カテゴリー「9:上越」の266件の記事

2018.12.05

塚田そば店

塚田そば店 大盛天玉中か+わかめ

上越市の「塚田そば店」です。
直江津地区関川左岸の道路沿いにあります。新潟労災病院の河口寄りです。
つかそばの愛称で地元に親しまれている立ち喰いそば屋のようなお店です。
越善で食べる機会が多く、久々につかそばを食べようかとお邪魔しました。
午後12時40分頃の到着。30台程の駐車場に数台分の空きがあります。
お店は、右側に厨房、奥に窓向きのカウンター席、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。社員食堂っぽい雰囲気です。入ってすぐ右側に食券販売機があります。購入した食券を厨房前のカウンターに出して作ってもらうようになっています。高速道路PA/SAにある軽食コーナーと同じようなシステムです。満席かのようなお客さんの入りですが、帰るお客さん多くいます。
メニューは、かけ、玉子、天ぷら、天玉、わかめ、山菜、芽かぶなどそば/うどんのようにトッピングと麺を組み合わせるものですが、麺がそば/うどんの他に中かを選べるようになっています。中華ではなく中かと書かれています。わかめと山菜は、追加トッピングで単独で加えられるようにもなっています。大盛りもあります。お腹もかなり空いています。いつもは大盛天玉中かを食べていますが、今回はわかめを加えて、大盛天玉中か+わかめにしました。
食券を出して作る様子を見ながら、冷水機からセルフサービスの水を用意して待ちます。麺をゆで器に移し、温かいつゆをかけます。その上に生玉子、天ぷら、わかめ、ねぎをのせて完成です。かなり早めに出来上がってきました。
立喰らしい縁が茶で黒い器に、わかめのあまり見映えしない色があります。
わかめや岩海苔など海草類ってかなり好きですが、見た目が良くないです。
麺は、やや細めの縮れ、ややコシの弱いものですが、大曲や中仙地区で良く食べた“うー麺”に似ています。なんか懐かしいような感じで食べれてます。
スープは、っていうより普通のおそばのつゆそのものです。関東風で、それらしい色をしていますが、しょっぱさは結構控え気味です。ラーメンのスープのバリエーションを考えるとありかなと思います。麺との相性はとっても良いのですが、ラーメンよりもおそばを食べているって感じの方が勝っています。
トッピングは、かき揚げと生玉子、わかめ、ねぎなどとてもシンプルです。
最初におそばのみを楽しみ、生玉子の甘く優しい味を絡ませ楽しみ、そこにわかめもいっしょに絡めて楽しみ、最後にスープを吸っかき揚げを楽しみます。残ったスープにねぎの風味が立ちます。たっぷり楽しむことができました。
越善よりもつかそばの方が、一般的なラーメンに近い麺のように感じました。天玉の並盛りが310円で大盛りが430円、わかめが50円増しです。これだけいろいろやって楽しんでもワンコインでおつり、お手頃な昼食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.30

中華そば 煮干屋

煮干屋

上越市の「中華そば 煮干屋」です。
イオンショッピングセンターの近く、上越警察署を回り込んだ裏にあります。「GOGO宝来軒」があった場所になります。同じ建物ですが渋めの外装です。
上越地区での昼食、久々に上越の煮干しを食べてみようとお邪魔しました。
お店前駐車場に看板があり、昼は大盛が無料、夜は大盛・特盛が無料です。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、その手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。和風な感じのインテリアなどなかなかいい雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。半分程のお客さんの入りです。
メニューは、中華そば、煮干らーめん、醤油らーめん、醤油とん骨らーめんの4分類に別かれています。どれも醤油味そうで、どう違うのでしょう。中華そばは、煮干と昆布・椎茸でとったあっさり煮干スープとのことで、中華そば、チャーシュー中華そば、鯖(ざば)中華そば、鯖チャーシュー中華そばがあります。中華そば、チャーシュー中華そばは、極…ができます。極…は、純粋な脂の混じらない煮干スープを堪能するためにチャーシューなどを別皿に盛るというものです。鯖中華そば、鯖チャーシュー中華そばは、背脂トッピング不可となっています。煮干らーめんは、煮干ととん骨をブレンド淡麗煮干とんこつスープとのことで、鰯(いわし)煮干らーめん、鰯煮干チャーシューめん、あご煮干らーめん、あご煮干チャーシューめんがあります。あご煮干系の2品は数量限定になっています。醤油らーめんは、じっくり仕上げたとん骨濃厚スープとのこと、上越醤油らーめん、上越醤油チャーシューめん、上越黒醤油らーめん、上越黒醤油チャーシューめん、上越醤油濃生とうがらしらーめんがあります。醤油とん骨らーめんは、超濃厚コクのあるクリーミースープが特徴とのこと、とん骨らーめん、とん骨チャーシューめん、マー油入りの黒とん骨らーめん、黒とん骨チャーシューめん、濃生とうがらし入りの赤とん骨らーめん、赤とん骨チャーシューめんがあります。他にも塩らーめんが追加になっています。深み際立つあっさり系ヘルシースープとのことで、さっぱり塩味(梅肉のせ)は塩煮干らーめんと塩煮干チャーシューめんがあり、こってり塩味は塩とん骨らーめん、塩とん骨チャーシューめんがあります。いずれも昼時間は、大盛無料、特盛50円増しとお得です。平日ランチタイムはセットの日替り丼、ミニカレー、ミニチャーシュー丼があります。さらにらーめん+ライス+小皿トッピングというものが新たに提供されてました。中華・いわし煮干・醤油の3つのスープと冷し中華風があります。こちらも大盛無料です。食べ方はお好み!らーめんにON、ライスにONとの食べ方の記載もあります。それにしてみます。鰯煮干らーめん(大盛)+ライス+小皿トッピングにしました。
タイミングが良く待ちのお客さんが少なく、早めに出来上がってきました。

煮干屋 鰯煮干らーめん(大盛)+ライス+小皿トッピング

お盆にのってラーメン、ライス、小皿トッピング、タレが運ばれてきました。タレは、トッピングをライスにのせた時にかけるもので、殆ど醤油味です。
なんとなくメニューの名前の雰囲気と写真の小皿から、ラーメンとご飯とおかずみたいに思い注文してしまいましたが、ラーメンのトッピングが別皿になっただけのものでした。良く見るとメニューの名前も写真もそうなってます。
白い器に醤油色の澄んだスープが綺麗で、美味しそうです。トッピングがない
ために良く見えますが、トッピングのないラーメンは寂しい過ぎます。
麺は、普通太のストレート。乾麺のような食感で硬め、ちょっと苦手です。
スープは、自然な香りでまろやかな煮干しダシ、とても優しい醤油味です。
トッピングは、別皿でほぐしチャーシュー、メンマ、味玉半個、ねぎです。
ラーメン+αと思っていましたが、トッピングは逆に寂しくなっていました。ラーメン類が通常700円でランチのセットが600円、大盛無料でライス付き、お手頃ですがランチのお得感はありません。麺が好みと違いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.28

立喰そば 越善

越善 和風中華+大盛(1玉)

上越市の「立喰そば 越善」です。
旧国道18号線沿い、北陸新幹線上越妙高駅の近く、少~し高田寄りです。
お腹が好きました。お手頃にたらふく食べようかと越善にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、奥に壁向きのカウンター席、中央や左側にテーブル席があります。社員食堂っぽい質素な雰囲気です。午後12時30分過ぎに着きました。カウンター席は満席で、テーブルに空きはありませんが席には空きはあります。まあなんとかなるでしょう。入ってすぐに食券販売機があります。
メニューは、かけ、玉子、山菜、天ぷら、ジャンボきつね、天玉、カレー、天ぷら卵とじ、冷しなどのそば/うどん/中華の麺を組み合わせたもの、和風中華(並・大)があります。半玉(麺)と大盛(1玉)のボタンもあり、麺類の増量もできます。天玉丼、カレー丼、ミニカレー丼などの丼ものもあります。トッピングは、生玉子、きつね、もみのり、天ぷら、とろろ、チャーシューなどがあります。ライスセット(生玉子・漬物付)、おにぎり、ジャンボいなりなどのサイドメニューもあります。前から気になっているのが和風中華。他と違ってそば/うどんを選べません。和風中華+大盛(1玉)にしました。
購入した食券を厨房前のカウンターに出して作ってもらうようになってます。高速道路PA/SAにある軽食コーナーと同じような注文のやり取りです。
立喰うどん/そばの慣れた無駄のない動き、早めに出来上がってきました。
立喰のおそばやうどんが似合う縁が茶で黒い器にまるでラーメンのようです。セルフサービスのねぎをたっぷり入れて食べましょう。セルフはいいねえ!
出来が早いため状況は変わらず、テーブル席の相席をさせてもらいました。
麺は、やや細の縮れ。プリプリ感はなかなか楽しいけどコシが足りません。
スープは、関東風、普通のそばつゆです。鰹節の香りがとても爽やかです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、刻み海苔、ねぎと中華らしいです。
スープがそば/うどん共用ですが、中華の食べ易い麺、トッピングが中華、ここまで中華そばらしいものが食べれるのは嬉しいです。中華麺2玉でお腹一杯になりました。普通盛り360円、大盛り470円とお手頃な昼食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.15

ラーメン 翔 道の駅あらい店

翔 道の駅あらい店

妙高市(旧新井市)の「ラーメン 翔 道の駅あらい店」です。
国道18号線“道の駅あらい”と上信越自動車道“ハイウェイオアシス”の両方から利用できる施設で、吉祥、よしきゅう、食堂ミサなど3軒のラーメン屋さんとおみやげを販売している建物内の軽食コーナーにも麺類があります。
上信越道移動中の昼食です。食堂ミサの食べていないラーメンか、定食も美味しそうだったのでどれか食べてみようと思います。吉祥は営業しています。よしきゅうも看板類が寂しい感じもしますが、人の出入りもあり営業してそうです。食堂ミサの方向へ歩いていると…。今まで何系のお店だったでしょうか?「ラーメン 翔 道の駅あらい店」と大きく書かれたお店に変わっています。新しいお店で食べてみたい気もしますが、お店前の看板には豚油ラーメンと書かれています。ちょっとどうかなと食堂ミサへ、定休日でした。豚脂ならともかく豚油…??、多少のこってりならば食べてみようかとお邪魔しました。
お店は、右側に入口があり、入口を入るとレジが、奥に厨房があります。中庭のある建物で、中庭には灰皿とベンチ、喫煙所でしょうか。手前の通路を通り建物の左側に移動します。右側に中庭向きのカウンター席、中央から左側にかけてテーブル席、奥に小上がりがあります。レストランのような雰囲気のお店です。午後12時50分頃に着きました。半分ほどのお客さんの入りです。
お店に入ってすぐに動物臭いような気がしましたが、覚悟はできています。

翔道の駅あらい店 メニュー

メニューは、豚油ラーメン(しょう油)、塩豚油ラーメン、淡麗塩ラーメン、みそ豚油ラーメン、つけ麺(しょう油味)、他にも辛口の激辛ラーメン(みそ味)と激辛チャレンジメニューがあります。激辛ラーメンは、1辛・3辛・5辛・10辛の辛さがあり、唐辛子のこさじでの量と一致します。激辛チャレンジメニューは、50辛の辛さ、完食で無料になります。トッピングやサイドメニュー、丼物や定食まであります。期間限定か?1枚もののメニューでキーマカレーがあります。キーマカレーライスの他にも、キーマカツカレーやキーマカレーラーメンなどもあります。豚油ラーメン(しょう油)にしました。
厨房が遠く様子は判りませんが、普通の待ち時間で出来上がってきました。

翔道の駅あらい店 豚油ラーメン(しょう油)

黒い器に背脂たっぷりそうな表面、海苔が3枚?、苦手な家系でしょうか。
麺は、普通太の縮れ。ちょっと硬めですが、なかなか食感の楽しい麺です。
スープは、豚骨醤油に背脂って感じですが、見た目に反してあっさりです。
トッピングは、チャーシュー、ほうれん草、海苔3枚、ねぎなど簡素です。
家系のトッピングで心配しましたが、家系に多い動物の臭みやコッテリ感などは気にならず、見た目に反してあっさり、直江津の本店と同じあっさりしていながらまろやかな癖のない仕上がりです。756円はちょっとお高いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.05

立喰そば 越善

越善 天玉中華+大盛(1玉)

上越市の「立喰そば 越善」です。
旧国道18号線沿い、北陸新幹線上越妙高駅の近く、少~し高田寄りです。
お昼時間の確保が難しく、お手頃に、短時間で食べようとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、奥に壁向きのカウンター席、中央や左側にテーブル席があります。社員食堂っぽい質素な雰囲気です。午前11時30分過ぎに着きました。半分程のお客さんの入りです。入ってすぐに食券販売機があります。
メニューは、かけ、玉子、山菜、天ぷら、ジャンボきつね、天玉、カレー、天ぷら卵とじ、冷しなどのそば/うどん/中華の麺を組み合わせたもの、和風中華(並・大)があります。半玉(麺)と大盛(1玉)のボタンもあり、麺類の増量もできます。天玉丼、カレー丼、ミニカレー丼などの丼ものもあります。トッピングは、生玉子、きつね、もみのり、天ぷら、とろろ、チャーシューなどがあります。ライスセット(生玉子・漬物付)、おにぎり、ジャンボいなりなどのサイドメニューもあります。天玉中華+大盛(1玉)にしました。
購入した食券を厨房前のカウンターに出して作ってもらうようになってます。高速道路PA/SAにある軽食コーナーと同じような注文のやり取りです。
立喰うどん/そばの慣れた無駄のない動き、早めに出来上がってきました。
立喰らしい縁が茶で黒い器に、天玉らしいトッピング、ねぎはセルフです。
麺は、やや細の縮れ。プリプリ感はなかなか楽しいけどコシが足りません。
スープは、関東風、普通のそばつゆです。鰹節の香りがとても爽やかです。
トッピングは、天ぷらは野菜のかき揚げ、生玉子、ねぎなどシンプルです。
天玉そばの中華麺版です。うどん/そばのつゆで食べる中華麺はなかなかものでした。和出汁のつゆで中華麺2玉、お腹一杯になるまでいただきました。かけ240円、天玉330円、冷し260円、半麺増60円、1玉増110円のような感じで、天玉中華(大盛)は440円です。お手頃な昼食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.01

ラーメンハウスあおき 富岡店

あおき富岡店 醤油らーめん並盛

上越市の「ラーメンハウスあおき 富岡店」です。
国道18号線高田バイパスの1本西側の道、旧道なんでしょうか。北陸道の下を潜る交差の南東方向にあります。イオン方面から高速を潜って左先です。
高田地区での昼食です。時間がなく、早そうなあおきにお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央にカウンター席、右側にテーブル席、奥に小上がりがあります。木の感じがロッジのように雰囲気です。午後12時40分過ぎに着きました。他にお客さんが3人組の女性客が1組だけと空いています。井戸端会議のような感じに見えます。入ってすぐ正面に食券販売機があります。
メニューは、醤油、塩の2つの味のらーめんとつけめんだけです。味噌がなくなっています。醤油らーめんと塩らーめんにはチャーシューメンもあり、いずれも半(0.5)、並盛(1.0)、大盛(1.5)、特盛(2.0)が用意されています。つけめんは、小(1.0)、中(1.5)、大(2.0)、特(2.5)が用意されています。肉抜きもあります。久々なんで基本の線でいきます。醤油らーめん並盛にしました。
お客さんが少なく、すぐに作ってもらえて、早めに出来上がってきました。
うどんやおそばでも似合う和風な器に、シンプル盛り付けのらーめんです。
麺は、やや細めの縮れでなかなか良い食感ですが、好みより少し硬めです。
スープは、醤油味のあっさりしながらもまろやかで適度な旨味もあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎなど、とってもシンプルです。
麺やスープはまあまあ良いかなと思ったのですが、トッピングが寂しいです。この内容で680円はちょっとお高い。久々に残念に思えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.18

妙高高原パーキングエリア(上り線)

妙高高原パーキングエリア(上り線) ごろチキ塩ラーメンラーメン


妙高市(旧妙高高原町)の「妙高高原パーキングエリア(上り線)」です。
上信越自動車道を新潟から長野方面へ、新潟最終のパーキングエリアです。
高速道路を移動中のお昼です。経由地、目的地の周辺にはお昼を食べられるようなお店が少なく、もしも定休日だったりしたら、お昼抜きになってしまいます。など心配もあり、より確実なパーキングエリアで食べることにします。
このパーキングエリアも軽食コーナーらしい店内で、手前外向きカウンター席とテーブル席のスペースがあります。その入口近くに食券販売機あります。
メニューは、写真入りのパネルがあって、解り易くなっています。パーキングエリアの軽食コーナーらしいものが揃っています。そば、うどん、ラーメン、ご飯物、スナックなどがあります。このパーキングエリアならでは!ってものは、妻有ポークを使ったものでしょうか。妻有ポークって妙高市じゃなく十日町市でしょう。麺類も面白そうでごろチキ塩ラーメンラーメンにしました。
待ちのお客さんもなく、軽食コーナーらしく早めに出来上がってきました。
ちょっとカラフルな模様の器に盛られています。あまり綺麗じゃないです。
麺は、やや細め縮れ。ちょっと硬めのゆで加減でまあまあ食感も良いです。
スープは、えぐみのない塩味のあっさりも、旨味がもうひとつ欲しいです。
トッピングは、大きな焼鳥(塩味)、ほうれん草、岩海苔、ねぎなどです。
上り線もお高い軽食コーナーです。天玉そば720円、かけそばが460円、ボリュームはそこそこありましたがごろチキ塩ラーメンラーメンは800円。高速道路のお昼はお高いです。ハイウェイオアシスで食べればよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.05

上越髄牛豚骨 いなば製麺

いなば

上越市の「上越髄牛豚骨 いなば製麺」です。
国道8号線沿いにあります。直江津地区の大潟地区寄り、4/2車線の切り替えの真横にあります。「らあめん 花果山」が移転前の発祥した場所です。
気にならなかったお店ですが、FMでの紹介もあったのでお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、奥に奥の窓向きのカウンター席、中央に向かい合わせで衝立のあるカウンター席、手前にテーブル席があります。牛丼チェーン店かのような不思議な雰囲気のラーメン店です。午前11時40分頃に着きました。ほんの数名のお客さんがいるだけです。左側に入口があり、その外・奥には風を避けて待つようなスペースがあります。風除室に食券販売機があります。

いなば メニュー

メニューは、食券販売機のボタンは文字だけですが、食券販売機の上に写真入りの紹介があります。牛骨煮干し中華そば、牛骨煮干し焼豚麺、牛骨煮干し塩中華そば、牛骨煮干し塩焼豚麺、豚骨醤油ラーメン、豚骨醤油焼豚麺、豚骨醤油葱ラーメン、豚骨醤油葱焼豚麺、醤油まぜそば、塩まぜそば、お子様ラーメンなどがあります。主だったものには、細麺の替え玉とセットのもの、中太麺の大盛りがあります。まぜそばは、大盛りと特盛りが用意されています。トッピングの追加やサイドメニューもあります。オープン当時のステーキや定食、ランチのセット、つけめんなどなどは見つかりません。さてどうしましょう。悩むところです。基本の牛骨煮干し中華そば(細麺替え玉)にしました。
中央のカウンター席に座ると、スタッフが食券を取りに来て厨房に帰ります。席にコップや水サーバが置かれています。水を用意してのんびり待ちます。
スタッフは近所のおばちゃん風な女性が2人、ラーメン店とは違う光景です。フードコート風とでも言えば良いのか?でも早めに出来上がってきました。

いなば 牛骨煮干し中華そば(細麺)

赤い線、緑色の龍と双喜文の昔懐かしい器に結構濃い醤油色のスープです。
麺は、細麺のストレート。九州ラーメンのような噛み応え、少し硬めです。
スープは、すき焼きの匂いと煮干しの匂いが混じったような匂いは複雑です。味は醤油味がしっかりのちょっと甘め、油多めでなかなか旨味があります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、カイワレ、ねぎなどシンプルです。

いなば 替え玉(細麺)

麺の残りも少なくなってきて替え玉をお願いします。いいボリュームです。
すき焼き風のスープで九州ラーメンの麺を食べているような感じでした。単品で590円、替え玉セットで690円。今ではなかなかお手頃でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.27

塚田そば店

塚田そば店 大盛天玉中か

上越市の「塚田そば店」です。
直江津地区関川左岸の道路沿いにあります。新潟労災病院の河口寄りです。
つかそばの愛称で地元に親しまれている立ち喰いそば屋のようなお店です。
午後12時40分頃の到着。30台程の駐車場に数台分の空きがあります。
お店は、右側に厨房、奥に窓向きのカウンター席、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。社員食堂っぽい雰囲気です。入ってすぐ右側に食券販売機があります。購入した食券を厨房前のカウンターに出して作ってもらうようになっています。高速道路PA/SAにある軽食コーナーと同じようなシステムです。半分程度のお客さんの入りです。今日は若い人も多く見られます。
メニューは、かけ、玉子、天ぷら、天玉、わかめ、山菜、芽かぶなどそば/うどんのようにトッピングと麺を組み合わせるものですが、麺がそば/うどんの他に中かを選べるようになっています。中華ではなく中かと書かれています。大盛りもあって、お腹も空いてます。いつもの大盛天玉中かにしました。
食券を出して作る様子を見ながら、冷水機からセルフサービスの水を用意して待ちます。麺をゆで器に移し、温かいつゆをかけます。その上に生玉子、天ぷら、ねぎなどをのせて完成です。当然のように早く出来上がってきました。
立ち食いそばのおそばそのものです。違いは?麺の色が黄色いところです。
麺は、やや細めの縮れ、ややコシの弱いものですが、大曲や中仙地区で良く食べた“うー麺”に似ています。なんか懐かしいような感じで食べれてます。
スープは、っていうより普通のおそばのつゆそのものです。ラーメンのスープのバリエーションを考えるとありかなと思います。麺との相性は全然良いのですが、ラーメンというよりもおそばを食べているって感じが勝っています。
トッピングは、かき揚げと生玉子、ねぎです。オリジナルを楽しみ、生玉子の甘い優しい味を絡ませて楽しみ、スープを吸わせたかき揚げを楽しみ、最後にねぎの風味が立ったスープというかそばつゆをゴクリゴクリと楽しみます。
たっぷり楽しませていただきました。ラーメンかどうかはラーメンでいいと思います。並盛りが310円、大盛りが430円です。お手頃な昼食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.04

御食事処 食堂 やおとく

やおとく

妙高市(旧妙高高原町)の「御食事処 食堂 やおとく」です。
えちごトキめき鉄道 妙高はねうまライン 妙高高原駅の駅前にあります。
妙高高原地区での昼食、あまり観光地っぽくないお店でとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、奥に小上がり、手前の結構広いスペースにテーブル席があります。観光地っぽさも少しはありますが、庶民的な雰囲気の広々したお店です。午前11時40分過ぎに着きました。半分程のお客さんの入りです。

やおとく メニュー

メニューは、定食が多いです。1枚もののメニューには18種類もあります。600円~900円の価格帯で750円のものが多めになっています。壁にもいろいろ貼ってあり、1枚もののメニューに含まれるか未確認です。丼物も5種類、カレー類も3種類あります。麺類は、ら~めん、もやし・ら~めん、ねぎ・ら~めん、ニンニク・ばたーら~めん、とんこつ・ら~めん、みそ・ら~めん、ごもく・ら~めん、ちゃ~しゅうめん、みるく・たんめん、たんたんめん、海鮮・塩ら~めんなどがあります。みるく・たんたんめんも…興味はありますが初めてのお店、あまり冒険もしたくないのでら~めんにしました。
どういう仕込みをしているのかは不明ですが、定食がメチャ早で出来上がってきます。ひと呼吸…休んだような感じでら~めんが出来上がってきました。

やおとく ら~めん

赤い線、緑色の龍と双喜文の昔懐かしい器にあっさりしてそうスープです。
麺は、普通の太さの縮れ。新潟のあっさりにしてはちょっと太めの麺です。
スープは、醤油味あっさりで癖のないもの。似たようなスープが続きます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎなどシンプル過ぎます。
新潟あっさりのシンプルなラーメンでした。麺の存在感がいい具合にありました。600円とお手頃のような…、観光地も混じったような…値段でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧