カテゴリー「9:上越」の301件の記事

2022.03.31

あら川

あら川 らーめん(大)

上越市の「あら川」です。
上越大通り沿い上越市市民プラザのすぐ近くにあります。
上越市での早めの昼食です。いろいろ新しいお店のラーメンも食べたいのですが、次はいつ上越に来られるか?やっぱりあら川のらーめんが食べたくなります。お邪魔しました。
午前11時20分過ぎに着きました。近くの町内雪捨て場のようなスペースに駐車します。それ程の混みはありまさん。
お店の看板らしいものは色が褪せたのか?白っぽく、閉店して白く塗ったようにも見えます。他にお店を表すようなものが何もありません。暖簾で営業中は判りますが、営業していない時間は準備中の表示もなく、何の建物かすら判らなくなります。普段は午後12時30分頃にスープ切れになります。待ちのお客さんの混み具合を見ながら暖簾を片付ています。
お店は、間口が広く奥行きがありません。中央奥に厨房があり、左右奥に配膳用の通路、その通路の手前にカウンター席があります。カウンター席だけのお店です。普通のラーメン屋さんのような大きな寸胴とかがなく、ちょっと質素な厨房です。前はラーメン屋じゃないような雰囲気です。左側に入口があり、入口寄り左側のカウンター席が食べる席で、右側のカウンター席が待機席になっています。右側の右端に冷水機があります。セルフで水を用意して中央寄りから並んで待ちます。左側カウンター席のお客さんが食べ終わって席が空くと案内してくれ、右側カウンター席から空いた席に移動します。待機の右側カウンター席は左側にスライドにします。左右の席ともに満席、冷水機の近くに立って待ちます。進みは早めで、15分程度待って左側の食べる席に座れました。
メニューは、らーめん、らーめん(大)だけ、とてもシンプルです。らーめん(大)にしました。メニューが少ないっていうのは、変に考えなくて良いのである意味助かります。
今日もいつものおばさん2人でやってます。納得のいくよう丁寧に作っているので多少時間がかかります。スープの良い香りがするので空腹時は辛いです。待ちのお客さんも多く、急ぐ様子もなく、ちょっと待って出来上がってきました。
雷文模様の昔ながらの器に美味しそうな色のスープです。
麺は、やや細めの縮れ。表面は軟らかめに感じますが、中心部分には普通にしっかりしたコシがあります。最初は軟らかめに感じますが、食べ進める程に好みになっていきます。
スープは、あっさりした控えめな醤油味で、塩味が足りなく感じますが、徐々に慣れてきます。適度な油もあり、ダシの旨味などとのバランスの良さを楽しめるようになります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎなどシンプルなものですが、バランス的にはいいかなと思います。
昔ながらの中華そばを食べさせてくれるお店が少なくなりましたが、少なくなったお店の中で好みの味を提供してくれるお店です。らーめん(大)が800円、普通盛りなら700円、安くはありませんが、それでも価格以上に楽しめました。

| | コメント (0)

2021.11.30

中華麺食房 三宝亭 四ヶ所店

三宝亭四ヶ所店 五目うま煮麺

上越市の「中華麺食房 三宝亭 四ヶ所店」です。
国道18号線四ヶ所インターから三和方向へ向かった先の右側にあります。S e r i aと一緒の敷地、駐車場も共同です。
上越市での出張者との昼食です。時間は適当にあり、出張者にしっかり食べてもらおうかと三宝亭にお邪魔しました。
正午過ぎの到着、広い駐車場ですんなり駐車できました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前と左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。ファミレスのような雰囲気です。入口付近に4人のお客さんが待ち、用紙に名前と人数を書きます。10分程待ち席に案内されました。
メニューは、とんこつ、しょうゆ、味噌、中華そば、中華系などを中心に豊富なバリエーションがあります。大勢で押し掛けても何かしらお気に入りがありそうな品揃えです。1枚もののメニューも何枚かあります。何度も食べていますが、冬の間に食べたい熱々の五目うま煮麺にしました。ランチタイムのサービスの半ライスですが、今回はパスしました。
混みもあってか?そこそこ待って出来上がってきました。
青のラインが爽やかな白い器に盛られてきました。醤油色のあんかけは美味しそうですが、ちょい彩りが寂しいです。
麺は、やや細の普通の太さの縮れの弱いものです。みんなが好きそうな無難な麺ですが、結構モチモチ感が強めです。
スープは、醤油味がまろやかであんかけの味を邪魔しない癖のないものです。あんかけから旨味が溶けて出ています。
トッピングのあんかけは、白菜、人参、筍、青梗菜、椎茸、きくらげ、豚肉、海老、イカ、鶉の玉子などの豊富な具材が入っています。見た目通りの醤油味で醤油の旨さがしっかりしています。程好いしょっぱさと自然な甘さがあります。
麺、スープ、あんかけのバランがとても良く、楽しい昼食になりました。780円+税で858円は今ではいい線かも?

| | コメント (0)

2021.09.29

塚田そば店

塚田そば店 大盛天玉中か

上越市の「塚田そば店」です。
直江津地区の関川左岸の道路沿いにあります。新潟労災病院のちょっとだけ河口寄り、JR信越本線の踏切の手前です。
「つかそば」の愛称で地元のお客さんに親しまれている駅の立ち食いそば屋のようなそばとうどんが中心のお店です。
立ち食いそば的な味を楽しみたくなってお邪魔しました。
午後12時10分過ぎに着きました。お店の横にある30台程駐車できる広い駐車場は、今日も変わらず賑わっています。
お店は、右側に厨房、奥に窓壁向きのカウンター席、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。社員食堂っぽい簡素な雰囲気です。入ってすぐ右側に食券販売機があります。購入した食券を厨房前のカウンターに出して作ってもらうようになっています。高速道路PA/SAにある軽食コーナーと同じようなシステムです。お客さんの出入りが多く、この時間は、6割~7割ぐらいの席にお客さんと賑わっています。
メニューは、かけ、玉子、天ぷら、天玉、わかめ、山菜、芽かぶなどそば/うどんのようにトッピングと麺を組み合わせるものですが、麺がそば/うどんの他に中かを選べるようになっています。中華ではなく中かと書かれています。わかめと山菜は、追加トッピングで単独で加えられるようにもなっています。お腹が空いてます。大盛天玉中かにしました。
食券を出し、冷水機からセルフサービスの水を用意し、作る様子を見ながら待ちます。麺をゆで、器に移し、温かいつゆをかけます。その上に生玉子、天ぷら、ねぎを次々とのせて完成します。とてもとても早めに出来上がってきました。
立ち食いそばの器です。立ち食いそばの仕上がりです。良~く見ると麺の色が黄色いです。そして少しだけ細いです。
麺は、やや細めの縮れ。コシはちょっと弱めのものですが、秋田県大曲や中仙地区で良く食べたうー麺に似ています。
スープは、って言うより普通のおそばのつゆそのものです。ラーメンスープのバリエーションとしてありかと思います。
麺との相性は全然良いのですが、ラーメンというよりそばを食べているような感じです。しょっぱさは控え気味です。
トッピングは、かき揚げと生玉子、ねぎです。オリジナルを楽しみ、生玉子の甘い優しい味を絡ませて楽しみ、スープを吸わせたかき揚げを楽しみ、最後にねぎの風味が立ったスープというか?そばつゆ?をゴクリゴクリと飲み干します。
たっぷりと楽しませていただきました。ラーメンかどうかはラーメンでいいと思います。ラーメンを蕎麦のように楽しみました。並盛りが320円、大盛りが440円です。お手頃!

| | コメント (0)

2021.04.23

麺辛屋 二代目 美國

美國

上越市の「麺辛屋 二代目 美國」です。
上越バイパス四ヶ所インターから高田方面への関川との中間、稲田地区にあります。ヤマトプラザビルの2階です。
豚汁ラーメン辛Ver.を食べてみようとお邪魔しました。
ちょうど午前11時の開店時間に到着しました。建物共同の駐車場は、かなりガラガラ、いつでも心配なさそうです。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。建物奥の入口から入る感じになります。広々して、窓が広く、普通ですが明るい開放的な雰囲気です。入口周辺にメニュー紹介の貼紙が沢山あり、入口を入った左側に食券販売機があります。
開店待ちのお客さん3人がゾロゾロとお店の中に入ります。

美國 メニュー

メニューは、三國豚汁ラーメン(1辛)、三國辛豚汁ラーメン(2辛)、極辛豚汁ラーメン(3辛)、特製極辛豚汁ラーメン(4辛)、つけ醤油(0辛)、塩タンメン(0辛)、みそ豚汁ラーメン(0.5辛)、三國のつけ麺(4辛)、麻婆つけ麺(4辛)、麻辛豚汁ラーメン(2.5辛)、トッピングや丼物も豊富にあります。標準だろう三國豚汁ラーメンにしました。
席のメニューに、“鶏白湯スープと秘伝の辛みそだれで作る辛豚汁ラーメン。じっくり煮込まれた豚肉と野菜の上にゴロッとのった辛旨麻婆あん。三國の基本‼︎まずはこれ‼︎‼︎”との説明があります。さてどんなものでしょうか?期待大です。
開店直後でもあり、普通の待ちで出来上がってきました。

美國 三國豚汁ラーメン

黒い器にキャベツやもやしがたっぷり、豚汁ラーメン!?
麺は、中太の自然なウェーブ、丸っぽく適度なモチモチ感があります。好みの麺ではありませんが何か食べ易いです。
スープは、鶏白湯ですが思ったよりあっさりで普通に楽しめますが、さらに良い辛味があり、珍しい辛い鶏白湯です。
トッピングは、豚バラ・キャベツ・もやし・玉ねぎなどの豚汁の具、きくらげ、麻婆豆腐、ねぎなど充実しています。
運ばれてきてすぐ麻婆豆腐を食べたのですが、その辛さは大辛です。でもとてもバランスの良い旨味があります。蒙古タンメン中本で修行した店主のらしいのですが、納得です。
松茶屋、たちばななどの豚バラと玉ねぎの豚汁に麺が入った豚汁ラーメンを食べていたものからの素直な感想としては、豚汁ラーメンではありません。でも、豚汁ラーメンを松茶屋やたちばなのようなものと限る必要もなく、新豚汁ラーメンと考えた方が良いでしょう。820円といい値段です。

| | コメント (0)

2021.04.13

中華そば 煮干屋

煮干屋 上越黒醤油らーめん(大盛)

上越市の「中華そば 煮干屋」です。
イオンショッピングセンター近く、上越警察署を回り込んだ裏にあります。「GOGO宝来軒」があった跡になります。
上越での昼食です、黒醤油系を食べようとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、その手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。和風な感じのインテリアなどいい雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。7割~8割程のお客さんの入り、賑わっています。
メニューは、中華そば、煮干らーめん、上越醤油らーめん、醤油とん骨らーめんの4分類に別かれています。中華そばは、煮干・昆布・椎茸でじっくり取った黄金色の煮干スープとのことで、中華そば、極中華そば、鯖中華そばがあります。極…は、純粋な脂の混じらない煮干スープを堪能するためにチャーシューなどを別皿に盛るというものです。煮干らーめんは、煮干・とん骨をブレンド淡麗煮干とんこつスープとのことで、鰯煮干らーめん、あご煮干らーめん、濃い煮干らーめんがあります。上越醤油らーめんは、じっくり仕上げたとん骨濃厚スープとのこと、上越醤油らーめん、上越黒醤油らーめん、上越醤油濃生とうがらしらーめんがあります。醤油とん骨らーめんは、超濃厚コクのあるクリーミースープが特徴とのこと、醤油とん骨らーめん、マー油入りの黒とん骨らーめん、濃生とうがらし入りの赤とん骨らーめんがあります。他にも塩らーめんがあります。深み際立つあっさり系ヘルシースープとのことで、さっぱり塩味(梅肉のせ)は塩煮干らーめんがあり、こってり塩味は塩とん骨らーめんがあります。さらに博多風とん骨らーめんが新たに加わっています。博多風とん骨らーめん、博多風黒とん骨らーめん、博多風赤とん骨らーめんがあります。いずれもチャーシューめんにできます。いずれも昼時間は、大盛無料、特盛50円増しとお得です。平日ランチタイムはセットの日替り丼、ミニカレー、ミニチャーシュー丼があります。さらにらーめん+ライス+小皿トッピングもあります。食べていないものの中から気になっていた上越黒醤油らーめん(大盛)にしました。
タイミングが良く、なかなか早めに出来上がってきました。
白い器に醤油色が濃いめのスープで、背脂が浮いています。
麺は、普通の太さのほぼストレート、プリプリの食感です。
スープは、醤油味のしっかりしたものですが、富山ブラックとは全然違います。背脂が浮いていて、さらに表面には厚みのある油の層があります。ちょっとコッテリ感が感じます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、白髪ねぎなどです。
想定した富山ブラック風とは違いましたが、醤油味を楽しめるラーメンでした。かなりたくさんの油を補充できました。740円と値段的にも無理のない線で良かったと思います。

| | コメント (0)

2021.03.22

塚田そば店

塚田そば店 大盛天玉中か

上越市の「塚田そば店」です。
直江津地区の関川左岸の道路沿いにあります。新潟労災病院のちょっとだけ河口寄り、JR信越本線の踏切の手前です。
「つかそば」の愛称で地元のお客さんに親しまれている駅の立ち食いそば屋のようなそばとうどんが中心のお店です。
たまにはお手頃なお昼にしようと久々にお邪魔しました。
正午過ぎの到着、30台程の駐車場は結構賑わっています。
お店は、右側に厨房、奥に窓向きのカウンター席、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。社員食堂っぽい雰囲気です。入ってすぐ右側に食券販売機があります。購入した食券を厨房前のカウンターに出して作ってもらうようになっています。高速道路PA/SAにある軽食コーナーと同じようなシステムです。お客さんの出入りが多く、この時間は、6割~7割ぐらいの席にお客さんが座っています。
メニューは、かけ、玉子、天ぷら、天玉、わかめ、山菜、芽かぶなどそば/うどんのようにトッピングと麺を組み合わせるものですが、麺がそば/うどんの他に中かを選べるようになっています。中華ではなく中かと書かれています。わかめと山菜は、追加トッピングで単独で加えられるようにもなっています。お腹が空いてます。大盛天玉中かにしました。
食券を出し、冷水機からセルフサービスの水を用意し、作る様子を見ながら待ちます。麺をゆで、器に移し、温かいつゆをかけます。その上に生玉子、天ぷら、ねぎを次々とのせて完成します。とてもとても早めに出来上がってきました。
立ち食いそばの器です。立ち食いそばの仕上がりです。良ーく見ると麺の色が黄色いです。そして少しだけ細いです。
麺は、やや細めの縮れ。コシはちょっと弱めのものですが、秋田県大曲や中仙地区で良く食べたうー麺に似ています。
スープは、って言うより普通のおそばのつゆそのものです。ラーメンスープのバリエーションとしてありかと思います。
麺との相性は全然良いのですが、ラーメンというよりそばを食べているような感じです。しょっぱさは控え気味です。
トッピングは、かき揚げと生玉子、ねぎです。オリジナルを楽しみ、生玉子の甘い優しい味を絡ませて楽しみ、スープを吸わせたかき揚げを楽しみ、最後にねぎの風味が立ったスープというか?そばつゆ?をゴクリゴクリと飲み干します。
たっぷりと楽しませていただきました。ラーメンかどうかはラーメンでいいと思います。ラーメンを蕎麦のように楽しみました。並盛りが320円、大盛りが440円です。お手頃!

| | コメント (2)

2020.12.18

宝来軒 参

宝来軒 参

上越市の「宝来軒 参」です。
山麓線春日山交差点のすぐ近くで、直江津寄りにあります。「喜多方ラーメン 大安食堂 上越店」→「ラーメンダイナー GOGO宝来軒」だった建物が使われています。
同じか宝来軒グループのようですが、新しいお店になってどんなものが食べられるか楽しみにお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前と右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。ファミレスかのようなゆったりした広さと造りのお店です。午後1時過ぎに着きました。ほぼ満席に近いお客さんの入りです。風除室に丸椅子が並んでいて待ちの記入用紙もあります。そのまま店内に進むと入ってすぐの右側に食券販売機があります。メニュー説明などは判り易く表示されていますが、タッチパネル式の職権販売機の画面は判り易い表示にはなっていません。
メニューは、1枚もので表には、トクラーメン醤油、トクラーメン味噌、トクもやしラーメン醤油、トクもやしラーメン味噌、大和~やまと~焙煎背脂ラーメン・和風、煮干しラーメン、肉煮干しラーメン、釜玉まぜソバ、キッズラーメンがあります。裏には、トクつけ麺醤油、トクつけ麺味噌、トクつけ麺白湯があります。いずれも自家製太麺と手延べ麺から選べます。さらに、自家製太麺は小200g・並300g・大400g・特500gから、手延べ麺は小180g・並270g・大360g・特450gから量を選べます。追加トッピングやサイドメニューも揃っています。サイドメニューには、山盛りポテトや冷やっこなどもあります。煮干しラーメンにしました。
賑わいもあってか、ちょっと待って出来上がってきました。

宝来軒参 煮干しラーメン

赤いワンポイントの白い器にとても品良く盛られています。最近の流行りなんでしょうか?太い筆で渦巻きの始まりみたいなものを書いた風な模様の入った器を良く見かけます。
麺は、やや細めの緩い縮れ。角の立った食感の良い麺です。
スープは、魚介形の旨味と煮干しの香りが強めのものです。醤油味が控えめなので塩味との中間のような味付けです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、海苔、刻みねぎなどです。盛り付けが綺麗なので結構品良く見えます。
トッピングは普通で麺もスープも特別好きなものではありませんが、バランスと盛り付けが良く楽しく食べられました。最後に魚粉がたっぷり残ったのは残念でした。煮干しラーメンは700円、今では普通の値段になっちゃいました。

| | コメント (0)

2020.09.30

ありがた八食堂

ありがた八食堂

上越市の「ありがた八食堂」です。
国道18号線四ヶ所ICから高田方面へ、稲田地区、セブンイレブン斜め向かいの路地を入って右側、奥まってあります。
上越での昼食、同僚のおすすめの食堂にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前中央から右側にテープル席、左側に小上がりがあります。厨房手前にカウンターがあり、カウンター席としても使えそうな広さもありますが、お茶など飲み物配線用スペースとして使われていて、椅子も置かれていません。昭和の食堂って雰囲気のお店です。午前11時40分過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、めん類(ラーメン類・冷麺(夏季限定)・うどん類)、御飯物(スープ・お新香付)、定食類(ライス・スープ・お新香・生野菜付)、一品物、スープ類、御飲物に分類されています。全55品あります。ラーメン類は、ラーメン、塩ラーメン、野菜ラーメン、味噌ラーメン、チャーシュー麺、わかめラーメン、五目ラーメン、玉子入りラーメン、ネギラーメン、特製ラーメン、カツラーメン、焼きそば、焼きうどんが、冷麺(夏季限定)は、冷やし中華、冷やしソーメン、冷やしソーメン天ぷら入り、つけ麺があります。※大盛りはすべて50円増しとあります。冷やし中華の貼紙もあり、まだ食べれそうです。ラーメン+おにぎりにしました。
食べてるお客さんが多く、早めに出来上がってきました。

ありがた八食堂 おにぎり

先におにぎりが出来上がってきました。大きめのおにぎりで、海苔は小さめ、ゆかりの混ぜご飯で具なし、冷奴とお新香付き、このボリュームと内容で100円はお手頃です。
おにぎりを食べ始るとすぐにラーメンも出来てきました。

ありがた八食堂 ラーメン

青ラインが1本のシンプルな白い器に盛られてきました。
麺は、やや細の縮れ。食堂の麺!って感じの普通の麺です。プリプリ感かな?なんかもうひとつ好みと違う印象です。
スープは、醤油味がまろやかでとても大人しいものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし、わかめ、ねぎなどです。想定より充実したトッピングに驚きました。
麺もスープもトッピングもいい意味平凡な、ボリューム感のある食堂のラーメンでした。これで480円はお手頃です。
かつ丼600円、親子丼550円、焼肉丼600円も興味あり!

| | コメント (0)

2020.07.16

はな禅

はな禅 生姜醤油

上越市の「はな禅」です。
えちごトキめき鉄道南高田駅から高田商業高校方向へ、高田商業高校の手前、住宅地の中に紛れるようにあります。
冷し中華の提供もありそうで楽しみにお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。白い壁や窓の感じはイタリアンのお店でも良さそうな雰囲気です。午後12時50分過ぎに着きました。テーブル席は満席、カウンター席はガラガラです。
メニューは、通常提供のはんなり(はな禅醤油)、わびさび(はな禅潮)、一期一会と銘打った日替わりがあります。一期一会は、お店に入ってそのまま正面のホワイトボードに書かれています。生姜醤油、あさりホタテ潮ですが、あさりホタテ潮は売り切れています。生姜醤油にしました。
丁寧に作っていて、普通の待ちで出来上がってきました。
麺は、やや細の縮れ。冷麺のように半透明っぽく、モチモチ感がとても強く、全粒粉のような粒々が混じっています。
スープは、醤油味のとてもあっさりでまろやか、和風のお吸い物をいただいているかのような上品な仕上がりです。生姜もそんなに強くはなく、爽やかな印象を与える程度です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎなどシンプルです。これぐらいの方が全体のバランスが良いです。
とにかく美味しいスープのラーメンでした。800円と安くはありませんが、スープだけでもレピートしたい一杯です。

| | コメント (0)

2020.06.23

オーモリラーメン せいほう 国道店

せいほう

上越市の「オーモリラーメン せいほう 国道店」です。
直江津駅西側跨線橋の南詰、ホテルα-1の1階にあります。
上越での昼食です。過去に食べたことがあるような?ないような?記憶が定かではないせいほうにお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席や壁向きのカウンター席、奥に小上がりがあります。お店は古く昭和の雰囲気もあります。午後12畤20分過ぎに着きました。半分程のお客さんの入りです。

せいほう メニュー

メニューは、厨房との間の垂れ壁に貼紙がされてるだけで、ラーメン、チャーシューメン、メンマラーメン、みそラーメン、みそチャーシュー、みそバター、特製ねぎソバ、ワンタンメン、タンメン、五目ソバ、冷し中華などがあります。トッピングの追加はありますが、サイドメニューは餃子だけ、メンマラーメンが人気です。冷し中華にしました。
麺のゆで時間がかかると説明があります。厨房は混んでなさそうですが、確かに時間がかかり出来上がってきました。

せいほう メニュー

味噌ラーメンの器とかで使われる水色のお皿に盛り付けられています。小さく見えますが、ボリュームありそうです。
麺は、太めの縮れ。モチモチ感のかなり手強い麺です。
つゆは、しっかりした醤油味で、酸味もいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、錦糸玉子、胡瓜、紅生姜、刻みねぎ、パイン(缶詰)などと充実しています。
麺のモチモチ感の強い印象が残ってします冷し中華でした。トッピングも充実していての850円、いい線でしょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧