カテゴリー「A:県外」の446件の記事

2017.04.25

つけめん 三三七

三三七

神奈川県川崎市の「つけめん 三三七」(さんさんなな)です。
JR川崎駅の南側、県道川崎町田線川崎警察署東側入口交差点角にあります。川崎駅前交番で警察署への行き方を聞き、歩きで駅から10分少々でした。
川崎駅周辺でのお昼、ネットで人気の三三七にしました。好みと合うかな?
お店は、左側に厨房、その手前と右側に厨房向きのカウンター席があります。小さめのお店はカウンター9席だけのちょっと歴史も感じさせる雰囲気です。午後1時10分に着きました。この時間でも4人のお客さんが列んでいます。最初気付きませんでしたが、食券を購入してから列ぶように貼紙があります。お店入口手前、暖簾の下のすぐ手前の左側に小さな食券販売機があります。
メニューは、つけめん特製煮番搾り、つけめん味玉煮番搾り、つけめん煮番しぼり、中華そばとろりそば、中華そば辛とろりそば、中華そば煮干中華そば、つけめん一番搾り、つけめん味玉一番搾り、つけめん一番搾り、つけめん特製辛搾り、つけめん味玉辛搾り、つけめん辛しぼりがあります。つけめんの一番搾りは煮干しのあっさり、煮番搾りは鶏と野菜が中心の濃厚になっています。つけめんの麺量は、並盛り(200g)や中盛り(300g)が同じ値段で選択できます。少なめ(150g)もでき、その場合は味玉のサービスがあります。あつもりもできます。中華そばの予定でしたが、つけめん一番搾り(中盛り)にしました。
10分程待って手前左側の席に案内されました。セルフサービスの冷水機が右側奥にあります。カウンター席の後ろを通って冷水機まで行くのも狭くて大変なので諦めていたら、スタッフが水を持って来てくれました。ありがとう。
麺のゆでに時間がかかっているようで、少し待って出来上がってきました。

三三七 つけめん一番搾り(中盛り)

麺もつけ汁もそれぞれお蕎麦などに似合う、違った器に盛られてきました。
麺は、太めの自然なウェーブで、やや硬めですが、歯切れが心地いいです。
つけ汁は、醤油のしっかりしたもので、醤油と煮干しの旨味がいい感じです。バランス良く癖もありません。あっさりしたかんじなのに麺に良く絡ます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ねぎとシンプルです。
カウンターに、胡椒、七味唐辛子、生姜、にんにく、胡麻、お酢などが置かれてます。生姜で味をきりりと引き締めて長岡っぽく味の変化を楽しみます。
最後に、つけ汁をスープ割りして楽しみます。割ってもなかなかの味です。
つけ汁も濃厚じゃなくあっさりで、麺も変な癖がなく食べ易く、かなり好きな部類。300gの麺を食べて800円、関東でのこの値段ならお手頃かもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.20

麺屋 空海 海浜幕張店

空海海浜幕張

千葉県千葉市美浜区の「麺屋 空海 海浜幕張店」です。
JR京葉線海浜幕張駅の北側、いろんなお店が入る建物の一角にあります。
海浜幕張駅のお昼、近くのリンガーハットと選択になり…お邪魔しました。
お店は、かなり小さめです。右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。まあまあ綺麗な今風のお店です。正午過ぎに着きました。6割程のお客さんの入りです。すぐ左側に食券販売機があります。
メニューは、空海そば、味玉そば、焼豚そば、空海特製そば、わんたんそば、鶏そば、とんこつらーめん、味玉とんこつらーめん、特製とんこつらーめん、つけ麺、特製つけ麺などがあります。そばは塩が標準ですが、殆どのメニューに醤油も用意されています。つけ麺は、大盛(2玉)や特盛(2.5玉)が無料サービスです。他に期間限定らしい春の柚子あえそばもあります。柚子にも興味があります。看板には支那そばとも書かれていますが、支那そばというメニューは見つかりません。空海そばなんでしょう。味玉そば(醤油)にしました。
恐れ多くて、いくら好きでも空海という名前は付けられそうもないと思っているのですが、上越市に次いで2店目の空海です。食べるのもちょっと恐れ多い感じです。高野山もいずれ行ってみたいものです。などと考えていたら普通の待ち時間程度で出来上がってきました。外には3~5人程が列んでいます。

空海海浜幕張 味玉そば(醤油)

黒い器に醤油が濃そうで透き通ったスープ、なんか美味しそうに見えます。
麺は、細めで角のしっかりした弱い縮れ?いやストレート、ツルツル感、モチモチ感とも強めで、硬めのゆで加減もあって、細いけど重量感があります。
スープは、醤油のしっかりしたもので、醤油の旨味と出汁の旨味に油の旨味や甘味が加わります。少し濃いめにして鰈など煮魚に使えそうなスープです。
トッピングは、炙りチャーシュー、メンマ、江戸菜、揚玉ねぎ、ねぎです。
関東は、こってりしたラーメンが殆どのように思っていますが、今日はそうではありませんでした。今風の油の旨味を使ったものでした。支那そばと言えるかどうかは判りませんが、基本の空海そばが800円で味玉そばが860円、安くはありませんが、こってり以外を食べられただけで嬉しく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.07

北大塚ラーメン

北大塚ラーメン

東京都豊島区の「北大塚ラーメン」です。
JR山手線の大塚駅から歩ける程度の場所にあります。北大塚になります。
関東に転勤した中華のカトー本店が好きだった同僚から紹介されたお店です。青島から生姜を抑えたラーメンが食べられるとの情報をいただいています。
お店は、かなり小さめです。その中に2畳~3畳程の小さな厨房があります。手前と左側に厨房向きのカウンター席があります。左側奥に階段があります。2階にも席があるようで、お客さんが下ってきたり、上ったりもしています。綺麗なお店です。正午過ぎに着きました。外に5人、中にも3人の待ちです。入ってすぐ左側に食券販売機があります。入ったタイミングで購入します。
メニューは、なかなかシンプルな構成になってます。ラーメン(並・中)、激辛(半)ラーメン(並・中)、チャーシュー麺(並・中)、激辛(半)チャーシュー麺(並・中)があります。大盛は別料金(150円)。小ライスが売切になっていますがサービスのようです。ランチタイムだけなのかは不明です。駅弁食べ~の移動で小ライスはパス、チャーシュー麺(中)にしました。
列び始めて20分程待ったところで左側のカウンター席に案内されました。
一機に8杯の器を用意、スープを張っています。ゆで上がった麺を入れます。ねぎやメンマ、切ったばかりのチャーシューなどをのせて完成したようです。ようやく出来上がってきました。お店に列んでから25分程、早い方かな?

北大塚ラーメン チャーシュー麺(中)

立ち食いのうどんやお蕎麦のようなシンプルな器に波々と盛られています。
麺は、細めのかなり緩い縮れです。ツルツル感、モチモチ感とも良好です。
スープは、醤油の効いたものでいい感じに旨味があります。やや甘めです。
トッピングは、たっぷりのチャーシュー、メンマ、ねぎなどシンプルです。
チャーシューは脂身が多めで、チャーシューから溶けた油など油が多めです。ちょっとこってりした感じもありますが、醤油の味をいい感じで楽しめます。昔懐かしい中華そば風のラーメンでした。麺の中盛や小ライスがサービスで、ラーメンが600円、チャーシュー麺で800円。かなりお得な昼食でした。チャーシューも結構多めで、次回からラーメンでも良いような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.05

中華 銀座亭

銀座亭

東京都中央区の「中華 銀座亭」です。
銀座7丁目、汐留に近い場所にあります。お店前には花椿通りとあります。
お手頃に食べれそうなお店はないかと歩いていて見かけたお店になります。
お店は、中央に厨房、左右と手前に厨房を囲う形でカウンター席があります。ちょっと古めで、銀座なのに庶民的な中華食堂です。午後12時10分過ぎに着きました。満席かと思ったら、左側奥寄りに1席だけ空きがありました。
メニューは、中華って感じがそれほどありません。らーめん、みそらーめん、たんめん、わかめらーめん、わんたん、わんたん麺、うまにらーめん、チャーシュー麺、みそチャーシュー麺、チャーシューわんたん麺、坦坦麺、らーらー麺、つけめん、野菜つけ麺、みそつけ麺、わかめつけ麺、のりつけ麺、竹の子つけ麺、うまにつけ麺、肉入りつけ麺、坦坦つけ麺、ぴりぴりつけ麺、焼きそば、五目焼きそばなどとても豊富で、ご飯類もかなり豊富にあります。いろいろ食べたいものもありますが、最初なんで基本的ならーめんにしました。
その後もお客さんが来て賑わった状態が続きます。チャーハンが人気です。
手間のかからないメニューだったこともあり、早く出来上がってきました。

銀座亭 らーめん

雷文の落ち着いた白い器に、醤油色の透き通ったスープが美味しそうです。
麺は、やや細やや弱めの縮れ、ツルツルしていますが、ちょっと硬めです。
スープは、透き通った醤油色で、見ため通り癖のないあっさり醤油味です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、ねぎなどです。
銀座で昔懐かしい味のラーメンを楽しまさせていただけました。700円と新潟だったらお高い感じもしますが、銀座ならそこそこお安く感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.04

ラーメン ぷん楽

ぷん楽

東京都江東区の「ラーメン ぷん楽」です。
都道10号線沿い、門前仲町~汐見橋~木場に入った先の右側にあります。
軽飲後のラーメンが楽しめそうだし、なんか暖簾に誘われお邪魔しました。
午後8時過ぎですが、外に東南アジア系の親子が待っています。居酒屋風なところもあり、いつ空くかの目処もありませんが、のんびり待ちます。15分程待つと4人~5人のお客さんが帰りました。スタッフがやってきました。
お店は、右側奥に厨房、右側に厨房向きのカウンター席、手前にテーブル席の小さめの、居酒屋風なお店です。カウンター席の奥寄りに案内されたした。
メニューは、つまみも軽飲には十分な種類があります。牛すじ煮込みがあり、オプションで豆腐や味玉を加えられます。牛すじ煮込み(豆腐・味玉入)と生ビールにしました。喉も乾いたのか?生ビールがすすみます。生ビールをお代わりする頃に牛すじ煮込み(豆腐・味玉入)が出来上がってきました。

ぷん楽 牛すじ煮込み(豆腐・味玉入)

ビーフシチューのような雰囲気で、トマトの効いたデミグラスソース味です。味噌味を想像していましたが…、ビールに合います。650円+50×2。
さて、そろそろ〆ってほど飲んではいませんが、ラーメンでも食べましょう。メニューは、通常っぽいもねが、正油ラーメンと塩ラーメン、それらにカイワレ・ネギ・チャーシューを加えたもの、肉玉つけめん、油そば、ホワイトタンタンメンがあります。いつもあるか不明な…、塩バターラーメン、カレーラーメン、肉汁ラーメンなどもあります。ホワイトタンタンメンにしました。
すぐ作りますか?はい!タイミングが良く、早めに出来上がってきました。

ぷん楽 ホワイトタンタンメン

白っぽい器がパンプキンラーメンかのような黄色スープに覆われています。
麺は、平打ちの普通太のストレートか?かなり弱い縮れ、かなり硬めです。
スープは、表面の油のようなものが黄色いだけで、こってり感はありません。その下は、表面の黄色が嘘のように真っ白で、クリーミーな仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー、もやし、海苔、ねぎと意外とシンプルです。
とてもまろやかでクリーミーな一杯でした。黄色い表面の油のようなものは、何でしょうか。臭みもこってり感もなく不思議です。780円いい線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せたが屋

せたが屋 春野菜とつくね味噌らーめん

東京都品川区の品達ラーメン麺達七人衆にある「せたが屋」です。
品川駅の川崎寄り、京浜急行のガード下にあるラーメン村のようなものです。品達は、ラーメンの達人7人のお店があります。どんぶりの達人五人衆も併設されています。フードコート風になっていれば好きなどんぶりと好きなラーメンの組み合わせられそうですが、各店舗が完全に独立しています。どんぶりは持ち帰りが可能な物がありますが、ラーメン店の持ち込みが無理でしょう。
いつもならどのお店のラーメンを食べようかとひと周りして悩むところです。しかし、なんか可愛いげなポスターがあります。少女マンガのキャラです。
『品達×ラーメン大好き小泉さん』特別企画です。キャラは、小泉さんです。期間は4月1日(土)~5月31日(水)、品達品川および品達羽田の15店で提供される期間限定のメニューを対象としたスタンプラリーで、スタンプのポイントに応じ「品達×ラーメン大好き小泉さん」のオリジナルグッズがもらえます。スタンプラリーは無理でしょうが、限定メニューを食べてみましょう。
ポスターに各店のメニューが紹介されています。品川の「なんつっ亭」は春のえび豚らーめん、「蒙古タンメン 中本」は塩卵麺、「せたが屋」は春野菜とつくね味噌らーめん、「支那そば きび」は春の塩中華そば、「麺屋 翔」は春野菜タンメン、「つけめん TETSU」は鬼あぶらつけめん、「初代 けいすけ」は春のけいじろう、「野郎ラーメン」は竹田式肉醤油そば、「伝説のすた丼屋」はすたみな肉汁麺、「元祖ニュータンタンメン本舗」はキャベツとネギチャーシュータンタンメン、「刀削麺 張家」のじゃじゃ刀削麺、「チチカレー」は品達限定スペシャルカレー、羽田の「金澤味噌ラーメン 神仙」は甘えび味噌ラーメン、「博多とんこつ 笑い豚」は春野菜の豚骨ちゃんぽん、「中華そば 福味」はあさりの冷し塩そば、いろんなのが提供されています。名前と写真で「せたが屋」は春野菜とつくね味噌らーめんにします。
お店前の食券販売機で食券を購入してお店の中に入るようになっていますが、
2人がお店前に列んでいます。食券を購入してから列ぶようにとあります。
メニューは、せたが屋らーめん、のり玉らーめん、らーめん、復活!雲らーめん、魚郎らーめん、せたが屋つけ麺てんこ盛り、のり玉ひらつけ麺てんこ盛り、つけ麺てんこ盛り、せたが屋つけ麺、のり玉ひらつけ麺、つけ麺などがあります。春野菜とつくね味噌らーめんもまだありました。食べてみます。
お店は、左側手前に厨房、全体にテーブル席が多く、大きな柱を回るような大きなテーブルがあり、カウンター席のように使われています。奥に壁向きのカウンター席もあり、それほど待たずにそのカウンター席に案内されました。
混みもあるでしょうが、そこそこ長めの待ちの後、出来上がってきました。
白い器に味噌らしい見た感じ、ポスターほど美しい盛付けではありません。
麺は、普通太の強い縮れ、苦手な元気の良過ぎ麺なのでのんびり食べます。
スープは、味噌味がしっかりして、しょっぱさ・甘さ・こってりのバランスも良いのですが、結構辛めです。さらに付いてきた辛味を加えて楽しみます。
トッピングは、チャーシャー、ゆで野菜(もやしと少量キャベツ)、つくね2個、ねぎなどです。春野菜って少量のキャベツだけのようでガッカリです。
麺は好みじゃなく、トッピングも名前のような感じでもなく、ちょっと残念ですが、スープだけはまあまあ好みのものでした。900円は高いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.27

そば処 中仙道

中仙道(大宮) 中華そば

埼玉県さいたま市の「そば処 中仙道」です。
JR大宮駅の構内にあります。埼玉のお蕎麦の味を楽しもうかと思います。
大宮駅の立ち食いそばでも食べようかと思い、結構探してお邪魔しました。
メニューは、駅構内の普通のお蕎麦屋さんですが、昔ながらのお手頃感があります。かけそば270円、かき揚げ天玉そば470円です。かき揚げ天玉そばで決まりそうなところですが、中華そば390円があります。食べます。
店内の食券販売機で食券を購入し、受け渡し場所に食券を出して待ちます。
すぐに作り始めましたが、出来上がり間近で何かを探しているようです。ゆで玉子がないとのことです。生にしてもらい、すぐに出来上がってきました。
白い器にちょっとシンプル過ぎる色合いですが、スープが美味しそうです。
麺は強い縮れの細麺。モチモチ感の弱さも硬めのゆで加減で食べ易いです。
スープは、醤油のあっさりした中華そば風で、癖がない万人向けの味です。
トッピングは、メニュー紹介の写真ではチャーシュー、メンマ、海苔、多めのねぎなどに見えますが、そこにゆで玉子だったのでしょう。食べた中華そばのトッピングは、チャーシュー、メンマ、生卵、たっぷりのねぎなとでした。
麺、スープ、トッピングとも目立たないものですが390円は立派です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.22

中華そば 神楽

神楽 並そば(醤油)

石川県金沢市の「中華そば 神楽」です。
金沢市寺町にあります。土地勘がなくてカーナビ頼りで到着になりました。
金沢でのお昼。スープが美味しくてもう一度食べたくなりお邪魔しました。
午後1時30分頃に着きました。お店の周辺など11台の駐車場が満車です。通りの向かいにも駐車場がありますが、少し待って店前に駐車できました。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央寄りにカウンター席、右側にテーブル席があります。中規模の和定食なんか似合いそうな食堂って感じのお店です。ほぼ満席状態ですがカウンター席に1席だけ空きがあり、無事に座れました。こんな時間ですが、まだお客さんが来ます。小さな列びが時々できてます。
メニューには、名前が変わっています。並そば、味玉入そば、神楽そば、炭火焼きチャーシュー麺、真空調理チャーシュー麺があり、いずれも醤油・塩味・みそ味から選べるようになっています。過去2回お邪魔しましたが、いずれも滅多に来られないこともあって、トッピングが豪華な醤油味の神楽中華そばを食べています。今回は、普通っぽい線で並そば(醤油)にしました。
その後も賑わいは続いています。まれに2~3人が並んだりもしています。
そこそこの混みですが、普通よりやや早めぐらいで出来上がってきました。
やや派手な器に神楽の豪華さと真逆のシンプルな仕上がりになっています。
麺は、普通の太さの弱い縮れ。超ツルツルでモチモチ感がかなり強めです。
スープは、あっさりした中に醤油とダシの旨味が絶妙な和味のスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎととてもシンプルです。
スープは好みですが、もう少し細い麺だったら…、バランスが難しそうです。シンプルでかなり好みのラーメンですが780円はかなり高く感じます。
でも、また食べたくなるでしょう。たぶん。地元だと出せないお昼代です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.11

文下食堂

文下食堂

山形県鶴岡市の「文下食堂」です。“ほうだししょくどう”と読みます。
旧国道7号線が直角に曲がるモスのある交差点を酒田方面へ、山形日産近く、次の信号機のある交差点を赤川方面へ、少し走った集落の左側にあります。
ネットの写真が美味しそうで、ただ何となく食べたくなりお邪魔しました。
集落に入ると倉庫か作業場のような建物に文下食堂と書かれているのを発見。その前に駐車しても良さそうな雰囲気です。駐車場を表しているのでしょう。午後1時過ぎに着きましたが、賑わっていますが、すんなり駐車できました。混んでいるときに来たのでしょうか?BMWなど路駐の車も見受けられます。お店はどこかな。先のBMWが店先に路駐してました。写真は後にします。
お店は、左側から中央にかけての奥に厨房、手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。ちょっと昔の懐かしい食堂って雰囲気のお店です。この時間でも6割~7割程度のお客さんの入りで、その後もポツポツとやってきます。

文下食堂 メニュー

メニューは、中華そばのみで、量は普通盛と大盛です。トッピングの追加やサイドメニューも一切ありません。ここまで徹底してくれると嬉しくなります。最初なんで基本的な線でいきましょう。中華そば(普通盛)にしました。
先のお客さんの中華そばが出来上がり、次だろうと思ったらゆで鍋のお湯が捨てられました。鍋を洗い、予め暖めてあったお湯を張って麺をゆでました。
時間がかかるかと思いましたが、普通の待ち時間で出来上がってきました。

文下食堂 中華そば(普通盛)

雷文模様がかすれるぐらい使い込んだ器に、醤油色のスープが美味しそう。
麺は、やや細の縮れ、この地区に多い硬めではなく、普通の仕上がりです。
スープは、醤油の濃い色に反してちょうど良いしょっぱさかやや薄味ぐらいに感じるものです。ほのかな魚介の香りが昔懐かしさを感じさせてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎ、海苔です。チャーシューは、適度な歯応えで醤油味がいい感じで染みています。好きなチャーシューです。
昔懐かし中華そばを楽しむことができました。600円はいい線でしょう。

かんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.28

熱烈中華食堂 日高屋 大森東口店

日高屋大森東口店

東京都品川区の「熱烈中華食堂 日高屋 大森東口店」です。
JR京浜東北線大森駅東口ロータリーの向かい側のような位置にあります。
「Homemade Ramen 麦苗」で食べようと思ったのですが、カウンター席9席のお店に20人以上の列び、そこまで時間の余裕もなく、さすがに諦めました。周辺のあっさり系が食べられそうなお店で、ということでお邪魔しました。
お店は、中華食堂って肩書ですが、ファーストに近いもので2階もあります。正午近くになっていますが、1階カウンター席に空きがあり、座れました。
メニューは、ラーメンセットメニュー、ラーメン、定食・飯もの、炒めもの単品、揚げもの単品、餃子・おつまみ、アルコール、お持ち帰りメニューに別れています。ラーメンは、中華そば、味噌ラーメン、野菜たっぷりタンメン、ネギ中華そば、とんこつラーメン、味玉とんこつラーメン、担担麺、ピリ辛とんこつネギラーメン、汁なしラーメン(油そば)などがあります。午前中に駅弁を食べていて、それほどお腹も空いていません…、中華そばにしました。
その後もお客さんがかなりの勢いで訪れて、2階の席へと登っていきます。
ファーストフード並みとは言えませんが、結構早く出来上がってきました。

日高屋大森東口店 中華そば

雷文と鳳凰となんか知らない模様の入った器に、期待通りな中華そばです。
麺は、細麺の縮れ、噛み切れ具合が徐々に良くなってくる不思議な麺です。
スープは、癖のない中華そばらしいもので、魚介系の風味がいい感じです。
トッピングは、チャーシュー小3枚、メンマ、海苔、ねぎとシンプルです。
ボリューム感もそれほどありませんが、単品だとそんなものなのでしょう。
シンプルで癖のない、あっさりした中華そばを楽しまさせていただきました。390円とありましたが税込みです。セットでもお手頃に楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧