カテゴリー「G:外食(食事)」の603件の記事

2019.09.20

丼や いし井

Photo_20190921182101

新潟市の「丼や いし井」です。
本町6番町のアーケード西寄りにある青海ショッピングセンターという市場風建物の中にあります。前に海鮮丼を食べた「鈴木鮮魚店」と同じ建物です。
お店は、市場の左側通路の中程の左側です。お店向きにカウンター席だけですが、通路奥の右側にフードコートと言えるほどではありませんが、お店に関係なく座れるテーブル席もあります。市場の休憩スペースのようにも見えます。午後12時20分頃に着きましたが、4~5割程度のお客さんの入りです。
メニューは、詳しいところまでは判りませんが、建物の入口にある看板では、いくら鮭丼、ハヤシライス、銀だらみそ漬焼魚定食、たこ頭やわらか煮定食、あぶり親子丼、焼魚定食(鮭かま・鯖)、真イカしょう油漬丼、稲庭うどん、タレかつ丼などがあります。これです!銀だらみそ漬焼魚定食にしました。
同僚は別のお店の焼き鮭定食やハタハタ焼魚定食などを注文、フードコート風な席に座ります。お客さんが一緒だと関係なさそうです。同僚が注文したお店のスタッフが一緒にお茶を入れてくれました。焼魚なんで時間がかかるかと思っていましたが、同僚もそうですが、結構早めに出来上がってきました。銀だら味噌漬焼魚、小鉢、ご飯、おにぎり、味噌汁、お新香のセットです。
市場のような場所でお店を出しているのですから、その味は確かなものです。赤味噌だろう味噌の程良いしょっぱさ、甘さと旨味の染み込んだ銀だらです。銀だらの表面がちょっと焼け過ぎかのように見えて、見映えは良くないです。しかし、少しの焦げもなく、苦味などを感じさせるようなことはありません。そして、銀だら特有の身の剥がれ、味噌味の染み込みや油ののりも見事です。いい素材、味付け漬け、焼きに至るまで普通だろうけど見事な仕上がりです。銀だらの美味しい味付けは、少量に感じるご飯にはちょっとしょっぱめです。大根おろしの醤油を控えめに調整しました。辛味の少ない大根おろしです。
新潟は、ラーメンも美味しいけど魚も魅力的です。たまに食べてしまいます。ご飯がちょっと少なめ、女性でもペロリと食べれるようなボリュームでした。850円とまあまあ良い線かなと思えるランチでした。次の魚はなんに…。

| | コメント (0)

2019.09.17

T’sキッチン まかないや

Photo_20190921113901

新潟市の「T’sキッチン まかないや」です。
国道7号線(新新バイパス)竹尾ICから県道4号線を横越方面へ、新潟市中央卸売市場内にあります。市場中央棟1階に数件ある食堂の中の1軒です。
新潟情報に掲載されたお得に食べられる最終日、期待してお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席、左側に壁向きのカウンター席があります。市場に買いに来た親父さん達が集うような雰囲気です。午前11時50分過ぎに着きました。満席に近く、辛うじてテーブルが1卓空いていました。
メニューは、定食、寿司、丼物に別れています。定食は、刺身定食、アジフライ定食、焼き魚定食、エビフライ定食、カキフライ定食、焼肉定食、チャーハン定食、とりから定食、生姜焼き定食、野菜炒め定食、日替わり定食があります。寿司は、海鮮丼(特)、海鮮丼(中)、海鮮丼(並)、イクラとサーモン親子丼、ネギトロ鉄火丼、鉄火丼があります。丼物は、焼肉丼、新生姜焼き丼、豚塩コショウ丼があります。ご飯は、大盛り無料、おかわり50円、日本昔話盛り50円があります。初心者向けっぽい…海鮮丼(並)にしました。
店主1人でやっているお店のようで、かなり忙しく動いています。時間がかかるかと思いましたが、普通よりもちょっと待ったら出来上がってきました。
お盆にのってきました。海鮮丼、野菜サラダ、お新香、味噌汁があります。
海鮮丼は、お寿司屋さんの器で、旬の海鮮と玉子、彩りか沢庵まであります。温かめ寿司飯にいい感じに盛り付けられています。さすか市場の食堂です。
普通盛りのご飯の量でいただきましたが、市場関係者向けのボリュームです。通常は1000円とそれ相当の値段ですが、新潟情報の特典でコーヒーが付いて700円と本当に良いのと思わせるとてもお手頃にいただけました。

| | コメント (0)

2019.08.28

寿司清矢ヶ崎

Photo_20190901221501

新潟市の「寿司清矢ヶ崎」です。
「寿司清」が代替わりリニューアルして「寿司清矢ヶ崎」になってました。
中央区礎町通一ノ町、ホテルオークラから少しヨーカドー寄りにあります。
出張者との昼食、最近食べていない新潟らしい店でと思いお邪魔しました。
お店は、外観のそれほど拘らない雰囲気とは違い、中は渋く落ち着いた雰囲気です。お寿司屋さんらしいお寿司を作る厨房とカウンター席、テーブル席が見えます。別にメインの厨房があり、仕切られていますが、小上がりや個室もありそうです。午後12時20分頃に着きました。カウンター席に2人組だけと空いてはいますが、カウンター席なら食べることができるとのことです。予約なのか?スタッフが少ないのか?カウンター席で食べることになりました。
メニューは、通常のにぎりやちらし、お好みの他にランチセットがあります。にぎりセットとちらしセットの2種のセットからちらしセットにしました。
野菜サラダと茶碗蒸しが先にやってきました。食べながらもう少し待ちます。仕込みや他のお客さんへの作りと平行作業、普通に出来上がってきました。

Photo_20190901221601

黒い器に綺麗に盛り付けられてきました。すぐに味噌汁もやってきました。
海鮮丼とちらし寿司、白飯と酢飯、白飯が好きですが酢飯も好きです。使う素材や盛り付けもありますが、寿司の方かちょっと高級なように気がします。
お店の雰囲気、器や盛り付け、素材や包丁捌など、品良くいただきました。
にぎりセット・ちらしセットともに1000円。かなりお手頃だと思います。このお店ですが「寿司清」だった11年前ににぎりセットを食べていました。当時は、にぎり寿司と味噌汁のセットで800円でした。値下がりしてる?

| | コメント (0)

2019.08.20

永井食堂

Photo_20190826004901

群馬県渋川市(旧子持村)の「永井食堂」です。
もつ煮で知られる渋川・みなかみ地区の最も有名なもつ煮専門のお店です。
国道17号線沿いにあります。南下すると出入り車注意の看板があります。
美味しいもつ煮が食べたいと思いつつ…、時間が確保できお邪魔しました。
営業時間ですが、以下の通り午前中からの食べられるようになっています。
 平日  9:30~20:00
 土曜  9:30~14:00
 土曜 14:00~18:00(販売のみ)
 日祝 10:00~18:00(販売のみ)
普通に食べようとしたら、土曜日の~14:00で食べるしかないのですが、寝坊助にはキツイのですが、ようやく食べれそうな時間が確保できました。
夏休みもあってか駐車場も混んでいますが、少しの待ちで駐車できました。
お店は、幅の広いカウンター席だけのお店です。カウンター席の後は、人が通れるほどに広さもありませんが、どこからでも出入出来そうになっています。正午過ぎに着きました。10人超の列びですが、少しの待ちで座れました。
以前は、おみやげのもつっ子なる3人前(1.2kg、1070円)のもつ煮を食堂の左端か食べている最中に注文して購入できましたが、食堂右側の別建物で販売するようになってます。食べている最中に注文する人が多いです。
メニューは、今まで貼り出されていた場所のものはなくなっています。もつ煮定食があり、もつ煮やご飯の量を調整できそうです。日替わりメニューのサラダ等を加えても良いでしょう。いつものもつ煮定食(もつ大)にしました。
30秒とかかっていないでしょうか?気分的には吉野家の半分から1/3くらいの時間で出来てきます。お盆は、席の狭さと食べ易さもあって縦に使うように配置されてきます。ご飯ともつ煮、味噌汁、沢庵、薬味のねぎの組み合わせです。確かにもうひとつ小鉢があった方が食事って雰囲気になりそうです。
最初は、オリジナルのまま食べます。そのままでも十分美味しいもつ煮です。
結構辛味が効いています。次にねぎを少しずつのせて食べます。最後に七味唐
辛子をかけ、もう少し辛くして食べます。たった一杯のもつ煮ですが、味の変
化を楽しみます。軟らかくて美味しいもつ煮です。味付けがいいです。ご飯で
は、普通のおかずよりも薄味ですが、十分ご飯が進むしょっぱさがあります。
お酒のつまみにもしょっぱ過ぎないようなバランスの良い味付けです。軟らか
なもつに反して蒟蒻は、しっかりした歯応え、こちらもかなり楽しめます。
とても美味しくいただきました。もつ煮定食(もつ大)は、770円です。
相方は、もつ煮定食(半ライス)をいただきました。560円です。

| | コメント (0)

2019.08.17

道の駅・象潟「ねむの丘」

Photo_20190825231401

Photo_20190825231402

秋田県にかほ市(旧象潟町)の道の駅・象潟「ねむの丘」です。
道の駅が充実した秋田県内の国道7号線沿いでも、特に充実した道の駅です。当初から温泉・レストラン・軽食コーナー・お土産センターがありましたが、その後に「にかほ市観光拠点センターにかほっと」と言う施設が出来ました。新しい施設には、農水の直売施設と飲食の施設にラーメン店2店があります。特に海産物は、鳥海山の伏流水に育まれた岩牡蠣がこの時期が旬になります。午後1時20分過ぎ、フードコート風の広いスペースに空きはなく満席です。岩牡蠣も品物はまだありますが長蛇の列、諦めてレストランに向かいます。
大きな建物で入口脇に軽食コーナーがあり、1階のほとんどがお土産センターになっています。エスカレーターを登った2階にレストランがあります。正式名称は「レストラン眺海」です。ホテルのバンケットルームのような大きめの部屋にテーブルが整然と並べられています。広々と開放的な窓からは日本海が良く見えます。ほぼ満席に近い状態ですが、空席があって案内されました。
メニューは、地元食材を中心に使用したレストランらしいものとドライブイン的なものまで豊富に揃っています。麺類も夕陽ラーメン、醤油ラーメン、味噌ラーメンがあります。今回は麺類をパスして海鮮料理にします。海鮮丼もありますが、更に海鮮を増量した眺海丼があります。その眺海丼にしました。
そこそこ規模のあるレストランでの海鮮丼、早めに出来上がってきました。
お盆に眺海丼、味噌汁、お新香が盛られてきました。高価そうな食材です。
通常の海鮮丼よりも大きな海老、蟹の爪・ウニ・イクラなどが加わります。
眺海丼は日本海でも秋田沖中心の味を楽しめるとても充実した海鮮丼でした。通常の海鮮丼は1440円ですが、ちょっと豪華な眺海丼は1800円です。いい値段ですが普段食べれない食材を使った眺海丼はとても楽しめました。

| | コメント (0)

2019.08.12

回転寿司 スシロー 新潟赤道店

Photo_20190816215101

新潟市の「回転寿司 スシロー 新潟赤道店」です。
赤道沿い、藤見町交差点の近くにあるパチンコ店駐車場の一角にあります。
テレビCMで見かける事も多く、何かありそうな気がしてお邪魔しました。
お店は回転寿司そのものです。テーブル席が多く、カウンター席もあります。午後12時40分過ぎに着きました。家族連れ20人程の待ちになってます。タッチパネルで人数と席の希望を入力、プリントされた紙を持って待ちます。40分の待ちと表示ありましたが、5分程でカウンター席に案内されました。家族連れ等はテーブル席を希望しているようで、カウンター席は早いです。
回転寿司でそれほど多くはありませんが、そこそこのお寿司が流れています。注文はタブレット風端末でする方式。使い易い構成でページ遷移も容易です。今回のキャンペーンは、匠シリーズ、肉、ウニ、天然インドマグロ7貫盛り、その他もあります。あわびの3貫食べ比べ(煮・蒸・生)から食べましょう。お寿司は一般のお寿司が廻っている所を少し高い台にのって廻ってきます。
山葵も廻っています。お寿司はさび抜きで、セルフで山葵を加えられます。
その他に鯵、鮭、鰤、鯖、貝類、納豆など好みをいろいろと楽しみました。
最近のチェーン店は、漬けも多く、生と合わせて食べ比べも楽しめました。
その他にいろいろ食べました。相方と二人で2538円、お手頃ですが…。

 

| | コメント (0)

2019.08.01

海老づくし

Photo_20190803094502

Photo_20190803094501

いつもの午前中の新幹線移動です。混雑する月曜日・金曜日は免れましたが、夏休みに入ってのお遊び期間、子供連れのお客さんでとても混んでいます。
新幹線移動での駅弁購入は、東口改札脇か万代口改札前、新幹線ホームの3ヶ所に駅弁屋があります。在来線から新幹線への改札前のお店は、なくなったようです。種類・数量ともに揃っている東口改札脇の駅弁屋を覗いてみます。
駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。写真を見ているとどの駅弁も美味しそうで、いろいろ食べてみたくなります。種類、数ともそこそこあります。なんと!食べたことのない駅弁があります。神尾商事の海老づくしです。ちょっと豪華に海老を楽しみたいと思います。
今日はちょっぴり遅めです。新幹線が既に入線していて、自由席は3両です。夏休みに入り指定席を増やしているようです。なかなか混んでいます。もっと早く来るんだった。1両目に3席空きがあり、A席を無事確保できました。
箱に“海老づくし”と駅弁名があり、その前に“新潟”と添えられています。お品書きはなく、原材料名は、醤油飯(国産米使用)、海老しんじょ、えび刻み煮、赤海老煮、大根漬になります。とてもシンプルな原材料の駅弁です。
海老しんじょはなかなか美味しくいただけましたが、赤海老煮は殻を剥こうか殻ごと食べちゃおうか悩みます。噛めない硬さでもないので殻ごと食べます。この手の海老って、頭の先が口の中に刺さる時もあって、ちょっと怖いです。えび刻み煮はそぼろのこと、味付けが薄く、旨味も薄く、パサパサした感じ、せっかくの海老ですがまったく好みと違い、なんかもったいなかったです。
海老づくし?、海老だけの駅弁でした。もう少し海老のおかずが欲しいです。大きな海老もなく、ご飯も銘柄米でもなさそうで1180円、お高いですね。このお値段なら、なんかもうひと工夫をして欲しいと思わせる駅弁でした。

| | コメント (0)

2019.07.21

味の店 若とり 大通り南店

Photo_20190728230501

新潟市(旧白根市)の「味の店 若とり 大通り南店」です。
国道8号線沿いにあります。「俺のラーメン ジョー」のちょっと先です。
味覚の確かな同僚から半身揚げの美味しいお店とのことでお邪魔しました。
午後12時40分に着きました。お店脇の広い駐車場は結構混んでいます。
お店は、和風レストランというかお蕎麦チェーン店のような広々したもので、テーブル席や小上がりがあります。個室もありそうです。駐車場ほどの混みではありませんが賑わっています。小上がりに案内されました。小上がりの卓毎に鍵のかかる下駄箱があります。靴を下駄箱に入れ、小上がりに座ります。
メニューは、一般的な(昼・夜)ちょっと厚いメニューと1枚もののランチメニューがあります。ランチは、鳥のから揚げとあり、大(半身)定食、小(四半身)定食、ブツ定食(半身を六つに切ります)の3種類があります。他にもロースカツ定食、ヒレカツ定食、生姜焼き定食、鳥めし定食、かにクリームコロッケ定食、ミックスフライ定食(エビ、ホタテ、魚)、ハンバーグ定食、魚フライ定食、松花堂(一日15食限定)、日替わりランチ(平日限定)があります。メニュー下部に“食事にコーヒー、カルピス、ウーロン茶、コーラ、オレンジジュース、レモンスカッシュ、グレープフルーツジュース、ジンジャーエールの中から1つお選びください。”と書かれています。まずはメイン…これでしょ、鳥のから揚げ大(半身)定食、飲み物はウーロン茶にしました。
半身揚げですから相応の時間はかかるはずですが、思ったよりも早めに出来上がってきました。専門店ですから、大量の油が準備できているのでしょう。
トンカツ定食風で、トンカツのところに半身揚げが盛り付けられています。
飲みでの半身揚げは時折々食べますが、食事の半身揚げは初かも知れません。
ご飯と半身揚げは、食べ応えがあります。切られていないと迫力があります。
皮のカラッと揚がっている上にニンニクパウダーをかけると旨味が倍増です。
好みの鳥の揚げ物なんかより滲み出る油の量が少なかったような気がします。
肉汁と言うかその油が感じられないためか?ジューシーって感じもなかった。
それでもかなり美味しいランチでした。1050円とお手頃な部類かも!?

Photo_20190728230502

相方の食べた鳥のから揚げブツ定食(半身を六切)、1100円です。

| | コメント (0)

2019.07.13

早磯ドライブイン

Photo_20190722024201

山形県鶴岡市の「道の駅あつみ」内にある「早磯ドライブイン」です。
国道7号線沿いにある道の駅で、山形県から新潟県に入る手前にあります。
帰省移動中のお昼です。村上市(旧山北町)の「ダイニング Sanjiro」でのお昼を予定していましたが中期休業とのこと、道の駅あつみに併設されている早瀬ドライブインで鼠ヶ関漁港の海鮮を楽しもうと期待してお邪魔しました。
午後1時過ぎに着きました。連休の影響でしょう、駐車場が混んでいます。
お店は、左側に厨房があり、その奥に厨房との仕切り壁向きにカウンター席、中央にテーブル席、奥に小上がりがあります。広々としています。席数もそこそこありますが、すでに満席です。厨房への通路近くにレジがあり、周辺の黒板などに季節メニューや日替りメニューなどの貼紙があります。レジの近くで待ってると相席で使用した大きなテーブル席の半分が空き案内されました。
メニューは、通常のものだけでも豊富にあります。定食から、しゃりん定食、海老フライ定食、刺身定食、ヒレカツ定食、焼肉定食(庄内豚)、魚フライ定食、もつ煮込み定食、焼魚定食、煮魚定食、焼肉どんぶり(お味噌汁付き)、お子様ランチ、チャーハン(スープ付き)、カレーライス、カツカレー、ハンバーグカレーがあり、一品料理、麺類がラーメン(醤油味)、中華膳(女性向け)があります。季節メニューは、限定20食の海鮮丼、チャーシューメン、みそラーメン、藻塩ラーメン、めかぶラーメン、肉鍋定食などがあります。通常メニューの焼魚定食と煮魚定食は時価と書かれていますが、その内容はレジ近くの黒板に書かれています。海鮮丼は売り切れで、刺身定食にしました。
混んではいますが仕込みもしっかりしていて早めに出来上がってきました。
お盆にお刺身、小鉢2鉢、ご飯、味噌汁(あら汁)、お新香がのってます。
お刺身は、鼠ヶ関漁港の海鮮を中心に8種類と結構豪華な組み合わせです。
1400円となかなかお高い定食ですが、期待を裏切らない内容でした。

| | コメント (0)

2019.07.02

とん汁 たちばな

20190702

妙高市(旧新井市)の「とん汁 たちばな」です。
国道18号線寺町インターから旧新井市街方面への国道292号線沿いです。国道292号線に入り、少し走ります。国賀交差点手前の右側にあります。
出張者と一緒の昼食で、名物を食べてもらおうと奮発してお邪魔しました。
午後1時20分過ぎに着きました。お店すぐ横の駐車場ですが、以前より広くなったような気がします。さらにお昼時間も過ぎているのでガラガラです。
お店は、広々した厨房があり、手前と右側にカウンター席、その廻り手前と右側にテーブル席があります。オープンキッチンの広く、和食屋さんらしい色合いの中規模のお店です。ポツリポツリとお客さんがいる程度と空いてます。
メニューは、とん汁(並盛750円、小盛650円、大盛1000円)、とん汁定食(並盛950円、小盛850円、大盛1250円)、他にも野菜炒め定食900円(とん汁セット1350円)、焼肉定食1050円(とん汁セット1500円)、チャーハン750円(とん汁セット1200円)、肉丼850円(とん汁セット1300円)などの定食、それらをバラにした一品料理や麺類があります。麺類は、とん汁ラーメン800円(味噌味、醤油味、塩味)、とんそば(並盛950円、小盛850円、大盛り1250円)、ぶっかけラーメン750円、ラーメン550円、焼きそば650円があります。レディースセットやお子さまメニュー、おにぎり(鮭・梅)など、豊富なメニューが用意されています。ごはんが食べたい気分です。お腹も空いています。レディースセットには、とん汁+半麺+ライスをセットしたものもあります。麺を普通にすればちょうど良さそうと思いましたが、女性限定と大きく書かれています。結構お高い昼食になりますが、思いきってとん汁定食(大盛)にしました。
牛丼チェーン店よりも早いんじゃないか?的早さで出来上がってきました。
とん汁、ごはん、小鉢、お新香のセットで、お盆にのって運ばれてきました。豚汁はラーメン丼のような器に盛られてきました。ラーメン1杯のボリュームはありそうです。今日の小鉢はひじきの煮物、お新香は大根のお漬物です。
とん汁の汁の殆が玉ねぎの水分、玉ねぎの旨味が半端なく、軟らかくなった玉ねぎ、豚バラ、豆腐がとても優しいとん汁です。味噌の味付けは、味噌汁よりも濃いめです。時間が遅かったためか、いつもより濃いめに感じました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧