カテゴリー「6:県央」の153件の記事

2019.04.26

麺屋 ばやし 燕三条店

Photo_782

燕市の「麺屋 ばやし 燕三条店」です。
燕三条駅・三条燕IC周辺エリア、地場産センターの燕寄り並びにあります。
しゃがらプロデュースの系列店です。小千谷の1号店に次ぐ2号店になるのですが、その後に小千谷の1号店が閉店してしまい1店だけになっています。
燕三条地区のお昼、食べたことのないばやしで食べようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。新しめのちょっと落ち着いた雰囲気のお店です。午後12時30分過ぎに着きました。5人の待ち、名前を書いて待ちます。
入ってに食券販売機があります。待ちの間に食券を購入しちゃいましょう。
メニューは、しゃがらより少し種類が多めで、つけ麺(冷・熱)、まぜそば、味噌らーめん、野菜味噌らーめん、煮干香味噌らーめん、味噌ちゃーしゅーめん、花びら味噌ちゃーしゅーめん、醤油らーめん、野菜醤油らーめん、ちゃーしゅーめん、花びらちゃーしゅーめんなどがあります。しゃがらと同様に麺の大盛10円増し、特盛20円増しに加え、莫盛30円増しがあります。麺の量は、普通=180g、大盛=270g、特盛=360g、莫盛=450gです。つけ麺は半玉多く、普通=270g、大盛=360g、特盛=450g、莫盛=540gです。昔は優しかったが、最近は容赦ないお店も…、花びら味噌ちゃーしゅーめん(大盛)にしました。
味噌ちゃーしゅーめんと花びら味噌ちゃーしゅーめんは煮干香味噌らーめんがベースの野菜がのらないものとのこと、煮干しだしの味噌味…楽しみです。
それほど待たず左寄りのカウンター席に案内されました。スタッフが食券を確認します。しばらく待ちかと思いましたが、普通に出来上がってきました。

Photo_783

器の縁にチャーシューが花びらのように盛り付けられているため黒く渋い器が見えてません。周囲に見えるスープは、味噌味がいかにも濃そうな色です。
麺は、太めの丸っぽい縮れで、少し硬い仕上がりはしゃがら系らしいです。
スープは、味噌味が濃厚でしょっぱめな味付け、油も多い今風のものです。
トッピングは、花びら盛りのチャーシュー、メンマ、もやし、青ねぎです。
しゃがらを引き継いだちょっと苦手な麺ですが、濃厚な味噌味のスープ、豪華な雰囲気の花びらチャーシューが印象的なラーメンでした。花びら味噌ちゃーしゅーめん1030円+大盛10円=1040円と豪華お昼になりました。

| | コメント (0)

2019.03.25

王風珍

王風珍 玉ねぎらーめん

燕市(旧吉田町)の「王風珍」です。
国道116号線沿いにあります。旧分水町方面に向かうと右側にあります。
ラーメン・ぎょうざと書かれた看板はありますが、建物が大きくて中華料理店かと思っていました。ちょっと前になりますが、テレビに取り上げられたのを見て、普通にラーメン屋さんなのを知ってお邪魔したいと思っていました。
午前11時20分頃ですが、もう駐車場には何台かの車が止まっています。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。大きな建物ですがゆったりとしていて、そんなに新しくもありませんが綺麗です。お客さんがぽつりぽつりと入っています。
メニューは、ピリ辛ねぎの王風めん赤、シャキシャキねぎの王風めん白、不動の背油醤油らーめん、全部入った得盛りらーめんがお薦めなのか目立ちます。他にも背油醤油は、玉ねぎらーめん、もやしらーめん、ちゃーしゅーめんがあります。味噌は、味噌らーめん、ねぎ味噌らーめん、味噌ちゃーしゅーがあります。塩は、塩らーめん、タンメンがあります。トッピングやサイドメニューも充実しています。お店の中心的な辺りから玉ねぎらーめんにしました。
時間が早くお客さんが少ないこともあって?早めに出来上がってきました。
赤い線の入った白い器の表面をなかなかいい雰囲気で背脂が覆っています。
麺は、平打ちの太麺の縮れ。モチモチ感の強い背油ラーメンらしい麺です。
スープは、濃い醤油色で煮干しだしが効いた醤油味がしっかりしたものですがあっさりしています。背脂も多そうに見えて癖がなく、好みのスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、ねぎ、たっぷりの玉ねぎです。玉ねぎの食感と爽やかさで背脂が浮いてるスープも進みます。
しっかり燕地区らしい背脂ラーメンをいただきました。背脂にはやっぱり玉ねぎが合います。たっぷりの玉ねぎが入って730円、ちょっとお手頃です。

| | コメント (0)

2018.12.25

侍ラーメン

侍 トロラーメン

三条市の「侍ラーメン」です。
国道8号線沿い、道路情報でよく混雑する須頃地区の新潟寄りにあります。
三条燕系背脂ラーメンの老舗の味と新味を楽しめるお気に入りのお店です。
局や番組名までは覚えていませんが、長いもをトッピングしたラーメンがテレビ番組で紹介されてました。どんなものか食べてみたくてお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側手前に大きな相席用テーブル席の部屋、左側に小上がりがあります。レトロな感じです。飾り棚や柱の上に仮面ライダーやウルトラマンを始めとする懐かしいフィギアやキャラクターグッズなどが所狭しと飾られてます。正午過ぎに着きましたが数組のお客さんだけ、こんなに空いたお昼は初めて、カウンター席の座りました。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、メンマラーメン、チャーシューメンマラーメン、ネギラーメン、浜茶屋ラーメン(細麺あっさりスープ)、にんにく醤油ラーメン、油そば ノーマル味(スープ付)、油そば バターしょうゆ味(スープ付き)、玉ねぎラーメン、たまごタンタンメン、トロラーメン、ちびっこラーメン、ちびっこラーメン大人味(背あぶら入り)があります。背あぶらの量の注文は、なし、少なめ、ふつう、白、ダブル白、トリプル白とご指定できます。トッピングも豊富に用意されています。テレビ番組で紹介されていたトロラーメンにしました。背あぶらの量は最近標準的な少なめです。
メニューのトロラーメンの欄の横に、味つけ長いもの千切りが乗っています。背あぶらのラーメンに良く合います。との説明書きも添えられていました。
お客さんが少なめなこともあるのでしょう。早めに出来上がってきました。
ちょっとカラフルな模様の器に2種メンマのせラーメンといった感じです。
麺は、やや太のゆるい縮れ。モチモチ感触でちょっと硬めに仕上がりです。
スープは、醤油味のしっかりしたもので、色も醤油らしい濃い色をしてます。魚介系の風味も控えめで、背脂がまろやかなバランスの取れたスープです。
トッピングは、歯応えの良いチャーシュー、短めのメンマ、ねぎなどですが、そこに山いもの千切りがのります。太めのメンマほどの太さで噛むと山いも独特のとろみがいい感じです。味付けとありますが良くわかりませんでした。
山いもは、好きなんでとても良かったのですが、ラーメンに合うかどうかがもうひとつ判りませんでした。背あぶらのラーメンに合うってことらしいので、背あぶらを少なめにしたのが良くなかったのかも知れません。でも、なかなか楽しめました。普通のラーメンが620円で、トロラーメンが770円、それに税が加わって830円を越えます。ちょっとお高いような感じもします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.19

バス長ラーメン

バス長ラーメン

バス長ラーメン 入口

三条市の「バス長ラーメン」です。
東本成寺です。県央工業高校南側の道のもう1本南側の道沿いにあります。
昨年、旧栄町から移転しましたが、1年以内になんとかお邪魔できました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側にそこそこ広めの小上がりがあります。白い壁とローズウッドの木質でちょっと高級感があります。でも、なんだか居心地が良いです。席数もかなりありそうです。午後12時20分頃に着きました。6割~7割のお客さんの入りです。

バス長ラーメン カウンター

カウンター席に案内されました。水やおしぼりはセルフサービスですが、カウンター席に座って手が届く位置にあります。おしぼりまでは、珍しいです。
メニューは、背脂らーめん、背脂ちゃーしゅーめん、鶏がら塩らーめん、鶏がら塩ちゃーしゅーめん、味噌らーめん、味噌ちゃーしゅーめん、辛味噌らーめん、辛味噌ちゃーしゅーめん、つけめん(しょうゆ・しお)、とろかれーらーめん、かれーらいす、限定生姜醤油ラーメン、平日の夜限定のやさいしょうゆとやさいしお、夏期の冷し中華と冷し中華マヨかけがあります。トッピングの追加やサイドメニューも充実しています。背脂は、大油、中油、少なめ、脂抜きから選べます。お好みで玉ねぎと長ねぎから選べます。なかなか通えない場所にあるお店です。基本的な背脂らーめん(玉ねぎ・中油)にしました。
国道8号線沿いに置かれたバスの車両を使ったお店から始め、栄町役場近くの和食店らしきの建物に移転、そして三条のラーメン店らしい建物に移転です。ただ、ごくたまに食べているだけですが、友達のことのように嬉しいです。
お客さんの入れ替わりも多いですが、普通の待ちで出来上がってきました。

バス長ラーメン 背脂らーめん(玉ねぎ・中油)

白い器の中央に、雪山のように鎮座する背脂と玉ねぎの白い山が見事です。
麺は、角のしっかりした太めの縮れ、ツルツル感とモチモチ感が強めです。
スープは、動物系っぽい旨味と煮干しダシの風味が利いていて、そこに程好い醤油味と中油の脂が加わりバランス良く仕上がってます。球状の背脂だと思っていましたが、今日のはチャッチャ系です。勘違いかも知れないですが…。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、海苔、玉ねぎなどになります。玉ねぎを増量しようと思いましたが、増量しなくても良い量がありました。
麺は好みより元気で、スープのバランスが良く、玉ねぎのトッピングが背脂のこってり感をしっかり和らげてくれます。前回移転後に500円で食べましたが、今回は700円です。割安感が無くなってしまったような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.26

喜多方ラーメン坂内 小法師 吉田店

小法師吉田店 焼豚ラーメン

燕市(旧吉田町)の「喜多方ラーメン坂内 小法師 吉田店」です。
国道116号線沿いにあります。跨線橋の東詰、吉田東町交差点の角です。
喜多方ラーメンの坂内食堂が全国に展開しているチェーン店で、新潟県内はここ1店だけです。喜多方ラーメンは、麺が好きじゃないことが多くあまり食べませんが、昨日食べた大安食堂と坂内食堂はさほど気にせずに食べれます。
北陸自動車での移動は、通行止が多く、なかなか予定通りにはいかないです。一般道での移動に切り替えましたが、どちらも吹雪で視界が悪く大変です。
お昼時間を大きく過ぎてしまいましたが、ようやくの昼ご飯になりました。
お店は、ラーメン屋さんとしては普通の広さでカウンター席、テーブル席、小上がりがあります。小さなファミレスのような雰囲気です。午後2時前に着きました。お客さんはちらほらといるだけですが、その後もポツリポツリとやってきます。同じように雪の影響で、お昼時間が遅らさせられたみたいです。
メニューは、写真入りで判り易くなっています。喜多方ラーメン、喜多方わんたんラーメン、ねぎラーメン、味玉ラーメン、焼豚ラーメン、ねぎ焼豚ラーメン、味噌ねぎラーメン、しょうが風味のあったか味噌ラーメン、塩ラーメン、和風冷やしラーメンがあります。トッピングも充実しています。味付玉子、ワンタン(6個)、焼豚(3枚)、玉ねぎ、ねぎ、もやし、メンマ、ピリ辛ねぎなどがあります。ほかほかご飯と題したサイドメニューもあります。炙り焼豚ご飯、ミニ炙り焼豚ご飯、ミニ高菜焼豚ご飯、ライス、半ライス、大ライスなどがあります。平日ランチタイムは、半ライスが無料です。炙り焼豚ご飯セット、喜多方ラーメンとミニ高菜焼豚ご飯などのセットメニューもあります。期間限定の1枚ものメニューもあります。ガツンと辛い!野菜がうまい!!と説明された青唐うま塩ラーメンです。以前食べた時に美味しいと思った焼豚をたっぷり食べたいと思っていましたが偶然です。焼豚ラーメン祭をやっています。1月25日(木)~26日(金)の2日間限定で、通常940円の焼豚ラーメンが790円に割り引きされます。もちろん、焼豚ラーメンにしました。
いつも早めに出来上ってくるお店で、今日も早めに出来上がってきました。
白い器にたっぷり過ぎる焼豚が重なり、醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、やや太の強い縮れ、硬過ぎず、ツルツルシコシコ感触が楽しめます。
スープは、醤油味の中華そば風、塩味でキリリと締まり、甘さ控えめです。
トッピングは、たっぷりの焼豚、メンマ、蒲鉾、ねぎととてもシンプルです。焼豚は、塩味の味付けで適度な歯応えですが、脂身が多く、後半飽きます。
半ライスもいただきました。お新香も付いてます。無料はありがたいです。
食感が楽しい麺ときりりとした醤油味のスープ、たっぷりの焼豚は脂身が多めで、ちょっと量も多過ぎました。焼豚の量からすれば通常940円もちょっとお高いような、まあまあ納得ですが、790円は断然お得かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.10

大衆食堂 正広

正広 サービスランチ

三条市の「大衆食堂 正広」です。
石上大橋の東詰、橋を渡って3つめの信号を左折した先、左側にあります。
カレーラーメンを食べたことがない同僚と三条市での昼食です。どうせならメディアでの露出の多いお店の方がいいだろうと思い正広にお邪魔しました。
お店の外見は最近のラーメン屋さんって感じですが、店内は天井が高くロッジのような、席の感じはファミレスのような雰囲気です。奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、中央にテーブル席が2列、その手前に小上がり、右側には小上がりにも使えそうな座敷があります。午後12時50分過ぎに着きました。右側の座敷は判りませんが、3割~4割ぐらいのお客さんの入りです。
会計をしているお客さんが列んでいて、すぐに席へと案内できないようです。『お好きな席へどうぞ!』ってことなので、真ん中のテーブル席にしました。テーブルにあるリモコンでスタッフを呼び、注文するようになっています。
メニューは、定食やラーメン、ラーメンセットなど豊富です。ラーメン類だけでも、ラーメン、ラーメン(煮玉子入り)、メンマラーメン、チャーシューメン、みそラーメン、みそチャーシュー、ねぎみそラーメン、ねみぎみそチャーシュー、野菜ラーメン(塩味)、野菜ラーメン(しょうゆ味)、野菜ラーメンハーフ(塩味・しょうゆ味)、塩野菜バターラーメン、塩野菜チャーシューメン、五目ラーメン(塩味)、コーンラーメン、カレーラーメン、もやしラーメン、もやしあんかけラーメン、ミニラーメン、ミニカレーラーメンなどがあります。サイドメニューも豊富で、さらに組み合わせたセットが10種類もあります。それらのすべてはランチで提供されています。○○セットが○○ランチとなります。ランチは、セットよりも210円~100円もお得になっています。カレーラーメンランチだけは同じ値段です。一番食べたい人気メニューだけに残念です。よくメニューを見ると、カレーラーメンが800円、小ライスが180円なので、セットやランチでも単品を組み合わせても同じ値段です。お得なものを食べようかとメニューをよく見ると。サービスランチが600円です。サービスセットは780円なので180円もお得です。サービスランチの内容は入口脇に掲示していて、ラーメン+ミニカレーライスの組み合わせです。単品だとラーメンが600円なので、ミニカレーライス480円がサービスされることになります。これは断然お得、サービスランチにしました。
お客さんが少ないこともあってか、まあまあ早めに出来上がってきました。
ラーメンとカレーライスがお盆にのってきました。『こりゃお得だわ!!』

正広 ラーメン

青い植物っぽい模様の入った器に、醤油のあっさりしてそうなスープです。
麺は、やや細の弱い縮れで、最初軟らかそうで、結構モチモチしています。
スープは、醤油色の見た目通り、癖のない醤油味のあっさりしたものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎなど結構シンプルです。
醤油ラーメンと中華そばの中間のような普通の食堂の普通のラーメンでした。
今なら600円でこれだけしっかりしてれば、いいんじゃないでしょうか。
ミニカレーライスは、香辛料の香ばしい、辛味の控えた美味しいカレーです。少量です。もしかして単品のミニカレーライス(480円)より少ないかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.07

中華そば 龍華亭

龍華亭 月見中華

三条市の「中華そば 龍華亭」です。
燕三条駅・三条燕IC周辺エリア、地場産センター駐車場の近くにあります。
背脂ラーメンの元祖、三条の「福来亭」が名前を変えて移転したお店です。
燕三条駅付近での昼食、いろんなお店で食べてみたいですが、なかなか来れません。どうしても好きなお店に片寄ります。その中から龍華亭にしました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらの手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。清潔感と落ち着きのある和食のお店のようです。午前11時30分頃に着きました。1人+1人+2人のお客さんがいます。
メニューは、中華そば(大油・中油)、たまねぎ中華、タンメン、ミソラーメン、醤油タンメン、焼きそば、メンマ焼きそば、チャーシューメン、メンマ中華、チャーシューメンマ、月見中華、岩のり中華そば、醤油五目中華、ミソ五目中華、五目中華、エビ醤油タンメン、エビミソラーメン、エビ塩タンメン、エビ醤油五目中華、エビ塩五目中華、エビミソ五目中華、コーンラーメン、超大盛り中華とた~くさんあります。チャーハン、エビチャーハン、ライス、餃子などもあります。いつもはほとんどたまねぎ中華ですが、今日は違うものを食べようと思います。まあ似たようなものですが、月見中華にしました。
麺のゆで時間がかかるのでしょう、ちょっと待って出来上がってきました。
緑の龍と雷文の模様の入った器に醤油色のスープ、生卵が妙な雰囲気です。
麺は、平打ち太い縮れで、とても食感が良く、食べるのが楽しくなります。
スープは、少量の背脂が浮いてます。その下には醤油色のスープ。これもまたその色に反して煮干しダシの優しいスープです。生卵でさらに優しい味に!
トッピングは、チャーシュー、メンマ、玉ねぎ、生卵などとシンプルです。
好みで楽しい平打ち麺と生卵で醤油を優しく感じるスープ、玉ねぎなどのトッピング、充実の中華そばです。750円といい線いっていると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.04

らあめん 福丸

福丸

三条市の「らあめん 福丸」です。
国道8号線須頃3北交差点近く、信濃川方向に入った先、すぐにあります。
三条地区での昼食です。美味しいメンマが食べたくて「らあめん 福丸」にお邪魔しました。「らあめん 福楽」の時に何度か食べていますが「らあめん 福丸」は初めてです。福楽店主の味をお弟子さんが引き継いでいるとのことで初めてお邪魔ですが、初めてって感じがしません。楽しみにいただきます。
お店は、右奥に厨房、手前と中央寄りにちょっと高さのある厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。少し古くからのラーメン屋さんの雰囲気です。何も変わっていないと思います。正午過ぎに着きました。8~9割ぐらいのお客さんの入りでしょうか。カウンター席が空いていて座れました。
メニューは、らあめん、メンマらあめん、わかめらあめん、岩のりらあめん、チャーシューめんがあります。大盛りは150円増しです。三条燕地区でもあり背脂入りも同じ値段で対応してもらえます。メンマらあめんにしました。
福楽はメンマが美味しいお店、お土産もできましたが、お土産は麺類を食べた方が1個だけでした。福丸にはそのやり方がそのまま引き継がれています。
らあめんを待ってる間に帰るお客さんがいて、来るお客さんもいて、賑わった状態が続きます。メンマらあめんを注文するお客さんが相変わらず多いのですが、岩のりらあめんやチャーシューめんも人気のようで注文が入ってます。
前のお客さんのらあめんが出来上がり、次、早めに出来上がってきました。

福丸 メンマらあめん

赤い波の模様の器に、醤油色スープ、太いメンマが美味しそうです。ほうれん草とわかめの緑も鮮やかならあめんです。目でも味わえるらあめんです。
麺は、普通かやや細の縮れです。普通っぽい麺ですが、ツルツルした食感と程良いモチモチ感とコシ、歯切れも楽しくバランスの取れた食べ易い麺です。
スープは、醤油色の濃い見た目に反し、まろやかであっさりしています。煮干しの香り、濃い煮干しダシや醤油の旨味を楽しむ仕上がりになっています。
トッピングは、醤油味が染み込んだ軟らかめのチャーシャー、太く軟らかいけどシャキシャキするメンマ、わかめとほうれん草が緑の色を添えています。
事前のネット情報では、福楽よりも魚介が強く、メンマが濃い味にという情報でした。実際に食べてみたら、確かに煮干しの風味と味が濃くなっています。メンマの味は、そんなに濃くなった感じはありません。逆に薄くなったような気がします。また、一層軟らかくなったような気もします。以前は軟らかでもシャキシャキした感じがありましたが、今回はそれ以上に軟らかでした。らあめんが650円で、メンマらあめんが800円、結構いい線かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.25

手仕事らぁめん 八 吉田店

八吉田店 煮干しそば

燕市(旧吉田町)の「手仕事らぁめん 八 吉田店」です。
国道116号線沿い、お店の多い若生町~富永の両交差点中間にあります。
旭川ラーメン「らーめん ののや」の姉妹店。新潟駅南、新潟駅前にも…。
予定したお店の定休日が続いて、なんとか見つけた営業しているお店です。
お店は、奥に厨房、その右側に厨房向きのカウンター席、さらに右側に小上がり、手前と左側にテーブル席があります。木造の山小屋のような、そんな居酒屋でも良さそうな雰囲気です。午後12時30分過ぎに着きました。6割~7割のお客さんの入りです。入口を入ったすぐ左側に食券販売機があります。
メニューは、煮干し中華とつけめんで、濃厚と特製の組み合わせがあります。メニューはシンプルですが、トッピングが豊富です。チャーシュー、メンマ、肉ワンタン、味玉、生卵、ゆずと三ツ葉などが楽しめるようになっています。つけめんと特製つけめんの麺の量は、並200g、中260g、大320g、特400gです。濃厚つけめんと特製濃厚つけめんは、並240g、中320g、大400g、特480gです。並盛/中盛は同じ値段ですが、大盛/特盛は50円増し/100円増しです。他にも、サイドメニューや麺類とのセットメニューなども用意されています。平日ランチタイムの小ご飯、8の付く日の麺大盛無料のサービスもあります。いつでも食べれるそれらのものとは別に、時間限定の朝らーめんがあります。濃厚もかなり気にはなっていますが、一番人気の煮干しそばにしました。
平日と土曜日のランチタイムは小ごはんがサービスです。お願いしました。
八は早めの印象しかなく、期待通りそこそこ早めに出来上がってきました。
大きく大胆な模様の白い器に、なかなか美味しそうな醤油色のスープです。
麺は、やや細の緩めな縮れ、結構モチモチ竿が強く、硬めのゆで加減です。
スープは、煮干し出汁がしっかり、醤油味もしっかりで、適度な甘さもあり、まろやかないい感じにバランスが取れています。メチャクチャに熱々です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、ねぎなどです。
やや硬めで細めの食べ易い麺に煮干し味の醤油がまろやかな中華そばでした。700円とちょっとお高いのですが、小ごはんサービスでいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.04

中華SOBA鬼にぼ

鬼にぼ

燕市の「中華SOBA鬼にぼ」です。
国道289号線沿い、三条燕ICから弥彦へのクランクっぽいところにあります。
辺りのお店が殆ど定休日、ようやく食べようかと思えるお店に着きました。
お店は、右側に厨房、奥に配膳スペース向き・手前に窓向きのカウンター席、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。洋食や喫茶が似合いそうなお店です。午後12時30分過ぎに着きました。8割程のお客さんの入りです。入口を入ってすぐの風除室に食券販売機があり、周囲には説明もあります。
メニューは、食券販売機のボタンの順番に、鬼こってりチャーシューつけ麺、鬼こってりつけ麺、中華そばチャーシュー、中華そば、岩海苔中華そば、野菜中華そば、本格濃厚マーボ麺、本格濃厚坦々麺、鬼にぼチャーシューメン、鬼にぼラーメン、鬼にぼらーめん極みチャーシュー、鬼にぼラーメン極み、鬼じろう鬼盛り(肉&野菜増し)、鬼じろうチャーシュー、鬼じろう野菜、鬼じろう、期間限定らしい冷やし担々麺などがあります。追加トッピングやサイドメニューも豊富です。中華そばや鬼にぼラーメン、鬼にぼラーメン極みと煮干しが強くなっていそうです。中間あたりから、鬼にぼラーメンにしました。
結構賑わってはいましたが、ごく普通の待ち時間で出来上がってきました。

鬼にぼ 鬼にぼラーメン

白い器に味噌ラーメンかと思わせる濃い色のスープがなんとも印象的です。
麺は、細麺のストレート。乾麺のラーメンで食べた麺にかなり似ています。
スープは、期待通りの煮干し味の濃いもので、魚の臭みも全然ありません。
トッピングは、チャーシュー厚3枚、味玉半個、青梗菜、玉ねぎなどです。
大量の煮干しからダシを取り、ダシは濃厚だけどサラサラ透き通ったものを期待しました。正反対のものでした。ただ、こってり感がなくて救われました。煮干しラーメンかも知れませんが、魚粉ラーメンのような印象が残りました。中華そばが680円、煮干し度80%の鬼にぼラーメンは780円、880円の鬼にぼラーメン極みは煮干し度120%です。ちょっと興味があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧