カテゴリー「J:お酒」の62件の記事

2016.11.17

ボジョレ・ヌーヴォー

ボジョレ・ヌーヴォー 2016

11月の第3木曜日ということでボジョレ・ヌーヴォーの解禁日です。
今年もいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.10

高清水 Dessert Jungin

Dessert_jungin

「高清水 Dessert Jungin」です。
秋田のスーパーで良く見かけていて気になったお酒です。
高清水のデザート純吟
・価格: 500ml 1,080円 (税込)
・アルコール度数:12.5
・日本酒度:-35
・酸度:3.5
・アミノ酸度:1.2
・精米歩合:麹米/55%・掛米/55%

日本酒というよりワインだと思って飲んだ方がピンときます。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.18

秋田のひやおろし

秋田のひやおろし

実家近くのスーパーで日本酒を調達しました。
「秋田のひやおろし」と銘打ったコーナーが開設されていました。
夏に熟成されたお酒を楽しむものですが、淡麗の新潟ではありえないかな?

出羽鶴 純米大吟醸 ひやおろし 出羽燦々

出羽鶴 純米大吟醸 ひやおろし 出羽燦々を購入しました。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.10

キリン一番搾り

キリン一番搾り

キリンビールから47都道府県一番搾りが、6月8日に発売されました。
キリンビールの全国9工場で生産されるもので、秋田県は仙台工場です。
新潟県は北海道千歳工場で生産されるものです。船便の関係でしょうか。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.12

にいがた酒の陣2016

今年も朱鷺メッセを会場に開催される「にいがた酒の陣2016」来ました。試飲チケットは、1日のみ有効、前売り2000円、当日券2500円です。今年は、午後3時以降のアフター3チケット、1500円が新設されました。2007年に参加した頃は1000円で2日間有効、会場も空いていました。2日間の試飲は小遣いの範囲を越えています。今年も1日集中で楽しみます。いつも通りに路線バスで万代シティまで来て、信濃川右岸を歩いて会場入り?の予定でしたが、バス路線の改悪と出遅れもあってタクシーで向かいます。

にいがた酒の陣2016

昨年は午前8時45分頃に2階アトリウム(エントランス)内に列びました。今回は午前9時10分に到着、柳都大橋との中間、屋外の列びになりました。天候は回復し日差しもあります。そのため木々から雪が溶けた雫が落ちます。今まで外に列んだことがなかったのですが、思った以上に川風が冷たいです。エントランスのようにスタッフが事前に試飲券の販売にきたり、にいがた酒の陣パーフェクトガイドの新潟の酒蔵まちめぐりという小冊子が配布にきたり、ペットボトルストラップやお猪口ストラップなどを出店者が売りにきたり、試飲のリストバンドを付けにスタッフがきたりするようなことはありません。
午前10時15分頃から動き出しました。エントランスに入ると当日券を販売しているスタッフがいますが、ほとんどの人が前売券で来場のようです。その後、入場チェックゲートのような場所でリストバンドを付けてもらい、にいがた酒の陣2016パーフェクトガイドを入手します。新潟の酒蔵&まちめぐりのタイトルで会場のマップやステージスケジュール、酒蔵紹介の冊子です。

にいがた酒の陣2016

順調で午前10時25分に“にいがた酒の陣”のメインゲートを通過します。
昨年まで聞いて入った万代太鼓ですが、もう太鼓を片付けている最中でした。
1階ウェーブマートへのエスカレータは封鎖され、階段で降りて行きます。

にいがた酒の陣2016

上手く写真が撮れていませんが、会場はもうすでに混雑気味になっています。今年からステージが中央を陣取り、その左右に酒蔵の出展ブースがあります。テーブル席や立席のテーブルがその周囲に配置されています。食べ物系の出店は、屋内にも屋外にもあります。火を使う出店は屋外に配置されています。
降りると受付があります。試飲券と引き換えに水と利き猪口を受け取ります。水は、富士山麓の天然水です。仕込み水や海洋深層のときもあったのですが、ちょっと残念です。利き猪口の模様は蛇の目です。試飲を始めましょうか。
北雪酒造の北雪YK35からスタート。羽豆社長から注いでもらいました。

にいがた酒の陣2016

混む前に腹ごしらえをします。「美食や やま信」です。大行列があたり前なのですが、数名並んでいるだけです。混む前に食べます。村上牛すじ味噌煮込み(500円)×2、村上牛ジューシーメンチカツ(380円)、村上牛手作りコロッケ(200円)をいただきます。やっぱり村上牛美味しいです。

にいがた酒の陣2016

「手作りとうふの店 矢代」の湯豆腐(200円)×2です。

にいがた酒の陣2016

「ダイニング だいすけ」のたれカツ丼(500円)も各々いただきました。
ステージは、オープニングセレモニーも終わったようで何もやっていません。お笑いなど見たいものもなく、ステージ自体がいらないような気がします。
その後は、延々と出展ブースを回り美味しいお酒をたくさんいただきました。
今年は、相方と一緒に楽しみました。例年だとお酒のラベルを写真に撮っていたのですが、あまりにも人で写真を撮れるようになるまで時間を要していました。あんまり待たせるのもなんなので、今年は1枚も撮っていません。
午後1時を過ぎました。人混みにいるのがきつくなってきたので帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.14

秋田のお酒

あまり食欲もなく昼食をパスしました。代わりと言ってはなんですが、前回と今回の秋田実家帰省で飲んだ日本酒を紹介します。

出羽鶴 純米蔵付分離酵母 九番

出羽鶴酒造の「出羽鶴 純米蔵付分離酵母 九番」
秋田蔵付分離酵母で造った純米酒シリーズです。
大正時代に建造された蔵の梁に供えてあった棟札から見つかったこの酵母は、
醸造力が旺盛で力強いワイルドな酵母です。秋田流生もとによる伝統的手法で
仕込み、力強い旨味が特徴の野手あふれる純米酒に仕上がりました。
とのこと。
アルコール分18度
精米歩合65%
しっかりした濃いめの日本酒です。

超辛口山廃純米酒 飛良泉

飛良泉本舗の「超辛口山廃純米酒 飛良泉」です。
秋田のお酒の中でも新潟で一般的なお酒に近い、淡麗で飲み易く仕上げられたお酒です。
アルコール分15度
精米歩合60%
日本酒度+8.0
酸度2.0
なかなか超辛口っていうのが実感できるお酒です。

二番 飛良泉 山廃純米酒

飛良泉本舗の「二番 飛良泉 山廃純米酒」
秋田蔵付分離酵母で造った純米酒シリーズです。
「飛良泉」は室町時代中期の1487年創業で、日本で三番目に古い蔵と言われています。明治15年に建てられた本蔵の、上棟式に供えた「破魔矢」から見つかったこの酵母により、歴史を積み重ねた野性味ある味わいの酒が出来上がりました。
とのこと。
原材料名 米(国産)、米麹(国産米)
県糧米 美山米(秋田県産米) 100%
精米歩合 60%
アルコール分 16度
日本酒度 +1.0
酸度 2.2
酵母 蔵付分離酵母 二番
これもしっかりした濃いめの日本酒です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.19

ボジョレ・ヌーヴォー

ボジョレ・ヌーヴォー

11月の第3木曜日ということでボジョレ・ヌーヴォーの解禁日です。
今年もいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.14

太平山 澄月 純米吟醸

太平山 澄月 純米吟醸

今日の晩酌のお酒は「太平山 澄月 純米吟醸」、醸造元は小玉醸造です。
アルコール分は約15度、原材料は米・米麹、精米歩合は55%、使用米は秋田酒こまち、日本酒度は+1.0、酸度は1.6、アミノ酸度は1.1、使用酵母は自家培養酵母というデータです。さてどのような味わいでしょうか。
生粋の新潟人のなのに太平山を愛飲している相方の従兄弟がいます。どうしてなんだろうと思っていましたが、淡麗で飲み易く香りの良さがあります。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.08.13

千代緑 重右衛門の酒 純米吟醸原酒

千代緑 重右衛門の酒 純米吟醸原酒

秋田の実家でお盆を過ごしています。
日曜大工的な事をいろいろしまして、近くのスーパーで夕食のお買い物です。好きなお酒は「秀よし 純米吟醸酒 松声」ですが、飲んでいないお酒がまだまだたくさんあります。今回は「千代緑 重右衛門の酒 純米吟醸原酒」を飲みます。大仙市(旧協和町)の地で300年以上続く奥田酒造店のお酒です。
使用米は美人錦(掛米)と山田錦(麹米)、仕込み水は奥羽山系伏流水、精米歩合は50%、アルコール分は、17.5度というプロフィールです。
原酒らしくなかなか濃いですが、爽やかさとのど越し、香りが楽しめます。
秋田は、新潟ほどお酒の情報が流通していません。その分、自分の好みにあった日本酒を探す楽しみがあります。見つける前に酔い潰れてしまいます。

庭①

庭②

庭③

庭④

実家の庭の花です。

かんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.09

古町どんどん

古町どんどん 会場

新潟市古町通りで開催の「古町どんどん」に昼食を兼ねてお邪魔しました。
いつものように昼食とアルコールを楽しめるようバスでの移動になります。
旧北光社前でパンフレットをもらい内容を確認しますが、大きなグルメのイベントはありません。一旦白山寄りに移動し、5番町から見ようと思います。

古町どんどん レーベンブロイ&ソーセージ

位置的に今回もこのお店から食べ始めます。「モルゲンロート古町店」です。レーベンブロイ樽生400円です。以前は350円だったような気がします。おつまみは、ソーセージの盛り合わせです。300円円です。味は好み…?
下へと移動しながら食べたいものを探しますがなかなかありません。「とりかん」の半身揚げを食べようと思いましたが、長い待ちで断念です。協賛のお店で食べることにします。いつもとちょっと趣向を変えておそばを食べます。
古町8番町の「やぶそば」でいただくことにしました。いろいろありますが、手打ちそばからせいろそば(大盛)にしました。母の日セットがあり、相方はそれにしました。日本酒は、八海山純米吟醸をいただきながら待ちます。

やぶそば せいろそば(大盛)

やぶそば 母の日セット

せいろそばは850円+大盛300円、母の日セットは食前酒の梅酒が付いて1500円、八海山純米吟醸800円、かなり充実のランチになりました。

古町どんどん カクテル???

「日本バーテンダー協会新潟支部」の出店もありました。にいがた食の陣とは違って日本酒ベースとか特にこれっていうものもないで、ミントとグレープフルーツジュースを使ったカクテルにしました。美味しい。500円です。

古町どんどん 焼き牡蠣

牡蠣を炭火焼きしたものもありました。1個300円とかなりお手頃です。

お土産は、村上市(旧神林村)から出店の「田舎ハム」のスモークウェーバです。試食して即購入しました。内容量51g300円を2個も買いました。日本酒も購入しました。はでっぱの香です。はでっぱとははさ掛けのことで、天日干し自然乾燥の酒米から作られたお酒です。製造やパッケージは麒麟山酒造ですが、阿賀町の酒店8店が麒麟山酒造にお願いして作られていて、阿賀町でしか手に入らないお酒だそうです。にいがた酒の陣でも飲めないお酒があります。秋田県では古くから酒店が酒蔵にオリジナルのお酒の製造をしてもらっていましたが、新潟でもやっていました。720ml1100円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧