カテゴリー「T:写真・観光・出張」の339件の記事

2019.06.01

上越市立水族館 うみがたり

Photo_864

Photo_865

上越市の「上越市立水族館 うみがたり」です。
上越市の直江津地区、直江津駅の北西、日本海もすぐって場所にあります。
昨年、リニューアルオープンしましたが、1年経過前にお邪魔できました。
館内のイベントスケジュールを確認、ペンギンフィーディングとドルフィンパフォーマンスが楽しめそうです。まだ、時間があるので館内を散策します。
うみがたり大水槽を上部から回りながら降りていきますが、その途中にいろいろな魚毎の個別の水槽でもいろいろ展示してします。岩魚美味しそうです。
ドルフィンパフォーマンスを見ます。やっぱイルカって可愛い生き物です。
ペンギンフィーディングは、マゼランペンギンに餌の鯵をあげるものですが、他の人があげるのを見ているのが良いです。ペンギンもとても可愛いです。
久々の水族館。1800円の入館料で長い時間をいろいろ楽しめました。

 

| | コメント (0)

2019.05.27

お疲れさまでした

 Photo_854

長年使用しておりました自家用車ですが、今年予定した車検を諦めました。
車検費用が30万円~50万円でしたが、今回は桁違いの費用が必要です。
車検登録 平成4年10月登録  26年7ヶ月
走行距離 299,146㎞

| | コメント (0)

2018.09.15

砕氷船「しらせ」

しらせ

新潟開港150年記念で砕氷船(南極観測船)「しらせ」が新潟東港に寄港、一般公開されるとのことで楽しみに見学させてもらおうとお邪魔しました。
午前9時30分過ぎに会場に着くと、多くの車が次々と来ますが、広い埠頭に問題なく駐車できます。乗船の列が…、荷物チェックを受けて乗船します。
砕氷船しらせ
・主要寸法  138x28x15.9x9.2m(長さ、幅、深さ、喫水)
・基準排水量 12,650t
・主機械   ディーゼル・電動機4基 2軸
・馬力    30,000PS
・速力    19kt
・乗員    乗員:約175名、観測隊員等:約80名
・搭載航空機 輸送用大型ヘリコプター(CH-101)2機搭載

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.25

わらアートまつり

新潟市(旧巻町)の上堰潟公園に「わらアートまつり」の制作現場を見に行ってきました。このまつりはと明日(26日)の開催ですが、制作期間が20日(月)~25日(土)になっています。武蔵野美術大学の学生の頑張りを見ましょう。作品の展示は10月31日(水曜)までの予定になっています。

わらアートまつり2018

わらアートまつり2018

わらアートまつり2018

わらアートまつり2018

わらアートまつり2018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.01

弥彦散策

今日は弥彦村散策で、弥彦神社、おもてなし広場、もみじ谷の散策でした。
弥彦神社は、ロープウェイ駅方面への万葉の道の散策をしました。いろんな植物が、まだ花どころか葉も楽しめない状況でした。ロープウェイは、本日まで点検のためのお休み、明日5月2日より営業開始の予定になっています。もうひとつ、何度か来ている弥彦神社ですが見忘れていた、持ったことのなかった津軽の火の玉石(重い軽いの石)を持ってみようということでありました。

おもてなし広場

次におもてなし広場です。テレビで取り上げられていて気になってました。
もみじ谷へ行くトンネルの手前の駐車場の向かいにオープンした観光施設で、直売所や食事のできる施設、足湯などがあります。小休止に良さそうです。

もみじ谷

もみじ谷は、新緑とツツジなんかが咲いていればと散策しましたが、もみじが咲いてました。今までもみじの花を気にしたことがなかったので新鮮です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.10

紙風船上げ

紙風船上げ

秋田県仙北市西木町(旧西木村)上桧木内の「紙風船上げ」です。
会場は、上桧木内の紙風船館の隣になります。交通手段は、国道105号線と秋田内陸縦貫鉄道のいずれかでしか入ることのできない谷沿いの地域です。
以前は東北の田舎の静かな行事でしたが、NHKの新日本風土紀で特集されるなどメディアでの露出が増え、東北の田舎の良さを残す祭りとして人気です。そもそも五穀豊穣・無病息災を願ったものでしたが、今では家内安全、合格祈願もあるようです。是非一度は見てみたいと思っていた東北の冬祭りです。
以前は自家用車か秋田内陸縦貫鉄道でしか行けませんでしたが、雪深い山里、最近は旅行会社などツアーが増え、ツアーで訪れる人が多くなっています。
角館町から実家前を通り越し、国道105号線で向かいます。1本道です。
上桧木内の会場周辺には駐車場はありますが、入れるか心配です。離れた駐車場からシャトルバスっていうのはないようです。国道105号線もいつもの倍ぐらいの交通量でしょうか。もしもも含め小食料を調達して向かおうと思いましたが、西明寺地区のコンビニは、補給を絶たれたコンビニのようになにもありません。車の中に山のリュックがあり、1日分ぐらいの食料はあります。
桧木内地区を過ぎ上桧木内地区に入ります。天気も雨からみぞれ、雪へと変化します。会場もあと2~3㎞でしょうか。心配していた渋滞になりました。
ほとんど動かず、と思うと200mぐらいスーッと動いたり、諦めて引き返す乗用車もあります。紙風船上げが始まっている時間ですが、ツアーバスも紛れています。旅行会社は、慎重に選ばなければいけないなあと思うのでした。
会場近くまで来て、駐車場にまだ入れそうです。紙風船館の駐車場は、ツアーバスでいっぱいです。会場を過ぎた駐車場に入れます。係員がしっかり誘導してくれます。しかも無料です。ありがたい。雨具を着て会場に移動します。
紙風船館やその前にある臨時のトイレは長蛇の列が出来ています。早めに帰ります。会場に周辺の天候は雪、風はありませんが紙風船が見当たりません。
紙風船を上げる会場の周囲には露店が立ち並んでいます。お祭りって感じではなく、郷土料理と物産のお店です。グルーッと見て回ると放送が流れます。
天候が悪く、紙風船を上げられないとのこと、紙風船は上げられないが膨らまして披露してくれるそうです。早くから会場入りして一般のお客さんが願いを書いた紙風船や集落ごとの紙風船、企業の紙風船などが雪の夜空に浮かび上がります。飛んでいく紙風船が見たかったのですが、膨らました紙風船だけでもかなり幻想的な世界が広がります。上げられるのを楽しみに、また来ます。
駐車場の出口、国道とも混むことなく帰れました。でも、これが秋田の田舎では『今日、道路めちゃめちゃ混んでいた。』ってなことになるんだろう。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.09

国指定重要文化財 渡邉邸

国指定重要文化財 渡邉邸

関川村にある「国指定重要文化財 渡邉邸」です。
関川村にあります。旧国道113号線沿い、関川村役場の向かいにあります。今の国道113号線道の駅関川の裏にあり、町役場の駐車場を利用します。
郡奉行から豪農へ、廻船業、酒造業で財を成したお屋敷です。1816年に出火し、1817年に改築されています。200年経った建物に思えません。
参観料は600円。歴史と道の館との2館共通券を購入、楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.09

今日の夕日

今日の夕日20171109

今日の夕日です。
久々に海に沈む夕日を見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.28

清津峡

清津峡渓谷トンネル

津南町の「清津峡」に行ってきました。清津峡渓谷トンネルが目的です。
黒部峡谷(富山県)、大杉峡谷(三重県)と並び日本三大峡谷になります。
過去に何度か駐車場までは行きましたが、トンネルに入るのは初めてです。
期待した紅葉も曇天と時間が遅くもうひとつ。やはり陽当たりが欲しいです。ただ、険しい崖の柱状節理は見事なものでした。入坑料金600円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.15

旧本郷家住宅

旧本郷家住宅

秋田県大仙市(旧大曲市)の「旧本郷家住宅」です。
大曲の角間川地区にあります。向かいにあるJAの駐車場を利用できます。
旧大曲市にある旧家は昨年見学したの高梨地区の旧池田氏庭園の他、この旧本郷家住宅も時々に公開されます。ちょうど公開されるのでお邪魔しました。
今では材料を集められないだろうぐらいに木材等を贅沢に使った住宅です。
明治天皇の御在所になったことがあり、蔵の前に玉座が展示されてました。
隣接する北島家住宅、荒川家住宅は、建物内非公開で庭が公開されました。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧