カテゴリー「W1:外食(和食)」の780件の記事

2024.01.30

爆弾おにぎり家

爆弾おにぎり家 塩むすび

南魚沼市の「爆弾おにぎり家」です。
越後湯沢駅2階、CoCoLo湯沢•がんぎどおりにあります。
越後湯沢駅での昼食の第二弾です。おそばだけではちょっと物足りなく、おにぎりでも食べようかとお邪魔しました。
お店は、ショッピングモールの奥まった場所にあります。手前に注文のエントリー機があり、奥に受け取りカウンターがあります。食べる用のテーブルとカウンターもあります。
午後1時30分過ぎです。テーブル席に食べているお客さんが数名はいますが、注文等での列びのお客さんはいません。

爆弾おにぎり家 メニュー

メニューは、ご飯1合の爆弾おにぎりとご飯4合の大爆おにぎりがあります。爆弾おにぎりは、具材1品と具材2品が選べるものがあります。大爆おにぎりは具材5品が選べて、おすすめの組合せの紹介もあります。具材は、すじこ、鮭、焼きたらこ、もち豚角煮、明太子、ふきのとう味噌、大葉甘味噌、神楽南蛮甘辛味噌、味噌漬けきざみ、南高梅、高菜油炒め、焼き生姜佃煮、昆布佃煮、ちびきゅうり味噌、海苔むすび、塩にぎりがあります。お米を味わう塩むすびにしました。
レシートと注文番号の書かれた紙が印刷され、番号が呼ばれるのを待ちます。すぐ作り始め、早めに出来上がりました。テイクアウトにしたのですが、レジ袋に入っていました。
越後湯沢駅コンコースにある休憩スペース?で食べます。
祭りの露店で販売している焼きそばのような容器に入っています。おにぎりが大きく完全に閉まり切っていません。その中にラップに包まれたい白いおにぎりがあります。おにぎりだけを注文しましたが、味噌汁も付いています。おにぎり毎に味噌汁が付くのでしょうか。おにぎり1個が1合なんで1人で複数のおにぎりを食べる人も多くないかも知れません。
優しく握られた軟らかいおにぎりです。崩れないように上手に食べましょう。思ったよりも結構塩味が効いています。崩れないようにと考えながら表面の塩味の効いた部分と中の塩味のない部分の量を調節しながらおにぎりを食べます。塩味は、良い塩を使っているのでしょう。塩味にも甘味があり、ご飯の甘味を引き出しています。おにぎりを楽しむ感じは全くなく、コシヒカリの旨みを味わえるおにぎりです。ご飯の美味しさもあって1合のご飯はすんなりお腹に入りました。
この塩にぎりは味噌汁付きで370円、ちょっと高級なおにぎりを楽しめました。すじこや鮭は880円、普段じゃ無理。

| | コメント (0)

2023.12.22

名物 万代そば

万代そば カレーライス

新潟市の「名物 万代そば」です。
万代シティバスセンターのバス発着場の一角にあります。
立ち食いうどんとそばのお店ですが、カレーライスもやっていて、カレーライスの方が人気があります。秘密のケンミンSHOWで取り上げられて人気が出て、レトルトも販売され、食歩系YouTuberの新潟がテーマではほぼ食べています。
出張者の希望で万代そばにお邪魔しました。2回目かな?
今回は公共交通機関の利用で、午後3時過ぎの到着です。
お店は、バスセンターの発着場の角、万代そばとラーチャン家が並んでます。一般的な立ち食いコーナーで、バス発着場の角に仕切りのある立ち食い向かい合わせカウンターが並べられています。お店の中って感じではなく、体育館の角みたいな雰囲気です。2~3割程のお客さんの入りでしょうか。
食券販売機でのメニューは、各種うどんやおそばとトッピング、カレーライス(ミニ~大盛)、カレールーのみなどがあります。高速道路のようなセットはありません。隣のラーチャン家と組み合わせるとラーメン+カレーライスやお蕎麦+炒飯も食べれます。テイクアウトの他にお土産まで扱っています。もう観光地になっています。うどんやおそばもまあまあお手頃感な値段で、野菜天ぷら玉子そばを食べたいところですが、今日はカレーライスにしました。普通盛です。
受け渡しカウンターに食券を出します。この方式が一番安心できます。盛り付けだけ、すぐに出来上がってきました。
青線が掠れた白い器に盛られてます。ボリューミーです。
ご飯は、カレー用の炊き方なのか?やや軟らかめでモチモチ感のあるものです。以前に食べたご飯とかなり違います。
カレーは、黄色です。ターメリックの良く効いて、しっかりした辛さ、甘さ・塩味があり、バランスも良いです。以前よりも良く馴染んでいて甘味がより自然な感じがしました。
トッピングは、福神漬のみです。らっきょも欲しいかな。
人気なのも納得です。カレーライスは、普通盛で530円です。お手頃ですが、以前食べた時は普通盛りが470円でした。

| | コメント (0)

2023.11.23

海鮮処 魚吉

魚吉 海鮮丼

魚吉 海鮮丼 アップ

秋田県にかほ市(旧象潟町)の「海鮮処 魚吉」です。
国道7号線沿いにある道の駅象潟「ねむの丘」にあります。道の駅象潟「ねむの丘」には道の駅象潟「ねむの丘」と市の交流施設「にかほっと」があります。ねむの丘には、温泉施設、大きなお土産屋、軽食コーナー、レストラン「眺海」があります。海鮮系も麺類も提供しています。交流施設のにかほっとはフードコート風の施設で、直売所や飲食店類があります。ラーメン店、うどん&そば店、韓国料理店、ダイニング、イタリアン料理店、お弁当店、足の湯まであります。
魚吉は、以前に岩牡蠣を食べたりした土田水産が海鮮系の丼ものを提供しようとしたお店です。海鮮丼も流行りかな?
実家の雪囲いのための移動中です。とびしまで食べようかとも思いましたが、酒田港までのタイムロスが大きくねむの丘で食べようと思いました。時間があればとびしまでなんで考えていたので、ラーメンより海鮮系の魚吉になりました。
午前11時10分過ぎに着きました。道の駅には330台分の大きな駐車場があります。お昼もまだ早め、すんなりと駐車ができました。フードコートのテーブル席も空いています。
お店前には最近の海鮮丼屋っぽく大きな写真入りのメニューが貼り出されています。大きな写真は引力が超強力です。
お店は、左奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、右側に小上がりがあります。左側の手前が空いています。岩牡蠣の時期には、岩牡蠣の販売もできそうです。お店の中で食べているお客さんがいませんが、フードコートでも食べられるので…。お店に入ってすぐ右側に食券販売機があります。
メニューは、海鮮丼、地魚丼、特産丼、地魚2色漬け丼、刺身定食、焼魚定食、煮魚定食、ロースカツ定食、エビフライ定食、から揚げ定食、お寿司、あら汁、セットが基本的なもので、季節の魚を使ったものも提供されています。丼類などは味噌汁付きで、あら汁への変更もできるようです。一番人気は地魚丼とのことですが、お手頃な海鮮丼にしました。
仕込みができているようで、早く出来上がってきました。
海鮮丼、味噌汁、醤油がお盆にのって運ばれてきました。
海鮮丼は、大きめの塗りの器に盛られています。なかなかいい感じに盛られています。鮪、鯛、サーモン、平目、イカ、甘海老、帆立、いくら、玉子、甘酢生姜、大葉など、そこそこ種類も多く、良かったと思います。ただ、ボリューム的には、おやつって感じでしょうか。大きめの胃袋にはハーフサイズに思えました。1480円とお値段はいい線でしょう。
地魚丼は2000円、なんで地魚の方が高いんだろうと思いましたが、地魚丼は海鮮丼+地魚のようです。納得しました。

Photo_20231125031001

おまけ

| | コメント (0)

2023.11.01

目利きの銀次 新潟駅前店

目利きの銀次新潟駅前店 まぐろ四色丼

目利きの銀次新潟駅前店 まぐろ四色丼 アップ

新潟市の「目利きの銀次 新潟駅前店」です。
新潟駅万代口から東への一方通行の市道のさらに線路寄りの道沿い、土佐屋新潟店方向へのそこそこ手前にあります。
土佐屋新潟店でランチにしようかと近くのコインパーキングに駐車して向かいました。しかし、臨時休業。勘弁してくれよ!って感じです。近くのラーメン店なら新潟第一ホテルに東横新潟駅前店がありますが、民事再生法適用申請をしたとかで営業しているか不明です。駅方面に海鮮系ランチが食べられるお店があるだろうと歩いたら「目利きの銀次」が…、店前の看板になかなか良さそうなメニューがあります。ランチに海鮮丼などがあり、食べてみようとお邪魔しました。
お店は、大きなスペースに腰高の個室風な仕切りのテーブル席、上はオープンです。ファミレスのような居酒屋のような雰囲気です。数組のお客さんがランチを楽しんでいます。
メニューは、海鮮系の丼、寿司や定食などがあります。海鮮系の丼は、海鮮丼3種、サーモン丼5種、マグロ丼6種などの18種もあります。海鮮丼は、三種、五種、七種とあります。どれにしようかと見ていたら、まぐろ丼も美味しそうに見えてきました。海鮮丼はそのうち、まぐろ四色丼にしました。
仕込みが良いのでしょう。早めに出来上がってきました。
お盆にまぐろ四色丼、味噌汁、醤油皿、がのっています。
まぐろ四色丼は、酢飯にまぐろの赤身、ハラモ、ビンチョウマグロ、たたきがのったもの、大葉、海苔、山葵、生姜酢漬けが添えられています。酢飯は少し硬め、そんなにボリューム感はありません。ご飯の大盛りなら50円のUPで可能です。まぐろ四色丼は900円とお得で、他も800円~900円が多く、異なる丼を2個とか食べてもいいかなって感じでした。

後で判りましたが、東横は営業しているとのことでした。

| | コメント (0)

2023.09.29

寿司割烹 竹徳

竹徳 日替りランチ丼(ミニ冷そば)

竹徳 日替りランチ丼

新潟市の「寿司割烹 竹徳」です。
名称ですが、お店入口上の看板は「壽司割烹 竹徳」で、駐車場の看板は「すし割烹 竹徳」、駐車場に駐車中の送迎用マイクロバスは「寿司割烹 竹徳」だったりしています。
新々バイパス竹尾インター近く、卸団地と反対の北側、バイパスから見えるバイパスと並行する市道沿いにあります。
ネット上に美味しいそうな写真が多くアップされています。食べてみたいと思っていました。平日にお邪魔しました。
午後12時20分頃に着きました。市道沿いに駐車スペースが、週末混み合う駐車スペースも平日は余裕で駐車できます。
その奥に大きめの一軒家のお店があります。入口を入ると左側にお店があります。正面には階段があり、2階はお座敷でしょう。昭和風なちょっと田舎の割烹っぽいの造りです。
お店は、奥に別部屋の広そうな厨房があり、手前にお寿司屋さんって感じのカウンター、カウンター席もあります。さらに手前にテーブル席、その手前と左側にお店の見える範囲を囲うように個室の和室があります。広々した空間が広がる高級そうなお店です。数組のお客さんが入っていそうです。
メニューは、ランチメニューのみの掲示で、上松定食、和食膳、松定食、生寿司定食、のり巻き定食、刺身定食、天丼定食、鳥から揚げ定食、Mixフライ定食、すしランチ、日替りランチ丼、竹ランチ、バラちらし丼定食、生チラシ定食、お子様ランチなどがあります。多くはミニうどんかミニそばが付き、どちらも温と冷があります。うどんとそばの単品提供もあります。日替りランチ丼(ミニ冷そば)にしました。
お客さんが少ないためか、早めに出来上がってきました。
お盆に日替りランチ丼、ミニ冷そば、蓮根入りきんぴら、お新香がのってきました。充実したランチになりそうです。
日替りランチ丼は、鰤がメインで、海老、タコ、玉子焼きなど、程良くお酢の効いた酢飯、なかなか充実しています。
お蕎麦は、ハーフサイズでしょうか。蓮根のきんぴらやお新香などと食べ進めると結構良いボリューム感もあります。
この内容でちょうどの1000円、お手頃なランチでした。

| | コメント (0)

2023.03.11

海鮮どんや とびしま

とびしま 極海鮮丼

とびしま 極海鮮丼 アップ

山形県酒田市の「海鮮どんや とびしま」です。
酒田港のさかた海鮮市場の2階、人気の観光海鮮食堂です。
秋田へ移動中の昼食、海鮮を食べようとお邪魔しました。
とびしまには数量限定の人気メニューも多く、それらの限定メニューを食べるならば、早めに動くことです。新潟からの移動だとかなり覚悟して早めに動かなければいけませんが、
海鮮丼など遅くまであるメニューもあります。今日は日本海東北道や国道7号線ともまあまあ順調に流れていました。
午前11時40分過ぎに着きました。港の広いスペースに公園や港湾管理施設、商業施設などがあり、その他が駐車場です。広めの駐車場があちこちにあり、休日は混み合います。商業施設前の駐車場は満車、徐々に離れた駐車場へと移動すると、それ程離れていない駐車場に余裕で駐車出来ました。
駐車場の混みから列びを心配していましたが、外にまでおよぶ列びも、階段の列びもありません。混雑していません。
お店は、奥に厨房、手前に受け付けと商品引き渡しのカウンター、左側に広めの通路があります。カウンター手前にテーブル席、さらに手前が広い座敷になってます。通路の左側に港側の窓に面したカウンター席があります。広い座敷も奥にフローリングの席が、手前には堀ごたつの席とがあります。左の港側も右の駐車場側も広い窓があるため、とても明るく解放感のある店内です。予想通りほぼ満席の賑わいですが、ポツポツと空席もあります。列びはお店の中程までです。
メニューは、受け付けの後ろ、正面の壁に大きな写真入りで貼り出され、受け付けの周辺にも掲示されています。基本的なものが1000円~2500円とかなりお手頃感があります。人気の数量限定メニューは、スーパー刺身定食、刺身舟盛膳、とびしま膳、板さんおすすめ膳があります。が、どれも売り切れです。定食は、刺身定食、焼魚定食があります。どんぶり物は、極海鮮丼、鮭親子丼、カニ丼、うに丼、いくら丼、カニ・イクラ丼、うに・いくら丼、鉄火丼、中トロ丼があります。大王様の海鮮丼、女王様の海鮮丼もあります。他にも季節のものなどを中心に同じか?それ以上のメニューがあります。海鮮丼が極海鮮丼になっています。美味しいとしか言えないタレントを集めた日テレの番組みたいです。1210円だった海鮮丼が、極海鮮丼は1518円とかなりお高くなりました。どう変わったのか食べます。極海鮮丼にしました。
受け付けで支払いをし、番号の書いた紙をもらい、小上がりに移動、セルフサービスのお茶と水を用意して待ちます。
ほんの少しの待ちで番号が呼ばれます。引き渡しカウンターで丼を受け取り、空いている小上がり席へと移動します。
お盆に海鮮丼、味噌汁、お新香、醤油皿が並んでいます。
地魚を中心に酒田の海の幸が食べられるどんぶりです。以前に食べた海鮮丼と比べると、ねぎとろが増えて海老が殻付きになっています。ちょっと豪華になりましたが、1,518円となり、お手頃感が少し薄れたようでなところもあります。
味噌汁は豆腐とわかめが入ったもの、甘エビのあたまを使ったものとか、あら汁だったらとか、選べたらと思います。

| | コメント (0)

2023.02.04

弁天鮨

弁天鮨 生チラシ

Photo_20230206035901

新潟市の「弁天鮨」です。
海老ヶ瀬インターと「らーめん 幸」の中間にあります。
この前は、お店前の駐車場に駐車できずに断念。今日は、リベンジ程ではありませんが食べれればとお邪魔しました。
午後12時10分過ぎに着きました。お店前に数台が駐車できるスペースがあり、今日は2台分もの空きがありました。
後から判ったことですが、隣の空き地にも駐車できます。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に小上がりがあります。奥に個室等もありそうです。家族でやってるのかな?って感じ、歴史もそこそこありそうな雰囲気です。6割~7割程のお客さんの入り、賑わっています。
メニューは、サービスランチだけになります。生チラシ、生チラシ(中盛り)、生チラシ(大盛り)、生握り1人前+巻きもの1本があります。生チラシも生握りも1100円で、チラシの中盛りと大盛りは1200円です。小鉢、味噌汁付きです。今日はそれ程お腹も空いてません。生チラシにしました。
その後もお客さんがきてほぼ満席の賑わいになりました。
待ちのお客さんが多く、少し待ち出来上がってきました。
寿司桶の器に山盛り、迫力のチラシに仕上がっています。
桶の半分程度まで鮨飯で、その上にネタがのっています。
ネタの種類も多く、カニの身、甘海老、蒸し海老、ホタテ、イカ、マス子、玉子焼、あん肝、マグロ、サーモン、ブリ、鯛、ネギトロ、でんぶ、生姜、他にも色々ありそうです。
わかめの味噌汁、小鉢は山芋の千切りと刻み長藻のたたきののった冷奴、海と山の粘りの共演はなかなかのものです。
とてもお手頃に海の幸を楽しめました。ご馳走様でした!

| | コメント (0)

2022.12.15

お食事処 とみ家

とみ家 海鮮丼(並)

とみ家 海鮮丼(並)アップ

柏崎市の「お食事処 とみ家」です。
海岸沿線を走る国道352号線沿い、松波地区にあります。
ジャンボえびフライが人気のお店ですが、海鮮丼など海鮮系も充実しており、海鮮丼を食べようかとお邪魔しました。
午後12時40分過ぎに着きました。お店前にある15台程の駐車場は満車ですが、裏の広々した第二駐車場があります。
お店は、高級そうな和食のお膳なんかを食べるお店といった雰囲気で大きいです。入ったすぐにテーブル席やカウンター席もありますが、奥に小上がりや座敷の個室がたくさんあります。結構賑わっていてカウンター席に案内されました。
メニューは、定食、寿司、そば、うどん、ひやむぎ、セットなど豊富に揃っています。日替り定食が800円とお手頃なランチも食べられる和食屋さんです。食べたくなるようなセットも結構揃ってはいます。海鮮丼は、1300円の上と1200円の並があります。100円の違いならと海鮮丼(上)を注文するつもりでしたが、貧乏人の性とでもいうのでしょうか、意思に反し口が勝手に海鮮丼(並)と言葉を発してました。
混んではいますが、かなり早めに出来上がってきました。
海鮮丼と吸い物、醤油入り醤油皿ととてもシンプルです。
海鮮丼は、無造作に切られた海鮮が盛り付けられています。食べ易い大きさに切られていて、ご飯は優しい酢飯です。
海鮮丼はまあまあ心地良く食べれました。吸い物が付いての1200円、小鉢とかが付かないので少しお高い印象です。

| | コメント (0)

2022.12.03

Sushi & kappou 新海

新海 ブリ丼とブリ大根セット

新潟市の「Sushi & kappou 新海」です。
国道113号線沿い、新潟空港入口交差点の松浜橋寄りです。
午後1時15分、「弁天鮨」の生チラシを食べようと行きました。しかし、お店前の駐車場は満車、すぐに空くだろうと待ちましたが空きません。気にしていませんでしたがそのまま昼営業終了の午後1時30分に、スタッフが暖簾を下げてお店の中に戻りました。残念!もう少し昼営業の時間が遅くまでやっている「Sushi & kappou 新海」にお邪魔しました。
「おさかな亭 空港通店」だった建物。「おさかな亭」は「雷神」や「和楽」と同じオサムフーズのブランドのひとつでしたが、ホームページの店舗にもなくなり、独立したのでしょう。
午後1時40分過ぎに着きました。お店前に広い駐車場があります。お昼時間は混み合いますが、もう空いていました。
お店は、入口を入ると少し広めのスペースがあり、奥に厨房があり、その手前にカウンター席があります。左側にスペースが続き、周囲には大きく個室風に仕切った小上がりがあります。古さを感じさせる居酒屋のような雰囲気のお店です。駐車場は混んでましたが、店内はそれ程ではありません。
メニューは、複数ページで表に本日のおすすめがあります。ブリ丼とブリ大根セット(小鉢、サラダ、みそ汁)、カキフライ上すしセット(小鉢、茶わんむし、みそ汁)、海鮮丼とブリタレカツ丼セット(小鉢、みそ汁)、牛肉(うどん・そば)海鮮丼セット(小鉢)、秋鮭ちゃんちゃん焼き定食(小鉢、茶わんむし、白米、みそ汁)などがあります。もう一品的に加えるおかずもあります。他にも色々あります。ブリ丼とブリ大根セット(小鉢、サラダ、みそ汁)にしました。
賑わっていますが、普通の待ちで出来上がってきました。
ブリ丼、ブリ大根、小鉢、サラダ。みそ汁のセットです。

新海 ブリ丼とブリ大根セット(ブリ丼’)

ブリ丼は、大きなブリの切り身が4切、いい感じに脂がのったものでいいボリューム感もあります。ご飯は酢飯です。

新海 ブリ丼とブリ大根セット(ブリ大根’)

ブリ大根は、しっかり身の付いたブリのあらと味の染みた大根です。大根は写真に見えている小振りなものだけです。
小鉢はブリのフライ?の切り身で、みそ汁はあら汁です。
この組み合わせで1200円、新潟の初冬を楽しめました。

| | コメント (0)

2022.11.13

とんかつ政ちゃん 牡丹山店

とんかつ政ちゃん牡丹山店 カツカレー

新潟市の「とんかつ政ちゃん 牡丹山店」です。
赤道から笹出線方面の市道に入ってすぐ右側にあります。
相方がたれかつ丼を食べたいとのことでお邪魔しました。
タレかつ丼に執着がなく、玉子とじカツ丼の方が好きです。なので玉子とじカツ丼のないとんかつ政ちゃんは苦手です。いつもラーメンを付き合って貰っているのでたまには…。
午後1時10分過ぎに着きました。お店横に駐車場がありますが、休日のためか?混んでます。1台分だけ空いてました。
お盆期間もあって、ほぼ満車に近い混みになっています。
お店は、和風レストランそのもの、囲炉裏を囲うカウンター席、テーブル席、小上がり、座敷などがあります。お店は待ちのお客さんはいません。小上がりに案内されました。
メニューは、とんかつ各種定食、フライ各種定食、組み合わせ御膳やセット、ミニかつ丼・3枚かつ丼・並かつ丼・特製かつ丼のタレかつ丼とそれらのひれかつ丼、カレー、カツカレー、サラダやデザートなどあります。季節メニューで提供の牡蠣フライも気になりますが、カツカレーにしました。
混みもあってか?少しの時間待ち出来上がってきました。
カツカレーは、白い大きな丸いお皿に盛られてきました。
デミグラスソースのようにまろやかなものですが、結構辛めです。イタリア産のトマトが入っているとのこと、酸味も強めに感じられます。カレー専門店とも、普通の食堂とも違う一般的じゃない独特な味のカレーに仕上げられています。
とんかつは、ちょっと小振り、食べ易い大きさかも知れません。揚げたての熱々を期待しましたがそれも違いました。
とんかつ店らしくキャベツの千切りが付きます。とんかつ用だろうソースでいただきます。これは期待の通りでした。
カレーは独特ですが嫌いではありません。ご飯は普通で、とんかつがちょっと期待外れでした。1771円お高いです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧