です。カウンター席は満席で、1人ですがテーブル席の片付けを待って案内されました。入口近くにあるセルフサービスのおしぼりを持って移動します。
メニューは、そのものがブックタイプに変わっています。内容もちゃんタンメン(野菜増しも対応可)はそのままですが、鶏らーめん(あっさり)は鶏あっさりらーめんに、鶏白湯らーめん(こってり)は鶏こってりらーめんに変わっていて、チャーシューがお薦めのようです。マーボー麺(辛さ調整可能)もそのままです。味噌らーめんや味噌チャーシュー、つけ麺などなくなりました。チャーハン、餃子、鶏の唐揚げを組み合わせたセットもあります。1枚もののメニューで旨辛たんめんがあります。暑い日でも旨辛たんめんにしました。
混んでいても出来上がりが早いお店、かなり早めに出来上がってきました。
赤い縁の白い器にたっぷりの野菜とゆで玉子、スープの色が危険な赤です。
麺は、やや細の自然なウェーブで、モチモチ感とプリプリ感を楽しめます。
スープは、鶏白湯にかなりの辛味が加わりますが、バランスが取れてます。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・ニラ、きくらげ・イカ、鳴門、挽肉などの炒めものとゆで玉子です。食べ終えると結構ボリュームがあります。
麺、スープ、トッピングと揃ってなかなか楽しいものでボリュームもありましたが、辛味もなかなかあります。終盤は汗だくでいただきました。840円とちょっとお高いような気もします。少し贅沢な食堂になっちゃいました。

| | コメント (0)

2019.09.08

くるまやラーメン 新潟河渡店

Photo_20190911020901

柏崎市の「くるまやラーメン 新潟河渡店」です。
河渡マーケットシティから東方面へ「ラーメン来来亭」向かいにあります。
くるまやの新規オープンは珍しく、落ち着いた頃だろうとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前と左側にテーブル席があります。新築で新しく、広い窓と白い壁で明るく、とても綺麗なお店です。午後1時50分過ぎに着きました。6割~7割程のお客さんの入りです。遅い時間ですが賑わっています。
メニューは、味などで分類されています。最初はくるまやの味噌です。ねぎ味噌ラーメン、からねぎ味噌、から味噌、デラックス、スタミナラーメン、ねぎスタミナ、味噌バターコーン、味噌ラーメン、肉みそラーメンがあります。次にこだわりチャーシュー(味噌・醤油・塩・中華)です。チャーシューメン、ダブルチャーシュー、ねぎ味噌チャーシューがあります。次に中華(細麺、醤油・塩)です。中華、中華チャーシュー、ねぎ中華チャーシューがあります。次にお店オリジナルです。納豆ラーメン、台湾ラーメンがあります。次はお子様ラーメンで、お子様ラーメンがあります。最後は定番です。醤油ラーメン、塩ラーメン、カレーラーメンがあります。他にもテーブルの貼紙で、ガーリック中華~すりニンニク入り~、パワー中華~ガーリックチップ添え~があります。追加トッピングが豊富で、サイドメニューやセットもあります。ライスの無料サービスもあります。味噌ラーメンにしました。ライスも付けました。
メニュー表記は、くるまやラーメン長岡になっています。もしかして?東バイパス店や長岡喜多町店なんかと同じ経営母体のフランチャイズでしょうか。
待ちのお客さんが少なかったようです。とても早く出来上がってきました。

Photo_20190911020902

くるまやの味噌らしい水色の器にもやしがたっぷり、スープが美味しそう。
麺は、太めの縮れで適度な硬さとモチモチ感の食べ易い癖のないものです。
スープは、赤味噌と白味噌の中間的な合わせ噌味の味で、味噌の味・しょっぱさ・甘さ・こってり感ともにやや濃いめでとてもバランスが取れています。
トッピングは、たっぷりのもやし炒め、僅かなニラ、あまりにも淋し過ぎ。
トッピングのほぼもやしという状態は、麺やスープが好みでも救えないです。味噌ラーメンの710円はお手頃ですが、ほぼもやしのトッピングでは…。

| | コメント (0)

2019.09.07

麺処清水 そると

Photo_20190911020301

新潟市の「麺処清水 そると」です。
西地区、黒崎インターから小針方面の途中、アピタ新潟西の中にあります。
南魚沼市(旧六日町)は「麺処 清水」の塩をコンセプトにした姉妹店です。本店では何度か食べていますが、その後にできた三条店と長岡川崎店はまだ、新潟駅前店は夜だけの営業で足が遠退き、食べる前に閉店してしまいました。その後にできた新潟東店は、オープンしてからそれほどたたずに食べました。この「麺処清水 そると」は、混みが激しくなかなか食べれてませんでした。そろそろオープン当初の混みも癒えたろうと時間を遅くしお邪魔しました。
お店は、厨房を囲うようにカウンター席10席の小さなお店です。白木よりもレトロっぼく白いカウンターが印象的な、新しさもあって綺麗なお店です。午後1時50分過ぎに着きました。他にお客さんが5人と遅い時間でもそこそこ賑わっています。入ってすぐ右側に大きなボタンの食券販売機があります。
メニューは、鶏塩そば、味玉鶏塩そば、肉ワンタン鶏塩そば、花びら焼豚鶏塩そば、塩煮干しそば、味玉塩煮干しそば、肉ワンタン塩煮干しそば、花びら焼豚塩煮干しそば、そるとのかけそば、ねぎそば、山椒の塩そば、そるとブラックがあります。ちょっと悩みましたが、基本的な塩煮干しそばにしました。
セルフサービスの水を用意し、作っている様子を見ながら待ちます。3人の女性スタッフでやってるんだと見ていたら結構早めに出来上がってきました。

Photo_20190911020401

真白い深みのある器になんとも上品そうなスープの色、盛り付けでしょう。
麺は、極細に近いストレート。熊本ラーメンのようで、最初少し硬めです。
スープは、塩ですが醤油っぽい色で味も醤油っぽい癖のない旨味があります。煮干しもほんのりと香り、煮干しだしも上品な旨味、バランスが良いです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、かいわれなどとてもシンプルです。
九州ラーメンのような好きな麺ですが、縮れ麺でも食べてみたくなりました。あっさりした塩味!醤油味かとも思える上品な仕上がり、ちょっと淋しい感じもするトッピングですが楽しめました。700円と少し高いような…。

Photo_20190911020402

相方の食べた鶏塩そばです。700円です。

| | コメント (0)

2019.09.03

元祖支那そば 信吉屋

Photo_20190903233703

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
先週のお疲れの臨時休業が長引いていなければ良いのですが…と思いつつも、そろそろ冷し中華も終わりかも知れない?と心配しながらお邪魔しました。
正午過ぎ、お店の近くまできました。お客さん5人の待ちができています。
お店は、間口が広くあまり奥行きのない造り、奥に厨房、手前にカウンター席が8席だけの小さなお店です。昭和を感じさせる懐かしい雰囲気が好きです。
ワンタンがなくなると中央の冷蔵庫に貼り出される“ワンタン売り切れ”の貼紙ですが、今日はお店に着いた時にはもうしっかり貼り出されていました。
タイミングが悪くちょっと長い待ちの後、カウンター席中央に座れました。
後から来たもう1人お客さんが列んだところで、おばさんが麺の量を聞き始めました。ちょうど後ろのお客さんで麺が売り切れに、暖簾が外されました。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタンがあります。ワンタンメンが人気です。夏季限定は、冷し中華があります。こちらもワンタンメンと同様の人気です。麺の量は、普通、中盛、大盛があり、普段はお得感のある中盛にしています。冷し中華の中盛りにしました。実際のところ、おばさんに『冷しの中ね?』と聞かれて『はい!』と返事をして冷し中華(中盛)の注文が完了します。
麺を全てゆで釜へ、先に温かい支那そば系の麺を取って作り、残りの麺を冷やして冷し中華を作ります。そんな感じで結構早めに出来上がってきました。
支那そばと同じ黒っぽい渋い器に盛られてます。胡瓜の緑やレモンの黄色などトッピングの彩りが綺麗に映えます。野菜たっぷりで健康的な麺料理です。
麺は、極細に近い細さで弱い縮れがあります。支那そばより少し硬めに感じる仕上がりです。シコシコとした歯応えと切れの良さがとても楽しい麺です。
つゆは、最初、そのままで楽しみます。魚介が香ばしく、酸っぱさやしょっぱさがちょうど良いです。まろやかでちょっと懐かしさを感じさせてくれます。次にレモンを搾ると柑橘系の爽やかな酸味が加わり、香りが広がります。練り辛子を箸で取り、そのまま麺に付けます。辛味をダイレクトに楽しみます。
トッピングは、弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、キュウリ・ハム・細切りの鳴門、金糸玉子です。脇にある搾ったレモンからいい香りが広がります。
冷しでは珍しい気持ち良い麺を、魚介風味とレモン爽やかな香りのつゆでいただきました。ボリュームもちょうど良く、バランスが取れたトッピングも魅力的です。中盛で950円。安くはありませんが、それ以上に楽しめました。
今季10杯目の信吉屋冷し中華でした。昨年の9杯をとうとう越しました。

冷し中華の提供は、9月11日(水)までだそうです。
9月10日(火)は臨時休業を予定しているようです。

| | コメント (0)

2019.09.02

大江戸 県庁前店

Photo_20190903232801

新潟市の「大江戸 県庁前店」です。
県庁近く、国道116号線と県道51号笹出線の間の市道沿いにあります。
夏のねば玉冷やしですが、まだ食べらるかなと思いながらお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と左側に厨房向きのカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。広々・明るく、綺麗な和食堂のような雰囲気です。正午過ぎといつもより早めに着きましたが、100円ショップとの共同駐車場は空いていて、お店の中も5割~6割程度のお客さんの入りと空いています。案内するような気配もなかったのでカウンター席の中央付近に座りました。
メニューは、醤油と味噌それぞれの味のラーメンとチャーシューメン、塩と味噌それぞれの味のタンメン、焼きそば、冷やし中華などがあります。全ての麺類が大盛りや特盛りも選べます。サイドメニューもライス(小・並・大)、おにぎり(梅・鮭・天かす)、ミニ自家製カレー、ミニチャーシュー丼、曜日毎の日替りミニ丼があります。月曜日は麻婆丼です。大江戸人気の冷やし三銃士という1枚のメニューから夏のねば玉冷やしを食べようと予定してましたが、すでに今夏シーズンの提供は終わっていました。昨年は9月に入っても食べれましたが、今年は早い終了です。冷やし系モードになっているので冷やし中華しか考えられません。冷やし中華と日替わりミニ丼(麻婆丼)にしました。
その後、お客さんが次々とやってきて、ほぼほぼ満席に近い状態が続きます。混雑する前に注文できてたので、いつも通り早めに出来上がってきました。
白っぽい器に濃い色のつゆ、麺を隠すかのようなトッピングが嬉しいです。
麺は、極細の弱い縮れ。冷しで一層コシが強く、特徴の長さに遊ばれます。
つゆは、醤油色の濃さに反して普通のしょっぱさ、程良い甘みと控えめな酸味があります。途中から辛味を加え、ひと味大人風な冷し中華を楽しみます。
トッピングは、チャーシュー、胡瓜、メンマ、錦糸玉子、もやし、刻み海苔、紅生姜などです。少し太めに切られ、胡瓜など素材の歯応えを楽しめます。
大江戸の極細麺はつゆに良く絡みます。辛味での味の変化を楽しめるのも好きです。多めの辛味はなかなかきりりとした美味しさに変化を加えてくれますが汗が…。冷し中華(並)は850円です。温かいものと比べると結構割高になりますが、手間とトッピングなど考えると…、そんなものかも知れません。

Photo_20190903232802

日替わりミニ丼の麻婆丼です。そこそこボリュームがあって、辛さは全然ミニじゃない辛さです。結構楽しめました。これで200円はありがたいです。

| | コメント (0)

2019.08.31

中国料理 留美園

Photo_20190901231901

Photo_20190901231902

新潟市の「中国料理 留美園」です。
学校町通りにあります。水道局や日赤からの道との交差点近くにあります。
知り合いから教えてもらい、少し経ちそろっと食べようとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席、奥に小上がりがあります。昭和って雰囲気、歴史を感じさせてくれるお店です。午後12時40分に着きました。2人組が帰り、他にお客さんは1人です。

Photo_20190901231802

メニューは、御飯物、麺類、一品料理や飲物に加え、コース料理もあります。麺類は、ラーメン、タンメン、モヤシソバ、マーボウメン、広東メン、五目広東メン、海老ソバ、トリソバ、五目ソバ、チャーシューメン、味噌ラーメン、イタメヤキソバ、アゲソバ、カニ玉ソバ、ワンタンメン、ワンタン、エビ野菜ワンタン、冷麺(5月~9月)があります。ネットで見て食べようと思っていた半チャーハンとラーメンのセットが見つかりません。良くみたら麺類ではなく御飯物の中にありました。食べてみます。半チャンラーメンにしました。
年配の夫婦でやっているお店のようです。他のお客さんはすでに食べていて、すぐに作り始めてもらえています。ちょっと早めに出来上がってきました。

Photo_20190901231801

半チャーハンとラーメンが一緒に出来上がってきました。ちょっとカラフルな器にシンプルなラーメンが、プレートに半チャーハンより多めのチャーハンと紅生姜、野菜サラダまでが盛り付けられた豪華な仕上がりになっています。
麺は、細く弱い縮れかストレートの麺で、癖がなくとても食べ易い麺です。
スープは、醤油味のあっさりしたものですが、とても『うす~!』って感じ、間違いじゃないかと思える程、食べていると味が変わってくるのでしょう。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、絹さや、ねぎ等になります。
シンプルな昔ながらのラーメンでした。単品で500円はお手頃でしょう。
半チャーハンは、しっかりした味付けの家庭的な仕上がりのチャーハンです。半を超えるボリュームがあります。油っこさはありませんが、食べ終わったプレートには多めの油が残っていました。それも家庭的なものなんでしょう。
ラーメンを食べている途中でチャーハンを食べます。ラーメンの薄味がチャーハンの濃いめの味付けで補填されます。何度か繰り返している間にラーメンの薄味に感じていたスープの味にも慣れてきます。終盤になると、新潟あっさりラーメンのバランス良いスープになります。味の濃さが逆転したようです。
ラーメン単品で500円、半チャーハンをセットで700円とお手頃です。

| | コメント (0)

2019.08.29

海老ラーメン専門店 海老寿 DELUX

Delux_20190901222101

新潟市の「海老ラーメン専門店 海老寿 DELUX」です。
柳都大橋西詰辺り、一方通行のこんぴら通り入口の近く、左側にあります。
同僚や出張者との昼食。人数が多めでも入り易い海老寿 DELUXにしました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に広い座敷があります。庶民的中華料理店のような雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。カウンター席やテーブル席は賑わってますが、小上がりは空いてます。入口を入って左側に食券販売機、脇にランチ案内もあります。
メニューは、お店の名前からも判るように、海老醤油ラーメン、海老塩ラーメン、海老味噌ラーメン、海老出汁担々麺、濃厚海老つけ麺、海老チャーシュー麺(醤油or塩)、海老味噌チャーシュー麺、赤担々麺、白胡麻担々麺、麻辣担々麺、醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、えびたまそば、俺たちの麻婆シリーズで麻婆麺・麻婆担々麺・汁なり麻婆あえ麺、石焼麻婆飯などがあります。夏季限定の冷やし中華も提供されてます。冷やし中華を含め、ランチタイムはラーメン類の注文に対して半ライスの無料サービスがあります。Aランチ、Bランチの2種のランチが提供されています。Aランチは海老醤油ラーメンまたは海老塩ラーメとチャーハンのセット、Bランチは濃厚海老つけ麺または和え麺とよだれ餃子2個のセットです。海老味噌ラーメンにしました。
フロア係のスタッフに食券を渡し、サービスの小ライスもお願いしました。
中華店の手際の良さ、空いてもいて、かなり早めに出来上がってきました。
白い中華らしい器に盛られてきました。味噌と海老の濃厚な香りがします。
麺は、普通かやや細ぐらいの優しい縮れ、モチモチした食感が楽しめます。
スープは、味噌のしっかりした旨味に海老の濃厚な旨味が加わり、かなり濃厚な印象です。とろみもあります。味噌か海老かは不明ですが結構甘めです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、揚げ海老、味玉半個、ほうれん草、きくらげ、白髪ねぎなどです。きくらげは、細切りとかではなく丸ごとです。
海老と味噌の相性の良さ、充実したトッピングも楽しみました。小ライスも付いて結構なボリューム感、今では880円もいい線かなと思ってきました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧