カテゴリー「4:新潟市」の2337件の記事

2017.02.24

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
定期的に食べたくなる白寿のうま煮そば。…ってなことでお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、左側にラーメン丼2個がちょうど小さなのテーブルが2卓あります。歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時10分過ぎに着きました。6割~7割ぐらいのお客さんの入りです。前回は空いていましたが、今日はいつもの賑わいです。
メニューは、ラーメンとうま煮そばの2品だけ、大盛りの対応はありません。サイドメニューもありません。本当にラーメンとうま煮そばのいずれかを注文するしかないお店です。とはいってもうま煮そばが人気のお店。ラーメンを食べる人とは年に1回遭遇するか?どうか?です。『うま煮そば!』と注文しながら左側の奥にある冷水機までセルフサービスの水を用意しに行きます。
いつも通りです。親父さんとおばさんの2人、おばさんが作ってくれます。
うま煮は、中華鍋で一度に多くを作るので、うま煮の有無で待ち時間が大きく左右されます。最近は、うま煮がなくなる前に次のうま煮出来上がり、それほどの待ちがありません。今日は残りが半分ぐらいで、次の仕込みの始めようとしていました。食べているお客さんが多く、すぐに作って貰えてます。
ゆで用の鍋の木の蓋に麺をのせて解します。温めてもいるようにも見えます。麺を鍋に入れ器を用意、タレを入れ、スープを張る頃に麺がゆで上がります。麺を湯切りし、器に移し、うま煮をかけます。目の前に運ばれてきました。
タイミングですが、ファーストフード並みの早さで出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、極細に近いシコシコした歯応えで、強い縮れにうま煮が絡まります。
スープは、うま煮と混じって判り難いのですが、魚介風味のあっさりです。
トッピングは、うま煮だけです。白菜・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけで、ニンニクも少し効いた野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。
その後もお客さんがそこそこやってきて、良い賑わった状態が続きました。
細縮れの麺とあっさりスープ、ヘルシーなあんかけで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。なんともありがたいことです。他のお店も見習って欲しいお手頃感でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.23

こまどり

こまどり 野菜ラーメン

新潟市(旧巻町)の「こまどり」です。
県道新潟寺泊線の竹野町交差点から稲島方向へ曲がってすぐ右側にあります。お店前に農協の建物が出来て、道路から直接見えなくなってしまいました。
出張者と一緒のお昼。出張者の絶っての希望でこまどりにお邪魔しました。
午後12時10分過ぎに着きました。駐車場からしてかなり賑わっています。お店の外までの列びはありませんが、風除室に5人の待ちとなっています。
お店は、左側にある入口を入ると風除室があり、右に折れるように進みます。入ってすぐ左側にテーブルの個室、先に進むと右側に広い厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に広間を長くしたような小上がりがあり、奥にも小上がりがあります。かなり大きめの、古さもいい感じのお店です。奥の小上がりに案内されました。初めてです。個室がいくつかあるかと思っていましたが、ちょっと広め部屋が1つあるだけです。それてもかなりの人数が入れます。
メニューは、味噌ラーメンをはじめ、特製味噌ラーメン、味噌五目ラーメン、味噌チャーシューメン、バター味噌ラーメン、たんたん味噌ラーメン、ごまだれ味噌ラーメン、ねぎ味噌ラーメン、野菜とんこつ味噌ラーメン、とんこつ味噌ねぎチャーシューメン、野菜ラーメン、ねぎチャーシューメン、わかめラーメン、塩バターラーメン、ソース焼そばと豊富に揃っています。麺は、太麺、平麺、細麺の3種類が使われていて、各メニュー毎に決まっていますが、変更も出来るようになっています。初の細麺から野菜ラーメンにしました。
こまどりで味噌以外のラーメンは初めてです。さて、どんな味でしょうか?
ちょっとタイミングが悪かったようで、結構待って出来上がってきました。
水色の牡丹の絵が可愛い器に、野菜たっぷり、まるでタンメンのようです。
麺は、細麺の縮れ、食感など普通で食べ易く、味噌でも食べてみたいです。
スープは、醤油味が優しめのあっさりしたもの、癖がなく麺とも合います。
トッピングは、たっぷりの野菜炒めです。キャベツ・もやし・ピーマン・きくらげ・豚バラ肉などの野菜炒めで、野菜炒めらしい香りがかなりします。
ラーメンと一緒に、小さな器に入ったゆず胡椒もやってきました。少しだけ入れてみます。少量だと思ったのにゆずのとても爽やかな香りが広がります。
麺とスープとも醤油のあっさりしたラーメンらしいものでした。忘れてなかったら、次回は味噌と細麺を組み合わせてみたいです。キャベツもたっぷりの野菜炒めの野菜ラーメンが730円、ちょっとお得です。次回はわかめかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.21

中華のカトウ

カトウ チャシュー

新潟市の「中華のカトウ」です。
東堀通りと古町通りの間、柾谷小路から上手(西側)通り沿いにあります。
ずっと食べたいと思って前を通っていましたが、“売り切れ”なことが多く、今日、なんとか早めにお邪魔できました。久々にカトウの暖簾をみました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。小さな昔からの中華そば屋さんの雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。他にお客さんは3人だけ、カトウにとっての閉店間際です。
メニューは、中華そば、チャシュー、それらの大盛りです。好きな1つのスープで勝負しているお店です。チャシューができそうなのでお願いしました。
すぐに作ってもらえてます。麺のゆでも短く早めに出来上がってきました。
赤い模様の器に、見ただけであっさりした感じの昔ながらの中華そばです。
麺は、普通の太さのかなりの平打ち、弱いウェーブで軟らかめのゆでです。
スープは、新潟らしいあっさりで、癖のない醤油の旨味としょっぱさです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、きねさや、玉ねぎなどです。
新潟のあっさりした中華そばです。やや軟らかめ平打ち麺とあっさりした醤油のスープ、麺が特徴的な中華そばです。中華そばが470円ワンコイン未満、チャシューが570円、なんともありがたいお昼をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.20

喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店

大安食堂東掘店 味噌野菜ラーメン

新潟市の「喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店」です。
東掘通に面しています。柾谷小路に程近いAPAホテルの斜め向かいです。
食べたことのないラーメンが多く、他も食べてみようかとお邪魔しました。
入口を入ってすぐ食券販売機があります。あまりにも近いため、前の人が食券を購入している間は、次の人が外での待つことになります。今日は、前のお客さんが食券を購入中でしたが、そのお客さんに続きお店の中に入れました。
メニューは、醤油ラーメン、塩ラーメン、ワンタンメン(醤油・塩)、醤油豚骨ラーメン、味噌野菜ラーメン、辛子味噌野菜ラーメン、タンメン、魚介つけ麺とそれらにチャーシューを加えたもの、麻婆麺などがあります。久々で醤油ラーメンや麻婆麺も食べたいところですが、味噌野菜ラーメンにしました。
お店は、右側に厨房、厨房を囲うようにカウンター席、奥と手前左側にテーブル席があります。2階には居酒屋風の座敷があります。午後12時10分過ぎに着きました。1階もそこそこ賑わっていて、同僚も一緒だったので2階座敷の奥へと案内されました。座敷は6卓あり、まだ他にお客さんはいません。
そうそう、食券は階段を登る前に配膳担当のスタッフに渡しておきました。
スタッフに食券を渡すと麺の太さを聞かれます。他のラーメンと同様に中太麺と細麺から選べるようになっています。味噌ですが好きな細麺にしました。
その後、2人組が2組のお客さんが座敷に入って、少し賑わってきました。
出来上がりの早いお店です。今日も変わらず早めに出来上がってきました。
和風中華的な落ち着いた器を野菜を中心に充実したトッピングが覆います。
麺は、平打ちの細い縮れで、食感が良く、食べていてとても楽しい麺です。
スープは、味噌のスタンダード的で癖のない、バランスが取れたものです。
トッピングは、もやし・キャベツ・人参の野菜炒め、チャーシュー、メンマ、ねぎなどです。野菜炒めは、スープと相性が良く単体としても楽しめます。
食べ易くなかなかバランスの取れた味噌ラーメンでした、喜多方ラーメンは、麺が好みと違い遠慮がちですが、大安食堂は食べれます。野菜たっぷりの味噌ラーメンでチャーシューやメンマもあって780円です。いい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.17

らーめん いちのじ食堂

いちのじ らーめん+たまねぎ

新潟市(旧岩室村)の「らーめん いちのじ食堂」です。
県道374号線(旧国道116号線)沿い、和納の田んぼの中にあります。
巻地区でのお昼です。八珍亭、こってり、古潭などありますが、たまには違うものを…。まだ食べていないものの多い、いちのじ食堂にお邪魔しました。
お店は、右側奥に厨房、手前にカウンター席、2人掛のテーブル席も1卓、左側に小上がりがあります。2人掛2卓、4人掛2卓と小上がり中心のちょっと新しそうな良い意味普通のラーメン店です。正午頃に着きました。7割~8割程のお客さんの入り、何もないような田舎の場所にしては賑わっています。
メニューは、醤油、味噌、塩の各味があります。醤油は、らーめん(中油、大油、油まみれ)、チャーシューやもやしを加えた組み合わせ、辛ネギ中華、特選和風醤油らーめん、ジンジャー麺(1日20食限定)があります。味噌は、味噌らーめんとそれにネギやニラを加えたもの、さらにチャーシューを加えたもの、辛味噌らーめん、辛味噌らーめん〈大辛〉があります。塩は、背脂塩があります。らーめん(中油)、特選和風醤油らーめんを食べました。そろそろ味噌らーめんかも知れませんが、ラーメン(中油)+たまねぎにしました。
お客さんは多めですが食べている人が多く、早めに出来上がってきました。
喜文、雷文、龍の昔ながらの器の表面を玉ねぎと背油の白が覆っています。
麺は、普通の太さのストレート、ちょっとパスタっぽい食感のする麺です。
スープは、醤油味がしっかりしながらあっさりしています。ちょうどいい感じで、その上に背油もなかなかの量が浮いています。まろやかな味わいです。
トッピングは、やや多いチャーシュー、メンマ、玉ねぎ、海苔、鳴門です。
背油入りの食べ易いラーメンでした。麺が太くないのが特徴でしょうか。玉ねぎでこってりも気にせず最後まで食べれました。らーめんが650円で、玉ねぎのトッピングが100円。計750円はお得なような気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.16

新潟ラーメン 第一旭

新潟ラーメン 第一旭

新潟市の「新潟ラーメン 第一旭」です。
浜浦橋からずっと西へ向かう市道沿いにあります。浦咲のさらに西、寺尾駅から海方向の辺り。ローソン新潟上新栄町店→和(なごみ)だった建物です。
同僚から薦められ『まだ、食べてないの!』ってな状態でお邪魔しました。
関西にあるラーメン店の暖簾分けとのこと、ダシの旨さを味わえそうです。
お店は、左奥に厨房、奥中央に配膳スペース、配膳スペースの手前、右側にL字型のカウンター席、さらに手前に障子風な仕切りのテーブル席、右側に和個室があります。白木、若苗色の壁、障子など目一杯和を感じさせるお店です。午後12時10分頃に着きました。すでに7人の待ちになっています。入口を入ってすぐ左側に食券販売機あります。食券を購入して待つようです。
メニューは、基本が4種、ラーメン、旭ラーメン(大盛)、特製ラーメン(大盛・肉増し)、肉なしラーメンで半熟煮玉子入りやランチセットがあります。肉増しラーメンもあります。最初なので普通のラーメンにしました。
タイミングが良かったようで、少し待ってカウンター席に案内されました。
出来上がりを待っているお客さんも少なく、早めに出来上がってきました。

第一旭 ラーメン

黒い器に透き通った醤油色のスープ、チャーシューがたっぷり入ってます。
麺は、新潟あっさりのような細い縮れで、結構モチモチ感が強めの麺です。
スープは、醤油味のあっさりしたもの。おとなしい癖のない仕上がりです。
トッピングは、たっぷりのチャーシュー、もやし、ねぎなどシンプルです。
新潟ラーメンのあっさりとは少しちがう、もっと旨みを静かにしたものです。醤油をそれほど前面に出してはいませんが、醤油の美味しさが感じられます。たっぷりのチャーシューも嬉しかったのですが、メンマもあって欲しかった。最近では珍しい食べ易いラーメンでした。650円もいい線かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.13

三吉屋

三吉屋 中華そば(大盛)

新潟市の「三吉屋」です。
西堀通り沿いにあります。三越から100mほど白山神社方向の並びです。
今日は、あっさりしたラーメンが食べたくてなり三吉屋にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にあまり使われないカウンター席、その手前に4卓のテーブル席があります。小さなテーブルですが、中華そばの器なら4人座っても食べられます。狭く小さな昔ながらの中華そばやさんです。午後12時30分過ぎに着きました。6割程度のお客さんの入りでしょうか。いつも通り相席を覚悟していましたが、その通り相席でテーブル席に座れました。
メニューは、中華そば、叉焼麺とそれらの大盛り、ワンタンがあります。夏季は、冷し中華とその大盛りも提供されますが、メニューの冷し中華には上に赤で×印が付いています。予定通りいつもの中華そば(大盛)にしました。
普通でも早いのに、今日は牛丼屋さん並みの早さで出来上がってきました。
青の模様が綺麗な器に、派手さのないホッとする仕上がりの中華そばです。
麺は、極細の縮れ。口に入れた時、舌にあたる麺の縮れが気持ち良いです。
スープは、淡く薄く綺麗な醤油色です。醤油味を強調させ過ぎることもなく、ダシがいい具合に効いて、野菜から出ているだろう優しい甘さがあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎととてもシンプルです。
極細麺とあっさり醤油のスープ、新潟あっさりラーメンを代表する一品です。昔懐かしさを感じさせてくれるスープ、バランスの良い仕上がりが見事です。中華そば600円+100円です。最近は、お手頃にさえ思えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.12

麺作 ブタシャモジ

ブタシャモジ

新潟市の「麺作 ブタシャモジ」です。
千歳線沿いの新幹線高架近くにあります。麺や大舎厘女池上山店の新々バイパス女池インター寄り、次の交差点の角にあります。交差点で入り易いです。
お手頃にお腹一杯食べさせてくれる角中グループの新店にお邪魔しました。
お店の前にグループらしくいろいろ書かれた看板があります。トロリ高濃度、極上豚骨、濃塾スープ、濃塾豚骨などと苦手そうなことばが並んでいます。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。木質感でロッヂ風な雰囲気で、席数も多いお店です。午後4時過ぎと半端な時間ですが、3~4割ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、豚ソバともつニラソバに大きく2種。豚ソバは、ご馳走豚そば、豚ソバ、肉盛り豚ソバで替玉と味替玉ができます。もつニラソバは、もつニラソバ、もつWニラソバがあります。セットメニューやサイドメニューも豊富に用意されています。豚ソバよりも興味のあったもつニラソバにしました。
中途半端な時間ですが結構スタッフも多く、早めに出来上がってきました。

ブタシャモジ もつニラソバ

白に濃オレンジ色の模様の器に、ニラの鮮やかな緑色がとても印象的です。
麺は、中細縮麺の説明通り、やや硬めのゆで加減で食感を楽しめる麺です。
スープは、薄い醤油色のあっさりしたもので、適度な油で旨味があります。
トッピングは、もつ、ニラ、もやし、糸唐辛子です。もつは白コロホルモンの味付けのないもののようで、ラーメンのスープだけでは全然物足りないです。餃子用の小皿にラーメンのタレ、ニンニク、辛味(ラー油)でつけ汁を作り、お刺身のように食べました。普通のもつ煮のもつとは全然違っていました。
醤油、ラー油、酢、胡椒、ニンニク、辛味、生姜、辛し高菜、揚げ玉など多くの調味料がカウンター上にあり、いろいろ入れて味の変化を楽しみました。
麺もスープも好みでしたが、生のニラはねぎ程の旨みは感じられず、もつは全く好みと違っていました。もつニラソバは830円、ちょっとお高いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.10

らーめん 古潭

古潭 野菜味噌ラーメン

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅正面の道を進み一時停止を左へ、神社が並ぶ向かいにあります。
出張者と一緒のお昼、この地区が初めての人もいて古潭にお邪魔しました。
駐車場がないので路線バスの支障とならないよう前の道路に路駐となります。午後12時過ぎ、路駐の車が多く、少し待って入れ替りで止められました。
お店は、車庫の奥に入口があるような感じで、さらに奥行きのある店内です。右側に厨房、中央に厨房向きカウンター席、手前にテーブル席、左奥に小さな座敷があります。ちょっと古く、照明も押さえられ、落ち着いた雰囲気です。カウンター席は賑わっていますが、手前テーブル席が空いています。人数もいて奥の座敷になりました。隠れ家的スペースです。注文してから入ります。
メニューは、醤油・味噌・塩の各ラーメンとそれらの野菜ラーメン、その他に納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。追加トッピングは、チャーシュー、メンマ、バター、コーン、わかめ、たまごがあり、さらに大盛りまでも50円増しとお手頃です。今日はシンプルに野菜味噌ラーメンにしました。注文を伝えながらカウンター奥にある冷水機で水を用意して席に座ります。
今日も店主と奥さんの二人で、注文を聞くのが早いですが出来も早いです。
黒く渋い器に白味噌仕立てのスープ、ゆで野菜の淡い緑がとても綺麗です。
麺は、細い縮れの普通に見えてバランスが整っています。少し硬ゆでです。
スープは、白味噌仕立てで適度な油もあります。まろやかなのにあっさりしていて、味噌の旨味と甘さ、しょっぱさのバランスが良い優しいスープです。
トッピングは、ゆでたキャベツともやしです。キャベツは、ゆで加減が良くレタスのような食感です。味噌の優しいスープと相まって温野菜のようです。
細い縮れ麺と優しくバランスの良いスープ、キャベツの食感を楽しみました。野菜味噌ラーメンで700円、今ではちょっとお得にさえ感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.09

ラーメン めんくま

めんくま

新潟市の「ラーメン めんくま」です。
紫鳥線沿いにあります。女池から鳥屋野へ、新幹線を潜った先の右側です。
「らーめん ヒグマ 女池店」がリニューアルとのことでお邪魔しました。
駐車場が満車です。帰るお客さんと入れ替わりでなんとか停められました。
隣のじゃり駐車場に停めないよう書かれた看板や貼紙があちこちあります。
お店は、奥に厨房、中央にカウンター席、右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。清潔感のある綺麗な広々とした店内です。正午頃に着きました。5割~6割ぐらいのお客さんの入りでしょうか。早かったこともあり、まだ混んでいません。入ってすぐ左側に振り返えると食券販売機があります。
メニューは、正油、味噌、塩の各らーめんがあり、それらのチャーシューメンもあります。盛りは、麺×1.5倍の大盛りと麺×2倍の特盛りがあります。何も変わっていないと思ったのですが、大盛りが50円増し→100円増し、特盛りが150円増し→200円増しになっています。平日ランチタイムは、ライスがサービスになっています。正油らーめんの普通盛りにしました。
出張者や同僚と一緒の昼食です。テーブル席が空いていたのでテーブル席に座りました。平日のランチタイムは、ライスがサービスになっています。水とライスはセルフサービスのはずですが、水とおしぼりは持ってきてくれました。ライスを用意して待ちます。小さめのお茶碗で、大根の紫波漬もあります。
その後、かなりの勢いでお客さんが増えてきました。混む前に注文できていて良かったです。普通かやや早めかなって待ち時間で出来上がってきました。

めんくま 正油らーめん

器が変わってます。同じ白ですが、今まで深みのあるものから普通かやや浅めのものになっています。濃い醤油色のスープがしょっぱそうに見えます。
麺は、普通の太さの縮れで、表面がやや軟らかく芯がモチモチしています。
スープは、濃い醤油色の透き通ったものです。その見た目の通り醤油味のしっかりしたものですが、反して普通のしょっぱさです。生姜が良く効いていて、半分ぐらい食べてから黒胡椒の香りを加えてさらに楽しみます。
トッピングは、弾力・歯応えのある大好きなチャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草などです。ほうれん草は確定ではなく、季節の野菜のようです。
醤油と生姜、胡椒を楽しめるラーメンです。ライスもちょっと多めを楽しませてもらいました。正油らーめんが650円は、まあまあいい線かと思います。ヒグマで最後に食べた当時は、正油らーめんの大盛りが600円でした。お得なお店と思っていましたが、今は普通かややお得なお店でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧