カテゴリー「7:長岡」の164件の記事

2019.03.15

大積パーキングエリア(上り線)

大積パーキングエリア(上り線) あかごま担担麺とミニタレカツ丼のセット

長岡市の「大積パーキングエリア(上り線)」です。
北陸自動車道長岡ジャンクションから上越方面へ、最初のパーキングで、その軽食コーナーになります。新潟県内の高速道路上では、お手頃なお店です。
年度末の忙しさ、昼食の時間が上手く取れず、移動中の昼食になりました。
どこにでもある高速道路のパーキングエリアらしい、カウンター席とテーブル席のスペースがあります。その入り口近くには2台の食券販売機あります。
メニューは、写真入りのパネルがあって、解り易くなっています。高速道路のパーキングエリアらしいものが殆どで、そば、うどん、ラーメン、ご飯物、スナック、単品などがあります。ラーメンを食べる程度の時間はあります。ラーメンは、醤油ラーメン、長岡ラーメン、こってりラーメン、あかごま担担麺があります。前に食べたヤスモッカ特製ラーメンがなくなっています。醤油ラーメン、長岡ラーメン、こってりラーメンには、ミニチャーハンとのセットがあります。あかごま担担麺には、ミニタレカツ丼とのセットがあります。いずれも250円増しと以前のような不可解な価格設定はありません。改装してからヤスモッカ特製ラーメン、長岡ラーメンを食べました。ちょっとお腹も空いているので奮発してあかごま担担麺とミニタレカツ丼のセットにしました。
いつもは早めに出来上がるのですが、タイミングが悪く待ちのお客さんがかなりいます。順調にこなしていますが、結構遅めの出来上がりになりました。
黒に渋い赤の模様入りの器に赤よりカレーっぽい色のスープの担々麺です。
麺は、普通の太さの縮れ。かなりモチモチ感で楽しめる余裕がありません。
スープは、胡麻の風味とまろわかさに加え、しっかりした痺れがあります。
トッピングは、挽肉と搾菜の芝麻醤炒め、青梗菜、青ねぎとシンプルです。
あかごまがどんなものか特徴的なことは判りませんが、まあまあ普通な担々麺でした。あかごまの価値が判りませんが単品で800円はお高く感じます。
ミニタレカツ丼は、しっかり重みのある趣のある器に盛られています。ご飯が少なめ、タレカツも小さめのものが1枚、物足りなく感じるボリュームです。ご飯に対しタレカツが足りない事を理解しているようで、かなりしょっぱめのタレになっています。これで250円は、セットからくるお得感が…。セットで1050円。閉鎖された高速道路上はやりたい放題と感じるお昼でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.06

船場食堂

船場食堂 サッポロ

長岡市の「船場食堂」です。
旧長岡市役所の近く、旧長岡消防署の並び、長岡工業高校の前にあります。
長岡での昼食、久々に船場食堂のサッポロを食べようかとお邪魔しました。
正午過ぎに到着…、お店の隣に駐車場がありますが、満車に近い状態です。
お店は、左側に厨房、中央にテーブル席、右側に小上がりがあります。そこそこ席数のあるちょっと歴史を感じる庶民的な雰囲気のお店です。こちらも満席に近い賑わいで、小上がりに案内され、その後、すぐに満席になりました。
メニューは、1枚もので表と裏があります。中華、洋食・丼物、冷製・中華、うどん・そば、定食、一品料理に別れていて、それぞれ多くのメニューが揃っています。中華は、中華そば、和風ラーメン、コロッケ中華、タンメン、サッポロ、チャンポン、カレー中華、焼きそば、ワンタン麺、ワンタン、カツラーメン、チキン中華、味噌チャーシュー、辛いラーメン、たぬき中華、もやし中華、チャーシュー麺などがあります。冷製・中華は、冷やしたぬき中華、冷やしラーメン、ざる中華、夏季 冷やし中華、夏季 味噌冷やし、夏季 坦々冷やしなどがあります。冷製・中華の夏季が付かないものいつでも食べられるのでしょうか。冷やしラーメンもちょっと興味がありますが、前に食べて美味しかった味噌ラーメンを食べよう思ってきました。そのものズバリの名前はありませんが…、思い出しました。“サッポロ”です。サッポロにしました。
列びができるほどの混みで心配しましたが、普通に出来上がってきました。
サッポロの味噌って頭の中に浮かぶそのままの印象のラーメンがきました。
麺は、普通の太さの縮れでちょっと硬めのゆで加減、元気良過ぎの麺です。
スープは、味噌味、しょっぱさ、甘さ、まろやかさ、絶妙なバランスです。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・豚肉などの炒めものになります。
麺はちょっと硬めですが、バランスの良いスープと味噌らしい野菜炒め、なかなかの仕上がりです。チャーシューやメンマなどのトッピングがあればもっとサッポロらしいのですが……。いいけど…、880円チョットお高いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.29

中華 めんきち

めんきち チャーシューメン

長岡市の「中華 めんきち」です。
長岡造形大学近く、住宅地西側の端っこにあります。向かいは田んぼです。
長岡でのお昼、久々に「中華 めんきち」で食べようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、その手前にテーブル席、さらに手前に小上がりがあり、左側の手前に座敷もあります。和定食のお店でも良さそうな落ち着いた雰囲気のお店です。午前11時20分過ぎに着きました。早めのつもりでしたが、6割~7割のお客さんの入りでしょうか。カウンター席はほぼ満席、テーブル席も全卓使用、小上がりは空きの賑わいです。
メニューは、小中華そば、中華そば、チャーシューメン、味噌中華そば、つけめんがあります。他にもめんきち定食(小中華そば+半ライス&漬物+ギョーザ(3ヶ))、野菜炒め定食、チャーハン、ライス&漬物、半ライス&漬物、ギョーザ(3ヶ、5ヶ)などもあります。チャーシューメンにしました。
麺のゆで時間がかかるとのこと、少し長めに待って出来上がってきました。
雷文と青線の中華そばらしい控えな器にチャーシューがいっぱいあります。
麺は、平打ちの太めの縮れ、表面が軟らかめで中がモッチモチしています。
スープは、背脂が表面を覆い、その下に煮干ダシが優しく香るあっさりした醤油味のスープがあります。こってり感とあっさり感、絶妙なバランスです。
トッピングは、薄味でいい歯応えのチャーシューが5枚、メンマとねぎです。ねぎは、青ねぎの部分まで使ってます。輪切りで結構多めにのっています。
太麺の背脂中華ですが、スープがあっさりでバランスの良く、好みの中華そばです。それにチャーシューたっぷりのチャーシューメン、中華そばの150円増しで850円。少しお高いような気もしますが、お気に入りの一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.22

安福亭 千手店

安福亭千手店 排骨麺

長岡市の「安福亭 千手店」です。
長岡駅と旧市役所の中間辺りにあります。前のお店の少し長岡駅寄りです。
ねぎたっぷりのラーメンを食べようと思い久々に安福亭にお邪魔しました。
午後1時過ぎに着きました。遅い時間なんで大丈夫だろうと思ってましたが、お店脇の駐車場は満車です。以前のお店方向に並びの駐車場に停めました。
お店は、混んだ時に待ちのスペースにもなりそうな風除室から左に進みます。奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。広々・まだまだ新しく綺麗な雰囲気が続いてるお店です。遅い時間のつもりでしたが、6割~7割のお客さんの入りと賑わっています。風除室にあった?食券販売機が、お店に入ってすぐの場所に移動してます。
メニューは、老麺(ラーメン)、叉焼麺、排骨麺(パイクウメン)、支那筍麺とその大盛があります。サイドメニューは、もうひとつのお店の顔的ぎょうざなどがあります。以前に提供されていた味噌老麺、味噌叉焼麺、生馬麺(サンマーメン)などはなくなっています。安福亭を楽しむには老麺がベストだと思いますが、ちょっと贅沢をさせてもらい、食べていない排骨麺にしました。
購入した食券をスタッフに渡し、案内されたカウンター席中ほどに座ります。水がセルフサービスでした。厨房寄りの冷水機から用意し、席に戻ります。
さて、きょうもたっぷりのねぎをいただこうかと近くの容器を確認しようとしますが、近くにありません。カウンター席を見回してもありません。テーブル席にも、小上がりにもありません。縦切りと輪切りのねぎがそれぞれステンレスの容器に入れられ、2席に1組ぐらいの間隔で置かれていたのですがありません。他のお客さんを見ても特に困った様子もなく、廃止されたようです。
お客さんが少なめですが、麺のゆで時間か、普通に出来上がってきました。
青いラインの白い器ギリギリ盛られています。背油が優しそうに見えます。
麺は、平打ちやや太の自然なウェーブ、結構噛み応えを楽しめちゃいます。
スープは、背脂が浮いていて、その下には煮干し風味豊かな、醤油の味とだしの旨みを楽しめるものです。前回はかなり薄味でしたが、今回は普通です。
トッピングは、塩味の角煮?のような骨付き豚肉、メンマ、ねぎなどです。
背脂系まあまあ好みのラーメンをいただきました。塩味の肉の脂と背脂でかなりのこってり感です。増量のねぎなしにはきつめでした。ねぎを食べたいときの安福亭でしたが残念です。値上がりしていないのは嬉しかったのですが、逆に値上がりしてもねぎの食べ放題は残して欲しかったような気がします。ねぎ増量不可の1050円。ちょっとお高い感は、どうしても感じちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.11

ラーメン焼肉居酒屋 にくまる

にくまる

長岡市の「ラーメン焼肉居酒屋 にくまる」です。
信越線長岡駅と北長岡駅の東側、商店の多い通り沿いにあります。長岡駅と北長岡駅の中間、「ラーメンしみず」の北、「ステーキさるーん」の隣です。
食べたことのないお店で食べてみようかと「にくまる」にお邪魔しました。
北長岡駅前にある「らーめん みずさわ」の2号店「らーめん みずさわ 吉田店」が燕市(旧吉田町)に展開、燕市の背脂ラーメンで培った腕を活かし、「ラーメン居酒屋 いちまる」を従えて、舞い戻ったとのことのようです。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側奥に小上がりがあり、右側にお座敷がありそうです。ラーメン焼肉居酒屋らしい庶民的な雰囲気のお店です。午後12時20分過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。お店に入ってすぐに食券販売機があります。
メニューは、越後長岡生姜醤油のラーメン、あっさり味噌の味噌ラーメン、豚骨白湯のとんこつラーメンとそれらのチャーシューメン、野菜たっぷりの濃厚野菜味噌ラーメン、豚骨背脂の燕ホワイト、背脂味噌味の燕味噌ラーメンがあり、いずれも大盛りがあります。トッピングもいろいろあり、餃子や炒飯などサイドメニューもあります。越後長岡生姜醤油のラーメンにしました。
お昼の最中もお客さんが少ないこともあり、早めに出来上がってきました。

にくまる ラーメン

パステル色の綺麗な鳳凰が描かれた白い器に、長岡生姜醤油ラーメンらしい濃い醤油色のスープが美味しそうです。具沢山な盛り付けも嬉しくなります。
麺は、普通かやや細ぐらいの縮れ、モチモチ感ツルツル感が良く硬めです。
スープは、醤油の旨みとダシの旨み、生姜の爽やかさがしっかりしてます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、鳴門、ねぎです。長岡生姜醤油ラーメンらしいと言ってもいいのか?荒っぼい盛り付けです。
麺、スープ、トッピングともに長岡生姜醤油ラーメンらしいラーメンでした。それぞれの主張が強いため、ちょっと粗削りなような感じのするものでした。ラーメン普通盛り750円、大盛り100円増し、チャーシューメン150円増しです。ラーメンは青島より50円安いですが、大盛りやチャーシューメンは50円割高です。チャーシューメン(大盛)なら50円増しになってしまいます。長岡生姜醤油ラーメンは、ちょっと高級過ぎるものになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.21

麺縁 ジョウモン

ジョウモン

長岡市の「麺縁 ジョウモン」です。
川西地区、長生橋線の大島本町5交差点から南に入った先の右側にあります。「けんちゃんらーめん」だった跡です。多くの幟があり、すぐに判ります。
たまには食べたことのないお店のラーメンをたべようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、その手前にテーブル席、さらに手前に手前外向きのカウンター席、左側に小上がりがあります。白っぽい印象が残る清潔感のあるお店です。午後12時30分過ぎに着きました。女性客が2組と空いています。お店に入ったすぐ左側に食券販売機があります。
メニューは、豚しお、味玉豚しお、Wのり豚しお、チャーシュー豚しお、辛味豚しお、味玉辛味豚しお、マー油豚しお、味玉マー油豚しお、濃厚豚みそ、味玉濃厚豚みそ、限定で濃厚みそ担々、和風豚しおがあります。限定もかなり気になりますが、まずは基本の線でいただきましょう。豚しおにしました。
待ちのお客さんもいて2順目になりました。普通に出来上がってきました。

ジョウモン 豚しお

真っ白な器に白いスープ、ホワイトアウトしちまったラーメンのようです。
麺は、やや細の自然なウェーブがかったもの、モチモチ感が楽しい麺です。
スープは、豚骨塩のとてもクリーミーなもの、豚っぽい臭みもありません。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし、海苔、青ねぎになります。
圧力寸胴で抽出した豚骨の臭みのない旨味と塩の見事なスープです。塩との相性も良かったのですが、醤油の旨味と組み合わせた豚骨醤油でも食べてみたくなります。730円とちょっぴりお高め、長岡のラーメン物価が高いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.07

青島食堂 駅前店

長岡市の「青島食堂 駅前店」です。
青島食堂創業のお店で、宮内駅前店だと思っていましたが、駅前店でした。
信越本線・上越線宮内駅正面(東)の駅前のロータリーに面してあります。
出張者に長岡生姜醤油ラーメンを食べてもらおうかと青島本店にしました。

青島駅前店 駐車場案内

この前は宮内駅の駅前ロータリーが工事中で、広い道に路駐して食べました。今回、工事は終わってますが、前のように駐車できるスペースはありません。お店に駐車場の案内が貼られていて、お店近くの駐車場に駐車できました。
お店は、間口が広く、奥に厨房、手前と右側に厨房向きカウンター席だけの昔ながらのラーメン専門店といった雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。3割程のお客さん入りです。ちょっと青島のお店としては、発祥の地として寂しい状況です。入口の脇にタッチパネル式の食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピングの追加しかありません。青島のお店はどこのお店も、好きな1種類のスープで勝負しているお店です。価格も共通で大盛りが50円増しが特にありがたいです。お腹が空いています。マイスタンダードのラーメン(大盛)にしました。
今回も女性スタッフ2人での営業、なんとなくですが、長岡のおふくろの味って感じです。慣れた手際の良さがあります。早めに出来上がってきました。

青島駅前店 ラーメン(大)

食べ慣れた青島食堂の味です。黒胡椒を挽きながらちょっと多くかけます。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ、これといった特徴はありませんが、ツルツル感、プリプリ感、モチモチ感、それらのバランスの良さを楽しめる麺です。
スープは、醤油の濃い色の見た目通り、醤油のしっかりした旨みがあります。醤油の旨みにダシの旨みが加わり、生姜と胡椒が味を引き締めてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、ねぎです。チャーシューは、味付け、歯応え、弾力、切り方などお手本かのようです。
とても好きなラーメンですが、ラーメン800円、大盛で50円増し、かなりお高い昼食でした。それでもこの味、また食べたい高級ラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.15

中華 めんきち

めんきち チャーシューメン

長岡市の「中華 めんきち」です。
長岡造形大学近く、住宅地西側の端っこにあります。向かいは田んぼです。
長岡でのお昼、久々に「中華 めんきち」で食べようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、その手前にテーブル席、さらに手前に小上がりがあり、左側の手前に座敷もあります。和定食のお店でも良さそうな落ち着いた雰囲気のお店です。午後12時40分過ぎに着きました。6割~7割程のお客さんの入りです。以前のような混雑はありません。
メニューは、小中華そば、中華そば、チャーシューメン、味噌中華そば、つけめんがあります。他にもめんきち定食(小中華そば+半ライス&漬物+ギョーザ(3ヶ))、野菜炒め定食、チャーハン、ライス&漬物、半ライス&漬物、ギョーザ(3ヶ、5ヶ)などもあります。チャーシューメンにしました。
工業団地も近いためか?作業着姿の人もいて、めんきち定食を食べています。ギョーザ3個と半ライスは良いのですが、中華そばが小さいんじゃ淋しいと思い食べようともしませんでしたが、ギョーザが結構大きくボリューム的には問題なさそうです。ギョーザ好きにはなかなか良さそうなめんきち定食です。
麺のゆで時間がかかるとのこと、少し長めに待って出来上がってきました。
雷文と青線の中華そばらしい控えな器にチャーシューがいっぱいあります。
麺は、平打ちっぽい太い縮れ、表面が軟らかめ、中がモチモチしています。
スープは、溶けかけた背脂と溶けた油が表面を覆い、その下には煮干ダシが優しく香るあっさりした醤油味のスープがあります。表面のこってり感とその下のあっさり感、絶妙なバランスです。こってりが以前よりきつく感じます。
トッピングは、薄味でいい歯応えのチャーシューが5枚、メンマとねぎです。
ねぎは、青ねぎの部分まで使ってます。輪切りで結構多めにのっています。
太麺の背脂中華ですが、スープがあっさりでバランスの良く、好みの中華そばです。それにチャーシューたっぷりのチャーシューメン、中華そばの150円増しで850円。少しお高いような気もしますが、お気に入りの一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.20

長岡拉麺食堂 五平

五平(改)

長岡市の「長岡拉麺食堂 五平」です。
国道404号線沿いにあります。新産センターから越路へ向かう右側です。
オープン当時に食べましたが、いろいろやってそうでまたお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、左側に向い合わせのカウンター席があります。以前と様子が違っています。改装したようですが、もしかしたら記憶違いかも?それほど大きなお店ではありませんが、そこそこの席数があります。窓が広く、明るく綺麗なお店です。午後12時20分過ぎに着きました。5割~6割ほどのお客さんの入りです。オープン当時は風除室にあった食券販売機も、お店に入ったところに変わってます。
メニューは、オープン当時からかなり増えてます。醤油ラーメン、醤油チャーシュー麺、醤油背脂ラーメン、醤油背脂麻婆、醤油つけ麺、醤油お子様ラーメン、味噌ラーメン、味噌チャーシュー、味噌背脂ラーメン、味噌背脂麻婆、味噌つけ麺、辛みそラーメン、辛みそ背脂濃厚つけ麺、しおこってりラーメン、しおあっさりラーメンなどがあります。それぞれに大盛のメニューはなく、大盛りの券があるのではとボタンを探しますがありません。いきなり特盛になります。追加トッピングやサイドメニューもいろいろあります。長岡生姜醤油拉麺のお店、やっぱり生姜には醤油が合います。醤油ラーメンにしました。
スタッフに食券を渡します。左側の向かい合わせカウンター席の奥の方に案内されました。麺の種類の選択を聞かれます。ストレート麺とちぢれ麺から選ぶようになっています。細麺と太麺からの選択は良くありますが、ストレート麺とちぢれ麺から選択は珍しいです。ちぢれ麺にしました。さらに麺のボリュームも聞かれます。並盛150g、中盛180g、大盛230gです。160g、200g、240gが一般的だろうと思っていますが、ちょっと少なめです。大盛をお願いしました。ここまでで注文が完了しました。醤油ラーメン(縮れ大盛)にしました。

五平(改) サラダバー

スタッフから左側カウンター席の手前側に置かれたものをどうぞ!的なことを言われました。ステンレスバットにラップのかかったものを中心にいろいろ並んでいます。なんか仕込み中かと思っていましたが、よ~くみるとサラダバーです。レタス、キャベツの千切り、紫玉ねぎのスライス、マカロニサラダ、ポテトサラダがあり、ドレッシングやオリーブオイルらしき細長い瓶などが10種類以上も並んでます。ご飯物用でしょう。お新香も数種類あります。野菜を少しずつにフレンチドレッシング、ポテトサラダを添えていただきました。
てなことで、サラダを食べ終わる頃にはラーメンが出来上がってきました。

五平(改) 醤油ラーメン(縮れ大盛)

外が赤で内側が白、外に龍で内側に雷文、手書き風の模様が描かれています。その器の中には、醤油色の美味しそうなスープ、生姜がいい香りがします。
麺は、普通太のちぢれ麺で、モチモチ感が強烈で、ちょっと手強い麺です。
スープは、生姜の香りが強い醤油味で鯛ダシの旨味と甘みがまろやかです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、カイワレ、ねぎになります。
3分の1程まで食べたところでブラックペッパーを加えます。生姜とブラックペッパーの相性は抜群です。3分の2程まで食べて鯛節をかけてみます。旨味が一気に広がりますが、鯛の香りに慣れていないためか違和感があります。
醤油ラーメンは720円とちょっとお高いですが、大盛までが無料でサラダ付き、それらを利用して、味の変化を楽しんで、お手頃にも思えてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.29

大積パーキングエリア(上り線)

大積パーキングエリア(上り) 長岡ラーメン

長岡市の「大積パーキングエリア(上り線)」です。この前まで「食事処 おおつつじ」と記載していましたが、店名の看板がなどが撤去されています。
北陸自動車道長岡ジャンクションから上越方面へ、最初のパーキングで、その軽食コーナーになります。新潟県内の高速道路上では、お手頃なお店です。
年度末の忙しさ、昼食の時間が上手く取れず、移動中の昼食になりました。
どこにでもある高速道路のパーキングエリアらしい、カウンター席とテーブル席のスペースがあります。その入り口近くには2台の食券販売機あります。
メニューは、写真入りのパネルがあって、解り易くなっています。かけそばやかけうどんなど高速道路の中ではお手頃なメニューも提供されています。高速道路のパーキングエリアらしいものがほとんどで、そば、うどん、ラーメン、ご飯物、スナックなどがあります。ラーメンを食べる程度の時間はあります。ラーメンは、あかごま担担麺、ヤスモッカ特製ラーメン、長岡ラーメン、こってりラーメンがあります。ヤスモッカ特製ラーメン、長岡ラーメン、こってりラーメンには、ミニチャーハンとのセットもあります。それぞれのラーメンに対して120円増し、230円増し、250円増しと不可解な価格設定です。ヤスモッカは、NEXCO東日本のパーキングエリアの新ブランド名称です。いろんなグッズ等の販売が計画されています。ラーメンの味とは無関係です。前回、お昼の真っ最中にヤスモッカ特製ラーメンを食べたのですが、その時に一番人気があって良く出ていたものを食べます。長岡ラーメンにしました。
お手頃なメニューを提供しているのが知れているのか?高速道路のパーキングエリアにしては賑わっています。いつも通り早めに出来上がってきました。
白い器にチャーシューが目立っています。醤油色のスープがいい感じです。
麺は、細めの弱い縮れ。モチモチ感が強く、硬めのゆでは手強い寸前です。スープは、醤油と生姜がしっかり楽しめるものですが、旨味は控えめです。トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、ねぎなどです。
ぎりぎり好みの麺と醤油と生姜はしっかりしているがもうひとつ旨味に特徴の欲しいスープ、標準的なトッピングがのった長岡生姜醤油的ラーメンでした。ボリューム的にはもうひとつですが、650円という値段ですから高速道路にしてはお手頃です。かき揚げ天玉そばが550円ですから悩む方ところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧