カテゴリー「G:外食(食事)」の446件の記事

2017.08.20

一心寿司 新発田城北店

一心寿司 新発田城北店

新発田市の「一心寿司 新発田城北店」です。
国道7号線沿い、交通情報の渋滞で時々名前の出る城北町交差点の近くです。和玄と同じ敷地内にあり、広めの駐車場も共同利用になっていています。
第4回全日本回転寿司MVP選手権初優勝を祝してお邪魔しました。

一心寿司新発田城北店 優勝カップ

お店の外には大きな看板、お店の中には優勝カップと盾があります。
カウンター席、テーブル席、小上りなど豊富な席が用意されています。
お寿司は、タッチパネルで注文するシステムになっています。
120円から880円のお皿まであります。ちょっと注意しなければ。

一心寿司 新発田城北店

サーモン

一心寿司 新発田城北店

もんごういか

一心寿司 新発田城北店

しらうお軍艦

一心寿司 新発田城北店

近大ブリ

一心寿司 新発田城北店

佐渡産アジ

一心寿司 新発田城北店

いか納豆軍艦

一心寿司 新発田城北店

光物三昧

相方と一緒の会計は、3000円ちょういオーバーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.13

仁賀保温泉 いちゑ

いちゑ 行楽弁当

いちゑ 行楽弁当 アップ

秋田県にかほ市(旧仁賀保町)の「仁賀保温泉 いちゑ」です。
国道7号線沿いにあります。旧仁賀保町の中心に近い辺り、国道西側です。
何度も前を通っていますが、時間がずれていることが多く初のお邪魔です。
大きめガラス張りの温泉ホテルで、入ってすぐのラウンジっぽいところです。午後12時30分過ぎに着きました。7割~8割程のお客さんの入りです。
メニューは、いちゑ御膳、行楽弁当、海鮮丼、稲庭うどん、ビーフカレーなどシンプルですが十分です。岩ガキの時期なので食べたいと思っていましたが、岩ガキを含むメニューも単品の提供もありません。行楽弁当にしました。
いいペースで料理が運ばれてきますが、待っているお客さんも多く、普通の待ち時間で出来上がってきました。稲庭うどんと行楽弁当が人気のようです。
メニューに写真はありましたが、実物は大きく、かなりの迫力があります。
焼魚、煮魚、海鮮重、天ぷら、焼豚、野菜煮、もずく酢、昆布巻きなどなど、デザートにプリンも付きます。質と量を伴ってお腹いっぱいになりました。
鰈だと思いますが、煮魚を冷やしたものです。この暑さに最高の栄養にです。野菜煮も季節の冷菜と呼びたくなるほどいい感じに涼を感じさせてくれます。和食って温かいのが当たり前と思っていましたが、いやいや奥が深いです。
美味しく食べてお勉強もさせてもらって1300円、ご馳走さまでした。

いちゑ 稲庭うどん

相方が食べた稲庭うどんです。1000円です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.09

よくばりスタミナ弁当

よくばりスタミナ弁当 パッケージ

よくばりスタミナ弁当

暑いです。東京の予想最高気温は37度、動かなくても汗が吹き出してきます。午前中の仕事を終え、移動です。ラーメン店で…けど時間が全然ありません。夏休みらしく混雑する東京駅の「駅弁屋 祭 グランスタ店」を覗いてみます。店内それほどの混みではありませんが、大きな荷物の人が多く歩き難いです。お昼の休みが過ぎようかとしている時間も、結構いろいろな駅弁があります。食べたことのない駅弁は何種類かありますが、食べたい駅弁と一致しました。明治26年創業、宇都宮市の松廼家のよくばりスタミナ弁当にしました。
新幹線に乗りいただきます。東京駅は混んでますが、新幹線は空いています。東京駅では、川崎フロンターレのシャツを着たサポーターが見受けられます。新潟で何を食べようかとかを話しています。経済効果的に嬉しくなります。
駅弁の包み紙には、いろいろな似たような言葉がたっぷりと書かれています。栃木自慢! 栃木がたっぷり! いいとこどり!!、駅弁発祥地宇都宮、とちぎの名物などです。駅弁が宇都宮の発祥とは知りませんでした。諸説のひとつ?
包み紙には、駅弁の絵もあり、主だったおかずなどの説明も書かれています。こしひかり100%、霜降高原豚のピリ辛味噌焼き、いっこく野州どりの照り焼き、まぐろカツなどです。豚と鶏と鮪の3主と考えるとなかなか豪華です。
原材料名の記載は、こしひかり米(国産)、豚肉、鶏肉、まぐろ、ザーサイ、葉唐辛子、胡瓜、茄子、山葵、生姜、大根、クラゲ、ピーマンなどです。
何がスタミナか判りませんが、夏バテなんかを飛ばしてくれそうな駅弁です。これで1000円です。駅弁の中ではちょっとお手頃に思える駅弁でした。
宇都宮ってあるので、餃子を期待しましたが、入っていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年かきめし

一年かきめし パッケージ

一年かきめし

今日は、早朝からの新幹線移動。夏休みに入ったためか多少人が多めです。
新幹線での移動で駅弁を買おうとするとき東口改札を利用するのが便利です。改札脇、在来線から新幹線への改札脇、ホームの3ヶ所に駅弁屋があります。改札を入らない、在来線改札内、新幹線改札内の順番で廻れます。逆走不可。
いつも通り東口の新幹線改札脇にある駅弁屋から見ていくことにしましょう。駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。写真を見ているとどの駅弁も美味しそうで、いろいろ食べてみたくなります。ちょうどいろいろな駅弁が入荷したところです。とても豊富に揃っています。普通の駅弁が4食ずつ、人気の駅弁などは6食ずつ、置かれているようです。人数の多いグループが同じ駅弁を食べるには、数店廻るか、予約が必要です。新規販売や食べたことのない駅弁はありませんが、食べたい駅弁があります。季節限定の駅弁になります。好きな神尾商事の一年かきめしにしました。
早めに着いていたので、入線を待っての乗車になります。余裕で座れました。出発するころでもそれほどの混みはありません。早速いただきましょうか。
厚紙のケースには“しっかり育てあげた一年牡蠣”と思いが書かれています。原材料は、白飯(米・国産)、佐渡産かき煮、煮物(椎茸、筍、きねさや)、錦糸たまご、山ぜり漬け、さくら漬け大根、蓮根酢漬けと書かれています。
厚紙のケースから駅弁本体を取り出し、透明なプラスチックの蓋を開けます。一年かきのためか?小振りで味も濃いめのずっしりしたものが多いのですが、それほど小さくもなく、味も普通の味付けのふんわりしたものもありました。今回は、大きさは小さめで味は普通の味付け、軟らかく感じる仕上がりです。このかき煮は、温かくなくても美味しく食べれるよう調理されてるようです。かきの味がかなり濃厚ですが、他の食材で爽やかにするバランスが良いです。山ぜり漬けのシャキシャキした歯応えがとても楽しくて癖になりそうです。
かきが食べれる時期だけの駅弁です。かきの美味しさを存分に楽しめました。
1080円と安くはありませんが、それ以上に楽しませていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.05

すき家 新潟東店

すき家新潟東店 うな牛しじみ汁おしんこセット

新潟市の「すき家 新潟東店」です。
東地区、赤道沿いにあります。旧国道7号線との交差点から竹尾寄りです。
うなぎが食べたいです。ちょっとでいいです。吉野家で食べようかと思っていましたが、吉野家でのうなぎは土用丑の日の一の丑はやっていましたが、二の丑はやっていません。二の丑にやっているすき家で食べます。二の丑の混みや売り切れもあるかも知れないので、前夜祭的に食べようとお邪魔しました。
お店は、牛丼屋らしいカウンター席とカウンターから離れた、牛丼屋らしくないテーブル席があります。一戸建ての建物で結構窓が広く、明るい店内です。午後12時30分過ぎに着きました。半分程度のお客さんの入りです。
メニューは、期間限定、牛丼、豚丼、カレー、まぐろ・丼、定食、朝食、スイーツ、お子様などに大別されています。期間限定は、しじみ汁フェア、彩り野菜のスパイシーチキンカレー、なすアラビアータ牛丼、うな丼とうな牛、ロカボ牛麺/ロカボ牛ビビン麺、とん汁おしんこセット/とん汁たまごセットなどいろいろ催されています。うな丼とうな牛は、うな丼しじみ汁おしんこセット、うな牛しじみ汁おしんこセット、うな牛、ねぎキムチうな牛、ねぎ玉うな牛、山かけうな牛、うな丼、特うな丼、うなたま丼、うなとろ丼などがあります。うな牛しじみ汁おしんこセットにしました。うなぎとしじみの2フェアお得総取りのような感じです。相方はうな丼しじみ汁おしんこセットです。
どうやっているのでしょうってぐらい、とても早く出来上がってきました。
うな牛の丼としじみ汁、お新香とシンプルで、個別包装の山椒が付きます。
うなぎの蒲焼きと牛丼の具の相性が良く、他を邪魔しません。1杯でうな丼と牛丼を楽しめます。うなぎの蒲焼きの味の染み込みがもう少し欲しいです。
単品のお値段だと、うな牛880円、じじみ汁150円、お新香80円、合計で1110円です。しじみフェアで、しじみ汁+お新香セットが190円とお手頃になっていて、合計で1070円とちょっとお手頃です。うな丼/うな牛フェアでは、この組み合わせが980円。130円引とかなりお手頃です。
相方が食べたうな丼としじみ汁おしんこセット、880円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.02

なつ

なつ パッケージ

なつ

午後の仕事も終え、ラッシュの中を移動します。今日こそ新たな駅弁をと…。今日もそこそこ混雑の東京駅の「駅弁屋 祭 グランスタ店」を覗いてみます。全然空いています。不思議なぐらい。お店に入るとほとんど残っていません。2310円のうな重と数種類の駅弁だけです。今日はどうしたのでしょうか。食べたことのない駅弁は何種類かありますが、食べたい駅弁と一致しません。うな重も美味しそうですが、駅弁でちょっと食べようかとは思えてきません。以前に食べたNRE大増のなつという季節限定の吹き寄せ弁当にしました。
吹き寄せ弁当は品の良い駅弁で季節毎の楽しみ。内容は毎年変えられます。
おしながきは、鱧照焼、くらげレモン風味和え、茗荷酢漬、玉子焼、笹蒲鉾、有頭海老煮、そら豆、揚げ豆腐トマト和風あん、鶏肉塩焼、醤油ゆずこしょうジュレ添え、きのこ炒め、パプリカ揚、枝豆ととうもろこし真丈揚、南瓜揚、いちぢく蜜煮、煮物(ヤングコーン・牛蒡・野菜入り鶏団子・人参・蓮根・絹さや・茄子揚げ煮)、御飯、梅しらす、飾り人参ととても充実しています。
御飯のお米は、有機認証米秋田県産あきたこまちを使用、説明が入ってます。夏の味覚を楽しめる駅弁は1350円とお高いのですが、納得の品質です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.01

新潟たれカツ重

新潟たれカツ重 パッケージ

新潟たれカツ重

今日は、お昼前からの新幹線移動です。火曜日でそれほどの混みはないかな?と思ってましたが、夏休みのためか?いつもより人が多いように感じます。
新幹線での移動で駅弁を買おうとするとき東口改札を利用するのが便利です。改札脇、在来線から新幹線への改札脇、ホームの3ヶ所に駅弁屋があります。改札を入らない、在来線改札内、新幹線改札内の順番で廻れます。逆走不可。改札脇の駅弁屋からいつも通りに見くことにしましょう。さて、どうかな。
駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。写真を見ているとどの駅弁も美味しそうで、いろいろ食べてみたくなります。お昼も近いためと思いますが、駅弁の種類も多く、数も多いように感じます。食べたことのない駅弁はありませんが、久々に見かけた駅弁を食べましょう。三新軒の新潟たれカツ重です。ちょっと賑わう新幹線に乗りいただきます。
包み紙には、越後もちぶたと新潟米コシヒカリ、味噌風味と書かれています。
あまり知られていないためでしょう。親切にたれカツ丼の説明があります。
新潟のカツ丼は揚げたてのトンカツを少し甘めの醤油だれに浸した「たれカツ丼」が昔から郷土の味として地元の人々に愛され人気があります。
なんと!越後もちぶたの説明もあります。さらに知られていないでしょう。
越後もちぶたは、新潟県が県をあげて長年研究をし、飼育の差別化、運動スペースの確保基準、独自の流通網など、様々な視点から改良を重ねた越後自慢のブランド豚肉です。脂身はほんのりと甘く爽やかで、肉は豚特有の臭みのない美味しい豚肉です。安全で健康的な豚肉をどうぞご賞味ください。
原材料名は、白飯(新潟県産)、越後もち豚カツ、赤かぶ、ふき山椒、キャベツなどです。包み紙の説明は多かったのですが、原材料名はシンプルです。
以前にこの駅弁を食べた時には、肉の薄さもあって食べ易いと思いましたが、今回も肉の薄さは変わりませんが、お肉と言うか?かつがちょっと硬めです。味噌風味のたれは、醤油よりも垂れが少なく良さそうで駅弁に向いています。新潟たれカツ重は900円と駅弁の中ではお手頃で食べ易いものなのは確か、ボリュームもあって、駅弁の中ではなかなかの優等生の部類だとは思います。しかし、タレかつ丼自体が家庭料理ではなく、外で食べる料理なのですから、お店で食べる熱々のものの値段と比べてしまいます。県民からは厳しい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.31

崎陽軒の中華弁当

崎陽軒 中華弁当 パッケージ

崎陽軒 中華弁当

月曜日と金曜日の移動は混むので避けたいところ、夏休みになってさらに混みそうで嫌な感じでした。しかし、実際には驚くほど混みはありませんでした。自由席のB列がほとんど空いていました。新幹線は良いのですが駅弁です。
今朝の新潟駅は、食べたい駅弁がありませんでした。そこそこの種類はありますが、あまりにも代わり映えのない駅弁達に食欲も削がれてしまいました。
午後の仕事も終え、帰宅ラッシュ前の移動です。今朝の件もあり期待します。今日もそこそこ混雑の東京駅の「駅弁屋 祭 グランスタ店」を覗いてみます。駅程ではありませんが賑わっています。駅弁の残りもかなり片寄っています。魚介系も肉系も美味しそうには見えますが、食べたいものが見つかりません。何種類かある筈のうなぎを使った駅弁がある辺りが何ひとつ残っていません。幕の内系が無難でしょう。眺めているうちに崎陽軒の中華弁当を見つけます。幕の内とも違うし、一度食べていますが、崎陽軒の中華弁当にしました。
新幹線に乗り込みいただきます。良く見ると崎陽軒ですが、東京でも作っているようです。包み紙に“横濱名物のシウマイも3粒入った、崎陽軒の中華へのこだわりを表現したボリューム満点の駅弁。”との説明が書かれています。
お品書きはなく原材料には、ご飯、黒酢の酢豚、シウマイ、厚揚げとナスの麻婆、イカと帆立の塩旨煮、海老のチリソース、春巻、風味蒲鉾とクラゲと錦糸玉子の酢の物、付合せとなっています。でも、これってお品書きでしょう。
あまり見かけない中華の駅弁です。見た目の華やかさで買ってしまいました。それぞれがなかなかの味で、なにげにペロリとお腹に収まってしまいました。1200円とちょっとお高い駅弁ですが、その充実振りに満足できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.20

選べるおばんざい 京菜味のむら

のむら

京都府京都市の「選べるおばんざい 京菜味のむら」です。
烏丸通りから四条近くの蛸薬師通りを西方向に入った先の左側にあります。
せっかく京都に来たのだから、京都らしいものを食べてみようかと思います。食べるっていってもなかなか京都のB級グルメ的なものが思い浮かびません。ふと昔々に先輩達と泊まった京都の老舗旅館のおばんざいを思い出しました。朝食でしたが、5×5=25種類ものおかずが出てきてとても驚きました。
そこまでとはいかなくても、おばんざいという文化を楽しんでみたいと思い、事前にネットで調べました。京都駅からそこそこ近く、料理が美味しそうで、営業時間がワイド(連続営業)で見つけた京菜味のむらにお邪魔しました。
お店は、左側に厨房があり、その手前におばんざいが並ぶケースがあります。おばんざいの販売コーナーのように見えます。右側にテーブル席があります。明るい木目調で洋風の軽食などが似合いそうな明るいお洒落なスペースです。昔からの土地なんでしょう。間口が狭く、奥行きのある建物になっています。午後5時前に着きました。他にお客さんは…、まさかの貸し切り状態です。
メニューは、朝食おばんざいセット、おばんざいセット、朝食湯葉丼セット、湯葉丼セット、湯葉丼、ちょい呑みセット、雅ご膳などがあります。おばんざいが選べるようになっています。朝食おばんざいセットや朝食湯葉丼は小鉢4品、おばんざいセットや湯葉丼セットやちょい呑みセットは小鉢6品を選ぶようになっています。本日のおばんざいということで、温かいおばんざいと冷たいおばんざいがあります。温かいおばんざいは、鶏肉のチリソース、豆腐と野菜の炒り煮、南瓜の鶏そぼろあん、厚揚げと刻み昆布の煮物、金平ごぼう、肉団子の湯葉あんかけです。冷たいおばんざいは、夏野菜の胡麻和え、彩りなます、わらびの白和え、枝豆入りおから、ひじき豆、さつま芋とパインのサラダ、湯葉と壬生菜入り切干大根、カリフラワーと人参のマリネです。食べたいおばんざいを選ぶのも大変そうです。雅ご膳は、こだわりのおばんざいを色とりどりの器に盛り付けたもので、きまぐれ12種、湯葉丼、本日のお味噌汁になります。多くの種類のおばんさいを楽しみたいので雅ご膳にしました。

のむら カトラリー

お箸、箸置き、スプーンなどカトラリーが先にきました。古都を感じます。

のむら 雅ご膳

おばんざいですから湯葉丼に合わせ、かなり早めに出来上がってきました。

のむら 雅ご膳①

のむら 雅ご膳②

いろんな色の綺麗なガラス製の器に盛られてきました。夏らしく涼しげです。同じ器がありません。季節で器も変わるでしょうから楽しんでみたいです。
おばんざいのセットにあるものもありますが、全て冷たいものが12種です。やや甘でしょっぱさ控えめ。薄味に感じますが、出汁が効いていて上品です。食べ慣れた感じのものから初めてのようなものまでなかなか楽しめました。

のむら 雅ご膳 湯葉丼

湯葉丼は、これも上品な仕上がり、醤油味のあんに湯葉が浮かんでいます。
なかなか楽しんでの1620円、これはちょっとお手頃かなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.16

日本海庄や 新潟駅店

日本海庄や 新潟駅店 松花堂弁当

日本海庄や 新潟駅店 松花堂弁当 アップ

新潟市の「日本海庄や 新潟駅店」です。
新潟駅の構内にあります。駅の2階、COCOLO新潟東の東側、中央辺りです。
新潟駅での昼食。お手頃に和食を食べられるお店を探して辿り着きました。
お店は、テーブル席と小上がりがあり、どちらも個室風に仕切られています。居酒屋とランチの両方が似合う雰囲気で、喫煙席と禁煙席とに別れています。午後2時10分過ぎに着きました。3~4割ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、ワンコイン海鮮丼、ワンコイン天丼、日替り煮魚定食、日替り焼き魚定食、平日のみですが日替りランチや週替りランチ、お刺身定食、かつ煮定食、生姜焼き定食、肉豆腐鍋定食、鶏唐揚げと刺身定食、刺身三点と天ぷらの定食、彩り海鮮丼、D・H・A丼、新潟タレかつ丼、天丼とそばセット、タレかつ丼とそばセット、松花堂弁当があります。松花堂弁当にしました。
時間が遅くそれほどの混みもないため?結構早めに出来上がってきました。
主菜は4点盛り、大きなサラダとお新香、ご飯と味噌汁の組み合わせです。
主菜は、お刺身、揚物、焼魚、煮物と調理の違う4品、バランスがいいです。お刺身は、小さめの器ですが中には、ブリ、マグロ、甘エビの3点盛りです。揚物は、タレかつです。小振りのタレかつが2枚、小さくても結構厚めです。焼魚は、鯖の塩焼きです。甘塩で大根おろしと玉子焼きが添えられています。煮物は、新潟の郷土料理のっぺです。いくらの香りが少し気になりました。
小さな器に品良く盛られていますが、それが集まるとボリュームがあります。とても楽しくいただきました。これで1000円ですからとてもお手頃です。500円~1480円のランチですが700円代~900円代が中心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧