カテゴリー「A:県外」の453件の記事

2017.07.20

中華そば専門 新福菜館 本店

新福菜館 本店

京都府京都市の「中華そば専門 新福菜館 本店」です。
京都駅北口から東方向へ5分程歩いた、東塩小路を右折、右側にあります。
京都での昼食。印象的な見た目で食べたかった新福菜館にお邪魔しました。
1938年創業の老舗、人気ラーメン店です。07:30~22:00と朝ラーからの営業なので、お昼だということでそれ程の列びもないだろうと安心して着きました。午前11時30分過ぎと結構早めですが、歩道には列び行列ができています。実は隣が「ラーメン専門店 第一旭本店」です。そちらの待ち行列でしょう。と思ったのですが、「ラーメン専門店 第一旭本店」は、なんと定休日です。14人待ちとなっています。外にもメニューが入った箱が用意されてます。
店員が来て案内しながら注文を取ってます。前の人まで注文が終わりました。その後、食べ終わって帰るお客さんが多く、会計、片付け、案内が続きます。注文を取らないまま店内へ案内されました。暑さを凌げてありがたいです。
お店は、奥に厨房手前にカウンター席、広めのスペースには所狭しとテーブルが配置されています。昭和の懐かしさを感じさせてくれるお店です。2階にも席があり、お客さんが案内されています。カウンター席に案内されました。

新福菜館本店 メニュー

メニューは、特大新福そば、特大肉多目、肉多目、竹入中華そば(メンマ入り)、中華そば(並)、中華そば(小)、中華そば(肉なし)、ヤキメシ、ライスなどがあります。中華そば(並)っていきたいところですが、中華そばにはやっぱメンマも欲しいです。竹入中華そば(メンマ入り)にしました。
男性スタッフのみの体育会系の雰囲気、京都の言葉なので怖さはありません。水はセルフサービス、冷水機の隣にプラスチック製のコップが積まれてます。京都も暑く、冷水機から水を波々と注ぎ、カウンター席にもどり待ちます。
カウンター席からはヤキメシを作っているのが見えます。しょっぱそうです。高くはなりますが、中華そば(小)と組み合わせて食べてみたいものです。
列ぶ程の混み具合ですが、普通よりやや遅い程度で出来上がってきました。

新福菜館本店 竹入中華そば(メンマ入り)

昔ながら双喜文と龍の模様の器です。かすれ具合から歴史を感じさせます。
麺は、細麺のストレート、癖がなさ過ぎてあまり中華そばらしくないです。
スープは、富山ブラックかのような色ですが、醤油味やしょっぱさが控えめ、たまり醤油と焦がし醤油のような味の深みと風味が普通と違う醤油味です。
トッピングは、たっぷりのチャーシューと九条ねぎ、メンマとシンプルです。チャーシューメンのようですが、さらに肉多目も用意されているとは凄い。
麺、スープとも新潟で普通に食べれるものではなく、珍しさを楽しめました。メンマ入りにしましたが、中華そば自体がねぎチャーシューメンのようです。中華そば(並)が700円でメンマ入りが800円、いい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.23

博多らーめん由丸 八重洲仲通り店

由丸八重洲仲通り店

東京都中央区の「博多らーめん由丸 八重洲仲通り店」です。
お店の看板や暖簾など、“由丸”よりも“由○”が多くも使われています。
東京駅から歩ける範囲にあります。八重洲地下街の21番出口を日本橋・中央通り方面に出ると、八重洲仲通りがあります。その通りに面してあります。
東京で冷し中華もいいのですが、冷しラーメンの美味しいお店もいろいろあるのでは?と思い調べていたら「博多らーめん由丸 芝大門店」というお店が見つかりました。地下鉄に乗り換えて行くのが良さそうですが、地下鉄駅の中間辺り、東京駅から歩けそうな気もします。どうしようかいろいろと調べていたら「博多らーめん由丸 八重洲仲通り店」というのが見つかった次第です。
お店の入口の雰囲気がちょっと期待と違います。活気のありそうなラーメン店を期待していましたが、どうもチェーン店というかファーストフード店のような雰囲気です。味さえしっかりしていればと期待して食べることにします。
お店は、かなり奥行きのある造りで広めです。奥に厨房、左側に壁向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。やっぱりチェーン店のような雰囲気でした。そのお陰かどうか清潔感はあります。午前11時30分過ぎに着きました。さすがにまだ早いのか、ガラガラ、数人のお客さんがいるだけです。
メニューは、博多らーめん、由丸らーめん、豚ばらチャーシュー麺、わんたん麺、塩もやしらーめん、塩もやしチャーシュー麺、しお岩磯のりらーめん、黒らーめん、黒チャーシュー麺、麦味噌らーめん、麦味噌チャーシュー麺、とんこつ担々麺、からか麺、魚介豚骨濃厚つけ麺、かぼす風味つけ麺、セット用のミニ丼なども用意されています。焼きあご冷やしらーめんもありました。
お客さんは少ないのですが、冷しのため手間がかかるのでしょう。後から博多らーめんを注文したお客さんにも追い越され普通に出来上がってきました。

由丸八重洲仲通り店 焼きあご冷やしらーめん

和風な模様の小さめの器に、品良くに盛られています。少なめに見えます。
麺は、博多ラーメンより気持ち太めのストレート、歯切れが良く硬めです。
スープは、透き通った醤油色が美味しそうですが、ちょっと量が少なめです。癖のない醤油味、出汁の旨味を楽しめます。好みより少ししょっぱめです。
トッピングは、鶏チャーシュー、メンマ、味玉半個、小松菜、鳴門、海苔、青ねぎなどです。鶏チャーシューは、なかなか良い歯応えで、量もあります。
最初に見たときは少なめに思えましたが、食べてみると普通に量はあります。山形の冷やしラーメンで感じられる冷し醤油の癖のようなものもありません。あご出汁も癖がなく、麺も冷やしとしてはかなり食べ易い好みのものでした。冷し中華ほどではないかも知れませんがトッピングも充実して880円です。東京駅八重洲口近くのお店でのこの値段、奮発していい線かなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.10

麺 じげん

じげん

新潟県にかほ市(旧仁賀保町)の「麺 じげん」です。
JR羽越線仁賀保駅の近くにあります。駅前から線路沿いを秋田方面に向かうとすぐ左側にあります。以前お邪魔した「寿し・割烹・うなぎ 松乃井」の並びです。駐車場がありません。少し先の道路沿いの広い所に路駐しました。
にかほ地域で美味しそうなお店を事前にネットで見ていて見つけたお店です。このお店も松乃井同様、テレビのグルメ旅番組で取り上げられていました。
午後12時20分頃に着きました。珍しくいい時間に着いたつもりでしたが、お店の入口まで行くと、ガーン!!入口に“準備中”の札があります。営業時間は、午前 6:30~午後15:30の筈ですがどうしたんでしょう。お店からお客さんが出てきます。お休みではないようなので確認するためお店に入ります。
お店は、左側の入口を入り、少し進むと大きなホールのような広いスペースが現れます。天井も高め、DARTS BAR「Zigen」だったことがよく判ります。ホールの左側と中央にはテーブル席、右側には小上がりがあります。振り返るように右側には手前には厨房があり、その厨房向きのカウンター席もあります。
男性スタッフ2人、『たべられませんか?』と訪ねると『30分程度の待ちになりますが…。』ってことです。カウンター席は空いていましたが他は満席、入口近くの待ち用の席で待ちます。それほど待たずにテーブルが空きました。食べ終わった器の片付けも追い付かない状況ですが、幸いして大きめのテーブルです。空いたテーブル席に座り、器を隅に寄せ、メニューを確認します。

じげん メニュー

メニューは、中華そば、背脂中華そば、チャーシューメン、煮干し中華そば、飛魚中華そば(醤油・塩)、ワンタンメン(飛魚出汁醤油・塩)、バイカ中華そば(醤油・塩)、まぜそばがあります。壁にもいろいろと貼紙があります。鰹ダシ和風ざる中華、あご塩ラーメン、魚介つけめん、海藻ラーメン、数量限定の魚介担々めんもあります。最初なんで基本的な中華そばにしました。
しかし、何度か出来上がったラーメンを運んでいますが、注文を取りに来る気配はありません。『すいません。注文いいですが?』と聞くと『少し待ってください。』、その後、少し待って注文を取りに来てもらえ注文できました。
まあまあの席数もあり、ほとんどのお客さんが待っている状態です。そこそこのペースで出来上がってきますが、もう少し待ちのようです。偶然なのか幼稚園ぐらいの子供を連れた家族が多く、また、忙しない子供だらけです。それを注意できない親が集まったのような状態です。子供より親が情けないです。
スタッフが言っていた通り、30分ぐらいかかって出来上がってきました。

じげん 中華そば

黒い器に醤油色のなんともシンプルな感じでしょうか。彩りが欲しいです。
麺は、やや細の縮れで普通硬さ、あまりツルツル感やプリプリ感もないです。それほど麺自体が美味しいとは感じませんが、スープとの相性は抜群です。
スープは、醤油味でまろやか、かなり強めの鶏ガラ出汁の旨味があります。
トッピングは、硬めの鶏肉、メンマ、ねぎなどです。先日、新宿の笑梟で食べた冷たい肉中華にトッピングされてた硬めの鶏肉にそっくりで驚きました。
鶏ガラ出汁を楽しみました。素朴なのになんか充実した余韻が残りました。
男性スタッフ2人で、わがままなお客が多く、混んできて準備中にしたくなる
のも判るような気がしました。580円と値段もいいところかなと思います。
相方も同じものをいただきました。他の出汁も楽しんでみたいと思います。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.06

肉そば家 笑梟

笑梟

東京都新宿区の「肉そば家 笑梟」です。笑梟は“ふくろう”と読みます。
新宿駅西口から都庁の前を通り、新宿中央公園を突っ切った先にあります。
新宿に冷たい中華を提供のお店があり、その情報を頼りにお邪魔しました。
お店は、間口が狭く奥行きがあります。奥の右側に厨房、左側に厨房向きのカウンター席、手前にテーブル席があります。ちょっと古さもあっていい雰囲気です。正午過ぎに到着しましたが、6割~7割ぐらいのお客さんの入りです。お店に入ってすぐ左側に食券販売機があります。結構、ボタンが多めです。
メニューは、冷たい肉そば、冷たい肉中華、温かい肉そば、温かい肉中華、葱ニラ中華、ワンタンメン、味噌、味噌バターコーン、山椒味噌、辛味噌、つけそば、つけ中華、数量限定とり塩中華などがあります。新たな冷たいラーメン類が食べられるのかなと楽しみにしていましたが、メニューなどの貼紙には、あちこち上に山形と書かれています。夜のつまみも山形の郷土料理だったりもします。新たなものではありませんが、山形の冷たい肉中華にしました。
カウンター席中央に案内されました。スタッフに食券を渡すとランチタイムだけなのか?サービスのライスがあるようで聞かれました。お願いしました。
時間が時間で待ちのお客さんも多く、ちょい待って出来上がってきました。

笑梟 冷たい肉中華

小さく四角い塗りのお盆に塗りのレンゲ、白っぽい器が和を感じさせます。
麺は、やや細の縮れでプリプリした食感、冷しを感じさせる硬さがあります。冷たいので軟らかくなるか判りませんが、先にライスをのんびりと食べます。ほんの少しだけですが、噛応えの軟らかな麺に変わったような気がします。
スープは、醤油味が如何にも優しそうに透き通ったかのような美しいもので、醤油を控えた旨味と鶏出汁の旨味、野菜からだろうか適度な甘味もあります。表面に油も、冷たいのに全然白く濁らず、灯りをキラキラと反射してます。
トッピングは、砂肝のように硬い鶏肉、メンマ、味玉半個、ねぎなどです。
冷たいスープでもこんなに美味しくなるんだ!?って驚きのスープに合う麺、トッピングもまあまあ良くって冷たいハンデを感じさせない中華そばでした。冷たい肉中華が、これで680円です。サービスねライスも付いて。新宿で。なんか凄くお得な感じす。山椒の香りやお蕎麦も楽しんでみたくなります。
あっさり好きには山形市の栄屋本店ですが、バランスなら笑梟が好みかな。

お店を出たら店前にバス停があります。新宿駅西口からそこそこ歩きました。帰りは、バスで帰ることに…。京王バスで、新宿~渋谷間を運行しています。渋谷の方が都合か良いので、道路を渡って反対側から渋谷駅行きに乗ります。渋谷駅近くまでは順調ですが、渋谷駅周辺の混雑とバス降車場に着くまで目が回りそうなぐらいぐるぐると回りました。時間の余裕を使い果たしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.26

にんたまらーめん 金沢トラックステーション店

にんたまらーめん金沢T・S店 にんたま味噌ラーメン(大)

石川県金沢市の「にんたまらーめん 金沢トラックステーション店」です。
国道8号線・北陸自動車道沿い、金沢東ICの下り線入口近くにあります。
金沢トラックステーションの1階にあります。ドライブイン的な施設です。
関東を中心に19店を展開するお店です。残念ながら新潟にはありません。
看板を見かけてどんなお店だろうと思っていました。にんたま乱太郎的な子供も楽しめるラーメン店でしょうか?それにしては24時間365日営業というのは合わないだろうし…。午後も4時を過ぎ、ラーメン店を選べる状態でもなく、記憶の一部が頭をかすめました。この時間でもやってるお店がある。
っということで案内看板に従って進んだら、広い駐車場に大型トラックの並ぶトラックステーションでした。トラックステーションの味ってどうだろう。
宿泊、仮眠、入浴、食事のできる施設で、中央の入口から施設に入ると左側がにんたまらーめんになっています。奥に厨房、広いフロアにテーブル席、手前窓向きにカウンター席があります。高速PAの軽食コーナーを少し広くしたような、社員食堂のような綺麗な店内です。他にも数名のお客さんがいます。
お店に入ってすぐの右側に食券販売機があります。高速PAの軽食コーナーのように写真入りの紹介パネルが横にあります。判り易くはなっていますが、とてもメニューが多くて見るだけもなかなか大変なことになっています。
メニューは、にんたま醤油ラーメン、にんたま味噌ラーメン、にんたま塩ラーメン、プレミアム黒にんたまラーメン、東京ラーメン、札幌味噌ラーメン、あかたまラーメン、ざるラーメン、もやしラーメン、タンメン、焼きそば、朝定食、あさごはん、生姜焼き定食、肉野菜炒め定食、目玉焼き定食、さばの塩焼き定食、スタミナレバー炒め定食、ミニ焼肉丼、カツ丼、スタミナ丼、カレーライス、カツカレー、チャーハン、ぴゅっ飛び餃子、5月の限定で豚すきラーメンもあります。全てに共通か不明ですが大盛り100円の食券があります。にんたまラーメンは、特盛(2倍)、メガ盛(3倍)、餃子セット、チャーハンセット、カレーセット、焼肉丼セットなど手頃なセットがあります。また、ほとんどの麺類には、チャーハンセットがあります。焼きそばには、2.5盛もあります。結構悩むところですが、にんたま味噌ラーメン(大)にしました。
この時間は女性スタッフひとりです。慣れた感じで出来上がってきました。
高速PA軽食コーナーと同じセルフサービス、水を用意し席に移動います。
おとなしい感じの器は樹脂製の軽いもので、トッピングも充実しています。
麺は、普通の太さの縮れ。かなり硬めのゆで加減で、のんびりと食べます。
スープは、味噌の一般的なものですが、にんにくの旨味が加わり、別物に。
トッピングは、チャーシュー、味玉、もやし、ねぎ、海苔などになります。
ニンニクの旨味が強めなことを除けば、一般的な味噌ラーメンかと思います。札幌味噌ラーメンに近いトッピングも良かったと思います。味玉があって普通盛りが600円で、大盛りが+100円。お得なお昼をいただけました。

そう言えば、食券販売機にお風呂券やお風呂回数券のボタンがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.23

らぁめん 北斗

北斗 冷し中華(大)

東京都港区の「らぁめん 北斗」です。
JR新橋駅烏森口から西へ、横断歩道を渡ったすぐ先の左側にあります。
新橋での昼食、冷し中華を食べようと思っていました。それほどの暑さでもないのですが、冷し中華をいただきます。ラーメン店の多い通りで、最初に冷し中華の文字が目に飛び込んできたお店が北斗でした。…でお邪魔しました。
お店は、間口が狭く奥行きがあります。奥には裏側の通りの入口があります。中央の配膳用スペースを囲うようにロの字形のカウンター席だけのお店です。左側に見えないよう厨房があり、スタッフの移動の通路も確保されています。牛丼屋さんを大きくしたようなお店です。午後12時30分頃に着きました。8割~9割ぐらいのお客さんの入りです。中央付近に座れました。
メニューは、味噌らぁめん、もやし味噌らぁめん、野菜味噌らぁめん、ねぎ味噌らぁめん、胡麻味噌坦々麺、豆乳味噌らぁめん、唐ねぎ叉焼らぁめん、炙りトロ叉焼味噌らぁめん、昭和の味噌らぁめん、豚骨味噌らぁめん、豚骨味噌せいろ、豚骨味噌野菜せいろ、新橋らぁめん、夏メニューで冷し坦々麺と冷し中華もあります。冷し坦々麺も結構美味しそうですが、冷し中華にしました。ランチタイム限定、選べる!お得!っていうのがあります。大盛無料、ミニ野沢菜ご飯、温泉玉子から選べます。ミニ野沢菜ご飯をお願いしました。
待ちのお客さんも少なめでしたが、ちょっと待って出来上がってきました。
白い器にボリュームがありそうな感じ、つゆに胡麻が使われていそうです。
麺は、細い縮れ。冷しにありがちな硬さもなく、変に切れたりもしません。
つゆは、醤油にりんご酢と胡麻の風味を加えたもの、まろやかでさわやか。
トッピングは、チャーシュー、ハム、胡瓜、わかめ、もやし、コーン、刻み海苔、紅生姜などです。玉子がありません。レンゲはコーン用でしょうか?
硬過ぎない麺とまろやかでさわやかなつゆ、癖のない食べ易い冷し中華です。ランチタイムのサービスもあっての700円は、結構お得感があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.27

名古屋らーめん なご家

なご家

愛知県名古屋市の「名古屋らーめん なご家」です。
JR名古屋駅の1階だけど半地下のような、名古屋・驛麺通りにあります。
名古屋のお昼も2日目、名古屋のラーメンを食べようかとお邪魔しました。
レストランなど食べ物屋さんが集まる駅構内一角に、さらにラーメン店が7店が集まる通路が名古屋・驛麺通りで、その7店の中からなご家にしました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きや大きな柱を囲うようなカウンター席、その他多くにテーブル席があります。まあまあ新しげな、建物内のお店って感じです。午後1時前に着きました。ほぼ満席に近い賑わいになっています。
メニューは、コーチンパイタン麺、名古屋コーチン塩らーめん、台湾らーめんがあります。トッピングの追加やセット化のサイドメニューも豊富です。残念ながら醤油味のラーメンはありません。コーチンパイタン麺にしました。
時間がかかりそうな賑わいですが駅内の店、普通に出来上がってきました。

なご家 コーチンパイタン麺

縁の高さが非対象で逆さフラスコのような形の白い器に盛られてきました。
麺は、細麺のストレート、九州系ラーメンそのもののような感じの麺です。
スープは、鶏白湯の滑らかで濃厚そうなとろみのあるものです。名古屋コーチンのコラーゲンたっぷりの感じですが、動物っぽい香りが少し気になります。途中からは黒胡椒を挽きかけます。胡椒の香りで和らいでいただけました。
トッピングは、名古屋コーチンの鶏チャーシュー、メンマ、ねぎなどです。
香りが少し気になりましたが、細麺と鶏白湯スープの食べ易いラーメンです。980円とお高いラーメンですが、名古屋コーチンならそんなものでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.25

つけめん 三三七

三三七

神奈川県川崎市の「つけめん 三三七」(さんさんなな)です。
JR川崎駅の南側、県道川崎町田線川崎警察署東側入口交差点角にあります。川崎駅前交番で警察署への行き方を聞き、歩きで駅から10分少々でした。
川崎駅周辺でのお昼、ネットで人気の三三七にしました。好みと合うかな?
お店は、左側に厨房、その手前と右側に厨房向きのカウンター席があります。小さめのお店はカウンター9席だけのちょっと歴史も感じさせる雰囲気です。午後1時10分に着きました。この時間でも4人のお客さんが列んでいます。最初気付きませんでしたが、食券を購入してから列ぶように貼紙があります。お店入口手前、暖簾の下のすぐ手前の左側に小さな食券販売機があります。
メニューは、つけめん特製煮番搾り、つけめん味玉煮番搾り、つけめん煮番しぼり、中華そばとろりそば、中華そば辛とろりそば、中華そば煮干中華そば、つけめん一番搾り、つけめん味玉一番搾り、つけめん一番搾り、つけめん特製辛搾り、つけめん味玉辛搾り、つけめん辛しぼりがあります。つけめんの一番搾りは煮干しのあっさり、煮番搾りは鶏と野菜が中心の濃厚になっています。つけめんの麺量は、並盛り(200g)や中盛り(300g)が同じ値段で選択できます。少なめ(150g)もでき、その場合は味玉のサービスがあります。あつもりもできます。中華そばの予定でしたが、つけめん一番搾り(中盛り)にしました。
10分程待って手前左側の席に案内されました。セルフサービスの冷水機が右側奥にあります。カウンター席の後ろを通って冷水機まで行くのも狭くて大変なので諦めていたら、スタッフが水を持って来てくれました。ありがとう。
麺のゆでに時間がかかっているようで、少し待って出来上がってきました。

三三七 つけめん一番搾り(中盛り)

麺もつけ汁もそれぞれお蕎麦などに似合う、違った器に盛られてきました。
麺は、太めの自然なウェーブで、やや硬めですが、歯切れが心地いいです。
つけ汁は、醤油のしっかりしたもので、醤油と煮干しの旨味がいい感じです。バランス良く癖もありません。あっさりしたかんじなのに麺に良く絡ます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎとシンプルです。
カウンターに、胡椒、七味唐辛子、生姜、にんにく、胡麻、お酢などが置かれてます。生姜で味をきりりと引き締めて長岡っぽく味の変化を楽しみます。
最後に、つけ汁をスープ割りして楽しみます。割ってもなかなかの味です。
つけ汁も濃厚じゃなくあっさりで、麺も変な癖がなく食べ易く、かなり好きな部類。300gの麺を食べて800円、関東でのこの値段ならお手頃かもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.20

麺屋 空海 海浜幕張店

空海海浜幕張

千葉県千葉市美浜区の「麺屋 空海 海浜幕張店」です。
JR京葉線海浜幕張駅の北側、いろんなお店が入る建物の一角にあります。
海浜幕張駅のお昼、近くのリンガーハットと選択になり…お邪魔しました。
お店は、かなり小さめです。右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。まあまあ綺麗な今風のお店です。正午過ぎに着きました。6割程のお客さんの入りです。すぐ左側に食券販売機があります。
メニューは、空海そば、味玉そば、焼豚そば、空海特製そば、わんたんそば、鶏そば、とんこつらーめん、味玉とんこつらーめん、特製とんこつらーめん、つけ麺、特製つけ麺などがあります。そばは塩が標準ですが、殆どのメニューに醤油も用意されています。つけ麺は、大盛(2玉)や特盛(2.5玉)が無料サービスです。他に期間限定らしい春の柚子あえそばもあります。柚子にも興味があります。看板には支那そばとも書かれていますが、支那そばというメニューは見つかりません。空海そばなんでしょう。味玉そば(醤油)にしました。
恐れ多くて、いくら好きでも空海という名前は付けられそうもないと思っているのですが、上越市に次いで2店目の空海です。食べるのもちょっと恐れ多い感じです。高野山もいずれ行ってみたいものです。などと考えていたら普通の待ち時間程度で出来上がってきました。外には3~5人程が列んでいます。

空海海浜幕張 味玉そば(醤油)

黒い器に醤油が濃そうで透き通ったスープ、なんか美味しそうに見えます。
麺は、細めで角のしっかりした弱い縮れ?いやストレート、ツルツル感、モチモチ感とも強めで、硬めのゆで加減もあって、細いけど重量感があります。
スープは、醤油のしっかりしたもので、醤油の旨味と出汁の旨味に油の旨味や甘味が加わります。少し濃いめにして鰈など煮魚に使えそうなスープです。
トッピングは、炙りチャーシュー、メンマ、江戸菜、揚玉ねぎ、ねぎです。
関東は、こってりしたラーメンが殆どのように思っていますが、今日はそうではありませんでした。今風の油の旨味を使ったものでした。支那そばと言えるかどうかは判りませんが、基本の空海そばが800円で味玉そばが860円、安くはありませんが、こってり以外を食べられただけで嬉しく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.07

北大塚ラーメン

北大塚ラーメン

東京都豊島区の「北大塚ラーメン」です。
JR山手線の大塚駅から歩ける程度の場所にあります。北大塚になります。
関東に転勤した中華のカトー本店が好きだった同僚から紹介されたお店です。青島から生姜を抑えたラーメンが食べられるとの情報をいただいています。
お店は、かなり小さめです。その中に2畳~3畳程の小さな厨房があります。手前と左側に厨房向きのカウンター席があります。左側奥に階段があります。2階にも席があるようで、お客さんが下ってきたり、上ったりもしています。綺麗なお店です。正午過ぎに着きました。外に5人、中にも3人の待ちです。入ってすぐ左側に食券販売機があります。入ったタイミングで購入します。
メニューは、なかなかシンプルな構成になってます。ラーメン(並・中)、激辛(半)ラーメン(並・中)、チャーシュー麺(並・中)、激辛(半)チャーシュー麺(並・中)があります。大盛は別料金(150円)。小ライスが売切になっていますがサービスのようです。ランチタイムだけなのかは不明です。駅弁食べ~の移動で小ライスはパス、チャーシュー麺(中)にしました。
列び始めて20分程待ったところで左側のカウンター席に案内されました。
一機に8杯の器を用意、スープを張っています。ゆで上がった麺を入れます。ねぎやメンマ、切ったばかりのチャーシューなどをのせて完成したようです。ようやく出来上がってきました。お店に列んでから25分程、早い方かな?

北大塚ラーメン チャーシュー麺(中)

立ち食いのうどんやお蕎麦のようなシンプルな器に波々と盛られています。
麺は、細めのかなり緩い縮れです。ツルツル感、モチモチ感とも良好です。
スープは、醤油の効いたものでいい感じに旨味があります。やや甘めです。
トッピングは、たっぷりのチャーシュー、メンマ、ねぎなどシンプルです。
チャーシューは脂身が多めで、チャーシューから溶けた油など油が多めです。ちょっとこってりした感じもありますが、醤油の味をいい感じで楽しめます。昔懐かしい中華そば風のラーメンでした。麺の中盛や小ライスがサービスで、ラーメンが600円、チャーシュー麺で800円。かなりお得な昼食でした。チャーシューも結構多めで、次回からラーメンでも良いような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧