カテゴリー「5:下越」の362件の記事

2018.04.06

お食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
羽越線岩船町駅近く、風情のあるJA倉庫が目印、その向かいにあります。
村上市でのお昼になりました。好きなに定食をたべようとお邪魔しました。
午後1時頃に着きました。お昼時間通りのお客さんが多く、空いているだろうと思っていました。店前の駐車場は満車、横の駐車場に空きがありました。
お店の入口に貼り紙があります。お客さんの車も多く臨時休業ではなく、臨時休業予告かな?値上げのお断りかな?などと考えながら見ると、従業員不在のため案内や料理の提供に時間がかかるとのお断りです。最後にお急ぎの方、待つのが苦手な方はご遠慮下さい。とあります。書かれた内容に感動しました。『時間がかかる場合があります。待つのが苦手な方はご遠慮ください。』どこのラーメン店でも入口に貼って、クレーマー対策に良いのではと思います。
風除室に待ちはありませんが、お店の中へ入るドアにも貼り紙があります。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質を基調とした落ち着いた雰囲気で、とても綺麗な中規模のお店です。お店の中も半分ぐらいのお客さんの入りです。
いつもと違ってお客さんが帰っても食器が片付けられていない席があります。手前のカウンターの片付けられている席が大丈夫そうで勝手に座りました。
メニューは、ラーメン、チャーシュー麺、味噌ラーメン、五目ラーメン、野菜タンメン、担々麺、五目焼きそば、ラーメン定食、中華丼、チャーハン、ライス、半ラーメン、半チャーハンなどがあります。組み合わせても楽しめます。他もいろいろ食べてみたいのですが、いつものラーメン定食にしました。
その後のお客さんは、片付けをする間だけ風除室で待ってもらう状態です。
若いスタッフが不在のようです。お休みでしょうか?子供さんの入学式とかなんでしょう。おめでとう!って言いたい気分です。なんか待たされるのもおめでたいことのお裾分けのように思えて、勝手に心地が良くなってきました。
今日は待ってもいい気分ですが、いつも通り早めに出来上がってきました。
ラーメンの他にご飯と小皿が3品付きます。豪華な昼食が嬉しくなります。
麺は、細めの縮れで、食べていると平打ちっぽく感じます。ツルツルした食感と適度なモチモチ感、普通のようで懐かしく、食べて嬉しくなってきます。
スープは、中華風の透き通った淡い醤油色で、煮干しの強めの香りがします。あっさりしていながら深みのある旨味と優しい自然な甘さがいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草がのります。あっさりラーメンに似合うトッピングです。チャーシューは軟らかめです。
定食は、ご飯とおかずとお新香になります。おかずは、海老フライ、鶏の唐揚げと野菜のマリネ、焼売です。少量ずつですが3種類です。レタス、キャベツの千切り、胡瓜の薄切りなどそのメニューにあった野菜が添えられています。お新香は、大根の柴漬け、沢庵、蕪と茎までの漬け物、しっかり3種類です。いつもながら定食+ラーメンのような充実した内容には関心させられます。
懐かしく出来の良い麺、銘品とも言えそうなスープ、おとなしめなトッピングで、バランスの良いラーメンに仕上がっています。ラーメンは582円と結構お手頃ですが、ラーメン定食は810円とお手頃さがさらに充実します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.16

ラーメン ちくに

ちくに 中華大盛

村上市の「ラーメン ちくに」です。
村上市役所近くにあります。城下町らしい住宅地の中、解り難い場所です。
営業時間が、午前11時30分~午後12時45分、午後4時00分~午後6時00分とちょっと早めに食事をするのに良さそうになっているお店です。
村上市でのお昼。久々にちくにで食べれる時間、楽しみにお邪魔しました。
正午をちょっと回った頃に着きました。駐車場が混んでいます。満車です。すぐに帰るお客さんと入れ代わりで駐車できました。かなり狭い駐車場です。
お店は、左奥に厨房があり、食堂には所狭しと4人掛けのテーブルが7卓も置かれています。昭和の食堂って馴染みやすい雰囲気です。満席で5人ほどの待ち、こちらも帰るお客さんと入れ代わりで、すぐに相席ですが座れました。
メニューは、中華そば600円と中華大盛700円、肉そば900円ととてもシンプルです。好きなワンスープのお店です。この前は肉そばがなかったのですが、今日はあります。チャーシューの出来かな。中華大盛にしました。
おじちゃんとおばちゃんの2人で切り盛りしているお店です。年輩の夫婦が1スープでやっているラーメン屋さん、微笑ましくリピートしたくなります。
セルフサービスの水を用意、今日はさすがに時間がかかってしまいました。
パステル色の鳳凰が綺麗な白い器に、中華そばって雰囲気でスープが波々の盛り付けです。煮干しの香りがします。最近のお店と違い少し癖があります。
麺は、細めの弱い縮れで軟らかめにゆでられています。軟らかい麺に多い延びた麺は好きではありませんが、ワンタンの皮のような軟らかさは好きです。
スープは、煮干しダシの効いたもので、香りも強めです。透き通った飴色で、醤油味を前に出さずに、塩できりりとバランス良く締めています。あっさりしていそうですが、油も適度にあり、まろやかさな仕上がりになっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎなどシンプルです。チャーシューは、豚の脂の旨みと適度な歯応えの両方を楽しめるものです。
最初に気になる匂いは胡椒で和らげます。煮干しダシが懐かしく楽しめます。それに合わせるのは、軟らかめの麺とシンプルながら充実のトッピング。バランスのいい中華そばの大盛りが700円です。今ではお手頃にも思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.30

御食事・甘味・特産品 穂菜味亭

穂菜味亭 醤油ラーメン

村上市(旧神林村)の「御食事・甘味・特産品 穂菜味亭」です。
国道7号線沿い、道の駅・神林「穂波の里」内にある和風レストランです。
秋田への帰省途中での昼食です。「ちくに」で食べたかったのですが時間的に無理、「一平」は風除室の待ちがおしくらまんじゅう状態、「小太喜屋」は休業中との情報、「にぼしまじん」は先日食べたばかり、「玉寿し食堂」は時間のロスが…、てなことで食べたことのない「穂菜味亭」にお邪魔しました。
お店は、ちょっと古い外観で、入るともっと古く古民家風のような印象です。入ってすぐの土間風なところにテーブル席があります。午後1時15分頃とお昼の混む時間を過ぎているつもりでしたが、テーブル席は満席、右手前の座敷の小さな卓が空いているのでどうぞ!と案内されました。広めの座敷に4人用の卓がたくさんありますがいっぱい、2人用の卓が空いていて座れました。
メニューは、定食6種、丼物6種、カレーや一品料理があり、次に麺類がきます。醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、辛味噌ラーメン、肉野菜ラーメン、五目あんかけラーメン、タンタンラーメン、チャーシューメン、ネギ味噌ラーメン、味噌チャーシュー、焼そば(ソース)、ネギ塩焼そば、そばやうどんと続きます。さらに最後にセットと飲み物になります。セットは、ラーメン+ミニタレカツ丼、ラーメン+ミニ天丼、ラーメン+ミニ牛丼、ラーメン+ミニネギトロ丼があります。醤油ラーメン村上牛コロッケにしました。
混みで時間もかかるだろうと思いましたが、早めに出来上がってきました。
青い模様の白い和風な器に、飾り気のないシンプルなラーメンの登場です。
麺は、細めの縮れ、中華系にも使うためかそれほどツルツルしていません。
スープは、醤油のあっさり薄味っぽい、万人向けのとても優しいものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、水菜、ねぎ、鳴門などシンプルです。ちょっと驚きがチャーシュー。歯応えも味も好みのものが2枚もあります。
あまり特徴を出し難い道の駅のラーメンですが、なかなかいい感じに仕上がっ
ていました。チャーシューが好みでした。630円と値段もいい線でしょう。

穂菜味亭 村上牛コロッケ

村上牛コロッケは、ジャガイモのコロッケ、牛挽肉が少しだけ混じりますが、牛肉のとても良い風味が広がります。130円と値段もとてもお手頃です。

穂菜味亭 鍋焼きうどん

相方の食べた鍋焼きうどんです。900円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.21

村上ラーメン にぼしまじん

にぼしまじん ピリ辛野菜まじん(大辛・大盛)

村上市の「村上ラーメン にぼしまじん」です。
国道7号線沿いの村上プラザ(イオン村上東店)フードコートにあります。
「喜びラーメン 小太喜屋」のプロデュース店です。なかなか本格的です。
村上市での昼食。ちくにで食べようと思っていましたが遅くなってしまい、確実にやっていて食べたことのないメニューのあるにぼしまじんにしました。
お店は、ショッピングセンターのフードコート内ですから広々としています。午後1時10分過ぎに着きました。遅い時間でもそこそこ賑わっています。
メニューは、しょうゆ、背油、みそ、辛みそ、塩、ゴマ、酸の各味とそれらにネギやチャーシューを加えたもの、トッピングを充実させた“まじん”があります。各味に合わせ、わかめ、岩のり、コーンなどを加えたものもあります。いずれも大盛りが無料になっています。酸はスッパ辛味で、中辛・大辛が無料、激辛が20円増しになります。期間限定でピリ辛野菜が提供されています。このピリ辛野菜も辛さを増すことができます。食べたことのない酸の大辛辺りを予定してましたが、ピリ辛野菜まじん(大辛・大盛)にしました。
今まで通り、お店のカウンターで注文を伝え、お金を支払おうかと思っていましたが、カウンター手前左側に食券販売機があります。タッチパネル式、高額紙幣対応の食券販売機です。食券を購入し、カウンターに出して待ちます。
フードコート共通のセルフサービスの水を用意して、のんびりと待ちます。
女性スタッフが多かったように記憶していましたが、今日は男性スタッフが3人です。ゆで用のお湯でも替えたのでしょうか?しばらく厨房に動きがなく、その後、普通に作り始め、ちょっと時間がかかって出来上がってきました。
真っ白な器に辛そうなスープ、豪かなトッピングが盛り付けられています。
麺は、やや細の縮れ、歯切れが良く、スープと良く馴染み旨みがあります。
スープは、しっかり優しい味噌の旨味に一味唐辛子の癖のない辛さと煮干しの旨味と風味が加わります。そして、それらは絶妙なバランスで絡み合います。
スープは、煮干し濃厚な醤油味に一味唐辛子の癖のない辛さが加わったもの。大辛の辛さのため、煮干しや醤油の旨味がちょっと隠れてしまっています。
トッピングは、チャーシュー、味玉半個、キャベツ・もやし・玉ねぎの野菜炒め、岩海苔、コーン、白ねぎ、青ねぎなどです。さすが充実感があります。
美味しいと言うか好みの麺、煮干し・醤油・辛味を楽しめるスープ、充実したトッピングのラーメンのはずでしたが、ちょっと辛さが強過ぎました。バランス的には、あまり辛くしない方が良かったのかなと思います。これだけ楽しんで、大盛りでお腹いっぱいになって850円。ちょっと得した気分です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.12.17

製麺屋食堂 聖籠店

製麺屋食堂 聖籠店

聖籠町の「製麺屋食堂 聖籠店」です。
国道7号線(新新バイパス)蓮野インター近く、SUPER CENTER PLANT-4の駐車場内の蓮野交差点寄りにあります。ロッテリア新潟聖籠店の隣になります。
前を通った時、聖籠店で食べていなかったような気がしてお邪魔しました。
お店は、入ってすぐにその広さに驚きます。右側にちょっと入り組んだ厨房、厨房向きににカウンター席、中央に数卓のテーブル席、左側に小上がり的に使用されている座敷があります。大きな座敷というか、広間のような和室が4室も連なっています。和定食の大きな食堂って雰囲気です。午後2時20分過ぎに着きました。かなりのお客さんですが、お店が広いため空いて見えます。
メニューは、全て写真入りです。中華そば、夜鳴きそば、ちゃあしゅうらぁめん、塩らぁめん、塩ちゃあしゅう、味噌らぁめん、味噌ちゃあしゅうめん、特製味噌らぁめん、辛味噌らぁめん、背脂らぁめん、背脂ちゃあしゅうめん、特製背脂らぁめん、背脂野菜盛、背脂味噌らぁめん、背脂味噌ちゃあしゅう、特製背脂味噌らぁめん、背脂味噌野菜盛、もやしらぁめん、五目うま煮そば、野菜タンメン、あごだしらぁめんなどがあります。味噌らぁめんにしました。
その他にも、焼きそば、チャーハン類、丼類、定食、魚定食など豊富です。
胎内店で食べた時は時間がかかりましたが、普通に出来上がってきました。

製麺屋食堂聖籠店 味噌らぁめん

すり鉢の器に山盛りの野菜、ボリュームがありそうな盛り付けになります。
麺は、平打ちやや太めの縮れ。バランスが良く、とても気持ちの良いです。
スープは、味噌味はしっかりしていますが、あっさりした感じのものです。
トッピングは、チャーシュー、キャベツ・もやし・きくらげの炒め物、コーン、ねぎなどです。炒めものだけでも、かなりいいボリュームになります。
気持ちのいい麺と味噌味がしっかりしていながらあっさりのスープ、ボリュームのあるトッピングです。通常780円のところ、12月のおすすめで50円引きの730円でした。なんか得した気分が心地よい一杯でした。

製麺屋食堂聖籠店 夜鳴きそば

相方が食べた夜鳴きそばです。680円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.09

郷土ラーメン 雪っこ

雪っこ

関川村の「郷土ラーメン 雪っこ」です。
国道113号線沿いにあります、胎内からの道と交差する近くになります。
先日、テレビで放送され、美味しそうでした。食べようとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、手前にテーブル席、中央に奥向きのカウンター席、奥に小上がりがあります。さらに奥にも座敷がありそうです。白壁と木の自然な感じのする和食屋さんのような雰囲気のお店です。午後1時過ぎに着きました。小上がりの左側、片方向からだけ座れる卓だけが空いている混み具合です。
店内には、Teny新潟一番・ラーメンの旅が訪問した際の手拭いがあります。
メニューは、お店のおすすめらーめんに、スタミナ雪っこらーめん、郷土五目らーめん、辣椒野菜、雪っこらーめんが表紙にあります。他にもしょうゆらーめん、塩らーめん、みそらーめん、たんめん、野菜らーめん、ねぎらーめん、チャーシューめん、辣椒らーめん、お子さまらーめんがあり、丼物やチャーハン、サイドメニューなどもあります。スタミナ雪っこらーめんにしました。
メニューに説明があります。スタミナ雪っこらーめんは、自家製発酵にんにくみそで、炒め野菜とニラ、肉の素材が生きるピリ辛みそ味と書かれています。
手間がかかるのでしょうか、少し遅いかなって頃に出来上がってきました。

雪っこ スタミナ雪っこらーめん

すり鉢のような器に盛られてきました。野菜たっぷりの味噌ラーメンです。
麺は、細めの縮れ。中華そばや醤油ラーメンにちょうど良さそうな麺ですが、味噌味のスープとも相性と言うかバランスが良く、食べて楽しくなります。
スープは、味噌味がしっかりしながらあっさりな感じ、にんにくの風味と旨味が味噌味に良く合います。もう少し甘みがあった方が好みの味になります。
トッピングは、たっぷりの豚バラ・玉ねぎ・ニラ・きくらげの炒め物、ねぎ、鷹の爪などです。玉ねぎの甘みがスープの甘みを補い、いい仕上がりです。
途中からおろしにんにくを加えます。増したにんにくの旨味を楽しみます。
たっぷりの豚バラ、にんにくやニラなどスタミナを充電させてもらいました。麺、スープ、トッピングのそれぞれの楽しみもありますが、合わさったバランスの良さを楽しむラーメンでした。説明にあったピリ辛は全然気になりませんでした。830円とちょっとお高い感じですが、今では妥当な線でしょう。

雪っこ 郷土五目らーめん

相方が食べた郷土五目らーめん、こちらはそこそこ辛めです。870円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.20

荒川らーめん魂 あしら

あしら 鴨南蛮手打麺(大盛)

村上市(旧荒川町)「荒川らーめん魂 あしら」です。
国道7号線沿い、国道113号線との十文字交差点の胎内寄りにあります。
下越地区を移動中です。お昼も過ぎて空いているだろうとお邪魔しました。
今まで、味噌らーめん、味噌ちゃーしゅーめん、手打ちらーめん(醤油)、全粒粉つけめん(味噌・辛味噌・魚介醤油)、味噌野菜らーめん、味噌マーボーめん、特製博多らーめん、期間限定メニュー(村上新茶塩らーめん・村上せいろ、穴子の柳川鍋麺、自家製豆腐と夏野菜の冷製味噌麺、冷やし中華と食べてきました。お手頃でメニューも豊富、大盛無料、期間限定もそこそこ面白みもあり、好みのものが多いように感じます。なにかしらきっとあるでしょう。
お店は、見た目はそんなに大きくないのですが、奥行きがあり、席数も結構あります。中央に厨房、左側に厨房向きのカウンター席、右側に小上がり、手前にテーブル席があります。どさん子を少し落ち着きのある内装にしたような感じです。午後2時過ぎに着きました。駐車場もそこそこ混んでいます。お店の中は満席に近い状態、1人ですがテーブル席に空きがあり案内されました。
メニューは、表紙にあしらのこだわりということで、4種の自家製麺を使い分けていること、醤油・塩・味噌各タレの紹介、アルカリイオン化軟水の使用、餃子の紹介があります。メニューを開けると、味噌らーめん、辛味噌らーめんとそれらにトッピングを加えたものやセットなどあります。味噌マーボーめんもあります。全粒粉つけめんもあります。味噌・辛味噌・魚介醤油のつけダレも選ぶことができ、並(200g)・中(300g)・大盛(400g)、特盛(500g、+100円)と麺の量も選べるようになっています。うどん粉で作った麺を使用したさぬき手打ちらーめんなどとトッピングを加えたものやセットもあります。大盛りが無料となっています。15時からの提供される博多とんこつらーめんとトッピングを加えたものがあります。最初の替玉がサービスです。醤油と味噌があり、麺のかたさも粉落としからやわらかめまで調整可能です。期間限定と書かれた1枚もののメニューがあります。鴨南蛮手打麺です。自家製の鴨ローストと鴨出汁の旨味あふれる贅沢スープを極上手打麺と合わせました。説明が書かれています。鴨南蛮手打麺(大盛)にしました。
混んでいても早めに出来上がるのですが、今日は少し時間がかかりました。
真っ白い器に、大胆に、美味しそうに、綺麗にトッピングがされています。
麺は、やや細の縮れ、ツルツル感が心地良く、結構モチモチ感もあります。
スープは、醤油とも塩とかではなく、鴨出汁の旨味があり、油も多めです。
トッピングは、鴨のロースト、メンマ、焼きねぎ、三つ葉、セリ、柚子皮などです。鴨のローストがいい食感です。柚子皮の香りがちょっと控えめです。
新しい味を楽しくいただきました。850円とちょっとお高いような気も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.02

中華食堂 リン

リン 五目タンメン

村上市の「中華食堂 リン」です。
村上駅前近くにあります。駅を背にしてすぐ左側に曲がった先の右側です。
四川飯店で修行を重ねた店主が、村上の地で独立、開店させたお店にです。
村上市内での昼食になり、久々にリンで食べようかと思いお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に小上がりがあります。ラーメン屋さんか定食屋さんの雰囲気、小さめのお店です。正午過ぎに着きました。地元に馴染んでいるようで7割~8割のお客さんの入りです。
メニューは、五目、蝦仁、野菜、担々麺、麻婆、豚肉、デザートに分類され、飯類も混じっています。五目は、しょう油味あんかけで、五目タンメン、五目飯、五目やきそば、五目あげそばがあります。蝦仁は塩味あんかけで、エビタンメン、エビ飯、エビやきそば、エビあげそばがあります。野菜は、野菜タンメン(塩味)、味)、ゴマ野菜タンメン(しょう油味)があります。担々麺は辛さも調節できて、担々麺、味噌担々麺、野菜味噌担々麺、麻婆担々麺、本格麻婆担々麺があります。麻婆麺は、麻婆麺、麻婆飯、本格麻婆麺、本格麻婆飯があります。豚肉は、豚肉タンメン、豚肉飯、豚肉やきそば、豚肉あげそば、本格豚肉タンメン、本格豚肉飯、本格豚肉やきそば、本格豚肉あげそばがあります。デザートは、杏仁豆腐、タピオカ入りココナッツミルクがあります。どれにも区分されていないもので、中華そば、チャーハン、ライス、半ライス、餃子、焼売、春巻などもあります。1番人気の五目タンメンにしました。
中華料理は手際が良いです。不思議なぐらい早めに出来上がってきました。
中華らしい白い器は少し小さめに感じます。醤油色の餡が美味しそうです。
麺は、細く強い縮れ、中華では珍しくツルツル感とプリプリ感があります。
スープは、醤油味がしっかりで油のないあっさり、角がなくまろやかです。
トッピングは、白菜、チンゲン菜、筍、人参、きくらげ、豚肉、イカ、海老などのあんかけです。スープ同様、醤油味の角のないまろやかな味付けです。
麺、スープ、あんかけ、いずれも好みのもので、最後まで美味しく、楽しくいただけました。五目タンメン760円、今ではちょっとお得な印象です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.06

食堂 かねさや

かねさや

阿賀野市(旧安田町)の「食堂 かねさや」です。
国道49号線の旧道からさらに北側の通り沿い、安田支所手前にあります。
Teny新潟一番・ラーメンの旅で紹介され、食べてみたいと思っていました。
午後12時20分過ぎに着きました。お店前3台の駐車場はすでに満車です。暖簾が下がってませんが、出てくるお客さんがいて、聞くと営業中とのこと、さらに時間がかかるとのことです。そのお客さんと入れ替えに駐車します。
お店は、右側に厨房、その手前に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。白い壁と白木のテーブルなどで明るく綺麗なお店です。午後12時20分頃に着きました。6~7割程のお客さんの入りと賑わっています。

かねさや メニュー

メニューは、ラーメン、チャーシュー、九州ラーメン、もらしラーメン、タンメン、坦々めん、あんかけラーメン、みそラーメン、みそチャーシュー、チャンポン、焼きそば、塩焼きそば、冷やし中華、冷やし中華特盛り、ご飯物も各種定食や丼物やカレー類、単品料理など豊富です。冷やし中華にしました。
やっぱり時間がかかるとのこと、セルフサービスの水を用意して待ちます。
厨房では次々と料理が出来上がってきますが、たまにお店に運ばれてきます。時々電話がきて、出前注文を受けています。出前も時間がかかるようです。
時間もあるので諦めながら待ちます。忘れかけた頃出来上がってきました。

かねさや 冷やし中華

青い模様の白い、涼しそうな器に盛られてきました。優しそうなつゆです。
麺は、やや細の縮れ、普通そうで軟らかです。過去トップの軟らかさです。
つゆは、見た感じの通りしょっぱさ・酸味ともに控えめ、優しいつゆです。
トッピングは、チャーシュー、錦糸玉子、胡瓜、トマト、紅生姜などです。
辛味は、練り辛子ではなく山葵、やっぱりお蕎麦のようには決まりません。
酸味を控えた好みの冷し中華かなと期待しましたが、ちょっと違ってました。
一般的なものより優しい冷やし中華です。730円といい線かと思います。

かねさや ラーメン

相方の食べたラーメンです。580円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.14

お食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
羽越線岩船町駅近く、風情のあるJA倉庫が目印、その向かいにあります。
村上市でのお昼になりました。好きなに定食をたべようとお邪魔しました。
今年は、もしかしたら冷し中華があるかも知れない、との下心もあります。
午後12時10分に着きました。お昼時、珍しく駐車場に空きがあります。
いつもの風除室の列びもありません。この時間ではかなり珍しいことです。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質を基調とした落ち着いた雰囲気で、とても綺麗な中規模のお店です。お店の中も半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、ラーメン、チャーシュー麺、味噌ラーメン、五目ラーメン、野菜タンメン、担々麺、五目焼きそば、ラーメン定食、中華丼、チャーハン、ライス、半ラーメン、半チャーハンなどがあります。組み合わせても楽しめます。メニューや壁に冷しの文字はないか!いつものラーメン定食にしました。
いつもはそこそこ早めに出来上がってくるのですが、直前に入ったお客さんが何組かいるようで、普通の待ち時間かなって感じで出来上がってきました。
ラーメンの他にご飯と小皿が3品付きます。豪華な昼食が嬉しくなります。
麺は、細めの縮れで、食べていると平打ちっぽく感じます。ツルツルした食感と適度なモチモチ感、普通のようで懐かしく、食べて嬉しくなってきます。
スープは、中華風の透き通った淡い醤油色で、煮干しの強めの香りがします。あっさりしていながら深みのある旨味と優しい自然な甘さがいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草がのります。あっさりラーメンに似合うトッピングです。チャーシューは軟らかめです。
定食は、ご飯とおかずとお新香になります。おかずは、海老フライ、イカの刺身、アスパラの豚肉巻きです。少量ずつですが3種類です。レタス、キャベツの千切り、胡瓜の薄切りなどそのメニューにあった野菜が添えられています。お新香は、白菜と大根の浅漬け、沢庵、大根の柴漬け、しっかり3種類です。いつもながら定食+ラーメンのような充実した内容には関心させられます。
懐かしく出来の良い麺、銘品とも言えそうなスープ、おとなしめなトッピングで、バランスの良いラーメンに仕上がっています。ラーメンは582円と結構お手頃ですが、ラーメン定食は810円とお手頃さがさらに充実します。
今年こそ冷し中華が食べられるかも?と淡い期待をしましたが、叶いませんでした。でも、なんか温かいもののみ!と信念を貫いているのも嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧