カテゴリー「G:外食(食事)」の490件の記事

2018.02.11

古泉洞

古泉洞

秋田県仙北市(旧角館町)の「古泉洞」です。
角館町の観光地、角館駅方面から武家屋敷の通りに入ってすぐの右側です。
裏に駐車場があり、古城山からの一方通行から入ります。四輪駆動車以外お断りのようなザフザフした雪の深い広い場所を通り、お店近くに駐車します。

古泉洞 店内

お店は、入った正面に江戸時代の旅籠のセットかのような感じで、その手前にテーブル席、左側に小上がり、左側奥に厨房がありそうです。午後2時20分過ぎに着きました。観光客らしい4人組、2人、単独のお客さんがいます。
古泉洞 メニュー

メニューは、稲庭うどん(油揚げ、なめこ等)、梅おぼろ稲庭うどん、揚げなすおろし稲庭うどん、舞茸天ぷら稲庭うどん、海老天ぷら稲庭うどんなどがあり、お蕎麦を選べるものもあります。稲庭うどんは七代目佐藤養助を使用しています。ほかにも限定メニューで、比内地鶏稲庭うどん、比内地鶏親子丼などもあります。前々から食べたいと思っていた比内地鶏親子丼にしました。
メニューに、混雑時は、時間がかかります。っ的な注意書きがありましたが、混雑時でないこともありますが、普通の待ち時間で出来上がってきました。

古泉洞 比内地鶏親子丼

大きなお椀に盛り付けられています。お味噌汁、いぶりがっこが付きます。
そんなに玉子がトローッとはしていませんが、まあまあいい感じのトロミで、比内地鶏の歯応えと旨味の出たお出汁が絶妙です。つゆだくな親子丼です。
とても美味しくいただきましたが、1350円とお安い親子丼2杯分です。

古泉洞 稲庭うどん

相方の食べた稲庭うどんです。1080円です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.30

冬の彩

冬の彩 パッケージ

冬の彩

午後の仕事も終えラッシュ真っ只中の移動になりました。今日も東京駅改札内の「駅弁屋 祭 グランスタ店」を覗いてみます。結構賑わっていますが、駅弁の残りが少ないです。種類的には3割程しか残っていません。食べたことのない駅弁がいくつかありますが、食べたい思わせるものがありません。前に食べていますが、その年によって内容の変わる季節限定の駅弁にします。NRE大増の冬の彩という吹き寄せ弁当です。品の良い信頼できる好きな駅弁です。
駅弁を購入して新幹線のホームに移動します。車内の清掃中で少し待って清
掃終了、ドアが空き乗り込みます。通勤時間とは思えない程ガラガラです。
おしながきは、タラ西京漬焼、長芋とエリンギのみぞれ和え(いくら・ゆずこしょうジュレ添え)、玉子焼、蒲鉾、有頭海老煮、このしろ入りなます、豚肉アーモンド焼、椎茸二身揚、パプリカ揚、煮物(焼巻ゆば・大根・蓮根・里芋・帆立・人参・絹さや)、白飯(カニフレーク・錦糸玉子・飾り人参)と豊富な内容になっています。前に使われていたお米は、有機認証米秋田県産あきたこまちでしたが、今回は使われてないようです。説明書きがありません。
冬の味覚が楽しい駅弁は1350円とお高いですが、納得できる品質です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年かきめし

一年かきめし パッケージ

一年かきめし

今日は、いつもと同じ午前中の新幹線移動です。1月の末日前、火曜日、それほど混むこともないでしょう。昨日から雪の積もりもあって、いつもより少し早めに移動して新潟駅に到着しました。思った通り人の往来が少なめです。
新幹線の移動で駅弁を購入しようとすると東口改札脇か万代口改札前、在来線から新幹線への改札の手前、新幹線ホームに駅弁屋があります。改札を入らないところ、在来線の改札を入ったところ、新幹線改札を入ったところです。東口からでも万代口からでも3ヶ所の駅弁屋を見ることができます。ただ、気に入る駅弁があるかどうかは保証なし、戻ることもできません。今までの経験からは、東口改札脇の駅弁屋が種類・量ともに揃っているかと思っています。
いつも通り東口改札脇の駅弁屋から覗いていくことにします。いつもより種類も量もちょっと少ないように感じます。駅弁の近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。写真を見ているとどの駅弁も美味しそうで食べたくなりますが、新商品も、食べたことのない駅弁もありません。季節限定の駅弁になります。好きな神尾商事の一年かきめしにしました。
早めに着いていたので、入線を待っての乗車になります。余裕で座れました。出発するころでもACE席はほぼ座られていて、D席は半分ぐらい空き、B席はほとんど空きの状態、想定以上に空いています。早速いただきましょう。
厚紙のケースには“しっかり育てあげた一年牡蠣”と思いが書かれています。原材料は、白飯(米・国産)、佐渡産かき煮、煮物(椎茸、筍、きねさや)、錦糸たまご、山ぜり漬け、さくら漬け大根、蓮根酢漬けと書かれています。
厚紙のケースから駅弁本体を取り出し、透明なプラスチックの蓋を開けます。一年かきのためか?小振りで味も濃いめのずっしりしたものが多いのですが、それほど小さくもなく、味も普通の味付けのふんわりしたものもありました。今回は、大きさは小さめで味は普通の味付け、軟らかく感じる仕上がりです。このかき煮は、温かくなくても美味しく食べれるよう調理されてるようです。かきの味がかなり濃厚ですが、他の食材で爽やかにするバランスが良いです。山ぜり漬けのシャキシャキした歯応えがとっても楽しくて癖になりそうです。ご飯はかなり冷たくなっていますが、温かい時と同じ感触で食べられます。
かきが食べれる時期だけの駅弁です。かきの美味しさを存分に楽しめました。1080円と安くはありませんが、それ以上に楽しませていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.08

ファミール

ファミール おこのみヘルシー弁当

新潟市の「ファミール」です。
新潟市の古町エリア、本町通り6番町のアーケードに面してあるイトーヨーカドー丸大新潟店7階レストラン街にあるファミリーレストランになります。
食べたい野菜があって本町へ、祝日のためか露店の出店もなく、近くのラーメン店も軒並みお休み、駐車場を無料になればとイトーヨーカドー丸大新潟店で食べることにしました。以前はラーメン店が入居していたこともありますが、今はこのファミリーレストランとお好み焼き屋さんの2店だけになります。
お店は、入口にメニューやサンプルがあるデパートレストランらしく、内部もテーブル席がたくさんあるらしいものです。午後1時過ぎに着きましたが、多くの年配女性で賑わっています。会計を済ませて帰ろうとするお客さんで入口付近が混み合ってます。少し待って壁近くのテーブル席に案内されました。
メニューは、デパートのレストランらしく洋食から和食、喫茶やスイーツまで豊富に揃っています。ラーメンもあり、和風醤油の醤油ラーメンが570円、醤油ラーメン+チャーハンセットが780円とかなりお手頃に食べられます。でも、もっと美味しそうに見えたんで、おこのみヘルシー弁当にしました。
ある程度人気で仕込んでもいるでしょうが、普通に出来上がってきました。
お弁当らしい器に綺麗に盛り付けられています。おかずの種類が多いです。
ご飯が少なく、薄味のお吸い物が付きます。おかずは、白身魚のおろし煮、豆腐ときんぴらごぼうのサラダ、ローストビーフ、まぐろたたきなどです。
なかなか充実した内容ですが、お吸い物がちょっと薄味過ぎるのとお新香が付かないのが残念でした。1080円とまあまあいい線かなと思います。

ファミール いくらと鮭の二色丼と天ぷらご膳

相方が食べたいくらと鮭の二色丼と天ぷらご膳です。1078円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.02

お食事処 土鍋屋

土鍋屋 土鍋ビビンバ

土鍋屋 土鍋ビビンバ アップ

秋田県仙北市(旧角館町)の「お食事処 土鍋屋」です。
国道46号線沿いにあります。バイパスが出来て旧道扱いになるでしょうか。安藤醸造北浦本館(味噌と醤油、漬物、関連商品販売)の大きな建物です。
正月2日はまだまだお休みが多く、やってそうな土鍋屋にお邪魔しました。
角館の武家屋敷から少し離れた商人町に安藤醸造の古くからのお店があり、テレビの旅番組などでは、昔からの古い建物を使用したお店と調度品などが武家屋敷と共に紹介されています。北浦本館は、車が入り易く、土鍋屋で食事が出来るので便利です。お店で販売している商品を使用した食事も楽しめます。
北浦本館は、工場と店舗からなり、中には「安藤極撰の味 安藤本店」、「豚まん・鶏まん・ちまき処 せいろ亭」、「お食事処 土鍋屋」があります。
土鍋亭は、左側の緩やかなスロープを登った中二階のような場所にあります。厨房の前の廊下を通るとその先に広いスペースに落ち着いた雰囲気のテーブル席があります。午後1時10分過ぎに着きました。厨房前の廊下からスロープにかけてベンチ風の椅子で待てるようになっています。その先に設置してある用紙に名前などを書いての待ちになります。10人弱の待ちですが、進みが思いの外早く、それほど待たずにカウンター席の中央付近に案内されました。
メニューは、土鍋ラーメン(醤油・旨辛みそ・しお)半ライス付きのセットもあり、土鍋ごはん/味噌豚、御狩場焼定食、きりたんぽ鍋/定食、桃豚旨みそ寒こうじ漬焼定食、山の芋鍋/定食、復活の土鍋ビビンバ、期間限定の土鍋白いタンメンがあります。食べていないものから土鍋ビビンバにしました。
フロアの入口近くに“がっこ(漬物)バー”というものがあります。ドリンクバーやサラダバーは見ますが、がっこバーはここぐらいでしょうか。5種類の漬物があります。お店で販売している漬物試食コーナーのようなものです。
漬物を楽しんでいるためでしょう。思いのほか早めに出来上がってきます。
小さく可愛く渋い両手土鍋に入ってます。海草の味噌汁が美味しそうです。
多くの具があり、その中央に生卵があります。生卵を割り、具を下のご飯に混ぜて食べます。土鍋が熱々のため、石焼きビビンバとなんら変わらず、そこの辺りのご飯にはお焦げも出来ています。なかなかいい味付けかなと食べていましたが、豆板醤でしょうか?小さな子供は無理だろうなって感じの辛さがきました。いぶりがっこでしょうか?具の中にそれらしい歯応えがありました。
味噌汁は、赤い色の海草の入り味噌汁です。海草のとろみがいい感じです。
土鍋ビビンバは石焼き風に楽しめるものでした。800円といい線です。

土鍋屋 土鍋白いタンメン

相方の食べた土鍋白いタンメンです。700円です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.27

ヒュリカ Curry

ヒュリカ

新潟市の「ヒュリカ Curry」です。
新潟駅前エリア、きんしゃい亭の向かい、スナックなどが入る第一ビルの4階にあります。ALA CafeDinningというお店に同居するような感じになります。
新潟駅前での昼食です。昨日、ヒュリカ復活の幟を見かけお邪魔しました。
ヒュリカは、古町エリアにあったときには時々食べていたものですが、やがて閉店、その後は外食でほとんどカレーを食べることがなくなっていました。
ネットの情報によれば、「ヒュリカ」は1975年の創業で、先代が「ヒュリカ」と「勝烈亭」を営業してました。後にその両店とも閉店、その両店で修行した息子さんが「二代目勝烈亭」を開店させました。しかし、その「二代目勝烈亭」も昨年閉店。今回「ヒュリカ」が15年ぶりの復活になったそうです。
「ヒュリカ」の記憶は、親父さんがジーンズを履いて厨房に立っていたことでしょうか。15年は長くて、お店の事などほとんどを忘れてしまってます。
建物の入口に「ヒュリカ」の幟はありますが、1階にお店はなく、エレベータ近くの案内板にもお店の情報はありません。1階の看板に4階と書いてありました。エレベータで4階まで来ましたが、「ヒュリカ」らしい看板のお店はみあたりません。ALA CafeDinningの前にカレーのメニューがあり、ようやくALA CafeDinningで二毛作的な同居しての営業をしていることを理解しました。
お店は、入ってすぐ正面に厨房、手前にカウンター席、左右にテーブル席があります。最も右側にも窓向きのカウンター席がありました。ダーツなどの遊具も豊富にあり、食べ物も美味しいかも知れませんが、遊び場的な雰囲気のお店です。午後12時30分過ぎに着きました。他にもお客さんはいますが、そこそこ広さがあるお店だけにポツリポツリといった感じになってしまいます。
メニューは、はじめにカレーを選びます。チャッパーカレー、チキンカレー、シーフードカレー、カツカレー、ビーフカレーの5種類があります。次に辛さレベルを選びます。レベル1~5まで、程よい辛さ、ちょい辛、辛口、極辛、超極辛と表されています。辛さレベル毎に30円ずつ増します。さらにライスとナンから食べたいものを選びます。大盛り無料になっています。トッピングも用意されています。チャッパー、チキン、シーフード、カツ、ビーフ、目玉焼き、チーズ、カレーソース大盛りがあります。アーラサラダ、ヒュリカサラダもあります。ドリンクも付きます。ホットコーヒー、アイスコーヒー、アイスティー、ウーロン茶、オレンジジュース、リンゴジュース、メロンソーダ、コーラから選べます。とんでもない組み合わせの中からシンプルにチキンカレー(辛さレベル1:程よい辛さ、ライス普通盛り、コーラ)にしました。
すぐに作り始めてくれたようですが、普通の待ちで出来上がってきました。

ヒュリカ チキンカレー(辛さレベル1:程よい辛さ、ライス普通盛り、コーラ)

カレー、別皿のライス、ドリンク、福神漬などが一緒に運ばれてきました。
ちょっとサラサラのカレーソースです。辛さレベル1:程よい辛さですが、なかなかどうしていい辛さがあります。トマト系の味が効いています。以前は、ターメリックがもっと効いていたような気がしますが、どの辛さを食べていたか忘れたので…、もっと辛い方を食べると同じ味を楽しめるかも知れません。通常380円のドリンクが付いて880円です。ドリンクなんかいらないような気もしますが、原価が安いからセットとして仕方がないのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.24

かっぱ寿司 逢谷内店

新潟市の「かっぱ寿司 逢谷内店」です。
県道3号線沿いにあります。新新バイパス逢谷内インター~新潟空港と交差する大形本町交差点の角です。県道を挟みイオン新潟東の向かいになります。
テレビで寒ブリのCMが流れていたので食べてみようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にはお寿司の流れるスペースを挟むようにカウンター席やテーブル席が配置されています。午後3時10分過ぎに着きました。他にもお客さんはいますが、お店が広いだけにガラガラといった感じでしょう。
メニューは、お手頃なものは多くありますが、全体的に種類は少なめです。
味噌汁等のサービスはありません。流れているお寿司もなく、ポップが流れています。タッチ式のディスプレイで注文をします。かっぱ寿司が出来たときには画期的だと思いましたが、後発のお店でも導入され、ディスプレイの設置位置、文字の大きさ、画面遷移や検索方法などちょっと古いものに思えます。
目的は、寒ブリ、じゃんじゃんと注文します。といっても注文レーンの搬送機の関係で一度の注文は4皿まで、何度かに分けて注文していただきました。
わさび抜きのみで自分でわさびをセットする方法になります。ちょっと面倒です。機械で整形したシャリにネタをのせたお寿司、握っていません。子供が小さい時にはお手頃で良かったのですが、なんか好みとずいぶん違ってます。
それでもお手頃なので助かります。寒ブリを中心にお腹一杯になるまでいただきます。いつもの倍ぐらい食べた感じ、相方と二人で3348円でした。

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.23

居食亭 ほうせい丸

ほうせい丸 海鮮丼セット

ほうせい丸 海鮮丼セット アップ

聖籠町の「居食亭 ほうせい丸」です。
国道7号線(新新バイパス)東港インターを下りて、すぐ左側にあります。
海鮮丼が人気のお店をネット検索、美味しそうだったのでお邪魔しました。
お店は、入口を入って右側奥に厨房、手前に小上がり、右側にテーブル席があります。田舎の大きな居酒屋のような雰囲気です。午後1時頃に着きました。駐車場が満車に近い混みでしたが、お店の中もかなり混んでいます。少し待ちかなと思ったらお店の奥に案内されます。宴会が出来そうなほど大きな座敷があり、卓卓が並べられています。こちらも賑わっていますが、座れました。
メニューは、豊漁刺身定食、なぎさ定食、さざなみ定食、みさき定食、とんかつ定食、かつ鍋定食、漢方豚しょうが焼定食、エビフライ定食、天ぷら定食、和風ハンバーグ定食、刺身定食、ミックス定食A、ミックス定食B、海鮮丼、いくら丼、ねぎとろユッケ丼、天丼、えび天丼、ロースかつ丼、タレかつ丼、穴子丼、豚丼、にぎり寿司特上、にぎり寿司上、にぎり寿司並、にぎり寿司8カン(みそ汁付)、海鮮丼セット、えび天丼セット、天丼セット、タレかつ丼セット、ネギトロユッケ丼セット、いくら丼セット、カツ丼セット、穴子丼セット、ミニいくら丼、ミニねぎとろ丼、ミニかつ丼、ミニ天丼、漢方豚しゃぶしゃぶ御膳、さつき御膳、つばき御膳、ゆり御膳、寿司御膳、ラーメン・ミニかつ丼セット、うどんセット、にぎり寿司セット、特盛ざるそば、ラーメンセット、天ぷら茶そばセット、そばセット、茶そばセット、天ぷらそば・うどん、かけそば・うどん、ラーメン、チャーシューメン、天ざるそば・うどん、茶そばざる、ざるそば・うどん、ざるラーメン、大粒岩がき御膳、岩がきフライ定食、岩がきステーキ定食、ミニそば、ミニうどん、ミニラーメン、豊山定食、トンテキ定食、ローストビーフいくら丼、濃厚海老みそラーメン、濃厚海老みそチャーシューメン、ミニ海老みそラーメン、海老みそラーメン+ミニかつ丼セット、海老みそラーメン+ミニ寿司セットなどがあります。月~土提供で、祝日の今日は提供されていませんが、大漁ランチ、豊漁ランチ、寿司ランチ、カレーランチ、日替り丼ぶりランチ、日替り魚ランチ、日替り釜飯ランチも用意されています。デコレーション寿司、シェア海鮮丼、海鮮チャレンジ丼などの予約の必要な大盛系のメニューもあります。その他に一品料理も多数あります。いろいろあって悩むところですが、海鮮丼セットにしました。
なんといっても席数の多いお店です。仕込みがしっかりしているのか?厨房のスタッフが多いのか?思っていたよりも結構早めに出来上がってきました。
海鮮丼、半うどん、野菜サラダのセット。海鮮丼は塗りの器に入ってます。
海鮮丼は酢飯で、その上には海鮮が綺麗に並べられています。お魚の切り身の殆どが2枚ずつ入っているような感じで、食べ応えがしっかりしています。
半うどんも結構しっかりしていますが、1350円はちょっとお高いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.16

鈴木鮮魚店

鈴木鮮魚店 海鮮丼(味噌汁付き)

新潟市の「鈴木鮮魚店」です。
本町6番町のアーケード西寄りにある青海ショッピングセンターという市場風な建物の中にあります。以前に食べた四川料理「鵬龍」のおくにあります。
お店は、市場の奥ね鮮魚店です。何か食べられるような雰囲気はありません。長机が3脚、周囲に丸い椅子、市場の休憩スペースのように見えますが食堂のようです。午後1時30分過ぎ、3人組の家族が定食を食べているのを見て食堂と判りました。長机のテーブルの上に1枚もののメニューがありました。
メニューはシンプル、〈上〉海鮮丼(味噌汁付き)、海鮮丼(味噌汁付き)、刺身定食(味噌汁付き)、焼魚定食(味噌汁付き)、刺身盛り合わせなどがあります。その他に一品料理、鮮魚店らしく岩がきなどその場で食べれるものもあります。美味しそうなものばかり、海鮮丼(味噌汁付き)にしました。
さて、厨房がどこにあるか判らず、注文方法というか、だれに注文すれば良いのかが判りません。市場らしく鮮魚が並んだところのスタッフに訪ねるとそこで良かったようです。海鮮丼(味噌汁付き)の注文を伝えて席で待ちます。
鮮魚売場の奥のちょっとしたスペースが厨房のようで、何か作ってそうです。ネタを切るところからでしょうか?少し待ってから出来上がってきました。
海鮮丼、あら汁、小鉢、お新香のセット、醤油皿も一緒に盆にのってます。
海鮮丼は、控えめ酢飯で、その上には海鮮がとても綺麗に並べられています。鮮魚店だからでしょう?魚の温度もあって、新鮮に、美味しく感じられます。切り身は、そんなに大きくはないです。豪快さはありませんが食べ易いです。食べてみると女性向けかなと思うご飯の量と上品な仕上がりの海鮮丼です。
あら汁は、大きな椀の鰤の薄味のもので、具の大根がとても美味しいです。
小鉢は、白菜などの野菜をおからで和えたようなものなかなかの美味です。
お新香は、大根漬でそれ自体どうこうありませんが、盛り付けが見事です。
鮮魚店の海鮮丼ということで、豪快なものかと思って降りましたが、質の高い上品なものでした。あら汁と小鉢付きでの1080円はいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.13

金沢まいもん寿司 本店

石川県金沢市の「金沢まいもん寿司 本店」です。
国道8号線(上り)沿いにあります。県庁も近い南新保南交差点の先です。
金沢のラーメンもいいのですが、せっかくの金沢、美味しいお寿司でも食べようかとお邪魔しました。近江町市場でとも考えましたが、市場の雰囲気も含め好きな昔の印象を残しておきたいし、人気回転寿司と思いお邪魔しました。
お店は、中央に厨房、周囲にカウンター席とテーブル席、小上がりがあり、待ち席もあります。高級回転寿司とでも言うのでしょうか。和の雰囲気がいい感じに漂う回転寿司です。午後3時過ぎですが、何組ものお客さんがいて、厨房には、こんな時間でも結構な人数の職人がいます。北陸の食材を職人が握って食べてもらうというコンセプトが良く判ります。カウンター席にしました。
店内の貼紙やメニューに目を通します。味噌汁のサービスはないようです。
回転寿司ですが、PRのポップが廻っているだけでお寿司は廻っていません。端末や注文用紙っぽいはなく、会話で職人に直接注文すればいいようです。
メニューは、通常の数ページにわたる写真入りで判り易いもの、日替わりの文字だけの1枚もの、貼紙やホワイトボードなどもあちこちに書いてあります。セットは、プレミアム特上ランチ、和楽(からく)、華ランチ、彩ランチなどがあります。お好みには、加賀百万石握り、人気もん三昧、白いもん三昧、赤いもん三昧、あぶり三昧、能登の国から、北海三昧、まぐろ三昧、ネバとろ三昧などがあります。まずは好きな納豆の軍艦、天然と養殖のぶり、ネバとろ、しめさば、ばい貝などをいただきました。寒ぶりはいただきましたが、白えびやホタルいかなど食べたいものが富山で食べた方が良さそうなものが多く、能登産のものは、あまり新潟のお寿司屋さんと変わりないように思えました。
大変美味しくいただきました。1987円。加賀百万石の少しお高いお昼。

金沢まいもん寿司本店

金沢まいもん寿司本店

金沢まいもん寿司本店

金沢まいもん寿司本店

金沢まいもん寿司本店

金沢まいもん寿司本店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧