カテゴリー「B:焼きそば・つけめん」の211件の記事

2020.01.10

麺屋 しゃがら 青山店

Photo_20200112222301

新潟市の「麺屋 しゃがら 青山店」です。
青山から黒埼に向かう道沿い、平島にあります。岡村家~昇があった場所です。
お腹が超空きました。手頃にガッツリ食べようと思い麺屋しゃがら青山店にしました。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、右側に小上がりがあります。左側に製麺室がありましたが、テーブル席に変わっています。ラーメン屋さんらしい雰囲気のお店です。正午過ぎに着きました。8割~9割ぐらいのお客さんの入りでしょうか、カウンター席の中央に座れました。
メニューは、?、変わっています。醤油、味噌、つけ麺の区分けは変わっていませんが、今までのらーめん、ちゃーしゅーめんに加え、特選と味玉のバリエーションが加わりました。醤油らーめんの特選は関ヶ原らーめん、味噌らーめんの特選は合わせ味噌らーめんという名前です。醤油は関ヶ原たまり醤油を使用、味噌は新潟の老舗味噌蔵の味噌を使用しています。つけ麺は、今までのつけ麺に特選のしゃがらつけ麺が加わっています。しゃがらつけ麺の上に関ヶ原らーめんの醤油ダレをブレンド使用と書かれています。しゃがらつけ麺だけなのか?つけ麺もなのかは不明です。このお店が好きでありがたいのは麺の大盛10円増し、特盛20円増しのところです。麺の量は、基本=180グラム、大盛=1.5玉、特盛=2玉になってます。つけ麺は、並=1.5玉、大盛=2玉、特盛=2.5玉の量です。がっつり食べましょう。つけ麺(特盛)にしました。
男性店主と女性スタッフ3人、女性スタッフの元気な声が心地良いです。今まで気付いていませんでした。出来上がり待ちのお客さんも多く、そこそこ待って出来上がってきました。
青の鮮やかな揃いの器に盛られてきました。さすがに麺のボリュームが手強そうです。
麺は、ウェープがかった弱い縮れの太麺です。モチモチ感が強めでゆで加減も硬め、つけ麺らしい麺です。
つけ汁は、醤油味が程良く、動物系っぽい旨みと魚介系の香りのしっかりしたもの、結構サラサラしています。
トッピングは、つけ汁の器にチャーシュー、メンマ、もやし、ねぎが入り、味玉半個、海苔、魚粉が上にのっています。麺に青ねぎがのっています。つけ汁は、そのままだと麺が潜らないほどたっぷりです。
ラーメンだと好みとかなり違った麺ですが、つけめんだと普通に食べれます。つけめんの麺は特盛で450gもあります。かなり多め、がっつりに感じました。
割りスープは、お茶の急須でいただけます。
つけ麺750円+特盛20円のお昼でした。前回から時間も経ちましたが、20円値上がりしていました。ボリュームを考えればそれでも十分にお手頃に思えます。お腹いっぱいです。

| | コメント (0)

2020.01.09

蓬来軒

Photo_20200112221801

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路のやや東寄り、新潟市役所(上大川前庁舎)の向かいにあります。
昨日、大江戸で焼きそばを食べようか悩みましたがまだ尾を引く状態、やっぱり焼きそばが食べたくなり、蓬来軒にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央と厨房手前に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。なんか落ち着く古さのある庶民的な中華料理屋さんです。午後12時10分過ぎ、7割~8割程度のお客さんの入りです。
メニューは、1枚ものから写真の大きなブックタイプに変わり、より判り易くなりました。らーめん、ミニらーめん、めんまらーめん、ちゃーしゅーめん、潮らーめん、わんたんめん(9月中旬~5月中旬頃)、わんたん(9月中旬~5月中旬頃)、たんめん、味噌たんめん、四川たんめん、きくらげたんめん、特製たんめん、焼きそば、揚げそば、広東めん、麻婆めん、天津めん、冷やし中華(5月中旬~9月中旬頃)、潮つけめん、四川つけめん、麻婆つけめんがあります。冷やし中華は、普通の冷やし中華の他に、玉ねぎ入り、納豆入り、チャーシュー入りがあります。ご飯ものや一品料理も豊富です。らーめんはお手頃ですが、他は手間のためかお高めです。焼きそば(大盛)にしました。
中華鍋を使うメニューの注文が多いときには、時間のかかることがあります。女将さんと息子さんの2人で中華鍋をあおり、わりと早めに出来上がります。今日は待ちのお客さんが普通にいて、中華鍋を使う注文も普通に入っているようです。いつもよりちょっと長めに待ったかなって頃に出来上がってきました。
お店の名前の入った器に細麺の焼きそばが、チャーハンのように丸く盛り付けられています。量はそんなに多くには見えません。
麺は、極細緩めの縮れです。一度ゆでた麺を冷水で締めてから使っています。そのためかは不明ですが歯応えのある、油でコーティングされたような仕上がりになっています。
味付けは、中華風でサラッとした感じ。ソースと醤油と塩のいいとこ取りしたような味付けです。ソース焼きそばとは違います。
具は、キャベツ、玉ねぎ、人参、豚肉などです。一緒に、いい感じに炒められています。
味付けが濃いめではないこともあって、また、ソース焼きそばが食べたかったので、途中からソースをかけて食べみます。熱の通っていないソースは少し酸味が強く感じます。
スープが付きます。ラーメンでも美味しいスープは、ラーメンより薄味で、やっぱり美味しく、焼きそばを単品的なものから料理ってワンランク上の食べ物にしてくれます。
普通盛が850円で大盛が950円、ちょっとお高いですが好みの焼きそばです。

| | コメント (1)

2019.12.27

まぜ麺 笑喜

Photo_20191229113401

新潟市の「まぜ麺 笑喜」です。
新潟駅前エリアにあります。万代口バスターミナルの向かいの通り沿いです。「辛味噌亭 とうせんや」少し先、「らーめん 濱来た」→「支那そば とうせんや」だった建物です。
前を通った時になんか新しいお店になっているぞとは思っていましたが、好みとは違う味のお店が多かったのでスルーしていました。新潟駅前でのお昼も続いたので、たまには違うお店で食べてみようかとお邪魔しました。まぜ麺のおみせとは!
お店は、間口が狭く奥行きがあります。左側奥に厨房、右側奥と厨房の手前に厨房向きのカウンター席、右側手前にテーブル席があります。以前の狭い感じのお店も知っているので、綺麗で狭さを感じなくなりました。正午過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。カウンター席に案内されました。注文は、用紙にチェックを入れてスタッフに渡す方法です。
メニューは、まぜ麺のみで、味は3種類あります。海鮮塩、生姜醤油、辛味噌です。海鮮塩(しじみタレ+岩塩)は、青ねぎ、味たまご、ひき肉、鶏チャーシュー、岩のり、しらすが入っています。生姜醤油(しじみタレ+新潟県産生姜+魚醤)は、生生姜、ほうれん草、味たまご、ひき肉、豚チャーシュー、岩のりが入っています。辛味噌(しじみタレ+信州赤味噌+7種類の辛味)は、キャベツ、もやし、水菜、味たまご、旨辛ひき肉、豚チャーシューが入っています。麺の量は、1玉、1.5玉、2玉があります。味と麺の量を決めれば注文できますが、さらにトッピングを加えて楽しめます。トッピングは、玉ねぎ、白髪ねぎ、青ねぎ、キャベツ、トマト、ほうれん草、もやし、メンマ、パクチー、マヨネーズ、チーズ、ベビースター、温たまご、味たまご、生たまご、旨辛ひき肉、ひき肉、鶏チャーシュー、豚チャーシュー、蒸しエビ、蒸しイカ、めんたいこ、岩のり、しらす、シーチキン、鮭フレークがあります。もれなくしじみスープが付きます。サイドメニューは、十五穀米のご飯があります。ランチタイムは、麺の大盛りor十五穀米のご飯がサービスされます。まぜ麺(生姜醤油 大盛)にしました。
また、しじみスープの出すタイミングを聞かれます。まぜ麺の前、同時、後から指定出来ます。同じでお願いしました。
しじみスープは、普通に飲むのはもちろん、まぜ麺に入れてラーメンのようにする、まぜ麺を食べ終わって残ったタレの割りスープとして入れ、つけ麺のつけ汁ように飲めます。
空いてはいますが、時間がかかって出来上がってきました。

Photo_20191229113402

お皿っぼい白い器の表面をトッピングが覆っています。
そのまま方が見た感じは好みですが、目一杯混ぜます。なんか食べ物らしくない見た目になってしまいました。
麺は、太い縮れ、やや硬めでモチモチした食感の強い麺です。この麺ならいくら激しく混ぜても千切れないでしょう。
タレは、生姜醤油とのことですが、生姜味が控えられてます。濃い味で混ぜてもまだ味の濃さが濃く感じられる程です。
トッピングは、生生姜、ほうれん草、味たまご、ひき肉、豚チャーシュー、岩のりなどです。混ぜてしまうとそれぞれの食材のまぜ麺全体に対する効果が判り辛いです。
しじみのスープは、少しだけ飲んで、残りは割りスープのように残ったタレを割って飲みした。そこそこありがたいのですが、それ程の美味しさは感じられませんでした。
また、カウンター上には豊富な調味料や味変パウダーがあります。あまりに多いと途中から面倒になってきます。
混ぜて綺麗じゃないのがやはり好みの食べ物ではありませんが、味的にはなかなか楽しめました。ランチタイムのサービスまであっての770円ならかなりお得感があります。

| | コメント (0)

2019.12.12

風の味 麺や 勝

Photo_20191216014001

新潟市の「風の味 麺や 勝」です。
国道113号線(空港通り)沿いのあります。多くの郊外店が建ち並ぶ賑やかな辺り、物見山交差点の近くです。
つけ麺でも食べようかと思い浮かんだのが、つけ麺が人気のお店「風の味 麺や 勝」です。久々にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前と左側に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。そんなに新しくはないはずですがなかなか綺麗な、ちょっと小さめのお店です。午後12時30分過ぎに着きました。7割~8割ぐらいのお客さんの入り、手前のカウンター席に案内されました。
めにゅーは、特製辛つけめん、特製つけめん、辛つけめん、つけめん、みそちゃーしゅう、みそらーめん、もやしちゃーしゅう、もやしらーめん、ちゃーしゅうめん、らーめん、だしの極みちゃーしゅう、だしの極みらーめん、らーめん(小)などがあります。辛つけめんは、1辛~5辛までの辛さを選べます。6辛以上も追加料金で対応してもらえます。大盛110円増、ダブル(つけめん類のみ)220円増、つけめん類のみ中盛(280g)まで無料、つけめん類はあつもり可、みその辛味の別皿可との説明があります。麺のボリュームが判り難いのですが、以前と同じなら並盛(230g)、中盛(280g)、大盛(340g)のはずです。以前食べた時は、大盛まで無料でした。別で平日ランチタイム限定のミニちゃーしゅう丼、ゆずあります、というのもあります。つけめん(中盛)+ゆずにしました。
待ちのお客さんが多く、麺のゆで時間もかかっているようで、そこそこまったところで出来上がってきました。
麺・つけ汁ともに白い器に入ってきましたが、麺は店名の入ったラーメン丼で、つけ汁はちょっと段があって渋く感じます。
麺は、太くほぼストレートに近い弱い縮れです。表面は軟かくツルツルですが、中心部は物凄く強いコシに驚かされます。
つけ汁は、ダブルスープです。豚骨と鶏ガラのまろやかよりもこってりに近いトロミがあります。動物系の旨味と上にのった魚粉によって一層強くなった魚介系の香りが楽しめます。柚子の香りが自然な感じにつけ汁を爽やかに仕上げてくれます。
トッピングは、つけ汁に角煮のようなチャーシュー、メンマ、鳴門、青物、海苔、魚粉、ねぎなどで、麺に味玉半個です。
モチモチ感の凄く強い麺とトロミのあるつけ汁、充実したトッピング、中盛り280gのボリュームで820円、いいかも。

| | コメント (0)

2019.11.02

麺処 遥か

Photo_20191105025901

新潟市の「麺処 遥か」です。
小新~小針間の市道沿い、西川の東側にあります。『いっとうや』→『なおじⅡ号』→『赤なおじ』→『みそら』→『おこじょ』だった建物になります。
この前食べて好みだったので、また食べてみようと相方とお邪魔しました。
お店は、幅広の建物で、奥に厨房、手前と左側に厨房向きのカウンター席、さらに左側に小上がりがあります。内装に手を加えたようでちょっと綺麗です。午後1時分過ぎに着きました。6割~7割のお客さんの入りで、カウンター席に案内されました。入口を入って左側にあるおしぼりを持って移動します。
メニューは、背脂チャッチャ系!と4種類のミソをブレンド!に別かれています。背脂チャッチャ系!は、背脂らーめん、背脂岩のりらーめん、背脂チャーシュめん、つけ麺などがあります。4種類のミソをブレンド!は、ミソらーめん、ミソチャーシューめんがあります。トッピングやサイドメニューも豊富にあります。前回は、背脂岩のりらーめんを食べましたが、その時につけ麺を食べているお客さんがいました。らーめんと同じ細麺で食べてみたいと思っていました。順番にミソらーめんも食べてみたいのですが、つけ麺にしました。
出来上がり待ちのお客さんも多く、ちょっと待って出来上がってきました。
麺・つけ汁とも黒く渋めの器に、食べ易そうな細い麺と背脂のつけ汁です。
麺は、やや細の縮れ。程良い硬さと食感で、噛むとモチモチ感が強いです。
つけ汁は、醤油味のしっかりしたもので、表面に多めの背脂が浮いています。背脂は、食べている時は気になりませんが、後で口の中に臭いが残ります。
トッピングは、麺にチャーシュー、メンマ、味玉半個、つけ汁にねぎです。
麺は270gとボリュームがあり好みの細麺でしたが、つけ汁の臭いが口に残り、ちょっと後味が良くなかったです。つけ麺は800円、そんなものかな。

Photo_20191105030501

相方の食べたミソらーめんです。800円です。

| | コメント (0)

2019.10.31

お好み焼 まほろば

Photo_20191105023601

新潟市の「お好み焼 まほろば」です。
古町エリアというか?本町のイトーヨーカドー丸大新潟店7階にあります。
ソース味の美味しい焼きそばが食べたくなり、まほろばにお邪魔しました。
お店は、大手スーパーの一角。入口の脇には、まるでレストランかのように食品サンプルが飾られています。奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。お好み焼き店にしては、なかなか落ち着いた雰囲気のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。6割~7割ぐらいのお客さんの入りです。レストラン「ファミール」が閉店した影響でしょうか?前に食べた時と違って賑わっています。ファミール跡は、休憩室になっていました。
メニューは、お好み焼きや鉄板焼きなど豊富なメニューが用意されています。まほろば・ランチと題された1枚ものメニューがあります。Aランチセット、Bランチセット、W(ダブル)セットの3種類です。Aランチセットは、お好み焼きまたは焼きそばととん汁+おにぎりのセットです。Bランチセットは、お好み焼きまたは焼きそばとミニサラダのセットです。ドレッシングは、ゆずしょうゆまたはゴマクリーミーから選べます。Wセットは、お好み焼き+焼きそば(小盛)のセットです。お好み焼きは、ぶた玉、いか玉、チーズ玉から選べます。焼きそばは、ぶた焼きそば(ソース味・塩味)、いか焼きそば(ソース味・塩味)の2種4味から選べます。セットにはドリンクがつきます。コーヒー(ホット・アイス)、ウーロン茶、オレンジジュース、カルピス(ウォーター・ソーダ)、コーラ、ジンジャエール、メロンソーダなどから選べます。Aランチセット(いか焼きそば(ソース味)+とん汁+おにぎりのセット)にしました。ドリンクは、コーラにしました。選ぶことが多くて大変です。
空いてはいますがそこそこ手間がかかるようで普通に出来上がってきました。お好み焼き屋さんのテーブルは、火が入っていなくても違和感があります。
焼きそばは、普通の太さの縮れ麺で、久々にソースの味が見事なまでにしっかり効いた焼きそばです。具は、キャベツ、もやし、いかで、紅生姜が添えられています。お好み焼きのように好みで青海苔と鰹節をかけていただきます。
とん汁は、味噌味の控えめなあっさりしたもの。あっさりしたとん汁は、なかなか好みのものと出会えませんが、とてもバランス良く仕上がっています。
おにぎりは、ボリューム的に少なめですが、お米もいただくってことです。
ソースしっかりの焼きそばにあっさりとん汁、お米も食べられて、ドリンクも付いて780円です。お好み焼き屋さんの焼きそばランチもなかなかです。
そうそう、食べている途中から待ちのお客さんが列ぶようになりました。

| | コメント (2)

2019.10.25

中華そば 来味 東堀店

Photo_20191028031801

新潟市の「中華そば 来味 東堀店」です。
新潟市のど真ん中にあります。柾谷小路と東堀通との交差点角の…隣です。
お腹が空きガッツリ食べようかと、特大盛が無料の来味にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。小さめのちょっと古い感じもある中華そば屋さんです。お店に入った時に煮干しのいい香りがして、なぜかホッとします。午後12時10分過ぎに着きました。6割~7割ほどのお客さんの入り、まあまあ賑わっています。
メニューは、新しくなり内容も変わっています。中華そば、ちゃーしゅう麺、肉わんたん麺(4個)、辛そば(1辛~3辛)、辛そばちゃーしゅう麺、つけ麺(1,5玉)、辛つけ麺などがあり。大盛り無料(9時以降100円)、特大盛り無料(9時以降200円)となっています。他にも、トッピング、サイドメニュー、おつまみ、アルコールなどがあります。今までしばらく値上げをしていなかったこともあってか?全品一気に100円の値上がりになっています。ボリューム感のあるものを食べたい時にはありがたいお店でしたが、ありがたみが薄れ、普通盛りはお高い感じです。つけ麺(特大盛)にしました。
待ちのお客さんも多くいましたが、そこそこ早めに出来上がってきました。
麺、つけ汁とも白い器です。シンプルながらなかなか綺麗な盛り付けです。
麺は、極細のストレート。へぎそばの手振り風に小分けした盛り付けです。
つけ汁は、煮干し中華そば風、煮干しダシの濃厚な旨味と風味があります。
トッピングは、麺にチャーシュー・メンマ・岩海苔、海苔、ねぎなどです。
最後につけ汁のスープ割りを楽しもうと思いましたが、そのままいけまた。
昔ながらの煮干しダシの中華そばをつけ麺にしたようなもの。心地良い極細麺を煮干しダシの旨味と風味が濃厚なのにあっさりした醤油味のつけ汁でいただくつけ麺でした。800円で特大盛りが食べられるんですから助かりますが、普通盛りだとちょっとお高いようです。お腹が空いたらまたお邪魔します。
まるしん、来味、蓬来軒など細麺+あっさりつけ汁のつけ麺は好みかも!?

| | コメント (0)

2019.10.10

蓬来軒

Photo_20191013111201

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路のやや東寄り、新潟市役所(上大川前庁舎)の向かいにあります。
テレビで見た訳でもなく、なぜか判りませんが急に焼きそばが食べたくなり、大江戸にしようか?蓬来軒にしようか?少し悩み蓬来軒にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央と厨房手前に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。なんか落ち着く古さのある庶民的な中華料理屋さんです。午後12時20分頃に着きました。6割~7割程度のお客さんの入りです。
メニューは、1枚ものから写真の大きなブックタイプに変わり、より判り易くなりました。らーめん、ミニらーめん、めんまらーめん、ちゃーしゅーめん、潮らーめん、わんたんめん(9月中旬~5月中旬頃)、わんたん(9月中旬~5月中旬頃)、たんめん、味噌たんめん、四川たんめん、きくらげたんめん、特製たんめん、焼きそば、揚げそば、広東めん、麻婆めん、天津めん、冷やし中華(5月中旬~9月中旬頃)、潮つけめん、四川つけめん、麻婆つけめんがあります。冷やし中華は、普通の冷やし中華の他に、玉ねぎ入り、納豆入り、チャーシュー入りがあります。ご飯ものや一品料理も豊富です。らーめんはお手頃ですが、他は手間のためかお高めです。焼きそば(大盛)にしました。
中華鍋を使うメニューの注文が多いときには、時間のかかることがあります。女将さんと息子さんの2人で中華鍋をあおり、わりと早めに出来上がります。今日は、中華鍋を使う注文が少ないようで、早めに出来上がってきました。
お店の名前が書かれた白い器に、とても細い麺の、具沢山の焼きそばです。
麺は、極細緩めの縮れです。一度ゆでた麺を冷水で締めてから使っています。そのためかは不明ですが、ビーフンのようなかなりの歯応えになってます。
味付けは、醤油と塩とソースを使用しているのでしょうか、中華風のサラッとした仕上がりです。麺の細さもあり、太めビーフンのような食べものです。
ソース焼きそばが食べたかったので、途中からソースをかけて食べみます。
具は、キャベツ、玉ねぎ、人参、豚肉などです。一緒に炒められています。
スープが付きます。ラーメンでも美味しいスープは、やっぱり美味しく、焼きそばを単品的なものから料理ってワンランク上の食べ物になったようです。
普通盛が850円で大盛が950円、ちょっとお高いですが好みの味です。

| | コメント (0)

2019.09.26

村上ラーメン にぼしまじん

Photo_20190929223001

村上市の「村上ラーメン にぼしまじん」です。
国道7号線沿いの村上プラザ(イオン村上東店)フードコートにあります。
「喜びラーメン 小太喜屋」のプロデュース店です。なかなか本格的です。
ご無沙汰気味のにぼしまじんです。新メニューを期待してお邪魔しました。
お店は、ショッピングセンターのフードコート内ですから広々としています。午後1時10分過ぎに着きました。ショッピングセンターの駐車場もそうでしたが、フードコートも心配になるほど空いています。どうしたのでしょうか。
メニューは、しょうゆ、背脂、みそ、辛みそ、塩、背脂塩、ゴマ、酸の各味があり、それらにネギやチャーシューなどを加えたもの、トッピングを充実させた“まじん”があります。各味に合わせ、わかめ、岩のり、コーンなどを加えたものもあります。いずれも大盛りが無料、太麺と細麺から選べるようになっています。酸は大辛が無料、激辛が20円増しになります。他に秋の期間限定麺があります。醤油つけ麺、みそつけ麺、辛みそつけ麺の3種類があります。自家製太麺・大盛無料と書かれています。醤油つけ麺(大盛)にしました。
カウンター手前左側に高額紙幣対応のタッチパネル式食券販売機があります。限定麺、醤油つけ麺(大盛)、購入とボタンを押して食券を入手しました。
カウンターに食券を出し、半券をもらいます。水を用意して席で待ちます。
フードコート共通のセルフサービスの水を用意して、のんびりと待ちます。
太麺のゆで時間のため?普通より少し長めに待って出来上がってきました。
麺、つけ汁ともに真っ白な揃いの器に盛られてきました。とても上品です。
麺は、やや太めの弱い縮れ。変な硬さはなく、モチモチ感が結構強いです。
つけ汁は、煮干し出汁が濃厚なのにサラサラしたものを想定していましたが、白湯スープのようにトロミが強くクリーミー、しょっぱさが控え気味です。
トッピングは、麺にチャーシュー・メンマ・味玉半個・岩海苔、つけ汁にもやし、青ねぎ、ねぎなどです。岩海苔はつけ汁に入れ磯の香りを楽しみます。
フードコートでつけ麺のスープ割りを楽しめるだろうか気になっていました。フードコートのテーブルや引渡カウンターには割りスープは置かれてません。残ったつけ汁を持って引渡カウンターに行くしかないか?心配していました。しかし、トロミの強いつけ汁は大盛りの麺とに絡んで殆どなくなりました。
にぼしまじんらしい期待したつけ麺とは違いましたが、かなり楽しめました。大盛りでも780円、充実トッピングを考えるとちょっと得した気分です。

| | コメント (0)

2019.08.27

喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店

Photo_20190901220901

新潟市の「喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店」です。
東掘通に面しています。柾谷小路に程近いAPAホテルの斜め向かいです。
比較的空いている筈の火曜日の信吉屋ですが、お疲れのため臨時休業でした。近くで口に合うもの、できれば冷しを!と思い大安食堂にお邪魔しました。
入口を入った右側に食券販売機があります。近いため、前の人が食券を購入している間、次の人が外での待つことになります。今日はすんなり進みます。
メニューは、醤油ラーメン、醤油ワンタン麺、醤油チャーシュー麺、醤油ワンタンチャーシュー麺、醤油豚骨ラーメン、醤油豚骨チャーシュー麺、塩ラーメン、塩ワンタン麺、塩チャーシュー麺、塩ワンタンチャーシュー麺、味噌野菜ラーメン、味噌野菜チャーシュー麺、辛味噌野菜ラーメン、辛味噌野菜チャーシュー麺、野菜たっぷりタンメン、野菜たっぷりチャーシュータンメン、魚介つけ麺、魚介チャーシューつけ麺の通常メニューのみです。期間限定だった麻婆麺や彩り冷し中華はありません。スタッフに確認したところ昨日で終わったとのことです。もう夏は終わりのようです。残念。魚介つけ麺にしました。
お店は、右側に厨房、厨房を囲うようにカウンター席、奥と手前左側にテーブル席があります。居酒屋風な雰囲気のお店です。2階にも居酒屋風に6卓の座卓を配した座敷があります。正午過ぎに着きました。人数の関係でしょうか、1階のカウンター席やテーブル席ともに空きはありますが、スタッフに食券を渡すと2階に案内されました。通常なら中太麺or細麺の選択を聞かれるのですが、選択するメニューじゃないようです。その後、2階も混んできました。
出来上がりの早いお店です。今日も変わらず早めに出来上がってきました。ラーメンぼい器に麺が、やや大きめの白い器につけ汁が盛られてきました。
麺は、太めの平打ちで縮れの強いもの。硬さも程良くかなり楽しい麺です。
つけ汁は、魚介風味が強く、醤油味が控え、油から?こってりしています。
トッピングは、麺に刻み海苔が、つけ汁に小さめのチャーシュー・メンマ・鳴門・切り方の異なる2種のねぎなどになります。シンプルな仕上がりです。
割りスープをもらい、スープ割りも楽しみました。魚介の香りが立ちます。
魚介の香りの強いつけ汁でしたが、魚粉など器の底に残るものはありません。それほど好みってつけ麺でもありませんが、食べ易く楽しく食べられました。トッピングがシンプル…、普通盛りが780円。ちょっとお高いような…。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧