カテゴリー「A:支那そば」の166件の記事

2023.01.23

元祖支那そば おもだかや 竹尾店

おもだかや竹尾店 支那そば

新潟市の「元祖支那そば おもだかや 竹尾店」です。
竹尾インター近く、パチンコ店駐車場の一角にあります。
おもだかやのあっさり感を味わおうかとお邪魔しました。
午後12時20分過ぎに着きました。パチンコ店との共有の広い駐車場があり、平日なんでそれ程の混みもありません。
お店は、間口が広く奥に厨房、その手前と左右に厨房を囲うようにカウンター席があります。ほど良く古さのある昭和のラーメン屋さんの雰囲気です。窓が広くて明るい店内です。今日は、6割~7割程度のお客さんの入りと空いています。
メニューは、支那そばを中心にちゃーしゅうめん、わんたんめん、野菜をのせたおもだかそば、わかめ・メンマ・たまごなどのトッピングを組み合わせたものが豊富に用意されています。基本的なのに食べてなかった支那そばにしました。
混んでいないためか?結構早めに出来上がってきました。
いつものすり鉢風な器に盛られてきました。大きめの器かと思ってましたが、割りと小さめな器です。トッピングがなかなか充実していて澄んだ褐色のスープが美味しそうです。
麺は、細く弱い縮れ。シコシコと食感を楽しめる麺です。
スープは、すまし汁のような澄んだ塩味がいい感じの仕上がりです。豚骨の旨味と魚介風味のあっさりしたものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉、茎わかめ、鳴門、ねぎなどです。基本でこれですから嬉しくなります。
おもだかやの支那そばは、麺もスープもトッピングまでもが支那そばらしい支那そばで、新潟市内では信吉屋かおもだかやって感じでしょうか?ホッとする味です。750円と値上がりしていましたが、今ではそれでもお手頃にも思えます。

| | コメント (2)

2022.12.23

支那そば ぐゎらん洞

ぐゎらん洞 ゆずと蜆の支那そば

ぐゎらん洞 半チャーハンセット

新潟市の「支那そば ぐゎらん洞」です。
国道113号線空港通り沿いにあります。赤道との交差点から空港方面へ。信号機のある交差点2つ目手前の右側です。
期間限定メニューの提供がある?ようでお邪魔しました。
午後12時30分過ぎに着きました。お店前に3台分の駐車スペースがありますが、お昼時や休日は満車なことが多くて結構諦めていました。今日は珍しく2台分も空いています。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。小綺麗で清潔な感じもしますが、なんか古さも感じさせてくれるお店です。車は駐車していませんが他に2人のお客さんがいます。もう食べています。
メニューは、支那そば、肉そば、ワンタンそばがあります。いずれも半チャーハンとのセットもあります。麺の大盛りができます。麺半分のそばがあります。他に期間限定のゆずと蜆の支那そばがあります。ゆずと蜆の支那そばも半チャーハンを組み合わせたセットが可能かを確認すると、可能とのこと。ゆずと蜆の支那そば半チャーハンセットにしました。
すぐに作り始めてもらえ、早めに出来上がってきました。
大きな模様がちょっと派手、和な器に盛られてきました。
麺は、しっかりとした縮れの極細麺。口の中に麺のあたる時の感覚が楽しく、シコシコした噛み応えも楽しい麺です。
スープは、醤油と塩の中間のあっさり、蜆の香りと旨味が優しく、野菜からだろう優しい甘味の仕上がりになります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、柚子皮、わかめ、煮玉子半個、ねぎなどです。シンプルそうで十分でしょう。
普段ならこれで終わりですが、残ったスープを飲んだらとてもお出汁の効いた美味しい飲み物です。飲み干しました。
食感の良い極細麺にゆず香る蜆の旨味が絶妙な支那そばらしいスープ、充実のトッピング、新潟のあっさりした好きな仕上がりのラーメンです。ゆずと蜆の支那そばは850円、お高いけど納得の一杯でした。半チャーハンセットは他のメニューから想定される250円。1100円とお高めランチでした。

| | コメント (0)

2022.12.04

らーめん 丸木屋 坂井輪店

丸木屋坂井輪店 らーめん

新潟市の「らーめん 丸木屋 坂井輪店」です。
西地区は大堀幹線沿い、坂井東交差点の西側にあります。
優しいラーメンが食べたくなり、久々にお邪魔しました。
ログハウスの小さなお店で、店前に4台分の駐車スペースがあります。午後1時10分過ぎに着きました。いつもなら満車で隣のホームセンターに駐車させてもらい、帰りに駐車場代のつもりで自販機の缶コーヒーを買うのですが、今日はタイミングが良く、とは言っても1台分ですが空いていました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きと右側手前に窓向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。外観のログハウスに相応しい雰囲気の店内で、木の質感が心地いいです。この時間でも7割~8割のお客さんの入り、賑わっています。店内にはいつも通り、いい感じにジャズが流れています。
メニューは、らーめん、ちゃーしゅーめん、うま辛めん、胡麻もやしらーめんがあります。サイドメニューは、ライス、チャーシュー丼(小・並)、天然ダシのとろろごはん(小・並)があって、お米は岩船産コシヒカリが使われています。天然ダシのとろろごはんが好きでよく食べていますが、今日はそれ程お腹も空いていないので、らーめんにしました。
水とレンゲが運ばれきます。レンゲ置きに置かれてます。
細麺はゆで時間が短めで、早めに出来上がってきました。
白い器に白濁スープ、なんと品の良い盛り付けでしょう。
麺は、極細の縮れ、細さと縮れからの食感を楽しめます。
スープは、塩味かのような味で、まろやかさとあっさりを合わせ持ち、まる鷄の旨みと優しさのバランスが絶妙です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎなど、シンプルです。チャーシューの味付けも優しいです。
極細麺と優しいスープに好みのトッピング、好きなタイプのラーメンです。750円、50円値上がりしてもお手頃かな。

| | コメント (0)

2022.10.19

元祖支那そば おもだかや 女池店

おもだかや女池店 わんたんわかめ

新潟市の「元祖支那そば おもだかや 女池店」です。
女池インター近く、パチンコ店駐車場の一角にあります。
おもだかやの支那そばが食べたくなってお邪魔しました。
午後12時30分過ぎに着きました。パチンコ店の広々した駐車場を共有しているのでなんの問題なく駐車できました。
お店は、間口が広く中央から右側に厨房、その手前と左奥に回り込むように厨房向きのカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。程良く古さを感じさせる昭和のラーメン屋!の雰囲気です。窓が広く明るい店内です。手前窓側に待ちの椅子が並んでいて、3組5人、10分程度の待ちでした。
メニューは、支那そば、ちゃーしゅうめん、わんたんめん、野菜をのせたおもだかそばを中心にわかめ・メンマ・たまごなどのトッピングを組み合わせたものが提供されています。さらにトッピングを追加してかなり自由に楽しめそうです。また、支那そば(750円)や支那そばにわかめ・メンマ・たまごのトッピングを加えた850円メニューに使える支那そばチケットがあります。10枚の値段で11枚綴り、お得になっています。好きな組み合わせ、わんたんわかめにしました。
待ちのお客さんも多めで、普通に出来上がってきました。
すり鉢風な器に、同系色のスープ、節の香りが良いです。
麺は、細く弱い縮れ。シコシコと歯切れが良く、食べていて楽しい、気持ちの良い麺です。好みのなんでしょうけど。
スープは、すまし汁のように澄んでいて豚骨の旨味と節系の風味のあっさりしたもの、支那そばらしい仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、くきわかめ、鳴門、ねぎなどにわかめとワンタンが加わります。ワンタンは、小さな具で皮の軟らかな好みのもの、支那そばに合います。
和風な麺料理を楽しませてもらいました。なんかホッとする味です。支那そばが750円、ワンタンが150円増し、わかめが100円増しの1000円のお昼。値上がりしていてちょっとお高いですが量も適度にあり、なかなかいい線でしょう。

| | コメント (0)

2022.10.08

支那そば 万作

万作

新潟市(旧黒埼町)の「支那そば 万作」です。
県道44・46号線沿いにあります。北陸道黒埼PA(下)の近く、スマートインターチェンジの出入口の近くになります。前は「らぁめん・一品料理 よしざわ」でしたが「らぁ麺・酒菜 義澤」と店名を変更して新潟市北区に移転しました。その前「麺ハウス げん固つ亭」だった建物になります。
オープン時からInstagramへの投稿がうざい程に多く、最近になって落ち着いてきたようでお邪魔することにしました。
午後12時30分過ぎに着きました。お店横に砂利の駐車場があり、偶然かのように1台分の空きスペースがありました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前に小上がりがあります。まだ新しく小綺麗なお店です。ほぼ満席に近い賑わいですが、カウンター席右側に空きがあります。お店に入ってすぐ正面に食券販売機があります。

万作 メニュー

メニューは、支那そば、チャーシューメン、ネギラーメン、半チャーハン、チャーハン、生海苔増し、麺大盛、トッピングは、チャーシュー、メンマ、ネギチャーシューとシンプルです。ちょい豪華、支那そば半チャーハンにしました。
混みもあって、少し長めに待って出来上がってきました。

万作 支那そば

白い器にあっさりな醤油味が楽しめそうな支那そばです。
麺は、細麺の細かな縮れ。プリプリ・シコシコ、食感と歯切れの良さを楽しめる麺です。久々に食感が好みな麺です。
スープは、醤油味のあっさりしたもの。それ程醤油を強調させず、優しい甘さと適度な油の支那そばらしいものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、生海苔、ねぎです。チャーシューは白河ラーメンのような縁が紅色のものです。生海苔はあおさ海苔のような磯のいい香りが楽しめます。
麺、スープ、トッピング共に好みの楽しい支那そばでした。次は生海苔増しで楽しみたいです。800円と少しお高め?

万作 半チャーハン

ラーメンを半分ぐらい食べたところで半チャーハンが出来上がってきました。写真撮影を忘れて食べちゃいました。いい感じのチャーハンはいい感じのボリュームで350円です。

| | コメント (0)

2022.10.03

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 ワンタンメン(中)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、古くからの市場風お店や新しいお洒落なお店が混在する人情横丁の建物の一角、東堀通寄りにあります。
久々に信吉屋の優しい味を楽しもうかとお邪魔しました。
正午前に着きました。駐車場がないのでコインパーキングを利用します。近くにコインパーキングが空いていました。
お店は、間口が広くあまり奥行きのない造りで、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席が8席だけの小さなお店です。昭和を感じさせる懐かしい雰囲気がなんともいい感じです。混み合う時間ですが列びはなく、空席が2席ありました。
ワンタンがなくなると中央の冷蔵庫に“ワンタン売り切れ”の貼紙が貼り出されます。今日はギリギリ!って時間ですが、貼り出されていません。ワンタンメンが食べれそうです。
メニューは、通年提供の支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタン、夏季提供の冷し中華となっています。ワンタンメンが人気で、夏季の冷し中華も人気です。麺の量は、普通、中盛、大盛があり、普段はお得感のある中盛を食べています。予定したワンタンメン(中盛)を注文、無事通りました。
食べているお客さんが2人、待ちが6人、先のお客さんの4人分を作っています。次の順番で作ってもらえるでしょう。
後から来たお客さんが何人か列んだところで、おばさんが麺の量を聞き始めました。もう少しして1人列んだところで麺切れになりました。そそくさと赤い暖簾が外されました。
待ちのお客さんが多くて、2順目で出来上がってきました。
艶のある黒い器に澄んだスープ、品の良い仕上がりです。
麺は、細麺の弱い縮れ。ラーメンぽくない麦が優しい印象のシコシコした歯応えと適度なモチモチ感の楽しい麺です。
スープは、塩味のすまし汁のよう、透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。
トッピングは、脂身がなくて歯応えの楽しいチャーシュー、大きめの挽肉の団子を包んだトローッと軟らかなワンタン、メンマ、季節の野菜、鳴門、ねぎなどです。季節の野菜は、きぬさやなどのときもありますが、この時期は小松菜です。輪切りのねぎは、スープに香りと旨味を加えてくれます。
歯切れの良い麺とお吸い物かのようなスープ、もう和食の領域の麺料理です。溶ろけるような皮ワンタンは肉の旨みとボリュームを楽しめます。50円の値上がりで900円でした。

| | コメント (0)

2022.09.26

らーめん 麺しょう

麺しょう 野菜ラーメン

新潟市の「らーめん 麺しょう」です。
東区役所と河渡マーケットシティの中間辺りにあります。
おもだかや系のラーメンが食べたくなりお邪魔しました。
午後12時30分過ぎに着きました。お店前にいつも混んでいる7台分の駐車スペースがあります。やはりの満車、裏にも同じような広さのスペースがあり、すんなりと駐車できました。
お店は、左側に厨房、中央寄りにカウンター席、右側に小上がりがあります。中央の空いていたスペースにはテーブルが置かれています。広々して、窓が多くて明るくてちょっとレトロな雰囲気の店です。7割~8割程のお客さん入りです。
メニューは、ラーメン、メンマラーメン、玉子ラーメン、チャーシューメン、野菜ラーメン、ピリ辛あんかけ野菜ラーメン、野菜みそラーメン、野菜みそラーメンバター入り、追加トッピング、餃子やおつまみチャーシューなどがあります。どうせなら食べてないものをと野菜ラーメンにしました。
賑わってはますが、普通の待ちで出来上がってきました。
すり鉢風の器に優しそうなスープ、野菜も優しそうです。
麺は、細麺の縮れ。プリプリシコシコ楽しくなる麺です。
スープは、新潟あっさりラーメンらしい控えめな醤油味で、魚介系と昆布の優しい旨味と魚介系の香り、和風的です。
トッピングは、キャベツ・もやし・玉ねぎ・人参の野菜炒めです。ちゃんと炒めていて香りがとても良く楽しめます。
新潟あっさりラーメンに野菜炒めが加わった優しいラーメンです。醤油やや薄味のスープなので、優しい野菜スープのようです。細麺なのでスープとのバランスや絡みも良く、麺の旨味を楽しめます。野菜炒めもいい感じの量があります。
ラーメンが700円で野菜ラーメンも850円になります。

| | コメント (0)

2022.05.27

元祖支那そば おもだかや 竹尾店

おもだかや竹尾店 わんたんめん

新潟市の「元祖支那そば おもだかや 竹尾店」です。
竹尾インター近く、パチンコ店駐車場の一角にあります。
おもだかやの冷やしそばを食べようかとお邪魔しました。
午後12時30分過ぎに着きました。パチンコ店との共有の広い駐車場があり、平日なんでそれ程の混みもありません。
お店は、間口が広く奥に厨房、その手前と左右に厨房を囲うようにカウンター席があります。ほど良く古さのある昭和のラーメン屋さんの雰囲気です。窓が広くて明るい店内です。列びが4人、10分ぐらいの待ちで席へと案内されました。
メニューは、支那そばを中心にちゃーしゅうめん、わんたんめん、野菜をのせたおもだかそば、わかめ・メンマ・たまごなどのトッピングを組み合わせたものが豊富に用意されています。夏メニューは、冷やしそば、冷やしちゃーしゅう、デラックス冷やしなどあります。わんたんめんにしました。
お客さんも多いのですが、普通に出来上がってきました。
すり鉢風の器に澄んだ褐色のスープ、豪華な見栄えです。
麺は、細く弱い縮れ。シコシコと食感を楽しめる麺です。
スープは、すまし汁のような澄んだ塩味がいい感じの仕上がりです。豚骨の旨味と魚介風味のあっさりしたものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉、茎わかめ、鳴門、ねぎにワンタンが加わります。ワンタンは小さなミートボール大の具を好みの軟らかなワンタンが包んでいます。
和風な麺料理を楽しませてもらいました。なんかホッとする味です。支那そばが700円でワンタンが150円増し、850円のお昼でした。味玉が加わり、今ではお手頃に感じます。

| | コメント (0)

2022.03.28

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 ワンタンメン(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、古くからの市場風お店や新しいお洒落なお店が混在する人情横丁の建物の一角、東堀通寄りにあります。
久々に信吉屋の優しい味を楽しもうかとお邪魔しました。
午前11時30分過ぎに着きました。駐車場がないためコインパーキングを利用します。すぐ近くに空きがありました。
お店は、間口が広くあまり奥行きのない造りで、奥に厨房、手前にカウンター席が8席だけの小さなお店です。昭和を感じさせる、懐かしい、レトロな雰囲気が好きなお店です。
冬季は寒さを避けるためお店の中、カウンター席後ろに立って待つのですが、7割~8割程のお客さんと空いています。
ワンタンがなくなると厨房の中央にある冷蔵庫に貼り出される“ワンタン売り切れ”の貼紙ですが、今日はまだ貼り出されていません。時間が早かったこともあり大丈夫そうです。
メニューは、通年提供の支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタン、夏季提供の冷し中華となっています。ワンタンメンが人気で、夏季の冷し中華も人気です。麺の量は、普通、中盛、大盛があり、普段はお得感のある中盛を食べています。今年初、予定していたワンタンメン(中盛)にしました。
すぐ後からもう一人お客さんが来て、後客の分を含めてすぐに作り始めてもらえ、結構早めに出来上がってきました。
艶のある黒い器に澄んだスープ、品の良い仕上がりです。
麺は、細麺の弱い縮れ。ラーメンぽくない麦が優しい印象のシコシコした歯応えと適度なモチモチ感の楽しい麺です。
スープは、塩味のすまし汁のよう、透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。
トッピングは、脂身がなくて歯応えの楽しいチャーシュー、大きめの挽肉の団子を包んだトローッと軟らかなワンタン、メンマ、季節の野菜、鳴門、ねぎなどです。季節の野菜は、きぬさやなどのときもありますが、この時期は小松菜です。輪切りのねぎは、スープに香りと旨味を加えてくれます。
歯切れの良い麺とお吸い物かのようなスープ、もう和食の領域の麺料理です。溶ろけるような皮ワンタンは肉の旨みとボリュームを楽しめます。これで850円はお手頃です。

| | コメント (0)

2022.03.01

元祖支那そば おもだかや 女池店

おもだかや女池店 ねぎそば

新潟市の「元祖支那そば おもだかや 女池店」です。
女池インター近く、パチンコ店駐車場の一角にあります。
おもだかやの支那そばが食べたくなってお邪魔しました。
午後12時30分過ぎに着きました。パチンコ店の広々した駐車場を共有しているのでなんの問題なく駐車できました。
お店は、間口が広く中央から右側に厨房、その手前と左奥に回り込むように厨房向きのカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。程良く古さを感じさせる昭和のラーメン屋!の雰囲気です。窓が広く明るい店内です。手前窓側に待ちの椅子が並んでいて、2組3人、5分程度の待ちでした。
メニューは、支那そば、ちゃーしゅうめん、わんたんめん、野菜をのせたおもだかそばを中心にわかめ・メンマ・たまごなどのトッピングを組み合わせたものが提供されています。さらにトッピングを追加してかなり自由に楽しめそうです。また、支那そば(700円)や支那そばにわかめ・メンマ・たまごのトッピングを加えた800円メニューに使える支那そばチケットがあります。10枚の値段で11枚綴り、お得になっています。さらにピング色の貼紙で期間限定メニューも提供されています辛ねぎそばで、ねぎそば、ねぎたまごそば、ねぎちゃーしゅう、ねぎわんたんがあります。その他各種トッピングできます。お子様は決して食べないでください!との説明も添えられています。期間限定のねぎそばにしました。
待ちのお客さんも多めで、普通に出来上がってきました。
いつものすり鉢に似た器に盛り付けられています。辛味で和えた赤いねぎののった支那そばと想定していましたが、赤いスープに表面が覆われ、中央に細切り白いねぎの山です。
麺は、細く弱い縮れ、シコシコと歯切れが良く、食べていて楽しい、気持ちの良い麺です。好みのなんでしょうけど。
スープは、すまし汁のように澄んでいて、美味しそうに見えます。豚骨の旨味と魚介系の風味のあっさりしたもので、醤油が中心で塩も使われているようななかなか締まりのある味です。表面に辣油が浮き、いい感じの辛味が楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、わかめ、茎わかめ、ねぎ、辛ねぎなどです。食べ終わる頃、底に挽肉のようなものが沈んでいました。ねぎは、器の中心に細切りのねぎ、その下に辛ねぎです。辛ねぎは良くある塩味のあるものではなく、辣油で和えたような辛味中心の味付けになってます。
かなり想定と違う辛ねぎそばでした。こういう風に仕上げたかって感じです。通常の支那そばが美味しいので、それに辛味(辛ねぎ)などを加えの850円、良い線かと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧