カテゴリー「A:県外」の475件の記事

2017.11.08

ラーメン 暁

暁

東京都品川区の「ラーメン 暁」です。
JR京浜東北線・東急線の鎌田駅の西側、駅からほんの少し先にあります。
移動中の昼食は都区内ギリギリの鎌田、ネット画像を見てお邪魔しました。
午前11時30分、開店時間直前に着きました。前に5人の列びがあります。すぐにスタッフが出てきて暖簾を下げ、お客さんを店内へ案内しています。
お店は、間口は狭いのですが、そこそこ奥行きがあります。右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。やや暗め、落ち着いた雰囲気のお店です。入口を入ってすぐの左側に食券販売機があります。
メニューは、煮干ラーメン味玉入り、煮干ラーメン、煮干ラーメン海苔入り、煮干チャーシューメン、スタミナラーメン、辛いパクチー麺などがあります。スタミナラーメンは、“牛肉、キャベツ、ニラキムチをのせ、仕上げに自家製ラー油を加えたラーメンです。”との説明があります。食券販売機の左上のボタン、“一番人気”と書き加えられた煮干ラーメン味玉入りにしました。
食券販売機の隣に水のサーバとコップが…、セルフサービスの水を用意して、カウンター席の中央辺りに座りました。スタッフに食券を渡して待ちます。
開店間際は待たせるお店もありますが、結構早めに出来上がってきました。

暁 煮干ラーメン味玉入り

茶と黒のラインが回る器は、立ち食いそばの器にも似たような雰囲気です。
表面はレアなチャーシューに覆われ、味玉が隅に、彩りがもうひとつです。
麺は、平打ちやや細のストレート、あまり見掛けない~食感のいい麺です。
スープは、煮干し濃厚で蟹味噌入りかのような旨味と苦味、黒い濁りが…。
トッピングは、チャーシュー3枚、味玉、ねぎ、青ねぎなどとシンプルです
ちょっと面白い麺と好みと違うスープ、品のないトッピング、でも東京では人気のようです。煮干ラーメンが800円で煮干ラーメン味玉入りが900円。かなりお高いです。新潟だったら人が少なくてやっていけないような気も?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.04

志奈そば 田なか

新潟市の新潟伊勢丹で開催された『全国うまいもの博』に行ってきました。
日本テレビのズームイン!!サタデーが全国の美味しいもの集めたようです。
東京都豊島区にある「志奈そば 田なか」が出展で、ラーメンが目的です。
会場は6階の催事場です。午後2時過ぎに着きました。10人程の列びです。いつものイートインより狭いです。順調に進み、前金で食券を購入します。
メニューは、鰺ニボ味玉そば、鯵ニボそば、勝浦タンタンメンの3種があり、トッピングの用意もあります。相方と一緒のお昼なのでシェアできます。2味を楽しもうと思います。鯵ニボ味玉そば勝浦タンタンメンにしました。
中央のテーブル席に案内され、普通より少し早めに出来上がってきました。
先に勝浦タンタンメンが、続いてすぐ鯵ニボ味玉そばが運ばれてきました。

田なか 勝浦タンタンメン

白い器に真っ赤なスープ、知っている担々麺ちょっと違う様相のものです。
麺は、ストレートの細麺、ツルツルモチモチして、最後の切れが良いです。
スープは、癖がなく、ラー油を多く浮かせたもの、胡麻の味はありません。
トッピングは、刻みチャーシュー・玉ねぎの炒物、ねぎなどシンプルです。
普通の担々麺とは別物でした。そういうものもあっていいかなとは思います。831円とお高いので、お店にあってもリピートしないだろうと思います。
勝浦タンタンメンを半分ぐらい食べて、鯵ニボ味玉そばとチェンジします。

田なか 鯵ニボ味玉そば

同じ白い器、トッピングの緑色が多めで醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、勝浦タンタンメンと同じ麺。最後の切れ具合が本当に楽しい麺です。
スープは、醤油味のまろやかなもの、鯵煮干しが結構濃いめに出ています。
トッピングは、チャーシュー、味玉、三つ葉、大葉、山くらげ、ねぎです。
鯵の煮干しダシが濃厚なスープで、そのスープに良く合う、好みな麺でした。851円とお高く、味玉なしでも751円。こちらも新潟にお店があっても、全然じゃないけど、なかなかお邪魔する気になれないだろうと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.30

本家 第一旭 たかばし本店

本家第一旭

京都府京都市の「本家 第一旭 たかばし本店」です。
京都駅北口から塩小路通りを東へ、高倉通りとの交差点の近くにあります。
以前に食べた「新福菜館本店」の隣、京都老舗ラーメン店が並んでいます。
京都での昼食です。新潟にもお店のある第一旭、その本店にお邪魔します。
午前11時30分過ぎに着きました。午前5:00~午前2:00と朝ラーから深夜の〆のラーメンまで驚異的な営業時間です。列びはないだろうと勝手に思っていたのですが、お店前の歩道には10人以上の列びができています。
列んでいるとスタッフが来て注文を取っています。メニューをお客に渡すのではなく、見せて注文を聞いています。かなり急いで決めなきゃいけないようでプレッシャーを感じながらも待っていると、いよいよ注文を取りにきました。簡単に決められるか心配していましたが、品数が少なくて大丈夫そうです。
メニューは、特製ラーメン、ラーメン、メンマラーメン、ミニラーメン、肉なし(野菜入)ラーメン、肉増しがあります。特製ラーメンが人気のようで注文している人も多いのですが、まずは基本的な線で、ラーメンにしました。
なかなか進みませんが帰るお客さんが何人か出て、店内に案内されました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。昭和の懐かしさを感じるお店で、テーブル席の相席になりました。
男性スタッフ5人、女性スタッフ1人、早朝からのスタッフと午後のスタッフの両方のスタッフでお昼時間を対応するのでは?と思わせる充実振りです。
麺のゆで時間でしょう?纏まって普通の待ち時間で出来上がってきました。

本家第一旭 ラーメン

緑の龍と赤いラインの使い込んだ器に盛られてます。結構豪華な感じです。
麺は、普通かやや細ぐらいのストレート、とってもモチモチ感が強めです。
スープは、二郎に似た動物系の風味と旨味があり、表面に油が浮いてます。
トッピングは、多めのチャーシュー、たっぷりの九条ねぎ、もやしなどです。筋肉の煮込みっぼいものも入っていました。シンプルでちょっと豪華です。
麺は好みと違い、スープもこってりです。トッピングは、なかなか充実していそうですが、メンマがなくて残念でした。700円はいい線だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.10.27

新橋 大勝軒

新橋大勝軒 ラーメン(大)

東京都港区の「新橋 大勝軒」です。
JR新橋駅烏森口から新橋西大通りへ、居酒屋など繁華街の中にあります。
昨夜は溜まっていたブログ記事をUP、結構遅くなってしまいました。今日も東京です。始発バスでの移動、睡眠不足で駅弁屋の充実した駅弁でも食欲を回復しませんでした。仕事が終わったら美味しいラーメンでもと思っていましたが、お店の午後休憩の時間まで…、やってそうな大勝軒にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけ、外観からの広そうな見た目と違い狭いです。ちょっとの古さと庶民的さを感じさせるお店です。午後3時過ぎに着きました。こんな遅い時間でも飛び飛びにお客さんが座る賑わいになっています。入口が左右にあり、左側入口を入った所に食券販売機があります。
メニューは、特製もりそば、特製辛もりそば、特製みそもりそば、特製辛みそもりそば、オリジナルもりそば、ラーメン、辛ラーメンみそラーメン、辛みそラーメン、オリジナルラーメン、中華そば、チャーシューメン、カレーチーズラーメン、チーズラーメン、スタミナラーメン、醤油ワンタンメン、塩ワンタンメン、油そば、辛油そば、みそ油そば、辛みそ油そば、明太マヨ油そば、カレー油そば、チーズ油そば、台湾まぜそば、スタミナ肉油そば、みそスタミナ肉油そばなどです。主要なものにはトッピングを充実させた全部のせ、もりそばには小もあります。麺の量も幅広く調整できます。もりそば類は、小200g、並300g、大400g、特盛600gです。ラーメン類は、並150g、大225g、特盛300gです。油そばは、並225g、大300g、特盛450gです。いずれも並と大が同じ値段です。もりそばとも思いますが食べています。ラーメン(大)にしました。
女性スタッフ1人ですが、遅い時間の賑わい普通に出来上がってきました。
青いお花模様が入った白い器の表面を充実したトッピングが覆っています。
麺は、太く弱いウェーブ、つけめんの麺は超もちもちで好みを越えてます。
スープは、つけめんではあっさりしていますが、ラーメンではこってりです。醤油って感じはそれほど強くありませんが、旨味がちょうどいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、半煮玉子、海苔、鳴門、ねぎです。
同じ麺、似たスープですが、もりそばとラーメンの違いを体験することができました。もりそばのモチモチ感をラーメンで食べるのはなかなか大変でした。225gの麺で結構お腹いっぱいになりました。700円と安くはないのですが、都内を代表するビジネス街の駅近く、まあまあいい線ではないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.26

新橋 纏

纏 アプローチ

纏

東京都港区の「新橋 纏」です。
JR新橋駅烏森口から西へ、居酒屋等の繁華街の中にひっそりとあります。
最近のラーメンが好きな知り合いから教えてもらったのでどうでしょうか?
店名を教えてもらったので住所をネットで調べ、辿り着くことができました。ビル建設らしきパイル打ち現場との間に狭い通路があり、その先にお店があります。通路入口付近に貼紙があり判りました。貼紙がなかったら無理です。
お店は、入口を入った正面に食券販売機があり、右側に開けます。奥に厨房、手前から右側奥にLの字形の厨房向きのカウンター席があります。狭い小料理屋さんのような感じです。午後1時30分過ぎに着きました。食券販売機前から3人のお客さんの待ちです。割りと早めに食券販売機前まで進みました。

纏 メニュー

メニューは、平子煮干しそば、特製平子煮干しそば、烏賊干鶏白湯醤油そば、特製烏賊干鶏白湯醤油そば、濃厚鶏つけ麺があります。トッピングの追加やサイドもニューも用意されてます。基本そうな平子煮干しそばにしました。
食券をスタッフに渡して待ちます。ちょっとすると席が空き、座れました。
板前さんのような格好の男性スタッフ2人こなしてします。大きな寸胴から小さな寸胴まで、個別にスープを温める鍋まで、いろんな鍋類が並んでいます。混み合ってますが食券を先に渡していたので早めに出来上がってきました。

纏 平子煮干しそば

白い小さな深い器に盛られてきました。豚骨か味噌かのようなスープです。
麺は、細麺のストレートぽく、飛びっきりツルツルで、モッチモッチです。
トッピングは、チャーシュー、穂先メンマ、海苔、香草?、ねぎなどです。
醤油の旨味と煮干しの旨味、自然な甘味が好みのスープですが、麺がきかん坊で大暴れのような、麺の印象が強く残る煮干しそばでした。750円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.25

中華そば つし馬

つし馬

東京都台東区の「中華そば つし馬」です。
浅草エリアです。浅草寺の仲見世通りと交差するかんのん通りにあります。
ネットを見て美味しそうだったので食べて見ようかと思いお邪魔しました。
お店前に看板があり、また暖簾などに“青森煮干し中華そば”とあります。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。ちょっと昭和を思わせる店内です。午後8時10分過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。お店前に食券販売機があります。
メニューは、中華そば(並)、中華そば(大)、バリ煮干しそば(限定50食)、つけ麺(並)、つけ麺(大)、冷やし煮干しそば(夏季限定)があり、各大盛りには“特盛もできます。+120円”との吹き出しがあります。おにぎり(味噌、鮭、明太)、明太ごはん、韓国風明太子ごはん、ごはん、一口餃子もあります。明太ごはん、韓国風明太子ごはんにはランチタイム割り引きもあります。最初なので基本的なものからと、中華そば(並)にしました。
職人風な親父さんと日本語がちょっと不馴れな女性スタッフでこなしてます。観光客風のお客さんも多く待ちも多いすが、普通に出来上がってきました。

つし馬 中華そば(並)

雷文模様が掠れかけた使い込んだ器に、醤油色のスープか美味しそうです。
麺は、普通太のストレートで小麦がほのかに香ります。旨味がいい感じです。積み重ねられた麺の入った段ボールには札幌小林製麺所と書かれています。
スープは、あっさりした醤油味、煮干しダシの優しい旨味がいい感じです。
トッピングは、チャーシューが3枚、細めのメンマ、ねぎとシンプルです。
好きなスープで美味しい麺ですが、細い縮れの麺でも食べてみたくなります。チャーシューが3枚も入っていて、680円も妥当な線かなと思います。

雷門

浅草寺

食後のお散歩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺酎房 赤まる

赤まる

東京都港区の「麺酎房 赤まる」です。
虎ノ門にあります。銀座線虎ノ門駅と虎ノ門ヒルズの中間辺りにあります。
虎ノ門でのお昼、ネットで食べれそうなお店を探して見つけた赤まるです。
住所を便りに地図などを使わすに辿り着きました。少し余分に歩きました。
お店は、右側奥に厨房、それ以外はテーブル席の広いお店です。黒いテーブルや椅子、夜っぽい照明、壁にはメニューの貼紙、棚にはボトル、店名の通りのラーメンが食べられる居酒屋です。正午過ぎに着きました。3~4割程度のお客さんの入りが、次々とお客さんがきて、結構な賑わいになってきました。
壁に貼られたメニューには、阪神タイガース関連のお酒なども結構あります。熱烈他球団ファンは嫌でしょう。訪れない方が懸命なお店かも知れません。
メニューは、いつものワンコインシリーズが醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、とんこつラーメンがあり、他にもつけめん、猛虎ラーメン、カレーラーメンがあります。トッピングの追加やサイドメニュー、セットなどまで、さらには、定食など豊富に揃っています。普通の醤油ラーメンにしました。
お客さんで賑わう前に注文できていたので、早めに出来上がってきました。

赤まる 醤油ラーメン

双喜文と龍の中華らしい器に醤油色の濃いスープがとても美味しそうです。
麺は、細麺の縮れ、口の中での触感がとても良く、歯応えも楽しい麺です。
スープは、濃い醤油色に反して薄味、背脂が浮いていますがあっさりです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、もやし、ねぎなどです。
強い印象はありませんが麺もスープもトッピングもワンコインでいいの!って感じのラーメンでした。人が多いからできるんでしょう。ありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.18

ラーメンショップ 城東店

ラーメンショップ城東店 みそネギラーメン

栃木県小山市の「ラーメンショップ 城東店」です。
小山駅の北東方向、東北新幹線と交差する県道264号線沿いにあります。
小山市内を移動中の昼食です。時間も少なく、見つけたお店に入りました。
お店は、左側に厨房、その手前から中央にかけてカウンター席、右側手前に小上がりがあります。窓も広くラーメンショップらしいお店です。正午過ぎに着きました。カウンター席の半分ぐらいにお客さんが座っています。入って右側を振り替えると食券販売機があります。未使用のボタンが多い気がします。
メニューは、ラーメンとみそラーメン、それらにチャーシューやネギを加えたもの、つけめん、みそつけめんなどがあります。ラーメンショップらしくネギラーメンと書かれた幟がありちょっと…。みそネギラーメンにしました。
それほどの混みもなく、メニューも少なく、早めに出来上がってきました。
水色の浅めの大きな器に、たっぷりのねぎがとても美味しそうに見えます。
麺は、味噌味のラーメンですが細めの縮れ、ちょっと硬めのゆで加減です。
スープは、味噌味の薄味であっさりしています。ちょっと物足りないかな。
トッピングは、チャーシュー、キャベツともやしの野菜炒め、海苔2枚、わかめ、ねぎなどです。ねぎは、細い縦切りねぎを辛味に和えられたものです。
まあまあ優しくあっさりのみそラーメンです。あっさりのスープに合う、細い麺、ねぎをたっぷりいただいて、720円。いい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.26

中華料理 蘭苑菜館

蘭苑菜館

東京都港区の「中華料理 蘭苑菜館」です。
JR新橋駅烏森口から西へ、居酒屋が多い繁華街のちょっと先にあります。
新橋での昼食、思ったより暖かく、冷し中華の幟に誘われお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央から手前にかけて厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。中華料理店のような庶民的食堂のような雰囲気です。午後1時過ぎに着きました。3割~4割程度のお客さんの入りです。空いてます。と思ったら何組かのお客さんでほぼ満席のような賑わいになりました。
メニューは、ランチ~夕食用のメニューがあります。定食が6種、麺・やきそばが9種あります。その麺、ヤキソバは、汁なし牛肉坦々麺、醤油タレ五目冷やしそば、冷やし坦々麺、激辛四川冷やし坦々麺、上海炒めヤキソバ、五目あんかけヤキソバ、五目麺、ちょい辛坦々麺、酸辛湯麺(辛くて酸っぱいそば)などがあります。サービスもあります。定食はライスお替り1回無料、麺・やきそばは小ライスか大盛りのいずれか無料です。サービス丼が2種あります。中華丼や麻婆豆腐丼で、小スープ付きでもなんと580円で提供しています。サービス丼も良さそうなんですが、醤油タレ五目冷やしそばにしました。
スタッフは中国人なんでしょうか。日本語らしき言葉が聞こえてきません。
早く注文できて良かったです。冷やしなのに早めに出来上がってきました。

蘭苑菜館 醤油タレ五目冷やしそば

白い丼のような器に綺麗に盛り付けてます。彩りもなかなかいい感じです。
麺は、細麺の縮れ、それほどの硬さもなく、ちょっと面白味がありません。
つゆは、醤油味の一般的なものですが、酸味がなかなか爽やかに感じます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、胡瓜、トマト、わかめ、玉子です。
中華料理の冷やし中華は、盛り付けが綺麗で好きです。麺は硬過ぎながったのは良かったのですが、ちょっと歯応えを楽しめるなんかが欲しかった。つゆは爽やかでした。なかなか楽しく食べれました。850円もいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.24

札幌真麺処 幸村

幸村 味噌

新潟市の「新潟伊勢丹」で催されている『秋の大北海道展』に行きました。
好きながごめ昆布を買うのが目的で、ラーメンも楽しみにお邪魔しました。
万代シティでのイベントの開催もあるようで、付近はかなり渋滞しています。いつもの伊勢丹近くの駐車場には、いつ到着できるか全く判らない状況です。ちょっと新潟駅寄りの駐車場に車を入れ、万代シティまで少し歩きました。
万代シティのイベントも重なり、万代シティの歩行天など混み合っています。とはいってものんびり無理せず、流れにのって伊勢丹までたどり着きました。会場は、6階の催事場です。エレベータも混んでいて1回だけ見送りました。北海道展や九州展や他のイベントも来ていますが、最大級の混み具合です。
午後2時10分過ぎにイートインに列びました。前には20人程の待ちです。貼紙があります。出展しているお店は、札幌市の「札幌真麺処 幸村」です。店主は、白樺山荘で修行とのことです。新潟県初上陸的な言葉はありません。幸村は、いつだったかはっきりしていませんが、食べたような気もします。
メニューは、味噌、しょうゆ、梅しお、辛みその4味と味たまごの追加です。前も味噌を食べたような気がしますが、また、味噌を食べようと思います。
列が進みイートインの入口レジで食券を購入します。もう少しの待ちです。
イートインは、テーブル席と壁向きのカウンター席、間もなく座れました。
その後も暫くの待って出来上がってきました。列び始めから約30分です。
白い器に味噌味を楽しめそうなスープ、トッピングも充実していそうです。
麺は、普通の太さ強い縮れで少し硬め、札幌味噌ラーメンらしいものです。
スープは、味噌味がしっかり濃いめ、浮いてる油も多くこってりしています。そこに焦がしねぎが残る焦がしねぎ油が、ちょっと癖のある仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし、ねぎ、焦がしねぎ、海苔などです。味噌ラーメンでも充実したトッピングがあると嬉しくなってきます。
札幌的味噌ラーメンらしいラーメンでした。864円です。安くはないのですが、それなり質の高い味噌ラーメンでした。相方も同じものを食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧