カテゴリー「5:下越」の348件の記事

2017.03.08

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 ワンタンメン(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
今日は一人での昼食、あまり混んでなければと思いながらお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの間口の広い造りで、あまり綺麗とは言えませんが、それが逆に懐かしさを感じさせてくれる市場の小さな支那そば屋さんです。午後12時10分過ぎに着きました。いつものような列びを覚悟していましたが、3席も空席があります。珍しいこともあるようです。
メニューは、支那そば、ワンタン、支那そばとメンマ・チャーシュウ・ワンタンの組み合わせになります。夏の冷し中華が人気です。盛りは、普通、中盛、大盛があります。春秋冬の定番的なワンタンメン(中盛)にしました。
次の作り始めに間に合わせてもらえ、かなり早めに出来上がってきました。
黒っぽい、渋い器に澄んだスープが上品です。ボリュームがありそうです。
麺は、かなり細めの弱い縮れ。あまりラーメンぽくない麦が優しい印象です。シコシコした歯応えと適度なモチモチ感が特徴の食べていて楽しい麺です。
スープは、塩で味付けしたすまし汁のような透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。これが支那そばでしょう。
トッピングは、脂身のない弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、肉団子に近い大きさの挽肉を包んだ軟らかなワンタン、メンマ、季節の野菜、鳴門、ねぎなどです。季節の野菜はうるいです。ほうれん草が一般的ですが、きぬさやの時期もあります。ねぎは輪切りで、スープと絡まり香りと味わいを楽めます。
歯切れの良い麺とお吸い物かのようなスープ、もう和食の領域の麺料理です。溶ろけるようなワンタンはボリュームもあります。750円、お手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.22

村上ラーメン にぼしまじん

にぼしまじん しょうゆわかめ(大盛)

村上市の「村上ラーメン にぼしまじん」です。
国道7号線沿いの村上プラザ(イオン村上東店)フードコートにあります。
「喜びラーメン 小太喜屋」のプロデュース店です。なかなか本格的です。
村上を移動中の昼食。入り易く時間もかからないにぼしまじんにしました。
お店は、ショッピングセンターのフードコート内ですから広々としています。午後12時10分前に着きました。いい時間ですがまあまあ空いています。
メニューは、しょうゆ、背油、みそ、辛みそ、塩、ゴマ、酸の各味があり、それらにネギやチャーシューを加えたもの、トッピングを充実させた“まじん”があります。また、各味によりますが、わかめ、岩のり、コーンなどを加えたものもあります。いずれも大盛りが無料になってます。今回、酸が追加されています。スッパ辛味との説明で、中辛・大辛が無料、激辛が20円増しになっています。カウンターでの注文、しょうゆわかめ(大盛)にしました。
お店のカウンターで注文を伝え、お金を支払うと番号の書かれた木製の札を渡されます。今日は16番。フードコートのセルフの水を用意して待ちます。
お客さんが少なめなのにスタッフは多めで、早めに出来上がってきました。
お盆にお箸とレンゲがセットされていて、ラーメンがのって出来上がりです。醤油と同じ白い器に醤油色のスープが美味しそう、わかめが健康そうです。
麺は、やや細の縮れ、歯切れが良く、スープと良く馴染み旨みがあります。
スープは、煮干しダシが濃厚な醤油味、今時の味の濃さを楽しめるものです。和の控えめな煮干しダシが好きですが、この濃厚な煮干しダシも好きです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、白ねぎ、わかめ、コーンなどです。
普通のしょうゆよりもチャーシューの種類や味玉など少なくなってるものもありますが、620円としょうゆと同じ値段での提供はありがたいです。しかも大盛無料。それがイオンの火曜市で500円でした。大盛で!いいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.28

喜びラーメン 小太喜屋

小太喜屋 ラーメン

村上市の「喜びラーメン 小太喜屋」です。
県道3号線沿い村上消防署前方住宅地の中、平行する市道に面しています。
村上市での昼食です。やはり好きな小太喜屋で食べようとお邪魔しました。
午後12時30分過ぎに着きました。お店脇の路地を進んだ先の左側に駐車場
があります。いつも通り混雑はしていますが、1台分の空きがありました。
お店は、通り正面の入口から入って、脇の出口から出るようになっています。お店の中は、左側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、右側に待ち用の椅子があります。カウンター席13席、綺麗な今風のラーメン屋さんです。人気店で、平日でも待ちがあり、休日はかなりの待ちになります。覚悟はしていましたが、6人の列びと休日のお昼にしては少なめです。入口を入った正面に可愛い食券販売機があります。横にメニューの説明があります。
メニューは、あっさり豚骨煮干ししょうゆ味のラーメンとあっさり豚骨魚介塩味の塩ラーメンの2味です。いずれもトッピングを豪華にした喜びラーメンとチャーシューメンもあります。麺の大盛りが無料です。麺大盛りをスタッフに伝えるのか、無料大盛り食券も用意されています。ラーメンにしました。
店主が作り、奥さんが配膳をしているように見えています。そんなに多くの量を一度に作らないので、一定のペースでお客さんが廻っています。お客さんが帰ったら片付けてすぐに次のお客さんを案内するって感じではなく、作りに合わせて案内します。そのために複数人のグループも一緒に席に案内されます。スタッフにより並び始めたときに食券が回収されました。15分ほど待って手前の席に案内されました。席には予め水とおしぼりがセットされています。
カウンターの下には席毎にボックステッシュや荷物用フックなどがあります。鞄かご、紙エプロンや髪止ゴム、お客さんへの気配りが用意されています。
大きな寸胴鍋で作られたスープを小さな鍋に1人前ずつ移して温めています。温めた器にタレ、スープ、油などを入れ、麺を入れ、トッピングを乗せます。テレビの料理番組に出る和食の料理人のような丁寧な仕事で出来上がります。食器の扱いも丁寧です。食べ終わっての片付けなど食器のぶつかる音がしない心地よい仕事です。席について10分程の待ちで出来上がってきました。
縁の青が鮮やかな器にトッピングが品良く、彩り良く盛り付けられてます。
麺は、やや細の縮れ、普通のようでプリプリの歯応えがとても楽しい麺です。2種類の小麦粉を使用した自家製麺です。このような自家製麺は歓迎です。
スープは、豚骨と豚足でだしを取り、後で煮干しを加えたものとのことです。動物系の旨みと煮干しの濃厚な風味が楽しい今時の出来の良いスープです。
トッピングは、チャーシュー2種、メンマ、味玉半個、ねぎ、カイワレです。普通ラーメンのようでワンランク上のようなトッピングが嬉しくなります。
お客さんの健康を考えて選ばれた素材が丁寧な仕事により仕上げられました。全然飽きがくる感じもないままに、最後まで…。お腹いっぱいになりました。普通盛り650円でもいい感じなのに、同じ値段で大盛りが食べられました。喜びラーメンがスタンダード的ですが、ラーメンでも十分に楽しめました。
その後、待ちが外にまで及ぶことも…、中には11人組というお客も…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.29

荒川らーめん魂 あしら

あしら 穴子の柳川鍋麺(大盛)

村上市(旧荒川町)「荒川らーめん魂 あしら」です。
国道7号線沿い、国道113号線との十文字交差点の胎内寄りにあります。
下越地区を移動中です。お昼も過ぎて空いているだろうとお邪魔しました。
今まで、味噌らーめん、味噌ちゃーしゅーめん、手打ちらーめん(醤油)、全粒粉つけめん(味噌・辛味噌・魚介醤油)、味噌野菜らーめん、味噌マーボーめん、特製博多らーめん、期間限定メニュー(村上新茶塩らーめん・村上せいろ)、自家製豆腐と夏野菜の冷製味噌麺(大盛)、冷やし中華(大盛)と食べてきました。お手頃でメニューも豊富、期間限定もなにかあるでしょうか。
お店は、見た目はそんなに大きくないのですが、奥行きがあり、席数も結構あります。中央に厨房、左側に厨房向きのカウンター席、右側に小上がり、手前にテーブル席があります。どさん子を少し落ち着きのある内装にしたような感じです。午後2時過ぎに着きました。駐車場もそこそこ混んでいます。お店の中には、5人の待ちです。入口の用紙に名前と人数を書いて待ちます。
厨房の調理能力があるからでしょうか?カウンター席に食べ終わった席がありますが、早く座りたいお客にはかなりのんびり片付けているように見えます。調理の速度に合わせての片付けや席への案内をしているかのように見えます。15分ぐらい待ったでしょうか、家族もいてテーブル席に案内されました。
メニューは、表紙にあしらのこだわりということで、4種の自家製麺を使い分けていること、醤油・塩・味噌各タレの紹介、アルカリイオン化軟水の使用、餃子の紹介があります。メニューを開けると、味噌らーめん、辛味噌らーめんとそれらにトッピングを加えたものやセットなどあります。味噌マーボーめんもあります。全粒粉つけめんもあります。味噌・辛味噌・魚介醤油のつけダレも選ぶことができ、並(200g)・中(300g)・大盛(400g)、特盛(500g、+100円)と麺の量も選べるようになっています。うどん粉で作った麺を使用したさぬき手打ちらーめんなどとトッピングを加えたものやセットもあります。大盛りが無料となっています。15時からの提供される博多とんこつらーめんとトッピングを加えたものがあります。最初の替玉がサービスです。醤油と味噌があり、麺のかたさも粉落としからやわらかめまで調整可能です。冬の限定麺で、穴子の柳川鍋麺(味噌味)があります。寒くなって味噌ラーメンの季節になりました。穴子の柳川鍋麺(大盛)にしました。
混んでいても早めに出来上がるのですが、今日は少し時間がかかりました。
黒い陶器の鍋に入ってきました。蓋が熱くて取れないだろうと思いましたが、調理が終わってから蓋をしているようで、素手で普通に触れる温かさでした。中央に多めの穴子の天ぷら、玉子綴じされ、ねぎなどの緑色が鮮やかです。
麺は、平打ちやや太の縮れで、モチモチ感が強く最後までやや硬めでした。
スープは、白味噌寄りの合わせ味噌のようで、味噌味は濃厚ですがしょっぱさ控え気味です。他の具材もあってか?かなりとろみが強めに感じられます。
トッピングは、穴子の天ぷらの玉子で綴じです。えのき茸も入っていて、上に青ねぎなどがあります。天ぷらと味噌ですが、思った以上にこってりです。
本当にちゃんとした鍋料理でした。優しく濃厚な味噌味で、最後まで熱々なのにしっかりした麺を楽しむことができました。味噌と天ぷらのこってり感は、どうも好みと違っていました。穴子の柳川鍋麺(味噌味)は、880円です。穴子鍋に麺が入ったものと考えれば、なかなかいい鍋じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.26

喜びラーメン 小太喜屋

小太喜屋 ラーメン

村上市の「喜びラーメン 小太喜屋」です。
県道3号線沿い村上消防署前方住宅地の中、平行する市道に面しています。
村上市での昼食です。やはり好きな小太喜屋で食べようとお邪魔しました。
午後12時30分過ぎに着きました。お店脇の路地を進んだ先の左側に駐車場
があります。いつものお昼は混雑していますが、何台かの空きがあります。
お店には出入口が2ヵ所あり、通りの正面が入口、脇が出口になっています。お店の中は、左側に厨房があり、その手前と中央にカウンター席があります。右側に待ち用の椅子が用意されています。綺麗な今風のラーメン屋さんです。ある程度の列びは覚悟していますが、5人と平日のお昼にしては少なめです。入口を入った先の正面に玩具のような小さな可愛い食券販売機があります。
メニューは、あっさり豚骨煮干ししょうゆ味のラーメンとあっさり豚骨魚介塩味の塩ラーメンの2味です。いずれもトッピングを豪華にした喜びラーメンとチャーシューメンがあります。麺の大盛りが無料です。麺大盛りをスタッフに伝えるのか、無料大盛り食券も用意されています。ラーメンにしました。
店主が作り、奥さんが配膳をしているように見えています。そんなに多くの量を一度に作らないので、一定のペースでお客さんが廻っています。お客さんが帰ったら片付けてすぐに次のお客さんを案内するって感じではなく、作りに合わせて案内します。そのために複数人のグループも一緒に席に案内されます。スタッフにより並び始めたときに食券が回収されました。10分ほど待って手前の席に案内されました。席には予め水とおしぼりがセットされています。
カウンターの下には席毎にボックステッシュや荷物用フックなどがあります。鞄かご、紙エプロンや髪止ゴム、お客さんへの気配りが用意されています。
大きな寸胴鍋で作られたスープを小さな鍋に1人前ずつ移して温めています。温めた器にタレ、スープ、油などを入れ、麺を入れ、トッピングを乗せます。テレビの料理番組に出る和食の料理人のような丁寧な仕事で出来上がります。食器の扱いも丁寧です。食べ終わっての片付けなど食器のぶつかる音がしない心地よい仕事です。席についてわずか2分の待ちで出来上がってきました。
お洒落な器です。上品に盛られています。カイワレの緑が彩りを添えます。
麺は、やや細の縮れで歯応えの楽しい麺です。2種の小麦粉を使用した自家製麺とのことですが、自家製麺に多い存在感を主張し過ぎる麺とは違います。
スープは、豚骨と豚足でダシを取り、煮干しを加えたものとのこと。動物系の旨みとあっさりした魚介系の風味、さらりとした感じに仕上がっています。
トッピングは、チャーシュー2種、メンマ、味玉、白髪ねぎ、カイワレです。チャーシューは、上質なハムような味わいのレアなローストと炙りバラです。量はそれほど多いってことはありませんが、種類を楽しめるのが好きです。
お客さんの健康を考えて厳選された素材、丁寧な仕事で仕上げられています。味的には、好みよりやや濃いめです。薄味にしてもらったこともありますが、普通の方が全体のバランスが取れています。充実のトッピング考えると800円はいい線でしょう。その値段で大盛りを食べられるのですからお得です。

年末年始などのお休みのカレンダーが、店内や駐車場に貼られています。
定休日 :日曜日、水曜日、祝祭日
年末年始:12月30日(金)まで営業
      1月 5日(木)から営業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.20

ラーメン 恵比寿

五泉市の「ラーメン 恵比寿」です。
五泉市中心部から旧小須戸町の信越線矢代田駅に向かう道沿いにあります。
平日に仕事でなかなか行けない場所です。休日を利用してお邪魔しました。
休日は混んで列びが当たり前のお店です。午後12時10分過ぎの到着です。
休日普通の混みを覚悟していましたが、お店前の待ちの列びははありません。
広い駐車場はほぼ満車状態、この車のお客さんがみんな店に?って感じです。
お店の入口を入り風除室に、年配の夫婦が2組だけ、今日は空いています。
お店は、左側手前に厨房、その中央寄りにカウンター席、右側から奥にかけて座敷が3室でしょうか?広い場所に多く卓が並べられています。広い厨房と広い小上がりの食堂って感じです。奥の空いた席のようですが、注文が先です。注文を受けるスタッフへの注文ですが、メニューがシンプルで助かります。

恵比寿 メニュー

メニューは、ラーメンとチャーシューメンのみ、大盛りと特盛りも選べます。ラーメンが650円→大750円→特950円で、チャーシューメンが850円→大950円→特1250円です。前回食べてから久々になります。残念ですが、やはり値上がりしてました。チャーシューメン(大)にしました。
卓に着くとコップが運ばれてきます。セルフサービスの水を用意し待ちます。
混みもあって時間がかかるかと思いましたが、早く出来上がってきました。
外側が朱色、内側に双喜文・龍の模様が描かれた白い器に盛られてきました。

恵比寿 チャーシューメン(大)

器の縁とラーメンの上にたっぷりのチャーシューが盛られたラーメンです。
麺は、普通太さの縮れ、ツルツルプリプリした食感、バランスいい麺です。
スープは、醤油味を楽しむためのようなしっかり濃厚な醤油味のものです。
トッピングは、やや軟らかめのチャーシューが器周囲と上面を覆っています。他にはねぎのみ、メンマや鳴門、海苔などは入っていません。寂しいです。
麺、スープとも醤油ラーメンらしく、たっぷりのチャーシューが加わります。950円とチャーシューメンの大盛りだとやや高めの値段かなと思います。

恵比寿 ラーメン

相方の食べたラーメンです。650円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.02

茉莉花

茉莉花 梅しそラーメン

村上市の「茉莉花」です。
村上駅から新発田方向へ、線路上最初の踏切近くの住宅街の中にあります。
村上市内は水曜日が定休日のラーメン店が多く、どこで食べようか困ります。そんな中、食べてない麺類の多い「茉莉花」でたべようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前に小上がり、個室もあります。小さめ、ちょっびり昭和っぼい雰囲気の食堂です。午後12時40分過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りと空いています。
メニューは、中華系が中心で麺類、単品とその定食があります。麺類は、ラーメン、チャーシュー麺、ラーメン濃い口、こってり醤油ラーメン、ねぎラーメン、笹川流れの塩ラーメン、レタスとトマトの塩ラーメン、梅しそラーメン、ゆず塩ラーメン(冬期)、担々麺、みそ担々麺、ハバネロ担々麺、季節の野菜たっぷりラーメン、豚肉細切り炒めラーメン、酸辣湯麺(サンラーメン)、ざる中華(夏期)、冷し中華(夏期)、各麺類と組み合わせが出来るラーメンランチもあります。気になっていた好みそうな梅しそラーメンにしました。
年配の夫婦でやってるようです。普通の待ち時間で出来上がってきました。
真っ白な器に、黄金色といっていいでしょうか?とても綺麗なスープです。
麺は、細い縮れでいいモチモチ感があり、あっさりしたスープに合います。
スープは、綺麗な黄金色のあっさりしていながら旨味のある優しいものです。癖のない塩味で、梅しそを溶かすとあっしりと違う爽やかさが広がります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、あおさ、ほうれん草、ねぎなどです。海苔の上に梅しそがのってます。ほんの少しですが、その効果は絶大です。
ラーメンだけで好みのあっさりしたものなのに、そこに梅の酸味と香りです。塩味のラーメンと梅肉の相性の良さには、いつも関心させられっぱなしです。基本のラーメンを食べ、味の変化を楽しめるのが、また良かったと思います。ラーメンが580円で、梅しそラーメンは600円です。なんてえことだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.25

荒川らーめん魂 あしら

あしら 味噌らーめん(大盛)

村上市(旧荒川町)「荒川らーめん魂 あしら」です。
国道7号線沿い、国道113号線との十文字交差点の胎内寄りにあります。
下越地区を移動中です。お昼も過ぎて空いているだろうとお邪魔しました。
今まで、味噌らーめん、味噌ちゃーしゅーめん、手打ちらーめん(醤油)、全粒粉つけめん(味噌・辛味噌・魚介醤油)、味噌野菜らーめん、味噌マーボーめん、特製博多らーめん、期間限定メニュー(村上新茶塩らーめん・村上せいろ)、自家製豆腐と夏野菜の冷製味噌麺(大盛)、冷やし中華(大盛)と食べてきました。お手頃でメニューも豊富、期間限定もなにかあるでしょうか。
お店は、見た目はそんなに大きくないのですが、奥行きがあり、席数も結構あります。中央に厨房、左側に厨房向きのカウンター席、右側に小上がり、手前にテーブル席があります。どさん子を少し落ち着きのある内装にしたような感じです。午後1時15分頃に着きました。駐車場はほぼ満車、なんとか止めれました。お店の中に10人程、風除室に2人の待ち、入口の用紙に名前と人数を書いて待ちます。外で待っていましたが雨が…、風除室に入り待ちます。
厨房の調理能力があるからでしょうか?カウンター席に食べ終わった席がありますが、早く座りたいお客にはかなりのんびり片付けているように見えます。調理の速度に合わせての片付けや席への案内をしているかのように見えます。20分ぐらい待ったでしょうか、ようやくカウンター席に案内されました。
メニューは、表紙にあしらのこだわりということで、4種の自家製麺を使い分けていること、醤油・塩・味噌各タレの紹介、アルカリイオン化軟水の使用、餃子の紹介があります。メニューを開けると、味噌らーめん、辛味噌らーめんとそれらにトッピングを加えたものやセットなどあります。味噌マーボーめんもあります。全粒粉つけめんもあります。味噌・辛味噌・魚介醤油のつけダレも選ぶことができ、並(200g)・中(300g)・大盛(400g)、特盛(500g、+100円)と麺の量も選べるようになっています。うどん粉で作った麺を使用したさぬき手打ちらーめんなどとトッピングを加えたものやセットもあります。大盛りが無料となっています。15時からの提供される博多とんこつらーめんとトッピングを加えたものがあります。最初の替玉がサービスです。醤油と味噌があり、麺のかたさも粉落としからやわらかめまで調整可能です。期間限定は、霧島黒豚のじゃぶしゃぶ胡麻味噌つけ麺です。涼しくなってつけ麺じゃなくてもいいし、いろいろ食べてみたいのもありますが、ここいらで基本にもどってみましょう。味噌らーめん(大盛)にしました。
混んでいても早めに出来上がるのですが、今日は少し時間がかかりました。
白い器に濃厚そうなスープ、チャーシューが表面を華やかに覆っています。
麺は、太い縮れでモチモチ感が強く硬めにゆでられています。ちょい苦手。
スープは、白味噌よりの合わせ味噌で、味噌味・甘み・油が濃厚でとろみが強
めです。しょっぱさは控え気味で、コーンスープかのような感じもします。
トッピングは、チャーシュー2種類、メンマ、もやし、コーン、青ねぎです。魚粉もあります。香りは好きですが、わざとらしい強い香りはちょっと…。
濃厚な味噌ラーメンをいただきました。濃厚な線で全体のバランスが取れています。2種類のチャーシューを楽しめました。無料ってことで大盛にしましたが、結構なボリュームがあります。味噌らーめんが620円。普通盛りでもお手頃ですが、大盛りでも同じ値段です。驚きのコストパフォーマンスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.21

お食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
羽越線岩船町駅近く、風情のあるJA倉庫が目印、その向かいにあります。
村上市でのお昼になりました。好きなに定食をたべようとお邪魔しました。
午後1時30分に着きました。お休みかのような光景ですがやっています。
前を走っていた車が一平にの駐車場へ、続いて駐車場へ、後ろを走っていた車も続いて入ってきます。女性1人、男性2人、男性2人とお店に入ります。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質を基調とした落ち着いた雰囲気の良いとても綺麗な中規模のお店です。なんということでしょう。他にお客さんはいません。一平もそれなりの回数は来ていますが、始めてのことです。どこにでもご自由に座ってください。っていった感じで手前のテーブル席にしました。
メニューは、ラーメン、チャーシュー麺、味噌ラーメン、五目ラーメン、野菜タンメン、担々麺、五目焼きそば、ラーメン定食、中華丼、チャーハン、ライス、半ラーメン、半チャーハンなどがあります。組み合わせても楽しめます。いつものラーメン定食にしました。ここのところラーメン定食が定番です。
待っている間に、さらに男性1人のお客さんがやってきました。時間をずらしたラーメン屋さんらしい、ちょっと寂しい独特の雰囲気になってきました。
その後もお客さんが来ますが、並ばずに座れるような状態が続いています。
いつも早めに出来上がってきますが、さらに早めに出来上がってきました。
ラーメンの他にご飯と小皿が3品付きます。豪華な昼食が嬉しくなります。
麺は、細めの弱い縮れのあるもの、食べていると平打ちっぽく感じられます。ツルツルした食感と適度なモチモチ感、普通のようで良く考えられてます。
スープは、中華風の透き通った淡い醤油色です。煮干しの強い香りがします。あっさりしていながら深みのある旨味と優しい自然な甘さがいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草がのります。あっさりしたラーメンに似合います。チャーシューはかなり軟らかめです。
定食は、ご飯とおかずとお新香になります。おかずは、鯵フライ野菜添え、焼売野菜添え、豚バラと玉ねぎの炒めもの、少量ずつですが3種類です。お新香も3点盛り。いつもながら定食のしっかりした内容には関心させられます。
良く考えられた麺、銘品とも言えそうなスープ、おとなしめなトッピングで、バランスの良いラーメンに仕上がっています。ラーメンは582円と結構お手頃ですが、ラーメン定食は810円とお手頃さがさらに充実する定食です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.18

喜びラーメン 小太喜屋

小太喜屋 ラーメン(大盛)

村上市の「喜びラーメン 小太喜屋」です。
県道3号線沿い村上消防署前方住宅地の中、平行する市道に面しています。
村上市での昼食です。やはり好きな小太喜屋で食べようとお邪魔しました。
午前11時50分過ぎに着きました。お店脇の路地を進んだ先の左側に駐車場があります。お昼は混雑していますが、午前中なら大丈夫だろう思っていました。しかし、混んでいます。ちょうど1台分の空きがあり停められました。
お店には出入口が2ヵ所あり、通りの正面が入口、脇が出口になっています。お店の中は、左側に厨房があり、その手前と中央にカウンター席があります。右側に待ち用の椅子が用意されています。綺麗な今風のラーメン屋さんです。車が多く、ある程度の列びは覚悟していましたが、前からの列びの男性1人と駐車場から前を歩いていた女性3人組、合計4人の後ろの列びになりました。入口を入った先の正面に玩具のような小さな可愛い食券販売機があります。
メニューは、あっさり豚骨煮干ししょうゆ味のラーメンとあっさり豚骨魚介塩味の塩ラーメンの2味です。いずれもトッピングを豪華にした喜びラーメンとチャーシューメンがあります。麺の大盛りが無料です。自家製麺の店が増え、麺の大盛りが無料サービスや格安のお店も増えてきました。麺大盛り無料の場合の注文は、注文する際に大盛りをスタッフに伝えるのが一般的な方法です。食券の場合、普通盛りの食券を購入して同じで大盛りをスタッフに伝えるか、普通盛りと同じ値段で各大盛り食券が用意されているのがほとんどでしょう。小太喜屋は、普通盛りの各ラーメンの食券と共通で無料の大盛り食券が用意されています。大盛りの食券なしで食券を渡すと『大盛り無料ですが…。』と確認してくれ、口頭でも大盛りを伝える注文方法もできます。とても親切です。あれこれと食べたい気分でもなく、お金もないし、ラーメンにしました。
店主が作り、奥さんが配膳をしているように見えています。そんなに多くの量を一度に作らないので、一定のペースでお客さんが廻っています。お客さんが帰ったら片付けてすぐに次のお客さんを案内するって感じではなく、作りに合わせて案内します。そのために複数人のグループも一緒に席に案内されます。それほど待たずに案内されました。席に水とおしぼりがセットされてます。
カウンターの下には席毎にボックステッシュや荷物用フックなどがあります。鞄かご、紙エプロンや髪止ゴム、お客さんへの気配りが用意されています。
大きな寸胴鍋で作られたスープを小さな鍋に1人前ずつ移して温めています。温めた器にタレ、スープ、油などを入れ、麺を入れ、トッピングを乗せます。テレビの料理番組に出る和食の料理人のような丁寧な仕事で出来上がります。食器の扱いも丁寧です。食べ終わっての片付けなど食器のぶつかる音がしない心地よい仕事です。品の良い料亭のような雰囲気です。丁寧なのに静かな、でも無駄のない動きなんでしょう。普通の待ち時間で出来上がってきました。
縁の青が鮮やかな器にトッピングが品良く、彩り良く盛り付けられてます。
麺は、やや細の縮れ、普通のようでプリプリの歯応えがとても楽しい麺です。2種類の小麦粉を使用した自家製麺です。このような自家製麺は歓迎です。
スープは、豚骨と豚足でだしを取り、後で煮干しを加えたものとのことです。動物系の旨みと煮干しの濃厚な風味が楽しい今時の出来の良いスープです。
トッピングは、チャーシュー2種、メンマ、味玉半個、ねぎ、カイワレです。普通ラーメンのようでワンランク上のようなトッピングが嬉しくなります。
お客さんの健康を考えて選ばれた素材が丁寧な仕事により仕上げられました。全然飽きがくる感じもないままに、最後まで…。お腹いっぱいになりました。普通盛り650円でもいい感じなのに、同じ値段で大盛りが食べられました。喜びラーメンがスタンダード的ですが、ラーメンでも十分に楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧